土曜スタジオパーク 木村文乃 眞島秀和・土曜ドラマ「サギデカ」特集・「振り込め詐欺」「還付金詐欺」などの犯罪と…



出典:『土曜スタジオパーク▽ゲスト 木村文乃 眞島秀和』の番組情報(EPGから引用)


土曜スタジオパーク▽ゲスト 木村文乃 眞島秀和[字]


土曜ドラマ「サギデカ」特集。ゲストは木村文乃さんと眞島秀和さん。「振り込め詐欺」「還付金詐欺」などの犯罪と向き合う社会派ドラマの見どころやご本人の素顔を伺う。


詳細情報

番組内容

土曜ドラマ「サギデカ」特集。ゲストは主演・警部補役の木村文乃さんと先輩警部補役の眞島秀和さん。「振り込め詐欺」「還付金詐欺」などの犯罪者と向き合う刑事たちを描いた社会派ドラマの見どころや役作りについて伺います。また、共演者たちのインタビューも交えながら、ドラマの舞台裏や現場の様子を、たっぷり語っていただきます。さらに、学生時代の友人たちが、お二人の知られざる素顔を明かします!

出演者

【出演】木村文乃,眞島秀和,【司会】近藤春菜,足立梨花,原口雅臣



『土曜スタジオパーク▽ゲスト 木村文乃 眞島秀和』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

土曜スタジオパーク 木村文乃 眞島秀和・土曜ドラマ「サギデカ」特集
  1. 眞島
  2. 近藤
  3. 木村
  4. 足立
  5. 原口
  6. ドラマ
  7. サギデカ
  8. 詐欺
  9. 自分
  10. 遠藤
  11. 本当
  12. 今宮
  13. お二人
  14. 結構
  15. 詐欺グループ
  16. 大事
  17. 芋煮会
  18. 現場
  19. 今回
  20. 山形


『土曜スタジオパーク▽ゲスト 木村文乃 眞島秀和』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

原口≫「土曜スタジオパーク」

きょうは「サギデカ」特集。

今宮≫上を潰さなきゃ
振り込めはなくなりませんよ。

出てくるゴキブリ
そのつど、たたいたって

ゴキブリはいなくなりません。
巣をやらなきゃ。

戸塚≫言い方、お前。
今、社会問題となっている

振り込め詐欺の実態に迫る
スリリングなヒューマンドラマ。

詐欺グループ摘発に情熱を注ぐ
刑事たちの物語

それが「サギデカ」。

きょうの土スタのゲストは
主演の木村文乃さん

そして、同僚役の眞島秀和さん。

森安≫くそ!

綿密な取材をもとに描かれる
さまざまな詐欺の手口。

リアリティーあふれる
ドラマの魅力にじっくり迫ります。

なんと、今回の土スタは
撮影現場にも密着!

眞島≫やらせんなっつーの!

さらに、学生時代の友人たちが
2人の素顔を明かします。

本日も「土曜スタジオパーク」
始まります。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

近藤≫ゲストは木村文乃さん
眞島秀和さんです。

よろしくお願いします。
こちらへどうぞ。

原口≫ようこそ

お越しくださいました。

近藤≫後ろのお客様もうちわとか
キャーって言っていますから。

木村≫うれしい。

近藤≫土曜ドラマ「サギデカ」
今夜スタートですが

木村さんはこのNHKでは
主演は初めてなんですね。

木村≫そうなんです。
初めてやらせていただきます。

近藤≫このチームは
いかがでしたか。

木村≫すごくにぎやかで
明るいチームですね。

近藤≫打ち合わせでも
わいわいされていましたけれども。

眞島さんなんか
すごく緊張されていてね。

眞島≫していますね。

からからです、口の中が。

足立≫顔が青白い。
眞島≫青白くはない。

近藤≫あだっちーも出演されて
いて。

足立≫きょうはこちら側で
いいですか?

近藤≫女優顔で。
足立≫すみません

程よく入らせていただきます。

原口≫番組に届いたお二人宛ての
メール

すごい量なんですよ。
これだけ皆さん「サギデカ」を

楽しみにしていらっしゃいます。
大阪府の方からいただきました。

木村さん、眞島さんこんにちは。
ついに「サギデカ」が

放送されますね。
毎週正座して見ようと思います。

応援しています。
眞島≫楽に見てください。

近藤≫途中でしびれて集中力が
なくなっても嫌ですからね。

原口≫新潟県の方から
いただきました。

眞島さんの大ファンです

おしゃれなスーツを着た眞島さん
が拝見できそうで

「サギデカ」の放送を
心待ちにしています。

ことしの夏もとても暑かったです
が、お忙しい撮影を乗り越える

ために気をつけていたことは
ありますか。

眞島≫気をつけていたもの…

暑いときもちゃんと
温かい汁物を飲むとか。

近藤≫おなかを冷やさないように
する。

急におじいちゃんみたいな話に。
眞島≫そういうところを

大事にしています。
近藤≫中も外も温かくして

体を作っていたんですね。

きょうずっとふわふわしてそう
ですけれども大丈夫ですか?

木村さんと足立さんが
フォローして、お願いしますね。

原口≫撮影現場の舞台裏から
お二人の素顔まで

迫ってまいります。
今夜スタートの土曜ドラマ

「サギデカ」
どんなドラマかまとめました。

加地≫お母さん、ありがとね。
よっしゃー!500万入った!

三島≫なんで
だまされちゃったのかしらね。

あの子が痴漢なんかしないって

私が、いちばんよく
分かってるはずなのに。

今宮≫悪いのは
三島さんじゃなくて

三島さんをだました犯人です。

振り込め詐欺など
知能犯を専門に追う

警視庁捜査二課。

北原≫2週間で
これ、4億8000万って多いな。

向井≫受け子の逮捕は
2週間で17件。

一応、検挙数は増えてますけど。

森安≫1人、ちょっと金遣いが
荒いのを見つけて行確しています。

隙があるやつなので
箱までたどれるかもしれません。

あの手この手で市民をだまし
大金を奪い取る犯罪者たち。

≫私たちの仕事は、何より
規律を守ることが求められます。

社員の平均月収は100万。
優秀な人なら500万稼ぎます。

詐欺グループの捜査に
執念を燃やす今宮刑事。

ついに、アジトを突き止めます。

戸塚≫地検渋るから
証拠、マストでな。

≫撤収!

≫止まれ!

しかし、捕まえたのは

グループの末端にいた
素性の分からない青年。

加地≫僕らの仕事は

地道な努力と鍛錬と統制によって
成り立っているんですよ。

毎日10時間、電話をかけ続ける。

移動は家と箱の往復のみ。

それに、僕らの仕事は
社会の役に立っている。

今宮≫あなたたちは
相手を選んでいない。

無差別に
銃を撃っているようなものです。

果たして今宮たちは

詐欺グループの実態に
迫ることができるのか。

今宮≫犯罪者に道理なんかない。
絶対に許されない。

店長の居場所を教えなさい。

近藤≫振り込め詐欺グループを
追う刑事役ですけれども

やっぱり振り込め詐欺は

詐欺の中でもわれわれに
身近なものですよね。

誰がだまされるかも
分からないという。

木村≫だまされる方が
意識がないという

だまされている意識がないという
のがいちばん…

誰も悪くないのに悪いと
思っちゃうのが

いちばんつらいところですね。
近藤≫眞島さんは振り込め詐欺を

どう思われていますか?
眞島≫なかなかなくならないし

ドラマでも出てきますけれども
ご自分の息子さんなりを

心配した結果
そういうことが起きてしまうと

いうことなのかなと。
原口≫振り込め詐欺も含めて

特殊詐欺と呼ばれているので
改めてまとめてみます。

特殊詐欺といいますのは
被害者に電話をかけるなどして

直接会うことがなく

相手を信頼させて

金をだまし取る詐欺の総称のこと
を言います。

中には息子などになりすまして

電話をかけてくるような
オレオレ詐欺があったり

身に覚えがない有料サイトの
利用料金の支払いなどを

求めてくる架空請求詐欺

それから税金や保険料が
返ってきますよと言って

電話をかけてきて
ATMに連れ出して

巧みに金を振り込ませてしまうと
いう還付金詐欺などがあります。

この2人が特殊詐欺と

向き合う刑事の役をやるわけです

が、改めて「サギデカ」の
登場人物をおさらいします。

木村文乃さんが
演じていらっしゃる今宮は

詐欺など知能犯などを扱う
警視庁捜査二課の刑事です。

同僚の役を眞島秀和さん
足立梨花さん

清水尋也さんが
演じていらっしゃいます。

チームを率いる係長を
遠藤憲一さん

その上司の管理官を鶴見辰吾さん
が演じることになっています。

ドラマには泉ピン子さんや
伊東四朗さんなどが

ゲストとして出演されることに
なっています。

近藤≫「サギデカ」は取材に
基づくオリジナル作品ということ

ですけれども今回の台本を
読まれたときに

どう感じましたか?
木村≫これはすごい挑戦が

できそうだなというふうに
思いましたね。

やっぱりオリジナルを
やらせていただけるということも

なかなかないですし
脚本の安達さんが、とにかく

下調べを丁寧にして

実際にあった話だけでなく

それに関わってくる人間模様も
すごくしっかりと

描かれているので
小説かなと思いながら

読ませていただきました。

近藤≫夢中になって。

木村≫読んじゃいました。
あっという間でした。

眞島≫脚本の完成度が高くて

詐欺というテーマを扱っている
んですけれどもドラマとして

参加するにあたっては
とても楽しみで。

近藤≫それぞれが演じられる
キャラクターはどういう

キャラクターなんですか?

木村≫私演じる今宮は
熱血漢というか、まっすぐな人で

対する相手を
加害者とか被害者とか

そういう目線で見ていなくて

1人の人として
向き合っちゃうんですね。

だから刑事としてはちょっと
危なっかしいんですけれども

周りのチームのみんなが
支えてくれたり、すごいいいです。

捜査二課は
チーム感が大事なところで。

近藤≫詐欺を扱うには
チーム力が必要ですものね。

眞島さん演じる森安さんは?
眞島≫森安さんはすごい堅物です。

近藤≫ちょっともう顔がね
だいぶきりりとされた。

眞島≫険しい顔をしていますよね。

近藤≫聞くところによると
裏設定を相当作られていると。

眞島≫役の表面上に
出てくるものとしては

たぶん何も役に立っていないん
ですけれども、撮影を

楽しむうえで自分なりに
こういうことがあったのかなとか

設定を考えていくことが好きで
それをぼそぼそと木村さんとか

足立さんに話したりしています。

近藤≫今回の森安さんの

裏設定として皆さんが聞いたのは
どういうものだったんですか。

眞島≫そんな大した
あれじゃないですよ。

<笑い声>

足立≫このシーンで俺が
こっちに行く理由は

こういう設定があるからだと
いうことですよね。

眞島≫はい、そうです。
近藤≫そんな細かい。

足立≫そうなんです。
だから私たちどうでもいいんです。

<笑い声>

近藤≫私もこういう裏設定を
つけなきゃっていうのは。

足立≫関係ないんです。

ご自身で設定されているので。
眞島≫それを独り言のように

話しかけている部分もあるので

どうという答えを
期待している部分もなく。

近藤≫聞き流していいぐらいの
感じなんですね。

足立≫ここで突然ですが
「サギデカ」クイズ。

特殊詐欺についていろいろ学んで
勉強しました。

リアリティーにこだわって
作った「サギデカ」ですが

「サギデカ」から
クイズを出題します。

木村さん、眞島さんも
ご参加していただいて

春菜さんにも
答えていただきたいと思います。

早速最初の問題。

捜査員が振り込め詐欺のアジトに
踏み込む際、真っ先に押さえる

ところが3つあります。
その3つとは何でしょうか。

ここにある
パターンに書いていただいてね。

近藤≫お二人はドラマに出ている
んだから簡単じゃない。

足立≫第1話に出てくるので。

近藤≫私、一切出てこない。
足立≫この中の3つです。

近藤≫まず入ったときに
どこを押さえるか。

足立≫まずここだけは
押さえておきたいという。

ちょっと待って、眞島さんの
不安そうな顔が。

どうしたんですか?
分かりますよね?

眞島≫分かりました。
原口≫お二人はできなきゃ

まずいですよね。

近藤≫だって行ってたよ
入り込んでいたから。

足立≫たぶん眞島さんのせりふで
ありませんでしたか?

眞島≫せりふ聞いて
いるほうじゃない?

指示を出されて。
足立≫遠藤さんが

言っていたのかな?
原口≫こういうアジトは

グループの間では箱と呼ばれてい
まして、一般的にはマンションや

オフィスビルの一室が使われる
ことが多いんですが

最近では別荘のコテージや
キャンピングカーなども

こうしたアジトとして使われる
ようになっています。

最近は日本国内よりも
捜査が届きにくいという理由に

タイやフィリピンなど

東南アジアに箱が移っていると
いうふうにみられています。

眞島≫3つ。
足立≫どこを押さえるか。

近藤≫まじで考えた。

原口≫こうした特殊詐欺による
被害額は去年1年間で

356億円余りに上っています。

首都圏を中心に大幅に増えている
わけですけれども

捜査員はアジトのどこを
押さえるのか。

眞島さん、ちょっと
筆が遅いですけれども。

足立≫だいぶ遅い。
近藤≫デッサンしているんじゃ

ないんだから。
<笑い声>

足立≫皆さん
一斉に出してもらいます。

解答をどうぞ。

春菜さんからいきましょうか。

近藤≫コピー機、金庫
ホワイトボード。

大事なものを
いっぱい刷っていたりとか

金庫は大事でしょう?
ホワイトボードに

いろいろな情報を書き込んで

指示を出しているわけだから

まず押さえないと。

木村≫トイレとキッチンと
お風呂ですね。

近藤≫関係なくないですか?

木村≫それが結構ある。
確かそうだった気がする。

眞島≫そうだと思って
書き直しちゃったんですけれども。

木村≫ずるい。

近藤≫カンニングしていませんか。
眞島≫していません。

近藤≫なぜレンジ?

足立≫正解はお風呂とトイレと
電子レンジです。

木村≫△です。

足立≫おおむね合っています。

春菜さんは全部不正解。

近藤≫なんでなんですか。

足立≫証拠の保全が大事なので

名簿やマニュアルなどの証拠隠滅
をするわけです、犯人たちは。

それを防ぐためにまずは
この3つを押さえる。

犯人たちが実際どのように

証拠を破棄するのかは
今夜の放送をお楽しみに

というところで。
近藤≫結局、見なければ

だめなのか。
足立≫電子レンジが

気になりますよね。
でも放送を見たらなるほどと

そのために電子レンジが
必要なのかと分かりますから。

近藤≫食品を
温めるだけじゃないの?

足立≫証拠隠滅のために。
近藤≫気になる。

足立≫見て確かめてください。
続いての問題は詐欺グループの

組織体系からです。
犯罪グループはピラミッド型に

組織されていますが
ここで問題です。

ピラミッドの頂点にいる
組織のトップのことを

何と呼ぶでしょうか。

木村≫漢字…。

ちょっと難しい漢字なんですよ。

原口≫詐欺グループにはさまざま
なメンバーがいます。

被害者から現金や
キャッシュカードを受け取る

受け子
被害者が振り込んだお金を

引き出す、出し子
だまし取った現金を運ぶ

運び屋がいます。
今回ドラマで高杉真宙さんが

演じるのが

高齢者などにうその電話をかける
掛け子。

こうした掛け子や受け子を
拠点に集めて管理する役割が

店長などと呼ばれています。

ドラマでは
玉置玲央さんが演じます。

そして店長の上にはグループを
実質的に取りしきる番頭がいます。

今回のドラマでは長塚圭史さん。

クイズはさらにその上の
詐欺グループのトップを

何と呼ぶのかということですね。
もう皆さん書けているかな。

足立≫眞島さんの答えを見て
笑っているけど大丈夫ですか。

木村≫どっこいどっこいです。

足立≫同時にお答えを
見せていただきましょう。

まず、春菜さんは?

近藤≫お二人が漢字が
とにかく難しいんだというのが

ヒントだと思って

キリンという漢字は
難しいじゃないですか

今書けないくらい難しいから。
首が長くてトップだから。

木村≫確かに。
近藤≫キリンだなと。

足立≫文乃さんは?

木村≫シュカイ。
足立≫カタカナ?

木村≫動揺がいろいろ出ちゃって。

足立≫漢字で書いてくれるかなと
思ったら。

眞島≫同じく緊張して
イメージはあるんだけれども

こういう感じだったなと。
間違えるとあれだから。

足立≫正解は
首魁(しゅかい)でした。

原口≫こんな漢字でした。

近藤≫分かるか!
こんなの勉強しなくて分かるか!

足立≫悪事をたくらむ首謀者を
指すことばですが

実際の捜査でも
使われている呼び名なんです。

ほかにも金主、オーナーとも
呼ばれたりします。

詐欺グループをお互いに顔や名前
などの素性を知らないため

実行犯である受け子や掛け子を
捕まえてもトップまで

たどれないというのが
実際のところなので

「サギデカ」もこの首魁を
捕まえるために頑張る

そういう内容になっています。

原口≫ドラマは首魁まで
たどりつけるかという

見どころもあるんですが
実は、掛け子には

マニュアルがあって
ドラマで実際に小道具として

作られたマニュアルです。
捜査関係者などへの取材をもとに

作られたもので
どんなことが書かれているかと

いうと一部紹介します。
例えば、掛け子が電話をかける

ときに
意識すべきことということで

だますという気持ちではなく
役になりきって話す。

自分の感情をぶつけて話す

役の感情に合わせて
声の大きさを変えるとか

最後のお礼は気持ちを込めて
言い切る。

こういったマニュアルをもとに
大体3人から4人1組で

電話をかけているというケースが
多いそうです。

近藤≫その役になれ
息子になれみたいな感じの

教育をしているということですね。

足立≫ある意味、俳優を育てるの
と似ているかもしれない。

木村≫それはドラマの中でも
再現されています。

どう育てられるか。

近藤≫掛け子がドラマの一部に
出ていましたけれども

悪気なく言っているような。

足立≫リアルに
やるというところが結構

だからこそだまされてしまう
という言い方はあれですけれども

信じてしまう部分があるんですね。

原口≫ここからはドラマの舞台裏
に迫ります。

まずは主演の木村さんについて
共演者のある方に

お話を聞いてきました。

遠藤≫「土曜スタジオパーク」
ご覧の皆さん、こんにちは。

遠藤憲一です。

だんだん、だんだん
それから年数がたっていって

女優としての…

あと俺
表情を見ていて思ったんだけど…

おもしろいって言ったら
悪いかもしんないけど…

これは放送を見てもらうと分かる。

急に俺のほうを「え?」って
振り向く真顔の顔があるんだけど

これも、すげえおもしろい。

戸塚≫お前は
弱い人間に同調しすぎる。

今宮≫ちゃんと
割り切ってやってます。

捜査から外れるとか
絶対ありませんから

上にきっちり言っといてください。

遠藤≫コメディーとか文乃ちゃん
どれだけやってるか知らないけど

眠ってる、すごく。
コメディー要素が表情やしぐさに。

木村≫ありがとうございます。

近藤≫振り向きは笑かしに
かかってる感じがありましたよね。

木村≫すごい真剣なんですよ。

遠藤さん演じる手塚係長は
すぐ私のことを

からかうんですよね。
またからかわれると思って

必死で振り向いているんです。
近くにいないかなと。

近藤≫その表情だったんです
けれどもね。

木村≫それすら笑われています。

近藤≫遠藤さんにとって
かわいらしくおもしろく感じる

んですね。
原口≫こちらの共演者の方に

眞島さんについて聞いています。

鶴見≫たぶん、本人の中では

本番、いちばんいいものに
してるとは思うんですけども。

どこを切り取っても、本番で
使えるようなクオリティーの

演技をなさるという印象ですね。

森安≫掛け子も受け子と同じ。
上のことは何にも知らされてない。

捕まるのは末端ばかりだ。

今宮≫上の連中は
億って金、手に入れて

のうのうとしてるんでしょ。
本当、腹立つ!

森安≫だから
せめて店長は挙げようよ。

あいつは
自分の名前しゃべったの?

鶴見≫おもしろい一面があるな
と思って

Tシャツに短パン姿で現場に
ふらっと来るような感じで…

そういうところが
ちょっと安心できるというか…

近藤≫ドラマの中では相当
かっこいいのに

ラフな感じなんですか。

眞島≫特に衣装がスーツだったり
するので、なるべく

ラフな格好で行きたいんですよね。

帰りは、終わったなという気持ち
じゃないですか。

スーツを脱いでTシャツと短パン
それだけですね。

足立≫Tシャツと短パン

ビーサンだったので
あまりにもおもしろすぎて

失礼なんですが先輩に指をさして
笑いました。

眞島≫ラフすぎるとね。
近藤≫休日みたいですね。

本当に仲がいい現場ですね。

足立≫今回撮影現場の
リアルな空気をお伝えすべく

私自身がカメラを現場で回して
きました。

遠藤≫自分のせりふになったら
ひゅって回して。

足立≫こうするわけですか?
自分で?はい。

遠藤≫すごい…すげえ
浮き上がった存在になるからね。

これを俺、持参したでしょ。
持参したの、これ。

足立≫遠藤さんの持ち物?

遠藤≫地図貼ったり
すごい、ぴゅぴゅっと線引いて

文字ぶるるっと書いて。

いかにも大事そうな雰囲気で。

足立≫暑い!

うわあ、いいにおい。
遠藤≫撮ってる撮ってる。

木村≫これが、うわさの
眞島さんからの差し入れです。

足立≫ありがとうございます!
眞島≫なんかタピオカがないって

ぶーぶー文句言ってるけど。
足立≫タピオカないんですか?

木村≫どうしてタピオカないの?
眞島≫また言ってる。俺に言うな。

木村≫カフェっていったら
タピオカでしょ?

足立≫被疑者、被疑者は…
被疑さ…被疑者は

不起しょ…不起訴処分?
眞島≫不起訴処分な。

足立≫本当にごめんなさい!
(笑い声)

足立≫ごめんなさい。
1個も言えてないですね。

足立≫せーの!

「サギデカ」今夜スタート。

一同≫見てね!

近藤≫何ですか?このカメラは。

足立≫撮影の裏側を

見ていたんです。

リハーサル中も、皆さんの顔を
撮っておこうかなと思ったら

せりふをかんで出てこないんです。
私のNG集になって。

ここカットねと
言ったんですけどね。

遠藤さんの顔がもうね…。
眞島≫2人がたえられなくって

きょうは撮らせていただきますと
カメラをセットして

自分のせりふが
全然だめだったんです。

足立≫ご迷惑をおかけしました。

近藤≫すごいですね
カフェカーとか。

眞島≫暑い中での撮影だったので。

近藤≫タピオカがないことに
ご立腹でしたね。

木村≫やっぱり
タピオカでしょう?

<笑い声>
眞島≫素直に喜んで

もらえなかったんです。
1つは、だめだしが出てきて。

近藤≫何かすると
みんなから言われるんですね。

足立≫みんなで仲よしな感じは
あるかなと。

近藤≫現場の合間では
どんな会話が多いんですか。

木村≫お弁当をみんなで食べたり

するんですけど途中で
眞島さんが呼ばれてしまって

焼きそばが残っていたんですよ。
食べておきますねと言ったら

その焼きそばは俺のだからな!
って言いながら

去っていったんです。

焼きそばがお好きなんだなと。

足立≫本当に必死だったんです。
食べようとする動作をするだけで

すぐに戻ってくるんです。

その焼きそばだけは
俺のだからと必死感がありました。

近藤≫そこでしか焼きそばが

食べられないわけじゃ
ないですよね?

眞島≫きょうのおかずの中では
焼きそばだなと思っていたんです

よ、楽しみが。
共演者の人に食べちゃうね

と言われたら本当に
食べられちゃうような気がして

それだけはやめてくれと
言いました。

足立≫くだらない話が
多かったですよね、現場では。

近藤≫今、聞いていたら
そうですね。

原口≫「サギデカ」いよいよ
今夜放送スタートです。

見どころをお願いします。

木村≫綿密な下調べをもとに

なぜ詐欺がなくならないのかと

いうところに真正面から

斬り込んでさらに深く

見せていく厚みのある作品に
なっています。

ぜひご覧ください。

眞島≫本当にリアリティーのある
詐欺グループ側を

取り締まる側を描いています。

もちろん詐欺というテーマも
ありますがドラマとしても

ぜひ楽しんでいただきたいです。

原口≫ここからは木村さん
眞島さんの素顔取調室。

親友がマル秘エピソードを供述
ということで

東京出身の木村さんについて。

中身が男前。

木村さんについて供述してくれた
のは小中学校からの親友で

今も月1で会っているという
皆さんです。

島津≫そうは思わないか。

呂≫一緒に
近所のおじさんが住んでる

大きな庭のところに…

私は、そんなにうまく
登れなかったんですけど…

そのあと、おじさんが出てきて
袋を2つ持ってきてくれて…

で、うちらは袋いっぱいに詰めて

持って帰った記憶が
あるんですけど。

別所≫いつも飲むときって大抵

みんな記憶がなくなって
っていうのが多いんですけど…

近藤≫お友達ですから

本当にいろいろお話を
してくださいました。

飲ませるのがうまいんですか?

木村≫いや、違います。
きっとそうじゃないと思います。

近藤≫みんなベロベロになって
結局、家にいるみたいなね。

木村≫飲ませるだけ飲ませて
私は先に帰るんですよ。

近藤≫ドラマの現場でも
そうでしたか。

足立≫一緒に飲ませていただいた
とき、いつの間にか

いなくなっています。
近藤≫でもお支払いは

しっかり木村さんが?
足立≫でも私もいつの間にか

いなくなっているので

危ないなと思ったら自分で

帰りなさいよというタイプの
形ですよね。

それはありがたいです。

木村≫会社の教えなんです。
酔ったら帰れという。

きちんと守っているんです。
原口≫木村さんがなかなか

会計を払わせてくれないとお友達
がおっしゃっています。

木村≫私が払うのが上手なんです。
みんなにばれないように。

どれぐらいばれないように
やるのかとか

きょうもばれないで
会計できたとか。

近藤≫お化粧室に行くふりをして
支払ったりするんですね

男前ですね。

男前伝説の中に
木の上まで登ってその上で

ビワを食べるって

男前というより猿
なんじゃないかと。

木村≫特技に木登りと
書いていました。

足立≫活発なイメージが
結び付きづらいですよね、正直。

近藤≫おしとやかな感じがあり
ますよね。

この写真は中学生時代。
お仕事をされてましたか?

木村≫いちばん最初は映画が
デビューだったんですが

オーディションに送った写真なん
です。

足立≫とても木登りをしてビワを
食べるような子には見えないです

よね。

木村≫でもジーパンをめくって川
に入っちゃうんですよね。

どうしても
入りたかったんですよね。

近藤≫小さいころからですか?
木村≫スポーツを結構やる家族

だったので、それでアクティブな
ほうに行きました。

原口≫ちょっと映像が乱れました
すみません。

続いては眞島さんの
マル秘エピソードです。

自分で入れたがる。
供述してくれたのは

山形の高校時代の

バスケットボール部でともに
汗を流した親友です。

我妻≫例えば高校生のときとかは
バスケの試合のときとかは

どっちかというとゴール下とかは
すごい上手なんですけど

外からは
あんまり入らなかったんですよ。

で、打つんですけど…

っていうパターンが何度かあって。

大事なところで
彼が打とうとしたときに

打つなー!とか
たまに言う人もいたので

結構、それは
いまだに印象深いんですけど。

でも彼はたぶん、そんなに
入らないと思っていないみたいな。

イジられ役なんですけど

本人は気付かず、ちょっと
すかしているときがあるから

よけい、いじられるみたいな。

そこかもしれないです。
そんな感じですかね。

歌っているときは
たぶん、入り込みますね。

ちょっとイキりながら歌いますね。

眞島≫恥ずかしい…。

近藤≫カラオケ好きなんですか?

眞島≫好きなんですね。

いろんな方のを
歌わせていただくんですけれども

いきって歌っているかは
分からないですけどね。

1ミリもうまく歌おうと
思っていないですよ。

近藤≫どういう気持ちで?

眞島≫心のデトックスだと
思っています。

♪~<「レイニーブルー」>

足立≫流れていますよ?

眞島≫やらないから。

近藤≫マイクがないとだめですか。

眞島≫持ってこないでください。

木村≫マイクですよ。

眞島≫それはマジックですから。

近藤≫木村さんとあだっちーが
目を合わせて

うんうんと話を聞いていましたが

カラオケへ行かれたんですか。
足立≫飲みの場で。

近藤≫眞島さんはそのとき
歌ったんですか。

木村≫誰も
お願いをしていないのに。

眞島≫なんとなく
そろそろかなと思って

誰かが歌いだしたほうがみんなも

心のデトックスをしたいだろうな
と気遣いですね。

声量があってうるさいんですよね。

それも気遣いで

マイクがあまり近いと

皆さんにご迷惑かなと思って

遠めにしています。
♪~<「レイニーブルー」>

木村≫みんな拍手していますよ。
眞島≫まじで本当に…。

足立≫笑って
歌ってくれないですね。

眞島≫こんな展開あり?

木村≫顔が真っ赤。
眞島≫本当に恥ずかしいですよ。

原口≫番組としては歌詞カードを
準備していたんですけどね。

眞島≫その辺は
ありがたいんですけれどもね。

近藤≫歌詞カードを
用意したわりには

カラオケの音源では
なかったですけどね。

足立≫いじられ役と言われていま
したけども確かにそう思いますね。

眞島≫そうだったのかなと。
自分としては納得がいっていない。

近藤≫バスケ部時代もですか。
眞島≫そんなエピソードも

ありましたが
そんなにいじられ役なのかなと。

足立≫今回の現場は
結構いじられていましたよね。

眞島≫あれがいじられている
ということになるのかな。

木村≫清水さんか眞島さんかです
よね、いじられるのは。

足立≫2人が
いじられていました、結構。

近藤≫眞島さんもいじられてると
いうことに気が付かれていない

みたいですけど
私ここで初めて会いましたが

気付きましたよ?
だいぶ2人からいじられているな

というのは。
木村≫足立さんのいじりが

とても上手で。

原口≫きょうは手ぐすね引いて
待っていた感じじゃないですか。

眞島≫生放送の番組に

楽にいる姿が羨ましくて
しょうがないです。

足立≫むちゃ振りしたら
もうちょっとやりますか?

眞島≫やめなさい。
近藤≫大人のやめなさいが

出ましたね。
原口≫さらにお二人の素顔に

迫ります。

判明?○○ラブ。

まずは木村さんが
愛しているものは、ふみ旅。

一人旅をするのが
お好きなんですね。

ふみ旅、3か条があるそうです。

とにかく移動とあります。

木村≫観光地に着きましたで
終わりじゃなくさらに、

そこから移動してわざわざ
郊外に行きがちなんです。

近藤≫とにかく動いてるのが
好きなんですか?

木村≫ずっと
移動していたいんです。

近藤≫どこかにとどまって
温泉入ったり

買い物したりというのは?
木村≫全然ないです。

買い物はしないですね。
とにかく電車に乗りたいんですよ。

近藤≫その地の電車に
乗りたいんですね。

どこにどこに行こうとか
決めないんですか?

木村≫その日に着いて

ガイドブックを見てここに行こう

とふらっと行く感じです。
近藤≫地元の電車に乗ってですね。

景色を見るのが好きなんですか?
木村≫景色を見るのが好きですし

そこでの出会いがおもしろくて

海外の電車は向かい合わせの
ボックスの席とかあるんですよ。

知らない海外の方と
相席になったりして

気まずいからなんとなくしゃべる
感じが。

原口≫とにかく話しかけると
ありますね。

近藤≫ボックス席で
知らない方がいても

景色を見たりしたら

黙ってはいられるじゃないですか。

足立≫話さなくていい環境では
ありますよね。

木村≫話しかけたく
なっちゃうんですよね

わざわざ電車に乗って

リュックを背負って
どこかに行こうとしている

ちょっと
わくわくしちゃうんですよね。

どういう経緯で

電車に乗って目的地に
向かっているのか。

足立≫日本だったら日本語で
通じますが海外は彼らのことばが

あるじゃないですか。
木村≫全然英語しゃべれないん

ですが、相手の方が
英語圏とはかぎらないので

お互いにつたない英語で
しゃべるみたいな。

近藤≫これはドバイですか?
木村≫お店の人に

撮ってもらいました。
海外に行くと、ちょっと

羽ばたきがちなんです。

近藤≫今まで、海外でも

話しかけてみて

おもしろかったなという方とか
いますか。

木村≫いました。

ちょっと初老ぐらいのおじ様に
話しかけられて

長い時間、川べりに座って
しゃべっていたんです。

近藤≫電車でもないんですね。

木村≫行きたいところがあって
迷っていて道案内をしてくれて

その流れで川べりに座って
話をして最終的に君の瞳に

キスしたいと言われました。
近藤≫がっつり口説かれてるじゃ

ないですか。
木村≫おもしろいと思いました。

これは夢かなと思いました。

原口≫一人旅で怖い思いを
したことはないですか?

木村≫それはないですね。
それがないように移動しています。

絶対に路地に行かないとか
夜中に出歩かないとか

ここはやだなと思ったら
近づかないとか

それを徹底しています。
近藤≫だからいい人との出会いが

たくさんあるんでしょうね。

原口≫3つ目、ごはんに
こだわらない。

近藤≫旅のよさといったら
ごはんはないですか?

木村≫ごはんができる予定を

組んでしまうと時間に縛られ
ちゃうなと思ったんですよね。

行くところに好きなだけ行って
その合間で

屋台で食べたりとか
ふらっと入ったところで

勧められたものを食べたら
名物だったりとか

ハプニング、サプライズを
楽しみにしています。

足立≫失敗したくないなとか
ありませんか?

木村≫失敗したら、それも
ネタになります。

おいしいと聞いていたのに
すごいまずかったみたいなのも

話がおもしろいなと思っちゃうの
で、まずくてもウエルカムです。

近藤≫さっき口説いてきた

おじさんとどこか
行ったことなかったんですか?

木村≫なかったです。
でもアイスをおごってくれました。

近藤≫今までふらっと行った

ところでこれはおいしかったと
いうのはありますか。

木村≫フランスは何、食べても
おいしいなと思って。

声をかけてくださった方が

フランスで何を食べた?と
聞いてくれたんですけど

レストランとか入って

ごはんを食べていなかったので

パンかなと言ったら
パンにもいろいろあるじゃない

クロワッサンとかと。
そういう会話が

すごい楽しかったんですよ。
近藤≫フランスに行って確かに

パンだけしか食べないって
なかなかないですよね。

木村≫それぐらい食に
こだわりがなくて。

足立≫結構、作るから行った
旅先で食べたものを

家でまねするのかなと
思っていました。

木村≫それはないですね。
やっぱり和食が好きです

作る分には。

近藤≫向こうに行って自分で
調味料を買うことはなく

家に帰ってほっとして和食を
作ってという感じですね。

原口≫続いては
眞島さんずラブにまいります。

故郷・山形ということで

山形あるあるを
伺ってまいりましょう。

いくつか項目があるんですけれど
どれからいきますか?

近藤≫1個目気になるのは
合コンは芋煮会?

眞島≫今からの季節ですね

秋に河原で会社だったりとか
高校だったりで

芋煮会を開くんですよ。

近藤≫手前も奥も絶対に
芋煮会ですよね。

眞島≫これは別チームですね。
そして左右にもいるはずです。

河原が
もくもくになっちゃうぐらい

たくさんやっています。

足立≫バーベキューみたいな
のりなんですね。

眞島≫それに近いですね。

近藤≫合コンということは
初めて会う男女が?

眞島≫そういうのもあると
聞きました。

僕は高校までしかいなかったん
ですけどね、地元に。

足立≫合コンって
大学生以降ですからね。

眞島≫盛り上がっている
みたいですよ。

近藤≫眞島さんはデートで
芋煮会をしたりとか。

眞島≫芋煮会は学校の行事でしか
行ったことなかったんですよね。

あとは町内会の行事。

だから毎週秋になると
芋煮会になるんですよ。

近藤≫そんなに頻繁なんですか?

眞島≫大人になると
土曜日も日曜日も

ということになります。
足立≫そんなに

芋煮を食べるんですね。
眞島≫なんであんなに

食べるんでしょうね。
近藤≫飽きたわというのは

ないんですか?
眞島≫ことしもそういう季節だね

となるんです。

原口≫ほかにどれにいきますか?

近藤≫4番目の…。

カルト的人気
「今夜はなまらナイト」ですね。

眞島≫有名人気番組ですね。
近藤≫コントのときに使う

偽物の番組名の名前みたいですね。

眞島≫オンエアは
山形だけなんですかね。

これはトーク番組なんです。
原口≫山形放送局制作の

ローカル番組です。
かつて放送されていたものです。

たまに特番も
やっているらしいんですが

VTRが山形放送局にありました。

≫テーマは芋煮です。
≫って、また芋煮?

≫これにいっぱい1人分。
≫これで1人分?

≫すごいおいしそう。
≫おいしいですよ。

≫最後、お餅なんですか?

≫余りごはんを入れて…

≫豆腐は絶対なんですか?
眞島≫豆腐は絶対ですね。

だけど、シメのリゾットとかは
ちょっとながったですね。

≫いただきます。
≫どうぞどうぞ、皆さん。

眞島≫んまい!

≫眞島さん、自分で料理します?

眞島≫ごはん炊いだりとか…
ゆで卵作ったりとか。

眞島≫これはまだ方言としては
地元の方からは

甘いと言われる方言。
足立≫まだまだなんですか?

眞島≫まだまだ。

東京に染まっでって。

近藤≫われわれからしたら
新鮮ですね。

足立≫眞島さんがなまっているの
見たことないので。

眞島≫いやいやなまりますよ
地元に帰っても

方言でしゃべりますし。

近藤≫山形弁で好きだよとか
何て

言うんですか?
眞島≫好きだずーです。

足立≫めっちゃ笑いが起きている。

近藤≫外から笑いが。

眞島≫とりあえず全部

濁点なんです。

近藤≫好きだ芋煮、好きだずー。

眞島≫合ってます。

イントネーションがちょっと
あれですけれども合ってます。

近藤≫山形でカップルができる
ときには好きだずーと

眞島≫まあ、好きだと。
近藤≫番組の中でも

芋煮を食べていましたね。

足立≫芋煮だらけ。

原口≫今、2つご紹介しました。
3つ目、どれにいきますか?

近藤≫イチマルという。

原口≫山形あるあるなんですか。

眞島≫イチマル、ニマル
サンマルと。

何でなんでしょうね?
小学校から

ずっとです。
足立≫みんな言っているんですか。

眞島≫みんなも言いますし
先生も言いますし。

近藤≫番組を見ていたら

マルイチと言うじゃないですか
それに違和感は

感じないんですか?
眞島≫気付かなかったです。

原口≫(1)は?

眞島≫イチカッコになるのかな。

カッコイチと言った記憶は
あまりないですね。

足立≫イチカッコの図を見て
くださいとなるんですか。

眞島≫確かに授業中は…
確認しておきます。

近藤≫眞島さんだけかもしれない
ですものね。

続いては「ん」で始まることばが
多い。

原口≫山形のことばが「ん」で
始まることばが多いんですね。

眞島≫んだから、とか。
近藤≫なんで

「ん」が入るんでしょうね。
眞島≫何ででしょうね。

近藤≫地元に帰ると
すっと方言が出てきますか?

眞島≫出てきますね。

近藤≫んだからさとか。

眞島≫んだから~
今度こういうのに出るんだけど~

とか。
近藤≫伸ばすんですね。

眞島≫それは
自分の性格かもしれないけれど

「う」が「うん」に
なまっているような感覚ですかね。

♪~(「レイニーブルー」)

ななみ≫♪「レイニーブルー
もう終わったはずなのに」

♪「レイニーブルー
  何故追いかけるの」

ななみ≫眞島さんが歌わないから
ななみが歌ったよ。

木村さん、眞島さん、こんにちは。
眞島≫こんにちは。

ななみ≫8月もきょうで
終わっちゃうね。

お二人は夏休みの宿題って
ぎりぎりだったタイプ?

木村さんはどう?
木村≫ぎりぎりです。

ななみ≫そんな感じがした。
<笑い声>

ななみ≫男前にあとからがーっと
書きそうな気がした。

眞島さんはどう?
眞島≫途中から

ぎりぎりになっちゃうタイプ。
前半戦は一生懸命やった。

ななみ≫どこかから
つじつま合わせるタイプ。

眞島≫言い方が…。

ななみ≫きょうもおすすめ番組
いっぱい紹介するよ。

まるNフラッシュ!

夏が終わるの寂しい。

でも食欲の秋が来るからうれしい。

≫去年9月、地震の影響で
北海道のほぼ全域が停電。

復旧まで45時間かかりました。

交通網は分断し、行政機能もまひ。

患者の命を預かる医療現場も
混乱しました。

もし、大都市で
ブラックアウトが起きたら?

今回、NHKスペシャルでは

取材をもとに作成した
ドラマを交え

大停電で、どのような
危機に見舞われるのかを

シミュレーションします。

大停電の脅威に、私たちは

どう備えていけば
よいのでしょうか。

ななみ≫考えさせられる
番組だよね。

木村さん、眞島さん

お二人はいざというときに備えて
やっていることって何かある?

木村さんは備えていること
あるかな?

木村≫目が悪いので

眼鏡を置いておくようにして

いますね、常に。
ななみ≫危険だものね。

何も見えなくなっちゃうもんね。
眞島さんは、何か備えている?

眞島≫僕は自宅に
非常時の持ち出し袋

セットになっているやつとか

お水を一応、大量にというか
準備してありますね。

ななみ≫セットの中には
何が入っているの?

眞島≫防寒の
アルミシートみたいなものとか

そういうのがひとしきり
入っていますね。

ななみ≫万全タイプなんだね
それは。

眞島≫ああ、はい。
ななみ≫注目番組を2つ続けて

紹介するよ。
まるNフラッシュ!

非常袋に必ず入れてるのは大福!
でも、日もちしない。

≫6年後

700万人にもなるといわれる

認知症。

患者と家族を取り巻く不安。

しかし

認知症のお年寄りと向き合い

笑顔を取り戻してきた

プロフェッショナルたちが
いました。

大谷≫ほっとかないことが
とても大事。

誰かが必ず見てるよというか
つながってるっていうか。

和田≫できることを
自分で、できたっていうのが

すてきだよね。
加藤≫介護とか医療だけで

その人の生活
見れないじゃないですか。

地域の人たちも一緒に
支えてもらわなきゃいけないし。

その人らしさを奪わない
3人の認知症ケアの極意とは…。

「有吉のお金発見
 突撃!カネオくん」。

今回は?

東京オリンピックを来年に控え

増え続ける
外国人旅行客を大調査!

日本人には思いもよらない
お金の使いみちが明らかに。

そして、外国人に人気の
マル秘スポットも。

有吉≫なるほど、そうなんだ。

ななみ≫楽しそうだったね。

木村さん、眞島さん

お二人がこれまでに買ったもので
いちばん高いものって何かな?

木村さん、何?
木村≫テレビですかね。

ななみ≫それは結構
大型ということ?

木村≫大きめのテレビを買って
しまったんですけれども

あまりテレビを見なくて。
<笑い声>

ななみ≫ほかに、かけどころが
あったのでは?

木村≫そうですね。

ななみ≫ほかに
欲しいものないの?

木村≫欲しいものですか?休み。

近藤≫旅に行かせてください。

木村≫行かせてくれ!

ななみ≫旅に行ってもお金は
あまり使わなそうだよね。

近藤≫アイスを
おごってもらえるし。

ななみ≫眞島さん
いちばん高いものは何?

眞島≫そんなに思い浮かばなくて。

でもテレビってかかるよね。
確かにそうだなと思って。

ななみ≫2人は貯金するタイプ?
ぱあっと使っちゃうタイプ?

木村≫使うお金と貯金する
お金を、かつっと分けます。

眞島≫男前だな。
ななみ≫しっかりしている。

眞島さんはどうなの?
眞島≫貯金したいなと思いつつ

なかなかできないですね。

ななみ≫大人になって大人買いと
よく言うでしょう?

大人買いしたことはある?
木村≫駄菓子を大人買い!

ななみ≫夢だね。

足立≫駄菓子屋で
1万円とか使いますもん。

箱のまま買っちゃいます。
箱で買うの夢じゃないですか?

近藤≫店みたいに家で開いて。

ななみ≫眞島さん欲しいもの
ないの?お金かけて。

眞島≫思い浮かばない。
<笑い声>

ななみ≫山形で盛大に芋煮会を
やりましょう。

眞島さんのおごりでお願いします。
眞島≫分かりました。

ななみ≫やった!

近藤≫改めて「サギデカ」の
見どころをお願いします。

木村≫スピーディーな中にも

人間もようがしっかりと
描かれているので

本当に正座して見ていただいても

もう終わってしまったと思う
ぐらいおもしろく見ていただける

と思います。
眞島≫木村さん演じる


関連記事