ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」達人の選び技…秘けつは音じゃなかった!?驚きの真っ白スイカ…



出典:『ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」』の番組情報(EPGから引用)


ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」[解][字]


夏のスイカ祭り!達人の選び技…秘けつは音じゃなかった!?驚きの真っ白スイカ、平等に甘い部分を分ける切り方など、スイカの魅力を満喫できる楽しい雑学や極意をお届け!


詳細情報

番組内容

思わずどや顔したくなる!?あなたの知らない「スイカ」の世界を大公開!達人のスイカ選びワザを徹底研究すると、実はいくら叩いて音を聞いても意味はなし!?秘密は地球の内部を探査する最新技術との“ある共通点”に。それさえわかれば一瞬で達人ワザを会得可能!ほかにも「産地でしか見られない!?驚きの真っ白スイカ」や、「全員が平等に甘いところを食べられる切り方」など、スイカを満喫できる楽しい雑学や極意が目白押し!

出演者

【ゲスト】つるの剛士,雛形あきこ,山根千佳,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一



『ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」達人の選び技…
  1. スイカ
  2. 山根
  3. 雛形
  4. 拍手
  5. 空洞
  6. 振動
  7. 紹介
  8. 絶対
  9. スーパー
  10. 一同
  11. 見事
  12. 見分
  13. 今日
  14. 杉本
  15. ガッテン
  16. ドヤ顔
  17. 家族
  18. 結果
  19. 収穫
  20. スイカ選


『ガッテン!「夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

今日のテーマは こちら!

(歓声と拍手)

(志の輔)
なんという… なんという…! おぉ~!

割りました。 あぁ~!
(拍手)

じゃあ いただきま~す!
(一同)いただきま~す!

(山根)う~ん おいしい~!

(雛形)甘い おいしい!
(つるの)最高 これ。 いいですね。

♬~

お盆に 家族みんなが集まった時
丸ごとのスイカが1つあったなら…。

おぉ~!
(拍手)

キャンプ場で
丸ごとのスイカが1つあったなら…。

おぉ~!
(拍手)

運動したあと…。

丸ごとのスイカが1つあったなら…。

ということで 今夜は
「ガッテン!」 スイカ祭り~!

丸ごとスイカの楽しみ方を大公開!

お祭りの演目は こちら。

ついに発見! スイカ選びの新テクニック。

この夏 最高のスイカとの出会いが…。

おぉ~!

スイカ好き1万人が
我先にと手を伸ばす!

切り方一つで
スイカが激甘に!

スイカ愛は国境を超える。

イタリア人が夢中になる
夏にぴったりの食べ方をご紹介。

スイカは もちろん毎年食べますよね?

丸ごと派?

(つるの)憧れでもあるんで。
なんか こう まとまるよね。 ウワッと。

うち…

結構 夏 食べるので
1個買ってきて。

大きいスイカを
親が切ってくれてたんですけど…

よくスーパーとかに売ってる…

どうしてもね。

そうなんだよね 要するに…

人数が… という。

いやいやいや そうなりますよ。
今年は そんなこと言わずに

絶対一度は 丸ごとスイカをポーン! と
切ってみよう みんなで… という

そういう魅力のあるものなんですよ
ということを今日やらせて頂きたいと。

うれしい。
そうなの?

夏ですね。

確かに スイカを丸ごと買うのって
躊躇しちゃいますよねぇ。

中でも 多かったお悩みが…。

あぁ… 割れている時 ありますよねぇ。

それにしても どうして
こんなスイカが生まれるんでしょう?

原因を探るため スイカ生産量
日本一を誇る熊本県へ。

何でも スイカならではの

不思議な生態が
関係しているんですって。

いざ スイカ畑へ…。

お邪魔しま~す。
おはようございます!

こちら…

スイカ栽培歴30年の大ベテラン。

お邪魔したのは
ちょうど熊本が最盛期を迎えた時。

(雛形)あ~ すごい!

前田さん 次々と収穫していきます。

(つるの)ビーチボールに見える。

ガッテンボーイ 池田くんも
手伝わせて頂きました。

大きいものだと 重さは10kg。

あっという間に汗だく!

こうなりますから。

池田くんもスイカ選びに挑戦。

選んだのは
目についた中で一番大きなもの。

前田さんが収穫したスイカと比べても…

まずは 前田さんが選んだスイカを
切ってみます!

一方 池田くんのは…。

なんと真っ白!
外からは想像もつきません。

プロなら分かるんですかね…?

農家も悩ませる理由は
スイカの成長ぶりにあります。

こちらが
受粉したばかりのスイカの赤ちゃん。

大きさは2センチほど。

断面は まるでキュウリみたい。

15日程度で 一気に…

しかし 中は未熟で
白さが残っています。

先ほどの真っ白スイカは
この段階。

(雛形)なんか野菜っぽさが…。

1か月ほどかけて 徐々に完熟に。

(つるの)結構 形できてから変わるんだね。

いざ収穫する時に
そのタイミングが少し遅れただけで…。

成長が進みすぎて… 割れちゃうんです!

(雛形)あっ ある! これ。

そうして生まれるのが
中に空洞がある 穴あきスイカ。

更に 収穫後 お店や自宅で…

種を守るために
糖などの栄養が消費され…

更に 食感も変化!

(雛形)シャリシャリになるやつ。 ああ!

(つるの)あるある あるある。
(山根)ある これ!

(雛形)これ… ちょっと まずいところ。

う~ん! これじゃあ
せっかくの夏の一大イベントが台なし!

はいはい はいはい。

これは 嫌でしょ?

(山根)うん 白いのは…。

外見は。

じゃあ実際に見てみましょう。

(池田)切らせて頂きます。

(雛形)でも さっきVTRで
全く同じに見えたけど。

はい! おっ いいですね。

では もう一つのほうを。
見た目 ほぼ同じでございますが…。

はい。
(山根)わあ~!

(雛形)こんなに違うんだ。

(山根)だって見た目
ほぼ変わらなくて…。

えぇ~。

(笑い)

私は 分からない。

こういう色のものが
市場に出回ることはありませんけどね

でも未熟だと こういう色になります。
(山根)へえ~!

これ 今 いろんなスイカ

紹介してもらいましたけども
ざっと割ると…。

出荷する側の方々の中では
一番評価が高い

一番品質が良いとされているのが
こういう

みっちりと身が詰まっているタイプ。

だから これが
完熟なんですね。

こっちは 完熟を通り越して熟しすぎ。

つまり収穫が遅れちゃったんだ。

そうです。
そうすると こういう割れができます。

(つるの)そういうことだったんですね。

でも生産者の方だって これを作ろうと
思ってるわけじゃなくて

ここで止めようと思ってるんですけど
何かの…

ほんの2~3日のことなんですかね。
どっかで… 中身が分からないから。

いやいや だから そこですよ そこですよ。

その見極め方を 私たちは
今日やろうとしてるんですよ。

これ まだ…

(笑い)

絶対こっち
買いたいですもんねえ。

(つるの)何だろう? なんか よく…

(山根)あぁ~。
ありますよね スーパーで。

そうだよね。 それでは まずは

名人の方にですね もう分けて頂いた

すみ分けて頂いたものを
まず見せて頂きましょうか。

名人 ご紹介いたしましょう。 どうぞ!

ようこそお越し下さいました。
(拍手)

千葉からお越し頂いた スイカの達人
杉本好一さんです。
(拍手)

どうも ようこそいらっしゃいました。
よろしくお願いします。

(雛形)えぇ~?

さあ 「あり」 「なし」というのは…。

中の空洞の あり・なしです。

(つるの)分かってるんすか? もう。

(山根)えぇ~?
(雛形)全然 違いが分からない。

(山根)一緒。

(笑い)
(つるの)カッコイイ。

ほぼ もう… ほぼ…

いけるんじゃないかなと思います。

今日 お話聞けば。

へえ~。

カッコイイですよ。
うっかりしてると

これ以上しゃべられると困りますんで。
(笑い)

ありがとうございます。
後ほど またご登場頂きたいと思います。

それでは 少々お待ち下さい。
(拍手)

さあ それでは
つるのくん 出てきてもらって

さっき「たたく」って言ったよね。 あなたが
やるようなこと ちょっと やってみて。

やっぱりスーパーに行って
スイカが並んでると 同じような…。

そうすると例えば…。
まず ちょっと 大きさも一緒だし…。

よくぞ これだけ同じものを
持ってきたね。

(雛形)大きさも みんな変わらない。

僕は何となく あんまり…
失礼ですけどね 八百屋さん こんな…。

でも これ 必ずやっぱり
たたくって言いますよね。

(雛形)そうですね
割るわけにいかないから。

(笑い)
(雛形)なんか同じような音がしてるけど。

面白い…。
えっ? あれっ? なんか…。

なんで今まで
分かったようなふりしてたんだろう?

やっぱり たたくってことは
必ず することです。

取材に行ったら やっぱりたたいてました。
そうでしょうね。

ご覧頂きましょうか。

確かにスイカといえば
たたいて選ぶイメージ。

実際に売り場をのぞいてみると…。

こちらの女性は 優しくノック。

その後も…。

ちょっと ちょっと!
そんなので ほんとに選べてるの~?

というわけで スイカの当たりを見抜け!
ガッテン大調査!

用意したのは
大きさも形もよく似た2つのスイカ。

実は これ
一つは 身がぎっしり詰まったスイカ。

もう一つは
空洞があるスイカになっています。

(山根)一緒に見えるよ~。

挑むのは スイカを買いにやって来た
お客さんたち。

まずは 夏になると ついつい買っちゃう
というスイカ大好き家族。

(たたく音)

おっ! 音に注目。
たたいて… たたいて…。

早速 お母さんが選んだスイカを
切ってみることに。

うわあ…。

お母さん 残念!

お父さんと娘さんが選んだスイカは正解!

続いては はるばる山口県から
スイカを買いに来たご夫婦。

(たたく音)

(たたく音)

選んだのは こちら。

結果は…?

見事 正解!

ズバリ 選んだ理由は?

(つるの)だよねえ! 雰囲気だよ。

お孫さんに
おいしいスイカを食べさせたいと

3世代でやって来た ご家族も。

おやおや おじいちゃんだけ違う意見に。

しかし…。

皆さん 決めかねている様子。

迷った末 おばあちゃんと娘さんは
おじいちゃん派に。

結果は…!?

あぁ~。
やった。

おじいちゃんの意見に乗って大後悔。

最終的に 58人が挑戦して

正解したのは 26人と半分以下。

結局は 運任せってこと…?

いいね あの… この1つ前の家族の
お母さんの あの開けた時の

スカスカだった時の
あの表情って 絶対にね

頼んでも
やってもらえないような表情。

「あぁ~っ…」。

あてずっぽうって
おっしゃってましたけど。

当てた人たちも…

「どっちかは…」っていう。

音だとしたら 音の何だと思います?
とりあえず。

それもそうですし…

ああ ああ ああ。 響く…。

(たたく音)

(笑い)
いやいや そうなるんですよ。

(山根)結果ね… 結果。
(雛形)同じような音がしてる気がする。

さあ それで私たちは
当然 実験してみました。

まず これから2つ スイカをたたいた時の
音を聞いて頂きます。

ここは…

(つるの)響かない…。

まず このスイカをたたいた時の音は…?

(たたく音)

はい この音 覚えといて下さい。
(雛形)基準 基準。

次のスイカをたたいた時の音を
聞いて頂きましょう。

(たたく音)
(雛形 つるの)あ~ 低い。

(山根)違う。

それでは それぞれのスイカを
これから切ってみます。

まず 高い音がしたほうのスイカ。

(山根 つるの)あれっ?
(雛形)あぁ~。

(つるの)こっちが当たり?
こっちが大当たり。
(山根)うそ。

じゃあ…。
では 低いほうの音のスイカは?

(つるの)あらま!
(山根)あれ?

空洞がありました。
ということは 整理してみましょう。

良いスイカ。

さあ これを記憶しておいて下さい。

それでは このスイカは…。
まず音を聞いて下さい。

(たたく音)

(つるの)これ 当たりでしょ。

はい これが…?
(山根)こっちが いいはず。

(山根)あれ~?
空洞が…。

(つるの)え~ 何 何 何?

もう一つ 音を聞いて頂きますよ。

(たたく音)

(観覧者たち)えぇ~?
(つるの)なるほど。

(山根)えぇ?

(笑い)

スイカたたいてきた分の
時間を返してほしいな。

(山根)スーパーで恥ずかしかったのに
ちょっと やるの…。

ほんとだ。 勇気 要るよね あれね。

(山根)えっ 関係ないってこと…?
そうですね。

高い 低いでは見分けられない
ということを

お伝えしたかったんでございます。

いや~ 損した!

少なくとも 今のこの時点で
分かってることは

スーパーとか八百屋さんで
買いに来たお客さんが…。

(笑い)

いや~ 見たいな その姿。

やってる方いらっしゃいましたら
少~し離れて

「おばかさん」。
(笑い)

「おばかさん」とは言えないですけど。
(笑い)

音の高低では 中は分からない
というとこは

とりあえず
ガッテンして頂けましたでしょうか?

ガッテン!
はい ありがとうございました。

じゃあ なんで分かるんだと
いよいよ神髄のところへ まいりました。

中が分からないのに 外から分かる。

そういう仕事の人が いろいろ
いらっしゃるというので…。

えぇ~?

でも ここへ行ったことは 意味があるのか
どうか分からないですけど

どこ行ったんでしたっけ?

いやいや…。
(笑い)

いやいや…。

ここです。

地球の中を調べてる方々を
訪ねていったんでございます。

そういうことです。
(つるの)えぇ?

急にスケール デカくなったんですけど。
そう!

地球の中を調べられると
おいしいスイカまで選べちゃう~?

訪ねたのは 茨城県にある
とある試験場。

すみません。 今 何されてるんですか?

なんと 地面を掘ることなく 地中奥深くに
何が潜んでいるかを探り当てるプロ。

その目的は
農地にできる場所を見つけること。

この技術を使えば
からっからの荒れ地でも

隠れた地下水を見つけ出し…

豊かな農地にすることが可能。

ほかにも 地中奥深くに眠る…

更には 遺跡の発掘まで
できちゃうんです!

一体 どうやって調べるのかというと…。

ヨーイ… 1・2。

はい たたきます。

ハンマーで地面をたたくだけ。

こんなことで 本当に
地面の下が分かっちゃうの?

もしかして そのハンマーに秘密が!?

えっ…

その技術
スイカ選びにも応用できますか?

おぉ~! 地球内部を探るハイテクで
スイカの中を調べちゃう!

前代未聞の挑戦です。

とある日。

黒田さんから連絡を受け スイカを手に
スタッフが訪ねてみると…。

何やら不思議な装置が。

名付けて…

スイカのためだけに
黒田さんが特別に作ってくれた装置です。

その実力や いかに…?

用意したのは
見た目がほぼ同じ3つのスイカ。

棒でスイカをポンとひと打ち。

いざ 実験!

黒田さんの分析は…。

さあ 答え合わせ。 まずは1番。

ぎっしりと身が詰まっています。 正解!

続いて 2番のスイカは…。

中に大きな空洞が!

最後 3番のスイカは

確かに 小さめの空洞が。

黒田さん…

というわけで 一家に一台
「スイカたたき1号」を!

いやいやいや…。

いやいや… そういうことではありません。

それでは 先ほどご登場頂きました
杉本さん 再び どうぞ!

(拍手)

さあ では まず空洞なしです。
1つ割って頂きましょう。

(たたく音)

(たたく音)

ほんと~?
(山根)いやいやいや…。

(一同)うわぁ~!

(拍手)

ドヤ顔が もう…。

(山根)いい笑顔ですね~。

(つるの)
ものすごいドヤ顔されてますけど。

すがすがしいほどのドヤ顔ですよ。

それでは 今日 50個以上の
来ているスイカの中から

スタッフが今 無作為に選びました
1個のスイカを持ってまいります。

(つるの)えぇ~?
よろしくお願いをいたします。

さあ 名人の秘けつが どこにあるのか
よ~くご覧下さい。

(たたく音)

(山根 つるの)えぇ~!

絶対すいてます。
絶対に空洞がある。

なんか だんだん あまりの鮮やかさに
腹が立ってきた。

では こちらは いかがでしょうか?

(たたく音)

(山根)えぇ~?

こうやって それで…?

(たたく音)
(雛形)どうですか? すいてないですか?

(笑い)

これ 今 何をしてたんだと思います?

たたいて。
みんなで ちょっと…。

だって同じように
さっきも たたいたもんね。

何か違いそうですか?

逆にあっちが すいてるんですよね。

こっちが すいてるんだよね。

(山根 雛形)えぇ~?

(山根)すいてるほう。

(たたく音)

(笑い)
あ~ じゃあ じゃあ

じゃあ もう一個持ってきて。
はい。

(つるの)え~ 何 何 何?

(たたく音)

(山根 つるの)えぇ~?

(笑い)

(雛形)すいてるんですよね それ。
(杉本)すいてる。

すいてはいるな~。

(拍手)

分かりましたよ。 でも…

すごいですね~。
どれでしたっけ?

すいてないって言ったの。

(杉本)すいてないと思います。
ほんとですね?

(一同)うわぁ~!

(拍手)

(山根)すごい!
(雛形)これを当てたい!

スーパーで これを当てたい!

さあ この見分け方。
これは 当てたくなってきましたでしょ。

会得したいでしょ。
(山根 雛形)はい。

振動を使った見分けの秘けつ
分かりましたか?

実は 杉本さんをはじめ…

よ~く ご覧下さい。

(たたく音)

お気付きになりましたか?

いよいよ種明かしは 模型を使って
このワザの原理をお教えしましょう。

どうぞ!

今年の夏 丸ごとのスイカに
このようにして触ってる人がいたら

達人ですね。
(つるの 雛形)えぇ~!

さあ それでは…。
オープン。

スイカの細胞 一個一個を
これ 表しています。

で… もう ここで
大体お分かりかと思うんですけど。

あ…。
どういうこと?

あっ… これ?

(つるの)えぇ?

そのとおりです。
ちょっと やってみて下さい。

いきますよ。

(山根)わぁ~! 手が震えてる。

あっ…。
(山根)わあ~。

こんなふうにですね たたいた時の振動が
ドーン… と伝わっていきます。

(山根)うわぁ~。
だけど 間にこう

筋が入って…

空洞があったり…。

(山根)うわぁ~!

そうすると どうなるか。

はい。
(つるの)あぁ~。

(山根)途切れちゃってる。

というふうにですね…

ほんと?

(山根)片手で たたいてるのは…
ダメなんですね。

まさか自分の手に返ってくる振動だとは
思わなかったです。

皆さん それぞれ自分のスイカが
すいてるか すいてないか というのを

やってもらいましょう。
あきこちゃんのほうから じゃあ…。

あなたのスイカは…?

いや… これ 正直もう…。

(つるの)基準が分かんないから
これで一回やってみたら?

あれ? ちょっと待って。

(つるの)これはね なし。
これは ない。

(雛形)これが ないかも。

(山根)これ 空洞ありな気がする。

(つるの)これ 当たりです。
これが ちょっと…。

いよいよ このように
「あり」「なし」「なし」の結果になりました。

それでは達人
よろしくお願いをいたします。

(つるの)これはね 絶対「あり」ですよ。
お願いいたします。

(山根)よし!
(つるの)これ 空洞スイカです。

すごい。
さて それでは割って頂きましょう。

(笑い)

はい それでは…。

また あの顔が見れるのかしら。
あの顔 見れるよ。

(一同)おぉ~!
(拍手)

(笑い)  (つるの)あの顔!

(雛形)あの顔が また…。

あ~ あの顔。 はい次です。

これは 空洞なし!

見事か どうか…? ストンと。

(拍手)

(雛形)当てましたからね~。
(拍手)

(笑い)

(山根)いいドヤ顔。

そして…。
(つるの)これは いけるでしょう。

これ 雛ちゃん
見せたほうがいいよ ドヤ顔。

(雛形)そうですね もしすごかったら。
(つるの)これは 見せたほうがいい。

(山根)うわぁ~!
(拍手)

(拍手)

(雛形)いや~ すごい! これ すごいな。

(拍手)

いやいや… これはすごいですね。

皆さん 順に回して下さい。
(笑い)

皆さん お見事! それでは

振動を使ったスイカの見分け方を
詳しくご紹介しましょう!

まずは スイカをたたく手と反対側に
ぴったりと手をつけます。

次に たたく力。

決して強くたたく必要はありません。

何度も強くたたくと 身が崩れちゃうので
絶対にしないで下さい。

そこで 指を使って軽く
小刻みに たたきましょう。

これだけで振動は十分に感じられます。

選ぶ時は いくつかのスイカを
比べてみて下さい。

振動をより強く感じるものが
一番身が詰まっているスイカです。

もし 振動を感じなければ
中に空洞がある可能性があります。

でも ご安心を。
身が割れていても 完熟なので…

味が落ちてしまうのは こちら。

身が粒々の たらこ状になり…

でも ある特徴を知っておけば
こうしたスイカを避けられます。

その特徴とは?
訪ねたのは こちら。

スイカの種を100年にわたって
開発し続けてきた種屋さんです。

社長の…

スイカの特徴を知り尽くしたプロから
アドバイス。

そう! スイカは鮮度が命。
新鮮さを見分けるポイントは

ツルを切ったあとに残る切り口の色です。

収穫の時 切ってすぐは緑色。

しかし時間がたつと
切り口が黒く変色します。

この色が鮮度の指標なんです。

農家の皆さんが 丹精込めて育てたスイカ。
買ったら新鮮なうちに食べて下さいね!

続いては 切り方一つで
激甘スイカが味わえちゃう

とっておきの切り方を
紹介しちゃいま~す!

名人がいらっしゃったのが
富里という所からです。

富里で スイカが
とても喜ばれている場がありまして

その映像を ちょっとご紹介いたします。

こちらは 杉本さんの地元 千葉の富里で
毎年 開かれているマラソン大会

スイカロードレースの様子です。

給水ポイントで選手たちに渡されるのが
特産のスイカ。

参加者全員に満足してもらうために…

つまり…

あぁ~。
ほんとだ! 均等に。

(杉本)どのスイカにも…

これ… どうやって切るんでしたっけ?

はい まず最初に
2つ割りにします。

それをまた2つに切ると
¼になります。

それで これを8等分にします。

8等分っていうのは まず最初に…。

そこを切るけども今度は…?

また半分に切ります。
そこを半分 はい。

で これを半分に切ると…。

(山根)そこで切るのか。
(雛形)そうやって切るんだ。

あっ そうすると… あぁ~。

マラソンの時に
マラソンの選手の人たちが

取りやすく… なるほど。
(山根)ああ そうだ~。

今 冷蔵庫を開けて これ1つ入れると

あとのもの全部
出さなきゃいけなくなったり

いろいろ大変な状況ですけど

やっぱり丸ごとの楽しみは
これからも味わってもらいたいですよね。

1個丸ごとを買っていって頂いて
それを1回に食べ切れちゃうみたいな

そういう食べ方をしてもらうと
とてもうれしいです。     そうですよね。

どうも ありがとうございました
いろいろと ご協力頂きまして。

ありがとうございました。
(拍手)

どうもありがとうございました。

スイカに一手間加えるとしたら
塩ですが…。

世界には 全く別のものをかけて
食べる国があるんですって!

やって来たのは
美食の国 イタリア。

地中海に浮かぶシチリア島です。

ずらりと並んでいるのは スイカハウス。

ヨーロッパ各地に出荷している
一大産地なんです。

故に その味わい方も さまざま。

更に スイカをぜいたくに使って
作るのが…。

う~ん… ぷるっぷる。

中でも ご紹介したい食べ方が こちら。

そう言って男性が取り出したのは
なんと…

実は シチリア島では レモンをかけて
食べるのが 一般的なんだそうです。

スイカにない酸味が加わり
爽やかな味わいになるんですって。

レモン一つでイタリアを満喫。
皆さん ぜひ試してみて下さいね。

先ほど達人が切ってくれました
この見事なスイカをお召し上がり頂いて。

う~ん。
う~ん…
うんうん。
甘っ!

少~し隙間があるけど
甘いぞ! とかね

あるいは これ絶対 隙間なしの見事だぞ!
とかいうのが言えるっていうのは

何とも… 特に男としてはね なんか

ワザを得たい。
そう そう そう。

さあ このことを知った
あの おじいちゃまが

随分と最初 お孫さんたち
がっかりさせましたが

見事 名誉の回復をして
「どうだ!」 という…

このご一家です。 どうぞ!

スイカ選びに挑戦して下さった
こちらのご家族。

最初 1人だけ
空洞のあるスイカを選んでしまい…。

おばあちゃんを
がっかりさせちゃったのは…

かわいい孫たちに おいしいスイカを
食べさせてあげたいと

はるばる北九州市から
熊本までやって来たそうです。

何とか名誉挽回させてあげたい!

そこで ガッテン流スイカの見分け方を
伝授することに。

左手を添えて たたいてみると…。

(たたく音)

いざ 買って帰るスイカを選ぶ肇さん。

今度は 失敗は許されませんよ~!

(たたく音)

(女性)こっち めっちゃくるよ。

自信満々で選んだ肇さん。

孫たちの笑顔を見ることは
できるんでしょうか?

気になって ご自宅まで訪ねちゃいました。

スイカを食べるのは 今シーズン初!

もう二度と おばあちゃんに
にらまれたくない。

さあ 今度こそ…!

(たたく音)

どうだ!?

おぉ~!

(拍手)

(女性)すご~い。
(肇)すご~い。

いい匂い。 いい匂いやろ?

よ~し。

丸ごとスイカを切っただけなのに
お孫さんたちも大興奮!

おいしいかな? 食べてみて。

もう これで…

今年の夏は ぜひ丸ごとスイカを!

すごいですね。
人間 変われば変わるもんですね~。

「すごいやろ じいじ」。
(笑い)

まるで自分が作ったように言ってる
スイカを。
(つるの)そうなりますよ。

とりあえず今年の夏 もし皆さん
多く集まることがありましたら

1つ丸ごとスイカを
担いで行ってみると…。

いや でも 今日これ
知ってるのと知らないのとで

この夏のヒーロー度が違いますからね。
もう ほんとに。

突然ですが…

♬~

あやしげな雰囲気を醸し出す
この楽器。

…があるというんです。

その秘密を探るため
向かったのは 広島大学。

植物学者にして
先ほどの楽器を作った張本人。

始まりは スイカの判別装置を
開発しようとしていた時のことでした。

スイカの振動を調べ抜いた櫻井さん。
その数 なんと…

すると 身の詰まった
良いスイカだけに見られる

共通の振動に気付いちゃったんです。

それを音にしたのが こちら。

いきますね。

(振動を変換した音)

ほれ込んだスイカの音を
更に楽器にまで仕上げたのが こちら。

♬~

食べてよし 聴いてよし。
スイカって本当に

奥が深い果物なんですね。

というわけで…!

次回も…。
(一同)ガッテン!

(一同)ガッテン!

さあ 始まりました。
「お風呂いただきます」。


関連記事