徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子~人工知能の研究から生まれた“妻のトリセツ”~・定年夫婦のトリセツ…



出典:『徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子~人工知能の研究から生まれた“妻のトリセツ”~』の番組情報(EPGから引用)


徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子[解][字]


~人工知能の研究から生まれた“妻のトリセツ”~黒川伊保子さんが今日のゲストです。


詳細情報

◇ゲスト

本業は人工知能の研究者。『妻のトリセツ』や『定年夫婦のトリセツ』が話題!ベストセラー著者・黒川伊保子さんがゲスト。今回は『定年夫婦のトリセツ』から「夫が言ってはいけない言葉・妻が言ってはいけない言葉」を解説付きで紹介するほか、自身の夫婦関係が驚くほど改善したというとっておきのワザも伝授!

◇番組内容

人生を共にする伴侶と、良い関係を続けるには?「人生100年時代」と言われる今、仮に30歳で結婚した場合、夫婦生活は70年に。その長い道のりを充実させるべく書かれた本が今売れに売れている黒川さん。彼女の本業は、人工知能の研究者。人間の気持ちに寄り添い、生活を共にする人工知能を研究するには、本物の脳を知る必要がある。その過程のひとつとして、男女の脳の違いも探求したと語る。

◇おしらせ

☆『徹子の部屋』番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/



『徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子~人工知能の研究から生まれた“妻のトリセツ”~』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子~人工知能の研究から
  1. 今日
  2. 本当
  3. 人工知能
  4. 男性
  5. トリセツ
  6. 徹子
  7. 大丈夫
  8. 研究
  9. 主人
  10. 定年
  11. キャンペーン
  12. 奥様
  13. 言葉
  14. 女性
  15. スピード感
  16. 一緒
  17. 語感
  18. 相手
  19. 定番
  20. 名前


『徹子の部屋 “妻のトリセツ”黒川伊保子~人工知能の研究から生まれた“妻のトリセツ”~』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

夫が何を考えているのか
わからない。

妻の行動が

どうしてもわからない。

そういうご夫妻
いらっしゃいましたら

ぜひ 今日の この番組を
見て頂きたいんですけども。

『妻のトリセツ』 それから また
『定年夫婦のトリセツ』という本で

一躍 有名におなりになった
黒川伊保子さんに

今日は おいで頂いて…。
お客様です。

よろしくお願い申し上げます。
よろしくお願い致します。

夫婦生活が70年の
時代になってですね

話題の本の筆者に迫る
という内容の今日でございますが。

他にも たくさん
本を書いてらっしゃるんで

ちょっと ここに
たくさん ございますけども。

脳に関する本が随分多い。
はい。

本当は 人工知能の
研究者でいらっしゃるのが

本当なんだそうで
ございますけども。

『妻のトリセツ』という本は

38万部の
ベストセラーになったって…。

今ね 本がなかなか売れないと
いってる時に

大変な事なんでございまして。

「トリセツ」というのは
取扱説明書の事でございます。

大体 題名として楽しいですね
トリセツって。

ありがとうございます。
それでは

まだ お読みになって
らっしゃらない方のために

ちょっとだけ『定年夫婦』の中身を
ご紹介しますね。

フフフフ…。

これも よくある… ですよね?

本当ですね。

定年して ご夫婦で
一緒にいるようになった方から

本当に よく言われるのが これで。

朝ご飯を食べながら
「昼飯は?」って聞かれた時に

絶望するっていう奥様が多い。

奥様が絶望するんですよね?
はい。 多いんですね。

で 女性は やっぱり
段取りをするのが上手な脳なので

「昼飯は?」って言われたら
そこまでの間に何を作るか

やっぱり
段取りを始めてしまうので

ちょっとストレスがある。
で 一方 男性の方は

ゴール思考型といいまして

ゴールを決めてから 前倒しで
時間を管理してるんですね

直感的に。
あっ そう。 ええ。

なので あした 例えば 「2人で
美術館行こう」って言ったら

「何時に出るんだ?」みたいな。
うん。

そこから ちょっと前倒しに…。

なんなら
今日の寝る時間まで考えたい

っていうのが男性なんですね。

で 定年して
他に用事がなくなると

「昼飯は?」とか 「夕飯は?」って
そこがゴールになっちゃうんで

それを お聞きになるんですけど

聞かれた奥様の方は
ズシンと重くなるので

どうぞ お聞きにならないで
って事なんですね。

なるほど。 おわかりに
なったでしょうか? 皆さん。

男の方が ご覧になってると
それは とてもいいんですけど。

朝ご飯なんか食べながら

「今日の昼飯は?」とか
「今日の晩飯は?」とかって

そういう事は聞かないで頂きたい。

それは男性の場合ですけど
妻の場合は?

絶対言っちゃいけない言葉。

はい。 あの これは

言わないであげてほしいっていう

私の願いなんですけれども。

よく
定年が近くなってくると奥様が

「もう定年したら
私も家事は定年ね」みたいな。

「だから
もう お弁当は作らないでいい」

「朝ご飯もいいわね」みたいに

ちょっと おっしゃられる事が
あるんですね。

それは 恐らく
定年して家に入ってきて

色々 用事を言われると困るから

伏線でおっしゃってるんだと
思うんだけれども

男性って
定番を愛する脳なんですよ。

ええ。 もう定年…。

床屋は変えない。
行きつけの飲み屋は変えない。

定番である事が…。

元々 狩りをしながら
進化してきたので

遠くのものをスッと見るために

身の回りは定番で固めたい
という脳です。

マンモス捕りに行く…。
…のに

身の回りは定番にしておきたい。

そうすると 奥様が
ずっとやってくれてる事に対して

意外に 重要に脳が感じてる。
それに愛を感じてるんですね。

なので 「もうやらなくてもいいわ」
って言うと

愛を失ったような気がして…。
愛を失ったような気が…。

きっと… かわいそう。
愛がないんだって思っちゃう。

ねえ。 だから 「お弁当
もう作らなくていいわね」

って言わないで
「もう あなたのお弁当

作れないのね。 寂しいわ」

って言ってあげて頂けたらなと
思います。

なるほど。

やっぱり 男女は
とっさに使う使い方が違うので

そこを知っておくと
この人 ひどいわと思わずに

あっ 脳が違うから

そういう事もあるのね
って思えたりすると。

それで 私たち俳優がね

女の人は
セリフ言いながら電話かけて…。

例えば 「そうなのよ。
お母さんが そう言ったからね」。

そうやって… なんとかでしょ
って言いながら

手 動かして
こんな事やったりできるんだけど

男の俳優さんは もう
しゃべるんならしゃべるだけって。

こんな事やりながら
できないってね。

だから それは脳が違うんだから

ガミガミ言わない方がいいって事
前に言われた事あるんです。

それは そんなもんですか?
そうですね。

女性は
マルチタスクといいまして

複数の作業を同時にやる事が
上手なんですね。

で 男性は
機械を組み立てるみたいな

順番のしっかりしたものを
最後まで しっかりと把握して

しっかりやるって事が
得意なんですよ。

だから 男性の脳には 男性の脳の
良さがあったりしますね。 はい。

マンモス捕りに行くなら
マンモス捕りに行く。

谷を越えて行くみたいな。
そうですね。

それは 今もそうですか?
やっぱり。

今も そういう傾向はあります。

100パーセントではない…。
やっぱり 女性と生まれて

男性の脳型の使い方になる方も
いらっしゃいますし

逆も いらっしゃいますけれども
やっぱり 傾向として出てきます。

それは どこが… 何が…。

ホルモンとか関係あるの? それ。
そうですね。

ホルモンも関係ありますね。

えっと とっさに使う電気信号の
起こる場所が違うんですよ。

へえー。
それは やっぱり 長い間に

そういうふうに お互いに
進化してきたんだと思います。

やっぱり その… なんだろう
マンモス捕りに行く男と

家で子供なんか育てて

近所 迷惑かかんないように
色々している…。

そうですね。 それから
人類は やっぱり 哺乳類なので

おっぱいを あげていますよね。

なので 単独で子育てするよりも
お母さん同士が寄り添って

誰かが体調が悪くて
おっぱいが出なかったら

もらい合うみたいに
ネットワークの中で…

人と人の関係性の中で
子育てする方が

子供の生存の可能性が
上がるんですよ。

お書きになってる本の
『定年夫婦のトリセツ』とか

『妻のトリセツ』とか それは
取扱説明書の事だそうですけど

この「トリセツ」っていう
音の響きが

すごくいいですよね。
ありがとうございます。

元々は 大手コンピューター会社の
社員でいらして。

通産省から
1982年の事なんですけど

あるお達しが出たんですって?
はい。 そうですね。

1982年という年は あの…。

将来の人工知能…
当時は まだ人工知能がない時代。

将来の人工知能時代を見据えて
基礎研究が始まった年なんです。

で 時の通産省が音頭を取って

10年計画の
新世代コンピュータ技術開発機構…。

ちょっと
長い名前なんですけれども。

未来のための
新しい技術を開発するという

研究が始まりまして。
ええ。

で 私は その時 新人…
大卒の新人で入りまして

なんにも知らない
ペーペーだったので

「お前 どうせ
なんにもわかってないから

これから始まる事やった方がいい」
って言われて

人工知能の研究部隊に
放り込まれた。

あっ そう。 運が良かった。
運が…。

当時は 私は運が悪かったと
思ったんですね。

辺境の研究でしたから 当時は。
花形の研究でなかったので。

でも 30年経ってみたら

なんと 時代の最先端にいる
って事に気が付いて。

これは もう 振り返って
運が良かったんだなと思いました。

でも 黒川さんは世界で初めて

日本語でやり取りできる
人工知能を開発なすった

っていう事なんですって?
1991年の4月1日でした。

もう28年前になりますけれども…。
あっ もう そんなに…。

はい。
全国の原子力発電所で稼働した

日本語で対話をしながら

データを出してくれる
というコンピューターでした。

で 35歳の女性を想定して作った
人工知能なんですね。

女性のように
優しく会話をしてくれる

日本語で対話をする
世界で初めての人工知能を

作らせて頂きました。
そうですか。

ある時 その人工知能と
人間の男性の会話に

衝撃を受けたっていうのは…。
そうなんです。

これは もう 文字ベースで…

文字を打ち込むと
文字が返ってくる。

つまり 人間のように
しゃべってるわけでは

ないんですね。
しかも 使ってらっしゃる方は

相手がコンピューターだって
知ってるんですが

ある時 その人工知能が
ちょっと勘違いをしまして

使っている男性の方が腹を立てて

「馬鹿野郎」って入れたんですよ。
「馬鹿野郎」って入れたら

「ごめんなさい」って
謝る事にしてあったので…。

彼女が反省したわけじゃないけど

「ごめんなさい」って
出てくるわけですね。

そしたら 「馬鹿野郎」
「ごめんなさい」のあとに

「すまない。 俺も言い過ぎた」って
入ってたんですね。

相手が 機械だってわかってても
ふと その…。

こちらの男の人が?
はい。 相手に人格を感じて

「ごめんなさい」って
言われた事に対して

「すまない。 俺も言い過ぎた」って。
言い過ぎた。 うん。

私は技術者として
それに衝撃を受けて

人間のように
言葉をやり取りすると

相手が機械でも
相手に人間性を感じてしまう。

となると… なんだろう
人間性の作り方を間違えると

人を傷つけたり…。
もっとひどい事になっちゃう?

そう。
ひどい事になるかもしれない。

なので
人工知能に人格を持たせる以上

人間の脳が一体 何をもって
気持ちいいと感じたり

何に傷ついたり 何に…。

例えば
モチベーションを下げたり。

こういう事を研究し尽くさないと

私は勝手に人工知能が作れない
って思ったんです。

ほう。 じゃあ それ以来は
それをベースに?

そうなんです。
それで 人の脳の感性

つまり とっさに脳が何をしてるか
という事の研究に入りました。

28年間 それをやってます。

そうですか。
はい。

さて 『妻のトリセツ』とか
『定年夫婦のトリセツ』を

お書きになった
黒川さん自身ですけど

ご主人は いかがなんですか?
フフ…。

この質問が一番困りますね。
こういう本を出してるので

「ご夫婦仲よろしいんでしょ?」
って

よく聞かれたりするんですけども

理論と やっぱり
とっさは全然別で。

理論では わかってるんだけど
やっぱり 夫には腹が立ったり

ちょっと不用意なひと言を言って

夫も やっぱり 傷ついたり
っていう事が普通にございます。

ご主人は こういう方なんですか?
面白い。

ちょっと 顔出し…。
江戸っ子?

そうそう 江戸っ子なんですよ。
フフ…。

もう… てやんでえですよね。
てやんでえ? てやんでえ。

まあ ご結婚35年でいらっしゃる。
はい 35年 経ちます。

で お子さんがいらっしゃって
1人。

もう28歳。
息子が… はい おりまして。

息子の方は
めちゃくちゃうまく育ちました。

この… はい。
奥様っていうかね

妻に対する
口の利き方に関していうと…。

あっ そう。
これ お嫁ちゃんと

息子と私なんですけども。
可愛い。 フフ…。

本当に『妻のトリセツ』を

まだ上にいくような
口の利き方を…。

息子さんは?
ええ。 お嫁ちゃんにしてるので

お嫁ちゃんからはね
時々 感謝されます。

「お義母さんが
うまく育ててくれたから

本当に幸せ」
って言ってくれて。

あっ そうですか。
それは じゃあ 嫁 姑は

ものすごくうまく…。
そう とても仲良しで。

仲良しにいってる
って事ですよね。

じゃあ ご主人は
どういう方なんですか?

主人は やっぱり

コンピューターのエンジニアで。
あっ そうで。

もう本当に
バリバリの理系でございまして。

合理的で それから 結論から言う。

ゴチャゴチャした事は聞けない
というタイプですから

私は よく主人に 例えば

優しい声をかけてもらいたい時は
最初に言います。

だから これは…
本当に理系の方なんで

「私が落ち込んだり なんか
イライラしたりした時は

とりあえず “大丈夫?"って
優しい声をかけてほしい」とか

マニュアルにしてあります
やっぱり。 取扱説明…。

なるほど。
でも それを本当に

優しく真面目に
順守してくれるので…。

じゃあ やっぱり
「大丈夫?」って言われるのは

本当に どんな場合でもですね
「大丈夫?」って言われるのが

一番いいかもしれない。
そうなんですよね。

テンパってる時に
「お前 何イライラしてんの?」

って言われるより
「大丈夫?」って言われると

落ち着くじゃないですか。
ところがね 夫婦ゲンカをして

夫が原因で私が腹を立ててるのに
私が腹を立ててイライラしたら

「大丈夫?」って言う事
ルールになってるでしょ。

だから
それを順守してくるんですよ。

「もう あなたって 本当に…」
キーッてなってるのに

「大丈夫? かわいそうに」
って言ってくるから

いや あなたのせいだけど
っていう時も

時々あるんですけど。
フフフフ…。 そうか。

でも それでも 「大丈夫?」で

うまくいっちゃうかも
しれませんよね。

クスッと笑って…。

「大丈夫?」は
世の中の夫である皆様も

ちょっと使ってみて頂けたら…。
そうですよね きっと。

「大丈夫?」って
ご主人に ちょっと

声かけてもらっただけでもね…。

それが一番短くてね。
短くてね 覚えやすくてね。 はい。

その他にも黒川さん流の

夫婦の こう うまく…
トラブルの避け方ってあります?

できる妻の方は もう黙って
色々してあげるじゃないですか。

それをすると
男性の脳の方から見ると

妻が色んな事をしてるって事が
よくわからない。

いつの間にかやってくれてるから。

なので 色んな事してるって事を
知らせようっていう。

だから キャンペーンしましょう
って よく言うんです。

自分がやる事を
宣伝するわけですね。

今日… 例えば
私は買い物から帰ってきて

「スーパーで
色々 買い物して帰ってきた」。

「これから これ 冷蔵庫に入れる」。

「冷蔵庫入れながら お湯沸かして
ほうれんそうをゆでて

そのあと お肉焼くね」。

「その間に洗濯機も
回しちゃおうかな」みたいにして

私がやってる事を
実況中継するんですね。

すごいですね。 ええ ええ。
そうすると

すごい たくさんやってるって
わかるから

「ちょっと このゴミ捨ててきて」
って言ったら

「はいよ」って捨ててきてくれる。
ええ そうそう。

時々 自分がやってる事を
全てキャンペーンしてます。

それは でも 絶対そうです。

そうじゃないと 男の人は
そこまで気が付かないんですよね。

まさか そんなに大変だとはね。

ご自分がやってみれば
わかる事でも。 なるほどね。

恨む前にキャンペーンと思って。
フフフフ…。

なるほど。
恨む前に まずキャンペーン。

キャンペーン。 はい。

それから
ケンカを避けるコツの2つ目は?

なんか キャッチフレーズ
っていうのが あるんですって?

私 キャッチフレーズも…。
だから キャンペーンと

キャッチフレーズって
よく言うんですけれども。

女性は やっぱり
何か嫌な事があった時

嫌な事の事の発端から

ずっと ちょっとしゃべる…。
そうです そうです。

「今日 朝から こんな事があって
あんな事があって」。

でも あれ 男性は ちょっと
目的がわからない話っていうのは

うまく聞けないので

なんだろう
口を挟んでくるっていうか

「いや お前も
ゴチャゴチャ言ってないで

やめればいいじゃないか」
みたいな事を言ってきて

ケンカになったり
するじゃないですか。

なので 結論から言おうと。

例えば 「今日 嫌な事があって
もう本当に疲れてるの」

っていう時に
私は 例えば こう言うんですよ。

「今日ね 家族の幸せのために

お母さん ご飯作らない」
って言うと みんなが

「ええー!」って言ってくれるので。
「いや あんな事があって

こんな事があって お母さん
もうクタクタなの」って言うと

「じゃあ ピザ取ろうか」
みたいになるんですよ。

なるほど。 結論から言うのは…。
結論から言う。

わかります それ。
本当に女の人ってね

悪気はないんだけどね
「今日 びっくりした

隣の家のネコがどうのこうの」
って言って

何があんのかと思ったら 最後に
「だから ご飯作らない」って。

それなら 早く言えよみたいなね。

そういう事が
しょっちゅうあると思うんですよ。

だから そういうの 女の人も
なるたけ 話をしたい時は

うまく伝えるようにして。
ですね。

長い話を聞いてもらいたい時は

最初に やっぱり
テーマを言うんですね。

「これから 今日 私に起こった
悲しい出来事を

あなたに話してあげるね」
って言って。

「あなたがする事は
優しく共感して聞く事」。

「わかった?」って言ってから
「あんな事があって

こんな事があってね」って
しゃべってます。

そういうふうに 初めに説明する。
初めに何をするか説明する。

それ 必要かもしれません。

なんだかわかんなくて
ずっと長くて

結局 直接関係がない事だ
っていう事がわかる事が

夫が とても
ムッとする事なんですよね。

夫が本当に怒り出すんですよ。
うん そうね。

じゃあ そこで そういうふうに
説明した方がいいわけですね。

ご主人は でも
随分 お変わりになりました?

それから。
随分 変わりました。

そうやって…
そうか わからないんだな

じゃあ 頑張って伝えよう
っていうふうになったのが

20年ぐらい前から
なんですけれども

ガラリと変わってくれまして。
そうですか。

ちょっと気持ちの冷たい人だなと
思ってたのが

こんなに優しい人だったんだ
って思ったりもします。

ああ よかった。
じゃあ 結婚してよかったと

お思いになった?

そんなに変わるものですかね?
そうですね。

あっち行って帰ってきましたね。

もう一緒の空気吸うのも嫌
ってところから生還してきました。

ハハハハ!
相当ですね それはね。

そうですか。

でも 随分
脳の研究してらっしゃる時に

面白い事がわかって
音と脳の関係について?

はい。 言葉の…
語感っていうんですか?

言葉の音のイメージが

やっぱり ちょっとした事で
人の気持ちを変えるんです。

例えば ご一緒して
おいとまする時に

「今日は ご一緒してうれしかった。
ありがとうございます」

って言うと
なんか 親しみがありますけど

「今日は ご一緒できて光栄でした。
感謝しております」

「失礼します」って言うと
敬意は表せるけど

ちょっと こう クールな感じが…。

そうですね。
同じ意味の言葉でも

スピード感を感じたり
優しさを感じたり 色々ある。

で これを数値化しないと

私の人工知能が
人としゃべった時に

ある時は慇懃無礼であったり

ある時は
冷たく響くかなと思いまして

語感を科学する
つまり 語感を数値化する

という研究を始めたんです。
そしたらですね 語感の正体が

発音をした時の
口の周りの体感ですね 感覚。

例えば
筋肉を硬くして発音すると

硬い感じがする。
ええー!

それから 息のスピードがあると
スピード感を感じる。

例えば
「かきくけこ」なんていうのは

硬くて スピード感があって
しかも 息が冷たくなるので

クールなんですよ。
かきくけこ?

かきくけこ。
それから 例えば Pの音ですね。

「ぱぴぷぺぽ」 それから
「しゃしゅしょ」なんていうのも

スピード感を感じるんです。
そうすると

例えば スポーツカーの名前が
ポルシェだったら

これは もう
スピード感があるっていうのを

脳が感じるわけですね。
ええ。

言葉の… はい。
こういう研究をしています。

じゃあ 例えば 人の名前で…

私の名前
例えば 徹子っていいますけど

徹子っていうのには
何か響きで直すべき点…。

直すべきなんか 全然ないです。
徹子の「て」はですね

上あごに舌を ちょっとくっ付けて
「て」って…。

舌にパッと ねえ。 「て」って…。

パンッとなる感じが
地面を蹴った感じがします。

そして 「つ」と「こ」は

息が前に
パン パンと2度跳ぶので

私は 徹子って… 徹子さん…
この徹子っていう文字を…

音を分析した時に
まるで 地面をパーンと蹴って

空に跳び上がった
みたいな感じがする…。

うわー すごいですね。
はい。

まさに パンと地面を蹴って
ポンポンって空を跳んだ感じを

この名前を言う度に…。 例えば

テレビで聞いてらっしゃる方の
脳にお届けしてるし

徹子さんも そうやって
「徹子さん」って呼ばれる度に

多分
空を跳んでるんだと思います。

あっ そうですか。
いい事を伺いました。

それは とても
いいイメージだと思いますし…。

徹子って
そういうふうな感じが…。

あっ そうなんですね。

ちょっと… それはいいんですけど
ちょっとコマーシャル挟みまして

すごく簡単な方法で
脳を活性化する方法を

皆さん
お聞きになりたいと思いますので

ちょっと コマーシャル挟みます。

今 伺っておりましたら
「徹子」っていうのは

そういうような ポンポンと
跳ねてる感じなんですけど

「部屋」っていうのは?
優しく包み込むような感じの…

また ねえ 語感なので

『徹子の部屋』っていったら
ポンと夢を見せたあとに

フワッと包んでくれる
すてきな番組名だと思います。

ああー ありがとうございます。
ちょうど よかった。

さて さっきも申しましたように

簡単な方法で
脳を活性化させる方法があると。

脳は
いつもの定番の事だけやってると

実は どんどん神経信号の広がりが
狭くなってくるので

いつもと違う事を
やって頂きたいんですよ。

例えば お料理を
やらない方だったら して頂く。

いつもと違うメニューを
作ってみる。

あるいは いつものスーパーに
いつもだったら右回りなのに

左回りにしてみるとかですね

散歩の時にも
違う道を行ってみるとか

いつもと違う事を日常の中に
少しずつ取り入れていかれると

脳が いつもと違う所を使って

少しずつ
活性化していくと思いますね。

ちょっと変えてみるっていう事…。
ちょっと変えてみる。

私 野球の選手の方にね
「左バッターの人は

3塁の方から行って
グルッと回って

そのチームは そっち…
そのあとから来る人は

そっち回りじゃないといけない
っていうの どうだろう?」

って言ったら みんなから
馬鹿って言われたんですけど

長嶋さんだけはね
「面白いかもしれない」って

おっしゃったんですよ。
そう 面白いかもしれない。

だって 頭の中が いつも
こういうふうに回ってるよりはね

こうかもしれないって思った方が
いいんじゃないかなって思ってね。

それは 脳のためには
すばらしいと思います。

やっぱりね。 やってほしいと
そう思ってるんですけど。

それは
受け入れられないんですけども。

でも 今日は
本当にいい事を伺いました。

あとは どういう事に
気を付ければいいですかね?

それでは 皆さん なるたけ笑顔で。

脳に…。
いいから。

わかりました。
どうも ありがとう存じました。

(拍手)

(根来公平)
〈供出される事になった


関連記事