1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノジュンコ決闘SP・高嶋ちさ子美女軍団に波乱…



出典:『1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノジュンコ決闘SP』の番組情報(EPGから引用)


1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノジュンコ決闘SP[字]


嵐の24時間テレビ真実!15年前に相葉が大号泣!!歴史を変えた手紙▽星野源が告白!暗黒の高校時代▽福原愛が緊急来日!二児のママ激動私生活▽高嶋ちさ子美女軍団に波乱


詳細情報

出演者

【MC】東野幸治【アシスタント】川田裕美

【ゲスト】櫻井翔、羽鳥慎一/星野源/コシノジュンコ、福原愛/高嶋ちさ子

【今どきの芸能人】岡田結実/菊地亜美、ファーストサマーウイカ、ゆきぽよ

【1周回ったひな壇ゲスト】はるな愛、西村知美、山崎弘也、山田美保子

番組内容

東野MC芸能界・テレビ界の1周回って知らない話が満載の2時間!!▽2020年活動休止!嵐15年前の24時間テレビ超貴重シーンに大爆笑&SPEED・TOKIO・モー娘・SMAPも▽星野源が9年前から追いかける美女を初告白!!不登校3か月の闇時代も▽福原愛が“魔女”コシノジュンコの自宅へ!謎の交友関係・私生活&24年ぶり本気の卓球対決▽高嶋ちさ子美女バイオリニスト軍団で壮絶スタメン争い▽伝説の鳥人間その後

監督・演出

【企画・演出】内田秀実

制作

【チーフプロデューサー】倉田忠明

【統轄プロデューサー】原 司

【制作協力】いまじん、アンメック、オンリー・ワン



『1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノジュンコ決闘SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノ
  1. 星野
  2. コシノ
  3. スタジオ
  4. ホント
  5. 櫻井
  6. 羽鳥
  7. 川田
  8. 福原
  9. 疑問
  10. 今回
  11. 今年
  12. 山崎
  13. 年前
  14. ウイカ
  15. 東野
  16. スタッフ
  17. 現在
  18. 時間テレビ
  19. 裕美
  20. コシノジュンコ


『1周回って知らない話 櫻井翔&星野源のルーツ…福原愛VSコシノジュンコ決闘SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

今夜のゲストは この方々です
どうぞ。

♪~

♪~     (拍手と歓声)

<今夜は
日本テレビ夏の二大特番…>

<さらに 人気者の…>

<櫻井 翔が嵐の分岐点と語る…>

(櫻井) 結構…。

え~!

<さらに 星野 源が…>

<…を告白>

こういう感じで来るってことは
つまり…。

分かるでしょ
どう考えても分かりますし

嵐のメインパーソナリティーは
5回目。

櫻井君だけでいうと6回目。
はい。

一番多いんですか? パーソナリティーで
いうと 6回っていうのは。

(羽鳥) 一番多いですね。
多いんですって。

びっくりしました。

8月の20何日…。

(笑い)
今年あるかな~?って。

まずは 櫻井 翔君が…。

今年だったらミントとか
ある時だったら黒だとか。

(羽鳥) これは知ってます。
(一同) え~!

西村さんは?

…しか思い出せないんですけど
ですよね?

でも よく…。

だから…。

あ~ なるほど なるほど。

さぁ どうなんでしょうか
答え ご覧ください。

こちらでございます。

<初代パーソナリティー…>

<…が着ているのも
黄色いTシャツ>

<それから現在まで 毎年

必ず黄色いTシャツが
作られているが

一体 なぜ黄色なのか>

<実際…>

<Tシャツの…>

<さらには…>

♪~

(都築) とにかくね…。

で それが…。

<番組のラストを飾った…>

<…として大活躍>

<ひと目で分かるため
連携を取りやすかったという>

<さらに ただ…>

<…も込められていたことが
判明>

(都築) 大変…。

という意思表示が この…。

<という願いが
込められていたのだ>

<ちなみに…>

<第1回から 実に…>

<…のみだったが>

<…がプロデュース>

♪~ BABY BANG! BANG! BANG!
裸足でGO NOW

(香取)♪~ 人類の進化に逆らって

(拍手)

はるなさん やっぱり
目立つっていう意味ですから。

(はるな)
でも ホント目立ってたし

黄色がいきなり
5色になったのは やっぱり…。

…が それぞれね。

持って帰るやつとかあるの?

これはですね
大体 おふくろが着てます。

えっ!
びっくりしたんですけど

僕ら 初めてやらせてもらった時
2004年だったんですね。

いまだに おふくろ着てますから。
へぇ~!

羽鳥さんは?
僕は…。

全部?

マジ? 全部?
ちゃんとしてる。

で 何着かは 着て寝てます。

え~! 部屋着? パジャマ?

部屋着です 何だったら
近くのコンビニだったら行けます。

(笑い)

<櫻井 翔が…>

<続いては…>

<今年…>

<イラストを描き…>

<…というメッセージを込めた>

これ描くの 時間にして。

<…でデザイン>

<さらに その翌年も ある…>

(草間) どうも…。

(大野) お久しぶりで。

大したことないんだから。

<大ちゃんと彌生ちゃんの
コラボで生まれたのが

こちらのTシャツ>

<そして…>

<そもそも…>

羽鳥さん 分かってらっしゃる?
(羽鳥) 分かってます。

えっ? すごい…。

絵が上手って有名な人です。

ちなみに櫻井君
誰だと思いますか?

やっぱり…。

…じゃないかと思うんですが。

(ゆきぽよ) 絵が有名?

(笑い)

有名ですけど。
結実ちゃんは?

近鉄さん?

(岡田) あの~… あの~…。

あ~ そうそうそう!
(笑い)

<再び…>

<こちらの…>

最近では…。

…もやっていますね。

<ちなみに Tシャツに
使われている このロゴマーク>

ぐるぐる回ってるのは この…。

…というような解釈で
デザインされていることなんです。

<実は中心の大きい丸は…>

<そして 小さい丸が
地球を表しており…>

<…というメッセージが
込められているそう>

<その後 22年目にして…>


<それが…>

<当時メインパーソナリティーを
務めた…>

<この年のテーマは…>

<デザインすることに>

(松岡) せ~の!

<こうして これまで…>

<ちなみに 今回…>


それでは
皆さんに見ていただきましょう。

『24時間テレビ』第1回目の
ポスター こちらでございます。

ちょっと何か
今とテイストが違うでしょ。

(羽鳥) ピンク・レディー ですね。
この2人はピンク・レディー なんです。

(一同) え~。

「世界最初で最大の番組」という。

(櫻井) すごいな。

<大きな…>

<みんなで力を合わせなければ
いけないという

メッセージが込められている>

<そんな地球を…>

<…したピンク・レディーが

UFOのように
見守っているのだ>

<ちなみに
キャッチコピーを考えたのは

当時29歳の糸井重里>

このクエスチョンマークの所に
何が入ると思いますか?

ゆきぽよは?

(笑い)

羽鳥さんは?

あ~ なるほど なるほど
いい線 いい線。

櫻井さん。        え~!?
「え~!?」って!

絶対 違います。

(笑い)

だから 要は…。

なるほど。
今だったら当たり前ですけど。

<『24時間テレビ』の代名詞…>

<今年は…>

<現在までに発表されている
3人は 全て女性>

<ということで…>

<街の女性たちに…>

<…を聞いてみると>

<それは
今から18年前の2001年>

<しかし…>

<これまで全てのランナーの
トレーナーを務めて来た

坂本さんに
当時のことを伺うと…>

(坂本)
…というふうに思いましたね。

<それから2か月半
2度の強化合宿を経て…>

<そして…>

(スタジオ:はるな) うわ~
ここ キツいとこですよね

最後のほうのね。

<…もあり
体の痛みに耐えながら

見事…>

<…を記録>

<日本中に
感動を巻き起こした>

<続いては…>

<例えば…>

<では 羽鳥さん…>

<誰か分かりますか?>

誰ですか?
最も減量した女性ランナー?

(笑い)
女性! 女性!


<練習開始から およそ…>

<その…>

<なんと…>

<…のダイエットに成功>

<見事…>

<ちなみに 今年のランナーも
かなりの…>

…って言ったんです。

<果たして 減量をクリアし…>

(拍手)

すごいですね 森三中の大島の。

西村さんは?
でも やっぱり 走る時に…。

主人とかが
差し入れしてくれたのが…。

冷製スープ。
あのスープがおいしくて。

で あれ 間にいろんな食べ物

「何か栄養つけるの いりますか?」
って言われて 私…。

『24時間テレビ』の
走ってる最中に

カツカレーとかナポリタン?

…とか いろんなの
食べたんですよ グラタンとか。

ゴールしたら どうなってたの?
今までになったことない

47kgになってたんですよ。

そう 一番痩せた。

47kgから…。

えっ MAX? もう ホント…。

(笑い)

69kgぐらいまで行きましたね。
20kg…。

食べる量が やっぱりね…。

<嵐が 『24時間テレビ』

メインパーソナリティーを務めるのは…>

<今では…>

<初めてメインパーソナリティーを務めた
15年前>

<今からは想像できない…>

(スタジオ:櫻井)
あまり変わってない スタンスが。

え~ ちょっと待って。

(スタジオ:東野) ウソや?

(スタジオ:東野) グズグズや!

(スタジオ:羽鳥)
確かに今じゃ考えられないな。

(スタジオ:櫻井) ホントだね
これ ちょっと最低だな。

<…も見せていた>

<そんな…>

<…の姿を『24時間テレビ』の
貴重映像から発掘>

(相葉) 俺らがいつも
口をそろえて言ってる…。

結構…。

え~!

<今では
ニュースキャスターもこなす…>

<実は15年前 22歳の時

その将来を…>


<他の…>

<空気を読まない…>

<さらに
その4年後の2008年>


堅いですか?

(相葉) これさ…。

<どんな時でも…>

<15年前は…>

<…を読んだ時>

<相葉の…>

<…を流すメンバー>

<すると…>

(観客) 頑張れ~!

<読んでいる…>

<さらに…>

♪~ 今日も同じ道を走る

<に向け…>

<…に対し>

(スタジオ:櫻井) ハハハ…! 何で?

<涙を拭うのに大忙しで…>

<すると 4年後の…>

VTR見たら だから それが…。

<と…>

<…を読むと>

(スタジオ:櫻井) ヤバいよ ヤバい。

(スタジオ:櫻井) まずい まずい…。

(拍手)

(徳光) 嵐は仲がいい。

<続いては…>


<15年前の記者会見では…>

(松本) 当たり前じゃないですか。

<さらに…>

これ 読むのね。

<続いては…>

<どんな時でも…>

<21歳だった
15年前の記者会見でも…>

<この…>

(徳光) 今…。

(スタジオ:東野)
すごい 杉田さん 速い!

<100kmを走り抜いた
杉田かおるに…>

<その時…>

(杉田)
どうも ありがとうございました。

<先ほどの…>


<しかし 過去4回の
『24時間テレビ』で

二宮が…>

<それは2012年 29歳の時>

羽鳥さん 今…。

(櫻井) 泣いてるよ。

<過去4回の
『24時間テレビ』で

二宮が…>

<それは2012年 29歳の時>

ワン ツー スリー フォー。

<震災に遭った
宮城県の高校生が

支えてくれた人たちに送る
感謝の演奏>

<最後の…>

ホントに…。

みんなの その思いを
いろいろ聞いてるうちに

何か自分も みんなと一緒に
できることがないかなと思って

やらせてもらったんですけど。

ホントに 一緒にやらせてもらって
よかったです。

ありがとうございました。

(スタジオ:東野) あ~。

<松潤の涙に

もらい泣きする 二宮>

<いつも冷静な二宮だが

実は…>

前でね。
前で見てるんですよ。

で 僕らは それを込みで
見てるじゃないですか。

もう何か…。

あの現場で見てると やっぱり。

確かに 確かに。

羽鳥さん 今…。

(櫻井) 泣いてるよ。

今年…。

年々 涙の量も
増えて来てるでしょ?

今年 一番早いですね。

こういう…。

ハハハ…!
早過ぎるわ。

デカっ!

<15年前から…>

<記者会見で 大野がデザインした
チャリTシャツについて

聞かれた時も…>

(リポーター)
皆さんが着てるTシャツ…。

(笑い)

上げて…。

(櫻井) すいませんでした…。

<…イジられっぷり>

<そんな
親しみやすさからなのか

2012年には…>

誰ですか?

あ~!

<しかし 一方で…>

<…を読んだ時には>


<信頼が置かれる…>

(拍手)

さぁ 『24時間テレビ』の中の
嵐でございましたけれども。

やっぱり 一番…。

僕らにとって…。

あれ 手紙の最後に
彼が言うんですね。

そんなこと…。

言葉にするとも思ってないし。

ましてや…。

…とも思ってる状態で。

彼が その番組で…。

結構…。

…だったと思います 本当に。

相葉にせよ 大野にせよですけど。

いや~ だから
大野君は大野君で…。

だから…。

…もあるでしょうし。

そのへんのところ…。

お願いしますよ。

(笑い)

<そんな お互いを知り尽くした
5人だが

付き合いが長いからこそ
今更 聞けない

1周回って知らない疑問が
あるはず>

<そこで 櫻井への疑問を
こっそり聞いて来ました>

相葉君が櫻井君に聞きたい疑問
こちらでございます。

今日も そうしてますし。

実際の写真あります
こちら ご覧ください。

クルっ クルっ クルっ クルっ。
≪ホントだ≫

これは…。

流行らそうはない…。
(笑い)

流行んないでしょ これ だって。

汗が色によっては透けるんですよ。
なるほど なるほど。

そのために やっているのと

大体 女優さんとか…。

…とか 手 入れることが
多かったんですよ。

そうすると 横並びで
嵐と並んだ時に

僕ら 真っさらで着てるのに…。

あ~ そういうこともあるの?

だから 手 入れてるヤツが
1人いたほうが

そこまで
1人 浮かねえんじゃねぇかって。

配慮があんねや。
優しい。

え~! これ…
知ってました? 羽鳥さん。

全然 知らない。

(笑い)

さぁ 続いて 大野君が
櫻井君に聞きたい疑問 こちら。

<さらに…>

<星野 源が…>

<…を激白>

(山崎) うわ~。

大野君が櫻井君に聞きたい疑問
こちら。

(笑い)

どうしても
なかなか楽屋とかでも

あまりにも距離が近いから
聞きづらいけど

『24時間テレビ』終わって。

これ 皆さん
そうだと思いますけど…。

(櫻井) 体は疲れてて
目も重たくて眠いんだけど

寝付けないみたいなことは
ありますよね。

羽鳥さんは?

違う局で…。

やってますね。

これ ホント…。

(笑い)

仕方ねえよ それは仕方ねえよ。

これ
今まで言わなかったですけど。

初めて。

そうです 月曜日 だから…。

必ずあります。
『zero』は…。

(笑い)
羽鳥さん!

1周回ったゲストは
こちらの方です どうぞ!

♪~

(川田) 芸能生活20年…。

(拍手)
源さん。

バラエティーは
なかなか出てくれないというか。

(星野) そうなんです
あんまり出たことなくて。

(山田) 初めて見ました。
初めて見た。

どうなんですか?

最近
仲良くさせてもらってるのは…。

の2人は…。

(菊地) すごいメンバー。

音楽だと三浦大知君が
すごい仲良くて。

お家に遊びに行ったりとか。
いやいや ちょっと待って…。

(笑い)

ハズレとかあるんですか?

星野さん…。

ハハハ…!

(山崎) …とか言ってくんないと。
そうそう そうそう。

さぁ 今回はですね
今をときめく…。

…を番組が とことん
調査してまいりたいと思います。

それでは まいりましょう
星野 源さんが

1周回って知りたい
マジな1つ目の疑問が…。

(一同) え~!

川田裕美さんに
ちょっと今 興味があると。

そうなんです。
(一同) え~!

(星野) そもそもなんですけど…。

をしに行った時に…。

…のが『マヨブラジオ』っていう

ブラックマヨネーズ さんの番組で

そのアシスタントというか。

当時 読売テレビのアナウンサー時代。

(星野) …の川田さんで。

それで一回 見ただけで…。

…だなと思って。

…と思って。

そんな前から知ってて。
めちゃくちゃ前ですよ。

私 まだ…。

そっから…。

番組を送ってもらって。
ホントありがとうございます。

…があるというか。

ちょっと ホスピタリティー
ちょっと待ってくださいね。

菊地さん ホスピタリティー。
(菊地) 何だっけ?

(笑い)

どういうことなんですか?
(星野) 例えば…。

やらなきゃいけないから
やってるとかじゃなくて…。

人間力は 確かに。
(星野) そうなんですよ。

(星野) スキップのくだりとか

ブワ~って全国になった時も…。

全然 星野さんが…。

そうですね。

これは…。

いや 当時のスタッフ 違うでしょ。

(笑い)

(星野) そういうところ
そういうところがね。

変わっちゃったね
変わっちゃったね。

<およそ10年前
関西地区で放送されていた

『マヨブラジオ』 というバラエティー番組に
出演していた…。

<そんな…>

<を解決するため 今回…>

<実は…>

<それは…>

<一体…>

<…して見て行こう>

うわ~。

<星野 源と川田裕美…>

<それは…>

<一体…>

<…して見て行こう>

<1983年 大阪の住之江区で

サラリーマンの父と
専業主婦の母との間に

長女として生まれた裕美>

はい。

<裕美に幼稚園の頃から

小学生用のドリルで勉強をさせ

火曜から土曜まで

毎日 習い事に通わせていた>

<さらに 裕美が…>

<…を持った裕美>

<そこまで
母親の言うことを聞いて

疑問に思わなかったのは…>

<6歳まで…>

<自分に
いつも寄り添ってくれた…>

<…を見たかったから>

<そのかいあって
小・中学生時代は

常に学年で1・2を争うほどの

超成績優秀な子だったという>

<その後 裕美は…>

<しかし…>

<徐々に…>

<裕美>

<この頃の裕美の様子を

同級生の平田さんが
語ってくれた>

<学年で360人いる中…>

<その後…>

<ついに…>


はい。

へぇ~ 意外。

いろいろ みんな言ってるから
余計に焦って…。

<そんな川田が…>

<それは 全く…>

<裕美は…>

<に入っている様子を見て…>

<仕方なく…>

<とするが…>

<家の事情を考えると…>


(スタジオ:岡田) 怖そう。

(スタジオ:東野) 優しいやん。

<そう背中を
押してくれたという>

<そう強く思った裕美は

そこからは…>

<そのかいあって…>

…を始めまして。

どういう家やったんですか?
星野さんとこの家は。

割と…。

…にしろみたいな感じで。

…の練習したりとか。
(山崎) カッコいい。

<しかし 高校に入ると

星野にも暗黒時代が訪れる>

スカウトして。
(星野) スカウトして…。

高校生スカウトして 仲間たちに
やってもろた舞台は…。

はぁ~ すごい!

(山崎) いや~。

それが 実は…。
え?

あっ そうなの?
(星野) 暗黒時代っすね。



だんだん…。

行けなくなった? 気持ち的に。
ちょっと無理だってなって。

で しばらく行かなくて でも…。

…みたいな生活したら
ちょっとずつ元気になった。

サイクルを無理やりでも
規則正しくしたら。

もう ちょっと 学校行かなきゃな
そろそろと思って…。

クラスメートに
「お~ 源君じゃん あのさ…」。

…って言われて。
その日に?

(星野) その日に。

そうそう 言ってた 言ってた。

もう これは 今 「うん」って
言わなきゃダメだと思って…。

って言って そっから…。

(山崎) え~!
すご~い。

よかったね~ その日 行って。
(星野) そうなんです それで…。

って思って そっから…。

それまでは 自分の曲は
ただ1人で 家で

作ってただけだったんですけど。
じゃあ…。

いっぱいあるの?
(星野) あります あの ホント…。

ちなみに これクソやったなぁ
っていう…。

(笑い)

重いですね!
重いわ!

<…出て行く決意をした星野>

(一同) え~!

<さらに この後…>

<因縁の卓球対決>

(福原) もう それが…。


<…出て行く決意をした星野>

大学ぐらい行ったら?とか。
特に言わなかったですね。

「1人暮らししろ」と。
ずっと家おるし…。

いろんな劇団とか
演劇の人たちの所に…。

…受けに行って。

ファンレター もらったりとか

そこまでは まだ?
全くないですね。

ホントに必死に…。

(山崎) あ~ 経験積んでね。
はい。

あ~ なるほど。
(星野) とにかく…。

(山崎) あ~ 賄いとか?

「賞味期限切れたの
持って帰んな」みたいな。

(山崎)
いや 結構なとこ住んでますね。

(一同) え~!

バンドを組んで…。

そのCDも 今は
ネットとかありますけど…。

当時 ない…。
YouTubeとかも全くないので…。

みんなでお金出して…。

1000枚ぐらい作ったと
それ どうやって売るの?

それを1人で…。

(菊地) へぇ~。
買ってくれんの? CD屋さんは。

全然買ってくれなくて 「うちは
そういうのやってないから」

っていうとこばっか
だったんですけど…。

あっ 優しい!
えっ!

で 奥 行って聞いて…。

ありがとうございます!みたいな。
あ~ うれしい!

(星野) で その方が…。

それで 紹介してくれたりした。
へぇ~!

こんな…。

そこ ロケ行きましょうよ ねぇ?
(笑い)

(笑い)

行きたい! 行きたい!
そうですけど

一応 見てください 一応ね。
はい 分かりました。

<一方 和歌山大学に入学した
川田は

自分を支えてくれた
両親をはじめ

人を喜ばせる仕事に
就きたいと…>

<当時 よく 川田の相談に
乗っていたという…>

<…に話を伺った>

(足立さん) って言ったら…。

<…に移した川田>

<その…>

<そして 晴れて…>

<川田は…>

(スタジオ:川田) 初めての中継です。

ご感想は?

早くビールが飲みたいです。

この感じ。
最悪ですね これ。

<これには 宮根も>

<当時の川田について…>

<…に聞いてみたところ>

(虎谷) …とか すごく言われてて。

…って 2人きりになった時に
聞いたんですよ。

<そんな…>

<…が こちら>

<この日は
スキー板を履かない…>

<すると…>

(スタジオ:東野) あ~ 面白い!
(スタジオ:星野) あ~ 最高だ。

(スタジオの笑い)

(スタジオ:東野) 危ない 危ない…!

<しかし 川田は…>

<とにかく…>

<…だった大阪時代>

(スタジオの笑い)

面白い!
あれ おもろいね。

(岡田) しかも 最後…。

必ず最後
顔面から落ちるのよね。

痛いんですよ
ものすごいスピード なので。

今日はうれしいですか? 星野さん
こういう川田さんのヒストリー。

うれしいです あの時の感じを
また久しぶりに見て。

…かなって思ったんですけど。

なかったですよね。

…行かんと。
そうですね。

横柄ではないです 横柄では…。
あと何か質問 何でもいいですよ

星野さん 川田さんに何でも結構。

誰ですか?
そうですね。

それ 聞きたいですか?
星野 源さん あえて言いますよ。

ちょっと! 何でですか?

(山崎) 何でもいいんでしょ?
東野さん。

極端に言うと
好きな男性のタイプ 別に…。

もう全然。

顔でヒュっは山崎。

顔でヒュっと笑わせてくれる
それそれ… それや。

そんなんでええの?

(菊地) デートで これ やられて
キュンってなるんですか?

もう? もう? もう?

ちょっと待ってください
「もう」って何だ?

聞いて聞いて
聞いて 星野君 聞いて聞いて。

川田さん…。

(笑い)

(山崎) いや 絶対あったでしょ。

<続いて 星野 源が知りたい
もう1つの疑問>

これ どういうことなんですか?
星野君。

おめでとうございます。
ありがとうございます。

何ていうタイトルですか?

『引っ越し大名!』という映画が

8月30日から
公開なんですけども

藩ごと引っ越しをしなきゃ
いけないっていう

ものすごいプロジェクトを

引きこもり侍の主人公
僕 春之介が

自分の頭脳と仲間たちの力で
乗り越えて

引っ越しを達成できるのかという。

もしよかったら
ぜひ劇場に遊びに来てください。

よろしくお願いします。

そうですね。

…で撮影したんですけど。

…の皆さんがいて
ホントに愛情深い皆さんで。

その中で…。

銀幕のスターたちの。
(星野) そうなんです。

その話が いちいち全部 面白くて。
めちゃくちゃでしょ?

…なんですよ。

<ぶっちゃけ…>

<今回…>

<まずは…>

<全26作品の
『座頭市』シリーズで

盲目の剣士役を熱演>

<後にも先にも勝新を超える
俳優はなし

…といわれた不世出の天才役者>

や~!

<中村玉緒の夫としても
知られているが

当時 勝は
その型破りな生きざまから

私生活でも
たびたび注目を浴びた>

<六本木だろうが銀座だろうが

店中のお客さんの分まで
おごるため…>

<…を超えることも>

<そんな…>

<今回 勝の映画で

実際に記録係を務めていた
Aさんが…>

<顔を隠してならと…>

<…を語ってくれた>

(Aさん) …みたいなふうに
思われてたみたいですけど。

<とある映画の撮影日>

近くにいないか…。

(スタッフたち) はい!

<主演の勝がいないと…>

<仕方なく…>

<ようやく勝の出演シーンの…>

(監督) 書き直して!
はい!

<勝が言う…>

<この原稿が新たな台本に>

(スタッフ) 今日の…。

(スタッフ) すいません。

<急いでいたのか
走り書きの文字に…>

<うかがえる>


<…に乗り出したが>

<という話もまた豪傑である>

<続いては…>

<『七人の侍』や『用心棒』など

あの黒澤 明の作品に
16本も出演>

<その名声は
ハリウッドにも届き…>

<…も受けていたが

「ハリウッドは好かん」と…>

<まさに…>

<そんな…>

<今回
三船の息子 史郎さんから

直接 お話を伺うことができた>

<それは…>

(三船) グラウンドの上まで…。

<なんとセスナ機に乗って登場>

<実際にセスナ機に乗っている
三船の写真が こちら>

<しかし 史郎さんが驚いたのは
これだけではなかった>

(スタジオ:東野) この写真もすごいね。
(スタジオ:星野) すごい。

そういったエピソードがあります。

いかがでしたか? 星野 源さん。
いや~ やっぱいいですね。

僕が聞いたお話の時も
やっぱり…。

なるほど。

…とか それぐらい やっぱり

もちろん
作品に懸けてたんでしょうし

その感じが やっぱ面白いですし。

僕が聞いた話では 撮影で…。

…があって。

皆さん スタンバイ
さっきの映像みたいに…。

待ってるんですけど…。

何時間たっても来なくて。

そしたら車が ズルズルズルって
ゆっくり来て

そこから とにかく窓から…。

…が とにかく

多分 タバコだと思うんですけど
ぶわ~って煙が出てて

ドアから勝新さんが…。

こういう状態で
出て来たらしくて。

謎の煙の中から

勝新さんが
こんなんなって出て来たと。

引田天功さんじゃないんだから。

(星野) 出て来て そのまま
よろよろしながら立ち上がって

そこに撮影現場があって

その間に衣装さんが来て…。

よれよれながら
衣装を着て行って。

そのまんま着替えて

よろよろの状態から…。

ロケの所に入ったら…。

そっから何の打ち合わせもしない
チャンバラを

一発でOK出した。
うわ~ すごい!

すごい!
だから…。

ホントに撮影中も…。

ずっとおびえながら
撮影してたぐらいです。

何やってるんですか。

そうよね その霊に向かって
勝新やったら こうやって…。

(笑い)
なぁ?

さぁ
スタジオを飛び出しまして…。

…にやって来ました。

ここからですね…。

…にお邪魔して
1周回って知らない話を

伺おうということで
ございますけど。

これから伺うのはですね…。

あら 素晴らしい。
はい。

<早速…>

うわっ すごい。
こちらです どうぞ。

あら 初めて入る
うわっ すごいな。

(岡田) すご~い!
すごいじゃないですか。

帯もあったりとか してますし。

すいません
コシノジュンコさんところの…。

あっ!
(岡田) え~!

あらららら!

何で!?
いやいやいや…。

こんにちは。

…ということで
今回 来ていただきました。

福原 愛さんです
よろしくお願いします。

<…している日本卓球界の

レジェンド 福原 愛>

その子 男の子? 女の子?

上が女の子で 下が男の子です。
男の子ねっていう。

どうなんですか?
家族は みんな 順調に…。

おかげさまで 今のところ。

<そんな…>

え~!

私の中では…。

…とか
親戚のおじちゃんみたいな。

え~!

<愛ちゃんも合流したところで
いざ…>

実物や 実物や あらら 本物や。

どうもよろしくお願いします
コシノジュンコさんでございます。

(コシノジュンコ) 愛ちゃん。
ご無沙汰してます。

(コシノ) ホントにうれしい。
お元気ですか?

(コシノ) よく来てくれたわね。
ありがとうございます。

大先生ですよ ホントに。

ホント 娘ですから。
娘のような存在でございますから。

<そもそもコシノジュンコ
実は卓球が大の趣味で

かつては…>

<…を開いたことも>

<そんな卓球の縁もあり
福原家と…>

<…だという>

<しかし コシノ
愛ちゃんと初めて会った時には

とても苦い思いをしたそうで>

覚えるも何も ねっ?

(福原) はい。
6歳の時。

幼稚園ですね。
(コシノ) 卓球台の こうですよ。

そうですよね。

(一同) え~!

そう それも…。

2点 取れたんじゃないですよ。

でも 一応 1点取れた?
そうそう。

なるほど。
キレイなイメージが。

そんな褒めてくれると…。

<コシノジュンコといえば

世界に その名をとどろかす…>

<19歳の時に…>

<その後
めきめきと頭角を現し…>

<通称パリコレに…>

<今どきの視聴者に そんな…>


<…の存在もあってか>

<しかし…>


<…と 今どきの視聴者から

さまざまな疑問が>

知ってみたいです。

お邪魔します コシノさんの

ご自宅ということですね?
はい そうです。

あららら… うわっ!

何か モダンな感じで すごいね。

(福原) これって お家ですよね?
中庭みたいな感じ。

(コシノ) よかったわ
愛ちゃん 来てほしかったのよ。

(福原) ありがとうございます。

あら!

何にもないです。
かっちょいい。

モダンな感じで。
ステキな空間ですね。

(ファーストサマーウイカ) これ
オフィスではなくリビング?

(コシノ) ここ? 家です。
(岡田) おしゃれ!

ちなみに…。

(ウイカ) お2人だけ?

もうすごいです。

44年!

旦那様は今 お仕事は?

(コシノ) 会社の仕事してます
うちの会社。

うち?

(岡田) いらっしゃる?
いますよ。

38歳!
男の子。

子って もう言えない。

(笑い)

<現在…>

<…を務め 右腕的存在として
働いている>

あっ。

テーブルと…
あっ いいじゃないですか。

(福原) うわ~ カッコいい!

(コシノ) こっち見ないで。
いやいや…。

愛ちゃん これ見て これこれ…。

(福原)
ホントだ 段階が選べるやつ。

段階が選べるやつや。

(ウイカ) うわ~ さすが大阪!

(ウイカ) うわ~! 多い!

素晴らしい。

<キッチンの棚には

色別に収納された大量の食器が>

<中には 海外から買い付けた

超高級なものも>

(ウイカ) うわっ!

(コシノ) 金は金よね。

(ウイカ) ホースヘアー?

(福原) 馬? あ~!

ホースヘアーって
おっしゃったんですね。

ホースヘアーって
馬の毛ってことね?

(コシノ) 尻尾。
尻尾。

先生 これ…。

何 入れるんですか?
軽い…。

白ごはん?

他人の僕が言うのも何やけど。

家の台所は。

それが…。

<さらに…>


うちの台所
私も食器とかお鍋とかが

すごく好きなので。

え~ どういう料理ですか?

そろそろ。
はい。

(コシノ) あら いいわね。

それが…。

かわいがっていただいてて。

そうですね 作ると大体は。

愛ちゃんが作るやつで。

(ウイカ) おいしそう!
(コシノ) へぇ~ 豆乳で担々麺。

<そしてコシノのプライベート>

<有名…>

<…など 100人以上もの
大御所たちが>

<その中でも特に仲がいいという
ある人気女優の方に

謎多きコシノの素顔について
教えてもらった>

(コシノ) 誰や? このTシャツ。

ジュンコさん こんにちは。

お久しぶりです 尾野真千子です。

関係はですね

私が…。

…というドラマで

ジュンコさんたちの
お母様

小篠綾子さんの物語を
やったことで

ジュンコさんとか…。

…というか始まりですけど。

…があるんですね。

そこで ジュンコさんとも
毎年 帰って来てくださるので。

…みたいな感じです。

だからジュンコさんって…。

ホントに分かんないですよ。

<そんな親交のある
尾野真千子にも

コシノに聞きたい
1周回って知りたい疑問が>

…と思って。

あの源 そのパワフルな源。

私が密着したい 一日。

どうなんですか?

うん まぁ…。

(笑い)
よかった。

決めたら絶対やる?
あまり…。

…っていうのは?

何にもないと…。

もう目いっぱいやるから。

(ウイカ) 今日は何もしない
みたいな日はないんですか?

後ろめたい感じがする。
逆に忙しくなる。

愛ちゃんはどう?
全く何にもない時っていうのは

ゴロゴロする派? それか
詰め込んで詰め込んで疲れ切るか。

でも 私も…。

(ウイカ) え~!

…で分けたりとか してたので

一日あると…。

…しちゃったりとか。

現役時代?
はい。

…やねんから 食べるおかずも

3種類 4種類 作るんでしょ?
何種類ぐらい作るの?

結構 旦那さん…。

…とかっていうのを
言ってくれるので。

作る時は作るんですけど
でも すごく多分…。

(コシノ) 理解あっていいですね
優しくてね。

お子さん
2人いらっしゃいますから

どういうふうに
育てて行きたいっていう…。

卓球 教えようとする?
これから どうするの?

私は…。

お母さんが卓球選手ってこと?
(一同) え~!

(福原) 内緒にして やっぱり…。

あ~ 噛むねや。

でも…。

でも分かりますね いずれね。

絶対そうですよね。
あっという間に。

勝負して…。

…って言わせたいんです。

<そんな幸せいっぱいな
愛ちゃんに対し

コシノは どうしてもリベンジ
したいことがあるという>

(コシノ) …することになって。

でもね これ コシノさん
愛ちゃん うわさによると…。

…そうですから。
そうなんですか?

俺ね 行けると思うんですよ。

じゃ ちょっと久々…。
やっちゃいましょうよ。

(笑い)
愛ちゃん…。

はい。

24年ぶりに。

<この後…>

どうぞ! 速っ!

<と その前に

今どきの視聴者が抱いている
もう1つの疑問を解消>

<コシノジュンコさん
責任を持って…>


先生 早速
答えていただきましょう。

いいですか? お願いします
今どきの視聴者が…。

はい うちはね
こうやって ずっと…。

…であるということは。

これって強いんですね。

買い物に来て…。

このボワボワっとしてるのも?

これはね…。

(コシノ) 別に道歩けって
言ってるわけじゃなくて。

これで骨董通りを歩きなさいって
言うてるわけやないから。

幾らぐらいするんですか?

(コシノ) 30万円からですね。

男性のスーツとかになると
どれぐらいに…?

(コシノ) 40万円平均ですね。
40万円平均。

<基本 1着30万円以上と

決して安くはない
コシノジュンコブランド>

<こうした服を
5~6着 購入するお客様が

多い日には
一日40組は訪れるという>

<そして
コシノが服を安価で売らず

高級志向を続けるのには
ある理由が>

それでいいんですけれども…。

…じゃないですか。

やっぱり自分の存在感
っていうものを

自分で表現するのは やっぱり…。

生き方とか考え方に
合う服っていうのを

見つけるってことですね。
そう。

(コシノ) そういうものだと思います。

ここ一番で着ないけないしね。
そう。

同じ練習でも やっぱり…。

そういうことですよね?
ちょっと待って 愛ちゃん。

(笑い)
ありがとうございます。

例えば ちょっと まだ…。

…っていうのを
作ろうとかっていうのは。

いつか時が来ます。

若者はまだ我慢しろと。
ウイカさん ウイカさん。

いつか時が来ます。

ちなみに…。

(笑い)
そりゃあ 殺される。

<コシノジュンコの同期には

高田賢三など
日本のファッション業界に

多大な影響を
与えた人物が名を連ね

在籍していた文化服装学院では

花の9期生と呼ばれた

エリート集団>

ライバル…
ライバルっていうか…。

しない。
しない?

えっ 何でですか?

すごいですね 生き方が。
そうすると独特なものが出て来る。

川田さんは…。

「あっ この人とか…」。

(笑い)
言い方が…。

「ちょっと この人 お腹下して
下痢してほしいな」とか。

言い方おかしいですけど…。

…みたいになりたいなって。

何で笑うんですか?
そんなこと思ってたんですか?

笑うとこじゃないですから。

<さらに コシノブランドの…>

<ファッション業界以外での…>

<…が多くを占めている>

<過去には…>

<サッカー…>

<相撲の貴乃花 若乃花の…>

<最近では…>

<…手を広げ 今年7月には

ホテルの
コンセプトデザインにも協力>

<エントランスの絵画を
自ら描いたり>

<…をデザインしたり>

<さらに和菓子のデザインも
手掛けたりと

仕事の幅を広げ続けている>

<開催!>

先生は 我々 移動時間
かかったんですけど 早速…。

…って聞いたんですけど。
かなりじゃないです。

…ですから。

スタッフを相手に。

先生 口悪いですね ホントに。

<たった…>

<コシノジュンコ>

さぁ それでは行きましょう
どうぞ!

速っ! うわ~ ハハハ 速っ!

目が追い付かない。
うわ~!

11点を先取したほうが
勝利でございます。

さぁ それでは行きましょう
どうぞ!

速っ! うわ~ ハハハ 速っ!

目が追い付かない。
うわ~ ハハハ…。

めっちゃ面白い あっ!

ワンポイント!

お~!

1対1 1対1
1対1でございます。

(福原) ボールに威力が
すごいあります。

あ~!
はい 2ポイント。

うまい!
あっ!

愛ちゃん!
すご~い!

(福原) ウソ~!

(福原) 何 今の! ええっ!

衰えてるよ あなた。

ウソ~!

<2対2と…>

<しかし ここで…>

本気。

コシノ先生にバ~ン!て。

(コシノ) もう取れるはずない。
大丈夫?

本能です 本能 本能で。

止まれへんの?
止まんなかったです。

見たらバックスマッシュ
打っちゃいました。

こんなん
なかなか見られへんよ。

お~!
行け! 行け行け…。

よっしゃ! よっしゃ~!

すご~い!

<しかし…>

惜しい!
あ~ 惜しい!

ちょっとお時間ください。

現在 7対3なんで。

はい。
こちらのほうで ちょっと

すいませんが。

こちらでやりますから
コシノさん!

行きましょう 行きましょう!

<このハンディで…>

あ~!

変な音。

(福原) あ~!

落ちろ あ~!
あ~!

入らないと思った。
マッチポイントでございます。

<ついに追い込まれたコシノ>

<24年越しのリベンジを
果たせずに…>

先生 行きましょう。
やだ~。

よいしょ!

あっ! あっ 惜しい!

残念!
(福原) どう跳ぶかが分からない。

はい。

わ~わ~言うておりますけれども。

川田さん。

そうですね。

…ということも
よく分かりましたし

今回 1ポイント
プラスされましたから。

コシノさん…。

(笑い)

<年に1度
琵琶湖で開催される…>

<1977年に
第1回大会が開催され

今年で42回目を迎える

1周も2周も回った
超ご長寿番組>

<今回は これまで出場した
延べ…>

<歴史に名を残す3人の…>

<まずは…>

<…の現在>

<実は この番組
飛距離を競う一方で…>

<…がある>

<それが…>

もし…。

よかったら…。

<晴れの舞台で気持ちが高ぶり
飛ぶ前に…>

<中でも 番組史上初となる

驚きの展開を
見せてくれたのが…>

<なんと 応援に来ていた彼氏に
突然の…>

<ところが…>

(羽鳥) あ~!

<フライト直後に…>

<記録は わずか14mで

100mには遠く及ばず>

<これには彼氏も あぜん>

<しかし ここでドラマが>

<なんと まさかの…>

<それに対し 彼女は…>

<この劇的な展開に

ゲストの吉岡里帆さんも…>

≪お幸せに!≫

<果たして2人は…>

<現在 福岡県にお住まいの
角杉さんに直撃取材>

<現在 福岡県にお住まいの
角杉さんに直撃取材>

はい 角杉です こんにちは。

<ご自宅に伺うと>

(スタッフ) こんにちは。
こんにちは。

(スタッフ) これは 結婚…。

(スタッフ) したんですね?

(スタッフ) おめでとうございます。
ありがとうございます。

<2人は めでたくゴールイン>

<第1子となる女の子…>

<…も授かった>

<と ここで…>


<続いては…>


<そんな中でも過去2度にわたり
特に印象深かったのが

この男>


<この男 ただ…>

<28kmの大記録を残し

見事 優勝を果たした>

<その後 宮内は…>

<…を始める>

<食事は…>

<あらゆる欲を断ち切り…>

<…という
驚異的な肉体を作り上げた>

<そして…>

<31歳になった宮内は
完璧な肉体と共に…>


<その…>

(アナウンス) 3万221m54でした。

<11年前の自分を超える

大記録を打ち立てた>

<あれから2年>

<兵庫県のとある会社で
働いているとの情報を得て

駆け付けてみると>

<2年前の姿と比べると
髪の毛も伸び

少しふっくらした様子>

<勤め先は
ボーイングなど民間航空機の

部品の開発や製造を行う…>

<現在 海上自衛隊で
運用されている この飛行艇は

宮内さんが勤務する会社で
造られている>

<そんな宮内さん
仕事終わりは 趣味で…>

<まさに飛行機尽くしの毎日>

でも…。

<続いては…>

<今から42年前>

<第1回大会では
出場者の多くが

20mにも満たないフライトで

次々 落水>

<そんな中…>

<その圧巻のフライトが こちら>

(スタジオ:東野)
あ~ 飛んでる飛んでる…。

<グングンと飛距離を伸ばし…>

(実況) 今 着水なんですが

これは
大記録になったようであります。

<82mという記録を打ち立て

見事
第1回大会の優勝者となった…>

<あれから42年>

あら すごい!
お~!

<あれから42年>

<…との情報が>

<早速 指定された場所へと
向かったのだが

見渡す限り
人の気配が感じられない>

<突如…>

<目の前に颯爽と降り立った
この人物 もしかして…>

(岡さん) 一応 そうですね。

<彼こそ…>

<そう 実は岡さん
日本を代表する…>

<現在は 来月 セルビアで
開催される世界大会を目指し

練習に励んでいるという>

(拍手)
いいVTRですね。

やっぱり…。

さぁ 今回の『鳥人間コンテスト』の
見どころは

一体 どういったところですか?
愛の告白シリーズ

今年もございました。
(ゆきぽよ) あ~ 楽しみ。

去年から
ルールが改正されて

最長60kmのコースを
通るようになったんです。

それが どうなったか。

すごい記録とだけ
お伝えしましょう。

<これまで…>

<高嶋の下…>

<…が繰り広げられて来た>

<そして…>

実は…。

<…となった
藤田花観さんを含め

3人が加入>

<さらなる…>

その分…。

…っていうことなので。

<ただならぬ…>


<いよいよ…>

♪~

♪~   (高嶋) もっと…。

♪~

はい。

…っていう感じが。
はい。

…になりました。

その分…。

…っていうことなので。

<果たして…>

さぁ 本日の最後ね
意気込み お願いします。

さぁ いよいよ…。

…に迫ってまいりました。

僕は今回 4歳で
半身不随になってしまった

10歳の女の子
あやなちゃんと一緒に国技館で

ピアノを
生披露するんですけれども

片手しか動かなくても諦めずに

ピアノを頑張って来た
あやなちゃんと

大好きなお母さんのために
ある曲を届けます。

あやなちゃんのひと夏の頑張りを
応援していただけたらと

思いますので
よろしくお願いします。

今年 テーマが 「人と人
~ともに新たな時代へ~」

ということなんですけども
土屋太鳳さんが

スイスのアルプス登山 これ
生放送で挑戦いたします。

今週土曜日
夜6時30分からです。

よろしくお願いします。
(拍手)

ぜひ 皆さん
見てほしいと思います。


関連記事