偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」彫刻家・高村光太郎が妻・智恵子との愛の軌跡を…


出典:『偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」[字]


彫刻家・高村光太郎が妻・智恵子との愛の軌跡を記した詩集「智恵子抄」。そこには夫をこよなく愛しながらも数々の悲運に翻弄された智恵子の心と体のSOSが刻まれていた!


詳細情報

番組内容

太平洋戦争前夜の1941年、一冊の詩集「智恵子抄」がベストセラーとなった。彫刻家・高村光太郎が、画家を目指す妻・智恵子との出会いから死別までの27年間の愛の軌跡をつづった純愛詩集だ。そこには、夫・光太郎をこよなく愛しながらも数奇な運命に見舞われた智恵子の、心と体が発するSOSが記されていた!そして、ついに心を病んでしまった智恵子の心を、夫のもとにつなぎとめた奇跡の○○○とは?時代を超えた純愛物語!

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,榊原郁恵,【解説】郷原宏,河村正二,宮崎良文,池淵恵美,【司会】渡邊あゆみ



『偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」
  1. 智恵子
  2. 光太郎
  3. 自分
  4. 統合失調症
  5. 智恵
  6. 色覚
  7. 智恵子抄
  8. ストレス
  9. 自然
  10. 女性
  11. 色型色覚
  12. 作品
  13. 彫刻
  14. 東京
  15. 油絵
  16. 芸術
  17. 言葉
  18. 高村光太郎
  19. 郷原
  20. 結婚


『偉人たちの健康診断「東京に空が無い “智恵子抄”心と体のSOS」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

太平洋戦争の直前 一切のものが
戦争に向かって駆り立てられていく時代。

一冊の詩集が
空前のベストセラーになりました。

作者は 彫刻家の高村光太郎。

智恵子は その妻です。

「智恵子抄」は 光太郎が
画家を志す長沼智恵子と出会い

死別するまでの27年をつづった
純愛詩集として知られています。

しかし この詩集を深く読み解くと
浮かび上がってくるのは…。

愛の裏側に潜むストレス。

智恵子が発した…

東京には空がない…。

危険サインを発していた智恵子は…

智恵さん おい 智恵さん!

心を病んだ智恵子を救ったのが…。

(光太郎)これ ほんとにすごいよ!

智恵子の波乱万丈の人生を通じて

ストレスに満ちた現代社会を
生きる知恵を探ります。

♬~

健康のヒントは歴史にあり。

「偉人たちの健康診断」。

皆様 こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

ご一緒して頂くのは こちらの方々。
どうぞよろしくお願いいたします。

(3人)よろしくお願いします。

今日は「智恵子抄」
聞いたことはありますか?

ありますね。
「東京には空がないという」とかね。

高村光太郎さんの。

私も舞台で
福島に行くことがあったんです。

ホテルから見えた山が きれいな山で あっ
これ有名な あの安達太良山ですよって。

ああ 「智恵子抄」に出てくる この山!
(笑い)

それは いいタイミングでした。
はい いいタイミングでした。

僕も福島に ちょいちょい行くと
やっぱり「智恵子抄」

ちょっと入ってきますよね。
そうですね。

さあ それでは 今日はですね
「智恵子抄」についてお詳しい

詩人で評論家の 郷原 宏さんに
おいで頂いてますので

どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

あの 智恵子さんって
どんな人なのかなという

写真をですね 見て頂こうと思うんです。

明治45年 26歳で

ちょうど 光太郎と出会った頃に
撮られたという写真なんですね。

知的な感じですね。

(榊原)ほんと。
実際にどうでしょうか? 郷原さん。

智恵子という女性。
ちょっと内気でね

あんまり人づきあいは
お好きな方じゃなかったようなんです。

ただ 高村光太郎という
理想の恋人に巡り会ってからはね

もう まっしぐらにいくわけですね。

だから 非常に情熱を持った
女性でもあったっていう。

もう 世紀の恋ですよね。

さあ それでは早速 「智恵子抄」を
健康診断してまいりましょう。

明治の終わり
東京の絵画塾で男性に交じって

西洋絵画を学ぶ 一人の女性がいました。

女性が絵描きを目指すなんて
考えられなかった時代。

智恵子の姿は 人目をひきました。

その当時 智恵子が描いた
デッサンです。

なんと
若き乙女が 男性のヌード。

しかし デッサン力には
優れたものがありました。

智恵子は 1886年 日本百名山の一つ

福島県の安達太良山の麓に生まれました。

実家は造り酒屋。

父の代で成功し 大いに繁盛。

地域で最も裕福な家庭で育ちました。

学生時代の成績は極めて優秀。

智恵子は自慢の箱入り娘でした。

17歳の時に 反対する両親を説得して上京。

日本女子大学に入学し 卒業後
画家を目指して絵画塾に通います。

このころ 智恵子が描いた油絵がこちら。

智恵子は エメラルドグリーンを
好んで使いました。

ところが 智恵子がいつものように
エメラルドグリーンをふんだんに使って

絵を描いていると…。

この色は不健康だね。

先生から注意を受けた智恵子は
黙ったまま何も答えず

肌にエメラルドグリーンを
塗り重ねたといいます。

なぜ 智恵子は
先生の忠告を無視したのでしょうか。

謎をひもとく言葉が残っています。

智恵子は 人とは違う色覚を
持っていたようなのです。

智恵子はですね
福島の高等女学校時代に

親友の上野ヤスさんっていう友達に
「自分は色の見え方が

ちょっと人と違うところあるんだ」
っていう

そういう告白をしてるわけですね。

そのことが彼女にとって
長い間 一種のストレスっていうかね

に なったんじゃないか。

智恵子が悩んだ 人とは違う色覚とは
一体どのようなものなのでしょうか?

多くの人は 3色型色覚といって

網膜にある赤 緑 青に反応する
3種類の錐体細胞によって

色を識別しています。

しかし 少数派として
2種類の錐体細胞で色を見分ける

2色型色覚の人もいます。

2色型色覚は…

…に見られ 少数色覚ともいわれます。

2色型色覚の中で最も多いのは

緑が黄色っぽく
赤が黒っぽく見えるタイプです。

智恵子が好んで用いたという
エメラルドグリーンは

智恵子には 下のような色に見えていたと
考えられるのです。

エメラルドグリーンは
不健康な色だと言われても

人とは色覚が異なる智恵子は
戸惑うばかりだったはずです。

そんな ある日。

ふと手にした雑誌で 智恵子は
思いもかけない言葉と出会います。

「緑色の太陽を描いてもいい」。

それは 高村光太郎の言葉でした。

色彩に悩んでいた智恵子の心を捉えます。

高村光太郎…。

どんな人なのかしら。

高村光太郎は 当時の彫刻界の第一人者
高村光雲の息子です。

幼い頃より 父 光雲から
彫刻の英才教育を受けてきました。

こちらは 13歳の時の作品 「鼠」です。

こまやかに彫り出された毛並みと動き。

光太郎は将来
日本の彫刻界をしょって立つ男と

多くの期待を集めていました。

美術学校を卒業後 欧米に留学。

フランスでロダンの作品と出会い
強い影響を受けました。

当時 フランスでは 絵画でも
ゴーギャン ゴッホ セザンヌなどによる

新しい芸術が次々と現れていました。

こうした洗礼を受けて帰国した光太郎は

保守的な日本の芸術界に反旗を翻します。

雑誌を舞台に 芸術とは自由なものだと
主張したのです。

智恵子は友人のつてをたどり
思いきって光太郎の仕事場を訪ねます。

(智恵子)ご機嫌よう。
あっ…。

長沼智恵子と申します。
高村です。

智恵子は ときめきました。

「この人は 自分を受け止め理解してくれる
理想の男性かもしれない…」。

光太郎にハートを射ぬかれた智恵子は

当時 珍しかった南米原産の
グロキシニアの花をプレゼントするなど

積極的にアプローチをかけます。

(郷原)ヨーロッパで 向こうの
ジェントルマンシップをですね

身につけてきた光太郎は 女性に対しても
非常に優しくて

一人前の女性として智恵子を扱ったろうと
思われるわけですね。

智恵子にとってみれば たまらない
体験だったろうと思うんですね。

ところが 二人が出会った翌年。

智恵子に悩ましい問題が起こります。

ふるさとの両親から
強く縁談を迫られたのです。

思い悩んだ智恵子は 光太郎に
縁談のことを打ち明けます。

私 田舎に帰って結婚しようと思うんです。

お相手は?
お医者様です。

光太郎は
それ以上 何も言いませんでした。

しばらくして 智恵子は雑誌に掲載された
光太郎の詩を目にします。

「Nー女史に」。

題名は 「Nー女史に」。

「N」とは智恵子の名字 長沼の頭文字です。

それは 光太郎から智恵子への
熱烈なラブレターでした。

光太郎の激しい思いを知った智恵子は

千葉県の犬吠埼へと向かいます。

この時 光太郎は
ここへスケッチ旅行に出かけていました。

智恵子と光太郎は
お互いの心を確かめ合い

その2年後に結婚します。

しかし 智恵子は
色覚が人とは違うことを

生涯 光太郎に打ち明けることは
なかったようです。

何も知らない光太郎は
智恵子の油絵について

こんな言葉を残しています。

智恵子は
夫にも言えない秘密を抱えたまま

芸術の道を
歩んでいこうとしていたのです。

(関根)すごい激しい恋愛ですよね
あのラブレター。

「嫌なんです」。

それも 直接渡すんじゃなく
一回 雑誌に…。

雑誌を利用してるわけですね 光太郎は。
ずるいわけです。

ああいうもので
心奪われちゃうってことありますよね。

それやっぱり
パリ仕込みなんでしょうかね?

光太郎。
パリ仕込みかもしれませんね。

確かに 当時の日本人の男を
超えてますよね やることがね。

でも 共に芸術家同士で結婚していて

だけど やっぱり
自分の色覚のことは言ってないですよね。

何で…。
色覚ってね。

何で言わなかったんですかね?
それはね 自分たちの

せっかく ここまでアツアツの関係がね
壊れるんじゃないかって恐れが

あったでしょうね。
だから 言い方をかえると

愛が言わせなかった
ということじゃないでしょうか。

深いな 愛が言わせなかった。

光太郎の方は 色彩が不十分でとか
何か言ってますよね。

それを知りませんから 要するに
まだ技術 技能不足だとしか

光太郎は思ってないわけ。

まだまだ勉強しなきゃダメじゃないか
みたいな 叱ってるわけですよね。

叱ってるわけですね。
まだ 努力足りないよっていうことを

言ってるわけですね。
なるほど…。

智恵子が悩んでいたと思われる
色覚のコンプレックスですけれども

専門家の方 お招きしてるので
伺いましょう。

霊長類の色覚に
お詳しい方でいらっしゃいます。

その2色型というのが
先ほど紹介されていましたけれど…

これ 結構多い…。
多いですね。

どうして
そんなに多いのかというとですね…

(河村)そんなふうに考えています。

ホモ・サピエンス? それ 結構
何万年も前の話じゃないですか?

そうですね 何十万年も前という。

2色型色覚の人が
かなりの割合で存在するのは

人類の進化の歴史と
深い関わりがあります。

人類の遠い祖先は
森の中で暮らす霊長類でした。

生き残るために
赤く熟した木の実を見分ける能力を

発達させたと考えられています。

こうして獲得したのが
赤に敏感に反応する3色型色覚です。

しかし 人類は進化の過程で二足歩行し

森から出て サバンナで
狩猟生活をするようになります。

サバンナの環境は
森の中とは大きく異なります。

獲物となる動物の色は
周りの自然に溶け込むように

カモフラージュが施され
簡単に見つけることはできません。

更に 人類の天敵だった
ライオンなどの肉食獣の体の色にも

カモフラージュが施され
草むらから突如 襲いかかってきます。

このような環境の変化が
人類の色覚に変化を及ぼしました。

カモフラージュされた動物は
2色型色覚の人の方が

早く発見できるのです。

狩りをする時にも
2色型色覚の人がいると

獲物や敵を早く発見できるため
人類に一定の割合で

2色型色覚の人が現れるようになったと
考えられているのです。

むしろ 見つけにくい。
かえって邪魔なんですね。

かえって邪魔なんです。
あと 狩りをするとですね

自分も狩られる
ライオンとか捕食者がいますから

2色型のメンバーがいると
3色型も そういう危険にさらされずに

それから早く獲物がとれるとかですね。

それによって
生き残れてこれたんじゃないかと。

だから男性に多いんですね。
ねえ そうですね。

狩りっていったら男性ですもんね。

今 ハンディキャップのように
言われてますけれども

そうじゃない見方も
あるということですね。

智恵子さんは
こちらの2色型だったわけですよね。

自分の能力を生かす方法も
あったんじゃないんですかね?

そうですね 輪郭や そういった形や
きめを見る能力は高いので

彫刻とかですね 水墨画もね。
濃淡で。

展覧会用の油絵 描こうとするから難しい。

ただ やっぱ油絵が西洋からきた…。
近代の象徴ですからね 油絵ってのは。

今まで日本になかった新しい絵画。
だから挑戦したかったんですよね。

(郷原)そういうことですね。
ハンディキャップっていうものを

まだ言えないような時代だったって
いうのも あるんじゃないですかね。

そうですね。
言えないから
余計に隠しちゃうっていうか

余計に悩まれたでしょうね。

それではですね 智恵子が発した
心と体のSOSに注目いたしましょう。

男尊女卑の風潮が残る時代に
二人の生活は型破りなものでした。

お互いの仕事を尊重して
仕事部屋は それぞれ別。

智恵子は油絵 光太郎は昼間は彫刻

夜は詩や評論の原稿を書きました。

家事も分担しました。

(光太郎)
智恵さん 今日の我々の晩さんは

くさやの干物に たくあんに 海苔だ。

しかし 生活は楽ではありませんでした。

光太郎は 自分の
本当に作りたい芸術だけを追い求め

公の展覧会には出品せず 更に美術学校の
教授就任の話も断ってしまったためです。

しかし 光太郎は 生活費にも事欠く中

真冬に 工場と呼ぶアトリエを
石炭ストーブで一晩中 暖め続けました。

粘土で作った彫刻が
凍って壊れるのを防ぐためです。

生活よりも芸術を優先したのです。

結婚5年目の1918年。

光太郎は 彫刻家としての代表作
「手」を制作します。

ロダンの強い影響を感じさせる
生命感あふれる作品です。

光太郎自身の左手がモデルで
指を伸ばして 手のひらを前に向ける

施無畏印という仏教の手のサインを
モチーフにしています。

施無畏印は
奈良の大仏などに見られ

「畏れなくてよい」という意味が
込められています。

この彫刻からは 光太郎が
なにものも畏れずに

芸術家として道を究めようとする
強い思いが伝わってきます。

光太郎が自分の芸術に打ち込む一方で
智恵子は油絵の色彩に悩みます。

色をいくら塗り重ねても納得できず

作品を完成させることさえ
できなくなっていました。

光太郎と手を携え 芸術の世界で
羽ばたこうと夢みてきた智恵子。

言い知れぬ無力感にさいなまれます。

行き詰まった智恵子は
こんな言葉を発します。

それは 痛切なSOSのサインでした。

光太郎は 「智恵子抄」の中で
智恵子の訴えを詩にしています。

詩のタイトルは なんと…

光太郎は
智恵子が発するSOSを

「あどけない話」と
見過ごしてしまったのです。

田舎育ちの智恵子は
東京の生活には なじめませんでした。

しばしば体調を崩します。

智恵子は結核の症状が悪くなる度に

福島の安達太良山の麓にある実家に帰り

1年に3~4か月は
ふるさとで過ごします。

田舎の空気を吸うと…

智恵子が愛した
安達太良山の青い空の下に広がる自然。

現在も この地を訪ねる多くの人を
癒やし続けています。

自然に触れることがもたらす健康効果は

自然セラピーとして
今 注目を集めています。

森林滞在のリラックス効果によって

がんや感染症を防ぐ
ナチュラルキラー細胞が活性化して

免疫力が高まることも
明らかになっています。

その効果は 森林を離れたあとも
しばらく持続します。

強いストレス状態にある方々に
強い効果があるということが

分かっているんです。
例えば うつ病の患者さん

あるいは 脊髄を損傷して
下半身が使えない車椅子の方々

こういう方々を対象にして
自然セラピーの実験をすると

強い効果がある。

…したんではないかなと考えています。

病弱で 都会での暮らしに
ストレスを感じていた智恵子。

自然との触れ合いが
自分の心と体に必要だということを

本能で感じていたのかもしれません。

ふ~ん なるほどね。

なんか 仕事で
ちょっと疲れたりしたりすると

すぐ僕 山にキャンプ行くんですけど

ずっと忙しすぎる時は もう山に
入りたくてしょうがないんですよね。

ストレスたまるとね。
はいはい。

でも 旦那さんには
「東京には空がない」って言っても

理解してもらえなかった感じしません?
あどけない話ですよ。

…ていうのは
どういうことかというと…

…ということを言ってるわけですね。

いつも曇り空だっていうことを
光太郎に訴えてんだけど

ラブレターの詩と同じなんだけど
雑誌に発表されるわけでしょ いきなり。

反論のしようないわけでしょ。

そうするとね 世間的にね
智恵子っていうのは

あどけないこと言ってる
子どもっぽい奥さんなんだなっていう

ことになっちゃうじゃないでしょうか。

だから 精いっぱい
かわいらしく言った表現を

もう全然違う 勘違いされた形で
ああやって出された時に

心のモヤモヤを なんとか
すっきりしたいってところでの

青空が…って。
安達太良山の上にある空が。

(榊原)そういう意味なのね…
深いですね!

でも 自然の中に癒やし 救いを
求めたわけですよね。

その自然セラピーについて
専門家の方に伺ってまいろうと思います。

どうぞよろしくお願いします。
よろしくお願いします。

やっぱり 自然の効果ってあるんですか?

そうですね。
もともと我々は 人が人になって

600万年~700万年たつんですね。

ずっと自然の中にいたんです。

200~300年では
遺伝子は変化することができない。

ですから 私も皆さんも自然に触れると
自然に勝手にリラックスしちゃうんです。

ああ~!
(宮崎)そう できてるわけです。

竹山さんが 呼ばれてるようなぐらい
行きたくなる…。

そうですね。 でも現実問題
毎日は いれないじゃないですか。

山でキャンプやっても 結局
仕事があったりするから

ああ もう帰んなきゃとか それが
バランスがとりにくいんですよね。

もっと それがこう 日常でなんか
リラックスできることないかなって

いっつも思ってんですけど
東京に住んでると

なかなか距離あるから 時間もないし。

(宮崎)それぞれの人の事情がありますから
自分のやり方でというのが一番…。

例えば山だと
1か月に1回とか 普通であれば。

ですけど 近くの公園だと1週間に1回
2~3日に1回 行けますね。

それで ガーデニングやってる場合
毎日 触れられますね。

生け花でも毎日 触れられる。

我々 そういう実験を
ずっとしてきたんですけど

全部 効果があります。
へえ~!

それはいい。

いいですね~。
いいですか。

実はですね 我々もですね
大きいディスプレーで

実験をした… してるんですね。

宮崎さんの研究室では
大画面ディスプレーに映像を映して

脳の活動の変化を調べる
実験を行っています。

森林の映像を見た時と

新宿の高層ビル群を見た時の
脳の活動を比較します。

すると!

森林の画像を見た時には

脳の活動が緩やかになることが
明らかになりました。

脳がリラックスしている証拠です。

私の基本的な研究仮説は…

例外なく…

だから バードウォッチングなんかも
非常にいいでしょうね。

鳥がさえずってるとことか見て
癒やされるっていうね。

やっぱり臨場感なんですね
没入感というか。

全ての快適性は一体感で説明できると
僕は思ってるんです。

五感で浸るってことですね。
そういうことですね。

「東京には空がない」という
SOSを発した智恵子。

その後 どうなったのでしょうか。

智恵子と光太郎の生活は 結婚して
10年たっても苦しいままでした。

そこで 光太郎は
窮余の一策を編み出します。

…に広告を載せ 木彫の小さな作品を
作って売ることにしたのです。

ただし 作品のテーマは全て光太郎本人が
決めるという条件つきでした。

こうして生まれた作品の一つが…

柘榴を割ると中には実がぎっしり。

今にも しずくが飛びそうな様子を
木彫の技で見事に表現しています。

智恵子は 光太郎の木彫り彫刻を
誰よりも愛し

外出する時も懐に入れて
なでていたといいます。

しかし 光太郎が「あどけない話」を
発表した翌年の1929年

智恵子にとって
つらい出来事が起こります。

父が亡くなってから経営が傾いていた…

一家離散となったのです。

智恵子は その病弱な体を支えてきた
ふるさとを失います。

その2年後 行き場を失った母と妹が
福島から上京。

しかし 智恵子は二人の上京を
光太郎には ないしょにします。

そして 義父 光雲から
生活費の足しにともらっていたお金を

ひそかに母に渡し続けたのです。

その時の状況が
母に宛てた手紙から見て取れます。

なぜ智恵子は 光太郎にないしょで
母にお金を送ったのでしょうか?

智恵子の評伝を
女性ならではの視点で描いている…

実は智恵子さんと光太郎さんが
結婚する時にね…

高村家っていうのは
天下の高村家ですから

田舎のね 成り上がっちゃった
お酒屋さんの娘っていう格差ですかね

その格差をどうして乗り越えるかと

やっぱり 自分のうちが
世の中で大金持ちであるっていうことが

バランスをとるものであったと
思うんですけれども

それが没落しちゃったでしょ。

身内のね 恥ずかしいことをね
光太郎に話すのもね

やっぱり つらかったと思いますよ。

身内をかばいたいっていう気持ちがね
あったんじゃないでしょうかね。

追い詰められた智恵子は 母に対して
とても実現不可能な約束をします。

絵を描いて
それを売り

母の生活を
助けてみせるというのです。

しかし 智恵子は もはや絵を描くことなど
できなくなっていました。

色覚に悩み
すっかり自信を失っていたのです。

自分の絵画に絶望し ふるさとを失い

母や夫にすら ありのままの真実を
伝えられなくなった智恵子。

彼女の心は もはや限界に達していました。

翌年 智恵子は まるで
張り詰めた糸が切れるかのように

常用していた睡眠薬を大量に飲み
自殺を図ります。

智恵さん おい 智恵さん 起きろ!
智恵さん! おい!

一命は取りとめたものの このころから
智恵子の精神に異変が現れます。

私… もうじきダメになる…。
なに言ってるんだ 智恵さん。

私… もうじきダメになる。

医師の診断は 現在では
統合失調症とされるものでした。

当時はまだ 統合失調症に
有効な治療法がありませんでした。

統合失調症は
脳の機能のバランスが崩れ

幻聴や妄想などの症状が起きる病気です。

ストレスに過敏に反応しやすい体質の人が
何らかのストレスを受けた時

それをきっかけに発症します。

およそ 120人に1人がかかる病気です。

統合失調症っていうのは もともと
統合失調症になりやすい体質を

持った方にストレスがかかって
発症するって考えられているんですが…

…いったようなところが
特徴なんですけども

やはり 智恵子は そうであったと。

そこにですね 実家の破産であるとか
うまく絵が描けないといったような

ストレスですね そういうことが重なって
統合失調症を発症したというふうに

考えられます。

入院当初 智恵子は妄想の世界に
一人 閉じ籠もっていました。

智恵子と光太郎が
再び心を通わせることは

もはや不可能だとすら思われました。

(ノック)

智恵さん ご機嫌よう。

今日はね とっても
いいものを持ってきた。

ほら。

入院して半年後 智恵子が好きだった
千代紙を光太郎が持ってきました。

すると 智恵子は喜んで
折り紙を始めました。

鶴だね。

これをきっかけに 油絵に挫折して以来

眠っていた智恵子の創作意欲が
よみがえります。

(ノック)

ご機嫌よう。
光太郎!

おお… 智恵さん おいおい。

そして 光太郎も
思いもよらぬことが起こります。

智恵子が光太郎に差し出したのは

色紙や包装紙などを切って作った
切り絵でした。

すごい… これは 本当にすごいよ
智恵さん!

智恵子が病室で作った切り絵は
すばらしいアート作品になっていました。

智恵子は光太郎に見せるために
切り絵を作り続け

その数は 千数百枚に及びます。

これを…。

智恵子は 再び光太郎と笑顔を
交わすことができるようになりました。

しかし 智恵子が切り絵を始めて
3年後の 1938年10月。

(嗚咽)

智恵子は
持病の結核を悪化させて亡くなります。

享年53。

智恵子の死から およそ80年たった今。

統合失調症を乗り越えて
切り絵に打ち込む女性がいます。

都内在住の…

ウルシマさんは…

現在は作業所で焼き菓子作りをしながら

アート活動を支援する
こちらの学校に通い 制作に励んでいます。

見る者の心を癒やす
キュートな作風が魅力。

大好きなモチーフは
子どもの頃 飼っていた猫です。

ああ こんなだったなとか
猫の景色とか 猫の姿とかは

思い出になって癒やされますね。

子どもの頃から絵を描くことが
大好きだったウルシマさん。

切り絵を始めたのは6年前。

この学校を知ってからです。

二十歳で統合失調症を発症。

きっかけは
対人関係の悩みだったといいます。

発症後は 薬は毒だという妄想によって
精神科への通院をやめてしまったために

症状が悪化。

一時は家族の言葉さえ
信じられなくなりました。

25歳で入院。

その後 薬の効果で
症状は軽くなりましたが

現在も妄想と闘い続けています。

常にまた…

あっ 誰かこう思ってるとか

コミュニケーションとり始めれば
今もそうだし… 今もそうです。

話がスーッと… 違うこと考えてたり

本題ではないことが邪魔してきたりとか。

自分の世界に
入っているからかもしれませんね。

「言葉を使ったコミュニケーションは
あまり得意じゃない。

でも 作品を通せば
自分の気持ちや発想が分かってもらえる」。

切り絵をやるようになって
前向きに人生を歩めるようになりました。

切り絵によって
統合失調症という病を乗り越え

人生に輝きをもたらす。

80年前の奇跡は 今も変わらぬ真実です。

ふ~ん… 好きなものに
集中するってことがいいんですね。

その間 出てこないわけですよね
妄想とかが。

(郷原)まさにそうです。

なんか 千代紙のタイミングとか
そういうのが すごくいい感じに

きてるのが不思議ですよね。

ねえ でも そこでまた
自分本来の芸術意欲っていうか

でも それをずっと否定されたり

自分の中で 描きたくても表現したくても
できないっていうことで

それで 潰れてたのに
また そこでよみがえってきて

それが反対に いい方向に
いったっていうの すごいですよね。

智恵子が患った
その統合失調症なんですけれども

専門家の方に伺おうと思います。

統合失調症のリハビリに
取り組んでいらっしゃる…

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

120人に1人ということですから
ほんとに むしろ多い…。
そうですね。

そういう生き方をしてる人が
多いんですね。

そこが どこかで…

智恵子も ご病気になられた
っていうことじゃないかな。

先生 あの VTRでウルシマさんも
切り絵やってる時は

統合失調症の症状が出ないでやれてます
って おっしゃってましたけど

やっぱり 何かこう自分の好きなことで
夢中になってる時は

症状が出ないで…。
そうです あの…

脳の中の雑念っていうのが
声になって聞こえてる。

じゃ 自分がつくってるような
もんなんですね。

(池淵)そうなんです
自分の脳の中にあるわけなんです。

だから
雑念を忘れられることっていうのはね

大事で だから
自分の好きな音楽であったりとか

好きな 例えばジョギングであったり
そういうようなことが

集中できてる時って
誰でも雑念を忘れますよね。

そういう時間っていうのが
とても大事ですよね。

先生 雑念っていうのは
否定的なことが多いんですか?

はい 否定的なものが多いですけど
それっていうのは

自分自身の自己評価の反映なんです。

家族は どういう接し方
対応してあげたら

その 心の病んでる人 苦しんでる人を

どういうふうにしてあげたら
いいんですかね?

あの 光太郎が 例えば
智恵さんへ千代紙持ってきた

あんなふうにして…

それを 心から光太郎が褒めてる

ほんとに周りが認めたり
受け入れたりしていくっていう

そういうことは とってもいいことで

身近に自分の価値観とか自分の生き方を
分かってくれる人がいるっていうのは

すごい支えになったなと思います。

今日はですね 「智恵子抄」
特に そのヒロイン 智恵子を中心に

見てまいりましたんですけども
いかがでしたでしょうか。

最初は光太郎さんの
一方的な愛っていうふうに思ってたのが

最後はやっぱり
苦しまれてる智恵子さんに

ずっとやっぱり 添うようにして
いらっしゃった光太郎さんの姿を見ると

愛の形ってそれぞれで お互いに
届き方が違うだけのことであって

それでなんか すごく
愛情あふれるお二人だったんだなぁって。

大変な人生だったと思うんですけども
旦那さんには ほんとに愛されたし

幸せだったんじゃないかなって
いうふうには 最終的には思いましたね。

郷原さん 「智恵子抄」自体は
智恵子が亡くなったあとに

光太郎が出版したものなんですけど
ここには どういう思いを込めて

彼は世に…。
やっぱり 自分の

芸術至上主義的な生き方が 結局
智恵子を追い詰めちゃったんじゃないか

という 一つの
反省があったと思うんですよね。

とはいえ 自分が智恵子を愛したことは
これはもう 紛れもない事実で

もう 誰に恥じるところもない。

智恵子の愛に殉じるような気持ちで書いた
純愛詩集。

だから 社会的 政治的な
テーマを持った詩っていうのは

時代が変わるとですね
すぐに古びるわけですね。

ところが 愛の基本っていうのは
変わらないじゃないですか。

ですから 刊行されてから
もう 80年もたつんですけど

いまだに「智恵子抄」が新鮮で
感動的なのは

そこに愛というもののね
素直に表現されてる。

古びない。
古びない あれは古びません

愛の詩集っていうのはね。

ありがとうございました。
(一同)ありがとうございました。

東京に生まれ育った高村光太郎。

晩年は 自然豊かな岩手県花巻の農村で
自給自足の一人暮らしをしました。

「一人で寂しくないか?」と
尋ねられた光太郎は

「散歩の時も 食事の時も
いつもそばに智恵子を感じているので

少しも寂しくない」と答えたといいます。

詩の中で 光太郎は智恵子に語りかけます。

智恵子は光太郎の心の中に
生き続けたのです。

昭和27年 69歳の光太郎に
彫刻の依頼が舞い込みます。

「智恵子を作ろう」 光太郎は
そう つぶやいたといいます。

十和田湖のほとりに その彫刻はあります。

手を合わせて向かい合う二人の女性。

一体は智恵子の外面 もう一体は
智恵子の内面を表したといわれています。

像を作り上げた3年後 光太郎は
智恵子のもとへと赴きました。


関連記事