SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」互いのクリエイターとしてのこだわりが明らかに…


出典:『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」』の番組情報(EPGから引用)


SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」[字]


ヒット作を連発する映画監督・矢口史靖が、泣けるパラパラ漫画で人気の鉄拳に会いに、長野県大町市へ。互いのクリエイターとしてのこだわりが明らかになっていく。


詳細情報

番組内容

実家の理容店に鉄拳を訪ねた矢口。夫婦の情愛を描き評判になった作品「振り子」について、その制作術に映画監督の視点から迫っていく。お笑いと感動、どちらを取るか悩む鉄拳に矢口がかけた言葉とは?そのまま大町の町散策に出た2人、りんご畑の近くにあるカフェで今度は鉄拳が矢口にインタビュー。デビューから作品性を高く評価された矢口がいかにヒットメーカーになったのか、矢口がある心境の変化を語った。

出演者

【出演】映画監督…矢口史靖,芸人…鉄拳,【語り】六角精児,平岩紙


『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」
  1. 映画
  2. 鉄拳
  3. パラパラ漫画
  4. 自分
  5. 作品
  6. 普通
  7. 矢口
  8. 本当
  9. 監督
  10. シーン
  11. 駄目
  12. chrie
  13. ma
  14. スタッフ
  15. ミュージカル
  16. パラパラ
  17. ブラック
  18. 初期
  19. 全然
  20. pa


『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢口史靖×鉄拳」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

北アルプスのふもとに広がる
長野県大町市。

のどかな この町で漫画を描く
ちょっと怪しい この男。

芸歴22年のお笑い芸人 鉄拳。

こんな忍者には将軍暗殺を依頼するな。

いつも遅刻してくる。

分身の術が自家製だ。
(笑い)

スケッチブックに描いた絵を使う
「めくり芸」で知られる鉄拳。

今 老若男女を問わず
熱い視線が注がれている。

画力を生かした
パラパラ漫画が人気なのだ。

連続テレビ小説「あまちゃん」の
劇中アニメ。

♬~

代表作「振り子」。

家族の絆と夫婦愛を描いた
この作品は

泣ける動画として
瞬く間に広まり

再生数300万回を超える
大ヒットになった。

♬~

不気味なルックスとは裏腹に
温かい感動作を作り続ける。

そんな鉄拳に会いに来たのが…。

映画監督 矢口史靖。

日本を代表する
コメディ映画の達人だ。

♬~

男子生徒が奮闘する
「ウォーターボーイズ」。

女子生徒が ビッグバンドを組む
「スウィングガールズ」。

爽やかなコメディ映画で ヒットを連発。

はい 用意… スタート!

最新作「ダンスウィズミ―」では
ミュージカル映画に挑戦している。

♬「側にあるの」

♬「必ずあるの
Happy Valley」

オーケーにします。 ハハハハ…。

日本屈指のヒットメーカー 矢口が
なぜ 鉄拳に目を付けたのか?

パッと見の派手さとかじゃなくて…

矢口の視線の先に 何やら妙な光景が。

信じられないです。
違和感しか感じないですもん。

相当 危険な画ですよね。

お~い! こんにちは!

こんにちは!

矢口と申します。
鉄拳です。

よろしくお願いします。
はじめまして よろしくお願いします。

ようこそ 大町へ。
ウエルカム トゥ 大町。

はい よろしく…。
よろしくお願いします。

じゃあ こちらに来てください。
僕の実家があるので。

はい。 これ 正装ですよね?
これ 正装です。

正装ですよね?
はい はい いつも この格好で歩いてます。

ご実家に招待していただけたんで…。

ご家族みんな こんな感じですか?
いや 家族は仮の人間の姿なんで

普通の格好です。
安心しました。

じゃあ こちらなんですけど。
はい。

実家は理髪店やってるんですよ。

僕 いつも この髪形を
父さんに切ってもらって。

そうなんですね。
そうなんです はい。

もし よかったら 監督さんも…。
同じ髪形に?

髪形にしてもらっても
全然 構わないです。

遠慮しときますわ。

出会って いきなり
鉄拳の実家を訪ねることになった 矢口。

我が道を行く 2人のクリエーターの話は
かみ合うのか?

パラパラ漫画で
出てきたんだってときは…。

それで 鉄拳は パラパラ漫画描けるから

パラパラ漫画のストーリーを
ちょっと みんなに…

ちょっと ブラックなのも
描いてもいいと思ってるんですけど。

ブラックなやつも
ちょっと見てみたいかも。

撮影の途中でも止めて

「ちょちょちょちょちょっ…」って
やりますか?

そうです。
それは もう やっぱ

監督の権利っていうか
言える立場っていうか…。

♬~

今も家族が営業しているという
実家の理髪店。

まずは お店の中を見せてもらう。

これ 僕の実家の理髪店です。

いつかは継ぐべき…?
いや 僕は継がないです。

兄貴がいて 兄貴が継いでいるんで。

パラパラに理容室が出てくるってことは
まだ…?

ないですね。 まだ 今のところ。 でも…

それは…

そうなんですか。 ここで…。
そうです ここで。

奥さんの… お母さんの髪の毛…。
お母さん… はい。

お母さん 亡くなってしまったので
ちっちゃいときに。

そうなんですか?
そうなんです。 あのシーンも 全部

そういうのを思い出して描いてます。
ああ…。

だから こういう感じの古いままで。

こっちは… 僕が家に持ってくると
みんな 飾ってくれるので

宣伝といえば宣伝ですけど。
まあ こういう感じで。

これは… これ 僕 自慢したいですね。

これは
「日本漫画家協会」の賞をもらったんです。

「振り子」が すごい人気になったので…

すごいですね。 いろんな賞 とってますね。

ほら これ だって 法務省ですよ。

これは あの…
「社会を明るくする運動」っていうので

協力した…
パラパラ漫画を描いたんですけど

そしたら 法務省のほうで
感謝状をもらって。

これは何ですか? デーモン閣下。

はい。 デーモンさんが
自分のソロのを出すので

CDの表紙の絵を描いたっていう…。

この顔はデーモンさんとは親戚とか…。

いや 違います。
デーモンさんは 本物の悪魔で

本当に 二十万何歳か生きてる
本当の悪魔の方で。

僕は それをまねて
やってる感じなんで。

僕は普通の人間です。

僕は倉科さんです。
はい…。

この小さな町で
両親と兄弟に囲まれて成長した鉄拳。

そんな少年時代の記憶から
代表作「振り子」が生まれた。

♬~

男女が出会い 夫婦となり
時を重ねてゆく。

♬~

鉄拳さんのアニメって
基本 せりふないですよね?

ないです。 全部 せりふなしです。

で 身ぶり手ぶりで
全部 伝わるんですよ。

伝わるようにしてますね。

実写の映画でも

せりふとかね 一切なしって
なかなか ないわけですよ。

ああ そうですか。
ないのに…

…って すごい高度なことを
やってると思います。

でも…

パラパラ漫画はね。
はい。

なので 自分で 怒ってるシーンとか
ちょっと…。

ごめんねっていうシーンも
口 ちょっと動かしますけど…

試行錯誤してやってますね。

ふだん 東京に住んでる?
ふだん 東京に住んでます。

ここに帰ってくるわけじゃない?
ここに なかなか帰ってこないですね。

そうなんですね。
はい。

僕 奥さんがいて… はい。

ベタ塗りですか? ベタ塗りを…。
スタッフとして…?

はい。 スタッフとして
ベタ塗りを奥さんにやってもらって。

いつ ご結婚されたんですか?
えっと~ 17年前に。

おお…! じゃあ もうね
おしどり夫婦ですね。

そうですね。 長いですね もう。

もう 芸人始めて
すぐに つきあったんで。

奥さんは お客さんとして
見に来てた人ですか?

そうです! ファンです。
おっ… やりますね。

すみません。
いえいえ…。

えっ? 「ファンです」って
奥さんが出待ちをしてて…。

そうです。 ずっと出待ちしてて
僕 見た目が こんな感じなんで

みんなから 「気持ち悪い」とか
「生理的に受け付けない」とか

ひどかったんですよ 僕は。
そうなんですか。   そうなんです。

それで ほかの人はみんな
やっぱ かっこいい人とか

そういう普通の人に出待ちするんで。

僕みたいな やっぱ 気持ち悪いキャラは
誰も出待ちしてくれなくて

唯一 奥さんが
遠くで一人で待っててくれて。

そして そのまま つきあって 結婚して

で パラパラ漫画に変更になって
奥さんも ベタ塗りをやるようになって。

でも それは心強いですね
奥さんが 必ずね。

そうですね。
「アシスタントがいない」って困っても

奥さんは 必ず おうちにいる?
はい。 常時いるんで。

常に もう…

…といった感じで やっちゃいます。

アイデア練るときって
家で ずっと机に向かって考えるの?

それとも 別の何か?

こういう感じのストーリーはどうかな?
っていうときに…

一つのストーリーが
バーッ! と浮かんできて

そしたら もう 目がパッチリ…

奥さんが寝てて 「ねえ 鉄拳…」みたいな
ことはないんですか?

ないです そんなの。
そういう感じじゃないんですよ

もう 十何年もたってると。
そっか… あると思うけどな。

結構 あれですね…。
「ねえ てっちゃん」って。

ないですよ! そんなの。
家で 何て呼ばれてんですか?

「岳文」って呼ばれてますね。

本名で。
本名の。

一枚一枚 手書きで作る
鉄拳のパラパラ漫画。

まずは 丁寧に絵を描き
なぞって書き写す。

これを何枚もの紙に繰り返す。

そして 動きをつける部分は
紙を重ね 少しずつ ずらして描く。

(取材者)
1日 何枚ぐらい描いてるんですか?

「あまちゃん」やってるときは

1日100枚やんないと
間に合わなかったですね。

色付けも手作業だ。

太い水性ペンで塗りつぶしていく。

ある程度たまったら…。

こうやって重ねて
自分で パラパラと こうやって…。

…ってみて 自分で。

毎日やってますね ずっと それを。

制作中のパラパラ漫画を
矢口に見てもらった。

う~ん! すごい…。
ラーメン屋さんのお話です。

やっぱり そうなんだ。
えっ?

あのね 何作か
見させてもらってるんですけど。

「振り子」が
一番 分かりやすかったんですけど

分かりやすいと思うんですけど。

…させるっていうのは

上手だなと思って
感心して見てたんですよ。

ありがとうございます。

「振り子」では

時計の振り子が横切るたびに
場面が変わる。

振り子時計という一つの絵の中で
時が過ぎ 物語が進む。

同じ絵の中で いろんな物語が
時間を… 時間を超越したりとか

場面が変わったりするときに

絵の中で表現されるっていうことが…
カット割りじゃなくてね。      ああ…。

これって 鉄拳さんの中で
こだわりがあって…?

こだわりは…

…みたいなようにしていますね。

家でやるときは 普通に机に座って…。

はい。 机に座ってやってます。
いわゆる

アニメのライトボックスみたいなやつを
使ったりもするんですか?

あんまり使わないですね。

この紙って 結構 薄くて…。
そうですね。 透ける。

後ろが透けるんで… こうやって。

なので そういうライトのやつは
全然 使わないですね。

鉛筆で下書きとかをしてるんですか?
一番最初に下… 鉛筆で描いて

そこからは もうずっと
鉛筆なしでやってます 流れで。

この紙って この大きさは
何か 自分で決めた大きさなんですか?

いや… もともとは
コピー用紙なんですけど ファックスの。

こういうコピー用紙を3分の1にして…

3分の1にしたっていうのは
テレビサイズの大きさにして

ちょうどいいなって思って

このサイズにさせてもらって…
やってます。

だから 紙の業者に頼んで

「このサイズに切ってください」って
言って。

もう そうやって裁断してもらって…。
はい。 裁断してもらってきます。

鉄拳さんのやつは コンピューターで
ちょっと加工するっていうことも…。

全然しないです。
全く?
全く そういうのなしで…

そこがいいのかな? やっぱり。

そうですね。 僕としては…

この束で こう パラパラっと。
さっき 監督さんに見てもらったように…

ここは もう
本当に これ見てもらいたくて。

これで発売っていうのは ありえない?
あんまり考えないですか?

結局 これが まだ3分の1の量なんで。

パラパラにすると
1, 500枚とかなるんで…。

めくれないですもんね。
めくれなくなっちゃうんですよ。

で 見にくいんでデジタルに取り込んで
みんなに見てもらうっていう…

動画でっていう感じに
なっちゃってるんですけど。

実際 僕は これを見てもらいたくて。

それって 最初に依頼を受けたときに

何分何秒ぐらいが欲しいって
先に 尺の話があるんですか?

ミュージックビデオの場合は
やっぱ 時間が決まってるんで

この時間のときに こういうシーンを
入れたいなっていうときは

時間を書いて…

思ったより すごい ちゃんとしてますね。
そこは ちゃんとしてます。

ミュージックビデオの場合は
時間は もうきっちり。

音楽って こういう…
これがあるんで 強弱が。

なので ここの時間帯に

ちょっと 怒りのシーンを入れようと
思ったら

計算して…

180枚目になったら ちょっと
怒りのシーンを入れるっていう。

想像してた以上に緻密ですね。

そうですね。
意外と そこは ちゃんとやってます。

高校を卒業した鉄拳は
18歳で上京。

芸人としてデビューした。

奇抜なコスチュームに
絵を使っためくり芸で 注目を集めた。

「3年B組 金八先生」について
考えてきました。

♬~

こんな金八先生は廊下に立ってろ。

目がきれいだ。
(笑い)

ヘアピンをつけている。

顔が 何か長い。

B組の生徒が やたら多い。

「3年B組!」って言うんだけど

誰も来ない。
(笑い)

劇画タッチの やけにうまい絵で展開する
ブラックユーモアは

お笑い界で異彩を放った。

金八先生
生徒たちに勇気を教えるんだ~。

僕は死にましぇ~ん。

死んじゃった~。
(笑い)

以上 鉄拳でした。

初期 僕 見てましたよ。
見てましたか! ありがとうございます。

どんなやつでした?
スケッチブックめくりながら

「こんな何とかは嫌だ」って。
はい そうなんです。

「オンエアバトル」出てました NHKの。

ものすごい過激だった記憶が…。
ブラックでしたね。

あれは 毒を
もう 吐きまくりたいっていう…。

吐きまくりたいっていうか 僕は…

もう 時事ネタとか

これは普通では放送できないネタとかを
堂々とやって

ウケるっていう感じでやってましたね。

だけど… このパラパラ漫画で
出てきたんだってときは

僕が初めて見たのは
やっぱり 「振り子」だったんですよ。

で 「振り子」を見たときに

全然違うほうにいったって…
やっぱり そこでも びっくりして。

そこの パラパラに
いったっていうこともそうだし

すごい とんがった表現から
違うほうに向けたっていうのも

そこも お聞きしたかったんですよね。
そうですね。

ちょっと やっぱ ブームがあって
ブームがあると

やっぱ ちょっと
仕事がなくなってくることがあって。

そういうのを いわゆる
「一発屋芸人」って言うんですけど

そういう感じの状態になってて。

ちょうど…

それで すごい…
盛り上げていこうっていう

みんなで盛り上げていこう
お笑いでも盛り上げていこう。

で テレビ局の人も

「何か やってもらえませんか?」って
言われて。

2011年
東日本大震災の年に作られた 「絆」。

幼なじみの男女の絆を描いた。

♬~

さらに
日本中の人々が手をつないでいく

「ツナガル」を発表。

作品を発表するごとに

鉄拳のパラパラ漫画への賛辞が
広がっていった。

♬~

初期って スケッチブック使った
「こんな何々は嫌だ」っていう

あれは 一枚絵で
ずっと展開してましたけど

それをやっていて

その後のパラパラ漫画に
生かされたことってあるんですか?

「こんな○○は嫌だ」っていうやつの
ネタで…

何回も試してやってて。
斜めちょっと後ろで

表情が ちょっと見えたほうが
面白いのかとか

すごい研究したときがあって。
そのときに…

「絆」っていう 2人の
こうやって くるくる回転するやつ

そのあとに
「ツナガル」っていうのを作って。

そしたら もう ほぼ皆さんが

「感動する漫画はいいんじゃないか」
っていって

そこから 次に「振り子」を作って
そしたら もう

僕は そういう方向の あの…
人だっていう感じになってしまって。

気が付いたらなっちゃってた?
なってました。

自分から そうしようってよりは…。
全然違います。

僕は 本当に 今まだ…

…と思ってるんですけど。

やっぱり でも 皆さん… 周りの人が
感動作がいいんじゃないかっていって。

僕自身も 初期の映画って
どっちかっていうと

こう… 何ですかね。
わざとエッジを利かせて

玄人の人から 褒められるようなね
「おっ やるじゃないか」と。

「あの若造 なかなか こう…」
鋭い描写とか

自分で意識してやってたんですけど。

だから 自分が…

気が付いてみたら

だんだん それが
つまんなくなって 飽きてきちゃって。

そうなんですか。

玄人の人とか より映画を好きな人に
褒められたいっていうことから

どんどん どんどん
離れていくにしたがって…

でも ブラックなやつも
ちょっと見てみたいかも。

作りたいですね 何か。
はい。

ただ どうなんですかね?
今 この状況で

ブラックなネタを… ネタっていうか
パラパラ漫画を描いて

「何やってんだ!」って
言われたりしないですかね。

いや しますよね。
しますよね? しますよね。

いろいろあってもいいと思います。

完全にブラックに もう移行して
前までやってた感動作やめて

ブラックだっていうふうに
かじ取りを切り替える必要はなくて

あっちもこっちもやっても
全然問題ないと思うんですけど。

そのときに 「あれ? 鉄拳さん
何か 人が変わっちゃったみたい。

もうファンや~めよ」っていう人が
現れても

僕は… 僕は知りませんけど。
ちょっと待ってください。

そうなったら嫌ですね。

≪おめでとうございます。

進化を遂げていく鉄拳のパラパラ漫画。

2015年には ショートショート
フィルムフェスティバルで

話題賞を受賞。

受賞作は 浅田真央さんをモデルにした
8分弱の短編映画…

♬~

さらに 作品の実写映画化や舞台化も
次々と実現している。

鉄拳は この先 どこへ向かうのか。

アニメに飽きたら どうするんですか?
ああ…!

今のとこ飽きないですか?
今のところは… そうですね。

今のところは… 仕事があるうちは
どんどんと新鮮な気分になるんで

それは うきうきして やってます。

ただ これが仕事がなくて

う~ん… 自堕落に絵を描いてたら
たぶん つまんなくなって

やめちゃうかもしんないです。

47歳にして これから 全然…

今までやったことがない
挑戦したいものってありますか?

え~… 全然 考えたことないです。
現状維持ですか?

今は現状維持で。 まあ でも…

山の上で住んで…。
東京 引き払って こっちに。

何 飼うんですか?
犬と猫と鳥です。

鳥って…。
アオメキバタンとかシロハラインコとか

セキセイインコとか。

セキセイインコ 分かります。
オカメインコとか そういうの飼って。

奥さんと2人で?
はい。

何か のんびりしたいなって思ってますね。

その場合 ここに戻ってくる可能性は
あるんですか?

あります あります。
美容師免許は持ってるんですか?

持ってない… 持ってないです。
持ってないんですか。

ここは やらないです。
田舎には帰ってきますけど。

と ここで
鉄拳が愛する ふるさとの町を散策。

向こうのほうは 全部 北アルプスですね。

有名な鹿島槍とかがあります。

鹿島槍? 登山家に有名?
有名ですね。

夏は 登山やトレッキングを楽しむ人で
にぎわう 長野県大町市。

北アルプスのふもとにある
自然豊かな町だ。

山の雪どけ水が湧き水となって 町を潤す。

これ 大糸線です。

これは どこまでいってるの?

これは
松本から白馬のほうまでいってますね。

こっち 来てください。
こっち? はい。

≪(警笛)
ちょうど来ましたよ。

これ 大糸線です。
1両? 2両?

2両しかないんですけど。
すごい。

(警笛)

大糸線です。
何か 無視されたみたいです。

はい 無視されました。 何か…

すごい クラクション鳴らされましたね。
ねえ?

「ブラタモリ」みたいですね。
「ブラタモリ」みたいですね 何か。

もう少しすると ちょっと…
地元の名産品が見えてきますので。

名産品が見えるんですかね?
この先にあるんですけど。

これですね。

りんご?
はい。 これ りんごです。

でも ちょっとは
実が もう ついてるんでしょうか?

ちっちゃいのは
そうかもしれないですね。

ちっちゃいですね。
秋になると もう色がついて 甘くなって。

今年の冬は 僕 送ります りんご。
ありがとうございます。

で あの… こちらなんですね。

こちらが… はい。

ちょっと…
めっちゃ 家から近所なんですけど。

りんご農園の この喫茶店があるんで

ここで ちょっと
お話を聞きたいなと思って。

この中で お願いします。
ここ 喫茶店なのね。

ここから後半。 舞台をスイッチ。

は~い お邪魔します。
じゃ~ん! どうぞ。

意外なほど おしゃれですね。
おしゃれなとこなんですよ ここ。

りんごジュースやジャム

農園で育てた りんごの加工品が味わえる。

大町産の りんごジュースのお味は?

(2人)乾杯!

あっ! めっちゃ濃いですね。
めっちゃ濃くて…

あっ! 何か つぶつぶ入ってる。
普通のりんごジュースと違いますよ。

2人とも たぶん
食リポとか絶対 駄目ですよね。

駄目ですね。 そうですね。

ひと言も出てこないですよ。
おいしい。

何か すごいまろやかで

口の中で ぱ~っと
りんごの香りが広がりました。

コクがあるのに… まろやかです。

駄目です。
すみません。
駄目です。

ごめんなさい。 出てこない。
うちら ちょっと 駄目っぽいですね。

ごめんなさい。 はい。

映画監督 矢口史靖。

自主映画で チャンスをつかみ

映画監督としては異例の
25歳の若さでデビュー。

作家性の強いブラックコメディで

一部の映画ファンや評論家から
高い評価を得た。

≪あっ あっ!
あっ あっ…。

(一同)ウォーターボーイズ!

転機となったのが「ウォーターボーイズ」。

男子高校生の友情と恋愛を
爽やかに描いた この作品は

ロングランの大ヒット。

えっ?

パンツが…!

その後も
ひとひねり加えたコメディ映画で

ヒットを連発させた。

カマキリ拳法!

♬~

駄目 駄目! 全然違う!

(ため息)

そんな矢口監督に 鉄拳が猛アピール!

映画を撮ってもらいたいですね
大町市の映画を。

結構 強引に きましたね。
僕 大町市の観光大使 やってるんですよ。

やっぱ 監督さんを
ここに連れてきたのは

僕は このりんご農園だったり…
北アルプスが ここから見えるので

ここから 何か インスピレーションとか
生まれないかなと思って。

何か… パッと見で
何か「これ いいな!」とか…。

下心がね…。

でも 何か 何か…
「これ いいな」とかって思って

「映画 これ 作ろう」っていう気に
なってもらえると うれしいんですよね。

ちょくちょく そういう話 頂くんですよ。

「この町の映画は どうでしょう?」って。

ありがたいんですけど 僕ね…

それから
「シナリオハンティング」っていって

この物語に合う撮影場所は どこかなって
探すんです。

じゃあ 先に「大町市」って言われても
何も思いつかないっていう…。

全く。
あっ 思いつかないですか。

何か 自分が… 「発見したぞ!
これ 映画にいいぞ!」っていう

ポイントとかって あるんですか?
人を見てて 思うことはありますよ。

ふだん 散歩しながら

何か 痴話げんかしてるのかなと
思ったら

すぐ そのあと
手つないでるカップルを見るとか

そういう こう…

景色からっていうのは なかなかないです。
ないですか。

ありますか? 景色から。
あります! めっちゃあります!

まじっすか?
僕 だって パラパラ漫画 描くときって…

それって やっぱ… 思い出っていったら
僕 小さいころじゃないですか。

そうすると やっぱ
田舎になっちゃうんですよ。

田舎っていったら やっぱ
僕は ここに生まれ育ったから

やっぱ この大町市の風景とか
この風景を考えたら

ちょっと 何か… ふるさとの話が
いいなとかって思いますね。

それは だから
ふるさとを すごく愛してるから

そうなるのかもしれないですね。
でも いつも思うんですけど

監督の映画って 全部 何か
幸せっぽく 最後に…

「あっ 何か 幸せだな」って思うことが
多いんですけど。

最近のは そうですね。

どうして そういう作品の…。

どうして幸せになる作品か?
はい。 …作るんですか?

う~ん… 初期 作ってたのは
そうでもないんですけど。

何でしょうね?
「ウォーターボーイズ」ぐらいからかな。

「ウォーターボーイズ」 見てました。

初期の映画はね。 ですけど…

…来てくれた人たちが
映画館に たくさん来たんですよね。

だから…

…っていうのを体験したら

マスな お客さんたち。

…って体験しちゃったんですよね。

だから それから 作品を誰に向けるか
っていう目線が変わりました。

で 初期のころ 僕の中にあった その…
さっきも言いましたけど

「作家は俺だ」と。 「ここにいるぞ」っていう
エッジを利かせて

みんなに ちょっと
褒められたいみたいな気持ちが

初期 あったのが
すっかりなくなりました。

そうなんですか?
何の情報もなく…

…って最近は思ってます。

1967年 神奈川県に生まれた矢口。

自然に囲まれ 元気に育った。

映画監督になる片りんは意外にも…。

子どものころは
どういった子どもさんだったんですか?

子どものころ?
はい。

普通。
「普通」?

うん。
「普通」…。 よく普通で

監督さんになれましたね。

大ヒットする映画が公開されると
見に行ったりはしてましたけど…。

何だろうね。

あ~ そうなんですか。
うん。

じゃあ 何が興味あったんですか?

う~ん… 絵を描くのは
ちっちゃいころから好きでした。

絵 描いてたんですね。
うん。

じゃあ 一緒ですね そこは。
そうですね。

じゃあ… 僕なんか 最初は
「漫画家になろう」とか目標あったし

一応 漫画家の賞も もらったんで

最初は 僕のほうがリードしてたんですね。
そのとおりですよ。

だけど どこかで
抜かされたんですね 一気に。

別に あの…。

えっ? 同じコース
競争してないですよね? 今。

競争してないんですけど
年齢で 僕 すごい考えるんですよ。

でも 芸人さんと 映画作る人間なんで

あんまり こう…。
いや…。

同じです そこは。
同じなんですか。

ライバル視しますよ それは やっぱ。

年齢も近いですもんね。
そうですね。
だから すごい…。

ちっちゃいときから
何か 映画に憧れてたのかなと思って

ずっと思ってて…。 何か…。

へえ~。

みんな そうなんですかね?
人によって違うんですかね?

人によって やっぱり 違うと思いますよ。
あ~…。

僕は 大学入って 初めて その…

映画研究会っていうサークルに
入ったんですね。

そのときに
「あっ 映画作っていいんですね」って

気が付いたんです。
あ~ なるほど。

それまでは もう本当 見るだけだった。

こうして映画を作り始めた矢口。

ごく普通の青年が
いかにヒットメーカーになったのか。

監督さんは
スタッフさん すげえいるじゃないですか。

まあ… はい。
それを 何か

どうやって まとめるかとかっていうのは
あるんですか?

あのね あんまり…

緊張するんで…。

しかも スタッフさん プラス
エキストラさんとかいると

もう 100人とか200人っていう
大勢になっちゃうんで。

もうね こうしてね

もう 画面の前 カメラの前だけを
見るようにして

周りをね 自分で…
いないように信じ込んで。

ああ もう…。
怖いんで。
この中の… 中でしか。

カメラの中でしか いないっていう。
はい。

指示出すのも 僕 すごい…
監督さんってすごいなと思うのが

目上の人に対しても 指示出さなきゃ
いけないんですか? やっぱ。

いや でも… はい。

えっ? 敬語で出すんですね。
もちろんですよ。

「すみません。 やってください」っていう
感じですか?       そうです そうです。

でも 指示出すのが
やっぱ 勇気 いりますよね。

う~ん でも… 慣れかな~。

どんな…
撮影のスタッフ 録音のスタッフ。

美術とか照明とか いろんなスタッフが
大勢いらっしゃるんですけど

結局…

…っていうことで どんどん
スピーディーに流れていってしまうんで

「そこは そうじゃないんですよね」とか

「それ どんどん突き進んでください!」
みたいなことって

やっぱり…。
一応 言うんですね。

そうなんですね。
はい。

1本目 2本目の
最初の駆け出しのころは

たぶん 的確な指示とかは
出せてないと思います。

出せてないですか…。
で 出せてなくて もじもじしてるから

向こうから聞いてくれて。
はい。

「あっ そうなんです」
「あっ 違うんです」みたいに

聞かれて
初めて答えてたと思うんですけど

最近は ようやく慣れてきまして…。
慣れてきて…?

「こうしてほしいんですよ」って
自分から言えるようになりました。

そして2004年の
「スウィングガールズ」の現場で

転機を迎える。

「スウィングガールズ」のときか何かに

本当は
24コマの定速で撮っちゃいけない…。

カメラのフィルムの回転するスピードを
速めて

ちょっとスローに見える撮り方を
しなきゃいけなかった日があって

で それね
ずっと前に打ち合わせしてたんで

すっかり忘れてたんです。

で 撤収し始めたときに
僕が思い出したんです 一人で。

「ハッ! しまった! 違う 違う!

24コマじゃないや。
これ 速く撮んなきゃいけなかったんだ」。

でも もう 役者さんもばらしてるし
セッティングばらしてて。

「あっ でも 今…」

もう一回…
さっき撮ってオーケー出したやつ…

あら! 言ったんですか?
はい。

すごいですね。
「皆さん すみません。 ごめんなさい。

さっきの 僕のミスで

回転速度を速めて撮りたかったんですよ。
思い出してください。

ですよね? そう言いましたよね?

打ち合わせのとき そうでしたよね?」って
確認して

みんな年上でしたけど
やってもらいました。

それ できたとき
すごいうれしかったです。

それは もう やっぱ

監督の権利っていうか
言える立場っていうか。

というかね…

皆さん そのとき 何か
嫌な顔とかされませんでした?

してたんじゃないですか。
あ~ してるんですね やっぱ。 何か…。

早く気付けよ! って
思ったんじゃないでしょうか。

でも そういうとこ感じてると
何か すごい… ショックですね。

僕 そのあと 立ち直れなくなりますね。

でも それを言えて
年上のスタッフたちも

「あっ そういえば そうだった」。

さっさと気付けよ! 監督って
思いつつも 確かに…

いい方向にいきたいですもんね 最終的に。
そうなんです。

例えば…

じゃあ ここで そこを…

あっ そうなんですか?
そこが…

やっぱり その…
お客さんに出すんであれば

もう 作り手の こっちが

これ 完璧でしょ! これ以上 面白いって
ありえないでしょ? っていう状態で

自信持って出さなきゃいけないと
思ってます。

はい 用意… スタート!

矢口の長編10作目にあたる新作
「ダンスウィズミー」。

矢口が挑んだのは
コメディミュージカル。

出演者が急に歌ったり踊ったりする
ミュージカル映画の不自然な部分を

笑いに変えた。

♬~
≪せ~の!

オーケー!

僕 「ダンスウィズミー」見ました。

うん。 ありがとうございます!
めっちゃ面白かったです!

本心で言ってますか?
いや 本心です!

僕 本当に 最初に

「『ダンスウィズミー』
見に行きませんか?」って言われて

ミュージカルか… と思って。

なりますよね。
なります。 いや 僕の中では

やっぱ 外国のイメージがあって

日本のミュージカルって
どうなんだろうなって。

だから その…

って思ってるのに…

ミュージカル。 そこに…

じゃあ…

周りは どう反応するだろう

本人は どう困っちゃうだろうっていう
その コメディとして…

…を作ろうと思ったんですよね。

そもそもミュージカルっておかしくない?

さっきまで普通にしゃべってた人が
急に歌いだしたりしてさ

そんなの やばい人でしょ?

医者に診てもらったほうがいいよ!

ミュージカルなんて ばっかみたい!

ミュージカル嫌いな主人公は
催眠術によって

音楽を聴くと
踊りだすようになってしまう。

ミュージカルを

普通の会社員の日常に降りかかる
災難として描いたのだ。

♬~

♬「Pa pa la pa Pa pa di a」

♬「Pa pa la pa pa tu di da」

♬「みつけて happy valley
sunny happy valley」

♬「愛しい日々は側にあるの」

一方 ダンスは本格的。

矢口は俳優に
すべて自分で演じることを求めた。

ふう…。

はっ…!

「あっ そういう撮り方があったのか」って
思いました。

たぶん…

そっか。
そうなんですよ。

今まで作ってきた映画も

「ちょっと好き」で
「ちょっと嫌い」っていう

両方ある題材ばっかり。
ああ…。

「男のシンクロって かっこ悪いでしょう」
っていうところから スタートしてて。

なるほど。 好きだったら
そういうほうにいかないですもんね。

本当に それが大好きで

こんなにいいもの… みんなに勧めたい
っていうほど好きだったら

恐らく こう 何でしょう?

すばらしいものっていう描き方を
しちゃうと思うんですけど…

そこが 何か いいコメディ感が出て

受け入れられるんでしょうね
ミュージカルも。

一般のお客さんの視点に近い

「それってどうなのよ」っていうところから
スタートすると

知らず知らず
ジャズも かっこ良くなって見えるとか…。

そういうことかもしれません。

ここで矢口が描いた
「ダンスウィズミー」の絵コンテが登場。

えっ! 絵 うまいですね。

僕 ここまで細かく描かないですよ。

椅子のシーンとかも

こうやって
前転するっていう…。

前転っていうのは
本当にやったんですか?

やりました
三吉さんが… 主人公が…。

自分でやったんですか?
はい。

「これ やってください」って
言うんですか?

現場で 突然言うんじゃなくて
やっぱり

ずっと練習もしてもらいましたけど…。

テーブルクロス引くのとかも…。

テーブルクロスの先生について
ずっと練習してました。

ありましたね。
2か所 パッパッてやって。

「ウォーターボーイズ」ぐらいから
なんですけど ずっと こう

出てる俳優さん本人が
本当に全部やるんですよっていうのを

何となく うまく続けてこれたんで

誰かがやってくれるっていう
ほかの現場とは違うんだよなって

何となく想像しながら
俳優さんも来るんですよ。

やんなきゃいけない雰囲気を感じながら。

ミュージカルとなれば

「ミュージカルシーンも 吹き替えなんか
させてもらえないんだろうね」って。

やっぱり そこで気分的に

もう ほかの映画とは
モードが変わってくるんですね。

だから やりにくいってことはないです。
みんな大変ですけどね。

じゃあ 来た時点で

「やんなきゃいけないんだ」って
なるんですね。

あるシーンのとき
すごい困っちゃったことが起きて。

これ 少しネタばれですけど

たまねぎをね おいしそうに
バリバリ かじんなきゃいけないんですよ。

でも あれ 「ふだんどおりでいいです」
ってわけにはいかない…。

芝居しなきゃいけないんで。
でも それはできない。

だから…

で かけてもらったんですよ。

「さっきまで飲んでた
そこのペットボトルの水は

りんごジュースになります」って
かけてもらったら

完全にかかって。
かかったんですね!

で あのシーンが撮れました。

催眠術師って そんなにすごいんですか?
すごいですよ!

矢口の作品は デビュー以来

アジアや欧米など
海外の映画祭でも上映されている。

♬~

作品を
より多くの観客に届けることについても

矢口は 積極的にチャレンジする。

♬~

日本と海外の映画の反応って
違うんですか?

えっとね… 大体 違います。
違うんですね。

欧米のほうが
お客さんの反応が良すぎて

びっくりすることが多いんですけど。
なるほど。

カナダの映画祭に…
トロント映画祭に出したときは

映画がスタートしてから終わるまで
ずっと 笑いっぱなしなんですよ。

あれ? 分かってるのかなって
不思議に思うぐらい 爆発的に。

それ 自信になりますね。
なります なります。

なりますけど そこでね

いい気になっちゃ まずいなとは
思ってるんです。

こっちはね…

って言ってくれる人がいるから…

やっぱり ちゃんと多くのお客さんに
一番いい状態で届けないと

案外 見られないで終わっちゃったことが
過去に何本もあって。

これ やったぜって思って
公開したら外れたっていうのが

何回もあるので。

やっぱり 多くの…

ああ そうなんですね。
はい。

そっか。 僕は もう全然…。

動画で発表するんですよ 大体。

動画で発表するんですけど
回転数が全然いかなかったりしても

作品が良かったから
絶対 これは作品がいいだけであって

宣伝が駄目なんだって
いつも思ってるんですけど

そうじゃ駄目なんですね。
うん。 「うん」というか

やっぱり 届けるための努力を。
何かあるんですね やっぱ。

いろんなことをしたほうがいいとは
思います。

この先は 一体 何を目指してるんですか?

この先?
はい。

何にも考えてないです。
何にも考えてないんですか?

うん。 一作一作
完全に劇場公開が終わるまで

次のことを まるで考えないですね。
ああ そうなんですか。

次の目標みたいなものはないんですかね?
目標? ないない。

あの 結局 こう…

劇場公開してるとき
結構 自分の映画を見に行くんですよ。

画面見てなくて
お客さんの反応ばっかり見てるんです。

それで…

ああ いいですね。

だから それが終わって

ほっとして落ち着いたら
ようやく 次のことを考えます。

だから 今ね 完全に空白状態。
空白状態?

どうしましょうね。
だったら

次 大町市のをテーマにした…。
またか!

何か作品を…。

だから…
そういう撮り方できないんですよ。

僕が でも 作ってもらいたいな
っていう作品が 実は…。

えっ? 何ですか?
矢口監督に作ってもらいたいのが

僕 学生の映画って好きなんですけど。

学生が主人公の?
はい。

何か 修学旅行の先で
いろんなトラブルに遭う…。

♬「Tout,  tout pour ma chrie, 
ma chrie」

っていう歌ありますね。
あの音楽に合わせて…。

もう 曲も決まってるんですね。

「Tout,  tout pour ma chrie, 
ma chrie」です。

「Tout,  tout pour ma chrie, 
ma chrie」で バッといって

「Tout,  tout pour ma chrie, 
ma chrie」って言って

好きな人が… 席に座ってて
みんなで協力して告白するんですけど

いろんなトラブルがあって
ちょっと 仲間と道が外れてしまって

みんなと違うルートで
行くことになってしまって

けんかが起きたり
バスガイドさんにほれたりとか

何か そういう修学旅行の
昔の あの青春時代の…。

ほぼ出来てますよね?
出来てますけど

でも僕は撮れないんで 映画は。

それって…
パラパラには なんないんですかね?

これ パラパラに ならないんです。

僕には できないです これは。
このテンポは。

矢口監督さんが作った
修学旅行の映画が見たいです。

本当に これが締めでいいのかどうか
不安なんですが…。

もう これで おしまいですか?

何か 終わり方も
よく分かんなかったですけど

終わってましたね。

♬~

♬~


関連記事