アメトーーク! もっと売れたい芸人 見取り図…隠し撮りで大モメ・草薙…相方への本音・千鳥がNG出した若手とは?



出典:『アメトーーク! もっと売れたい芸人』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! もっと売れたい芸人[字]


▽業界注目ニューカマー集結▽かが屋&宮下草薙&納言&Gパンパンダ▽因縁のアルピー平子▽見取り図…隠し撮りで大モメ▽草薙…相方への本音▽千鳥がNG出した若手とは?


詳細情報

◇出演者

【MC】蛍原徹

【ゲスト】アルコ&ピース平子・相席スタート山添・宮下草薙・見取り図・かが屋・納言・Gパンパンダ/千鳥

◇おしらせ

※この番組は放送時間が変更になる場合があります


☆詳しくはコチラ!

 →https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/



『アメトーーク! もっと売れたい芸人』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! もっと売れたい芸人 見取り図…隠し撮りで大モメ・草薙…
  1. ノブ
  2. 一同
  3. 大悟
  4. 草薙
  5. 平子
  6. 山添
  7. 宮下
  8. 盛山
  9. アメトーーク
  10. 一平
  11. 本当
  12. 芸人
  13. 加賀
  14. 賀屋
  15. マジ
  16. 安部
  17. 見取
  18. 絶対
  19. スカ
  20. ネタ


『アメトーーク! もっと売れたい芸人』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

〈今夜は もっと売れたい芸人〉

〈期待の若手から
NG芸人まで勢ぞろい〉

〈ここから
新たなスターになるのは?〉

〈渋野選手
全英優勝 おめでとう!〉

先輩 先輩… 先輩ですやん。
お願いします。

(ノブ)「大悟さん」…。
(平子)ひとつ ひとつ…。

〈今夜は もっと売れたい芸人〉

〈期待の若手から

まあまあベテランまで集結〉

もっと売れたい?
(平子)売れたいです…!

売れたい? まあ そうですね。
お初の方も おるんで。

かなりの お初ですよね みんな。
まあ でも こう見ると

『アメトーーク』では
やっぱり 草薙なんかね

まあまあ 常連ですから。

宮下とが初めてなので 今日。

えっ 宮下 初めて?
(宮下)僕 初です。 コンビで初。

宮下

はじめまして はじめまして。
(一同 笑い)

なあ? ねえ?
いや 草薙ばっかりやからさ。

「渋い」って…。
「渋い」ってなんですか?

昔の 仮面ライダーの
中身みたいな顔して…。

(一同 笑い)

あの古臭い髪形 ないんですよ。
他も いろいろ いてるよ。

1人 先輩がいるんですよ。
アルコ&ピースの平子さん。

僕が ちょっと… 結構
この中だと 上になっちゃって。

みんなは もう
ファンシーな感じで

「売れたいです!
イエーイ!」じゃないですか。

僕は 「売れたいです…!」。

(一同 笑い)
(大悟)違う?

気持ちが違う!
懸け方が違うんで。

ちょっと 噂を聞いてまして。

(ノブ)はいはい はいはい。

平子と この番組の
プロデューサーの加地君が

なんか 出演NGみたいな…。

猫舌芸人っていうので
4年前 出させていただいた時に

やっぱり 売れたいっていう
エンジンがかかりすぎて もう

関係ないところで発言するわ
変な前の出方するわ

しっちゃかめっちゃかに
しちゃって。

帰り エレベーターの前で

加地さんが
この距離で 僕に説教してきて。

(一同 笑い)
いやいやいや…!

いやいやいや…!

めっちゃ珍しいんですよ。
加地さんが…

そんなん言われた事ないやん?
みんなも ないでしょ?

(平子)僕は みんなに
そういう事を言う人だと思って

有吉さんに 1回 相談したんです。
で 僕が欲しかった言葉は

「あの人は みんなに そうだから
気にする必要ないよ」って

言ってくれるかなと思ったら
「初めて聞いたな」って言われて。

だって そうよ。 ないもん。
ない ない ない!

〈まずは 皆さんに
知ってもらうため

メンバーのプロフィールを
一気見せ!〉

〈芸歴20年
太田プロ所属のベテラン〉

(ノブ)「そうですよね!
『THE MANZAI』…」

〈現在 ラジオの
レギュラーも2本あるが…〉

〈これを機に 『アメトーーク』に
呼ばれなくなった〉

でもさ 別に… 別に謝らんでも
いいと思うよ それは そんなん…。

〈結成12年
昨年 M-1決勝進出!〉

〈『ろくでなしBLUES』の
森田先生もファンと公言〉

(盛山)「ありがたい事に はい」

〈関西ではレギュラー6本の
売れっ子だが…〉

腹立つキャッチコピーやな。

〈結成7年の男女コンビ
相席スタート〉

〈相方のケイちゃんは
いい女キャラで人気〉

〈山添も
身長182センチに

爽やかな
ルックスだが…〉

僕は 相席スタートと一緒に

番組とか
やらせてもらってるんですけど…。

山添は まあ ここで言う

それは… ちっちゃい努力です。

〈マセキ芸能社所属

〈リアルな日常コント〉

〈内村さんやジュニアも絶賛!〉

〈2人の

(賀屋)めちゃめちゃうまい事
言ってる。 うまい事 言う…。

〈結成2年
ワタナベエンタ所属〉

〈昨年

〈2人は

〈公認会計士と
税理士の資格を持つ

ボケの星野と

IQ130以上の
ツッコミ担当 一平〉

〈そんな
超インテリコンビなのに…〉

(一平)戦略あるんだから…!
(星野)出たいです。

〈結成2年
太田プロ所属の男女コンビ〉

〈ボケの薄幸は やさぐれ女〉

八王子に用事がある人間
1人もいねえな おい!

そうなん?
(安部)イヤだな…。

〈結成3年 太田プロ所属〉

〈『アメトーーク』でも活躍中の
草薙と…〉

〈しかし

誰が「口だけ番長」…。
ハハハ…。

〈以上が

なるほど なるほど。
そういう事ね。

さあ かが屋。
(加賀)僕たちが ちょっと

正統派みたいな…。
(大悟)ちょっと違うもんね。

(加賀)はい。
…感じになってまして。

そこで受けている
プレッシャーの話などを

「後ほど」? 後ほどね。
ほんなら… 後ほど聞くわ。

さあ 納言!
(ノブ)もう やさぐれてるでしょ?

ハハハハ…!
(大悟)あの子…。

ヘビーやな。

酸素と同じ量 吸うの?

もう 今も やっぱ 吸いたい?
(薄)吸いたい! もう…

こうやってやると
ちょっとタバコっぽくて

気持ちいいんですよ。

やばい やばい! やばいよ!

これ やり出したら終わりやぞ。

相方は童貞なんでしょ?

なぜ その2人がコンビ?
っていう感じになるよね。

面白かったんで
僕が ネタ5本ぐらい書いて

ちょっと組んでくださいって
渡して 組んでもらいました。

2人も今日 初めて?
(安部・薄)初めてです。

初めてで 今
足かきながら しゃべったん?

俺も そう…
ホンマ それは気になってん。

(ノブ)すごいね 幸は。
気になった それは 今。

〈こんなメンバーたちが

いろんな番組に
呼んでもらえるよう

〈まずは
ケイちゃんの陰に隠れている

相席スタート山添〉

そもそも じゃあ

(大悟)確かに。
ケイちゃんがいてるからね。

(一同 笑い)
(山添)そうなんです。

そうなんですよ。 薄いんですよ

僕 とにかく。 覚えてもらえない。

昔から よく言われるのが

出てるよな?
(山添)出てないです。

僕 出てないんですよ。
(ノブ)見た事あるって。

(山添)出てないんです。
やっぱ 男女コンビなんで

ケイさんが どうしても
やっぱ こう 印象 強いと。

エゴサーチしたら「ケイちゃんって
コンビだったんだ」って

ここがスタートなんですよ。
そこで気付かれんねや。

(山添)そうなんですよ。
その先のエゴサーチを探すと

「男の人 シュッとしてた。
でも もう 顔が思い出せない」。

ハハハ…!
(山添)これなんですよ。

で そのエゴサーチで言いますと

僕の事をね
名前は覚えてないんですけど

例えてくる人がいたんです。
その人の例えが…。

(一同 笑い)

うまい! そうや!

「汁」なんですよ 僕。
こんな僕でも

街で声かけていただくような
機会もあるんですよ。

番組で 先輩にイジられた
フレーズを覚えてはるんですよ。

名前は覚えてないんです。

そうやな…。
(山添)前 『アメトーーク』出たあとも

「あっ! 『アメトーーク』
昨日 見ましたよ」。

「意外と背高いって
言われてた人ですよね?」って

言われるんですよ。
(ノブ)なるほど なるほど。

この「意外と背高い」って言ったの
蛍原さんなんですよ。

ハハハハ…! そんなん言うた?
(山添)蛍原さんが それ言うから

僕 「山添」って
覚えてもらえないんですよ。

だから 明日からは 「汁」やろ?
(山添)それ 言わないでください!

「汁」も もう
絶対 出さないでください!

ジャル汁。
ジャル汁です。

そんな僕が
どんな芸人なんかっていうのを

自分の中で分析したんですよ。
ほう ほう… 自分自身を?

こちらです。

(山添)ラーメンで言うと 主役って
麺とスープじゃないですか。

あそこの麺が好き

あそこのスープが あっさりしてて
好きなんよなとかっていう話題

上がるじゃないですか。
(ノブ)ある ある。

でも なるとって
話題には上がらないんですよね。

確かにな。
「あのなるとが好きで行く」とか

ないもんな。
(山添)そうなんですよ。

それが山添なんです。
(大悟)それでいいの?

いいの? なるとでいいの?

だから 今 顔は笑ってますけど
心は泣いてますよ。

(ノブ)泣いてるよな 絶対。
良くないよな。 そうやねんな。

でも 出よう出ようとしても
出られない。

草薙なんか もう 出たくない…
映さないで言ってたのに

目立つという 逆もあるもんね。

俺 逆ですよ。

えっ?
(草薙)俺 逆ですよ。

いや 草薙君なんかは
まさに主役ですよ。

そんなん言いながら やっぱ

俺 麺とスープなんですか?
(山添)うん。 麺とスープ。

で 山添さんが 上に…?
なると。 のってる。

あんま いらないです。
(一同 笑い)

(ノブ)草薙の番組に いらない?
(大悟)山添なると いらない?

(ノブ)草薙の番組ができたとして
いらないよな。

でも なると芸人が じゃあ
どういうとこがいいかですよ。

そうやねん!
(山添)そうですよね?

他の出演者の邪魔は
一切しないです。

他の人が しゃべり出したら
絶対 僕 しゃべりません。

(ノブ)ああ…。
(山添)カンペ しっかり読みます。

(一同 笑い)

いるわな そういうね…。
そういう人も必要やからね でも。

今日は せっかく
こういう機会なんで

ちょっと 僕のわかりやすい
覚えてもらいやすいプロフィールを

持ってきましたので
それを見てください。

(一同 笑い)

めちゃめちゃ おもろいやん!
おもろいけど…。

どこが なるとやねん。

額とか屏風を扱う書画というのを
専門にやっております。

すごいものも…?

画像とかが 恐らく
あるかと思うんですけど。

古美術商の…。
あるの? なんか。

ない? ないって。

(一同 笑い)

そういうの やめよう。
(ノブ)邪魔してるやん。

そういうの
ちゃんとできるのちゃうの?

勝手な事 言いました。

〈続いて
やさぐれ女と童貞コンビ

納言〉

こちらですね
「すすきがワイルド」。

(ノブ)ワイルドやね。
(安部)高校も

ちゃんと
中退してるんですよ。

「ちゃんと中退」?

ちゃんと中退。
「ちゃんと」っていうの?

そう。 農業高校だったんすけど

校則で 3回 停学食らったら
退学処分なんですよ。

で 1回目は 先生とけんかして
停学 食らっちゃって。

2回目が… 農業高校なんで
校内で なんか

いっぱい 野菜育ててるんですよ
生徒が。

で 2回目が 先輩のプチトマト
パクっちゃって。

(一同 笑い)

可愛いな。
(薄)そう。 それで3回目が

先輩 育てた でっかいトマト
パクっちゃって

退学になっちゃったんですよ。
何してんの! もう…。

なんで そんな
トマト需要あんねん。

トマトで退学?
(薄)トマトで退学で。

高校中退で…。

そこから いっぱい
サイゼリヤのバイトしてました。

「いっぱい」?
(安部)時間があるから…。

いっぱい バイトしてました。
いっぱい サイゼリヤで

バイトしとったんや。
(薄)はい。 暇だから 本当

お笑いの養成所 入って。
へえ…。

ちょっと 困ってる事があって。

なんか ネタ前とか 収録の前に
気合 入れるために

バカスカ 自分の体
すごい たたくんですけど

それが もう 強すぎて
毎回 あばら折ってるんですよ。

(ノブ)えー! そんなに?

バンバン バンバンって
すごい殴る癖があるんですけど。

すげえな…。

先週も ちょっと
ネタ番組の収録あったんですけど

もう やりすぎて 今 あばら
ヒビいってるんですよ 今も。

(安部)今 折ってるんです。
(薄)今も折ってるんですよ。

去年のM-1の時も
最中に2回ぐらい折ってて。

(一同)えー!
そうなん?

1回 折るとね
癖になっちゃうんですよ。

(大悟)折れやすくなるって…。
(薄)折れやすくなっちゃう。

毎回 ここ
すごい折っちゃうんですよね。

癖になっちゃう…。
6~7回ぐらい 骨折してるんで

もう私ぐらいになれば すぐに…。

で あばらの骨折って 別に なんか
治療 そんなにないんで

もう 病院とかも行かずに…。
(ノブ)安静しかないんだ。

はい。 安静しかない。
もう すぐわかるんですよ

こんぐらいになったら。 はい。
もう 骨折したなっていうのが。

本番前 手に やわらかいの巻き。

(一同 笑い)

たたいても…。
ボクサーやん。

大丈夫なようなの。

相方を語るうえで
ちょっと 外せないのが

「超大酒飲み」。
(ノブ)出た!

(安部)めちゃめちゃ
飲むんですよ お酒。

ほぼ毎日のように
記憶なくすまで…。

20とかいっちゃうんですよね。

平気で 20杯とか
バカスカ 発泡酒 飲んじゃう。

何 飲むの?
発泡酒ですね 発泡酒。

(一同 笑い)

最高!

自宅の冷蔵庫の写真なんですけど。

(薄)ここに 写ってるのは
たまたま 発泡酒じゃなくて

もっと安い
新ジャンルのビールなんですけど。

カクヤスで 週2で

2箱来るんですよ。
だから もう いくら飲んでも

なくなんない…
なくなんないんですよ これ。

(安部)これ 飲み終わった感じが
こんなですね。

(ノブ)あー…!
(大悟)まあな。

えっ これが
もう 毎日の感じなの?

(薄)これが毎日な感じですね。

足 あざが!

ひざ!
(大悟)あざ!

さっきの話 聞いてなかったら…。

(一同 笑い)

(ノブ)自分でやと
思ってなかったら…。

(安部)最後 ちょっと これ 僕から
本当やめてほしい事なんですけど。

ネタ合わせの時とか

いい案が出てこないなっていう時
あるじゃないですか。

そういう時 なんか 怒って
僕に…。

えっ? ネタ合わせで?
(安部)ネタ合わせで。

どんな感じ?
やっていいですか?

じゃあ 平子さん…。
(平子)えっ 俺? 俺なんだ…。

(ノブ)そりゃ そうでしょ。
そりゃ そうでしょ。

(大悟)がっちりしてるし。
(平子)これはイヤだな…。

ネタを だから 平子さんが
ずっと考えてるんですよ。

どうしよっかな
わからないな…。

あっ…。

痛え… ちょっ…。

ちゃんと痛かったよ。

(一同 笑い)

ちゃんと痛かった?
(平子)ちゃんと痛かった。

幸は いろんな街の女性とか
見てますから。

街をディスるっていうか
そういう漫才をやってて。 はい。

ちょっと 1つ
見せてもらっていいですか?

スーッ フーッ…。

いやあ… 赤羽の女は
全然 ごみの日 守んねえな おい。

(ノブ)そんな事ないわ!
そんな事ないわ!

(大悟)そんな事はないからな。

守りますよ。
めちゃめちゃ守りますけど。

(大悟)どこでも いけるもんな。
(ノブ)幸の偏見ですから。

いやあ… 錦糸町の女は
全然 墓参りに行かねえな おい。

(一同 笑い)

それは関係ないって 別に。
錦糸町。

ねえ 行きますよね。
行くよ。

でも 薄 ワイルドさと 可愛げの
バランスが すごく良くて。

「薄 明日 収録一緒なんだって?」
って話をしたら

「あっ そうなんですか」って
言って

こっち見ずに
「楽しみ」って言うんですよ。

(一同 笑い)
(ノブ)あっ 可愛い!

可愛い!
可愛い一面もあるんですね。

いいやん それ。
(ノブ)同じ事務所なんですか?

太田プロ 一緒なので。
太田プロで一緒や。

ちょっと しゃべり終わったあと
加地さん見るのやめてもらって…。

嘘やん!
(ノブ)今 見ました?

(平子)うるせえ…。

確認した? 確認したの?

確認はしますよ。

(ノブ)同じ事務所なんですか?

太田プロね。 あっ 草薙も?

(草薙)先輩ですね。

たまに
飲みに行ったりするんですけど

もう 草薙君って
私が出会った男の中で…。

(ノブ)ハイボール?
そうなん?

ハイボール飲む…。
えっ 飲みに行くの? それで。

あの… 僕 今
宮下に禁酒させられてるんで

その話 ちょっと…。

(一同 笑い)

プランが…。
プランがちょっとね。

お酒で なんかしちゃった?
(草薙)なんか 僕が お酒を

結構 飲んで 太ってきちゃった
みたいなのもあって。

「お酒 絶対 飲むな」って
言われてて…。

(宮下)やめろよ お前!

(薄)めちゃくちゃ飲むんですよ。
(宮下)今 バレてんじゃん。

相方に 太ってきたから
酒 禁止されるの?

(一平)草薙さんだって
ライブとかで 一緒になって

楽屋とかで しゃべるんですよ。

「やっぱ 禁酒とか まだ
続いてるんですか」って聞いたら

「あっ 全然 家とか
全然バレないよ」

「全然 ガンガン飲んじゃってる」。
(草薙)おい おい おい…。

(一同 笑い)

(一平)案外 心 強いんですよ。
飲んでるやん! じゃあ。

(賀屋)僕も
飲みに行かせてもらった事ある。

(大悟)めちゃくちゃ
飲みに行ってるやん。

っていうか
飲みに行ってるやんな。

あとで…。
(一同 笑い)

あとで… あとで
めちゃめちゃ謝る。

あとで?
あとで めちゃめちゃ… ごめん。

〈続いて 関西で大人気

M-1ファイナリスト
見取り図〉

特に 僕なんですけど
こういう見た目してますから

よう勘違いされるんですよ。
この こわもてなので。

そうやで。
(大悟)パッと見ね。

1週間に 同じ警官に…。

やっぱ 怪しいですよね。
(盛山)同じ警察官に。

ちょっと
勘違いされる事が多くて

「キャッチコピー」。
お笑いの賞レースって

一人ひとり
キャッチコピーを付けて

呼び込むみたいな
演出ないですか?

ある ある。
(リリー)その時 僕が付けられたのが

僕も岡山出身なので。

美術の教員免許
持ってるんですよ。

お絵描き すごい上手で。

だから 「岡山が生んだ
お笑いアーティスト リリー」って

格好いい感じに…。
(ノブ)格好いいやん!

で 相方の盛山君が付けられた
キャッチコピーが…。

僕が…。

(一同 笑い)

(リリー)悪口… 悪口なんです。

『仮面ライダー』とかの敵や。

『仮面ライダー』の敵なんですよ
これ。

それで扉開いて 「どうも!」で
漫才できないでしょ。

「巨漢長髪髭男」。

これでも まだ終わらないんです。
まだいい。

関西のネタ番組で
出させてもらった時も

相方が 「岡山が生んだ
ほんわか系芸術ボケ リリー」。

うれしい感じで。

僕 出身が
大阪の堺ってとこなんですけど。

僕のキャッチコピーが…。

(一同 笑い)

マジで?
(盛山)マジなんですよ。

そんなわけないやん!
(盛山)いや ホンマなんですよ!

大阪は そんな作家しかおらん
って思われるやろ!

今より でかかったんですよ。
今より でかかったんです。

いやいや でかくても…。
(盛山)その時の写真もあります。

どれぐらい?
(盛山)今より

三十何キロ太ってたんで…。

えー!
そんなあったんや。

当時の僕の写真が
こちらなんですけど。

うわっ!
(大悟)でかっ!

(盛山)これですね。
「豚」とかじゃない…。

(大悟)バランスがね。
(ノブ)何? このバランス。

このタンクトップのサイズが…。

(盛山)黒の方ね。
で この海 入る時に

タンクトップ
脱ぐじゃないですか。

ビーチの清掃のおっちゃんが

トング 両手で持って
僕のタンクトップ 挟んで

「誰や ここ
テント捨てたヤツ」って。

(一同 笑い)

そのぐらい でかかったんや。
(盛山)そうです。

僕 これ
テントや思われてたんです。

だいぶ でかいやん テントって。
だいぶ…。

いや でも でかいもんな。

でも やっぱり
東京で売れるためには

ポップな事も
していかなアカンなと。

可愛がっていただかないとね
それはね。

なので ちょっと
僕ら 特技がありまして。

何? 何?

(ノブ)へえ…!
えっ できるの?

(盛山)ちょっと 真ん中
行かせてもらっていいですか?

来て 来て 来て。
(盛山)僕らが…。

♬~「見取り図の」

♬~(2人)「リズムで
あるある言ってみよう」

(盛山)例えば 誰かに ここで すぐ
お題を「学校」とか言われたら…。

♬~「理科室の…」
♬~「水道強い」

…みたいな。
この言われた お題のあるあるを

即興で そのまま返すという。
(ノブ)これ できたら すごいよ。

リリーも大変やん。

上の句 下の句に分かれて
意思疎通できてないと無理なんで。

コンビネーションが
すごいいるんですけど。

(盛山)なので 蛍原さん
僕がこうやったら

何か あるあるのお題
いただいていいですか?

なんでもいいの?
せーの…。

♬~(2人)「見取り図の
リズムで あるある言ってみよう」

テレビ朝日。

♬~「行くと」

♬~「テレビ出れる」

弱いな! 弱い 弱い 弱い…。

出れますやん。 出れる 出れる…。

あるあるやけど。
あるあるは あるある…。

僕らは この早さを買ってほしい。
(大悟)いや もうちょっと…

ここ突いたか! みたいなのが
欲しい。

(盛山)じゃあ もう1回…
ノブさん いただいていいですか?

(ノブ)いいですよ。
(盛山)じゃあ いきます。

♬~(2人)「見取り図の
リズムで あるある言ってみよう」

(ノブ)サッカー。

♬~「蹴ると」

♬~「飛ぶ」

(ノブ)弱いな! 弱いって!

飛びませんか? 飛びませんか?
そういうの待ってないもん。

ほんで…。

いや 大悟さん
そんだけ言うんやったら

下の句 やってみてくれます?
(リリー)1回。

いや いや… お前よりは。
結構 偉そうに言うてたな 大悟。

大悟 偉そうに言うてた。

(盛山)お題いただいていいですか。
(ノブ)オーケー オーケー。

♬~「見取り図の
リズムで あるある言ってみよう」

甲子園。

♬~「行くと」

♬~「勝ったり負けたり」

(一同 笑い)

間も悪かったし。

誰か… 誰もできんやん!
即興 なあ。

お前ら

ちゃんとしてよ こっちが。
見取り図が まず。

(盛山)それ言うんやったら
蛍原さんと大悟さんで

やってみてください 2人で。
上 下に分かれて。

そんなのね できますよね。
そんなもんね

お前らと芸歴違うねん。
(大悟)さすがっていうとこ

見せてやるわ。
(ノブ)これね。

♬~(2人)「見取り図の
リズムで あるある言ってみよう」

『アメトーーク』。

♬~「行くと」

♬~「ひとり」

(一同 笑い)

ちょっと ちょっと…!
ちょっと ちょっと…!

(大悟)今日は!
(ノブ)みんなで…

みんなで頭下げよう。 すみません。

お題がアカンねん。

お題…。
違う… それじゃなくて。

あなたが
それで頭いっぱいやから。

〈続いて 宮下草薙〉

〈口うるさい相方の言動を
草薙が告白〉

宮下君
お笑いに すごい厳しいっていう。

まあ さっきのもな。
「太っちゃダメ」とかな。

そもそも 僕が住んでるアパートの
2個隣に越してきて…。

えっ?
(草薙)夜とか…。

宮下の。
ちょっと来てと。

(ノブ)えー! すごい厳しいね。

マジで…。

次の日
ロケの時だったんですけど

5年ぐらい住んでる近所を…

本当 初見の感じで
4時間ぐらい歩かされて。

えっ 嘘!

(ノブ)ロケの練習?
(草薙)ロケの練習。

それを2人でやるの?
(草薙)2人でやるんです。

で 「この辺 学生さん多いですね」
みたいなの言ったら

「いやいやいや お前 それ

えっ!
なんか 歩くスピード速かったら

「いやいや… それ

嘘!
(草薙)全部 やったんですけど…。

やったんですけど
僕 スタッフとして

草薙のシミュレーションに
付き合ったんです。

いざ ロケやったら
俺のやつ やるの忘れてたんで

真っ白になって プレーヤーとして
何もできなかった。

宮下の方が?
(草薙)俺も俺で 歩いてたら

「すみません もうちょっと
速く歩いてもらえますか?」

って言われて。
(大悟)真逆や。

(草薙)それが
なんにも当たんない…。

今回 だから その…
この『アメトーーク』のシミュレーションを

こっそり 録音してきたやつ…。

えっ?
今回の?

マジで?
これ その…

ごめん ごめん ごめん!
ごめん ごめん!

ごめんね。
いやいや… 怖いよ。

これを
ちょっと聞いてもらいたくて。

〈その音声データが こちら〉

(ノブ)うわっ! 正解や!

「(一同 笑い)」

(ノブ)「見えるなー」。 うわー!

(一同 笑い)

違ってるやん。
(山添)宮下君の想定に

山添がいいひん。
(一同 笑い)

入ってないやん!
(山添)想像してよ!

宮下 宮下! 宮下 入ってないよ!

(宮下)忘れてました。
(山添)俺も入れてよ!

(宮下)すみません…。
(ノブ)これを

いろんな番組でやってるって
すごいね。

なんで こいつ
そんな自信があるの?

これが…
マジで俺もわかんなくて。

(一同 笑い)
なんで そんなに…。

なんで そんな自信あるの?

1回も当たってない…
1回も当たってないのよ。

いや だから 違う…
俺もビックリしたけど

でも 蛍原さんの当たってた。
(ノブ)当たったな。

宮下…。

はじめまして はじめまして。
なあ!

俺 これ知ってたから
あえて言うたの。

(ノブ)あー! うわー!
なるほど!

シミュレーションどおりや!
と思った?

マジでくるんだと思って。
俺の予想が

マジでくる事あるんだ…。
(大悟)今まで当たらなかったのに。

歓喜もありましたし。

これ きついよな 草薙
毎回やられてたら。

やめてほしいんですね
もう 本当に 管理を。

自由に… 自由にしたいよね。

あんま言いたくないですけど
俺 もう その…。

(一同 笑い)

(ノブ)気持ちいい!
気持ちいい戦いやな!

言っていいよ。 言おう! 今日は。

まあ でも その…
僕も追う対象が欲しかったんで。

お前が それだけ
育ってくれたっていうのは

非常にうれしい。
(ノブ)腹立つな。

なんなんすか? こいつ!

(一同 笑い)

「追う対象が欲しかった」?

なんで そんな堂々としてるの?

(ノブ)宮下 なんか

ちょっと ムカついてきたん違う?

宮下の高いプライドが
出だしてるやん。

いや 怒ってないです。
大丈夫です。

何… 怒ってるじゃん。
いや ありがとう。

(草薙)「ありがとう」?
腹立つな! なんか。

腹立つ…!
(宮下)こういう機会をいただいて。

〈続いて 早稲田卒業の秀才コンビ
Gパンパンダ〉

先ほどもありました 一平がですね
IQ130以上でして

IQが20以上違うと 人間って

あー…。
えっ!

(星野)IQが高い人同士で
スムーズに会話をするために

団体作りましょうねっていって
できた

JAPAN MENSAという
団体に所属してます。

MENSA入ってるの?
(一平)ウフフフ…!

「ウフフ」って はっきり言うたな。

年上の女以外から
初めて聞いたわ。 「ウフフ」…。

でも わからんもんな。 その…
「130ある」だけを言われても

賢さが 全然伝わってこない。

僕のすごさは
話したら伝わるらしくて。

話をしたら
MENSAの相手の人に

「お前は MENSAの中でも
多分 賢いぞ」って言われたんで

ちょっと 人づての情報しか
ないんですけど…。

(一同 笑い)

(ノブ)なんか… なんやろう?
なんやろうね?

(一同 笑い)

頑張ってんねん。

相方もすごいんです。
そうやろ? でも 言っても。

すみません 僕はですね

公認会計士と税理士の資格を
持ってるんですよ。

えっ?
(星野)公認会計士っていうのは

国家三大難関資格の1つでして

弁護士 医者と並んで 実は
非常に難しい試験なんですよ。

(ノブ)そうなんや!
(星野)そうなんですよ。

(星野)ありがとうございます。
ただ まあ

そういう
ハイスペックだからなのか

この一平がですね 実は
主催ライブをやってるんですよ。

どんなテーマがあるかというと…。

「箱」? 「箱」?
(ノブ)なんなん? これ。

なんなん? 「人間という箱」って。
議論をわかりやすくするために

人間を「箱」という風に
定義してるんですけど。

結局 雑談とかをしてる時間が
一番楽しいじゃないですか。

人間なんで。
(ノブ)いや なんか…。

(一平)まあまあ…
ここまでは きてください。

雑談 楽しいですよね?
(ノブ)なんか いいけども

なんか 幸ちゃんが
もう だるそうなのよ。

(一同 笑い)

タバコ吸いたいんかいな? なあ?

もうちょっと我慢しい!
もうちょっと。

おかしいよな ずっと さっきから。

(大悟)天才すぎるから
ちょっと変よ。

なんか ワシに
ピースしたりしてるよな。

テレビ すごい映ったんで
ピースしたんです。

そんなん しないよ
タレントは。 ピースとか。

テレビ映ったから
すぐ ピースとか。

でも 初めての
『アメトーーク』だったんで。

嵐の櫻井翔とかが
やってるか? こうやって。

でも 嵐の櫻井翔じゃないから!

(平子)かみ合わねえな!

(平子)会話 かみ合わねえ。

実は 趣味がありまして。
趣味 何?

(星野)食べ物に限らず
いろいろなものの食感を楽しむと。

食感ですね。
食感?

(一平)ああ そうです。
割り箸をかんじゃうみたいな。

鉛筆の後ろとかを かんだりとか
まあ 延長線上で

机とか椅子とか
なんか そういうのも

かんでみたりとかするんですよ。

(ノブ)あいつ おかしいんですよ。
イってるね 一平。

何が1位とか あんねや?
(星野)それが こちらです。

(ノブ)怖いな!
(観客)えー…。

(一同 笑い)

『東京喰種』の話やん。

好みがあるみたいで。
(ノブ)その中にも好みがあるんや。

千鳥のノブさんですね。
(ノブ)絶対イヤ! 絶対イヤ!

絶対にイヤ! ホンマ イヤ!

(大悟)一平が
かみたいって言うてるんやから。

どうしても かみたいよな?
(一平)はい。

ノブの事 かみたいって
言うてんねやから

早く ノブ…。
違う 違う…!

〈という事で

一番イヤかも…。
いく いく いく。 いくよ!

(ノブ)痛っ…!
(観客の悲鳴)

ちょっと待って。
ちょっと待って… 痛っ 痛っ!

長めや 長め。
(ノブ)痛い…。

(観客の悲鳴)

ハハハ…!

(ノブ)ちょっと待って…。
(一平)すみません…。

(ノブ)お前

出た! 今 出た!
(一同 笑い)

(ノブ)初めてです。
初めて… ノブ 初めて 共演NG。

芸能界で初めてです。 NGです。

(一同)うわー!
(ノブ)めっちゃ痛い。

(ノブ)ほんで

(一同 笑い)
(大悟)嫁も疑わんやろ それは。

(ノブ)今日 帰って…。
(大悟)一応

そうやな。
別の心配するやん。

〈続いて マセキ久々の正統派
かが屋〉

まず これを知ってもらいたい
という事なんですけど。

我々 もう… こちらですね。

とにかく ネタが好きという。
(ノブ)ホンマ そうよな。

(賀屋)コントばっかりやってて。
(大悟)面白いしな。

(賀屋)加賀君が 月に100本くらい
ネタを考えてる…。

(ノブ)えー!
月に?

(賀屋)月に。
(ノブ)すごいわ。

(賀屋)1日3本…。
(加賀)はい。 3から4で。

マジで?
(加賀)はい。 そこで…。

(ノブ)ああ…。
(加賀)引き合いに出されるのが

バカリズムさんとか
ナイツさんとかなんで。

久々の正統派が出たと。
(大悟)喜んでるんや。

天然じゃないよな
っていうような…。

もう いらないんだ?
(加賀)いらないよなっていう風な

言われ方をしてて。
もう 噂がすごくて…。

キングオブコントの
決勝に行くのは

もう決まってるって
噂をされてるんですよ。

(ノブ)そりゃ そうでしょ。
(加賀)なんだったら 舞台上に

2人で立って 黙ってるだけで
通るみたいな噂を

流してる芸人さんが…。
(大悟)イヤな方の…

出来レースじゃないかと
言われる方のね。

僕らは もうネタが決まってると。
決勝に行くのは確定してて…。

2本やるんですけど 1本目は

新幹線で友達に会うネタを
やるらしいって言われてて。

2本目が 帰りの新幹線で
全部 伏線回収して

泣かすネタやるって
言われてるんですよ。

僕ら 新幹線のネタないんですよ。
(ノブ)えー!

今の面白そうやったよ?
(賀屋)いやいや… 何1つ ない。

ないんです。
(大悟)なんで 100本も作って

1本ぐらいあるやろ。

唯一 なかったところというか。
(ノブ)ないんや。

(加賀)最近 ネタ番組みたいなのに
出させてもらえるようになって。

その… キャッチコピーって
あるじゃないですか。

まあ 見取り図さんも…。
ああ… あったね。

千鳥さんだったら
「岡山の大漫才師」みたいな。

「漫才番長」と言われてたかな。
(加賀)僕らが その…。

(ノブ)あー!
さっきもチラッと出てたな。

スベったりとかしたら もう

ジュニアさんに
申し訳がないというか。

そういう事もあって
スタッフさんに

「ちょっと キャッチコピー
変えてくれませんか」

って言ったら
スタッフさんが出してきたのが…。

「ウンナンのDNAを受け継ぐ
新世代コント師!!」

(一同 笑い)
(ノブ)これは でかすぎるな。

これも ちょっとな 大先輩な…。

(盛山)格好いいからいいやん。

(一同 笑い)
(盛山)ええやん 全然 格好いい…。

「巨漢長髪髭男」?

(賀屋)大先輩が関わってますから
これは

ちょっと プレッシャーが
すげえ感じてて。

「お笑い第七世代」という言葉が

最近 若手芸人の中で
はやるようになりまして。

こういう雑誌があるんですけど

霜降り明星さん 表紙で
ミキさんとか EXITさんとか

ゆりやんさんとかが出てる
この雑誌。

裏表紙が僕たちなんです。
(ノブ)出た! いや 格好いい!

しかも チャンピオンとか
なってないのに。

すごい すごい!

占ってるみたいな なあ? 次の。

なんで ここ…
裏表紙が僕らなのか。

いや だから キングオブコント
とると思われてんねや。

(ノブ)そういう事よ。
(加賀)本当に やめてほしくて。

でも その裏表紙 見せて。
(賀屋)はい。

(大悟)お前らも
まんざらじゃない顔付きしてる…。

(賀屋)いやいや…!
違うんですよ! 違うんですよ!

これが裏表紙になるって事
知らなかったですし…。

〈続いて 久しぶり
『アメトーーク』出演

アルコ&ピース平子〉

こちらなんですね。

イメージあります。
(平子)思われてるんですよ。

大きな理由の1つとして…。

(大悟)ちょっと でかい…。
まあ ちょっとね グッとね。

ただ 僕
ジムも 一切 行っていませんし

格闘技関連も 一切 習ってなくて

ガタイが がっちりしちゃってる
理由っていうのがありまして。

僕 5歳と7歳の
娘と息子がいるんですけども

パパ遊園地という遊びが大好きで。
(ノブ)「パパ遊園地」?

写真が これなんですけども。
(一同)うわー!

(ノブ)でかっ! パパでかっ!

上げて ゆっくり下ろす。

子どもだから
10回以上は やんなきゃいけない。

そうやね。
「もう1回 もう1回」なる。

この ゆっくり上げて
ゆっくり下ろすという動作が

パーソナルトレーナーの方に
言わせると

だからだ!
(平子)そうなんですよ。

それで… パッと見は 本当に

恐怖のゴーレムに見られる事は
あるのかもしれませんけども

よく見てもらえると
ここで小鳥が遊んでるような…。

何? わからん…。
(平子)ゴーレム。 何?

例えが わからないよな。
ここの 小鳥に焦りすぎて

ゴーレムの手前も
なんか かみまくってた…。

ごめん ごめん。
シンプルに言うから ごめんね。

(一同 笑い)

なんなん? あれ なあ。
なんか 決めにきた感じしたな。

センス…。
センス 決めにきた感じはした。

憧れの芸人さんって
いると思うんですけど

僕ね 渥美清さんなんですよ。
(ノブ)渋っ!

まあ 今のバラエティーの
立ち振る舞い方が難しい 難しい。

なんせ 寅さんになりたいから…。

他の芸人さんとかじゃ
ないんですね。

普通 「ダウンタウンさんに憧れて」
とか…。

ウッチャンナンチャンさん
ビートたけしさん。

ホンマに渥美清さんですか?

いや 渥美清さんですよ。
寅さんを小さい頃から見てて…。

でも 中学校ぐらいの時
僕らより 年 ちょっと上やから…。

松っちゃんです。
松っちゃん 松っちゃん!

(一同 笑い)
(平子)松っちゃんですよ!

なんで それを
最初に言わへんねんっつってんの。

(ノブ))「ダウンタウンさん」で
いいやん。

そこが とがってるっていう…。
そういうところ?

あとは 芸人付き合いっていうのが
ほとんどなくて。

ああ そうでしたっけ?
(平子)後輩と つるんだ事が

一切ない。
こっちから 「お前 ちょっと

今日 飲みに行こうぜ」も
一切 言った事がない。

ないんですか? 平子さん。
(平子)そんな僕に

1人 ようやく 後輩ができて。

へえー!

(平子)連絡を取り合って
それが…。

(ノブ)えー! そうなんや!

これが その時の写真…
焼き鳥 食べた

草薙の写真なんですけども。
(ノブ)うわー 笑顔や。 可愛い。

他の芸人と草薙の違うところって

みんな大体 番組の愚痴だったり
芸人の愚痴だったりを言いながら

それで 酒 飲むじゃないですか。

草薙はね
誰かへの感謝を語るんですよ。

ああ…!
いい酒だ。

誰かへの感謝を語って
僕は おいしく ハイボールを

それを聞きながら
グーって飲むんですよ。

全然しゃべらないから
平子さんが。

(ノブ)そうなんだ?
えっ そうなの?

マジで この人は
集合から解散まで

1回も 面白い事 言わないです。

(一同 笑い)
(平子)違う 違う 違う 違う…。

それは きつい。
草薙が逆に 気ぃ使うぐらい…?

めちゃめちゃ気ぃ使って 僕が…。
その前に…。

なんか その…。

あっ そうなん?

ちょうど 草薙が

この『アメトーーク』とかで
忙しくなった時に

財布を見たら
ボロボロだったんですよ。

僕も 昔 有吉さんに

財布をいただいたりした事が
あったんで

これから もっと 仕事 ちゃんと
忙しくなるように験を担いで

財布 新しくした方がいいよ
って言って

一緒に お買い物に行ったんです。
(ノブ)へえー!

(平子)僕も 本当に楽しくて。

宝石のような時間だと思って
過ごしてたんですよ。

ごめん ごめん。

(一同 笑い)

いいよ 気にしなくていいよ。

「地球のコア」とか
「宝石の時間」とか

いいんですよ。
(平子)ごめん ごめん ごめん…。

一緒に そのあと
お寿司屋さんに行って

古い財布と 新しい財布の
入れ替え作業とかを

一緒に こうやってやってて。

新しくなりましたよっていうのを
本当に本当に楽しくて。

(大悟)草薙は楽しくなかったの?
楽しかったやろ?

今の話やったら なんか
財布 買ってもらったから

無理やり喜びましたみたいな…。

(ノブ)「はい」?
(草薙)いや 楽しかったですよ

俺は本当に。
平子さん 俺 本当 楽しくて…。

違う 違う 違う… でも…。

(平子)パパ遊園地? いいよ。

よし よし。 こうやって… よし。

よいしょ。 よいしょ!

(観客)おお…!
(平子)うわー! って…。

(平子)わあーっ!

(一同 笑い)

パパ遊園地 絶対 こっちやんな。
なんで 見た事ない なんか…。

(一同 笑い)

1人やから。

こっち草薙で こっち山添とかも
いけたんですよ。

そう 山添はでかいと…。
こうやって…。

間に挟まれて しゃべってはる時の
僕 見ました?

完全に なるとやったでしょ?

(一同 笑い)

全然 気になれへんかった。
気にならなかった。

隣でしゃべってるみたい
やったでしょ?

ねえ 隣みたいやった…。

さあ ここでですね

この収録前にですね
何組かのコンビに

『アメトーーク』の
出演が決まったら

どんな反応をするかっていうのを
隠し撮り…。

あっ 初めても多いんで?
そういう事でございます。

〈大阪

〈まずは 仮で入っている嘘企画

ポスト千鳥芸人について
心境を聞いてみる〉

大悟さんと…。

ダイアンさんとか
かまいたちさん…。

天を見ながら。

〈このあと
仮バラシに 怒り爆発!〉

〈更に 草薙の

「“ビッグビジネス"…」

〈『アメトーーク』の

〈番組プロデューサーから
マネージャーに

出演キャンセルの電話を〉

〈見取り図は

(マネージャー)かしこまりました。

ありがとうございます。

ちょっと待って…。

(ノブ)「イヤやな」

(大悟)「また遠のいた
って感じやもんな」

(一同 笑い)
(ノブ)全てが?

〈ここで…〉

「(一同 笑い)」
(大悟)「怖っ!」

〈ちょっと うれしそう〉

怖い 怖い 怖い 怖い…。
どういう事ですか?

えっ 『アメトーーク』は
確定っすよね?

よっしゃ!

なんでも ええんやないか お前。

別に千鳥でなくても
ええんやん。

あのVでは
使われてなかったんですけど

結構 暴言吐いてた。
(盛山)絶対 テレ朝

ダンプカーで突っ込んだる…。

(一同 笑い)

なんでやんねん!
(ノブ)絶対すな!

でも ワシも 盛山が

ポスト千鳥芸人って聞いてる頃に

ワシと飲みに行った時に
言うてきたんやな 多分。

そうです。 あの時 仮で…
スケジュールでは仮で

ポスト千鳥芸人…。
「千鳥芸人が入ってました」って。

ワシは ポスト千鳥芸人なんか
まず 聞いてないから

逆に 「ああ そうか」って
こいつには スカしましたけど

ポスト千鳥芸人? って思って。

大悟は大悟でな その時。

いつ? いつ やるの? って…。

〈続いては…〉

〈宮下草薙 宮下〉

〈そして 仕掛け人は
草薙が担当〉

〈草薙いわく 通常 宮下は
この手の報告をすると

「あ そうっすか?」と
スカすらしいが…〉

「スカすの? そうなんや」

スカす感じのを
あれしたいんですもんね。

(スタッフ)はい 撮りたいですね。
スカさないと思う…。

ああ 逆 逆にいくと。
(草薙)絶対 逆 いくんで。

(大悟)ああ なるほどね。
(草薙)はい。

〈初の仕掛け人に緊張の草薙〉

〈なぜか グルグル回り続け…〉

(草薙)「仕掛け人とかが初めて…」

〈一体 何をしているのか?〉

(大悟)「バターなるぞ お前」

〈マネージャーが帰ってきても
止まる事なく 回り続ける〉

(ノブ)「すごいな!」

「うわ 目 回ってきた
目 回ってきた」

〈なんと 7分で33回も回った〉

〈ここで

〈スカしたシーンは
撮れるのか?〉

〈ここで

〈スカしたシーンは
撮れるのか?〉

〈本当に 草薙が言う
欲しい画は撮れないのか?〉

(宮下)コンビ?

「もっと売れたい芸人」。

〈笑いをこらえる草薙〉

〈スカさないので
2人きりにして 様子を見る〉

うん?

うん。

やったな。

何回 言うの?

何回 言うの?

(一同 笑い)

俺のプランだと
1年ぐらい…。

フフ…。 コンビアメトーーク?
(宮下)うん。

(大悟)「“見付ける"?
俺を? 俺をって事?」

(大悟)「宮下を」って事?
何 言うてんの?

(大悟)あなた 隠れてました?
こんなに すごいとは…。

(ノブ)自分で すごい宝石が
隠れてると思ってたんだ。

(一同 笑い)

(草薙)
なんか言うんだよ こういう時。

お前が
いつも教えてくれるじゃんか。

(一同 笑い)

そうやな。 そうや そうや。
合ってる。 草薙が合ってる。

すげえな! お前。

〈田中 稲田 新旧 夢の共演。
一体 何?〉

〈次週は お休み〉

〈22日は ご覧のメンバーで
ピンポイントアカデミー開催〉

不細工の歴史に
ピリオド打っちゃった…。

〈次の29日は
不細工 第七世代が集結〉

〈顔面イケてない芸人〉

すげえな! お前。

〈田中 稲田 夢の共演が実現!〉

〈目指せ キモ可愛い〉


関連記事