遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天風呂」世界文化遺産「﨑津集落」の御朱印帳…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天風呂」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天風呂」[解][字]


篠山輝信が野生イルカに大興奮▽絶品シマアジの刺身&炙り▽地鶏の王様「天草大王」極上ちゃんぽん▽世界文化遺産「﨑津集落」人気の御朱印帳


詳細情報

番組記述

▽有明海と一体?絶景露天風呂

出演者

【旅人】

篠山輝信(俳優)

番組内容

篠山輝信が熊本・初夏の天草諸島へ▽1.目の前で泳ぐ!野生のイルカウォッチングに大興奮!▽2.アジの王様・養殖シマアジの刺身&炙りが美味!▽3.地鶏の王様も!旨味たっぷり「天草大王」の絶品ちゃんぽん▽4.世界文化遺産「﨑津集落」で潜伏キリシタンの歴史と人気の御朱印帳を発見!▽5.愛する人へのプレゼントに…キラキラ真珠で手作りペンダント▽6.天草はトライアスロンの聖地▽7.有明海と一体!?絶景露天風呂

制作

ytv

田園工房

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

熊本県天草市~苓北町~上天草市



『遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天風呂」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天
  1. 天草
  2. アジ
  3. 大王
  4. 天草大王
  5. キレイ
  6. 真珠
  7. シマアジ
  8. イルカ
  9. ホント
  10. 教会
  11. 熊本県天草
  12. 篠山輝信
  13. エサ
  14. スープ
  15. トライアスロン
  16. ニワトリ
  17. 王様
  18. 興奮
  19. 極上
  20. 結構


『遠くへ行きたい「熊本・初夏の天草諸島で魅惑の島旅&有明海の絶景露天風呂」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

ホントに会えるんですかね。

<篠山輝信です>

<僕は今 熊本県天草で人気の

イルカウォッチングに
来ています>

<港から10分ほどで

野生のイルカに
出合えるそうです>

あっ! いた いた…!

めっちゃいるじゃん
めっちゃいる めっちゃいる。

いる いる…。

わぁ~ 近い 近い!

<水族館では
見たことあったけど

野生のイルカを見るのは初めて>

ちょっと近いね。

すご~い!

(男性) ですので必ず
呼吸するために上がって来ます。

(シュっという音)
なるほど。

(シュっという音)
そうですね。

すごい! すごい すごい!

めっちゃ いますよ。

<天草灘には 野生のイルカが

およそ200頭 生息しています>

<その理由はイルカのエサとなる
小魚が豊富なため>

<一年中
この海域に居着いています>

<特に今の時期は
イルカの出産シーズンなので

親子の姿も見られます>

(子供) すご~い!

<その愛らしい姿に
子供たちも大興奮>

あっ 跳んだ! 跳んだ 跳んだ。

(一同) うわぁ~!
めっちゃ跳んだよ。

いいっすね。

生まれ変わるなら
天草のイルカだな。

(男性) アハハ…。

<旅の始まりに
素晴らしいものに出合えました>

<『遠くへ行きたい』
篠山輝信です>

これアジですか?
アジです。

アジ こんなでかくないですよね!

<極上の刺し身を いただきます>

<今…>

やっぱり周りの景色との
コントラストが

結構 大きいですね。

それが
すごいユニークですけど。

<日本最大級の大きさ
天草が誇る地鶏>

でっかくなったね~。

あ~! うまい!

うわぁ~ 来た!

<その輝きを初体験>

めっちゃキレイ!

<世界で ただひとつの

アクセサリーを作ります>

<美しい島々を見渡す
絶景の露天風呂>

最高だ。

<初夏の天草を満喫します>

<天草は青い海に囲まれた
大小120の島々>

<複雑な地形を生かして
養殖漁業が盛んです>

<実はここで
アジの王様が育てられています>

<早速 その養殖いけすに

連れて行っていただきます>

キレイだな~。

環境としては。

(深川さん) …に湧くんですよね。

そういったエサを求めて魚たちが
いろいろ集まって来ますので

昔から そういう所で 漁場が

すごく盛んな地域になります。
そうなんだ。

あ~! すごい すごい。

元気いいなぁ。

えっ? これ シマアジ? 何で

こんなピチャピチャ してるんですか?
今 エサがちょうど出てるので…。

<アジの王様とは
シマアジのこと>

<こちらは
まだ体長およそ13cmの稚魚>

どれくらいになったら
出荷になるんですか?

大体 1年3か月ぐらい。

ちょっと高級魚になりますね。
高級魚の部類なんですね。

へぇ~。

そうですか。

同じアジでも やっぱ

シマアジとアジっていうのは
また ちょっと違ったものが…。

え~! 楽しみです。

<では 出荷直前のシマアジを

見せていただきます>

少し
しぶきが上がると思いますので。

行きます。

でかい!

おわぁ~! すごい すごい…!

しぶきが! しぶきがすごい!

期間は大体…。

それほど ここの漁場が

この魚たちにとって
いい環境になってる証拠です。

うわっ すげぇ! でけぇ!

でっけぇ! いいんですか?

はい。
でかっ!

めちゃめちゃ
でかいじゃないですか これ。

これアジですか?
アジです。

アジ こんなでかくないですよね。

シマアジって
こんな でかいんすか?

はい これが…。

もっとでかくなるんですか?

うわぁ~ すごい。

ぎっしりしてて
プリップリなんですよね。

張りが すごいんですよ。

あと この…。

僕らが普段知ってるアジとは
オーラが違いますね。

<早速 調理していただきました>

<アジの王様といわれる
シマアジ>

<天然ものにも負けない
おいしさで

全国に出荷されています>

キレイな色してますね 身も。

うわぁ プリップリだ。

お箸で持ってるだけで
分かりますもん。

あ~ うまい! うん!

やっぱりでも すごいあれですね。

…ですね 食感が。

そうですね! これ。

脂と この身の甘さっていうのが

両方あって…。

あ~ うまい!

うま~い! ちょっと。

天草灘ありがとうって感じですね。

<さらに
深川さんお薦めの食べ方が

シマアジの炙り>

(焼ける音)
うわぁ~ いい音。

(焼ける音)
あ~ ジリジリいってる。

(焼ける音)

釣りたて 炙りたてを。

それがまた食べた時に

焼いた時の風味が
少しして来るので…。

いただきま~す!

あ~ うまい! うま~い!

アハハ…。

炙ると
皮がパリって香ばしくなって

皮と身の間にある脂が
甘く出て来て

口の中で とろけますね。

なかなか知らなかったんで
これは発見ですね。

<続いては 去年

世界文化遺産に登録された漁村
崎津へ>

<ここは
世界文化遺産の中でも珍しく

教会を囲む集落全体が
登録されたことで有名です>

この集落が
世界遺産になったからですかね。

結構 観光客の方なんかも

大勢 歩いてらっしゃいますね。

お~!

すごいですね いきなり教会が。

周りの景色とのコントラストが
結構 大きいですね。

<崎津教会は
「海の天主堂」ともいわれ

屋根の上に十字架を掲げた
ゴシック様式が特徴>

あら!

途中から… 何ですかね これ。

素材が変わりますね。

<前方はコンクリート>

<後方は木造という
不思議な教会>

<これは建設途中で
資金不足に陥り

後方は木造に
せざるを得なかったため

信者たちが
手作りで仕上げたそうです>

<ちなみに
内部は珍しい畳敷き>

<ただし
撮影は禁止なんだそうです>

でも こういう やっぱり

教会が造られるぐらいですからね。

あっ!

へぇ~… あれ?

すごいスリーショットですね
これは。

お互いがお互いの宗教を

認め合うみたいなこと
なんですかね。

<実はここ 崎津は

キリスト教が弾圧されていた
250年の間

潜伏キリシタンを
守り続けた集落なんです>

あ~ あった あった…。

<3つの宗教にわたる

御朱印帖をいただきに
まいります>

あれですかね…。

お寺です。
お寺ってことでいいんですかね。

あ~ そうですか。

曹洞宗のお寺。

だけど…。

そうなんですね。

これが神社のマークでしょ。

これが お寺の梵字なんですよ。

あ~ なるほど。

そのようなあれで
作ってあるらしいです。

<全国でも
非常に珍しい

三宗教がひとつになった
御朱印帖>

<崎津の潜伏キリシタンたちは

自分の信仰を隠し通し

神社でひそかにイエス様への
祈りをささげていたそうです>

<それぞれの信仰を
尊重し合っていた

…ということなんですね>

<海に囲まれた天草ですが

山の中にも
「大王」という名の付いた

特産物が
あるんだそうです>

すいませ~ん。
(舩田さん) こんにちは!

こんにちは。

(舩田さん) ニワトリの。

(ニワトリの鳴き声)
これが大王の鳴き声?

そうです 大王の鳴き声です。

大王いらっしゃるんですか?
大王がおります。

大王がおります?
興奮してます もうすでに。

興奮してます?
興奮してます どうぞ。

あら!
大王です。

ちょっと!

めちゃめちゃ… あれ?

これは…。

かわいい。
ちょっと 赤ちゃん…。

生まれて
まだ4日目ぐらいですかね。

4日目ですか あらら…。

来た!

あ~ やわらかい。

かわいい~。

え~ かわいいですね。

これが大きくなって
大王になるってこと…?

そうですね。

<これは まだ 大王のヒナ>

<数か月たつと

すさまじく
ご成長されるそうで…>

ここが大王のおすまい?
そうですね! もう おすまい…。

うわぁ~! ちょっと待って…。

さっきのヒナ
こんななるんですか?

そうですね。
めちゃめちゃ大人になりましたね。

大人になったでしょう?
でっか!

これ どれくらいなんですか?

これが120日
ちょっと過ぎたぐらい…。

えっ! 120日で

あのコがこんなになるんですか?
そうです そうです。

4か月ぐらいで
これぐらいになるんですよ。

すごいな。

えっ 4か月で?

4か月ですね。
ぐいぐい でかくなりますね。

そうですね。

普通のニワトリより

ふた回りぐらい
大きくないですか?

大きさがですね
やっぱり 最大の特徴なんで。

それで 「大王」。

<天草大王は中国の大型種に

シャモと熊本コーチンを交配させ
開発した

熊本のブランド地鶏>

<日本最大級の大きさを誇り

重さは7kgにまで成長します>

4か月ぐらいで
こんなんなるんですか?

(鳴き声)

それが毛並みにも…。
出て来て。

あぁ そうですね。

この風格と
この体格と このオーラが。

<この後 天草大王を使った

極上ちゃんぽんをいただきます>


<篠山輝信 熊本県天草の旅>

<ここでしか食べられない

極上のちゃんぽんを
食べに行きます>

のぼり出てますね。

「くまもとの地鶏 天草大王」。

こんにちは。

のぼりも出てましたけど

天草大王
使ってらっしゃるんですか?

他には一切 入ってません。

そうなんですね へぇ~。

わぁ~ すごい!

これは中に入ってるのは
全部 天草大王ですか?

天草大王だけ。

ゆっくりゆっくり煮だしをして
おいしい…。

<さらにスープだけでなく
手打ち麺にも

天草大王の脂が
練り込まれています>

<もちろん
お肉に使うのも天草大王>

<炒める脂も天草大王と
こだわりまくり>

<一般的な
ちゃんぽんに入っている

海鮮などは一切 使用しない

野菜以外は天草大王尽くしの
オリジナルちゃんぽん>

せっかくなんで
まず スープから

いただきたいと思います
いただきます!

へぇ~ キレイですね。

あ~! うまい!

ホントだ!

天草大王の鶏だけっていう…。

脂のうま味が強いですね
すっごくおいしい これ。

ガラだけでも鶏白湯になる
ということですね。

いただきます。

う~ん!

うん!

もちもち つるつるして

スープとも
やっぱ よく絡みますね。

そうですね。

大王の脂と うま味が

全部の具材を
ちゃんとコーティングして

どこ食べてもおいしいですね
やっぱ これ。

<さらに
天草大王のダシが入った

珍しいスイーツが こちら>

<油で揚げた
杏仁豆腐の天ぷらです>

<粉砂糖と きび糖をのせた

オリジナルスイーツ>

これ めちゃめちゃうまいっすね。

杏仁豆腐の天ぷらってだけで
珍しいなっていう感じはして。

ありがとうございます。

<令和に生まれた
新感覚スイーツ>

<これは
原宿でも流行りそうです>

<多数の島々からなる地形の
天草は

恵まれた自然環境で

三重の英虞湾や
愛媛の宇和島と並ぶ

真珠養殖地として
知られています>

<早速 天草の海で育つ

真珠を見に行きます>

うわうわ…。

(松本さん)
そこに下がっとるんです。

<引き揚げたのは
真珠の入っているアコヤ貝>

<この中で1年半かけて
真珠が育つそうです>

貝 大きさも微妙に違う…。

そうですね。

松本さんクラスになったら…。

こればっかりは。
分からないです。

じゃあ もう あれですね。

そうですね。

これにしてみますね。
分かりました。

え~とですね こう刺して

あと これをグイっと。

割れますんで。
いいですか?

<僕 真珠を取り出すのは

初体験なんです>

お~ 来た!

わっ! もう いるか?

うわぁ~ 来た。

で この中ですよね?

あ~ いた! いました!

いましたよ ほら!

あ~ キレイ!

めっちゃキレイ! すごい!

ちょうど
天草の この太陽を反射して

キラキラって。

いいのが出て。
いいの出ました?

出ました。
やった!

ありがとうございます。

ほら めっちゃキレイですよ。

これが貝の中から出て来るって
もう神秘ですね。

<自ら取り出した真珠は
自らの手で

ペンダントに加工したいと
思います>

<まずは とれたての真珠に

チェーンを付ける穴を開けます>

これは貫通はさせないんですか?
(阿倍さん) そうですね…。

(阿倍さん) じゃあ 入れますよ。

うわぁ~! ゆっくりですよね?

ゆっくり。
行きます!

うわぁ~ ちょっと緊張するな。

わぁ~! 真珠が!

<傷ひとつない真珠に
穴を開けるなんて

心が痛みます>

うわぁ~。

<無事 成功です>

<続いてはチェーンの取り付け>

<金具に接着剤を付けたら…>

<しっかりと差し込んで

完成です!>

うわぁ ちょっと…。

何か これホントに

ジュエリーショップから
出て来ても

おかしくない感じですよね。

ジュエリーショップより
品質的には上ですよ。

おっ! すごいことを…。

いやぁ これはホントに…。

よかったですね。
ホントに。

アマミヤさん。

雨宮ですけどね。
雨宮ですか アマミヤじゃなくて。

いいですけどね別に
ありがとうございます。

(スタートの合図)

<続いては
トライアスロンの島>

<天草の元気な姿に触れます>

海がキレイですね。

<篠山輝信
熊本県天草の旅>

何かのチームなんですかね。

すいません
これ 皆さんは これは

自転車を乗りに
ここまで来られたんですか?

(濱崎さん)
トライアスロンディスタンス
発祥の地というふうに

全国的に
天草の名は売れてるんです。

そうなんですか。

<…の3種の競技を
連続して行う過酷なスポーツ>

(スタートの合図)

<1985年に日本で初めて
国際基準のトライアスロンを

ここ 天草で開催>

<まずは…>

<海から上がって
海水をサッと流したら

休む間もなく…>

<さらに疲れた体に
10kmのマラソン>

<トータル51.5kmの
長き道のり>

<まさに鉄人レース>

じゃあ
始まった時からじゃないですか。

結局 34~35年ですかね。

この脚 この肉体

若々しいですね すごいっすね。

そりゃそうでしょう
それだけやったら。

あれ触ってみてください
抱えてみてください。

ものすごい軽いですよ。
いいんですか。

めちゃめちゃ軽いですね。

<なんとママチャリの
3分の1ほどの軽さ>

<試しに
乗らせていただくことに>

うわぁ~
ちょっとこれ え~ 何か…。

全然 楽じゃないんですけど。

これ何で何で…?
(宮崎さん)乗り慣れてないから…。

全然乗れない
こんな形なんですか?

<慣れれば風を切って走る
気持ち良さがあるという

バイクの魅力>

<天草でトライアスロンに
挑戦する気持ちが

少し分かりました>

<この後 有明海を望む

絶景の露天風呂に入浴します!>

<旅の締めには
有明海を一望できる…>

<一番人気なのが この露天風呂>

<僕 温泉 大好きなんです>

ちょっと これは何ですか この…。

え~!?

潮風がそのまんま
入って来るっていう。

温度も熱過ぎないんで
何か お湯の この肌なじみが

すごい いいですね。

何か…。

そういう感覚すら覚えますね。

島が折り重なって
いろんな漁船が見えて最高だ~。

<いやぁ 贅沢なひと時です>

<今回 巡った熊本県天草>

<島ならではの絶景と
美味を満喫した

大満足の旅となりました>

<天草 最高~!>


関連記事