偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」日本開国の裏には日米双方の接待合戦があった!…


出典:『偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」[字]


黒船を率いたペリー。日本開国の裏には日米双方の接待合戦があった!人はおいしいものを食べるとなぜ聞く耳をもつようになるのか?さらにペリーの持病「痛風」の原因とは?


詳細情報

番組内容

黒船を率いて日本にやってきた米海軍提督マシュー・ペリー。大砲で日本を威嚇した「砲艦外交」で日米和親条約を結んだとされるが、その裏には、日米双方の激しい「接待合戦」があった!接待が相手の意見を変えるメカニズムとは?さらに、長年患っていた痛風が、帰国後のペリーの命を奪った可能性が浮上。「ビールを避けてプリン体の少ない焼酎やウイスキーを飲めば大丈夫」というのは大間違い!?痛風の常識を問い直す。

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,浅田美代子,森田豊,本郷和人,【司会】渡邊あゆみ



『偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」日本開国の
  1. ペリー
  2. 日本
  3. ビタミンC
  4. 痛風
  5. 尿酸
  6. アメリカ
  7. ジャガイモ
  8. プリン体
  9. 宴会
  10. 接待
  11. 意見
  12. 本郷
  13. 幕府
  14. 壊血病
  15. 竹山
  16. 当時
  17. 役人
  18. ビール
  19. 開国
  20. 血管


『偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

現在の神奈川県浦賀沖に
黒い巨大な軍艦4隻が現れました。

本日の健康診断は 黒船を率いた…

当時59歳。

武力をちらつかせ 日本に
開国を迫ったとされるペリー。

実は もうひとつ
強力な切り札を用意していました。

それは…。

おいしいお酒と 最高級の
フランス料理に舌鼓!

そして 華やかな音楽で
役人たちをメロメロに。

開国交渉の裏側で繰り広げられた
日米接待合戦!

更に ペリーが深刻な病に
苦しんでいたことが発覚。 それは…

今や 日本人の国民病の一つとされる
この病。

ペリーを死に追いやった
痛風の恐ろしさとは?

♬~

健康のヒントは歴史にあり!

「偉人たちの健康診断」!

♬~

(拍手)

皆様こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

ご一緒して頂くのは こちらの方々。

どうぞよろしくお願いいたします。
(3人)よろしくお願いします。

浅田美代子さんは健康法というと
犬のお散歩ですか?

そうですね。 あとは よく寝ること。
どのぐらい?

7時間から8時間。

あ~ それは
ゆっくり寝てらっしゃいますね。

どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

そして 歴史面から ご解説頂くのは
いつものように

東京大学史料編纂所教授の本郷和人さん。

どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

さて 皆様 本日はですね
ペリーの健康診断ということなんです。

これを見て頂こうと思いましてですね。
はい。

こちらは 日本に来た直後に
江戸の町に出回った似顔絵。

(浅田)怖い。
(関根)こういう印象を受けたんですね。

先生 これ どういうことですか?
(本郷)実際に写実的ではなくて

やっぱり伝聞で
描いてるわけですよね。  あ 絵師は。

絵師はね。
あ~ そうか。

見てないんだ この方は。
(竹山)でも これを絵師に言ってる人は

何て言ったんですかね?
「とにかく怖い!」みたいな。

この顔でね 「国を開けなさい」って
来たわけですよ。 ビビりますよね。

そんなペリーなんですけれども
日本をですね 開国させるために

使った作戦は
脅しただけではなかったようです。

浦賀に到着して6日後。

ペリーは 開国を求めるアメリカ大統領の
親書を幕府側に手渡します。

来年また日本に来る。 その時に
親書の回答を聞かせて頂きたい。

この時 ペリーは ひそかに
もうひとつの作戦を進めていました。

とりあえず親書は渡せたが
あの作戦は順調か?

滞りなく進んでおります。

その作戦とは 江戸湾の測量をすること。

ペリーは
小型ボートを使って

江戸湾の地形や水深を
細かく調査させていました。

翌年 再び日本を訪れた時
幕府にプレッシャーをかけるため

江戸城近くまで黒船を進めるための
準備をしていたのです。

もちろん 幕府にとって
水深データは防衛上の機密情報。

測量する小舟を見つけた役人たちは
大慌てで 黒船に乗り込んできました。

何をしておる!
これ以上 江戸城に近づいてはならん!

怒り心頭に発していた役人たち。
それに対し ペリーは…。

まあまあ そんなに興奮しないで。
まずは お座り下さい。

血相を変えて やって来た役人たちに
ペリーは…。

ワインやウイスキーなど
洋酒を振る舞います。

すると…。

あ~ うまい!
こんな うまい酒を飲んだのは初めてじゃ。

これは ブランデーといいます。
(役人)ブ ブラン… デ?

ペリーの日誌をまとめた
「日本遠征記」によると…。

当時の日本人には珍しい洋酒を
次々と飲み干した役人たち。

うまい!

当初の剣幕は どこへやら。
すっかり上機嫌に。

我々も 事を荒だてたいわけではない。

とにかく これ以上
お城に近づかんで頂きたい。

分かりました。

こうして ペリーは 役人を安心させつつも
測量を続けさせました。

しかし 「日本遠征記」を読むかぎり
この宴席以降

役人側から抗議や妨害を受けた形跡は
ありません。

ペリーが実際に測量した
海図が残っています。

記されている数字は水深です。
ペリーは 江戸湾の深さを

かなり詳細に調査していたことが
分かります。

測量は 最初に現れた浦賀沖から始まり
江戸湾内を北上。

横浜沖。

そして 最終的には川崎沖まで。

江戸城とは 目と鼻の先。
かなり奥まで侵入していたのです。

お酒が功を奏したのか
ペリーは まんまと

江戸湾の詳細なデータを
手に入れることができました。

酒や宴会は 日本人との交渉に使えるぞ!
脅さなくとも 接待で開国だ!

ペリーの歴史に詳しい専門家によると…。

銃や剣を向け合うのではなく…

最初の来航から半年後。

再び 浦賀沖に現れたペリー。

今回は より江戸城に近い
横浜沖まで一気に艦隊を進め

幕府にプレッシャーをかけます。

幕府が交渉の責任者に指名したのは
林大学頭。

当時の最高学府 昌平坂学問所の長官で

幕府一の切れ者として知られていました。

横浜に 新たに設けられた応接所で
いよいよ開国に向けた交渉が始まります。

その時の 詳しい やり取りの様子が

林自身が記録した
「墨夷応接録」に書かれています。

長崎は遠くて不便である!
5つ以上は新たに港を開いてもらいたい。

ペリーが要求したのは
既に開いていた長崎以外に

新たに5か所以上の港を開くこと。

日本をアジア貿易の拠点にするため
アメリカ船の補給ができる港を

少しでも多く確保したいと
考えていたのです。

ところが…。

いやいや…

ペリーと幕府の間に横たわる
大きな隔たり。

ペリーに秘策はあるのか?

これ以上近づいてはならん!

あ~ うまい!

[ 心の声 ] ふっ… やはり ここは
宴会で攻めるか…。

ところが…
幕府側から思わぬ先制パンチが!

ペリー殿 こちらへどうぞ。

ペリーを待っていたのは なんと「宴会」。

幕府は ペリー一行
およそ500人をもてなす大宴会を用意。

ペリーは 宴会を仕掛けるどころか
逆に仕掛けられてしまったのです。

ペリーの接待という大役を任されたのが
料亭「百川」。

老中や大名たちが通った
日本橋の超高級料亭です。

この時に出された献立が残っています。
お吸い物から始まり…。

鯛の切り身を花のように巻いた
蒸し物など。

見た目にも美しい料理が
合計90種類以上。

今の価値で総額およそ1億5千万円という
超豪華料理が振る舞われました。

ところが 和食の繊細な味付けは
ペリーには分からなかったようで…。

う~ん… 全く味がしないじゃないか。

日本側の接待は大失敗か… と思いきや

料理の最後に 思わぬサプライズが
待っていました。 それは…。

急きょレシピを取り寄せて
作ったといいます。

これは おいしい!

慣れ親しんだ西洋の味に大感激のペリー。

宴会の効果は絶大だったようで…。

ペリーは幕府の接待で
すっかり心を許してしまったようです。

現代でも 交渉を有利に進めるために行う
接待。

実は 科学的な根拠があるんです。

アメリカで おいしい食事をすると

自分の意見が変わるかどうかを
検証した実験があります。

用意したのは…

…という 軍縮を訴える記事。

集められたのは
軍縮に反対する被験者たち。

彼らを 「何も食べずに記事を読む」

「好きなスナックを食べながら記事を読む」
という2つのグループに分け

意見が変わるかどうかを調べた実験です。

結果は こちら。

「何も食べずに読んだグループ」で
自分の意見を変えたのは およそ43%。

「好きなスナックを食べながら
読んだグループ」は およそ67%。

実に 7割近い人が意見を変えたのです。

脳と心の関係を研究する
専門家によると…。

…と考えることは できると思います。

人は 自分の意見を決める時
前頭前野で理性的な評価を行い

同時に辺縁系で感情的な評価をし
総合的に判断を下します。

そのため 辺縁系の「おいしい」や
「楽しい」といった感情が強くなると

前頭前野で否定的な意見を持っていても

辺縁系に大きく影響され
肯定的な意見に変化するというわけ。

おいしい料理と楽しい時間で
相手を もてなすことは

意見が違う相手を説得するために
有効な方法なのです。

当初は 5つ以上の開港を要求したペリー。

おいしいカステラと 楽しい接待で
こんな気持ちになったかも。

いや~ 楽しかったなぁ。
大学頭もナイスガイだよね。

港1つでもいいか。

提督! 駄目です!
大統領に怒られますよ。

つい 林の提案に賛成しかけた… かも?

幕府の接待から20日後。
開港する港の数をめぐり

交渉が こう着状態になっていた3月27日。

ペリーは 巻き返しを図ります。

よし! 接待には接待で倍返しだ!

「ペリーは 交渉の成功は
この宴会にかかっていると激励した」。

今度はペリーが 林たち幕府高官を招き
盛大な宴会を開いたのです。

ワインやシャンパン ウイスキーに
ビールなど さまざまな洋酒を用意。

テーブルには 新鮮な牛肉と
羊の肉を使った

最高級のフランス料理が
ずらりと並びました。

ペリーは宴会のため わざわざ
一流のシェフを同行させていました。

しかも…。

新鮮な食材で もてなすため
船を改造して家畜小屋を造り

途中で買った牛や羊を飼育しながら
日本にやって来ていたのです。

更に…。

♬~

この日のために 航海中に演奏会を開き
リハーサルを繰り返した軍楽隊。

すばらしい演奏に
宴会は大いに盛り上がりました。

そして 宴会の最後に 取って置きの
サプライズを用意していたペリー。

それは 「ケーキ」。

しかも 役人たちの それぞれの家紋を
あしらった小旗つき。

ペリーの粋な もてなしに
林たちは大喜び。

ペリーの通訳が書いた日記には…。

「日本遠征記」には 幕府の高官の一人が
ペリーに抱きつき

こう叫んだと記録されています。

ペリー側は 5つ以上の開港。

幕府側は 長崎以外に もうひとつの開港に
とどめたいという 異なる主張。

アメリカと日本の間にある
埋めがたい意見の隔たり。

そして この大宴会の4日後
日米和親条約が締結されました。

「下田と函館を新たに開港する」。

長崎に加え 下田 函館 3つの港を

アメリカに対して開くことが
決められました。

下田っていうのは
アメリカ側からいうと

太平洋に一番突き出た港ですので
入りやすい。

それから ペリーは
初めに知らなかったけど

後で 函館行ってみたら
こんなにいい港はないと。

実際そうですから。
それでもう喜んでますね。

日本とアメリカが共に妥協し
結ばれた国際条約の裏には

日米双方の距離を縮めた
宴会合戦があったのです。

いや~ 知らなかったですね。
こんな細かい やり取りしてたとは。

歴史の教科書には
ここまで書いてないですからね。

やっぱ気持ちがね お酒で
ちょっと仲良くなったりできますもんね。

先生 あれだけの軍艦をもって
やって来たんだから 威嚇的に。

そうですね。 アメリカとしては
やっぱり日本を

一つのアジア進出の基地としたいという
ところはあるから。

まあ 割とこう 何て言うかな
ソフトに きたんじゃないですかね。

ペリーは どのぐらい日本のことを
事前に知ってたんですか?

いや それがね
相当 前もっての準備をしてたんですね。

何か 一説によると 9, 000万円近くかけて
本とかを いっぱい取り寄せて

それで片っ端から勉強してた。
ですから そこの中で ペリーは

「日本人っていうのは
どうも宴会が好きだぞ」と。

「一杯やると 親しみを持ってもらえるぞ」
ということを 何か分かったらしいですよ。

ここで 日常生活にも役立つ
「接待のコツ」をご紹介!

それは 「相手のペースに合わせる」こと。

相手がお酒を飲めば 自分も飲む。

相手が小鉢を食べれば
自分も小鉢を食べるというように

相手と同じペースで食事をします。

心理学では「同調効果」と呼ばれる
テクニック。

価値観が同じだと感じさせ
親近感を生む効果があるのです。

更に 自分のイメージUPにも
つながるといいます。

皆さんも 是非 お試し下さい。

これは分かりますね。
僕 やっぱ食べるの早いから

早い人と食べると気持ちがいいです。
前半だけでしょうね。

後半になると
どっちも酔っ払ってくるから

関係なくなりますよね。
なるほどね。

まあ ペリーはですね これで何とか
日米双方 うまくいったわけですけど。

さあ アメリカから はるばる
長い航海をして日本に たどりついた

ペリーたちの航海の その間中

ペリーが最も恐れていた
病気がありました。 ご覧下さい。

ニューヨークから車で3時間。

アメリカ東海岸にある
ロードアイランド州の港町 ニューポート。

1794年
ペリーは この港町で生まれました。

幼い頃からペリーの大好物で
今も地元で愛されている料理があります。

それが こちらの蒸し料理…

ロブスターやハマグリ ムール貝など
たっぷりの魚介と

たまねぎやジャガイモを一緒に蒸した
ニューポートの伝統料理です。

地元民なら みんな好きだよ。
ペリーも食べたに違いないわ。

ペリー誕生から200年以上たった今も
彼が生まれ育った家が残っていました。

(スタッフ)Hi,  nice to meet you.

現在の家主のジムさん。

今回 特別に
家の中を見せてもらいました。

この家は 昔のまんまだよ。
家の造りもオリジナルのままさ。

家の壁やドアの鍵 梁などは
200年前に建てられた当時のまま。

樫の木を使っていて とても頑丈。
ほとんど補修する必要がないといいます。

暖炉の奥に くぼみがあるだろ?
昔は そこでパンを焼いたんだ。

(スタッフ)ペリーも食べていた?
もちろん食べていたさ。

ペリーの家は 木造2階建て。

寝室とリビングが3つずつある

3LLLDKという立派な家。

それも そのはず。 ペリー家は地元の名士。

ペリーの父と兄2人も海軍という
エリート軍人一家です。

三男のペリーも 兄たちの背中を追い
14歳で海軍に入りました。

専門家によれば ペリーは

9歳上の兄 オリバーに憧れていたと
いいます。

ペリーの兄 オリバーは

僅かな兵でイギリス海軍を破った

「エリー湖の戦い」で知られている英雄。

オリバーは この戦いで敵艦を
1隻も沈めずに 全て降伏させました。

敵であっても無用に命を奪うことなく
勝利を収めたのです。

人の命を最優先にする。
兄 オリバーの考えに

当時19歳だったペリーは
感銘を受けました。

そして このことが 後のペリーに
大きな影響を与えることになるのです。

1852年。 ペリー58歳の時。

日本を開国させるミッションを
命じられます。

当時 アメリカから日本へは
アフリカやインドなどを経由する…

この長い航海で
ペリーが最も恐れた病があります。

長期間の航海で発症することが多く

中には 乗員の およそ7割が
病死したこともあるほど

致死率が高い 原因不明の病気として
恐れられていたのです。

預かった部下たちの命
病気で死なせるわけにはいかない!

ペリーは 壊血病を防ぐ方法を
必死で探しました。

まず 注目したのが イギリス海軍で
行われていた伝統的な予防法…

しかし…。

うわっ! 酸っぱい!

ライム果汁そのままでは
あまりにも酸っぱすぎます。

とはいえ 壊血病に効くというライム。
何とか飲みやすくならないものか。

試行錯誤の末 ペリーは
ある組み合わせに たどりつきました。

サトウキビから作る「ラム酒」は
船乗りたちが日常的に飲んでいた お酒。

ラム酒にライム果汁を
「ちょい足し」したところ…。

おお! 酸っぱくない!
これ いいじゃん!

ラム酒の甘さが ライム果汁の
酸っぱさを消してくれたのです。

これで部下たちも壊血病にならずにすむ!

早速ペリーは 航海中 部下たちに
壊血病対策として

特製薬用酒をすすめます。 すると…。

超まずい! 何ですか? これ。

ライムの酸味は消えたものの
ラム酒の風味が台なしに。 でも…。

う~ん… うまいと思うけどなあ。

アイデアは良かったものの
味が不評だったペリーの壊血病対策。

現代では 壊血病で血管が破れる原因は

ビタミンC不足にあることが
分かっています。

そのため ビタミンCが
豊富に含まれるライムは

壊血病対策として効果的だといいます。

血管は 弾力性を失うことで
破れやすくなります。

この弾力性を生み出すのが

血管を作っている
コラーゲン。

そのため ビタミンCは
壊血病だけでなく

脳出血 心筋梗塞といった
血管に関わる病気の予防にも効果的。

更に ビタミンCには
抗酸化作用があり

体の細胞を老化させる活性酸素を
除去する働きもあります。

厚生労働省によると 1日に必要な
ビタミンCの摂取量は…

最近 サプリメントなどで手軽に
大量のビタミンCが とれるから安心…。

と 思っている あなた! 実は…

それは…

ビタミンCは 食事中や食後などに…

一度に大量にとっても
その時に使われない分は

尿として排せつされてしまいます。

つまり 1日3食の中で
ビタミンCを こまめにとらないと

とっているつもりで とれていない
ということになってしまうのです。

気をつけましょう!

ライム作戦が不評だったペリー。
しかし 偶然にも もうひとつ

壊血病から部下を守る効果がある
食べ物が積まれていたのです。

ペリーの大好物「クラムベイク」の
付け合わせにもある ジャガイモです。

意外なことに
みかんなど 果物と同じくらい

ビタミンCが豊富にあるジャガイモ。

しかも ジャガイモには あるメリットが!

例えば ホウレンソウを5分ゆでた場合

40%しかビタミンCは残りません。

一方 ジャガイモは 25分ゆでても

74%も残ることが明らかになっています。

ジャガイモは ビタミンCをとるには
効果的な食材だったんです。

優れた栄養と 高い保存性で

長い航海には欠かせない食材だった
ジャガイモ。

部下たちの命を 何よりも
大切にしようと心に誓ったペリー。

そのかいあって 壊血病による死者を
1人も出すことなく

無事 日本遠征を
成功させることができました。

ビタミンCが
コラーゲンを作るっていうのには

ちょっと びっくりですね。
(関根)ねえ。 何か 疲労回復とかね

あったんですけど 知らなかった。
血管にいいって知らなかったです。

ねえ 必要なんですよね。

壊血病っていうのは
ちょっとお聞きになったことありました?

いや 初めて聞きましたよ。
血が壊れるっていう。

ビタミンCってね 20世紀になんないと
結局 見つかってないんですよ。

だから この時代は 何が何だか分からん。

随分ね だから
どれがいいのかなっていうんで

試行錯誤が だいぶされて
海藻を食べたり

ドイツ料理で よく出てくる
ザワークラウト。 あれが出てきた。

キャベツみたいな。
そうですね。

体に良さそうなもの 片っ端食べて

それで壊血病予防に
ならねえかな~っていう話があった。

偶然 よくジャガイモって
見つけましたよね。

その根拠も何もないけど
「ジャガイモ食ったら元気だから

お前らもジャガイモ食え」みたいな
そんな理由ですよね きっと。

(本郷)そうでしょうね きっとね。
ジャガイモ長もちしますもんね。

そもそも その 保存食というか。

ここで ジャガイモクイズです!

熱に強いジャガイモのビタミンC。

そこで さまざまな料理法で作った
ジャガイモを100gずつ用意。

皆さんも 是非 一緒にお考え下さい。

これじゃない?
俺も じゃがバターじゃないかな。

(浅田)私も これだと思う。
ポテトチップスは やっぱり

薄く切って
高熱の油で揚げてるから

ビタミンCなんか
一瞬で死ぬと思うんですよね。

(本郷)これは やっぱり潰してるから。

(竹山)それも潰し過ぎる。
ビタミンC死にますよね。

(本郷)僕も あれじゃないかと
思うんだよね。 じゃがバター。

皆さん じゃがバターですか?
はい。 それでは ご覧頂きましょう。

(本郷)でも違うのかな?
(竹山)違う?

え~! ポテトチップスなの!?
じゃあ これ 体にいいんじゃないですか。

意外なところなんですけどね。
(本郷)あ そうなんだ。

ビタミンCは 水に溶けやすい一方
「油に溶けにくい」という特徴があります。

そのため 油で揚げても
ビタミンCは失われにくいのです。

更に ポテトチップスを100g作るには
177g分のジャガイモが必要です。

その分 ビタミンCが凝縮しているんです。

あ~ そういうことか。
もうひとつ注目したいのがですね

あとの この3つに関しても
なんと! そんなに変わりないんですね。

つまり 煮ても
それから電子レンジでチンをしても

それから ゆでて潰しても

これだけ残っていると
いうことなんですよ。

(竹山)全部が死ぬわけじゃないんすね。
(本郷)すばらしいですね。

これを 少しずつとってれば
いいわけですよね。

そう。 気をつけなきゃいけないのは
塩分と 油分に関しては これは多いので。

少しずつ食べると。 すばらしい。
さあ 日本の開国後

意気揚々とアメリカに凱旋帰国した
ペリーなんですが

待ち受けていたのは
意外な反応でした。

1855年1月。
アメリカに帰国したペリー。

待っていたのは「全米の喝采」
と思いきや…。

日本遠征は国費の無駄だ!

この時 アメリカ国内では

南部と北部の対立が激しさを増し
一触即発の状態。

国内が大変な時に 巨費を投じた
日本遠征への不満が

民衆の中で高まっていたのです。

しかも 民主党に政権が交代。
海外拡張路線に反対していたのです。

帰国後 ペリー自身が希望した
転属願いは却下。

もはや 軍人として活躍できる場は
ありませんでした。

[ 心の声 ]
私は用済みになったということか。

失意のペリーが通ったといわれる店が
今もニューヨークに残っています。

ペリーが帰国した1年前の
1854年にオープンした

ニューヨーク最古のパブです。

当時 ニューヨークに住んでいた
ペリーの自宅から店までは

歩いて20分程度。

ここに ペリーは度々訪れ
酒を あおっていたといいます。

そして 帰国から4年。

1858年2月。 ペリーは体調を崩します。

最初は風邪かと思われましたが
病状は日に日に悪化。

その1か月後 ペリーは心臓発作に襲われ
息を引き取ります。 享年64。

当時の関係者の証言をまとめた史料には
ペリーの死因が こう書かれています。

リウマチとは
免疫異常の病気で

手足の関節が腫れたり
激しい痛みが出る病。

進行すると 骨や軟骨が破壊され
体を動かせなくなることも。

しかし 現代の医学で診断すると
ペリーはリウマチではなく

ある持病を抱えていた可能性があると
いいます。

今の医学的なことで考えてみると
ペリーの病気というのは…

今や 日本人の国民病の
一つとなった痛風。

厚生労働省によれば…

患者の9割は男性で
30代から50代に多く見られます。

その症状は 突然

足の親指の付け根などに
激しい痛みが出て

ひどい時には 歩けなくなることも。

大山さんが ペリーを痛風だったと
診断する理由は

ペリーが日本に滞在していた時の
記述です。

亡くなる4年前
2度目の来航をした時の記録には…。

突然 激しい痛みに襲われたペリー。
しかし 痛みの発作から数週間後。

足の痛みが うそのように治まり

ペリーは伊豆周辺に上陸し
1キロ近くも歩いていたのです。

実は 痛風は…

起き上がれないほどの
痛みだったにもかかわらず

数週間後には 散策を楽しんでいるペリー。

これは まさに…

そもそも 痛風の原因は
血液中の尿酸が増え過ぎてしまうこと。

尿酸が増える原因は プリン体。

食べ物や飲み物に含まれるもので
肝臓で分解されると尿酸になります。

プリン体を含む食べ物や飲み物を
過剰にとり過ぎると

増え過ぎた尿酸が結晶化。

そして 結晶が足先の関節に付着すると

白血球などの免疫細胞が
取り除こうとします。

この時 風があたっても痛いと
いわれるほど激しい痛みが出るのです。

過剰な飲食の他に もうひとつ
尿酸が増えてしまう理由があります。

それは 尿酸を
体外に排出できなくなってしまうこと。

大山さんは ペリーがこの症状に
陥っていた可能性を指摘します。

食事以外でいうと お酒ですね。

通常 尿酸は尿と一緒に排出されます。

しかし アルコールには

この尿酸の排出を抑えてしまう
働きがあるのです。

そのため お酒を大量に飲むと…

アルコール度数によって
尿酸の量も増えていきます。 なので…

…ということも潜んでるわけですね。

醸造酒のビールに比べ
蒸留酒のウイスキーは

アルコール度数が8倍!

つまり アルコール度数が高いものや
飲み過ぎると

体内に尿酸が増えやすくなり
痛風にかかる危険性が高まるのです。

ペリーの遠征に同行した部下によると…。

毎晩 強いラム酒を飲んでいたという
ペリー。

帰国後も お酒が欠かせない日々。

ペリーは アルコールの過剰摂取で
痛風を引き起こした可能性があるのです。

しかも ペリーの場合 この痛風が悪化し
死につながった可能性が高いといいます。

尿酸が高いと
血管の中で弱い炎症を起こします。

この炎症が続いていると…

尿酸で血管が傷つくと
そこにコレステロールがたまり

血栓ができやすくなります。

そのため 脳梗塞や心筋梗塞を
引き起こす危険性が高まるのです。

痛風は 決して甘く見てはいけない
死を招く 恐ろしい病なのです。

晩年 不遇の日々を送ったペリー。

葬儀は ニューヨークにある
小さな教会で行われました。

そこに駆けつけたのは 海軍の兵士たち。

ペリーと共に
日本へ遠征した仲間たちでした。

兵士の一人は青い旗を掲げ
葬列に並んだといいます。

白い星が描かれた旗は
ブルーペンダントと呼ばれる提督旗。

ペリーが乗船している時は
船に掲げられた ペリーの「象徴」。

日本でも掲げられていたものです。

多くの部下から慕われていたペリー。

家族と共に 故郷ニューポートで
静かな眠りについています。

何かこう 気の毒な人生ですよね。

わざわざ極東の日本まで
仕事しに行けって言われて。

すごい仕事したわけじゃない。
すごい仕事したんですよね。

国のために。
これ 帰ってきて すぐ後ぐらいですよね?

南北戦争 始まっちゃったの。
(本郷)そうですね。

うわ~ 時期が悪かったですね。
(竹山)そうですよね。

電話とかパソコンとかもないから
情報が得られないから

今だとね まだ どうにかなりそうだけど。

家族とは どうだったんですか?
ペリーさん。

あのね ペリーは どうもね
大変に家族思いな人だったらしくて

それで 奥さんのために
中国行って お茶買ったり

新しい家具を買ったり。
それから今度 娘さんのためにも

ドレスを買ったり。
何かね そういうふうな形で

いろいろ家族のことを考えてた。
でも それが病でね 今 痛風を患っていた。

僕もね まだ大爆発は
したことないんですけど

お医者さんに「痛風症ですよ」って。
もう 半分 痛風症っていうか

「ほぼ痛風ですよ」っていうのを
もう20代の終わりに 実は言われてて。

やっぱり こういうところでした?
いや だから もう ここですよね。

こういうところとか。
やっぱり ここ多いよね。

そう。 でも 初め痛かったのはね
この辺なんですよ。

くるぶしのところ痛くて
で どんどん何か

この辺も捻挫っぽくなってきて。

では 今日は ちょっと痛風のことについて
専門家に伺いましょう。

医師で医療ジャーナリストの
森田 豊さんです。

どうぞよろしくお願いいたします。
(一同)よろしくお願いいたします。

もう先生 いずれ 僕は なるんですか?

今から予防しておくことが
大事なんですよ。

(竹山)予防で ならない。
ええ そうですね。

じゃ ビール駄目だって
いうじゃないですか。 ビールじゃなくて

発泡酒とか プリン体ゼロのものって
今 いっぱい販売してあるじゃないですか。

それを みんな
「これだと大丈夫だ」って言って

結構 飲んでる人いるんですけど。
よく ビールが すごく悪いものに

痛風を起こしやすいものというふうに
いわれてますけど

でも そんなに他の食材と比べたら
多くはないですね。

まあ 銘柄によっても違いますけど

ビール 例えば中瓶10本に入ってる
プリン体は

大体
アンコウの肝100gといわれてますから。

(関根 竹山)え~!
(森田)ビールは そんなに

悪者にしちゃいけないんじゃないかなと
私は思いますけど。

やっぱり お酒 種類を問わず

飲み過ぎるっていうのが
いけないんですね。

飲むのは いいんですね?
(笑い)

あと先生 僕 ほんとに
バカみたいな質問なんですけど

ほんとに これ疑問に思ってるんですけど
「プリン体」あるじゃないですか。

プリン体は…

いや 僕いっつも それ気になってて
それは関係ないですよね?

別のものって考えてもいいんですか?
プリン体っていうのは

細胞の中に「核」っていうのが入っていて
核 いわゆるDNAですね。

ここの中に入っているものが
プリン体っていわれてるんです。

だから 細胞が すごく凝縮しているものの
中にプリン体が多く含まれてるんですね。

例えば 魚卵なんかもそうですし
あと 魚卵でも

比較的 大きな魚卵は
そんなに多くないんですよね。

タラコ。 そういうものの方が
多いですよね。

ウニはどうですか?
(森田)ウニは多いですよね。

粒々が小さいですから。
あ~ ウニ食べたいけどな。

あの 鶏卵はどうですか? ニワトリの卵。
そうそう 卵は?

実はですね 鶏卵には入ってないんです。
卵はいいんだ。

(森田)卵は悪くないですね。
やった。

白菜とか にんじんには ないんですね?

あ いや 野菜とかにも入ってますけど
比較的少ない。

皆さんね 食べ物のことばっか
気にしますけども

プリン体っていうのは
食べ物から20%とられるんですね。

で 体の中から80%できるんですよ。
だから いわゆる痛風を予防するには

何が大事かっていうと もちろん
プリン体の多い物を少なくする。

あまり食べないってこと
大事なんですけど

あとは 水分を1日2Lぐらい飲むと。

(本郷)それはできる。
(森田)尿酸の排せつに。

2Lって結構多いよね。
お酒じゃなくてですよ。

先生 あれ駄目ですか?
俺 ほんとに自分の個人の楽しみは

よく後輩とかと 飲み行こうぜっていう
手前に

一回サウナ行って
サウナ行って 汗ガッと出して

居酒屋までビール我慢して
みんなで飲むみたいな。

いや でも 汗は出してるから。
脱水になるわけですから。

そうすると
いわゆる尿酸の値が高くなりますよね。

そうすると 関節にも
できやすくなるわけですから。

体の水分を空にして
か~っとビールを飲みたい。

だから サウナ入る前に
きちっと お水を飲んでですね

お酒でなくて 水を飲んで
水分補給してからサウナに入って

それから お酒飲みに行けばいい。
男の人の方が多いですよね。

これ 何でなんですか?
女性ホルモンはですね

尿酸の排出を
促してくれる働きがあります。

だから女性には少ないと考えられます。

でも そしたら閉経後の女性だったら
痛風になるってことですか?

少しずつ多くなってくることは
確かですね。

最近の研究でですね…

よし コーヒーだ!
あ だからかも。

僕 コーヒーめちゃくちゃ飲むから
だから爆発してないのかもしんない。

それでいいですか? 先生。
いや だから

コーヒーだけ飲んでも駄目なんですよ。

他の生活習慣も ちゃんと…。
(竹山)直さなきゃいけない。

よく分かりましたね。
皆さん 気をつけましょうね。 はい。

今日はですね ペリー
いかがでしたでしょう?

僕はペリーの ものまねしてましたからね。
一つまた僕の ものまねで加えられます。

「本国では評価されませんでした」。
(笑い)

浅田さん いかがでした?

やっぱり戦争を起こすということではなく
交渉していったっていうのも

すごい勉強になりました。
ありがとうございました。

本郷先生 改めまして ペリーという人。

日本の最初の開国の相手が
アメリカだったこと。

それから やっぱり どっちかっていうと
人道的なペリーが その窓口だったこと。

これは 日本にとっては
よかったんじゃないですかね。

新たな一面を知りましたね。 はい。
ありがとうございました。

(一同)ありがとうございました。

♬~

アメリカに帰国して間もなく

ペリーは 自らの体験を
一冊の本にまとめます。

160年以上前の 貴重な初版本が
アメリカに残っていました。

そこには ペリーが見た極東の島国
「日本」の姿が

イラストと共に描かれています。

山や海。 自然に囲まれた 美しい風景。

アメリカとは まるで違う
エキゾチックな異国の文化。

♬~

中でも ペリーが深い感銘を受けたのは
そこに生きる人々です。

勤勉で好奇心旺盛。 手先が器用で
創意工夫にあふれた職人たち。

他の東洋の国では見られない
活発で自主性を持って生きる女性たち。

♬~

この本の中で
ペリーは こう書いています。

日本を深く知り 高く評価したペリー。

そこから 日本とアメリカの歴史が
始まったのです。

(雷鳴)

映画やゲーム マンガで活躍する…


関連記事