ぶらり途中下車の旅 横須賀線の旅 絶品!新感覚の肉巻きスーパーミート・東京友禅おしゃれ小物・横浜生まれ「浜なし」…


出典:『ぶらり途中下車の旅 横須賀線の旅▽絶品!新感覚の肉巻き▽東京友禅おしゃれ小物』の番組情報(EPGから引用)


ぶらり途中下車の旅[解][字]横須賀線の旅▽絶品!新感覚の肉巻き▽東京友禅おしゃれ小物


絶品!新感覚の肉巻き「スーパーミート」▽滝のようにチーズをかける!チーズバーガー専門店▽東京友禅のおしゃれな小物▽今が旬!横浜生まれの「浜なし」▽陶製の巨大絵画


詳細情報

出演者

【旅人】田山涼成

番組内容

田山涼成が横須賀線でぶらり旅▽絶品!新感覚の肉巻き「スーパーミート」&熱々ネギがおいしい!鉄鍋ネギタン塩▽滝のようにラクレットチーズをかける!チーズバーガー専門店▽東京友禅のおしゃれな小物▽今が旬!横浜生まれの「浜なし」&直売向き「浜ぶどう」▽圧巻!老舗陶器店が作った!陶製の巨大絵画▽かやぶき壁?教会のようなモダンな寺▽次回予告!御殿場線&小田急線でぶらり旅ほうじ茶専門店&変わりコロッケ&ダリア祭

音楽

【番組テーマ曲】「Sunshine」横山だいすけ

制作

【制作協力】日テレ アックスオン



『ぶらり途中下車の旅 横須賀線の旅▽絶品!新感覚の肉巻き▽東京友禅おしゃれ小物』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ぶらり途中下車の旅 横須賀線の旅 絶品!新感覚の肉巻きスーパーミート
  1. ヤギ
  2. 本当
  3. スーパーミート
  4. 大丈夫
  5. ハハハハ
  6. 奇麗
  7. お肉
  8. 川井
  9. 片山
  10. ブドウ
  11. 失礼
  12. 富山
  13. お待たせいた
  14. チーズ
  15. 善了寺
  16. 大倉陶園
  17. 本堂
  18. お鈴
  19. カルピス
  20. ハンバーガー


『ぶらり途中下車の旅 横須賀線の旅▽絶品!新感覚の肉巻き▽東京友禅おしゃれ小物』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

♬~

<いや~ おいしそうな梨ですね>

<もう
そんな季節になりましたか>

<あら? この頭は…>
(田山) 分かってます こひちゃん。

梨みたいな頭って
言いたいんでしょ?

<ハハハ! 言ってませんよ>

さて この梨の品種は何でしょう?
<えっ?>

「毛ナシ」な~んて!
<ハハハハハ!>

ウケたいとは思っておりません。
<いやいや…>

改めまして おはようございます!
<おはようございます!>

今は 横浜市戸塚区の

芝口果樹園さんに
お邪魔してるんですね。

たくさんの実を
つけておりますよね!

そこで この籠と はさみを
お借りしまして

梨狩りをしようと思ってるんです。
<あら いいですね>

これは やみくもに取っても
よろしいんですかね?

どなたか
いらっしゃいませんかね。

あっ いらっしゃいますよ。

すいませ~ん!

こちらの方ですか?
(芝口さん) そうです。

今 あそこで
入らせていただいたんですけど

この梨の特徴は?
幸水ですね。

幸水ですか。
みずみずしくて甘い梨です。

ですよね!

これは
私 今 やみくもに取っても…。

ちょっと ここは まだ早いので…
まだ 緑なので

こっちのほうにあります。

これとか。
どれですか?

おいしそうですね 茶色くて。
これですか。

確かに! 見て 2つの 色の具合
本当 違いますね。

これは はさみで?
お尻を持ち上げると取れるので。

こっちですね?
上に持ち上げていただいて。

あっ!
<本当だ!>

やわらかく すっと取れましたね。

こんな重いもの このやわらかさで
保ってるんですか。

しかし これ
いい感じの匂いですけど…。

先ほど
幸水と おっしゃいましたけど

この辺の梨は 全部 幸水?
横浜で作ってるので

浜なしブランドで作っております。

浜なし 何か特徴があるんですか?

完熟で売るので
糖度も14度以上あるので

おいしいですよ みずみずしくて。
早く採るよりも…。

完全に 木で熟してるので。

だから 採ったら すぐ食べないと
傷んでっちゃうので

2~3日中に食べていただいて。

それは ぜいたくというか
ここに来る価値はあるわけですね。

この 取れる瞬間が
すごい 気持ちいいんですよ。

これは

こちらでも いただくことは?
大丈夫です。

じゃあ 1つ…。

それと
大変 珍しいっていいますか

特徴のあるブドウを作ってると
聞いたんですけど

それは?
ブドウは 隣の畑になります。

じゃあ ブドウも一緒に
いただくことは可能ですか?

大丈夫ですよ。
では よろしくお願いします。

やっぱり ブランド化っていうか
これも 浜…。

浜ぶどうですよ。
浜ぶどう!

大変な作業ですね
1つずつ 袋にして。

ここが 竜宝というブドウです。
竜宝。

これ 赤いブドウなんです。

これは 今 食べ頃ですか?
はい。

なるべく赤い感じですね 全体に
この辺は どれ採っても大丈夫。

これは はさみで切りますか。
ここを持って ここで切って。

この茎の下で よろしいですか?
はい。

はい 切りました。

あっ すいません
やっぱり 取りますね。

うわ~ 奇麗ですね!
<ぷりっぷり>

光が当たると
中が透けるような感じにもなるし。

<本当だ!>

竜宝って 聞いたことない
名前なんですけど…。

ちょっと
ぼろぼろ取れやすい品種なので

スーパーとか 輸送性がないので
あまり置いてないので…。

そうですか
宅配なんかにしちゃうと…。

ばらける可能性があるので。

直売向けの
品種になると思うんですけど。

<芝口果樹園の開園は14年前>

<以前は 野菜農家でしたが

観光農園をメインとする

都市型農業として
再出発しました>

<現在は ブドウや梨をはじめ

イチジクなども
育てているそうです>

<梨は 今が まさに旬>

<うわ~!
みずみずしくて おいしそう>

じゃあ ちょうだいいたします。

これですよ ちょうだいします。

<わ~ おいしいんだ!>

本当に
実の固まり方が やわらかくて

甘い水が
すっと 口の中に入るみたいな。

じゃあ ブドウ ちょうだいします。

うま~~い!
<アッハハハハ>

皮を ぽいっと 口から外した瞬間
実が ぐっと割れると

甘い汁が
じゅ~!っと入って行く感じで。

おいしいものですね!

では これ。
はい 宅急便でお送りいたします。

よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございます。

思わぬ所で
この暑さにも負けないぐらい

早く 秋の味覚を
いただけたということは

うれしいですね!

<芝口果樹園から
バスで戸塚駅へ>

<揺られること20分>

あっ こっちか。

戸塚駅 出て来ましたが

久しぶりなので
これは まだ乗らないで

ちょっと 東口のほうですかね
行ってみましょうか。

<はい>

やっぱり 大型施設が多いですね。

どうしますか…
どっち行ってみますか。

こっち行ってみましょうか。

あっ 川ですね!

あ~ 涼しげな風! 気持ちいい!

でも 向こうのホームが見れるのも
なかなか いい感じですよね。

<本当ですね>

あらま。
<どうしました?>

何ですかね?

えっ 犬ですか?

えっ?

もしかして ヤギ!
<ヤギ?>

ヤギですね。
<あっ 本当だ!>

こんにちは。
(片山さん) こんにちは。

えっ ヤギですか?
(片山さん) ヤギです。

お散歩をされてるんですか?
お散歩だか食事だか… そうです。

これ 今 戸塚の駅前ですよね。
駅前ですね。

散歩ということは
この辺にお住まいなんですか?

小屋が すぐそこにありまして
飼育小屋が。

ちょっと ついてっていいですか?
どうぞ どうぞ。

私が引っ張ってると 問題になる?
やってみますか?

何もしなくて よろしいの?
大丈夫ですね。

じゃあ ついて行きますので。
お家 帰ろう。

ヤギです。

お~!

結構 力ありますね。
体重80kgあります。

これは 今 何をしてるんですか?
遊んでるんです。

はい 行きましょう。

あららら ヤギだ!
見たことあるの? このヤギ。

かわいい!
かわいい?

あ~! ちょっと!

僕のシャツを食べた!
<ハハハハハ!>

それじゃあね! さよなら。
<バイバ~イ!>

行こう!
(片山さん) 帰ろう。

(男性) 見えるよね。
(片山さん) そうです。

もう 有名なんですね。
(片山さん) そうですね。

本当に 擦れ違う人が
みんな 笑顔になるっていう。

あっ! これですか。
そうです。

えっ? はい…。
行きましょう!

<「めいちゃん・ゆいちゃん」>

横 線路なんですけど
驚いたりしないんですか?

ヤギは 家畜歴が長いんで

順応性が すごい高いんですよ。

3日住んだら慣れてしまう。
<へぇ~!>

ここが ヤギの小屋です。
ここですか。

これは 何か知ってるんですか?
これは 餌があるんですね。

ここに 子供が来て
いつも こうやって 餌をあげれる。

そういう環境にしてあげたい。

食べ方が尋常じゃないですけど…。
<ハハハハ>

あそこで いっぱい 草 食べてた。
これ 一日中 食べてます。

<飼い主の片山さんは

戸塚駅前のビルにある
純喫茶モネの2代目店長>

<夕方 片山さんは
駅ビルにあるスーパーへ>

ヤギの餌を頂きます。
はい。

<ここで
余った野菜を譲ってもらい

ヤギの餌の一部にしています>

<片山さんが
ヤギを飼い始めたのは2年前>

<子供たちが
動物と触れ合うことで

笑顔になってほしい
そして 命の大切さも伝えたいと

ヤギの飼育を始めました>

<ヤギの
めいちゃん ゆいちゃんは

今では 戸塚の名物に>

<子供たちだけでなく
大人からも親しまれています>

どうも すいません 突然に。
いえいえ。

でも 非常に貴重な
体験をさせていただいて。

今 ここ
ぶらぶらし始めてるんですけど

お薦めの場所なり建物なり
何かありますか?

すぐそこに お寺なんだけど
モダンな造りをしている

善了寺っていうのがあるんです。

お寺さんなんですけど
おっ お寺? モダン!

善了寺! はい えっと…。

出て すぐ右のほうにあるんで。
分かりました。

本当に ありがとうございました。

ありがとうございました!
<ありがとうございました!>

善了寺… 善了寺…。

あっ!
<ありました?>

これですか。

これ!

「善了寺」って。
<ありましたね>

また 変わった建物ですね。

あれが本堂ですかね?
<えっ?>

あっ お墓もあって…
ちょっと待ってください。

変わった造りですね。

<教会みたいですね>

これは?

かやぶきですか。
<はぁ~!>

かやぶきは あれですよね

屋根に用いるんですよね。
<そう そう!>

ちょっと こひちゃん。
<はい>

これ 本格的ですよ。

これ! この厚さといい。
<はぁ~!>

せっかくだから
お参りさせていただこうかしら。

失礼します!

うわ~!

ごめんください。

一気に ひんやりしてます。
<中も教会風>

(成田さん) あっ これは これは。
あっ!

今 お参りさせていただいて。
(成田さん) どうぞ どうぞ。

どうも すいません。
いえいえ。

私 住職の成田と申します。
田山でございます。

ありがとうございます 今日は。

何とも言えない モダンな感じ。
そうですね。

よろしければお上がりいただいて。
では 遠慮なく。

失礼いたします。
どうぞ この辺 お掛けいただいて。

すいません。

一見しますと
教会のような造りですけど

これは ご住職がお考えになった?

そうではございませんで

私の祖父が 昭和30年代の頃に

基本設計をしておりまして

前の本堂のデザインが
ほぼ この形だったんですね。

このように
建築の時に 史料を作りまして

これが 昭和30年代当初の
本堂の形でございます。

この時点で もう
ちょっと 異彩を放ってる。

今の形が この形ですね。
これですね。

で かやぶき…。
はい そうですね。

私の代になった時に
環境と共にあるということを

とても大事にする建築を
表現できないかということで

採用させていただいたものです。

<この地に来て
400年の歴史を持つ 善了寺>

<東日本大震災をきっかけに
本堂を改築しました>

<建築資材には 環境に優しい

よしや わらを
使っているそうです>

<改築の際には 檀家の皆さんや
地域の人たちも参加>

<地元の交流にも
ひと役 買いました>

<本堂の隣にある 第2本堂は
カフェになっていて

こちらも 土壁が使われています>

<今の時期は
境内の畑で採れたシソを使った

さっぱり味の しそサイダーが
お薦め>

今日は この戸塚駅から

横須賀線に乗って ぶらりします。

<まだまだ
厳しい暑さが続きます>

<涼しさを探しながら
戸塚から 横浜 東京方面へ>

(アナウンス) 次は東戸塚です。

東戸塚ね。

いや 降りた記憶がないんですね。

ちょっと 降りてみますか。

<東戸塚 歩いてみましょう>

え~? 意外と…。

意外とっていうよりも
大きな町ですね。

おっ これは 兄弟橋ですかね。

どう見ても こちらが
最初にあった橋ですね。

ありましたよ。

どちらから読んでも 「川上川」。

「川上川」。
<アハハハ 本当だ>

よろしいですよね。

新しいマンションもでき…。

これは…。

えっ?

「OKURA CHINA」。

オークラチャイナ?

チャイナ チャイナ… えっ 陶器?
<陶器?>

聞いたことある感じがしますけど。
<へぇ~!>

でかい工場ですね。

うん?
<どうしました?>

あぁ やっぱり!
<えっ 何が?>

あの有名な大倉陶園の
工場なんですか。

「本社ファクトリーショップ」。

こちら行ってみますかね。

<それにしても 田山さん
よく知ってますね!>

そう そう!
何か ニュースで見たんですよね。

何だったんだろうね…。

えっ? 秋篠宮さま!

そうだよ! 先月 何か 美術館で

この大倉陶園の陶器を

ご覧になったというニュース。
<へぇ~>

どなたも いらっしゃらないけど
大丈夫かな? いいんでしょうか?

ちょっと 入ってみますかね。

<「ファクトリーショップ」って
書いてありましたからね>

大丈夫かな?
どなたか いらっしゃる?

あっ 奇麗!

ごめんください。
(坪内さん) いらっしゃいませ。

こちらがファクトリーショップ?
(坪内さん) はい。

ショールームでございますので
ぜひ ご覧になってください。

奇麗ですね!

先月 ニュースで
秋篠宮さまご夫妻が

こちらの陶器を
ご見学なさったという

ニュースを見たんですけど

皇室と ゆかりのある…。

弊社に 特別な記念品とか

そういったものを
ご依頼 頂いております。

何年ぐらいで? 創業。
ちょうど 今年が100年目。

1919年が創業なので
今年100年目を迎えております。

この大倉陶園さんの
代表的な図柄ってあるんですか?

あちらにございますので どうぞ。

あっ 奇麗ですね。

私たち大倉陶園の
代表的なデザインで

ブルーローズっていう…。
ブルーローズ。

真っ白な生地に コバルトの顔料で
絵付けしたものなんですけども

非常に淡いブルーの色が
ブルーの濃淡が表現されている

大倉陶園だけでしか出せない

特別な品物になってまして。

<大倉陶園の創業は 大正8年>

<今の 東京・大田区蒲田に
工場がありました>

<西洋に負けない 高品質な
陶磁器を作りたいという

創設者の思いから 研究を重ね

「オークラのホワイト」と
称される

美しい白を
出せるようになりました>

<その白い磁器に
熟練の職人さんが

丁寧に絵付けを施し

美しさを
より一層 引き立たせます>

<世界レベルの品質の高さから

昭和49年には 赤坂迎賓館でも
使われるようになりました>

これは何ですか?
こちらは陶額。

いわゆる 絵画に見立てて

それを こちらですと
漆の額装と合わせて

飾っていただけるような品物です。

均一な形 直線とかは
作るのが非常に難しいですけど

奇麗な四角に近い形で
お作りしてます。

ある意味 芸術作品ですよね。
ありがとうございます。

今回 100周年を記念して

これよりも さらに大きい陶額を
作ることができまして

通常は 工場見学に合わせて
別室のご案内してるんですけど

もし お時間ございましたらば…。
全然 時間は大丈夫です。

ぜひ 見学させてください。
ありがとうございます。

じゃあ こちら。
はい。

失礼します いいですか?
はい。

失礼します。

こちらが
本焼き 焼成窯といって

長さが 約45mあります。

ちょうど この辺りが
一番高い温度 1460℃。

うわ~!

かなり暑いですよね。
暑いですね!

これ ひょっとして 赤いのは

これは 炎の色ですか?
そうです。

うわ~!

暑いですね
これ以上 いられませんよ。

出口から 中の様子 見れますので。
はい。

うわ~!

すごい! 目がまぶしいぐらいの。

一番高い火種の部分が
1460℃の高温です。

そうですか。

熱くないですか?
あっ 慣れてますよね。

熱いですか。
熱いです。

一気に
温度が上がったじゃないですか。

あっ!

(坪内さん) こちらは
一度 白く焼いたものに

ブルーのコバルトの顔料で
絵付けをして

2回 本焼きをした状態で
こういった絵付けに変わって行く。

すっごい 今 ここ 暑いんですけど
これを見たら忘れますね。

奇麗だな!と思って。
ありがとうございます。

こちらが ディスプレールームと
呼んでまして

特別な作品が
展示してある場所なので。

どうも すいません。

お話しした 陶額がありますので。

うわっ! え~!

これですか!

<この絵が陶磁器?>

うわっ! え~!

これですか!

うわ~!

富士山の風景をハンドペイントで
手で絵付けして

ブルーの濃淡で表現しています。

でも 素人ですけど

この鶴… 白ですよね。

それから 雲の流れの白と

雪に 日が差してる白が

淡く
全然 違うんですよね 一つ一つ。

これを焼いてできる技術ってのは
すごいな!と思いますね。

こういうものは… 陶額というのは
世の中に いっぱいあるんですか?

これだけの大きさのものは
他では ないと思います。

これ
お値段は決まってる?

756万円。
<うひゃ~!>

756万。

こひちゃん どうですか? お1つ。
<いやいや いやいや!>

756万
ちょうどよろしいんじゃない?

<素晴らしい陶磁器の数々>

<目の保養になりました>

<まさに 世界に誇る
クールジャパンでしたね>

<次の途中下車は横浜>

どっち行ってみますかね。

こっち行ってみますか。
<はい>

駅前に すぐ
郵便局があるっていうのもね。

あら! あれは何だろう?
<どれ?>

「アソビル」。

「アソビル
2019年オープン!」。

「『遊べるビル』って
なんだろう?」って。

それがアソビル?
ちょっと待って 面白いですね!

郵便局なのに 遊べるビル?

あっ これですか。

「アソビルは右手

みなみ東口通路へ」。

行ってみましょうよ。

え~?

おっ あれです。

アソビルディング?

お~!

これですね 「ASOBUILD」。

また 派手な。

ここに 何か書いてありますね
あっ そうですか。

フットサル バスケット
スポーツコート。

リアル脱出ゲームとか

若者が スポーツやるとこですね。
<みたいですね>

あら!
<何です?>

1階は「POST STREET」。

「16の飲食店が集まる
グルメストリート」。

これだったら いいですよね。

どこへ行けば よろしいのかしら?

あれですか?

「POST STREET」
こちらでいいんですね。

うわ~!
<えっ?>

何か 盆踊りみたい! すごいね。
<あら 本当!>

奇麗じゃないですか!

どっちなんだろう?
こっちかな?

いや~。

「焼そば」 横浜の焼きそば
有名なんですかね。

うわ~ 人が いっぱい。

さすがに お子さんが多いわ
夏休み。

あらっ? もう出ちゃうんですね。

あらら!

<どうしました?>
うわ~! これ…。

「DAIGOMI BURGER」ですか。

何です?

とろ~っと かかってるものは。

<チーズバーガー?>

「CHEESE BURGER」ですが

こんなに かけるの?

いや… え~?

(川井さん) こんにちは。
お姉さんとお会いしました。

いらっしゃいませ。
1人なんですけど。

ご案内させていただきます。

こちらのお席 お掛けください。
はい。

えっと… すいません。
はい。

あれは…
どろ~っと かかってるものは…。

ラクレットチーズになります。
ラクレット。

すごい 香りが強めのラクレットを
使ってるんですけど

ハンバーガーの上に
だ~!っと ラクレット かけて

皆様に
お召し上がりいただくものに…。

でも あれは かけ過ぎでもない?
かけ過ぎはないです 大丈夫です。

お願いするのは
これで よろしいんですか?

NYC Raclette Cheese Fallと
ご注文いただければ。

これですか。

「NYC Raclette Cheese Fall」
では 1つ それを。

セットにしていただくと
ポテトとお飲み物も付きますが

いかがなさいますか?
そのセットで。

いや~ 巡り合うもんですね。

お飲み物 お待たせいたしました
コーラでございます。

よいしょ。
ウフフフ。

ただ今より ラクレットチーズを
カウンターで おかけするんで

写真とか動画 撮るようであれば
ご案内させていただきます。

写真は撮りませんけど。
<ハハハハ>

だ~って かけるやつなので。
それを見せていただけるの!

どういうものなんですかね。
<見た~い!>

(川井さん)
ラクレット お願いしま~す。

どれです? これですか?
こちらに おかけして行きます。

(川井さん) かけ上手なんで。
<ハハハハ>

<えっ!
このチーズをかけるの?>

<ハンバーガーの上に
たっぷりのラクレットチーズ>

うわ~!

え~!
(川井さん) ハハハ!

あの~… えっ?

かき氷じゃないんだから…。
<ハハハハ!>

え~!

これが…。
(川井さん)ラクレットチーズです。

いや~ チーズ好きとしては
たまらないかもしれませんね。

そうなんですよ
めちゃめちゃ おいしいので。

よだれが 口の中に。
本当ですか! ハハハ。

お席までお持ちしますので
お掛けになって お待ちください。

世に言う… おじさんたちで言う
とろけるチーズで よろしい?

う~ん… そうですね。
違うんだね。

後で 食べてから考えよう。
(川井さん) ハハハハ!

お待たせいたしました
Raclette Cheese Fallです。

うわ~! さっきは チーズだけに
目が行ってたんですけど

こんなボリュームだったんですね。
そうなんです。

ポテトも おいしいので。
そうですか!

で これ
どうやって食べたら よろしいの?

えっ? これを…。
こちらに

ハンバーガーを形成して…。

ぎゅっと押し込んで
中に入れてもらって。

私 手で こうやるんですね
分かりました。

こちらの中に。
ちょっと お待ちくださいませ。

これは 両手でやっても…。

ちょっと お待ちくださいませ。
<あ~あ… あ~あ…>

こうですか?
そうです ありがとうございます。

じゃあ ちょうだいします。

フフフフ。

<あっ その顔は…>

いけませんね~!
<出た~!>

微妙な… 何ていうのかな?

タルタルソースですかね。
タルタルソースも入ってます。

それがですね このチーズの味を
ぐっと盛り立ててるんですよ。

で また このソース!

これは バーベキューソース?
バーベキューソースを自家製で。

ものすごく おいしいですよ!
ありがとうございます。

いや~ びっくりしました
おいしい!

<DAIGOMI BURGERは

チーズ専門レストランが 今年3月に始めた
チーズバーガー 専門店>


<フランスのチーズ工房で
作られた ラクレットチーズを

滝のように
ハンバーガーに流して 完成>

<チーズの風味を
存分に味わえます>

<こちらは ブレンドしたチーズを
ぱりぱりに焦がした

焦がしチーズチップスと

ローストビーフを挟んだ
バーガー>

<これも おいしそう!>

これで ぴったりになりますか。
ちょうど お預かりいたします。

ごちそうさまでした。
(川井さん)ありがとうございます。

(川井さん) また お待ちしてます
ありがとうございます。

<衝撃のハンバーガーでしたね>

<横須賀線は
多摩川を越えて 東京都へ>

(アナウンス) 次は西大井です。
西大井。

大井って よく聞きますけどね。

西大井 降りてみましょうかね。

何か
マンションとか ぱっとあって

駅が すごく近い所で よさげな…。

こぢんまりとしてる印象ですけど。

えっ! 環七に出て来ましたね。

「環七通り」。

ちょっと…。

これは大丈夫ですね。

えっ?

「馬込三本松通商店会」って
読むのかしらね。

三本松って呼び方もいいですね。
<ねぇ!>

商店街あるのかな?

ちょっと 下りてみよう。

へぇ~!

ず~っと
坂道になってるんですね。

結構 きついものがあるのは
僕だけでしょうか?

また 涼しげな のれんでね。

えっ?
<何です?>

どっちなんですかね
「染工房」っていうのは染物ですか。

で 下がですよ

「丸喜園茶店」で よろしいの?

これは喫茶店?

えっ 何だろう?
日本茶もやっておられる。

「営業中」。

よろしいのかな。

ちょっと 暑いですしね。

ごめんください。
(町田さん) いらっしゃいませ。

あっと!

<気を付けて!>
暑さにやられて。

急に 申し訳ございません。
(町田さん) いらっしゃいませ。

えっ? 丸喜園茶店?
(町田さん) はい。

お茶屋さん?
あと 染めの工房です。

あっ ここで…。

お上がりください よかったら。
ありがとうございます。

これ 帯ですか。
はい。

いかにも 夏を感じさせますよね。
涼しげに。

えっ! これは…。
今から染めるところですね。

今 地入れという作業が終わって
乾かしてます。

話は戻りますけど ここで
冷たいコーヒーなり お茶を

ちょうだいすることはできない?
いいですよ。

違います そういうお店ではない?
<ハハハハ>

お茶屋は
私の祖母がやっておりまして

その名残で ここに ちょろっと。

祖母も亡くなって
跡継ぎもいなかったので

じゃあ 私が
担当しましょうということで。

じゃあ 実質的には
染め物… 着物… 呉服屋…。

あっ! でも 染めですね。

東京友禅の 染めの工房です。

友禅をおやりに!
はい。

ご自分で描かれるんですか?
はい デザインをして。

これは これから冬に向けて
クリスマスに使えそうな。

クリスマスツリー?
モミの木。

今 おしゃれに
カジュアルに お召しになる方が

増えてらっしゃって。

伝統的な柄も
もちろん ありますけど

こういう クリスマスだとか

ワインの柄とか。
ちょっとお待ちください。

これを 帯に?
帯に。

そうすると
秋の ボージョレの解禁日とか。

そういう!

先ほどから あの帯…。

今 その話 聞いて 見ますと…
何だろう?と思ってたんですけど。

あれはですね
雲の形が お化けに見える。

こちらですよ。
はい。

夏の帯なんですけども 丑の刻。

時間に 雲を見上げると
お化けの形が見える。

月が ここにありますので
月明かりに雲も照らされて。

こういったカジュアルなものも
作ってます。

やっぱり たくさんの人に
ご覧いただきたいので

小物なんかも…。
あっ 本当だ!

着物をお召しにならない方が
いらっしゃるので

少しでも
友禅を手に取っていただいて。

これ お描きになったんですか?
これは 仲間のも入ってますけど。

触っても よろしいですか?
もちろん。

名刺入れとか カードケース。
はい はい。

そうすると
男性でも持っていただけますし。

歌川国芳の金魚が
ビールを飲んで 枝豆をつまんで。

裏は お化けちょうちん。
面白いですね。

ウサギが お花を渡して
プロポーズというか。

で うまく行ってる。

これは 猫が 連獅子の獅子を…
ライオンになれなかった猫ですね。

で 後ろで ふぁさ~っと。

いろいろ描いてます。

<町田さんは 14歳の時に見た
加賀友禅に感動し

それ以来 友禅の職人になることを
決意>

<専門の学校や職人さんの下で
修業を重ね

東京手描友禅の職人として
独立しました>

<友禅の持つ
独特な色合い 風合いを

多くの人に知ってほしいと

伝統的な柄だけでなく

かわいらしいデザインの小物も
手掛けています>

<何だか ほっこりしますね!>

う~ん… こっち!
フフフ!

これ 買い求めたいと思います。
ありがとうございます。

お幾らですか?
3600円に消費税です。

じゃあ これを。
ありがとうございます。

はい。
4000円 お預かりします。

先に。
どうも ありがとうございます。

突然 ありがとうございました
楽しいお話でした。

ありがとうございます。

いや~ しかし この場所で

手描き友禅の方と
巡り合うなんて

うれしかったなぁ。

<色とりどりの出会いを重ねる
ぶらり旅>

<次に降りたのは

横須賀線の終点 東京>

さて 八重洲口。

あ~ そういえば あれですよね。

東京駅っていうのは
構内で 全部 済んでしまうので

外を ぶらぶらするのは
なかったですね。

<確かに!>

こっち行ってみますか。

おっ! 橋が出て来ましたね。

あらららら。

あっ!
<何?>

あれは ひょっとして

日本橋ですか。

<あぁ! はい はい>

この 横から見る姿って
僕は初めてですね。

いや いや いや。

ハハハハ!

ヤギではなくて 牛ですね。

でも すごいですよ
このオブジェ 何だろう?

レストランなんですか。

1階が「Grillレストラン」。

で 「B1 焼肉」。

「オススメ看板メニュー
スーパーミート」。

<スーパーミート?>

超肉って感じかしらね。
<ハハハ~>

どっから入れるんですかね
ここですかね。

<えっ 食べるんですか?
夕飯には まだ早いでしょ>

じゃあ
もうちょっと ぶらりしますよ。

<そうしましょ
また 後から来てみましょ>

何ですかね? これは。

「トヤマバー」ってね。

あれっ? どなたか立って…
あっ 奇麗な人だ。

こんにちは。

「富」ですかね。

何だか うれしいね
女性が あいさつしてくれると。

<ハハハハハ>

あれっ?

バーから 一転して…
変わりますね。

え~?

あっ!
<何です?>

「日本橋とやま館」。

富山の富っていう字ですね。
<あっ なるほど>

ちょっと 入ってみようかしら。

あっ こんにちは。

こちらは あれですか…。

富山のアンテナショップ?

(出口さん) はい 富山県の
アンテナショップになります。

この 編みがさは おわら盆?
よく ご存じで…。

優雅じゃないですか 女性がね。
ありがとうございます。

静かな踊り。

じゃあ
いろんなものがあるんですか。

富山の工芸品と食品
全てご用意しております。

ちょっと 見させていただいて…。
もちろん! はい どうぞ。

ありました!

僕の中での代表は

富山といえば ますずしですよね。
<ですよね!>

この世に こんなおいしいもの
あったのかな!と。

日替わりで
ますずし 入荷しているので

いろんなお店の味を
比べていただくこともできます。

あれっ? あれは何ですか?

あれは…。

大きなお鈴で
子というものになります

えっ? これ ひょっとして
お寺さんにあるやつ?

そうです。

鳴らしてみられますか?

怒られるようなことは…。
思い切り鳴らして 大丈夫です。

分かりました。

失礼いたします。

(子の音
)
<ちょっと! やり過ぎでしょ>

(子の音
)

これが 富山のアンテナショップに
あるということは

どんな関係があるんですか?

富山は 高岡銅器という
伝統工芸があります。

約400年の歴史が
あるんですけれども。

こういう大きなものから
小さなものまで

インテリアに取り入れやすいお鈴
たくさんありますので ぜひ。

すいません。
どうぞ。

失礼します。
こちらですね。

こちらにあるの
全て お鈴になります。

はい はい。

ぜひ 鳴らしてみてください。
はい。

これも お鈴?
そうなんですよ。

これは 逆さにして
中心で支えているので

たたくと
ゆらゆら揺れるお鈴なんですね。

ぜひ 鳴らしてみてください。
ありがとうございます。

(鈴の音)

<ほぉ~!>

これは 仏具で
グッドデザイン賞を取った

お鈴になります。

目をそらせられなくなる。
そうですね。

これも お鈴ですか?
そうなんですよ。

鈴の音のような
かわいい音がするので。

形状で変わるものなんですか?
ちょっとずつ違うと思います。

(鈴の音)

あ~。

(鈴の音)

<本当だ! 全部 違いますね>

何だか 新しい発見。

<富山県の高岡市は
鋳物作りが盛んで

古くから 銅製品や お鈴などの
仏具が作られています>

<お鈴型のドアチャイムや

インテリアにもなる
象さん形のお鈴 ぞうりんなど

伝統の技を現代風にアレンジした
お鈴>

<心が落ち着く
涼やかな音色です>

<日本橋とやま館にある
トヤマバーでは

地酒の飲み比べも楽しめます>

<お酒を飲む器は

富山で作られた
スズや木工細工の おちょこ>

いや~ スーパーミートですよ!
スーパー時間。

行きますよ こひちゃん!
<そろそろ いい時間ですね!>

どんなものなんでしょうね?

<スーパーミート 楽しみ!>

こんちは。

<日本橋の焼き肉屋さんで
見つけた

スーパーミートとは?>

(辰野さん) いらっしゃいませ。
こんちは。

(辰野さん) お席 ご案内します。
ありがとうございます。

こちらのお席でございます。
今だけ 置かせてください。

気になったスーパーミートは
必ず いただくんですけれども

その前に 喉を潤したいんですけど
お薦めの飲み物 ありますか?

それでしたら こちらですね。

普通のレモンサワーに

エスプーマの
カルピスの炭酸を加えた

BarBiesレモンサワーという
当店オリジナルのサワーが お薦めですね。

ぜひ オリジナルのレモンサワー。
こちら お持ちいたします。

<で お目当てのお肉は?>

あっ ありましたね!
「スーパーミート」。

で 「鉄鍋ネギタン塩」。

よろしいんじゃないですかね。
<おいしそうですね!>

失礼いたします
お待たせいたしました。

BarBiesレモンサワー。
<え~!>

まだ このままでは
普通のレモンサワーですね。

はい?

こちらに エスプーマの
カルピスの炭酸の泡を足しますね。

えっ! カルピスの?
炭酸の泡ですね。

カルピスの炭酸の泡?
はい。

こちらで完成になりますので
このまま お召し上がりください。

<ハハハハ~!>

これをグラスと思えば よろしい?
はい。

まさか…。

これ やったら 聖火リレーに…。

<ハハハハ!>

これ 座っては飲みづらいですね。

ちょっと 立って…
恥ずかしいですけど。

そういうんですよね? これ。
こうやって飲んでいただいて。

じゃあ ちょうだいいたします。

減ってな~い!
<ハハハハハ>

爽やかじゃないですか。

普通のレモンサワーに カルピスの
炭酸の泡が加わることによって

甘酸っぱいレモンサワーに変わり
味にも変化が生まれます。

これ 見つけたんですけど…。

鉄鍋ネギタン塩。
はい。

それをいただけますか。
かしこまりました。

いや~ びっくりですね。

お待たせいたしました
ネギ上タン塩でございます。

鍋にはなってないんですか?
こちらが鉄鍋でございます。

こちらで熱していただきまして

焼き上がったお肉と 熱したネギで
召し上がっていただくスタイル。

僕の知ってるネギタン塩は

ここに かかってる。
<そう そう>

焼いた時 ネギが 全部 落ちたり。
<はい はい>

ひっくり返すと ネギが
ばらばらっと こぼれちゃってね。

こちらで
お肉を焼いていただいて。

<これ いいアイデアですね!>

焼き目も奇麗じゃないですか。

で ここ…。
そうですね。

これぐらいですか。
大丈夫です。

巻いてお召し上がりいただきます。
なるほど 分かりました。

<これは いいですね!>

巻いて…。

ちょうだいします。

<これは間違いないでしょ!
田山さん>

<何よ?>

<えっ 違うの?>
そうです。

こひちゃんが思ってる通り
もう 鉄板です。

おいしいですね!

いけません! こんなおいしい所。

<やっぱり!>

お待たせいたしました
スーパーミートでございます。

<これがスーパーミート?>

<うわっ これも おいしそう!>

お待たせいたしました
スーパーミートでございます。

えっ?
これは 普通の… えっ 部位…。

よく分かんないですが 肉の塊?
そうですね。

いろんな種類のお肉を使って
塊のお肉をイメージした商品。

<えっ?>

ちなみに 部位は何種類ぐらい…。
3種類のお肉なんですけれども。

表面に見えてる 白い部分。

こちらが 霜降りをイメージして
豚の網脂という部位を使ってます。

その中にある 赤い部分
こちらが 牛のサーロインです。

で その中に さらに 別のお肉を
包んでいるんですけれども

焼き終わって 目の前で
カットさせていただくので

そのタイミングで何が入ってるか
お披露目という形で。

言っちゃうと あれですか。

お肉界の
オールスターって感じですか。

言ってる私も よく分かんない。
<ハハハハ!>

さて… はい。

ユッケ肉で ご案内しております。
<はは~ん>

表面を かりっと焼いた
お肉の香ばしい香りと

ユッケの とろっとした食感を
楽しんでいただける。

<中に入っているのは
ユッケですか!>

<なるほどね!
これはスーパーです>

お肉自体に 味が入っているので
このまま お召し上がりください。

そうですか。

ちょうだいします。

<あ~ これも
間違いないんじゃないですか?>

いや~ おいしい!
本当に いけません。

マジに おいしいです。
<マジにとか言っちゃって もう>

<スーパーミートの他にも

小さな鉄鍋で
お肉を さっと焼き

ライスボールをくるんで いただく
鉄鍋焼きすきも絶品です>

<おっ! 長~いグラスも
なじんで来ましたね>

<お肉ともども いけませんね!>

<厳しい暑さが続く毎日>

<町の どこかで 意外な涼しさに
出会えるかもしれません>

<夏のぶらり旅 いかがですか?>


関連記事