クレイジージャーニー 究極の身体改造 ドラゴンレディとは!?ツノ8本に歯は6本…“ドラゴンになりたい”理由とは?…



出典:『クレイジージャーニー 究極の身体改造★ドラゴンレディとは!?』の番組情報(EPGから引用)


クレイジージャーニー[字] 究極の身体改造★ドラゴンレディとは!?


松本人志×設楽統×小池栄子VSクレイジージャーニー。

▽ケロッピー前田が身体改造界の“最高傑作”ドラゴンレディのもとへ

▽ツノ8本に歯は6本…その姿とは一体!?


詳細情報

番組内容

▽ケロッピー前田が身体改造界の“最高傑作”と称されるドラゴンレディのもとへ

▽ツノ8本に歯は6本…ドラゴンを目指し、自身の体を改造し続ける彼女の姿とは!?

▽その過去に隠された“ドラゴンになりたい”理由とは?

▽身体改造界のパイオニア“トカゲになりたい”「リザードマン」も登場!

出演者

松本人志(ダウンタウン)

設楽統(バナナマン)

小池栄子

公式ページ

◇番組HP

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

◇twitter

https://twitter.com/Crazy_Journey

制作

プロデューサー 坂本義幸


演出 浜田諒介



『クレイジージャーニー 究極の身体改造★ドラゴンレディとは!?』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クレイジージャーニー 究極の身体改造 ドラゴンレディとは!?ツノ8本
  1. ドラゴンレディ
  2. 身体改造
  3. 設楽
  4. リザードマン
  5. 改造
  6. 彼女
  7. ハーイ
  8. 意味
  9. 今回
  10. ケロッピー
  11. クレイジージャーニー
  12. ツノ
  13. 小池
  14. テーマ
  15. ピアス
  16. 加藤
  17. 爬虫類ハンター
  18. エミリオ
  19. お店
  20. ゴンザレス


『クレイジージャーニー 究極の身体改造★ドラゴンレディとは!?』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<今夜>

<過去>

ほら 見ててごらん
ガッ

キャー

<松本 設楽 小池 VS クレイジージャーニー>

さあ始まりました
「クレイジージャーニー」でございます

今日はですね

なんとですね
9月の18日の水曜日に

DVD第8弾が発売されます
お~ ありがとうございます

ご好評につき
出ますね

過去7弾 出てまして

これは相当な数ということで

ありがたい
ありがたいですよね

番組のDVDとしては
驚異的な数字でございます

第8弾が このラインナップなので

(小池)あっ 凄い 濃いな
ホント濃いですね

爬虫類ハンター 加藤さんもね

島田さんも入ってるの いいっすね

(設楽)ベースジャンパーの久保さんとか

ゴンザレスの写真は
絶対 悪意ある

いいじゃないですか
かわいくて

ちょっと まずいドリンクを
飲んだときの顔ですね あれは

何で あれを
使うんすか?

「こういう人 来ます」って
見せられたら わからへんよね

本人に会ったときに
全然違うなあってなるけど

宮川大輔さんに

あ ありがたい

その当時の担当ディレクターさんと
やりとりしたりとか

このとき どうだったんだ
ああだったんだと

これは宮川さんが

ファンだということで
やってもらったということです

<またしても
SOPHNET.さんとのコラボ決定>

<ここでしか手に入らない>

<番組オリジナルショルダーバッグ付き
DVDボックスを>

<詳しくは番組ホームページまで>

<ケロッピーは…>

<体に直接フックを刺し
つり下げられる>

<身体改造と最新テクノロジーを
融合させた>

<さらに…>

<なりたいものを目指し
改造を繰り返す>

<究極の身体改造>

<など>

<我々に衝撃的な文化を
紹介してきた>

<そんなケロッピーが>

はい

<そう 前回>

エミリオ・ゴンザレスさんです

あ~ はい

(ディレクター)うわっ 凄え

<と 我々の想像の上を行く>

<衝撃的な改造を
披露してくれたが>

<自らのみならず
他人にも過激な改造を施す>

<別名>

<が こちら>

え~!?

<今夜 ケロッピー前田が>

<常軌を逸した身体改造>

<皆さんをお連れします>

どうも
お久しぶりです

もうもうもうもう
準レギュラーに近い

そうですね
大好評で

(設楽)何度も来ていただきまして

確かに
ケロッピーさんの回はね

僕 好きですけどね
僕も まあ好き

前回ですけども 究極の身体改造

先ほど出てましたけど
コンセプトトランスフォーメーション

何かコンセプトを設けて
体をいろいろ変えていくという

ドラゴンレディ 先ほど出た

今回 会いにいった
ということですね

あのあと エミリオさんとは
仲よくしていて

よく連絡を
取り合ってるんですが

その中でドラゴンレディさんを
紹介してもらいました

ドラゴンレディは今

彼女は

そんな彼女の実態に
迫ってみました

<究極の身体改造>

<に同行>

<ということで
ケロッピーが向かったのは>

<日本から飛行機で10時間>

<アメリカ・ロサンゼルス>

はーい

そうですね はい

はい

<ということで車に乗り込み>

<そう ここ>

<世界最初のピアス専門店が
オープンしたり>

<そのお店で マドンナが行った
おへそへのピアス>

<いわゆる>

<とのこと>

えっ!?

ああ そうですね はい
え~!?

<そこは>

<起きているのか寝ているのかさえ
わからない>

<ドラゴンレディの言う
「安全」という言葉に>

<少し不安は残るが…>

そうですね はい

<が連なるゾーンへ>

<ということで車を降り>

<向かうことに>

うわうわうわうわ

はい

え~!?

<を体験しながら>

<ドラゴンレディが住む こちらのマンション>

<しているものの>

<かなりしっかりとした印象>

あっ いますね

うわっ

「嘘だろ 耳ねぇじゃん」

<こちらが身体改造界の
四天王が1人>

<エミリオ・ゴンザレスが最高傑作と銘打った
ドラゴンレディ>

もう早速…

<だが>

<案内されるがままに>

<と向かうことに>

<を経たところで…>

サンキュー ああ~

(犬がほえる)

犬? 大丈夫?

これ 凄いですね

<独特すぎるセンスが
あふれ出ちゃっているが>

<お待ちかねの…>

<やはり耳を取っちゃうと>

<も手に入れた彼女の
身体改造はほかにも…>

<何だか算数の問題みたいな
説明で>

<イラストで説明すると>

<現在 ドラゴンレディの頭には>

<左右4本ずつ
8本のツノがあるのだが>

<額の中央に大きなツノを足し>

<さらに眉間のコブを
大きなツノにチェンジ>

<そして左右に
もう2本ツノを追加し>

<もっと
かっこよくしたいとのこと>

わ~ 凄いな

<これまで登場した
ロルフさん マリアさんは黒>

<メキシコで出会った男性は青と>

<白目の色を変えることに
慣れてしまってはいるが…>

<その施術の様子はというと…>

えっ!?

うわ~

いてえ
こりゃ怖い

<自分のためとはいえ>

<しかし…>

<を行うとのこと>

凄いですね

<歯を6本にしちゃうという>

<いまだかつてないレベルの身体改造>

えっ

<さすがに下半身の改造までは
見せていただけなかったが>

<歯や耳 そして鼻など>

<を行ってきたドラゴンレディ>

<一体 なぜ彼女は>

<これほどまでの身体改造を
行うに至ったのだろうか?>

<若かりし頃 バリバリの
エリート銀行員として>

<活躍していた>

<彼女はHIVの感染をきっかけに>

<自身の美しさの象徴である>

<ドラゴンになることを決め>

<20年もの歳月をかけて>

<身体改造を
行ってきたのだという>

<と ここで>

We want to go
Thank you very much

<ということで外出用の
羽をつけたドラゴンレディとともに…>

<がハンパないが>

<そんなこと お構いなしに
歩を進めていく>

わ~!

ガッ
キャー!

<ドラゴンレディに対する>

ああ ここですよ 赤いところって

<こちらがドラゴンレディ
御用達の>

<ひとまず>

<こちらが>

<見た感じは ただの
辛そうなスープのようだが…>

<6本の歯でも食べられるくらいに
煮込まれた牛足を>

<牛の頭に ヤギの目玉>

<その食生活からも>

<そう 今回の旅で
ケロッピーはもう一人>

<なる人に
会いに行くとのこと>

<その名のとおり>

<実は このリザードマンこそが>

<ドラゴンレディは もちろんのこと>

<身体改造の四天王からも
尊敬を集める人物なのだという>

僕らは

<ということで>

<オースティンへ>

<空港から>

<リザードマンと会う予定の街>

そうですね はい

<身体改造界で
尊敬を集めるという>

<コンセプトトランスフォーメーションのパイオニア>

<どのような人物なのだろうか?>

あっ いました いましたね

ハーイ ハーイ
リザードマン ハーイ

<コンセプトトランスフォーメーション界を
けん引してきた>

<どのような
人物なのだろうか?>

ハーイ ハーイ

リザードマン ハーイ

ハーイ!

<こちらの 見るからに
陽気な男性が>

<コンセプトトランスフォーメーション界の
パイオニア>

<してしまっているが>

<ということで 恒例の
身体改造度チェックから>

えーっ 何 これ?

凄い! えーっ!

<冗談なのかマジなのか
ちょっとわからないが>

<実はこのリザードマン>

<というだけあって>

<我々が
今まで幾度となく目にしてきた>

<超メジャー身体改造の
生みの親でもある>

<そう 我々がこれまで出会った>

<ロルフさん マリアさんをはじめ>

<多くの身体改造者たちが
実践していた>

<その生みの親こそが>

<何を隠そう このリザードマンなのだ>

<を抱いていた彼は>

<自らの体を実験台にすることで>

<してきたのだ>

<そう リザードマンの職業は大道芸人で>

<そのテッパン芸は…>

<という体当たり芸>

<さらに 耳たぶの穴に最重量の
モノを吊るして回転するという>

<またまた体当たりな
ギネス記録も持っている>

そうです はい

<ちなみに
リザードマンさんの奥様がこちら>

<幸せそうに
ほほ笑む その姿は>

<多少のピアスが
見受けられるものの>

<ごくごく一般的な女性>

<ちなみに
職業は 看護師さんだそう>

<リザードマン>

<見た目こそクレイジーだが>

<その表情の裏には>

<周りの人を
笑顔にさせたいという>

<何とも
人間味あふれる素顔があった>

お疲れ様です

ということで 松本さん
いかがだったでしょう?

僕いつもこの回 ちょっと
見てると

(設楽)何か上がりますね

何でテンション上がんのやろ?
何か楽しいですね

そっか 何かそれが
こっちに伝染するというか…

何かテンション上がるんですよね
楽しんでらっしゃいますもんね

やりたいけど
やれないっていう

願望を皆さんが消化してくれてる
感じもあるんじゃないですか

今回 リザードマンさん

スプリットタン あの舌を割る

あれ 初めてやった方なんですか?

彼が

パイオニア的存在

コンセプトトランスフォーメーション
というもの自体

というコンセプト
それにのっとって

全身を改造した
彼がパイオニアなので

彼の

胸に「FREAK」
「怪人」という意味なんですけど

タトゥー彫ってたりもするんですけど

グロテスクな感じはなくて

ユーモラスで親しみが持てる…

何であの前で撮ったんかな…

彼 そういうひょうきんな人で
家族の方もそれをよくわかってて

こんな

ご家族といえば 奥さんが
いらっしゃるということで…

もう結婚して16年

結構 おもしろいのが

結婚に至ったという

この状態にある程度なってから
知り合った奥様ということ?

そうなんですよ でも実際
ロルフさんとかも彼女がいたり

前 取材したマリアさんも
最近 再婚されたりとか

これ 新しい旦那さんですか?
そうですね

新しい旦那さんも身体改造が…
これはワンペアな感じ しますわ

旦那さんもアイボールタトゥーしてるし

全然普通な感じでは
ないんですけど まあお似合いな…

続いてドラゴンレディ

ドラゴンレディさん
凄い 大きな… ねえ

初めて会えて
凄いよかったですね

やっぱり
見てわかるとおりなんですけど

耳 鼻 口 目っていう

五感の一番デリケートな部分を

改造してるのは もう衝撃でしたね

これがないから…

確かに カップかって思った

必要なんだね

意味があるものなんだなって

歯とかもそうですけど

そういうところで ちょっと

めちゃめちゃ不便ですよね
食べ物ほぼ飲み込んでるって…

でも それを
楽しんでる感じもあって

さっきの好物も
普通の人が食べたいものと

ちょっと食生活が違う感じ

これ 食事シーンというよりも

何か獲物を捕まえて食ってるって
感じがしますもんね

今度 さらに

さっきのツノがどうの
っていうほかに 唇ですか?

どうするって言ってました? 唇

って言ってたりもしてて

あの… お話聞いたら やっぱり
この姿になるきっかけとかは割と

ご病気だったりとか
そうですね

やっぱ複雑な事情があって

彼女がトランスジェンダーで
もともとゲイセクシュアルだったりとか

そういうこともあって

改造のテーマが変わっていったり
みたいなところもあって

例えば ギリシャ神話のメドゥーサ

それも
彼女のテーマの一つになってて

途中で出て来てた仏像が…
置物にもちょっとありましたね

これですね ヘビのかつらを
かぶってたんですけど

これはメドゥーサのもので

つけると こういう…

あんだけ光のこと言って…
こっちから撮ってあげないと

逆光になっちゃってる
(設楽)せっかくのメドゥーサが

今のトータルなテーマになってる
ティアマトというのは

何かキラキラ輝くイメージで
描写されてますが

という意味で 今は

実は

えっ!

これ ドラゴンレディですか?
ああ そうです まだ…

これ ドラゴンレディですか?
改造前の

(設楽)ちょっと
わかんないですよね

(設楽)お子さんがいる…

もう大きくなってるんだね
きっと この子

もう結構大きくなって
独立されて…

お母さんになる?
お父さんかな? お父さんなのかな

理解してくれてるんですかね

今は ちょっと
女性になってる部分もあるし

ドラゴンになってる部分も
あるので

ドラゴンになってるって
理解できないですよね

ドラゴンレディは

気になる お金かかりますもんね
改造だって

何か 結構

そっか そっか
そういうのでお金を

彼女の中で「ドラァグクイーン」というのも
一つのテーマで

ドラァグクイーンっていうのは
結構派手に着飾る女装

ということなんですけども

パッと見たら 一瞬

確かに! ホントだ

この格好でスキッド・ロウとか
歩ってるとメチャかっこよくて

でも かっこいいだろうな~

みたいなくらいの

ドラゴンレディで

えーとですね 改造の総額で

ああ でも… だって

日村 もう全部抜いて…
抜けちゃったんですけど…

考えたら 安いもん…

えーっ! 何のために?

<このあと ケロッピー前田が>

<ロサンゼルスの
狂気に満ちた身体改造事情を語る>

これ 別名○○

<「クレイジージャーニー」ゴールデンスペシャル決定>

<爬虫類ハンター
加藤がメキシコへ>

<「クレイジージャーニー」ゴールデンスペシャル決定>

<爬虫類ハンター
加藤がメキシコへ>

今回 ロス 行ってましたけど

ロスはそういうのが盛んな所って
ことなんですね

さっき 発祥の地とも…
(小池)ピアスの発祥って

世界最初のピアスの専門店が

1970年代にもうあったので

そういう意味では 身体改造の
もともとの発祥地ですね

ただ 今回

これ 出てきたのは そのお店の
店主のロジャーさんという人で

あんまり詳しくは
教えてくれなかったんですが

実は 彼の顧客には

もいるということで

実は 彼のお店は こういう
ボディピアスの歴史を知る

こういうジュエリーなんかも
置いてあったんですけども

えっ? 長いもん

そうでしょ
すばらしいです

尿道に刺すんや
えーっ! 何のために?

痛いっすね 小池さん
尿道に刺すって想像しただけで…

いや~ いや いや…
しかも ふっといよ これ

(設楽)松本さん 自分が
ポコチンみたいになった…

これ 太いし これはヤバいっすね
これは痛いですよね

これ 別名「尿道拡張棒」とも
いわれてて

いるの?
いるので

そういう傾向もあったんで

ただ 性器ピアスっていうと
ちょっと変態趣味みたいな

イメージばっかに
なっちゃうんですけど

実は

ケロッピーさん 取材に行ったら
1個

実は今回もやってきました

(設楽)毎回
割とやられてますもんね

ちょっと
変わったタトゥーなんですけど

まず 見せましょうか

この人はフィリピン系移民の
エルさんという人で

ロスのタトゥーショップで
やってもらいました

(設楽)これは だから
文化的にも歴史がある…

(設楽)彫刻刀みたいので
やるじゃないですか?

これ やっぱり

人で

全部手彫りでやってもらいました
(小池)めっちゃ我慢してるじゃん

えっ!
これ 10分でできるんですか?

はい この文様にも意味があって

っていう意味なんですよ

三角のテントみたいになってるのが

実は この丸い
ゴングっていう鐘で

真ん中の点が
おへそに当たるんです

だから ゴングっていう鐘を
鳴らして みんなにお知らせする

そういう意味の文様

この柄を選んでもらったんです

<9月18日 「クレイジージャーニー」の
DVD第8弾が発売>

<そして>

<に潜入取材>

<奇界遺産 佐藤が
死体農場をはじめ>

<奇妙で不思議なアメリカツアーへ>

<爬虫類ハンター 加藤 VS
マダガスカルの激レア生物>

<さらに…>

<そして「クレイジー」ファン 宮川大輔の
副音声を特別収録して>

<今回もクレイジープライス>

<さあ 皆さんも一緒に
刺激的な旅へ>

<次週 大人気 ヨシダナギの旅>

<世界4カ国を巡り
少数民族を撮影>

(ヨシダ)おいしいです 脳みその味

おー!

<そこには
知られざる神秘の世界が>

<お楽しみに>


関連記事