沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」海を求めて引っ越しする人々・1年363日は海…


出典:『沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」』の番組情報(EPGから引用)


沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」[字]


トム・ブラウンが体当たりリポート、初めてのサーフィン!▽海を求めて引っ越しする人々。▽驚き!強化指定選手が4人もいる中学校。1年で363日は海に入る!?


詳細情報

番組内容

カット・バック・ドロップ・ターン! 憧れのマリン・スポーツ「サーフィン」を特集する。波のトンネルを駆け抜ける、ファンタスティックな世界がそこに!▽トム・ブラウンが初めてのサーフィンに挑戦! サバンナ高橋茂雄は、怪しさ満点の陸サーファーに!▽天才プロサーファー中学生に密着。1年で363日は海に入るが、学校の体育は苦手?▽海へのリスペクト。波に乗るのではない、乗せてもらうのだ!

出演者

【ゲスト】トム・ブラウン,プロサーファー…川合美乃里,プロサーファー…岩見天獅,【出演】プロサーファー…新井央真,プロサーファー…長沢侑磨,プロサーファー…寺田文太,【司会】高橋茂雄,松井愛莉ほか


『沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」
  1. 松井
  2. 天獅
  3. 美乃里
  4. サーフィン
  5. 布川
  6. ハマ
  7. ボード
  8. カッコ
  9. 練習
  10. 学校
  11. 高橋
  12. ジャン
  13. トム
  14. ブラウン
  15. ショートボード
  16. バランス感覚
  17. 一方
  18. 結構
  19. 今回
  20. 自分


『沼にハマってきいてみた「恐ろしい子!10代のプロサーファーたち」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

ビッグウエーブに
ボード1本と己の肉体だけで挑む…

初めてオリンピックの正式競技となる
東京大会が迫ってきた!

世界の競技人口は 野球より多い
3, 500万人とも言われている

超人気スポーツだ!

子どもから大人までハマる…

(高橋)トム・ブラウンがサーフィン!?
(松井)アハハハハ!

最高の波に舞え!

はい!

あの まあ 僕も目いっぱい
自分の中の…

マリンスポーツの中でも…

いやぁ 確かに。

いやぁ どうもどうも どうも。
どうも~ どうも~。

トム・ブラウンです。
よろしくお願いします。

今回ね…

僕が この前…

そうか 結婚しててんな。

その時に 助産師さんが
いらっしゃいまして その人が…

…って 僕 間違えられまして。

で その話をしたら…

ちょっと待て!
え~!

(笑い)

今回のハマったさんは こちらの2人。

ともに日本を代表する…

…にもなったことがある18歳。

一方の…

全米?
(天獅)はい。

サーフィンの本場
アメリカで優勝した

世界レベルのスーパー中学生だ!

すごいな! だから…

(笑い)
え~っ!?

今日は サーフィンの魅力を
3つのポイントで紹介していく!

まずは…

ぬぬ! 絶景って何?
美乃里ちゃん 教えて~!

ふだん なかなか味わえない…

…を感じれますね。
なるほど。

そうか あのすごいスピードで
海の波の中を走ってる時には…

はい。

(笑い)

サーフィンだからこそ味わえる
「スピード感」と「絶景」を体験するため

サーフィン初心者の
トム・ブラウンが突撃取材!

ウエット着たら
めちゃめちゃサーファーやな。

バランス感覚には自信がある!

そんな2人に
サーフィンを教えてくれるのが…。

サーフィンに
必要なアイテムは…

ボードと自分の足を
つなぐ…

そして 日焼け止めの5つ。

海の上は 照り返しもきついから…

ちなみに今回は
初心者の2人のために

普通のサーフボードより浮力がある
スポンジボードを使うよ~。

まずは陸で…

沖に向かう時はもちろん

波に乗る時にも行う 基本動作だ。

結構 あの…。
あ~っ!

上体を大きく反らすため

ふだん使わない背中や肩の筋肉を
使うんだ。

(布川)結構 疲れますよ。
へえ~。

続いての練習は…

これ難しそう。

そうです そうです
そうです。

…ことが大切なんだ。

そして…

(みちお)人によったりとか
ボードによって結構違う…。

パドリングとテイクオフを
体に覚え込ませること30分。

いきなり実践!?
放り出すの早すぎるやろ。

トム・ブラウン…

おお~。

まだボードに立ってもいないのに
この はしゃぎよう。

陸でたたき込んだパドリングと
テイクオフは生かせるのか?

先に挑戦するのは
バランス感覚に自信がある みちおさん。

おおお~。 わわわ。
(松井)わわわわ…。

あかん。

立たれへんもんや。

あっ…。

いけ!
(松井)いけ!

ああ 惜しい!
ああ 惜しい~。

(布川)これ 一発目ですからね。

ここで…

…ようにするといいんだって。

みちおさん 今度は立てるか?

おお~!
(松井)すご~い! 立てた!

海に入って30分。
ついにボードの上に立てた!

カッコよくはないけども。
(みちお)ハハハハハ。

次は 布川さん!

おお~ 立ったやん 立ったやん!
(松井)お~ すごい! 立ってる。

そう!

…は サーフィンだからこそ味わえるもの。

スピード感は 今ので僕
すごい理解できたんですけど

絶景っていうのは
ちょっと どんな感じなのかが…。

そこで プロの…

ああ あ~! うまい うまい うまい!
すごい!

…は 陸では絶対に見られないもの。

きれい。

すごい!
カッコよかった。

(美乃里)…光景かなとは思いますね。

波の状態がいいと
もっとスゴい光景が見られる!

それが こちら!

うわ~。
(松井)え~! こわ~い。

うそ~。
これ最後はどうなんの?

抜けてま… 抜ける?
(美乃里)抜けます。

(松井)抜けられるんだ。
(美乃里)はい。

(松井)おお~ すごい。 きれい。

波のトンネルを駆け抜ける

ファンタスティックな世界が そこに!

いや~。
(拍手)

さっきの こういう波の「バンッ」
っていう中を走るやつ

あれは…

そうですね 入った時は
「うお~ ヤバい!」と思って…

最初は…

続いての サーフィンの魅力は?

スタジオに
3種類のサーフボードを用意したよ~。

じゃあ まず いちばん この大きいの。

これは もう…

それ以上のもののサイズなんですけど。

これは もう…

こんなに板が大きいのに。
え~。

ボードの先端まで歩く…

体感でいうとね…

(笑い)

次は いちばん短いショートボード。

私たちが
いつもやってるボードですね。

これは さっきの…

使っている人がいちばん多いと言われる
ショートボードは…

ああっ よっ… えっ?

そうです。
もっと軽くして下さいって…。

(布川)全然 片手で持てますね これ。
様になってます。

(松井)できそうですよ。
うん。

これで うろうろして…

(笑い)

(みちお)海に入らないんですね。

そして ロングボードと
ショートボードの中間…

美乃里さんによると…

…人に向いているんだって。

ちなみに 僕がやるとしたら…

えっと やっぱ 最初はこれかな…。

ファンボードって
板の助けをもって乗れるし…

へえ~。

こちらは ハマったさん2人が
使っているボード。

(天獅)ターンの小回りが利いたりとか…

そんなに このちょっとした差で変わる?
(天獅)かなり違います。

(高橋 松井)へえ~。

そうなん!?

ちなみに…

今までだったら…

すごいな!

私は今は…

でも…

(美乃里)この波には この板がいいんだ
この波だったら これだったんだ

っていうのを…

はあ~ すごい…

そうなんです。

続いては…

3つの項目で

美乃里ちゃんと天獅くんの
ハマりっぷりを見ていくよ~。

題して…

(拍手)

まずはね…

実は サーフィンを始めた年齢

こちらになっております。 ジャン!

うわ~ 早い。

これは だから
なんか一個あんのかな

やっぱ5歳ぐらいから やらないと
っていうのがね。

なんと5歳で
サーフィンを始めたという2人。

私は…

で お母さんが
「やろうかな」って言って…

…しかなくて 始めましたね。

(布川)そういう理由なんですね。
なるほどな。

「お母さん 置いてかないで」って
いったら…

そうです そうです そうです。
(笑い)

ビーチで「カッコいいな~」と思って。
それで…

で 買ってもらいました。
ほんなら できるようになったんや。

さあ ハマったさん2人が
サーフィンと出会った頃…

こちらです。

(松井)何!?
同じ年代の時?

あの当時 僕がハマってたのは…

(みちお)親父とよく2人で山菜採り…。

親父が 沢の所とかにハマっちゃって

でも そこに めちゃめちゃいい山菜が
ダーッて生えてて

「おっ あるぞ!」っつって
僕も その沢 ガーッて駆けてって

2人で…

どんだけ練習しても…

さあ 続きましては…

こちらになります。 ジャン!

美乃里ちゃんは 「ある宣言が
人生を変えた!」となってますけども

続きまして こちら…
その前に天獅くん!

こちら 「ハマったさんクイズ!」です。

(布川)さあ この「?」とは何でしょう?

あの あれじゃない?

9歳って 多分3年生ぐらいやから…

…だと宣言した。
(笑い)

(布川)高橋さん…。
はい はい はい。

(笑い)

さあ そんなもんじゃなく
もっとすごいことです。

正解 こちらです。 ジャン!

どういうこと?
(布川)はい どういうことでしょうか?

海がないから
毎日サーフィンしたいっていうことで。

お父さんも仕事の関係もあるしな。

それを…

え~!?

しかも 天獅くんは その作文を…

その結果…。

千葉と埼玉を 仕事あるから…

一方の美乃里ちゃん

14歳の時 家族の ある宣言によって
人生を変えられた!

でも 私は お父さんから
言われたんで。

あっ 「住むぞ!」って言われたんや。
そうです。

美乃里ちゃんは どこなの? もともとは。

遠すぎる!
そう それが結構大変で

それで もう…

すごいパニックになったけど

もう ポンポンポンって
決まっちゃいましたね。

でも やっぱり それだけ家族が
サポートしてくれないと

この年齢でプロでやっていくのって
大変なんやろな。

はい。
そうですね。

続いて 「プロサーファーに」
こちら見ていきたいと思いますね。

いろいろな苦労を経て
2人は ついにプロサーファーに。

こちら ジャン!
うわ~ すげえ。

(布川)はい こちら 美乃里ちゃん。

13歳で 「U-16」ですからね。

しかも このぐらいの年って…

13歳と16歳って いちばん違うもんね。
そうですね。

(布川)そして 13歳7か月で

日本のプロサーフィン連盟の
プロ資格を取得したと。          え~!?

これは当時の最年少記録!

賞金が出る大会に
中学時代から出場していた。

一方 天獅くんは?

はあ~!

実力的にいうたら全然 なんやったら…

いや それは…

日本男子の中では やっぱり
すごい人が いっぱい いるんや。

いっぱい います。
へえ~。 美乃里ちゃんは ちなみに…

来年?
はい。

(松井)カッコいい。
美乃里ちゃんの…

サーフィンの魅力
最後は?

これは どういうことなのかな?

それを知るため

中学生プロサーファーの1日に密着。

ふだんの生活をのぞいてみよう!

天獅くんが住んでいるのは

東京オリンピックの
サーフィン競技の会場に近い

千葉県 いすみ市だ。

登校前の天獅くんを訪ねた。

(高橋 松井)かわいい。

ん? 家の前に…

(取材者)ランプ?
はい。

(天獅)
波が悪くて練習ができない時とかに

あれ使って 技の練習したりとか
エアの練習をしたりとか。

家から学校へ…

はい。

1時間歩いて
ようやく学校に着いた。

(松井)1時間も歩くのか。

海の上では優れた身体能力を誇る
天獅くんだが

学校で 意外な一面を見せる。

(松井)あれ!?
え~!?

これは もしかして…?

(松井)ほんと?
うそ~!?

(美乃里)めっちゃ分かる。
分かる?

全米大会を制した天才でも

苦手なことは あるようだ。

そうなんや。

友達と話しているのは 波のこと?

見れば 全員よく焼けている。

この子たちは…

そう 実は この中学校には…

…が 4人もいるんだ!

(チャイム)

みんな やっぱり
千葉に引っ越してくんねや。

はやっ。

授業が終わると…。

いきなり…

車で待っていたのは…。

その訳は?

(取材者)もう直接行くってこと?
はい もう このまま。

学校から
練習場所にしている海岸までは…

移動の間 天獅くんはスマホで…

そのためのアプリは
8つも入っている!

(高橋 松井)え~!?

天獅くんがホームとしている
釣ヶ崎海岸に到着した。

海に入って数分で…

カッコいい。
うわ~。

この日は 波が小さかったので

難しい技ではなく
基本に忠実に 波に乗る練習を行った。

うわ~。

見よ 陸上との動きの違い!

ほんまや あんな鈍くさかったのに。
(笑い)

しかし天獅くんが好きなのは
波に乗ることだけではない。

(笑い)

海の中で日常を忘れ

自然と一体になることに
幸せを感じている。

寒いやろ? でも海 冬は。
(天獅)冬はヤバいです。

海の外でも
練習が続く。

2 3 4。

そう ジムでの…

筋力を増し
バランス感覚を養うため

週に3回 1時間半の
トレーニングをこなす。

試合になると。

こんなに夢中になれるサーフィンで
天獅くんが大切にしていることは?

その時に 自分なりに…

ああ~。
(拍手)

すごいハードな毎日をやってるけど

学校での…

それが いざ海に入ったら
あのカッコよさ。

(松井)カッコいいです。
ほんで…

あれは…

「今日もよろしくお願いします」
みたいな感じで。

美乃里ちゃんは あの気持ち分かる?
分かりますね。

試合前とかも結構

「お願いだから いい波乗らせてください」
って思って… しますね。

あれってさ 試合の時って…

(美乃里)違いますし…

だから急に めちゃめちゃラッキーに

いい波来て
勝ってしまう人とか いるんや?

いますし
逆に負けちゃうこともありますし。

そうなんです。

2人は将来…

ただサーフィンが うまいだけじゃなくて
人として すごいステキだなって…。

…って思われるような
サーファーにはなりたいなって。

…になれるっていうか。

…っていう感じの
サーファー目指してます。

まあ 陸の…

(笑い)

美乃里ちゃん 天獅くん!

♬~

せ~の!


関連記事