沸騰ワード10 夏が来る!SP 北陸から九州まで…絶品空港寿司食べまくり・伝説の家政婦志麻さん・手羽先の食感…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『沸騰ワード10 夏が来る!SP 北陸から九州まで…絶品空港寿司』の番組情報(EPGから引用)


沸騰ワード10 夏が来る!SP[字]


福地桃子&サバンナ高橋が超過酷旅!北陸から九州まで…絶品空港寿司食べまくりのステータス修行▽伝説の家政婦志麻さん登場!手羽先の食感変える(秘)ワザ公開


詳細情報

番組内容

福地桃子&サバンナ高橋が1泊2日で7回飛行機に乗る超過酷旅!北海道から九州まで…全国の空港寿司食べまくりのステータス修行▽伝説の家政婦志麻さんが3時間で13品絶品料理!イワシ使ったパーティー料理!?



『沸騰ワード10 夏が来る!SP 北陸から九州まで…絶品空港寿司』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

沸騰ワード10 夏が来る!SP 北陸から九州まで…絶品空港寿司
  1. 高橋
  2. 福地
  3. 杉山
  4. 大竹
  5. 拍手
  6. 志麻
  7. 羽田
  8. 大将
  9. ホント
  10. 今回
  11. 板橋
  12. ステータス
  13. カレー粉
  14. スタジオ
  15. トマト
  16. ハハハ
  17. 一同
  18. 空港
  19. 豪快
  20. 煮込


『沸騰ワード10 夏が来る!SP 北陸から九州まで…絶品空港寿司』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<今夜も 我々の…>

<今回は…>

(設楽) おいしい?

<まずは!>

<これまで番組では
さまざまなものに…>

<…を調査>

<…など その異常過ぎる生態を
カメラに収めて来た>

<そして 今回…>

<…を受け>

(加藤) おはようございます。
(高橋) おはようございます。

お2人が ここにいるということは
本日は?  はい。

すごい…。

<これまで2人は…>

<…を受けられる JALの
ステータス獲得を目指し>

<…を実践>

<そして…>

ババ~ン!
あっ 来た!

すごい!

(高橋) いいよ。

(福地) やっぱり こう…。

皆さん ステータスって
ご存じですかね?

(高橋) ステータスっていうのは…。

(高橋) ここに入ると…。

(一同) え~!

(笑い)

<搭乗回数により
ランクが分かれる

JALグローバルクラブ>

<サファイアを獲得した高橋は

その上のダイヤモンド を目指し

福地は サファイア到達を目指す>


それを ちょっと見てほしい。

もちろん。

(高橋) はい。
すごい!

<チェックインは優先窓口で
並ばず 快適に>

来たよ あ~ 絨毯!

「私なんかが
乗っていいのでしょうか?」。

文言?

ちょっと挨拶してみてもらって
いいですか?

「いつも」がない。

そういうことなんですね?
そうですね。

行きたいと思います。

そういうことです。

…みたいなところもあるんで。

(福地) まさか…。
はい!

(高橋) じゃあ 桃子ちゃん行こう。
はい。

(高橋) これが…。
(福地) すごい…。

<光の階段を上った先は…>

(高橋) うわ~ 行きました。
受付が…。

(福地) え~!

何歩あるか測ってみます?
(福地) はい。

8歩です。
(高橋) いやいや…。

行ってほしいのよ。
ごめんなさい。

(福地) 1・2・3・4…。

(電子音)

僕が持ってるんで…。

同行ができるんだ。
(高橋) はい。

<それでは…>

うわ~ こんな…!
(高橋) 広~っ!

<…の広大なラウンジ>

(高橋) マッサージチェアです。

(福地)
すっごい しっかりしたやつ。

<他にも…>

(高橋) 広っ!
(福地) 立派!

<極上のマッサージチェアや
シャワーが使い放題>


(福地) できなかった…。
やっぱり…。

(高橋) 見て 見て…。
うわ 自動!

(福地) え~!

(福地) オススメのドリンク。
(高橋) この…。

(福地) え~!

<ステータスを獲得し
超濃厚でおなじみらしい

ラウンジ牛乳を飲むことも…>

あ~!

ハハハ…!

<そして…>

<さらに!>

<今回の修行には…>

どうしました?

始まりますね ついに。

ついに聞けるんですね!
はい。

サファイアの音色を
聞いていただきたい。

<まずは聞き慣れた
いつもの音を確認>

(改札機の音)
これが 普通の音です。

はい 来た!

♪~ ダダ~ン
っていう…。   はい。

<さぁ 羽田から
どこへ向かうのか?>

お~!

(福地) え~!

<前回から さらに乗りまくり

搭乗回数 なんと66回!>

<そして…>

え?

え~!

実際 行った?
(福地) はい。

<なんと福地も
宮古島ガチ修行で

12フライトを追加>

(高橋) お母さんも一緒に?
(福地) 巻き込んじゃいました。

<と!>

何これ!

…っていうことを。
本気だな。

<そして 到着したのは…>

(高橋) 大分 やってまいりました。

「日本一のおんせん県」。

<羽田から1時間半…>

<ここでの滞在時間は
わずか15分>


(高橋) 日本中の空港の中でも
この大分の空港の寿司は

めちゃめちゃ うまいと
いわれてまして。  え~!

<その…>

うわ~ すごい!

<「宙」>

(大将) そうですね…。

小泉純一郎さん。

良純さん?

そんな中でも 良純さんが…。

<実は今…>

<楽しみにしている
航空ファンも多い>

<そこで!>

そうです。

思ってます。

<そう 今回はフライト数を稼げて
絶品寿司も堪能する…>

<栄えある…>

(大将) はい じゃあね どうぞ。
(高橋) うわ~ これは?

(高橋) 城下かれい!

(福地) 城下かれい
食べたことないんですけど

めちゃくちゃ おいしいって。

<ミネラル豊富な この海で
水揚げされる城下かれいは

江戸時代
将軍家にも献上された高級魚>

(高橋) この…。

おいしそう。

どうしました?

おいし過ぎて。
(高橋) どう?

<さらに…>

(大将) どうぞ。
こちらは?

(高橋) 関あじ 出ました!

<豊後水道の荒波で
引き締まった…>

<…関あじは
極上の歯応えが自慢>

おいしい?

幸せ。

(大将) これは この地の
地だこですね。

(高橋) 地だこ~!
(大将) もう そのままで。

<そう フライト間の…>

大丈夫 あの…。

ごちそうさまでした。
(福地) ごちそうさまでした。

(大将) お気を付けて。

<続いて…>

<いったん 羽田に向かって
1レグ稼ぎ…>

<3レグ目へ>

うわ~ いい天気なった。
(高橋) うわ~ 気持ちいい。

(高橋) 来ました。
(福地) 来ました。

(高橋) 小松空港に着きました!

<羽田から528km>

<北陸の玄関口…>

(高橋) はい こちらです。

…を買って 飛行機の中で
食べたいと思います。

すごい!

<金沢名物 のどぐろを
軽くあぶった

ぜいたくな棒鮨や…>

それ以外にも
能登ふぐの棒鮨なども…。

(高橋) うわ~!

<梅ダレで さっぱりいただく
能登ふぐ>

<機内でいただく>

(福地) さよなら~!

<そして 到着したのは…>

羽田空港に帰ってまいりました~。

(福地) 羽田 寿司幸さん。
(高橋) その下 見て。

(高橋) はい…。

え~!

<銀座を代表する 超一流店の…>

すごい 高級感。

<お手頃な
セットメニューも人気>

<そんな名店でいただく…>

(高橋)
キスの昆布締めから始まる。

(福地) キレイ。
(スタジオ:設楽) いいな 昆布締めか。

(高橋) 昆布の香りとダシの感じが
しっかりキスにのってて。

うま~っ!

(高橋) え~?
(大将) 生のしいたけを

焼いて握るんですけど。

(山田) え~!
生?

(高橋) しいたけ 握ったで。
(福地) 温かい。

いただきます。


<ちなみに 羽田には…>

<実は 昔から…>

<特に…>

<この時期に どうしても
福地に食べさせたかったのだ>

(高橋)
あ~ タレタレ… 甘ダレが。

うわ~!
(高橋) よいしょ よいしょ。

うわ~!
(福地) トロットロ。

フワッフワ。
うわ~!

うわ おいしそう。

(福地) うまい!

(高橋) 何じゃ このフワッフワな。
(福地) 軟らかいです。

<奮発して
ウニでフィニッシュ>

行くんすか?

お~!

聞かれた時…。

…に行きたいなっていう。

ケーキよりも お寿司が。

気になる。
これやなっていう。

気になる 気になる。

教えてください。
何? 何?

いやいや…。

<…になると>

<…福地>

<実は…>

え~!


<ステータス修行は加速!>

<そして 本日…>

<時刻は18時すぎ
やって来たのは…>

(高橋)
やっぱ愛媛といえば みかん。

松山空港 やってまいりました~!

<九州 北陸に続き
四国上陸>

(高橋) ここだ~!

(高橋) どうも。
(福地) こんにちは。

(高橋) すんません。

これはヤバいっすよ。

<ここでは…>


(福地) すごい これ。

最初 カツオの中で…。

…っていわれてると思うわ。

(笑い)

(福地) ホロっとする。

おいし過ぎて 止まらないです。

恥ずかしい?

<すると
サファイア高橋が…>


(笑い)

<果たして…>

え?

(笑い)

全然いいよ。

(高橋) 何で?

(福地) あの…。

(高橋) えらい さかのぼるな。

(福地) 言ったんですよ。
うん うん。

となって ちょっと…。

<そう 子供の頃の…>

<…ゆえ なかなか
口にできなかったのだ>

(笑い)

(高橋) うまい?

<続いて…>

<向かったのは…>

(高橋) 行き先は…。

伊丹?
(福地) 伊丹空港。

桃子ちゃんに 最後…。


なぜなら 私…。

なるほど!

<今年3月オープン>

<それでは…>

やっぱ ちょっと…。

(高橋) 全然違うね。

(高橋) うわ デカい!

ラグジュアリー!

(福地) 羽田の空港とは…。
(高橋) 違うな。

うわ~ すげぇな。

(福地) しかも…。

あ~ おいしい!
(高橋) おいしいな。

うわ~。


(福地)
羽田空港に到着しました。

これでもう 桃子ちゃんも40。

40になりました。

(高橋) 見えて来たな いよいよ。

僕も70台に
突入いたしましたんで。

1個上のステータス。
はい。

<福地が…>

また?
ハハハ…。

(高橋) 何 何?

しめ鯖。
(笑い)

<実は…>

いただきます。
(福地) ありがとうございます。

(高橋) めっちゃ うまいです。

ちょっと…。

(高橋) …のほうが
ググって つかまれてしまって。

<果たして 次回…>

(拍手)

もったいなかったなと思って。

これね。

(笑い)

(森) でも いつも…。

でも全然 取れる
ってことだもんね。

70回 乗ってるんでしょ?
(森) そうです。

でも これ…。

だから よかったです。

(森) ありがとうございます。

すぐラウンジ使えるんだよ。

(笑い)

<これまで さまざまな芸能人から
依頼を受け

自宅で…>

<今回 芸能人から依頼を受け

やって来たのは…>

(森谷) こんにちは。

あっ。


(チャイム)

すいません…。

(杉山) わ~!

(志麻さん)よろしくお願いします。

<を果たし…>

<…にも輝いた
スーパーアスリート>

別荘なんですか。
そうなんです。

こちらなんですけれども…。

(大竹)
こんにちは はじめまして。

<志麻さん会いたさに
駆け付けた…>

めちゃくちゃシンプルですね。

初めて?
初めてです。

えっ!?

<そんな…>

卵は…。

なので ちょっと 今日は…。

…みたいな
そういうのを習えたら

バランスもいいのかなと思ったり。

卵料理。

<さらに…>

(大竹) 確かに。

<今が旬の
イワシやスズキといった

魚料理のリクエスト>

(杉山) これ…。

すごい いいじゃないですか…。

夏を元気に乗り越えて
っていう食事も食べたいし。

<さらに 別荘に常備されている

鯖缶を使った料理の
リクエストも>

杉山 走です。

<…したという ご主人>

(大竹) すごい すごい!
(拍手)

(拍手)

(笑い)

<この後 志麻さんが…>

(拍手)




えぇ!?

(杉山:大竹) え~!

(杉山:大竹) すご~い。

めっちゃ むきやすい。

何 何 何?

(杉山:大竹) 茹でる?
はい。

<そこへ…>

え~!?

(大竹) カレー粉 へぇ~。

<カレー粉とコリアンダーで
味付け>

いい香りする 何かもう…。

(大竹) ホント。

<あとは…>

<そこに…>

あっ!


<そこへ…>

あ~! え~!?

<先程から煮込んでいた…>

<さらに…>

(杉山) すご~い。

(杉山:大竹) へぇ~。
中東なんですか。

(笑い)

(杉山:大竹) わ~!

(杉山) いや~!
(拍手)

(大竹) すご~い!

<ホームパーティーで
盛り上がること必至!>

<見た目のインパクト抜群の
イワシライスが完成>

(杉山) 何これ…。

いただきます。

(走さん)
そういう顔 そういう顔。

(杉山) そうだよね。

これ出せたら…。

(大竹)
いや ホント料理上手だよね。

<カレー粉が
イワシの臭みを消し

うま味だけが
お米に染み込んだ ひと品>

(走さん) ジューシーだね。

(杉山) ワインに合うよね。
(走さん) そうだろうね。

(森) うん!

(森) お魚とカレーの感じが

一発目に ホントに
うまい!っていう…。

うまさが。
突き抜けて来る?

香りがブワって 一気に広がって。
そうです そうです。

カレンちゃんも
結構 行ってますね。

(滝沢) おいしい。

(笑い)

<そして…>

え~!

(杉山) すご~い。
何? これ。

(一同) え~!?

(大竹) 何? ちょっと…。

(杉山:大竹) え~!

<さらに…>

<夏にピッタリな
スタミナ満点の…>

(滝沢) おいしそう!

お~!

でも やっぱ…。

(スタジオの笑い)

面白い 面白いね!

アスリートの方って…。

大竹さんは…。

(笑い)

(笑い)

<さらに この後も…>

(拍手)

<伝説の家政婦 志麻さん…>

<まずは米を煮込んでいる間に

パプリカ マッシュルーム
タマネギを

細かく刻んでフライパンに>

<そこへ…>

(杉山:大竹) あ~!

(大竹) わぁ~!

<そこで…>

最初は強火?
はい。

ふんわり仕上げるために大きく…。

(志麻さん) 一回…。

<なんと…>

<そして…>

あと…。

(志麻さん) ポンポンポンって…。

(杉山) わ~ 豪快!
お~!

(大竹) すご~い!

何で…。

(拍手)

<そして…>

(杉山) わ~…。

あ~…。

<失敗することなく作れる

スパニッシュオムレツが完成>

(杉山) うん!

(杉山) いや~
めっちゃくちゃ おいしい。

こういう…。

(笑い)

いや でも日村さん 後ろ…。

(笑い)

<さらに…>

(杉山:大竹) え~!

<と…>

<すると…>

えっ… あっ!

(杉山:大竹) え~!

(杉山) もう おいしいよね。

<実は…>


<香草が効いた
クリームチーズが

まさかの手羽先とコラボ>

(笑い)

(杉山) う~ん!

(笑い)

(杉山) そう あっさりしてるよね。

<この後 志麻さんが…>

(拍手)

<さらに 志麻さんが…>

<取り出したのは…>

ちょっと…。

<豪快に…>

<…すると>

(一同) え~!

(杉山) 挟む?

(大竹) え~!

(走さん) すごい! これ。

(大竹) 何これ すご~い!
(走さん) いやいやいや…。

(拍手)
(杉山) すご~い!

(拍手)

カレンちゃん
今回チーズが いっぱい出て…。

(滝沢) ホントにもう…。

(笑い)

(杉山) うわ~!

何だ これ!

(スタジオ:高橋)
うわうわうわ どうなってる?

(走さん) うわ~!
(大竹) わ~!

<カマンベールチーズ
トマト 牛肉

それぞれが主役になる豪快料理>

(板橋) これ すごいですね
ボリュームが。

(板橋) いただきます。

(笑い)

(板橋) 何これ…。

(板橋) カマンベールの濃厚な感じと
トマトのさっぱりとしたのと

お肉が全部
うまいこと包んでくれて。

何これ! ホント。
(笑い)

(板橋) 食べます 何これ。
(日村) ハハハ…!

(森) いただきます。

≪豪快≫

(森) うん!

(森) 青臭いのが
あまり好きじゃないんですけど

全然 臭くなくて。

すごい…。

出川さん。

(出川) うまい もう…。

(笑い)

<取り出したのは…>

え~!?

<なんと…>

絶対おいしい。

(杉山) なるほどね。

<鯖のコクとヨーグルトの酸味が
絶妙にマッチするサラダで

駆け込みのひと品>

(大竹) ホント?

ホント!
(杉山) すっごい合う。

<そして ついに…>

(拍手)

<トマトに
蜂蜜とバルサミコ酢を加えて

ミキサーにかけた…>

<夏野菜と卵を使った
フランスの煮込み料理…>

<趣向を凝らした夏の料理が
ふんだんに>

その時…。

(拍手)
すご~い!

さぁ ゲストの皆様から
沸騰ワードが。

僕の沸騰ワードはですね 舞台…。

劇作家 演出家の前川知大さんが

演出 脚本を手掛ける
舞台『終わりのない』が

10月29日より 世田谷パブリックシアター で
沸騰いたします。

どうぞ 劇場に遊びに来てください
よろしくお願いします。

森さんからも。
私の沸騰ワードは…。

私が声の出演を
させていただいております

映画『天気の子』が
本日から公開中です。

この夏 最高のエンターテインメント作品に
なっております。

ぜひ 劇場で ご覧ください。


関連記事