がっちりマンデー!! 地元限定!儲かる「地元アイス」!和歌山県民を虜にする緑色の…・大阪では~曲がった棒?



出典:『がっちりマンデー!! 地元限定!儲かる「地元アイス」!』の番組情報(EPGから引用)


がっちりマンデー!![字] ★地元限定!儲かる「地元アイス」!


★地元限定!儲かる「地元アイス」!★幼稚園児から大人まで和歌山県民を虜にする緑色のアイスって!?★大阪ではナニワっ子がアイスを大量買い?ヒミツは曲がった棒?


詳細情報

番組内容

★その土地の人しか知らない!その土地に行かないと食べられない!?儲かる「地元アイス」★和歌山県で有名なアイスは緑色のソフトクリーム!幼稚園児から虜にさせて年間200万個売る!★大阪で見つけたナニワっ子が大量買いするアイスはアイスの棒が曲がっている!?でもこれが儲かるヒミツだった!★福岡県では、博多っ子が学校給食で奪い合う謎の「溶けないアイス」が大人気!

出演者

加藤浩次(極楽とんぼ)

進藤晶子


【スタジオゲスト】

森永卓郎

千秋


【VTR出演】

(株)アークティック 久保田光恵社長

(株)玉林園 林和宏社長

(株)セリア・ロイル生産部長 篠原貴さん

(株)セリア・ロイル商品開発部 大崎真吾さん

制作スタッフ

構成 都築浩 本松エリ

リサーチ インスティテュート・ワープ

ディレクター 丹川祥一

AD 三原千京 

制作協力 ソリスプロデュース

プロデューサー 金原将公 石黒光典 杉村和彦

総合演出 大松雅和

裏がっちり!

番組Facebookでは、毎週、スタッフによる取材の裏話を「裏がっちりマンデー」としてお届けしています!番組がより楽しめる情報が隠れていますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

番組情報はこちら

番組公式サイト

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

番組公式Facebook

https://www.facebook.com/gacchiri



『がっちりマンデー!! 地元限定!儲かる「地元アイス」!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

がっちりマンデー!! 地元限定!儲かる「地元アイス」!和歌山県民を虜に
  1. アイス
  2. ムース
  3. グリーンソフト
  4. 北極アイス
  5. 地元アイス
  6. 普通
  7. 千秋
  8. 森永
  9. 太郎
  10. お願い
  11. 秘密
  12. 福岡
  13. ドライアイス
  14. ラーメン
  15. 職人
  16. 抹茶
  17. ランチパック
  18. 確認
  19. 給食
  20. 玉林園


『がっちりマンデー!! 地元限定!儲かる「地元アイス」!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<皆さん 普通 儲かってる
有名アイスといえば>

<こ~んなのや>

<こ~んなのに>

<こ~んなのですよね?>

<ところが
全国各地を調べてみると…>

<結構ある>

<しかも
それが>

<和歌山県民に
とって>

<幼稚園児からとりこにする>

<不思議なソフトクリームって?>

<ナニワっ子がなぜか
大量買いするアイス>

<しちゃう
30分です!>

おはようございます!
今日は地元の

儲かりアイスということですね
北海道なんて

たくさんありそうですね
あんの! 俺 食べたいの

あんの 1個
子どもの頃 食べてたやつ

あっ 懐かしの
つららちゃんってやつ

えっ かわいい つららちゃん?
スティック状のやつなんだけど

シューって しがんで
食べるやつが あったの

今日 出てこないね?
つららちゃん

あれ 好きだったんだよな~

迎えいってきます
お願いします

おはようございます! おおっ
おはようございます

おお 千秋
おはようございます

よろしくお願いします
お願いします

本日のゲスト ご紹介しましょう
森永卓郎さん そして千秋さんです

おはようございます

えっ 千秋 アイス好きなの?

アイス 好きですよ
何が一番好き?

パルム
ああ~ 高級なやつだ

なんか ご当地アイスみたいのある?
千葉は…

しょうゆアイスとか
あるんじゃない?

聞いたことあります
食べたことないけど

千葉は しょうゆアイスが
あるんだ でも

ご当地アイスってのは やっぱり
それぞれあるでしょう 森永さん

そうなんです アイスは
溶けちゃうって特性があるので

割と 地元有利なんですよね

じゃあ やっぱり全国に
広がらないっていう部分も

あるということですね そうか
ご当地で それで儲けてるとこは

結構あるということです

儲かる地元アイス
年間200万個売れる

緑のアイスが登場します

<儲かる地元アイスを求めて
やってきたのは>

<和歌山県和歌山市>

<まずは>

もう これは

<おなじみの有名アイスの
名前にまじって>

<なぜか皆さん
口にするのが>

<グリーンソフトって何だ?>

<確認のため 和歌山市内の
スーパーの>

<アイス売り場をのぞいてみると…>

<ありました グリーンソフト>

<しかも>

<他のメーカーのアイスは 1種類>

<せいぜい50個ぐらいしか
並んでいないのに対し>

<グリーンソフトは なんと600個>

<大量に置かれている>

なんですよ

<これは>

<そんなグリーンソフトの
袋を開けてみると…>

<何やらカップでフタがされた
コーンが>

<フタを開けてみると…>

<そう グリーンソフトは>

<抹茶ソフトクリームなんです>

<和歌山市内にある本社に
行ってみると…>

<うん?>

<そう こちら
アイス屋さんではなく>

<江戸時代創業という
お茶の専門店 玉林園>

<和歌山の地元アイス
グリーンソフトは>

<お茶屋さんが作った
抹茶ソフトなんです>

<「がっつり!」 と
答えてくれたのは>

<玉林園の林 和宏社長>

<61年前 あまりにも
茶葉が売れず>

<苦労していた先代の
林 巳三彦社長が>

<あるとき
海外では抹茶に>

<ミルクを入れて
飲んでいると耳にした>

<そこで これはイケるかもと
作ったのが グリーンソフト>

<そう 今じゃ全国的に
おなじみの 抹茶アイス>

<社長いわく 世界で初めて
作ったのが>

<和歌山の玉林園なんです>

<そんなグリーンソフトですが>

<お茶屋さんが作る
抹茶アイスとあって>

<グリーンソフトの>

<多くのメーカーが
抹茶を大量に素早く作るために>

<粉砕機を使用するのですが>

<グリーンソフトは 昔ながらの
抹茶づくりに欠かせない>

<石臼を使用>

<石臼の方が
粒子が細かくなるので>

<舌触りが滑らかに>

<ただし…>

(林)専門の業者さん
1000台の石臼で

毎日 ひいてもらっています

<まさに
お茶屋さんならではの こだわり>

<そして このグリーンソフトが>

<和歌山じゅうに
広まったのには>

それは これです

<そう こどもの日に
グリーンソフトがもらえる引換券を>

<どっさり配るという作戦>

<しかも その
配り先は>

<なんとこれを
今も毎年やっている>

<実際に幼稚園に行って
引換券を見せてみると…>

<そして どちらが
ソフトクリームか 聞いてみると…>

(スタッフ)あっ こっち?

<さらに アイスの絵を描いてと
お願いすると…>

<アイスは>

<その結果…>

あの刷り込みは すごいですね

だって 子どもの頃から
アイスといえば 緑って

画用紙に描いてんのよ
(千秋)あれは すごい

それでは グリーンソフト
ご用意しております どうぞ

お茶がすごい!

あ~

これは 子どもも
食べれる抹茶だわ うん

しかも 先代の
アイデアマンのところっていうのは

実は
ラーメン屋さんやってて

てんかけラーメンっていう
天かすかけたラーメンを

ラーメンに天かす?
はい で それ 和歌山ラーメンで

今 一番売れてんですけど
そのラーメンと

あのグリーンソフトを一緒に
出すっていう

大人も夢中になっちゃう

そっか ラーメン食べた後に
グリーンソフト食べるってのもあるし

子どもたちには タダ券配ってるし

完璧じゃないですか これ

<続いてやってきたのは 大阪>

<食い倒れの街には
どんな地元アイスが?>

<何やら有名なアイスにまじって>

<北極という名前が>

<しかも 売っているのは…>

そこを

<近所にあるようなので
早速行ってみると>

<ありました
かなり わかりやすい>

<ここが>

<こちらが
ナニワっ子が大好きな北極アイス>

<1本150円>

<ミルクやパインをはじめ
なんと 11種類の味が>

<でも見た感じ
いたって>

<久保田社長>

その年にも よりますけど

100万本ぐらいですね

<なんと この普通のアイスが>

<年間販売数 100万本>

<これは
確かに>

<社長いわく
高級和菓子という北極アイスは>

<どのように作られているのか?>

<それでは
見せていただきましょう>

<なんと 工場内は撮影NGとのこと>

<しかし それではVTRが作れない>

<と ディレクター 交渉すること10分>

<するとなぜか 社長が
自撮りするならOKってことに>

<よろしくお願いしま~す!>

<こちらが 部外者は
入ることのできない>

<北極アイスの工場内>

<中では 5人の方が
せわしなく動いていますが>

<実は この5人で
作り手さん全員>

<なんと
たった5人という少数精鋭で>

<1日4000本を手作りしてるんです>

<釜の中に入れているのは 練乳>

<どうやらこの日作るのは>

<一番人気の ミルクアイス>

<続いて入れたのは
上質の白ザラ糖>

<和菓子にも使われる
砂糖を使うことで>

<北極の独特の
上品な味が出てるんですね>

<こちらでは ミルクアイスの原液に>

<棒をさし込んでいます>

<実はこの 棒をさす作業にこそ>

<北極アイス 一番のポイントが>

<そう 北極アイスは
職人さんが 一本一本手作業で>

<棒が斜め15度になるように
傾けて置いているんです>

<実は 北極アイスは原料に>

<人工的に固める素材を
使っていないので>

<普通に棒を縦にさすと>

<食べているときに
落ちてしまう>

<だから 斜めざしにして>

<最後まで
食べやすくしているのです>

<簡単に見えますが
細か~いコツがいるので>

<この道20年の
職人さんもいるんだとか>

<確かに見てみると とても
丁寧に作っていますが>

<北極アイスが
たくさん売れるのには>

<実は その売り方にも
秘密があるんだとか>

<実際>

<なんと>

<実は このお土産用が
北極の売れる秘密>

<中には…>

<娘さんの部活の差し入れに
70本購入された方も>

<そう 実は
北極アイス お客さんが>

<手土産にしやすいように
いろんなサービスがある>

<発売当初から
お土産の数に合わせて>

<3種類のオリジナルの箱を用意>

<さらに 今では当たり前となった
あるサービスを>

<日本で初めてしたのも
北極アイス>

ドライアイスを入れて
手土産にしたんです

日本では初めてかなと思いますね

<当時
まだ>

<普通の箱でも 長時間
溶けないようにするために>

<こんな工夫も>

(久保田)アイスの棒を
斜めにしているのも

ドライアイスを入れることを
想定しているんです

縦だと こう
アイスキャンディーがなるんですけど

斜めに することによって
箱に入れたときに

こう 広がって
空間ができるんです

で この空間に
ドライアイスを入れて

持ち帰っていただく

<こうすることで 大きな
ドライアイスが入れやすく>

<最長8時間はもつとのこと>

<こうした手土産サービスが
定着し 今では>

<東京への手土産にも
北極アイスを買っていく>

<ビジネスマンも多いんだとか>

こちらに お持ちしておりますので

あっ すんごいやさしい味

嫌な あとに残るやつがない
ないね

ホントだったらね
150円なんかで売れないんです

これ 原価率 普通のアイスの
2倍から3倍もあるんですよ

普通だと アイスクリームって
原価率 どのぐらいですか

おそらく20%とか30%とか
2割から3割

てことは 倍ってことは
4割から5割ぐらい 原価かかってる

それは相当ですね

この棒にも 秘密があって これ

抗菌作用のある 奈良県産の
ヒノキなんです

え~っ! あっ そうですか

普通は こんな高い材料
使わないんですね

では 続いて見てまいりましょう
儲かる地元アイス

続いては 福岡で溶けない
不思議なアイスを発見しました

<続いてやってきたのは 福岡県>

<名物アイスひしめく福岡には>

<どんな地元アイスが?>

(スタッフ)アイスといえば?

<何やら 皆さんの口から
ムースというアイスの名前が>

<福岡のスーパーの>

<アイス売り場で確認>

<有名アイスにまじって>

<あった! ムース!>

<たくさん置かれている>

<パッケージには>

<「とけない不思議なアイス」と
書いてますが>

<袋にびっちりアイスが
入っている>

<うん?
どうやって食べるのかな?>

<そう ムースは 片手で中身を>

<にゅるっと押し出して
食べる>

<濃いミルク味で 何やら>

<プルンプルンとしたプリン状>

<かなり変わったアイスですが…>

<一体 なぜ
そんなに売れているのか?>

<その秘密を探るべく>

<福岡県朝倉市にある
ムースを作っている>

<セリア・ロイルって会社の工場へ>

<商品開発部の
大崎さん>

これは
売れるわな

<博多っ子が夢中になる 地元アイス>

<ムース>

<その人気の秘密を探るべく
ムースを作っている工場へ>

<懐かしい味って どういうこと?>

<そう ムースは
もともと 40年前から>

<福岡の学校給食で
出されていたアイスで>

<今でも給食だけで>

<400万個も売れているらしい>

<給食用の形は
器に入ったカップ型>

<福岡県民
いわく>

<クラス全員で
取り合いになるほどの>

<超人気デザート そこで!>

<そう 福岡県じゅうの小学校で
出されていたムースの味が>

<子どもたちに刷り込まれ
大人気になったってわけ>

<でも アイスといっても
いろいろある中で>

<なぜ ムースが給食に
選ばれたんですか?>

<そう このムース
やたらと>

<原材料に濃縮された
練乳を使っているので>

<実際の牛乳と比べてみても>

<ムースの
カルシウムの量は>

<およそ2倍!>

<栄養価の高いデザートを
探していた給食の人に>

<ムースが ぴったりだったので
選ばれたってわけ>

<では>

<緊張気味の 篠原部長>

<どうも うまくしゃべれない
篠原部長>

<篠原部長
落ち着いていきましょう>

<お邪魔しま~す!>

<工場内に
入ると>

(篠原)そうですね

<そう なぜか暑い!
でも これこそが>

<ムースを
ムースっぽくするために>

<とても大事なんです>

<普通のアイスは
マイナス4度くらいで容器に詰め>

<そこから
マイナス20度くらいに冷やして>

<完成させるのですが…>

ムースにつきましては 熱い
温度のまま

充てんいたしますので そこが
アイスと

ムースの 違いになります

<そう プリン状の
プニプニした状態にするには>

<40度以上の
高温のまま容器に詰め>

<それを 一気に
冷やさなきゃいけない>

<だから 工場自体も暑いってわけ>

<冷凍用の箱に並べる際も>

<手のひらで一つ一つ温度を確認>

<高温に保たれたムースの原液を>

<超大型冷凍庫で一気に冷やせば>

<絶妙な
食感の>

うん これも
知らなかったですね

ムース 千秋はある?
食べたこと

食べたこともないし
初めて知りました

(森永)私も 福岡 しょっちゅう
行ってんですけど

これは 食べたことなかったですね

食べてみましょうか
召し上がってみます?

うん! おいしい!

あっ これ… なんだろう?
(千秋)何に似てるんだろう

つららちゃんに近い!
懐かしの!

なんか すごく冷たい
ババロアみたいな感じ

あ~ 確かに!
ババロア感ある

これは 全国では
発売しないんですか

なんか セブン-イレブンで
全国発売をしたときは

爆発的に売れて
そっか セブン-イレブンで出したんだ

1年間で その年の生産量

2000万個っていう とんでもない
記録を作ったんですけど

生産が
追いつかなくなっちゃって

地元っていうことに
九州だけでっていうことか

今日 いらしてるみたいですね
もう 大量生産は

できるんですか これは
そうですね 準備はできております

おお~ そうか これだから

全国で見れる日も近いかも
しれないということですね

それでは 森永さんに
最後に伺います

ほかにもあったら
教えてください

それは CM②のあとで

では 森永さんのオススメの
地元アイス 教えてください

それは こちら

新潟の もも太郎です
もも太郎

桃味だと思うでしょ?
そりゃそうでしょ

もも太郎ですもん
実はね これ

いちご味なんです
ダメでしょ それ

なんで~?
それ ダメだよ

絶対 ピーチ味だと思ってましたもん
(千秋)桃じゃないの?

色もね
(森永)ぜひ食べてみてください

あっ うまい

すっげ~ 懐かしい
完全に いちごのかき氷

あっ 知ってる味!
だから 新潟の人は

これを アイスとも呼ばないし

もも太郎っていうんでしょ?
そうそう もも太郎っていうんです

だから もも太郎のパッケージの
ランチパックとかも出てるんです

ランチパック!?
ランチパックで このもも太郎ブランドが

何味?
何言ってんすか 森永さん

全然 わかんない 何それ

<職人の金メダル
黄綬褒章の>

<神業
ガラス職人の>

<写真がうつる和紙を作る
おばあちゃん職人>


関連記事