林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃&3分授業】ガムテープで起こる驚き現象…


出典:『林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃&3分授業】』の番組情報(EPGから引用)


林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃&3分授業】[字]


【パリコレ学】世界的トップモデル冨永愛によるウォーキング指導!学院生が次々に激変▼夏に涼しい髪型は坊主よりアフロ▼中島健人が実験!ガムテープで起こる驚き現象


詳細情報

出演者

【賢人】 林修(予備校講師) 【初耳コンシェルジュ】 大政絢 【ゲスト(50音順)】 赤ペン瀧川 emma 澤部佑(ハライチ) 千原ジュニア 中島健人(Sexy Zone) 蓮佛美沙子 【VTR出演(50音順)】 アンミカ 藤田憲右(トータルテンボス) 冨永愛

◎この番組は…

物知りな人が「知らなかった!」と思わず唸る雑学…それが「初耳学」。番組では日本全国1億3000万人から、これぞという初耳学候補の情報を大募集。そのなかから厳選したネタを、賢人代表・林先生に出題する。林先生が「知らなかった!」と申告したら出題者の勝利。物知りの林先生も知らなかった珠玉の情報はVTRで解説、知っていた場合VTRはお蔵入りとなり、出題されたネタは林先生が自ら“生授業”で解説する。

公式SNS

◇番組HP

http://www.mbs.jp/mimi/

◇ツイッター

@hatsumimigaku

https://twitter.com/hatsumimigaku

ハッシュタグ「#初耳学」

公式SNS2

◇フェイスブック https://www.facebook.com/hatsumimigaku

インスタLINE

初耳学のインスタ&LINEスタンプが登場!! 【公式Instagram】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/ 【公式LINEスタンプはこちら!】 ★スタンプ→初耳学で検索 https://store.line.me/stickershop/product/1284267/ja

募集中

■□■初耳ネタ受付中!!■□■ 番組では世の中でまだあまり知られていない情報やとっておきの知恵などを募集中!!あなたの知識を「初耳学」に認定されてみませんか?

募集中2

↓↓応募はこちら (・ω☆)キラリ http://www.mbs.jp/mimi/


『林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃&3分授業】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃
  1. 冨永
  2. 澤部
  3. 中島
  4. アンミカ
  5. 田中
  6. ジュニア
  7. 林先生
  8. カッコ
  9. ホント
  10. 今回
  11. 作品
  12. 三根
  13. ウォーキング
  14. ポージング
  15. 大村
  16. 瀧川
  17. emma
  18. 一同
  19. 最後
  20. 自分


『林先生の初耳学【林先生が生徒に読ませたいベストセラー著者に直撃&3分授業】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

それでは 問題に まいりましょう
林先生 これ 知ってますか?

(ナレーション)今…。

例えば こちらの美容室…。

なんと…。

(蓮佛)え~ 初めて見た。

カットは もちろんのこと

ブローも ハンモック。

さらに…。

今…。

実は 今…。

…も あるんです。

そのため 各美容室が…。

こちらの美容室が行っている
サービスは…。

(澤部)何?

そして こちらの美容室

実は…。

(女性)早いので そんなに…。

そのため 全体を染めても
2920円という激安価格。

競争が厳しい中でも
年々 店舗を増やし…。

…するまでに成長を遂げたのです。

≪すごい!≫

続いては…。

こちら…。

なんと…。

夜は…。

(中島)どういうこと?

しかし 料理人が ただの副業で
やっているわけではなく。

(見崎さん)あるんですよね。

(emma)食べたくなりますね。

一方…。

集客アップに
つながっているんです。

5000円の
トリートメントチケットが無料。

カットとか カラーとか
組み合わすと。

ハハハハハ
いいリアクション。

それでは ここで 髪形に関する…。

先日 新潟で 令和初の
40℃に達するなど

連日 厳しい暑さが
続いていますが

実は…。

(澤部)ウソだ。

≪暑そうなのに≫

暑そう。

…の方に集まってもらい。

あっ!
(澤部)藤田さん!

直射日光を受け…。

(スタッフ)プラス4.2℃。

(藤田)うわ 4℃
それでも 4℃ 坊主で。

坊主は 10分間で 4.2℃上昇。

(スタッフ)短髪の方が 11.3℃。

なんと 短髪は…。

坊主よりも短髪のほうが
温度が上がるという 意外な結果。

そして…。

(スタッフ)藤田さん プラス0.9℃。

0.9しか 上がってないんですか。

おぉ。

断トツで低い…。

なぜ アフロの温度上昇が
一番少なかったのか?

さぁ 林先生 知ってた?
それとも 初耳?

(観客)えぇ~?

(澤部)ホント?
何で?

(林)あるテレビ局の…。

以前だったら…。

…っていう話を
この間 したばっかりなんですよ。

そういうことですね 結局…。

(ジュニア)そういうことか。

クーラーの効いた部屋から
出てくれば

その冷気が しばらく
頭に たまってますから…。

天然の帽子をかぶってるような
状態だから。

林先生 その説明…。

お見事です。
(中島)すげぇ。

(拍手)

(澤部)確かに。
(emma)確かに 確かに。

林先生のドヤ顔知識。

ちなみに 今回の実験で
日光を じかに受ける坊主より

多少なりとも
直射日光を遮るはずの短髪が

より温度が上がったのは
なぜなのかというと。

一方…。

その黒髪の…。

(ジュニア)なるほど。

パリコレ学に…。

自らの…。

(中島)マジ?

続いての問題に まいりましょう
林先生 これ 知ってますか?

今 誰しもが使ったことのある
身近なものを用いた作品が

世界中のアート業界で話題に。

こちらが その作品。

描かれているのは 渋谷の夜景。

すごい。

実は この作品。

絵の具?
何だろう?

全て 文房具の丸シールで
作られているんです。

アートだわ これは。

この意外な発想で作られた
丸シールアートは…。

こちらの作品は
上海の超一流ホテル…。

(ジュニア)すげぇ。

テーマとなるのは

多くの人に なじみ深い
夜景ばかりですが。

≪面白い≫

では ここで けんてぃーと
emmaさんに…。

これは…。

(ジュニア)
もう いけるやろ いけるやろ。

いけ いけ いけ いけ!
えっ?

時計だよね。

あぁ 銀座?

ということで…。

こちらが…。

その作業は 至って シンプル。

細かい。

(大村さん)そうやっていくと…。

こちらの…。

かなり神経を使う…。

この丸シールアート
最大の弱点は…。

(大村さん)そういうときは

黄色の真ん中に 白を貼って。

近場で見ると…。

(大村さん)…に見えてくる。

印象派の手法ですね。

近くからではなく 遠くから見る
作品であることを利用し

限りあるシールを組み合わせて
色を生み出しているんです。

そして 今回 番組のために
作ってもらった作品が

こちら。

≪あっ すごい≫
≪うわ~!≫

上空に
番組ロゴの花火をあしらった

レインボーブリッジの夜景。

これは すごい。

そもそも 大村さんは…。

結構 早い段階から気付いて。

(大村さん)…っていう気持ちが
強かったんですね。

(一同)へぇ~。

それでは ここで
文房具に関する…。

シールと同じく
物を貼り付けるときに使う…。

実は ガムテープを使って…。

起こせるんです。

その方法は…。

では…。

(ジュニア)えっ?
(澤部)何? これ。

さぁ 林先生 知ってた?
それとも 初耳?

(澤部)知ってんの?
(観客)えぇ~?

(澤部)これ 知ってんのかい。

部屋を真っ暗にして やれば
もう すぐ 結果は分かります。

(澤部)えっ?

ビッて やった瞬間に
こう ピュっと…。

ウソ。
≪光る?≫

(澤部)えっ?
(瀧川)全然 知らない単語。

まぁ 静電気ですよね はい。

静電気で… 剥がすときに
結構 力 いりますよね。

そうすると 力かかるわけですから
無理やり 剥がすときに

加えた力が
どっか いくわけですね。

それが電気の形で放電されて
それで光るんではないかと。

(一同)へぇ~。

林先生 その説明…。

お見事です。

素晴らしい。
有名ですから。

林先生のドヤ顔知識。

くっついた…。

実際に…。

スタジオを暗くして…。

(中島)いきますよ。
では 健人君 お願いします。

(一同)おぉ~!

(ジュニア)ホンマや!

≪すげぇ≫
≪すごい≫

(一同)おぉ~!

(ジュニア)ホンマや!

(中島)見たか。

暗い 暗い!
暗い!

(中島)ルミネッセンスか。

ルミネッセンス!
ルミネッセンス!

(澤部)これは恥ずかしい。
(中島)恥ずっ。

前回 トップモデル…。

…を行った。

そして…。

(アンミカ)
どうぞ こちらへ お願いします。

いつ見ても
カッコいい。

カッコいい。

今回 ぜいたくにも
世界のトップモデル 冨永 愛が

自ら ウォーキングをしながら
直接指導を。

何か ちょっと オーラが違う。

最後に 冨永 愛が…。

これは 世界のトップモデルしか
立つことが許されない

夢のファッションショー
パリコレクションを目指す物語。

その後…。

…を果たす。

すご過ぎる。

1期生には 世界を魅了した
そのポージングを披露。

うわ~!

≪すごい≫

今回は さらに
モデルの命 ウォーキングを

身をもって 指導したいという。

(瀧川)
すごいな。

(アンミカ)実際に…。

見たい。

まずは…。

うわ~。

♪~

力強い。
≪きれい≫

♪~

(中島)うわ。
(ジュニア)うわ~ すごいね これ。

(澤部)きれい。

♪~

(emma)カッコいい。

美しい。

♪~

(中島)風格が もう。
これは ずっと見てられる。

♪~

(拍手)

(丸山)カッコいい。

(アンミカ)冨永さん
ありがとうございました。

(学院生たち)
ありがとうございました。

(冨永)…って思ったんです。

というか…。

こう 動かさないで歩くウォーク
って あるんですけど…。

大胆に歩いていいんじゃないかな
って こう ガスガス。

前回 冨永 愛は
裏で 一部始終を見ていた。

♪~

うん。

(冨永)モデルが やっぱり
怖がって歩いてたりとか

危うい感じで歩いてると

そっちのほうが
気になっちゃって…。

冨永 愛は 自身のノウハウを
伝えたいと直接指導を。

(冨永)もしかしたら…。

片足で支える
例えば ヒール履いてるでしょう。

ポージングするときって
片足立ちするときあるでしょう。

体幹 すごっ。
(ジュニア)うわ~。

≪全然ブレない≫
(ジュニア)すげぇ。

これを支えていく筋肉が

例えば こうね ポージングをする
そういった…。

(久貝)はい。
あぁ~。

…と思って。
はい。

(久貝)はい。

(冨永)
もっともっと もっともっと。

もうちょい 大胆に
大胆に いっていいよ。

あっ でも 何か

カッコよく感じる。

もう 全然 違うやん。
(澤部)ホントだ。

(冨永)そう! そう。

恐れずに足を出そう。

そうそうそう。

あとは筋力か。

(冨永)よくなった。
(アンミカ)うん。

力強い状態になってきた。

≪うん すごい変わった≫

(冨永)はい。
(アンミカ)はい うん。

すっごい。

(アンミカ)ねっ。
うん。

ありがとうございます。
(アンミカ)ありがとうございます。

冨永 愛が 選ぶ…。

世界的…。

続いては…。

前回は…。

♪~

≪難しい≫

(中島)厳しい。

ポージングや 顔の残し方の古さを
指摘された三根に。

(冨永)ちょっと…。

(冨永)そうそう そうそう。

そうそうそう。

ターンも… ターンも男っぽく。

(冨永)そう。

(冨永)仁王立ちして ガッ!

…で 振り返る。

おぉ~。
≪違う≫

違うわ。

(アンミカ)うん 感じる いい顔してる
ありがとうございます。

すごい! ちょっとのことで
こんなに変わるんだ。

ポーズに迷いがあり

顔を残し過ぎと指摘された
三根だったが。

男らしく歩き
ポーズの迷いが消えたことで

堂々としたウォーキングへと
変化した。

≪すごい変わった≫
≪確かに目線が行く≫

よかったですよね 何か…。

…って面白いですよね。

というところは
すごく よかったと思ってます。

(三根)ありがとうございます。
(アンミカ)ありがとうございます。

続いては…。

前回 癖のあるウォーキングに
目が行き

服を見せられていないと
不合格だった。

ちょっと…。

ちょっと…。

(冨永)例えば 爪先に こう。

爪先に こう のせていく感じって
できるでしょ?

(冨永)ちょっと…。

(冨永)す~って行く感じだと
きれいなのかも。

あっ でも スカートが
すごい なびくようになってる。

(アンミカ)うん 変わりましたね。
(冨永)うん。

平田は 冒頭で…。

でも…。

…なのかもしれないですよね。

そういうことかな。

(平田)ありがとうございます。

そして 自分の ふがいなさに
涙を流した…。

上半身に力が入り過ぎ
硬くなったウォーキング。

さらに ポージングにも
迷いがあると指摘された。

やっぱり こう…。

(伊藤)はい。

(中島)そっか 表情が
いつも硬いのかな。

難しいな。

はい。

(冨永)そうそうそう。
(アンミカ)それぐらいのほうがいい。

あぁ~ 雰囲気がある。

(アンミカ)はい すごい
よくなりました OKです。

よかった 笑ってくれて。

ありがとうございます。
(アンミカ)ありがとうございます。

いざ…。

こうして 丸山敬太プロデュースの
着こなし審査が終了。

最後に ずばり…。

冨永 愛に 聞いてみた。

これは選ばれたい。

まず…。

≪うれしいね≫

冨永 愛が 評価した1人目は…。

岡本さん
カッコいいもんな。

存在感がヤバい。
いや 確かに きれい。

岡本さんは 本当に…。

それでいて やっぱり…。

(岡本)ありがとうございます。

はい。

で もう1人は…。

≪誰だろう?≫

マジ? マジで?

三根さん!

やっぱり…。

…のかなと思います。
はい。

(冨永)何か すごく…。

ありがとうございます。

パリコレに挑戦できるのは
たった…。

すごい。
えぇ~ もうすぐですよ。

いや~ やっぱり…。

…というか なかなか
ないことだと思うので

単純に 私も見てて…。

三根さんが 最後
注目されてたじゃないですか。

今までの回で 三根さんって
そんなスポット当たること

なかったんですよ。
(澤部)そうね。

その中で…。

(ジュニア)そうやろうね。

日本一の現代文講師
林先生が…。

さらに…。

今回 林先生が選んだ本が…。

実は この本…。

…したベストセラー。

この本の作者は
元電通のコピーライターである…。

印象的なメッセージを
ギュっと まとめて作ると。

もう ホントに…。

僕も 仕事柄 物を書くこと
そして 読むことには

とことん
こだわりのあるほうですから

すぐ 手に取りましたら まぁ…。

(澤部)「面白くて仕方がない」。

これ ホントに大げさではなく…。

というふうに思っております。

著者の田中さんは
コピーライターとして

日本最大の広告代理店
電通に 24年間 勤務。

「失業家」って初めて聞いたな。

その2つを。

夏休みの読書感想文や
SNSに すぐに生かせる

言葉のプロ直伝の文章術が
詰め込まれている この本。

生徒 たくさん いますけどね。

そこには…。

じっくり読み込んだ林先生が
これは使えると感心したことが。

(田中)はいはいはい。

志望する会社に 自分を
PRするためのエントリーシートは

通常 このように
ぎっしり書き込むものだが

田中さんが…。

こちら。

ハハハ!

自己PR ひと言
「トラック運転手」ですよ。

(田中)そうなんですよ。

ちょっと行き過ぎかなとも
思いますし

頭から 受け付けない会社も
あるでしょうけど

でも 内定が 何社から
出たのも間違いない。

そして…。

エントリーシートに 何行も ぎっしり
書く人いるじゃないですか。

何百人の学生 見る
面接担当の人って

もう
見たくないと思うんですよ。

自分が経験して
これだけは分かるよ

これだけは ちょっと
得意かなっていうことを

1行…。

でも 分かりやすい。

書くことの本質を分かりやすく
端的に表現している この本。

中でも…。

これは
なるほどと思ったんですけれども。

(田中)
全然 調べてないですね みんな。

何かを書くときに…。

…っていうのが まぁ
物書くって行為ですけど。

それで…。

これも いい言葉ですね。

ツイッターでも…。

…と思いますよね。

見たことあるかも アハハ。

(田中)
そうなんですよ そのときに…。

…する人は多いと思いますが

それだけでは…。

こちらが 5万人のフォロワーを
誇る 田中さんのツイート。

どの投稿を見ても

自分の気持ちが
述べられているのは

最後の1文だけ。

つまり…。

これこそ
人に読まれる文章

人に響く文章の
基本だという。

ホントに ちょっとですね。
いや こんなもんですよ。

(中島)そうなんですね。

しかし…。

と思って…。

(田中)そうなんですよ。

それは。

そうか。

でも それって 普段 ネットで
こんなことばっかりやって

情報を得てる人からすると…。

(田中)そうですよね。

こっちが…。

(田中)「えぇ それは…」。

(田中)って 逆に
聞いてくれるんですね。

そうすると
その資料 持ってきてくれるし。

僕 ホントに…。

そして…。

生徒 たくさん いますけどね。
ありがとうございます。

(拍手)

私も 確かに インスタじゃなくて
ツイッターのほうとかで…。

ちょっと まずいなって ちょっと
当てはまってるなって思いました。

いよいよ…。

6万部を突破した
今 話題のベストセラー

『読みたいことを、書けばいい。』。

林先生が
1時間半の取材で感じたのは…。

…と この本で 田中さんは
述べられています。

もう VTRにもあったように…。

こうやって…。

もう 実際…。

しかし
文章を書いたからといって

みんなが うまく
起業できているわけではない。

むしろ 何かを…。

…といったら 僕が思うに

田中さんが…。

何か伝えたいことがある
こう思った こう感じた。

でも それを並べてしまったら
読んでるほうは

途中で嫌になるんです。

そのためには
どうしたらいいかといったら

まず1つの原則として…。

…という
あのセリフになるわけで。

しかも
その調べるに当たっては…。

…も ここで おっしゃっています。

これもね…。

この 今…。

そうやって…。

文章で 人との関係を開くことが
分かってる人だからこそ

あのエントリーシートにも
なったんですよ。

めったにないような…。

つまり…。

物を…。

「えっ? 書くこと
だけですかね?」 違うんですよ。

とすると 実は…。

へぇ~。

「何だ あいつは」と思われて…。

「何だ あいつは もう
あんなヤツは」っていって…。

そんな中でも…。

…だと思ったので
今回 ご紹介しました。

(拍手)

なるほど。

毎回 思うんやけども…。

いろんな もっと書いてあるから。
(中島)本を読めば

いろいろ書いてあります。
(澤部)もっと すてきなことが。

ここで…。

俳優さん 女優さんの交友関係
チェックするに当たって

見逃せないものがありまして。

それが 楽屋の暖簾。

まぁ あるじゃないですか
舞台とかやると

みんな 暖簾
はってますよね。

(瀧川)こちらをご覧ください。
(中島)それはレアだ。

うわ!               (瀧川)大
親友の

新垣結衣さんから
プレゼントされたという。

くれました 作ってくれて。
(瀧川)仲良しなんですよね?

仲良しですね すごい…。

基本 でも…。

今夜のゲスト 蓮佛美沙子さんが
親友…。

何して遊ぶんですか?
基本 でも おうちで…。

(ジュニア)ほんで ちょっと…。

(蓮沸)あっ そうですね。
(澤部)プライベートなの? あの映像。

(スタジオ:蓮沸)8月30日より
赤坂ACTシアターにて

ミュージカル『ドン・ジュアン』が
開幕いたします。

私は Kis-My-Ft2の
藤ヶ谷太輔さんが演じる

ドン・ジュアンと恋に落ちる
マリアを演じます。

ぜひ 劇場に お越しください
お待ちしています。


関連記事