激レアさんを連れてきた。 18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり人間の生活習慣全部を忘れてしまったが、奇跡的に…



出典:『激レアさんを連れてきた。 18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり』の番組情報(EPGから引用)


激レアさんを連れてきた。[字]


本日の激レア研究は『18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり人間の生活習慣全部を忘れてしまったが、奇跡的に社会にカムバックを果たした人』


詳細情報

◇番組内容

本日の激レア研究はこちら・・・

 

【激レアさん1】

18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり人間の生活習慣全部を忘れてしまったが、奇跡的に社会にカムバックを果たした人


【激レアさん2】

演歌歌手の全力のコブシ

◇出演者

【研究員】若林正恭(オードリー)

【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【客員研究員】生駒里奈、間宮祥太朗 ※50音順

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/



『激レアさんを連れてきた。 18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

激レアさんを連れてきた。 18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり
  1. ツボクラ
  2. 生駒
  3. 間宮
  4. 記憶
  5. お母さん
  6. 人間
  7. 一同
  8. キラキラ
  9. 文字
  10. お風呂
  11. トイレ
  12. 事故
  13. 大学
  14. スタッフ
  15. 感動
  16. 激レア
  17. 自分
  18. 刺身
  19. 必死
  20. 友達


『激レアさんを連れてきた。 18歳で交通事故にあって、記憶喪失になり』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

さあ 若林研究員。
現在 テレビ朝日 六本木でですね

テレ朝夏祭りというイベントが
開催中なんですが

私たちの番組 『激レアさん』が

あの いきなり!ステーキと
コラボをしているという事で

スペシャルメニューを出しているんですよ。
へえ!

知らなかったんですか?
知らなかったですね。

えっ やってるっけ?
そうなんです。

この2つを出していまして。
うまそうじゃん。

これ 食べた時の写真…。
結構 活動してるんだ

この夏祭りに 弘中ちゃんが。
めちゃくちゃしてますよ。

いろんなのを紹介したり?

いや そんな事 言わないで
お祭りなんだから。

リポートとかして?
そうなんです。

これは行かなきゃね。
やってるんだ。 おいしかった?

スパイシーで おいしかったです。
おいしそう おいしそう。

という事で 皆さん
ぜひ いらっしゃってください。

という事で
客員研究員さんをご紹介します。

間宮祥太朗さん
そして 生駒里奈さんです。

よろしくお願いします。
お願いします。

(拍手)

今日の
激レアさんは…。

♬~

ツボクラさんです。
よろしくお願いします。

さあ
このツボクラさんなんですが

なんと
人間の神秘を体現したような

激レア体験を
お持ちの方なんです。

人間の神秘?
はい。

はい ありますよね。

いいポイントでございます。
いいポイント?

(スタッフの笑い)
(間宮)バンバン? バンバン?

毎晩ぐらいの勢いで?
はいはい はいはい…。

いいニュアンスですよ でも。
あっ そう?

幽体離脱とか。
(間宮)人間の神秘…。

さあ 今回の激レアさんは…。

えー!
えー!

人間の生活習慣って もう

当たり前に
やってる事って事ですよね?

そういう事です。
よく ドラマなんかだと

人の名前が
わからなかったりとか

自分が何者か
わからないなんていう事は

聞きますけれども
もう 何者というか…。

…に戻ってしまった
という事なんです。

(スタッフの笑い)

わかりやすく ちょっとね
ツボクラさんが

忘れてしまった事を
整理していきますと…。

さあ まず
記憶喪失になってますから

記憶がないです。

生まれた時から
蓄積してきたもの全て

忘れていますから

言葉 忘れてます。

しゃべる事ができません。
そっか…。

食べる事も

眠る事も
忘れてしまいました。

眠る事を忘れる?

もちろん
トイレとかも忘れてます。

お風呂に入ったりしなきゃ
いけないなんて事も忘れてます。

文字を書いたり
読んだりするのも

お金の仕組みなんかも
忘れてしまったと。

そうか もう
本当にリセットされて ゼロだ。

という事で すなわち
ツボクラさんは…。

はあ…!
はあ…!

(スタッフの笑い)

ちょっと スケールが大きすぎて
よくわからないですよね。

想像ができないよね。

記憶喪失になるだけでも
かなり珍しい体験なんですが

こういった さまざまな物事の
概念まで失ってしまうというのは

かなり珍しい
激レアさんなんですね。

もちろん 現在は
ちゃんと覚え直しているので

こういった事 できますよね?
ツボクラさん。

覚え直したんですもんね?
自信はないんですが

あの… まあ 30年間で
少々の事は

できるようになったような
感じですね。

でも 30年間だから
30って事だよね?

そうですね。

記憶があるのが。
そういう事。

18歳から後の記憶しかない
という事です。

えー…。
はい。

今日の『激レアさん』は

事故で失った あらゆる記憶を
一から取り戻していく

神秘の物語!

日常生活の全てを忘れた男には

いきなり連れていかれて

すごい閉め切った狭い部屋に
連れていかれたら

今までに見た事もない
複雑な形のものが

ポツンと1個
置いてあるんですよね。

食べてみました。 すごい
感動するんじゃないかって

思ったのに… なんでしょう?

「人間って」…!
人類全体なんでしょうね。

そして 全てを失ったはずの
ツボクラさんに 意外な才能が!

その当時 課題で描いていた絵が
こちらです。

(生駒)えー! うまい!

(間宮)嘘だろ?

ゼロから人生を生き直した男に
もたらされた才能と

現在の驚くべき成功ぶりとは?

奇跡の復活ストーリー。

まずは 事が起きた発端から

見ていくぞ!

まずは
当時の状況を振り返ります。

さかのぼる事
30年前の1989年6月5日

大阪芸大の1年生だった
ツボクラさんは

帰宅途中に…。

この事故で 意識不明の重体に
なってしまうという事なんですね。

この時 目立った外傷は
なかったものの…。

…が経過します。
(生駒)えー!

目を覚ました ツボクラさんは

全てを忘れた無の状態に
なってしまったんですね。

病院で…。

人だとか 物だとか
病院もわからない僕が

…っていう雰囲気だけが
ぼんやり記憶に残っている

始まりです。
(生駒)へえ…。

大きな外傷がなかった
ツボクラさんは

完全に無の状態で
少しの入院生活を送った後

病院を退院します。
で そこから…。

そんな日々が始まっていくんです。
これは大変だ。

という事で
まず 何もないところから

日常生活を
覚え直さなくてはいけません。

まず 基礎編の一番重要な事は

人間にとって一番重要な
「食べる」という事です。

まず お母さんから
食卓に出されたのが

はい! 皆さん 大好き…。

この白いご飯を
初めて見たツボクラさん。

どう思ったのかといいますと…。

(生駒)おー!

そうですね。 ポッと目の前に
「ご飯よ」って置かれて

あの1つ1つの粒々って
炊きたて… お茶碗に入ると

なんとなく
動いてるじゃないですか。

あれがキラキラキラッと
輝いて見えたので…。

…っていうので ドキドキして
そのご飯を見てました。

おお…!
こんな感覚になった事

ありますか? 皆さん。

(スタッフの笑い)
新米の時はね。

1年に1回の楽しみです。

(一同 笑い)
確かに 確かに。

という事で 初めて見た
この白いご飯をですね

ツボクラさん…。

食べた瞬間に
1つの概念を感じます。

この当時 無のツボクラさんが
感じられた感情はですね

赤ちゃんのように この2択です。

プラスかマイナス この2択しか
なかったという事なんです。

ご飯を食べて ちょっといいなと
思った時に

「おいしい」と お母さんに

教えてもらったんですよね
それを。

ふっと かんでいる僕に
「おいしい?」。

「えっ おいしい?」って
すぐ疑問に思ったんですが

口を動かして だんだん
口に何かが広がっていくんですね。

えっ なんか すごく
胸が ほんわりと

ほのかに うれしくなっていく
この気持ち

すごく なんか
ぴったりな言葉だなって

すごく素直に
受け止められたんですね。

赤ちゃんが お母さんの口まねを
言い返すように

「うん おいしい」って
素直に言えたのが

ご飯が始まりでした。

なるほど。 これは…。

誰も勝てない。
うん。

ご飯だけで
これだけ伝えてくれるって。

「うまし!」とか言ってるヤツ
本当…。

(一同 笑い)
(間宮)3文字で済ませて。

いやあ 本当はね そうなんだよね。
(間宮)そうか。

もともとは できてきた事なので
ちゃんと教えてもらい直せば

できるようになっていく
という事で

ツボクラさんは
人間の基本的なところ

「食べる」というものを
クリアします。

こうして 「ご飯を食べる」
「ご飯」というものを

覚え直した
ツボクラさんだったんですが

これによって

それが… はい。

ああ… なるほど。
(生駒)えー!

僕の中で ご飯…
白くキラキラするものが

ご飯なんだって思っていたのに

そのご飯の上に
「朝」とか「昼」っていう

ついたものは なんだ? っていう。
(生駒)うわー… 難しい。

そう。 そうなるし…。

って言って パッて
目の前に出されたものが

思っていた 白くキラキラする
ご飯じゃなかったんですね。

今の僕は… 思い出すと
恐らく あれは…。

パンね。
パンは まあ キラキラしてないですね。

キラキラしていない。
お茶碗というものにも入ってない。

どう思って どう食べたらいいのか
わからない。

朝パン…。

夜なんか すごいですよね。

もう その…。

なるほど…。
(生駒)おいしいのにな。

でも 皆さんも ちょっと
間違えてしまったりとか

紛らわしいなと思うところ
あると思うんですよ。

例えば…。

ああ なんかね。

それは まあ…。
別のような気もするけど

まあ 知らない人からしたら
そうなのかな?

俺は 「松井」が最初で

「ゴジラ」って あとからついた瞬間
知ってるけど

若い人は 「ゴジラ」だったでしょ?
うん。

でも

どうなんだろう?
ニックネームだからね。

思っちゃうみたい…。

という事で こうしてですね
食べる事を覚えたツボクラさんは

どんどん…。

はあ… 面白いな。
という事で

そんなツボクラさんが
味わって衝撃を受けた ベスト5

挙げてみますね。

記憶喪失の方に対して。

「記憶喪失ツボクラ」って。
衝撃の味ランキングね。

はい。 すみません。

いつもと変わらず
このテンションでやっていきますよ。

まず 5位からね
いろいろ あるわけなんですが。

へえ…!
3位のチョコレート。

「ユウスケ
チョコレート食べてみる?」。

おっ こんな食べ物もあるんだと
思ったので

そのチョコレートっていう…
紙を取って

ご飯と一緒で キラキラ光る
銀色の板状のもの。

おっ これがチョコレートって
いうんだと思って

そのまま食べました。

そしたら ギシギシ バリバリバリ
っていう歯応えで

食べたチョコレートが…。

っていう
苦痛でしかなかったです。

で 「ちゃんと 銀紙 取って
食べなさい」っていう風に

教えてもらったんですね。

と思って むいてみたら…。

見たら 中から 更に
茶色いものが出てきましたよね。

って 口に入れた瞬間に
ファーッて…。

ご飯みたいに かまなくてもいい。

でも ご飯の 教わった
「おいしい」っていう感動とは違う。

これ また なんか
「おいしい」とは違うぞ。

なんて言うんだろう? でも…。

すごい。
すごいよ。

いやあ! 楽しみ! ランキング。
ちょっと これ

記憶喪失がメインなのか
食リポがメインなのかっていう。

…ぐらいの衝撃。

記憶がなくても
チョコレートって

そういう風に
人を幸せにするんですね。

そうなんだよね。
すごいですよね。

わかる わかる その感じ。
記憶がなくても。

だって チョコって聞かないで
今の話 聞いたら…。

「それがチョコです」
「チョコかい!」。

でも 本来そうなんだよね。
そういうものなんですよ。

本来ならばね。 私たち
慣れすぎているわけなんですよ。

しかめっ面で 楽屋で
チョコ食ってる場合じゃないよね。

そういう事。
今一度 新鮮な気持ちを

覚え直してください。
はい。

チョコレートを押しのけ
1位 刺身なんです。

刺身 くる?
刺身!

まずですね お母さんが

「今日は あなたが記憶を失う前に
一番好きだったメニューよ」。

という事で お刺身 出されました。

しかし 食べたところ…。

実はですね ツボクラさん
そのまま食べていて…。

すると お母さんから

「おしょう油つけないと」と
言われまして

そばにあった 黒い液体につけて
食べてみます。

すると 「なんじゃ こりゃ!
めっちゃうめえ!」という事で

幸せ度がMAXで
襲ってきたんです。

しかしですね
これだけで衝撃 終わりません。

お母さんに また言われました。

お母さん… 一番の味方だからね。

持ってくるね。
持ってきちゃいます。

この緑の物体を刺身に
少しだけつけて食べます。

すると…。

ハハハハ…!

ガツーン! という事で
目頭が カッとなります。

あー!

(生駒)よかった。
衝撃を受けたという事なんです。

うわあ…!

プラスになったんですね?
あっ そうです。

ふわー ほんのり…
うわー おいしいって

思っていた刺身に スカッ!

…っていうぐらいの
衝撃的なパンチを

わさびによって与えられたんです。

うわっ このわさびって
すごい衝撃的って

もう 感動しました。
でも 更なる感動を求めて

お皿にのっていた わさびを

全部 刺身に包んで
食べてみました。

すごい感動するんじゃないかって
思ったのに…。

クワッ…。
きますよね。

奥の方が痛い… なんて事…。

おいしいって思っていたのに
こんな事まであるのか。

この味って
なんて言えばいいんだ?

わさびで広げるなあ!
(生駒)すごい!

すごい!

ロケしてほしいだろうな。

ハハハハ…!

あっ! タピオカですか。
それは なんだろう?

いつものジュースと違う…。

そこから疑問を持つんだ。

こんなにがぶ飲みしていい
ジュースなんだと思って飲んだら

勝手に…。

入ってきた?

これ 飲み込むのか…
飲んだらいいのか

わからないので…。

「人間」って…。
人類全体になるんでしょうね。

さあ まだまだ いきます。
食べる事を覚えたツボクラさん。

次に見ていくのは…。

生理現象であります…
はい トイレです。

ああ… そうか。
もちろんですね

トイレに行くという事も
忘れているツボクラさん。

食後しばらくして お母さんに

ジェスチャーをしながら
なんか おなかの辺が

イヤな感じという事を言います。

するとですね お母さんは
トイレに案内するわけなんですが

ツボクラさん 基本 無ですから

案内されるまま
トイレに座ったものの…。

まあ 力を入れるポイントとかも
わからないですし

どうしたらいいのかも
全くわからなかったと。

いきなり連れていかれて
すごい閉め切った狭い部屋に

連れていかれたら…。

のものが ポツンと1個
置いてます…。

「そんな形のものを
どうするんだ?」って言ったら

「そこに座れ」と。

それで どうしたらいいのか
わからないじゃないですか。

そうしたら すごい呪文を
お母さん 教えてくれました。

「“うーん うーん"って
言ってごらん」。

「うーん」って
ずっと流れでいくと

なんか すごい…。

また おいしいとか
うれしいとかと

違う幸せを知ったな。

「トイレ ありがとう」。

うんこして
「トイレ ありがとう」ですもんね。

(スタッフの笑い)

という事で お母さんに

トイレに行って
座って 用を足すという事を

教えてもらって
ツボクラさんは… はい。

トイレを覚えました。 はい。

このようにですね

お母さんと さまざまな事を
1つずつ体験し…。

気の遠くなるような
作業を繰り返しまして…。

本能的な行動を1つずつ覚える
ツボクラさん。

しかし みんな夜になると

当たり前にする あの行動に

意外な大苦戦をするぞ!

次は日常生活 覚え直しの

応用編を
見ていきたいと思います。

まずは… はい。 お風呂。

お風呂を教えられて入っていた
ツボクラさん。

最初はですね お風呂…。

…という風に理解していました。

すると ある日ですね

お風呂を促されて
浴槽に入りますが

いつもと全然違う感覚に
なってしまったんです。

ツボクラさん 思います。

なんでだろう?

そのお風呂に入った時に…。

すごい速さで動くんですね。

お風呂場で
ツボクラさんに命の危機が。

事故で忘れた
人間の生活全てを

一から覚え直す
ツボクラさん。

お風呂に入るという行動を
覚えたのに

命の危機に直面するぞ!

ある日ですね お風呂を促されて
浴槽に入りますが

いつもと全然違う感覚に
なってしまったんです。

ツボクラさん 思います。

実はですね この日
たまたま お母さんが…。

はい つまり ツボクラさん…。

うわあ! わからないか…。

いつものように お母さんが…

「お風呂に入りなさい」って
言われると

すごい ふわんとした
気持ちになって 幸せになれてた。

なのに そのお風呂に入った時に

間もなく 勝手に手足が
ガタガタ ガタガタ…。

すごい速さで動くんですね。

手足が勝手に動き出すのは
なんだ?

だんだん 歯まで
カタカタ カタカタ 鳴り始めて。

でも いつか お風呂って
幸せになれるんだ

それまで待とうっていう事で
ずっと入り続けると

あまりに長すぎて お母さんが
僕を呼びにきたんですね。

「ユウスケ! 水風呂じゃない!」。

「水風呂って何?」。

ああ 大変だな…。

「ああ そうだった」。

「お母さん 沸かし忘れてた
ごめんね」って言われて

そのあとに

沸かし直してくれたお風呂の
更なる幸せは感動的でした。

1回 ふられてますからね
水風呂に。

これ! これ! って感じですよね。

そうなんです。
という事で お風呂もですね

この失敗を経まして
学び直しました!

お風呂を習得したツボクラさん。

お風呂を入ったあとに
待っている…。

はい こちら。

「眠る」という動作なんですが

こちらも忘れてしまいました。

眠くないのに
ベッドに案内されても

自分から寝るという事が

理解できなかった
という事なんです。

はい。 というのも

寝るというのは…。

なるほど!
うわあ…。

小さい子とか 赤ちゃんとかも
「寝なさい」って言っても

「眠くないから寝ない」とか なんか
そんな感じじゃないですか はい。

すると やはり
お母さんに注意されます。

うん…。

けれども
まあ 布団に入ったものの

全然 眠くなりません。

その結果…。

「人は なぜ 夜 寝るのか?」

お母さんに質問攻めをしたと。

うわあ!
ああ…。

まあ でも疑問ですもんね。

「なんで 寝なきゃ
いけないんだろう?」って。

夜も 朝も…。

これは 人によって違うかもね。

僕らだって
わからないですもんね。

これ お母さん
答え 困ったでしょうね でも。

この時はですね お母さんは
とりあえず…。

こうなるんだよな だから。

ねっ! 常套句で はい。

みんな寝るからなんだろうね。

「なんかええやん」
「なんか イヤやな」に

「みんな」が入ってくるんだよ!
確かに。

これ 自分だけの感覚だったのが

「みんな」が入ってくると はい。

という事で まあ ツボクラさん
モヤモヤしながらも

一応 目をつむりまして はい

「眠る」という事がわかりました。

こんな風にですね まあ
家での人間生活が慣れてくると

お母さんを
質問攻めにしていきます。

(生駒)うわあ!

最終的には…。

(間宮)哲学が。
本当ですね。

でも 考えた事はありますよね。

人間は なんのために生まれて
なぜ死ぬのか。

もしかして
だから 寝なきゃいけないのかな。

こんなに照明に照らされて…。

ねえ こんな カメラで…。

で この先には めちゃくちゃ
いろんな人間が見ている。

いいですね!
間宮さん いいよね!

これ だから 不思議なんですね
今 この感じも。

なんで こっちだけ照らして
あっちは照らさないんだろう…。

(一同 笑い)

気になる! 気になる!
いっぱい 気になっちゃいますね。

覚え直し生活も

すると お母さん

ツボクラさんが
家の外でも生活できるように

超思い切った決断をするぞ!

お母さん
ここで ある決断をします。

ツボクラさんを…。

大丈夫?
大学にか。

まだ 大学って
どういう所なん? って

わからないので もう ただただ

「お母さん 次はどんな事を僕に
学ばせようとしているんだろう」。

はい。

若林さん わかってきましたね。

というのもですね
大学に入って 2カ月で

事故に遭ってしまったという事で
まあ そんなツボクラさんに

また学校に通えるように
なってほしいという思いとですね

前の環境に身を置く事で
記憶が呼び戻されたり

いいリハビリに
なるのではないかと。

お母さんと学校側が
相談して決めた決断でした。

でも 学校ではですね

ツボクラさん…。

ああ そう?
はい。 これ ちょっとですね

私たちの大好きな
春日さんを使って

説明したいんですけれども。

春日さんも キャラ変する前は…。
(一同 笑い)

(生駒)えっ! それ 初めて見た!
キャラ変前の春日さん。

ねっ? ツンツンヘアーで。
本当だね。

早口でツッコみます。
早口だったよ。

これは もう

…っていう事故があったのよ。

(間宮)えー! 3つ?

ツボクラさんは どうだったのかと
いいますと… はい。

事故前は… 見てください。
ツンツンヘアーですよ。

ツンツンじゃないっすか!
はい。

(間宮)「くうねるあそぶ」って
書いてあるんですかね?

全部 忘れてますけどもね。
(一同 笑い)

確かに。
結構 あの… ねえ?

ヤンキー系というか。
確かに。

やんちゃっぽい感じする。
やんちゃっぽい感じで。

けれども 事故に遭ったあとは

皆さん 見ているように
おとなしく…。

(一同 笑い)
ほぼ一緒です。

これは でも 記憶がないですけど

周りの知ってる人たちは

「お前 違ったんだぜ」とか
言ってましたか?

そう… 実際に
「あれ? 全然 変わったやん」。

「もともと ツボクラ
こうだったんだ」って

言われたものが
髪の毛を立てていると。

えっ! こんな姿が

ええー!
(ツボクラさん)だけど

事故をして
やっぱり 記憶はなくなって

早く戻りたい 早くみんなと
仲良くしたいっていう事で

みんなが言う

実際に どうしたらいいんだろう
っていうので ムースとか。

ムースか。
…を 頭につけて

こう 立てるんですけど
しなって すぐに。

ええー この しなびた形
ツンツンにするのに

どうしたらいいだろう
っていうので思い付きました。

いつも お母さんが使っていた
ガスコンロで あぶってみました。

ええー!

もう すぐに
カチーン!

立ったんですか?
えっ! 危なっ!

いやいや…! 使い方が また…。

大学に復学したツボクラさん。

それまで 家にいるだけでは
覚えられなかった

という事で 日常生活覚え直しも
上級編に入ります。

まず 1つ目は 大事な「お金」です。

こちらは 「イロ」と「アナ」作戦で
攻略していきます。

「イロ」と「アナ」?
はい。

大学に行くためには…。

電車賃 必要です。
けれども お金って

いろいろ 複雑で
よくわからなかった

難しかったという事で
お金を覚えるために

こんな風にして
ツボクラさんは覚えていました。

穴がないもの あるもの。

キラキラしているもの
ボロボロなものと

「イロ」と「アナ」で覚えました。
おお!

という事で
まあ 例えば 切符を買う時は…。

これを入れるんだ!
ボロ3つ?

ボロに見えるんですね
記憶がないと。

たまに キラキラしてるボロボロ
きません?

(一同 笑い)
確かに!

平成30年ぐらいのやつで。
でも まあ こう

ファーストタッチだと こう
見えるんですね。

やっぱ キラキラしてるものが
価値が高い。

価値が高い。
大きいし。

(生駒)へえ!
そうなんです。

でも こうやって覚えていった
という事なんですね。

ただ このお金 ツボクラさんを

恐怖に陥れる出来事を
巻き起こしていったんです。

それは お母さんに
この硬貨たちと一緒に渡された

はい…。

そっか!
(生駒)そっちもありますね。

くるか。
はい。

このあと お札と初遭遇。

一体 どんな反応をするんだ?

「その紙 また 何か
すごい事があるの?」って

言ったら キラキラするものが
バラバラバラ…。

そして ツボクラさん
このあと すごい能力を発揮!

(生駒)えー! うまい!

(間宮)嘘だろ?

交通事故で 人間生活の

全てを忘れたツボクラさん。

ついに大学に復学したんだけど

あらゆる困難が
待ち受けていたぞ!

その前に

まだ世間の皆さんが見た事ない

映像をお見せする…。

今日のレア映像は?

コブシといえば 演歌の醍醐味。

気持ちの高ぶりを表現し

曲の一番の盛り上がりどころに
使うものだけど…。

本来 ここぞという時にしか
入れないコブシを

いろんな曲に
入れまくったら

超激レアな曲が
聴けるのでは?

歌っていただくのは…。

昨年末には

大江裕でございます。

コブシをきかせた歌唱に
定評がある大江さんに

コブシを回せそうな箇所全部

片っ端から回してもらうぞ!

できるんだ。

まずは コブシを入れやすそうな
ゆったりとした曲

童謡『ぞうさん』。

♬~

(生駒)すごい!
(間宮)おー!

大江さん

♬~「だれが すきなの」

絶えず 独特の動きを繰り返し
汗びっしょりだ!

出ちゃうのね。
(間宮)コロッケさんみたいになってる。

そして ここから

中でも ご本人納得の
仕上がりだったのは…。

(一同 笑い)

結論 いろんな曲に
コブシを入れまくると…。

♬~「泣きましょう」

♬~「そして輝くウルトラソウル」

めちゃくちゃ気持ち良さそう!

すごい! 激レアでしたね。

激… 激レア…

激おもろかったっすね。
(一同 笑い)

交通事故で 人間生活の

全てを忘れたツボクラさん。

ついに家から出て
大学に復学する事に!

まず

ただ このお金

ツボクラさんを
恐怖に陥れる出来事を

巻き起こしていったんです。

それは お母さんに
この硬貨たちと一緒に渡された

はい…。

そっか。 くるか…。
はい。

その使い方がわからないので

それを いつも…
ただ 電車で乗れなくなった時

困った時には
これを使いなさいって言って

それは力の持ったものなので…。

なるほど。
(ツボクラさん)そんなある日 友達が

大学の帰りに
連れていってくれる場所が

あったんですね。
ああ…。

その 連れていってくれた所が

その日は
動物たちが囲まれてる場所に

連れていってくれたんです。
なんだ? そこは。

さあ 皆さん
どこだと思いますか?

動物たちが囲まれている場所です。

いや… これは 弘中ちゃん
さすがに わかるわ。

違いますね。
えっ?

動物園じゃないの?
動物園じゃないですよ。

(一同 笑い)
違う。 違う違う…!

えっ? 大学生が行く
動物が囲まれている場所?

皆さんも絶対に行った事あります。

生駒さん!
大学生 行きそうじゃないですか。

いろんな種類のね 動物がね
ぎっしり詰まっています。

正解!
(若林・生駒)あー!

(間宮)ゲーセンの…。
(ツボクラさん)はい そう。

ゲームセンターに行った時に
ビックリされたんですよね?

そうです。 パッて行ったら
友達が連れていった場所に

動物たちが
囲まれてるじゃないですか。

えー! 人間って こんな所で
何するんだろう? って思ったら

必死に何か機械を使って
救出してるんですね。

そう見えるんだ。
みんな必死な顔してやってるから

クレーンゲーム。
必死で救出しようと…。

クソー! とか言って…。
そうだ。 助けたいから。

助けられないから。

助けるために ここに
連れてきてくれたんだと思って

どうしたらいいの? って
聞いたら

キラキラするものを使うんですね。

やっぱり キラキラ すごい!
って言って入れると

それを動かす事ができるんですね。

でも 持っていたものは 2~3枚
すぐに なくなってしまいました。

でも どうにかしたい
どうしたらいい!?

僕 あと これしかないって
持っていたお金…。

あっ 1000円あるならっていって
友達が持っていた紙を

また違う機械に
入れていったんですよ。

えっ その紙 また何か すごい事が
あるの? って言ったら

キラキラするものが
バラバラバラって大量に…。

(一同 笑い)
(ツボクラさん)うわー!

この お札っていうもの
すごい! って感動しました。

という事で お金もね
いろんな失敗をしつつ覚えました。

続いて はい こちら。

「文字」です。
「文字」。

文字は難しいですからね。
(間宮)文字は難しいですね。

確かにね ここからだ。
そうなんです。

漢字 覚えるのが。
まず ひらがなは

おうちで お母さんと
マスターしていたんですが

外に出てから…。

かなり戸惑ったそうなんですね。
うん…。

というのも 学校へ行くまでに

もちろん ツボクラさんは

路線も駅名も
さっぱり忘れています。

そもそも 漢字というものを
忘れているので…。

ああ…。
うん…。

海外行ってもそうじゃないですか。
なるほど。

ハングルとか よくわからないし
アラビア語とか読めないですよね。

そういった状態だったんですね。

ツボクラさんは 乗る電車

お母さんに言われた
色で判断していました。

乗ったあとは 駅に止まるたびに

お母さんの書いたメモと
停車駅とを

毎回 顔出しで確認する。

合ってるかな 記号がっていう風に
思うわけなんです。

メモと同じ形が来たら
電車を降りる。

はいはいはい。
こういう事をしていました。

大変ですよね これは。

朝 学校に行く時に
電車に乗るので。

でも 満員電車の中
必死に文字を探すんです。

わあ どこにあるんだ? って
キョロキョロ 人を押し分けながら

見てる間に
扉は閉まってしまうんですね。

えー 今の駅って
降りる駅だったのか

降りなくていい駅だったのかって
思いながら

電車に運ばれていくっていう事で
よく迷っていました。

うん…。
迷っちゃいますよね。

大阪芸術大学に
行こうとしているのに

着く場所が その日
奈良だったり

神戸だったり。
だいぶ行きましたね。

そうですね。
特急って すごいですね。

(一同 笑い)

通学でも大変だった
という事なんですが

大学生ですから
授業に出席します。

…と 毎日毎日 思うような

生活だったと。
駅で 散々見て

授業は もっと難しいもんね。
もっと難しい。

先生が

しかも なんか訳のわからん
数の多いものを

「横に1本あって 次 縦に入って」
って書いていくと

すごく時間がかかります。
先生 残酷ですね。

どんどん進んでいって
黒板の端までいったら

消していくんです。 待って…。

授業が すごく大変でした。

ああ… なるほど。
はい。

ここに 当時ですね
ツボクラさんがとっていた

ノートを
お借りしてまいりました。

だから もう
追い付かないですもんね 先生の。

でも ちょっとね
数字っぽいところは

わかるんですよ。 最初 「1856」
みたいな書いてるんですよね。

あと 「画家」とかも ちょっと
よくわかるじゃないですか。

本当だ。 「ナポリ派の」。

…と思ってもいいぐらい。
それぐらいですよ。

文字は うまく
書けなかったそうなんですが

ツボクラさん…。

覚えてるんですかね? 手が。
そうなんですよ。

ツボクラさんが その

(生駒)えー! うまい!

(間宮)嘘だろ?

「画家」の漢字 書けない人が
描いたんでしょ? ほおずき。

他にも いろいろあるんです。
これ 餅。

餅 描いてるじゃないですか。

僕らは 当然 これ
描けないじゃないですか 今から。

センスなのか
記憶が残ってたのかは

わからないですもんね。

もう 何もかもが
わからずですが

そのまま 見たものを描いて
っていうのを細いペンで描いた。

もう ただただ必死でした。
何もわからない僕が

みんなについていくために
必死になって描いていた頃です。

という事で
絵は描けたそうなんですが

文字の部分は
どんどん勉強したり

図書館に通ったりなどして
必死に勉強しまして

クリアしていった
という事なんですね。

はあ…。

文字がわかると
物事を吸収する速度も

グンと向上します。
確かに。

もちろん クラスメートに
いろんな場面で助けてもらって

不自由なく
学校生活が送れるようになったと。

そうですね。 いつも
何一つ わからない僕に

いろんな事を教えてもらえる。

学校に行けば 全ての…

人間として生きていくものを
教え…。

そういう人って なんていうの?
って聞いた時に

「それが友達だから
当たり前やん」。

へえ… 友達って なんか すごく

心が安心できる言葉だな
っていう風に覚えられた。

それが すごく 僕の中での大きな
友達の存在って

気付かせる
きっかけになりました。

へえ…。
いい話だな。

この間

(スタッフの笑い)

大学と その先の専攻で学ぶ事
およそ7年。

いよいよ 進路を決める時に

ツボクラさんは
自分の ある才能に気付くぞ!

さまざまな事を 一から
覚え直してきたツボクラさん。

いよいよ

自分は何をしていきたいかを
考える中

自分の ある力に気が付きました。
それは…。

事故で忘れた あらゆる事を
覚えていくのに それが…。

色を感じる部分が
研ぎ澄まされまして…。

(若林・生駒)へえ…!

文字とか言葉を聞いても
わかりにくかった僕自体は

見て その

青信号なら渡っていく。
でも 赤なら止まるって…。

色に関して
すごく敏感に感じていました。

このように色彩感覚を
フル活用して生活していく中で

ツボクラさんが
これだ! と思った道が

生地を染めていく…。

美大を卒業したあとは
京都にある工房に修業に行って

これまで
いろんな事を覚え直してきた

持ち前の吸収力を
いかんなく発揮します。

そして 工房で

2005年に ご自身の工房…。

現在では…。

200回?
はい。

…として活躍されているんですね。

へえー!

大阪にある
ツボクラさんの染色工房で

その作業を見せてもらいました。

日本各地で集めた
草木だけを原料にして

染料を作っていき

時間をかけて
生地に色を付けていきます。

「うわっ! こんな感じで

いい味が出た
いい色に染まった」って

思わず言わされる時は もう…。

こうした染色の作業を

生地1本につき
何カ月もかけて行う事で

草木染でしか出せない

優しい色合いの生地が
出来上がるんです。

ちなみに
100パーセントの草木染生地は

業界でも かなりレアな代物と
なっているそうで

自然の色だけで生み出された
独特のツボクラカラーには

熱狂的なファンも
かなり多いそうなんです。

こういった活動を
今 やられています。

更に 自らの体験をまとめた本を
出版。

生きる事と学ぶ事の
大切さについて

多くの人に希望と感動を
与えているという事なんです。

事故に遭って
最初の頃は言葉もわからないし

思うどおりに体も動かない。

早く元の自分に戻りたいと
すごく焦っていました。

ですが 新たに たくさんの人から

おいしさや面白さや感動や…
っていうのを教えられて

たくさんの友達ができました。

その結果
18年前の過去に戻るより

新たな自分の人生を

大事にしていきたいなと
思っています。

という事で
このね 1つだけ残った

「記憶」のパネルなんですが

もう 思い出さなくてもいい
という事なんだそうです。

なるほど。 はい。

という事で 若林研究員
このツボクラさんに

最終的なラベリングを
お願いします。

ちょっと 僕なんかがするのは
おこがましいんですけれども…。

(スタッフの笑い)
間違いないですね。

という事で 若林研究員
このツボクラさんに

最終的なラベリングを
お願いします。

ちょっと 僕なんかがするのは
おこがましいんですけれども

「食リポの神様」です。

(スタッフの笑い)
間違いないですね。

さあ そして 間宮さんから
お知らせがあります。

土曜ナイトドラマ
『べしゃり暮らし』。

『ROOKIES』とか
『ろくでなしBLUES』で知られる

大人気漫画家の
森田まさのり先生の最新作で

漫才の話で 劇団ひとりさんが
監督をやってるんですけど

毎話 毎話 いろんなコンビの
漫才が出てきていて

すごい熱いドラマに
なってると思います。

『べしゃり暮らし』
夜11時15分から

よろしくお願いします。

このあと すぐ放送です。


関連記事