爆報!THE フライデー 伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開・ホリプロタレントスカウトキャラバンで…


出典:『爆報!THE フライデー【伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開】』の番組情報(EPGから引用)


爆報!THE フライデー【伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開】[字]


50歳で亡くなった伝説のカリスマモデル雅子…生前最後の写真を初公開▼ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得した伝説のアイドルが介護ヘルパーに転身!


詳細情報

番組内容

【伝説の美女は今】

▽ファッション誌・CM・映画で活躍!

 50歳で亡くなった伝説のカリスマモデル雅子の美しい最期とは?

▽最愛の妻との別れ…残された夫が取った衝撃の行動!

 そして妻の盟友が語る夫の知らない新事実!


【伝説のアイドルは今】

▽ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを獲得した伝説のアイドルが介護ヘルパーに転身!

番組内容2

▽芸能界のタブーで突如引退…今夜36年ぶりにテレビ出演

番組内容3

【あの人は今…大追跡】

▽ピーターこと池畑慎之介の美人姉は今…大阪で驚きの転身!


▽広島カープの「炎のストッパー」こと津田恒美の息子は今…父の命日を前に驚きの行動を取っていた!


【今夜のスペシャルゲスト】

▽女優・野村真美が登場!


▽ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを争った親友の消えた真相に涙…そして衝撃の展開が!

出演者

<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦

<レギュラー出演者> アンガールズ 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 友近


<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)

<出演者>テリー伊藤 パンクブーブー 野村真美 林紀恵 石川豊子 前田典子 坪倉由幸

公式ページ

▼番組HP

http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

制作

TBSテレビ

人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ


『爆報!THE フライデー【伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

爆報!THE フライデー 伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開
  1. 雅子
  2. 大介
  3. モデル
  4. 彼女
  5. 最後
  6. 仕事
  7. 野村
  8. 芸能界
  9. 今夜
  10. 雑誌
  11. 今回
  12. 写真
  13. 親友
  14. 伝説
  15. カリスマモデル
  16. グランプリ
  17. 出演
  18. 出会
  19. 女性誌
  20. 津田


『爆報!THE フライデー【伝説の美女・雅子…生前最後の姿をテレビ初公開】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<皆さんは この伝説のモデルを
覚えているだろうか?>

先生 うどんは
こうやって食うんぞなもし

<うどんって いいなあ>

<丸ごと新しい
日清ごんぶと新登場>

<全世代の女性誌で表紙を飾り>

<CMモデルとしても
20社以上に起用された>

<彼女は ある病に侵され>

<50歳という若さで
突然 この世を去った>

<しかも>

<息をのむほど
美しい姿をしていた>

<今夜 生前最後に撮られた
伝説の姿を テレビ初公開>

♬~Ah 風のいたずらね

<かつて ホリプロタレントスカウトキャラバンで
グランプリ>

<ポスト山口百恵と呼ばれた
伝説の美女は今…>

<今夜36年ぶり 決意のテレビ出演>

<元アイドルは今
驚きの職業に就いていた>

えーっ?

<まずは…>

<ピーターこと>

よく覚えてますね
忘れるわけないでしょう

あなたの主観など
聞いてないんですよ

<充電期間として>

<今は世界中を旅している>

<そんな池畑の家族は>

<父が人間国宝という芸能一家>

<しかも>

<なっているという噂が>

<そこで>

<こちらも「下町ロケット」俳優>

<池畑の姉が働いているのは>

<数多くの俳優や歌手 監督を
輩出していることでも有名な学校>

<早速コンタクトをとった>

こんにちは 私が池畑慎之介の
姉の石川豊子です

<確かに姉弟だけあって>

<一体 池畑の姉は
大学で何をしているのか?>

<それは…>

唐金擬宝珠が
瀬田の唐橋唐金擬宝珠だ

<彼女は今>

<しかも 学科長にまでなっていた>

<実は>

<地方局の女子アナ出身で
しかも>

<その後>

<そして 石川就任後の就職率は
なんと94.4%>

<この放送学科から>

<何がすごいのか その>

はい 今朝は大阪市内から
車でおよそ40分

これから梅雨本番…
やってきそうですので

え~ そうですね…
夏また… はい

<石川の>

<この日は坪倉を利用して
学生たちに>

すいません

えっ?

<生きた授業から
放送の楽しさを教えている>

<ちなみに 授業同様
誰にでもグイグイ来る石川は…>

ありがとうございます

<池畑姉弟は
肌の色は違うが>

お姉さんも独特な人なんだね

学生がアワアワしてたら

つってましたよ

<今夜36年ぶり 決意のテレビ出演>

<彼女は今>

<をしていた>

♬~Ah 風のいたずらね

<1980年 榊原郁恵や
堀ちえみをはじめ>

<今なお多くのスターを
輩出し続ける>

<ホリプロタレントスカウトキャラバンで
グランプリを受賞>

<実はこのときグランプリを争ったのが>

<本日のゲスト 野村真美>

<これをきっかけに
親友になった2人は>

<芸能界での>

<グランプリを受賞した林は>

<ポスト山口百恵として売り出し
費やされた宣伝費は…>

<なんと2億円>

<人気絶頂だった
沖田浩之の相手役に大抜擢>

<さらに「たのきん全力投球!」では
トシちゃんとも共演>

俺たちの言うことを聞け!
断ります!

<連日 彼女の出演するCMが
流れるなど>

<ホリプロ一押しアイドルとして
将来は約束されたも同然だった>

<しかし
歌手デビューからわずか2年>

<理由を語ることなく>

<親友だった野村も
その後の行方はわからず>

<36年間
ずっと気になっていたという>

<トップスターの座を
約束されていながら>

<なぜ林は突如
芸能界を辞めたのか?>

<今回 野村の強い要望もあり>

<その結果 彼女の>

<そして>

<今回 野村の強い要望もあり>

<消えたアイドル>

<そこで…>

<親友の野村に>

<スタッフは林の生まれ故郷
北海道へ飛び>

<出身中学や実家があったとされる
地域を徹底取材>

<しかし 現在の彼女の居場所は
意外なところだった>

<それは…>

<林紀恵が暮らすのは>

<待ち合わせの喫茶店へ行くと>

<36年ぶり
テレビ出演>

こんにちは林紀恵です

<今もあどけなさを残し>

<今回 出演をかなり悩んだが>

<親友の野村のためにと
出演を決めた>

<そんな林が
現在の職場へ案内してくれた>

<なんと彼女の職業は>

<猛勉強の末
ヘルパー1級の資格を取得>

<毎朝5時に起きて
8時に出勤すると>

<まず その日にやって来る
15名近い>

<そして 各施設や
お風呂場などの清掃>

<使用する道具を入念に確認し…>

<時間で割り振られている高齢者を
順番にお風呂に入れる>

っていう部分はありますけどね

<頑張るかつての
ライバルの姿に>

<トップアイドルだった彼女は>

<なぜ芸能界を引退し
この仕事に就いているのか?>

<その裏には芸能界のタブーを犯し
引退した>

<アイドルの壮絶人生があった>

<18歳で芸能界を引退した林は
生まれ故郷 北海道へ>

<地元企業に就職し
OLとして働き始めると…>

<24歳のときに>

<翌年>

<穏やかな日常を送っていたが>

<林はシングルマザーとなり
子どもを食べさせるため>

<事務や
パソコン関係の仕事で懸命に働いた>

<しかし>

<左耳の突発性難聴を発症>

<さらにその後は子育てと
仕事の両立で>

きゃーっ!

<棚が倒れてくる幻覚が>

<パニック障害発症>

<現在 その症状は治まり>

<日々 懸命に
介護の仕事に携わっている>

<野村が一番
気になっていたのが>

<林が犯してしまった
芸能界のタブー それは…>

<しかも>

<恋をしてはいけない>

<人目を忍んで
彼とのデートを重ねたが ついに…>

<当時の>

<林は…>

<芸能界が水に合わないことを
感じていた林は>

<親友の歩んできた人生に
涙した野村>

<そして今回 野村のために
驚きのサプライズを用意>

<各年代の雑誌で表紙を飾り>

<幾多の有名なCMにも出演した
カリスマモデル 雅子は今…>

<ある病に侵され>

<50歳という若さで
突然 この世を去った>

<今夜>

<女性誌を騒がせた>

<音信不通だった親友同士が>

<このあと 空白の時間を
埋めるように語り合った2人>

「死んだ?」って言ってた

あれは スタッフの人が

そうですね

<1980年代に広島カープで
炎のストッパーと呼ばれ>

<常に直球勝負でファンを沸かせた>

<彼は32歳という若さで>

<脳腫瘍によって
突如 この世を去った>

<そんな津田には1人息子が>

こんにちは 津田恒美の長男
津田大毅です

<幼い頃から津田2世として>

<何度もマスコミに取り上げられた
大毅さん>

<しかし>

<偉大な父と常に比較され
その呪縛に苦しんでいた>

正直 憎んでたっていうところが
ありますね

<そんな彼が突如始めたのが>

<父から逃げていた彼は 日本中の
津田恒美ファンと会うことで>

<偉大な父と
向き合おうとしていた>

<との噂が>

<やって来たのは>

広島の人らはね
もうこんなちっちゃい頃の

大毅君 知ってますから

<すると 待ち合わせの場所に>

<こちらが>

いや 今はもう

<それは…>

<そこには真っ赤なカープ色に
染められた 津田恒美記念館が>

<残された息子は今>

<しかし>

ってお問い合わせが
すごい多かったんですよ

<1000万円かけ何とか父の命日に間
に合わせることができた>

<独特なフォームだった
津田の手作り写真で>

<来客者をお出迎え>

<さらに>

<さらにファンも集えるカフェも併設>

<大毅さんはここで
スタッフとして働いている>

<もの人が訪れる>

<津田恒美の座右の銘>

<登板する前に ボールに向かって
気合いを入れていたという津田>

<そして…>

<その魂は 今も息子 そしてファンの
心の中に生き続けている>

<皆さんは この伝説のモデルを
覚えているだろうか?>

先生 うどんは
こうやって食うんぞなもし

<全世代の女性誌で表紙を飾り>

<CMモデルとしても20社以上に起用>

<と呼ばれた伝説のモデル>

<彼女は ある病に侵され>

<50歳という若さで
突然 この世を去った>

<その通夜・告別式には>

<モデル 芸能関係者ら750人が
駆けつけた>

<しかも>

<あまりに>

<そう 雑誌に書き立てられたほど>

<美しい姿をしていたという>

<今夜 その生前最後に
撮られた姿をテレビ初公開>

<さらに 残された夫のもとに
突然 謎の美女が>

<が
待ち受けていた>

<雅子は>

<を果たすと>

<雑誌「an・an」を中心に>

<ほかのモデルとは一線を画す
独特な存在感で輝く>

<時は>

<女子大生をターゲットにした「JJ」では>

<賀来千香子や君島十和子など>

<大きな笑顔が特徴的な
スターモデルの中>

<雅子の魅力はモデルでありながら
笑顔を見せない>

<クールで
ミステリアスな美しさ>

<20代の頃から雅子を知る>

<は 雅子の魅力について…>

すごく

もう 本当に

<そんな雅子は 20代 30代 40代と>

<各世代の女性誌で表紙を飾る>

<偉業も成し遂げた>

<しかし>

<モデル 雅子
希少がんで死去 享年50>

<壮絶な闘病の末
驚きの最後を遂げたと報じられた>

<今夜 どうしても
伝えたいことがあると>

<雅子の夫が カメラの前で>

<初めて語ってくれるという>

はい こんにちは

<こちらが
モデル>

<会社員>

<生前 妻が活躍した雑誌や作品が>

<彼の手で>

実際に

<若くして亡くなった
一人のカリスマモデル>

<さらに>

<そこには これが
死の直前なのかと目を疑う>

<美しい姿が映し出されていた>

<大介さんが雅子に出会ったのは
2006年3月>

<当時 雅子は 大介さんより
7歳年上の41歳だった>

というか 何か

<しかし>

<で ひかれ合った2人は>

<なんと 出会って半年でスピード結婚>

<私生活での雅子は>

<モデルのクールなイメージとは
まるで違っていた>

<お気に入りの場所は
この開放感のある自宅の屋上>

そしたら まあ

<小さな鉢植えだった
オリーブの木を大切に育てる>

<がある>

<この幸せが
ずっと続くと思っていた>

<だが この後
信じられない悲劇が2人を襲う>

<このとき雅子は
撮影先で体調を崩し>

<雅子の場合>

<しかも 最悪だったのが>

<もし この手術をすれば
呼吸困難や激しい体力の消耗から>

<日常生活が困難に>

<モデルの仕事を続けることも
厳しいと思われた>

<しかし そんな>

あの

<なんと>

<その後 大手術に挑み
右の肺を摘出>

<放射線治療を行いながらの
生活を余儀なくされ>

<雅子の生活は一変する>

(せきこむ)

<咳が激しく 階段を
上り下りするのも やっとだった>

<そんな>

<がある>

<このあと 雅子>

<それは 病人とは思えない>

<がんにより
右肺の全摘出をした雅子>

<その生活は
階段を上り下りするのも>

<困難なものだった>

<そんな>

<がある>

(雅子)何か

<これは 2人が大好きな>

(雅子が せきこむ)

<肺を切除して せきこみ>

<話すことも
息をすることも苦しい中>

<雅子は がんであることを隠して>

<ある行動をとる>

<それは>

<がある>

<その写真が こちら>

<そこには がんであることを
全く気付かせない>

<モデル 雅子の自然な笑顔が>

<彼女は>

<なんと30件以上の
雑誌の仕事をこなしていた>

<しかし>

<手術から およそ10カ月たった
2014年10月>

<医師に呼び出され
悲しい宣告を受ける>

<大介さんが 1人で
医師の説明を記録したものがある>

(石田)ここですね

というような症状も
出てきたというのが この時期

こういう形で
こういう部分ですね

<転移は 腎臓 骨盤など数カ所>

<手の施しようがなかった>

<それは
モデルの命を奪われたのと同じ>

<だが2人は このあと
残酷な別れを迎えてしまう>

<それは 雅子が亡くなる2日前>

<2015年1月27日>

<夫の大介さんが 仕事を終え
雅子の病室へ行くと…>

<いつものように夫を気遣う
妻・雅子の言葉>

<その言葉に安心した大介さんは
その日は帰宅>

<この会話が妻・雅子との
最後の会話となった>

雅子ちゃん!

<既に 雅子は>

が こういうことなのか

こう

<大介さん>

<2015年1月29日未明
この世を去った>

<享年50>

<死後 大介さんを
襲ったのは>

かもしれないっていう

<美しい 最愛の妻を亡くし
苦しんだ大介さん>

<しかし 彼は
運命を変えるあるものを>

<物置から発見する>

<それは 雅子が残した
大量の雑誌や>

<段ボールに入ったビデオテープ>

<大介さん>

<雅子が41歳のときに出会い>

<それまで 彼女の過去を
気にしたことがなかった大介さん>

<そして>

<そこにあったのは>

<すると>

<(大介)俺は雅子のことを
何も知らなかったんだな…>

<多くの夫婦は>

<その>

<どうすればいいのか>

<夫が知らない妻を探す旅>

<一体 カリスマモデル 雅子は>

<自分と>

<大介さんは>

<20代からのモデル仲間>

<共演の竹中直人>

<スタイリストや編集者
高校時代の友人など>

<雅子が
撮影で見てきた景色を見に>

<まるで巡礼のような旅をした>

<しかし このあと
ある一人の女性の来訪で>

<状況が一変>

<謎の美女から
予想外の言葉を告げられる>

<に出た 大介さん>

<そして この日>

<ついに>

<その様子を密着させてもらった>

<最後の証言者は>

<今や 50代のトップモデルで>

<雅子の1歳年下の後輩>

<ともに 20代の頃から
雑誌モデルとして活躍し>

<40代になっても
第一線で競い合った盟友>

<今回 雅子の夫・大介さんと>

<そして前田には この機会に>

<前田が>

本人から 今はちょっと

て 言われちゃって

<前田典子が>

<の日だった>

ホント わかんないな

出してたらねと思うし

<どんな
女性だったのか>

本人は

が するんだけど

<実は>

<だが 年齢を重ねるごとに>

<いつしか内面とのギャップに
悩み始めていた>

<そんな中>

だから

て 今日もお話しして
すごい思います

何か そう言われると

何かね

<そして…>

<大介さんが撮影した>

<雅子が亡くなる前に撮られた
一枚の写真がある>

<カリスマモデルとして 幾多の
美しい写真を残してきた雅子が>

<最後に見せた姿>

<それは 死の直前とは思えない>

<息をのむほど美しい姿だった>

<その写真が こちら>

<闘病中 いつ
仕事の依頼が来てもいいように>

<常に美を保っていた雅子>

<病床でも>

<と 肌に
気を使って>

<化粧水を
塗っていた>

<死の間際 最後の最後まで>

<雅子は モデルとして生きていた>

<雅子が>

<これは>

<この曲が気に入った2人は>

<CDを買い>

<そして この旅の集大成として>

<大介さんは
驚くべきゴールを思い描いた>

…ふうに たどりついたと

<なんと>

<大介さんが出会った>

<タイトルは
「モデル 雅子 を追う旅」>

(雅子)元気だよ 大丈夫だよ

(大介)雅子さんの
形見分けの会 始めます

よろしくお願いします

すごい きれいに
履いてますね

あっ 着てた 着てた

ご主人は 雅子さんの
研究者になったね

じゃあ あと10年したとき

横にいる雅子は 何を
考えるんだろうっていうふうに

どんどん どんどん足していくと

もっと素敵なものが
出来るような気がする

最後の最後まで きれいで

自分が苦しんでる姿を
誰にも見せず

最後 ご主人も「今日帰っていいよ」
って言ったって

そこの強さは どうやって
形成されたのかっていうのは

すごく知りたいっていうか

<次週 ヒロシ&キーボーの>

<万引き事件で
逮捕されていた>

<ヒロシと
怒りの対面>


関連記事