ロンドンハーツ 本音!女芸能人たちのリアル評価GP「自分以外の9人で、尊敬できる順に順番をつけて下さい」…


出典:『ロンドンハーツ 本音で書かせた!女芸能人たちのリアル評価GP』の番組情報(EPGから引用)


ロンドンハーツ 本音で書かせた!女芸能人たちのリアル評価GP[字]


テレビで活躍中の女性芸能人たちは、お互いの事をどう評価しているのか? 本音で書いてもらったアンケートを元にランキングを作成! スタジオは超ピリピリムード!!


詳細情報

◇番組内容

バラエティを中心に活躍中の女性芸能人10名がスタジオに集合。事前に「自分以外の9人で、尊敬できる順に順番をつけて下さい」というアンケートを実施。スタッフ監視の中、ガチで書かせたアンケートを元にランキングを作成。スタジオではその順位と理由を発表していくのだが…。「この人になりたいとは思わない」「リアクションがウソくさい」など、超本音が飛び出し、超ピリつく展開に!誰が1位で誰がワーストなのか!?

◇出演者

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)・有吉弘行・山崎弘也・草薙航基(宮下草薙)

朝日奈央・磯山さやか・熊田曜子・鈴木奈々・ダレノガレ明美・西野未姫・藤田ニコル・丸山桂里奈・みちょぱ・ゆきぽよ

◇おしらせ

☆公式ホームページ

 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/


『ロンドンハーツ 本音で書かせた!女芸能人たちのリアル評価GP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ロンドンハーツ 本音!女芸能人たちのリアル評価GP「自分以外の
  1. 山崎
  2. 有吉
  3. 一同
  4. 熊田
  5. 朝日
  6. ダレノガレ
  7. 本当
  8. 鈴木
  9. ニコル
  10. 藤田
  11. 草薙
  12. マジ
  13. 磯山
  14. 西野
  15. 発表
  16. 全然
  17. 丸山
  18. 理由
  19. 自分
  20. 順位


『ロンドンハーツ 本音で書かせた!女芸能人たちのリアル評価GP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

〈今夜の『ロンハー』は
女性タレント10名〉

〈互いを

普通に…。

〈…が 明らかに!〉

私 別に なんも言ってねえもん。
(藤田)怖いよ この空気 怖いよ…。

さあ 今回はですね
ここにいる女性の皆さんに

自分以外の9人を

リスペクトできる順に
ランク付けしてもらい

その総合結果と リアルな意見を
発表していく企画と

なっております。
ギスギスする。

(藤田)入ったら
なんか 「書け!」みたいな。

なんか 監視されながら書いたんで
何も嘘もつけないし…。

でも
向き合ったんでしょ?

自分以外の9人と
向き合ったんでしょ?

向き合いました。
向き合ったんですよね。

お隣の方も向き合ったんですよね
ちゃんと。

もちろんです。
人にって事ですよね?

なんですか?

めちゃめちゃ 声…。
なんか食べてんの?

食べてないんだけど なんか 今
声が本当に出なかったです。

(山崎)大丈夫?

〈数日前 10名を
ニセ打ち合わせで呼び出し…〉

おはようございます。
(スタッフ)おはようございます。

おはようございます。
(スタッフ)おはようございます。

うん…?

そっち?
(スタッフ)そっち。

(スタッフ)『ロンドンハーツ』です。
(鈴木)えっ 嘘!

(スタッフ)尊敬できる順に
アンケートで書いてもらいたい。

また 炎上するやつ…。

(スタッフ)出ます。

〈ぬるい答えにならぬよう

スタッフ監視の下
アンケートを記入してもらった〉

最年長が熊田さん。
(熊田)最年長ですよ!

杉田さんとか
いないんですか? 今回は。

杉田さんとかは もう…。
(熊田)あっ 本当に?

(山崎)なんかね
世代が ちょっと…。

どうなの?
ゆきぽよちゃんは ないです。

はい。 はじめましてです。

実際 会ってみて どうですか?
やっぱ おキレイですね。

全然… 38ぐらいでしたっけ?

(有吉)いいじゃない!
いいじゃん それぐらい!

(山崎)「ぐらい」。
「ぐらい」だから。

最年少が みちょぱと西野だ。
そっか!

(山崎)みちょぱ
最年少なの?

超書きづらい。 もう 怖いです
目線が 皆さんの。

ちょっと! なんで?

(山崎)めちゃめちゃ面白いから。
ねえ うん。

全く 違和感 感じないですか?

随分 反省して
こうなったんですよね?

(一同 笑い)

ウイ ウイーン! みたいな

見た目が変わっちゃったんじゃ
ないんですか?

僕が アシスタントで… はい。
(有吉)いいね。

本当ですか?
(有吉)いいよ! 簡単な仕事よ!

(有吉)一番簡単な仕事だよ。
日本で一番簡単な仕事だよ。

今週は草薙にやってもらう…。
(山崎)ああ なるほどね!

なんでもできますから。
(草薙)できないですよ 有吉さん!

(山崎)オールラウンドプレーヤーだもんね。
(草薙)いや ちょっと…。

(一同 笑い)

(熊田)何? それ!
いきなり なんなのよ!

ファーストキス?
ファーストキス。

(一同 笑い)

こんな場所で
あんな軽いノリで…。

〈なお
総合ランキングは

それぞれのアンケート順位の
ポイントで決定〉

アンケートは仕事だけでなく

女性として 人としてという
ポイントも踏まえ

総合的に ランキングを
付けてもらってます。

うまいじゃん!

(朝日)すごい! 何? 今の…。

では 早速ランキングに
まいりたいと思います。

(磯山)1番 イヤだ!
トップバッター イヤだな!

発表順は こちらのくじで決めて
その人が何位かを発表する

ドキドキシステムを
導入しております。

本当にイヤだ。
(朝日)怖い 怖い…!

もうイヤだ! 超イヤだ!

みちょぱ。
えー! なんで…?

上の方から下りていく
発表パターンと

下から発表パターンが
ありますが。

よく見た方がいいんじゃない?
自分が下か… 下のヤツ探す…。

(山崎)勝ってる勝ってないで
判断していけばわかるでしょ。

下ではない。
じゃあ 下から こう

上に上っていけば?
そうですね 上っていきたい!

さあ みちょぱの順位は こちら!

あっ 怖い 怖い 怖い
怖い…。 怖い 怖い。

(山崎)いやいや
ここは全然…。

5位からでしょう 勝負は。
(熊田)でも 上がりそう!

(山崎)まあ ここからだね…。
(みちょぱ)いけ いけ いけ!

あー! よかった よかった!
(有吉)4位!

(みちょぱ)よかった!
すごいよ。

みちょぱの事を2位に入れたのが

熊田と鈴木奈々。
(みちょぱ)えー!

まずは 熊田さん。
(熊田)はい。

〈最年長 熊田が

最年少 みちょぱを
2位にした理由とは?〉

「そして」…。

あー すごい! うれしい。
ありがとうございます。

しっかりとした お母さん目線で。
(みちょぱ)ねえ!

だから お母さん世代の子も
みちょぱ 好きだから

昼の番組とか
すごい呼ばれてると思いますし

あとは 朝から晩までの
スポーツ大会の時は

本当に 素が出やすいと
思うんですよ。

でも みちょぱって 本当に
モチベーションを ずっと保ってて

最後 みんなを引っ張っていく
ぐらいだったから…。

ああ 『ロンハー』の
「スポーツテスト」ね。

あれを見て 本当にいい子なんだな
って思いましたね。

しっかり見てるね
スポーツしながら。

裏で わかりますからね 素顔って。
(みちょぱ)うれしいです

なんか お母さんから
こうやって言われるのは。

あなたのお母さんじゃないけどね。
(みちょぱ)お母さん世代からも

こうやって言われるの
うれしいですね。

あと 鈴木さん。
(鈴木)はい。

(みちょぱ)奈々ちゃんからも?
うれしい。

セクシーだよね。
そこ?

うん すごく…。 色気 すごい。
「色気とセクシーさがハンパない」?

なんか みちょぱを見てると

なんで? なんで…?
やめて やめて!

ついに 女の子でも?

お胸とか 小さそうじゃないですか
見た目は。

貧乳に見えるんですけど
実は すごく胸があるんですよ。

(山崎)へえー!
(鈴木)そうなんですよ!

そういう目で
あんまり見た事なかった。

私が ちょっと貧乳なので…。
そうなんですか?

なので すごく みちょぱの事
すごく…。

貧乳じゃないじゃん!
だって 結構…。

乳首 長いです。

(一同 笑い)
ここで稼いでんだ。

(鈴木)はい。 乳首は長いです。

ここからの幅の…?
(鈴木)はい。

ニコルが何位に書いてるか気になる。
(藤田)なんでよ?

(有吉)やっぱ ライバルなんだな。
気になります?

言います?
ありますから。 仲良しのニコル。

みちょぱを…。

5位にしてます。
ああ…。

微妙だぞ。
微妙!

知りたいって言うから。
(藤田)理由が ちゃんと

しっかりありますよ。
理由あります。

「でも」…。

(山崎)ああ!
(みちょぱ)確かに。

なるほど。 自分のがないから?

私は 恋愛の話とかは
バンバンするタイプなんですよ。

で 私 みちょぱに相談してるんで。

みちょぱ そういう話
一切しないんですよ

テレビとかで。
確かに 聞いた事ないね。

昔の彼氏がヤンキーだ
みたいなのしかね。

でも うちが話した話を
全部 売っていくんですよね。

売ってる事じゃない…。
(山崎)不公平だって事ね。

「売る」じゃなくて ニコルも

ニコルの なんか…。

なんで…。
(一同 笑い)

私に インタビュー来るんですよ
毎回。

ニコルの秘密を言ってくださいって
毎回 言われちゃうから…。

(一同)ああー!
(有吉)あるね。

もうちょっと だから
友達を増やさないと

全部 みちょぱに行っちゃうよ。
(みちょぱ)そうなんですよ。

どこからが友達が
わかんないんだもん。

どうやって友達になったのよ?

ここは『Popteen』。
(藤田)雑誌 一緒で…。

今の雑誌で
友達になりゃいいじゃん

『ViVi』で。
(山崎)『ViVi』 どう?

微妙な表情 やめろ!
(一同 笑い)

(山崎)『ViVi』
行きづらくなるぞ!

さあ 続いて まいりたいと…。

(山崎)あら!
ゆきぽよ。

やばい。 ギャル続きだね。
ギャル続き。

うまいかもしんない。
(有吉)うまい!

僕 これ 初めてなんですよ。
(山崎)初めてなの?

昔やってた…
高校で やってたとか?

いや 全く やってなくて…。
ここ 膨らまさなくていいんだよ!

引いてるだけなんだから。
(山崎)でも うまい。

上から? 下から?
下から見たい。

下から見ていく…
上がっていくパターン。

まいりましょう
ゆきぽよの順位は こちら。

(山崎)ゆきぽよ どうなんだろう?
(有吉)難しそうだね。

怖い…
もう怖い もう怖い…。

もう怖い もう怖い…。

どうだ?
(有吉)この辺だと思うよ。

この辺から危ないよ。

あー!

6位。 ああ なんか…。

でも まあ いいじゃん。
下の方がいらっしゃるんだから。

ゆきより 下がいるんですね。
そうですよ。

(ゆきぽよ)よかった。
あっ…。

えっ うれしい! 誰?
(山崎)これは うれしいね。

朝日。
(朝日)はい!

大好き。
そうなんですよ。

「その反面」…。

(朝日)そうなんですよ。

よくわかんないチャラそうな男と
「ウワーイ!」って

カラオケ歌いながら飲んでて。

そういうのを普通に
インスタのストーリーとかで

深夜の2時とかに
アップしたりとか。

えー!
それをキャッチするお前も

すごいけどな。
(朝日)見て… 見て…。

家で何してるんだって…。

だから
どっちの部分も持ってるから

これからも なんか グイグイ
いきそうだなって思っちゃう…。

うれしい。 でも コメントを
ゆき 毎回…

奈央ちゃんが言ったコメントを

いつも ゆきと同じような事を
言おうとするから

結構 困るんですよね 一緒に…。
かぶっちゃうんだ。

でも 全然 違う事 言えるんですよ
違う角度から。

褒められたから
褒め返そうとしてるんだね。

でも 本当に…
本当に思ってるんで。

私は1位に選びました。
うれしい。

ここから ちょっと悪い…。
(山崎)もう?

なんか いきなり…。
(ゆきぽよ)怖い!

ゆきぽよを
ワースト2に入れたのが…。

ニコル。
(ゆきぽよ)あー! ひどい!

超嫌いじゃないですか。

いや ちょっと待って…
待って 待って 待って。

難しいんですよ ぶっちゃけ
このランキング作るの。

差がないって事? じゃあ。
(藤田)言ったら 別に

嫌いじゃない… 嫌いじゃない。

まあ 順番がね
どうしても できちゃうからね。

ちょっと あれ? って思う事が
書けたっていう。

なるほど 書けちゃったんでしょ?
理由を先に発表しましょうか。

〈ニコルが ゆきぽよを
ワースト2にした理由とは?〉

あー 怖い!
(山崎)なるほど。

でも なんか
トータルで考えてて

すごい 腑には落ちるけどね。

ゆきぽよの事も考えてあげてる…。
(藤田)考えました。

何歳まで… じゃあ ゆきぽよを
名乗るんだって思った時に

おばあちゃんになっても
ゆきぽよ やるんだったら

うちは もう 最高! って
思うんですけど。

逆に 途中で なんか
わかんなくなっちゃう時期が

あるんじゃないかなって
思った時に

どうするんだろう? って思う。
逆にあったの?

にこるんが
不安になる事があったの?

見た目は にこるんなのに

中身が にこるんじゃ
なくなってくる時期があって。

(山崎)藤田の? 藤田がね。

あの大きいキャンデー
なめてた時?

大きいキャンディー
なめてた時。

でも あの時が
有吉は いいんでしょ?

いや 俺は まだ

(拍手)
(山崎)怖いファンだな。

あと だから 肩書?
なんか 私だったら「モデル」とか。

何も 逆に… ないから

それが終わった時に
どうするんだろうな? っていう

心配になりました。
(有吉)ワンチャンだし

キャラ困ってるし…。

一発屋じゃない。
一生 ここにいるから大丈夫。

まさに一発屋。
まさにワンチャンで… うまい。

まさに…。
いいんだよ いいんだよ。

「一発」と「一発」かかっちゃって。
(熊田)もう いいよ!

そこで褒め合うなよ!

(一同 笑い)
(山崎)有吉さんも 俺1位…。

「俺の中で1位だぜ」じゃ
ないんだよ。

淳さん 2位ですよね。
ハハハ…! 残念!

でも ちょっとうれしいし
2位だから。

困ってるよ 困ってる…。
困ってます。

俺 いります?

ちゃんと 成り切ってよ!
あの金髪に。

亮さんって
いつも どんなんでしたっけ?

(有吉)そんなん そんなん。
そんなんなのよ。

(一同 笑い)
(熊田)悲しいじゃん。

(山崎)これが困るんだよ。

さあ 続いて…。
(山崎)あら。

ああ きました。 朝日。

上から発表か?
下から発表か?

もう どう? そろそろ
上から だって… いけるよ。

上から トントンっつって。
(山崎)だって

どれだけ 今 仕事増えたよ?

(朝日)確かに 正直…。

めちゃめちゃ見るよね。
(朝日)じゃあ 上からで。

上から!
(朝日)はい お願いします!

朝日の順位は こちら。

(有吉)下からね
上がってくる方が…。

マジお願い! 止まれ!

えっ?
(山崎)ガシン!

ここで止まんないと…。
止まれ!

あー! ちょっと どうするの?
(山崎)大丈夫だ! 大丈夫!

えー! ちょっと!
7位でした。

ザキヤマさん 有吉さん!

沈んだね。
えー!?

恥ずい! マジ恥ずい!
マジで恥ずい!

(一同 笑い)
(ゆきぽよ)いいじゃん。

マジ ショック。 どうしよう?
ゆきぽよを だって

1位にしてたんでしょ?
(朝日)この子よりは上!

(一同 笑い)
(朝日)マジで恥ずかしい。

下位グループの7位でしたが
4位に入れた人がいます。

ありがとうございます。
ニコル。

(朝日)ニコルちゃん。
なんか もう 恥ずかしい…。

ご意見番…。

意見が ものすごく いい意見をね
書かれて…。

アンケートに しっかりと
向き合ったっていう結果です。

(有吉)偉いね。
(藤田)私 考えましたもん。

ニコルの意見は…。

あー ありがとうございます。

(朝日)あー うれしい!

あー! ありがとう…。
(西野)いやいや いやいや…!

ちょっと待って ちょっと待って。
えっ? えっ?

待って 待って! えっ? えっ?
(山崎)まずい まずい…。

違う 違う 違う… 私 本当に…。
悪い病気が。

鈴木奈々ちゃん 見てた時に
やっぱり 空気読めるとこは

やっぱ 黙ってるんですよ。
確かにね。

その感じが
朝日さんにはあるから…。

ああ うれしい。
(藤田)次だって思います。

って事は 後列の一番端の方は

空気読めないで
ガンガンきちゃうって事?

残るか残らないかってなった時に

朝日さんの方が
残れるタイプだと思います。

ありがとうございます。
うれしいね うれしいね。

いや おかしい おかしい。
(鈴木)私…。

(鈴木)なんだろう?

体を張っても すごく…。

(鈴木)すごく 品があるんですよ。
(朝日)うれしい。

私は ちょっと
下品なとこ あるんですけど。

西野は どうなんですか?

(鈴木)西野ちゃんは

先輩じゃん!
(山崎)ああ それが違う。

いつも
めっちゃ褒めてくれるのに。

えっ? 面白い下品と
面白くない下品って事ですか?

最悪じゃん! 面白くない下品。
最悪だよ だから。

ねえ 最悪だ もう!
だから 言ってるじゃん。

そんな顔するなよ。

今もね また
すごい邪魔してる…。

結果的に 朝日ちゃんの番なのに
なんか 必要以上に

だから くるんですよ。
確かに。

さあ… あっ
朝日をワースト3に入れた方が。

それが 熊田さんです。

(有吉)あら!
(朝日)熊田さん…。

ちょっと待って 一番怖い…。
熊田の理由。

えっ もう…
全然 対立させていただきますよ。

なんか みちょぱも
同じような事ね 書いてたもんね。

なんかね 好感度 ちょっと
守りすぎてるんじゃないかな

っていう感じが ちょっと…。
(朝日)全然…!

ちょっと みんな やっぱ
こういう場とかだったら

すごい まあ
悪くなるじゃないですか。

たたかれて なんぼ
みたいな感じのを

ちょっと 崩さない感じが
なんか…。

いい子ちゃん?

全然… マジで嫌いです この女。

(みちょぱ)無理してるもん。

(朝日)全然 無理してない…
マジで。

(藤田)人の悪口とか あんま
言ってるイメージ ないかも…。

ないよね。
「この女」とかって言わないじゃん。

こいつが 特に無理。
「こいつが 特に無理」。

無理してるよね。
(熊田)無理してるけど

私の事は言わなかったもんね。

(一同 笑い)
(有吉)正解。

それ ただの悪口だよ。

(山崎)「クソババア」。

言えるじゃん 言えるじゃん。

(有吉)いいよ!
いいじゃん いいじゃん…!

言い返せ 言い返せ!
クソババア!

頑張れ クソババア。

泣いてるよ…
泣いてるよ ほら。

どこ見て
クソババアだと思ったんだよ?

朝日?
今日の衣装 クソださいから!

(一同 笑い)

これが熊田の衣装なんですよ。

ババアが こっち見てるわ!
本当に。 やめてください。

結果 泣いちゃうわけだもんね。

こういう感じだから
絶対 終わったら

「ごめんなさい 熊田さん」って…。
(朝日)言わないです!

もう 今日 真っすぐ帰れよ お前。
(朝日)今日 マジで

すぐタクシーつかまえて帰ります。
お前が一番最初に帰れよ 今日。

マジで帰ります。
お疲れさまでした!

言うなよ! それを。

ただ 無理した 熊田への悪口が

意外と熊田が効いてるっていう…。

(一同 笑い)
(有吉)ラッキーパンチだったけど。

立ち上がれなくなっちゃってる。

結構 悪いとこ
入っちゃったなみたいな。

(一同 笑い)

あれ? あれ? あれ? あれ?
あれ? っていう…。

いいパンチ 打ったんだよ だから。
(熊田)そう。 まさか

これると思わなかったから。

どうですか?
こういう やり取り見てるの…。

(草薙)こういう やり取りですか?
いや 戦ってるなって思って。

みんなが戦ってるから 俺もなんか
やりたくなってきたんだ?

やっちゃダメなんだよ 亮さんは!

亮さん 難しい!
(一同 笑い)

(有吉)いいんだよ! それで。
いいんだよ!

(草薙)亮さん…
亮さん すごいですね…。

なんにも… なんにもないから。

しゃべりすぎですか?
亮さんだったとしたら。

次の発表にまいりましょう。
(鈴木)イヤだ…。

いいですか?
いいよ。

(有吉)出た!
鈴木奈々。

上から発表しますか?
下から発表しますか?

えっと…
下からで お願いします。

(山崎)下? えっ?

じっくり じっくり…。
(藤田)ずるいね。

本当に見たくない。
順位は こちら。

えっ 本当に見たくない。
(山崎)それ 耳を…。

なんで
耳 塞ぐんだよ まず。

(有吉)耳は大丈夫よ
奈々ちゃん。

ほら もう
余裕だよ ほら。

(一同)あー!
(有吉)もう大丈夫だよね。

(一同)あー!
(山崎)そうだね ここから。

わかんない。 なんで?

なんで? なんで?
なんで?

なんで?
(山崎)意外に ちょっと…。

なんの パン! なの?
なんでか わかんない。

違う 違う 違う…!
「1位じゃねえのかよ!」のパン!

(山崎)なんか ちょっと…。
(鈴木)いや いや いや…。

なんで? なんで? なんで?
なんで? なんで?

自分で やってるでしょ?

自分でやってんじゃん。
はい はい…。

(鈴木)ちょっと待って 待って…。
(熊田)どういう技術なの?

まずは
鈴木の事を3位に入れたのが

朝日。
はい はい。

ありがたい。 本当にうれしい。
ごめんなさい…。

(朝日)ねえ 泣いてます?
(有吉)何? どうしたの?

(有吉)そんな…。
この10人で やり合ってるだけ…。

(山崎)すごいね。

(一同)おー!
(鈴木)誰?

みちょぱと ニコル。
(山崎)おっ!

(一同 笑い)

興ざめしないで。
興ざめしないでよ。

感動のシーンなんだから!
(山崎)いやいや…。

今 まさに感動のシーン…。
(有吉)ごめん…。

『Popteen』姉妹が…。
(山崎)水差しちゃった。

「何? こいつ」じゃないよ。
(山崎)いや だって

こんな感じになるとは
思わなかったからね これ。

私 すごく うれしい。

さっきね 鈴木も
みちょぱの事を

2位に入れてましたけども。
(山崎)相思相愛じゃん。

ニコル。

(山崎)理想なの?
「そして」…。

すごい!

最近 その…。

取ったんですよ 私。
(一同)えー!

(朝日)どこで?
(鈴木)あの… 週刊誌。

すごく落ち込んで
今 ここで2位になれたので

すごく うれしいです。
本当に… 本当にうれしい。

現場の声だけ
聞いていればいいんだよ。

でも それでも うれしいよね。
(山崎)そうね。

共演者は わかってくれてる
っていう事だもんね。

(鈴木)本当に ちょっと悩んでて。

なんか ちょっと
逃げ出したくなってた時

だったんですよ。
そうなの?

(山崎)何から?
よく言ってるもんね。

あの… 他の番組でも
「私の場所は丸山さんが」っつって。

はい。 言ってます。
(丸山)とんでもないです。

(朝日)声 ちっちゃい。
(丸山)ちっちゃい? ごめん。

(山崎)声が めちゃめちゃ小さい。

粘り強さとかを見て…。
頑張ってる?

そう 頑張ってます。
(鈴木)ありがとうございます。

(山崎)あっ! 聞けるの? それ。
(鈴木)それって聞いていい…?

(山崎)いいの?
いい いい…。

えっと… 丸山さんは
鈴木さんの事を6位です。

(有吉)低っ!
(山崎)いや ちょっと ちょっと…。

(有吉)背中 見て?
背中 見て…。

(山崎)6位の背中
追いかけてるの? 今。

6位の背中
なんで追いかけちゃってるの。

(山崎)いや 自分の方が上の可能性
あるじゃん だって それ。

草薙は 鈴木奈々の事は
どう思ってんの?

(草薙)僕は あの… えーっと…。

4位?
(有吉)順位 付けてるのね。

(一同)えー!
(草薙)マジで この…。

でも ダメだ ダメだ。
ダメ ダメ それは。

そういう事やっちゃダメなのよ。

いいじゃない。 いいじゃないよ。

良かれと思って
やってきてくれたんでしょ?

何 積極的に絡んできてんだよ!

ボーっと立ってます!

「ボーっと立ってろ」っていう
指示 やめろ!

厳しい…。

ボーっと立ってます はい。
今までの思いが。

次の発表です。

(山崎)おお 上手。
(一同)おー!

(鈴木)すごく高そう。
磯山さやかさん。

磯山さん
また 手 短くする整形した?

してない! してないですよ!
(山崎)えっ? 嘘!

「また」って
1回もやってないからね!

ちょっと いいですか?

短くしてるね!
(一同 笑い)

あれ? どうしました? それ。
よく気付いたね。

めちゃめちゃ短い…。

上から発表か?
下から発表か?

(磯山)もう 下からです。
下から?

でも なんか嫌われるような感じは
ないですよね。

(磯山)でも 好きでもないって…。
(有吉)毎回そういう前振りしてさ

いい順位で泣いてない?
(山崎)あっ!

そうなのよ。
(山崎)確かに。

果たして 磯山 何位に

ランキング
されているんでしょうか?

みんな怖い やめて。

10位はイヤだな。
(有吉)余裕でしょ こんなの。

(一同)えー!

いや 絶対 そうなんですよ。

(山崎)そういう時代なの? 今。
(磯山)もう やめて そういうの。

「えー!」って言ってるけど
あんたたちだから!

お前らのせいだろ!

(みちょぱ)でも さすがに
こんな下だとは思わなかった。

みんなが不思議がるって
おかしい…。

(有吉)そうだよ。 お前らのせいで
この順位なのよ。

まずは…。

(ダレノガレ)言われるよ?
(有吉)誰だ?

(山崎)誰? 誰?
嘘でしょ? もう…。

本当に よくそんなのできるよね。
(有吉)本当。

まずは朝日。

えっ?
朝日は 磯山の事を

なんと 最下位に…。

えー!
(有吉)「えー!」じゃねえよ!

朝日は 磯山の事を

なんと 最下位に…。

えー!
(有吉)「えー!」じゃねえよ!

(一同 笑い)

「えー!」じゃねえよ!

(山崎)怪しいな。
(藤田)怖い。

「なんでだ?」じゃないんだよ。
(山崎)それは

「なんでだ?」じゃないのよ
自分で10位にしてんだから。

〈一体 なぜ 朝日は

大先輩 磯山を
ワースト1位にしたのか?〉

ちなみに 磯山は

朝日の事を
ニコルと同じく4位に。

いやあ ごめんなさい…。
(磯山)大丈夫。 謝んなくて大丈夫。

そうなんだよね?
(磯山)そうです そうです。

NGなしに
なんでもやってくれてるから…。

虫 食べたりとか。

それでも 清潔感があるから
すごいなと思って。

(山崎)痛いね。 10位選んだ人に
これ言われると痛いね なんか。

申し訳… マジ 申し訳ねえ…。
それは しょうがない。

どっかで付けていかないと
いけない…。

朝日ちゃんだけのせいじゃ
ないからな。

そうなんですよ ずるいですよね!
周りの人も なんか…。

私だけみたいになってますけど。

まだまだいるぞ これは。
まだいるね。

続いては 磯山を
ワースト2に入れたのは…。

ダレノガレさん。
(有吉)あら! 動じない。

(朝日)怖っ!
(ダレノガレ)私 別に…。

そうだよね! 最初から。
私は もう…。

「えー」とかって言ってないもんね。
全く 言ってない。

理由。

ああ…。
(ダレノガレ)普通にね。 普通にね。

なんか 今日も
腕が短く見えるような服を

選んでるんですよ
あえて。

そうなの?
そんな選び方…。

引っかかっちゃった。
(有吉)転がされてるな。

もう 計算どおり?

転がされてるんですよ 逆に。
そういう感じがあって…。

基本的に

(ダレノガレ)なんか気にしちゃう。
朝日さんも?

今日 マジで嫌いになった。
えー 違うよ!

涙って あふれてくるもんじゃん。

こういう女がイヤなの 私 本当に。
「あふれてくる女」とかいうのが…。

すごい。
一度に 二度攻撃するんだね。

(一同 笑い)

ダレノガレさん… えー?

やっぱり ノガレさんは すごい…。
(ダレノガレ)私は ちょっと… はい。

まだ 名前出てない方は?
(熊田)はい。

(ダレノガレ)このあと
きてほしくないな。

(有吉)1位もいるのか。

(熊田)きた!
(山崎)ああ ここ!

いきましょう。
(山崎)ベテランを。

さすがだね。
いい流れ 生まれてんじゃん…。

俺 いろいろ
考えてきましたけど

(一同 笑い)

しゃべりすぎだぞ あと。
ちょっと しゃべりすぎ。

上からいきましょう。
上から。

だって 1位ですからね
はい。

自信を持って お送りします。
見てみましょう。

順位は こちら!

(山崎)大丈夫でしょう。
(有吉)大丈夫…。

安心して。

淳さん 水飲むの
やめてください。

(有吉)ああ よかった。

基準点。
(山崎)よかった よかった。

っていうか もう 淳さんが
1位のとこで水飲むから

絶対違うって わかった…。
そんな事ないって!

それは わかんないでしょ!
パリパリって音で

もう全然 雰囲気が
ぶち壊しになった。

全然 もう祈れなくなっちゃった。

熊田を2位に入れた方がいます。
ありがとうございます。

ニコル。

フフッ…。
(山崎)あら!

ありがとうございます。

うれしい。

花マルっていう…
花マルマーク。

花マルマーク。

ああ…。
(山崎)そういうのがあるんだ。

みんなで 悪く言おうっていう
モードもあるじゃないですか。

…って時は
一緒に楽しんでもくれるし

ちょっと 黙ってようって時は
みんなで黙ってようみたいな…。

そうなんだ。 裏でね。
(藤田)だって…。

すごいよ。

それが
一番難しい事だと思うんですよ。

継続がね。 大ベテランですから。
うれしい うれしい。

続いて
熊田を1位に入れた人がいます。

えー! うれしい。

磯山。
あー! ありがとう!

(有吉)盟友。
盟友…。

「王 長嶋」みたいなもんだから。
(熊田)本当に ありがとうね。

「いいのよ いいのよ」。

(山崎)「扱い方」?
(熊田)「扱い方」って…。

母乳コント?
(有吉)コントじゃないです。

マジですから。
(一同 笑い)

(磯山)そういう返しもね ちゃんと
してくれるっていうのは

すごいなって思います やっぱり。
なるほど。

で 現役でグラビアも
バリバリやってますからね。

写真集 いただきましたけど
すごかったですよ。

(みちょぱ)あの写真集
さっき 有吉さん…。

(有吉)言うんじゃない!
(一同 笑い)

(丸山)私も…。 だから 私も
ちょっと あれなのかなって。

お菓子のお礼に
するんじゃないよ!

「いつも お菓子ありがとう」って。
(一同 笑い)

私は 本当に ちょっと
「これは 熊田さんが 多分

有吉さんに渡したものですから」
って言って。

だって 「有吉さんへ」って
書きましたからね

どこにもいかないように。
(山崎)それダメよ! だって…。

売ろうとするんじゃないよ!
(有吉)書いちゃダメだから。

さあ ただ 5位なので
ちょっと悪い理由もあります。

お願いします。
熊田をワースト3に入れたのが

ダレノガレ。
ごめんなさい…。

理由はありますよ。
理由はありますよ。

(山崎)この世代が嫌いなんだ。
(有吉)この世代がイヤなんだ。

「けど」…。
(山崎)けど?

それが一番強かったです。

最近
ちょっと 立て続けだったんで。

SNSがなかったら
もっと 全然 上でした。

(山崎)相当 それで下がってんの?
(ダレノガレ)体形は すごいキレイだし。

SNSって そもそも
自分のプライベートを出すものですよね。

それの何がいけないのか
わからない。

だから えっと 私が言ってるのは

それを いちいち
旦那の悪口みたいな…

旦那の評価を下げるような事を

いちいち書かなくても
いいんじゃないのかなっていう。

評価を下げたつもりじゃなくて
日常をアップしてるだけであって

それを のぞきに来たのは
第三者ですよね?

最初から それをフォローしてれば
勝手に出てくるものだから

それは… 見るのは
しょうがない事ですよね?

それを のぞきに来てるのは
あなただから…。

いいねえ! これだよな!
これが『ロンドンハーツ』だよね!

私は見に行ってないですよ。
私はニュースしか見てなくて

勝手に上がってくるんですよ。
(熊田)主人の事以外にも

他の事も… プライベートの事
出してますから

それが 私のインスタなので。
それを知らないで

ネットニュースの一部分だけ
知ったような事で しゃべるのは

おかしいんじゃないですか?
(ダレノガレ)でも こういうアンケートを

書いてくださいっていって
書いてるので。 それに対して

グチグチ言ってくるのは
どうかと思うんですけど。

その理由に対して
疑問があったので

言ってみたんですけど。
(ダレノガレ)はい わかりました。

…っていう感じですね。
おい おい。 行け 行け。

こういう時 亮さんだから。
亮さん…。

(山崎)どうだ?

(一同 笑い)

下手くそ!

(有吉)違う 違う…。
下手くそ! するわけないじゃん。

(山崎)お互い 目も見ず
ケンカしてんだから。

朝日は 6位にしてるんだね。

あっ… はい。

やっぱ そうですね…。
(山崎)言ってやれ 言ってやれ。

なんか…
なんの仕事されてる方ですか?

フフフ…。

ちょっと ごめんなさい。
もう1回 やらしてもらって…。

(一同 笑い)

「芯 食いすぎ」って…。
(山崎)どういう怒られ方よ。

いいとこに入れるな お前は。
(一同 笑い)

写真集 出されたんですから。
(朝日)えっ 写真集?

お配りしたら どうですか?
お配り… そうですね。

(一同 笑い)

(藤田)怖いよ この空気 怖いよ…。

いやいや 怖くない 怖くないよ!
(朝日)全然 怖くないです!

(有吉)いいんだよ いいんだよ
それで。

やっぱ 効いてらっしゃるんだね。

効いてらっしゃるんですか?
これは。

全然 効いてないようにも
見えるんですけど。

この言葉だけは
やっぱり 熊田さんも…。

デンと構えてらっしゃる感じには
見えるんですよ。

これだけ

(山崎)あの女王…。
(有吉)弱いとこもあるからね

体には どうしても。

〈リアル評価グランプリ〉

〈残る発表は4枠〉

〈この中に
トップと最下位が〉

ああ! 藤田ニコル。
(山崎)ああ じゃあ こうか。

(有吉)これは そうだね。
(みちょぱ)これは間違いない。

上です。
上からいく?

果たして ニコルは何位に

ランキング
されているのでしょうか?

順位は こちら!

(有吉)終われ!

(一同)うわー!
(藤田)なぜ?

なぜ?
(熊田)すごい!

1位 藤田ニコル。
怖っ!

1位に入れた人が3人もいますよ。

ありがたみ。
(有吉)すごいね。

丸ちゃん 熊田 西野。

マルちゃん!

武田鉄矢さんじゃないのよ。

(有吉)言うよな?
マルちゃん!

狙ってないから!
(山崎)狙ってたでしょう?

丸ちゃんから。
(藤田)うれしい!

あっ ちょっとね
理解しがたいんですけど 文章が。

「その話のとおり」だと
わかんないんですよね。

私より 本当にすごい年下なのに

いろいろ… 例えば

上手とか 下手とかっていうのが
あんまり わからないんですよ。

そういうのとかも
教えてくれたり

カメラが どこをいってるかとか
っていうのを…。

たまに変なとこ
向いちゃってるから。

後ろ向いちゃったりするから

「いやいやいや! 前向いた方が…
今 撮ってるよ」って。

後ろ前で 気付けない人いるの?
(丸山)そうですね。

でも 背中 見てんのは
奈々ちゃんなんだよね?

すみません バラエティーでは
やっぱり…。

(一同 笑い)

せっかく 1位でさ…。

後ろ向いちゃってるんじゃない?
そしたら だって。

(一同 笑い)

そのカメラの位置
間違えてるから それ。

6を見ちゃってるんだよ。
(一同 笑い)

バラエティーだったら…。

あとは 熊田さん。
(藤田)あっ うれしい。

ニコルは さっき 熊田の事をね
2位って入れてましたけど。

熊田は ニコルの事を1位。
(熊田)はい。

(山崎)ふーん!

プラス
子どもたちの人気も すごくて。

にこるんと みちょぱは
3歳児でも知ってるんですよね。

で みんな言ってるぐらいなので。
(藤田)あだ名もあるのかな。

ちなみに 草薙は
ニコルは何位?

あっ それ 一番 聞きたかった。
(山崎)そうだ。

うれしい。

これ もう 決定じゃないか?
2人。

なんか その…
この間 3位にしてくれて。

ああ 草薙の事をね。
「付き合いたい」やつか。

(草薙)マジで 本当に
そこから その…

僕 その… YouTube
チャンネル登録したんです。

(一同 笑い)
(有吉)いいじゃん なあ!

単純すぎるんだけど。

(山崎)あら! ある!
(草薙)山ちゃんパターン?

(みちょぱ)絶対ないって!

初?

マジ?
(鈴木)嘘?

行こう。
ちょっと してみよう。

(山崎)頑張ろう!
(有吉)田中だよ これ。

(みちょぱ)すごい 寄ってくる…。
(藤田)近い 近い…。

(みちょぱ)すごい すごい!
(有吉)行け! しっかりな。

本当に一生 幸せにするんで
結婚してください!

(一同 笑い)
プロポーズになってる…。

(有吉)止まって 止まって!
(山崎)手 出して 止まって!

ニコルの答えは?
ごめんなさい。

「ごめんなさい」!
(山崎)えー!

ちょっと違うな 言ってた話と。
ちょっと なんか

早い… 早いんじゃない?

うちが中2だったら
付き合ってましたね。

マジ? 中2だったら…。
中2だったら!

中2だと思って 言ってみたら?
中2だと思って。

中2に成り切ってさ。
(有吉)中2っぽい感じで。

中2の時を思い出して。
(有吉)中2だよ 中2 お前…。

えっ どっちの感情? 今の?

中2の時よ。 中2の時よ?

大好きだよ。 もう… ああ…

動物園行こう 一緒に。
オーケー…。

やった!
やったじゃん!

やったじゃん! 草薙!
(山崎)やったじゃん!

(藤田)中2だよ。
中2だよ。

(一同 笑い)

よくわかんない…。
成長したな。

過去に付き合ったって
言えるんだから。

「中2の時に付き合った」って
言っていい。

じゃあ 今 元カレの人数
増えたって事ですよね?

そうだよ。 中2の時の彼。
(藤田)わかりました。

〈次に発表されるのは…〉

(山崎)どうだ? きたね。

(みちょぱ)もう いっちゃう?
(山崎)確かに。

「もういっちゃう?」って何?
「もういっちゃう?」って何?

下から上がってるの
楽しんでいったら?

じゃあ 下からで。
下から。

さあ
西野の順位は こちら。

えっ!?
(有吉)だろうな…。

なんで? えっ?
10位のままです。

最下位に選んだ方が

7名もいます。
(西野)えー!

(山崎)マジで?

だって
自分を抜いてるって事は

もう 9人中7人って事ですよね?
9分の7。

(有吉)それは
盛り上がらんはずだわ。

そりゃ
お前の発言で 盛り上がらん。

いや 嘘でもさ 「えー!」みたいな
さっきみたいの やって。

まずは ダレノガレさん。

(有吉)ああ… なるほどね。
続いて 丸山さん。

西野を最下位にしています。
(西野)最下位…。

という事で
西野さんが10位でした。

なんで? おかしいって!
続いての発表…。

えー! なんで?
みんなの意見 聞かせて! えー!

弁解もできないんですか? これ。
うん。

〈残るは2人〉

〈じゃんけんの結果

3位か 8位か。

(ダレノガレ)
もう わかりますね。

下からいこうかな。

下から。 では まいりましょう。

ノガレさんの順位は こちら。
(山崎)頑張れ!

はい 8位から…。

(有吉)8位。
(山崎)うわー…。

って事は
丸ちゃん 3位。

うれしいよね
このメンバーで3位。

こんな事あるんですね。
まずは

上位の丸ちゃんから…。
(丸山)ありがとうございます。

1位に入れたのが 鈴木奈々さん。

入れました。
(丸山)ごめんなさい 奈々ちゃん。

(一同 笑い)

まあね ライバル視してる
っていうのもありますけども。

めちゃくちゃ… 多分
休みないと思うんですよ 今。

なのに 絶対
お菓子を欠かさずに…。

いつ買ってんだか。

そうなんですよ!
いつ買ってるんだろうって。

こんなに
忙しいのに。

手紙を読んでる時の顔に
なってますけど。

(山崎)あの例の?

謎の感情。
(鈴木)バラエティー番組でも

トークの爆発力が
すごいんですよね。

そう。 あの…
テロップになるんですよ すごく。

丸山さんが話した言葉が
すごくテロップになるんですよ。

(山崎)ああ それ 大事だよね。
そこが やっぱり…。

ごめんなさい。
どういう表情なの?

向こう… 横が やっぱり…。
喜んでるんです。

横から見ちゃうんです やっぱり。

横から見た…?
(山崎)いまだに わかんない…。

続いて
1位に入れたのが もう1人。

ノガレさん。
(ダレノガレ)私 1位です。

(山崎)ノガレちゃんが?
(丸山)ちょっと!

あの顔で聞いてんでしょ? でも。
(一同 笑い)

(丸山)いやいや 違いますよ。
違いますよ!

あの顔で聞かれたら イヤだろ?
(一同 笑い)

ちゃんと聞いてるの?
ちゃんと聞いてます。

〈熊田 VS ダレノガレ 再び〉

(ダレノガレ)えー! 結構…。

ニコルさん…。

〈草薙とニコルの恋は
どうなる?〉

中2の思い出が?

ワースト3ですね。
8位。

そうか。
あら ノガレちゃん。

楽しみ!

ワースト1にしているのが

鈴木と西野。
(山崎)あららら…。

(有吉)奈々ちゃん そうなんだ。
(山崎)同じ事務所で。

西野とダレノガレは
お互いに最下位に。

私 西野さん 全然わかんないから。

私も わかんないんですよ。
(ダレノガレ)テレビでしか見てない。

(西野)私も
テレビでしか見た事ないです。

理由…。

そうなんですか?
すごい!

(一同 笑い)
(ダレノガレ)えっ すごい!

全部 当たってる!
続いて 熊田さん。

はい。
さっきね ノガレさん

熊田の事
ワースト3に入れてましたけども。

ワースト2。
(有吉)低い。

(山崎)お互いに。
お互いにね。

えー!

占い師みたいな…
占い師みたいな…。

そうなんですか?

多分 この言葉を伝えたとしても
ダレノガレさんは

多分 何も変わらないと思います。
(ダレノガレ)そうですね。

(熊田)自分ってものが
すごいあるし。

どう…? このあと2人で

草薙と3人で
飲みに行ったりする?

(山崎)あー!
もし あれだったらね?

よかったらね。
(ダレノガレ)草薙君 いります?

(草薙)ワンチャンあります?
(山崎)そりゃ あるだろ。

どっちですか?
(有吉)それは 自分で探って…。

自分で探らないと。
(草薙)えっ… どっちもいいな!

(一同 笑い)

イヤだ!

どっちか選ばないといけない
っつったら…。

どっちか選ばないと…。
どっちか選ばないといけないの。

うわー! ちょっと時間ください!
どっちか選ぶんだよ。

(山崎)ダレノガレちゃん
熊田ちゃん どっち?

ワンチャン。
中2の時の元カノ 見てるよ。

(山崎)どう?

(草薙)ああ…!
ニコルさん 忘れられないです。

(一同 笑い)

中2の思い出が?
(有吉)長いね。

もう じゃあ 2人ともないね。
(ダレノガレ)引きずってんじゃん!

2人は いけない?
(有吉)しょうがないわ…。

やっぱ ニコルでした。

〈こんな2人を飲ませたら…〉

(一同 笑い)

〈次週…

異色の2人飲み!〉

〈草薙と みやぞん 初対面〉

僕は楽しんで…。
(みやぞん)何? 何?

〈更に…〉

こんだけやってくれないんだから
無理だろうな…。

〈同い年 2人の
まさかの本音が!〉

全然ボケへんやん!
(一同 笑い)


関連記事