踊る!さんま御殿!! 超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事でいがみ合い!?・浦和と大宮はイヤな人が多い!?…


出典:『踊る!さんま御殿!! 超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事でいがみ合い!?』の番組情報(EPGから引用)


踊る!さんま御殿!![字]超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事でいがみ合い!?


群馬ツートップ中山秀征&井森美幸が揃って参戦も自慢がセコすぎて埼玉にメッタ打ち!?ハライチ澤部が爆弾発言!浦和と大宮はイヤな人が多い!?埼玉軍団でまさかの仲間割れ!


詳細情報

出演者

【司会】明石家さんま

【ゲスト】イジリー岡田、井森美幸、大友花恋、佐藤梨那(NTVアナウンサー)、JOY、辛酸なめ子、ダイアモンドユカイ、中山秀征、ハライチ、堀尾正明、松尾英里子、若槻千夏(以上五十音順・敬称略)

番組内容

群馬の前ではうっかり東京ヅラする埼玉県民に中山秀征&井森美幸の群馬軍団が大逆襲!県庁の高さと焼きまんじゅうを武器に戦うものの返り討ち!?群馬県民の貯金箱は○○植木鉢は××!数の数え方が独特すぎる?ホットケーキもコロッケも砂糖醤油?続々出てくる群馬(秘)あるあるにさんまも大爆笑!埼玉県で内紛が勃発!?やたらプライドの高い浦和と大宮をハライチ澤部が一刀両断!埼玉出身女子アナにお笑い怪獣・さんまがモノマネ強要!


『踊る!さんま御殿!! 超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事でいがみ合い!?』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

踊る!さんま御殿!! 超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事で
  1. 澤部
  2. 中山
  3. 群馬
  4. JOY
  5. 井森
  6. 埼玉
  7. 浦和
  8. 堀尾
  9. 若槻
  10. ホント
  11. 大友
  12. 東京
  13. 岩井
  14. 全然
  15. ユカイ
  16. 松尾
  17. 県庁所在地
  18. 高崎
  19. 全部
  20. ウナギ


『踊る!さんま御殿!! 超ローカルバトル!埼玉VS群馬がささいな事でいがみ合い!?』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

皆さん お楽しみに!
(拍手)

<全面戦争!>

(中山) どうだ ビビっただろ。

<そして 同じ県内なのに
いがみ合う

ライバル都市の
ののしり合い!>

♬~

(さんま) お願いします。

<地元への熱過ぎる思いを
全て笑いで制するのは

当御殿の主人 明石家さんまです>

(歓声と拍手)

(澤部) 『さんま!御殿‼』!
(井森) 待ってました!

うるさい!

ただ この企画は
かなり やってるんで

もう ネタないんじゃねえかと。

(中山) いやいや さんまさん
そんなことはないです。

薄くは なってますけど。
薄くは なってる?

大丈夫です 大丈夫です。
関西人からすると

東京 それと 埼玉だ 群馬だ
この関係が

どう当てはめてええか
分からへんからやな。

だから 分かりやすく
東京を吉本としよう。

(堀尾) えっ 吉本
例えていいんですか? 今の時期。

アカン アカン
吉本 アカン アカン。

え~ ほんだら
東京をさんまにしよう。

そしたら 群馬は誰?

う~ん 東京をさんま…
じゃあ 群馬は…。

群馬は俺ぐらいです。

埼玉は?
(澤部) 埼玉なんてのは そんな…。

(澤部) もうホントに
デッカチャンとか。

(笑い)
いや もうホントに…。

それは デッカチャンにも
埼玉にも失礼やろ。

ホントに 若手芸人って
ホントに そんな…。

さぁ 今日は その
いろいろ また 細かいことを

言っていただかなきゃ
いけないんですが。

初めての方が 辛酸なめ子さん。

よろしくお願いします。
辛酸なめ子さん。

初め 俺 芸人や思うて 女芸人
こんなんも出て来たんか思うて。

「辛酸なめ子」は本名で?

本名は ちょっと違う。
やっぱり そうですよね。

そりゃそうですよね
「なめ子」はね。

おいくつで
いらっしゃるんですか?

あの~
ちょっと あの ちょっと…。

内緒?
う… 74年生まれです。

いや 何で言うの?

(笑い)

そしたら
年を言えばええやないか。

(澤部) あんまり言いたくないけど
さんまさんに聞かれたから。

何で 俺が 引き算せなアカンねん
アホ お前。

よろしくお願いいたします。
(辛酸)よろしくお願いいたします。

そして もう1人が佐藤さん
はじめまして。

(佐藤) はじめまして。
他の番組でも会ってない?

会ってないです。

何年目?
入社3年目になりました。

同期は誰なの?
たぶん どなたも まだ…。

3年目の人 知らないんだ
1年目は知ってても。

そうなんですよね。
1年目は あれやな

『まる見え!』とかやってる彼女。
それが2年目になりました。

あれが2年目になって
だから 岩田とかは

「ローラです」とかいうモノマネ
とかやったりしてるから

負けずに 誰のモノマネで?

(澤部) 芸人じゃないから!

引っ提げて来てるって。
(澤部) 3年目。

(岩井) あるの?
ある ある。

(JOY) 持って来てなさそうだけど。
持って来てるに決まってる。

羊。
羊のモノマネ。

羊。
(澤部) 行けるの?

メェ~。

どつくぞ アホ お前。
(笑い)

(澤部)
どつかないであげてください
振り絞ったんだから。

(岩井) 頑張りましたよ。
(澤部) 羊をどつかないであげて。

一番やっちゃいけない
モノマネやないか。

ヤギと羊の違いとか

コロッケさんの娘さんとか
引っ提げて来るからな。

そうですね。
羊は?

メェ~。
お~ ほんで ヤギは?

メエェ~。
違うやろ。

(笑い)
(澤部) 「違うやろ」。

(澤部) 違い出てた よかった 結構
違い出てたよ。

何が よかったんや。

3年目で あそこまで
できないですよ なかなか。

澤部は高評価。

(笑い)

イジリーさんも16年ぶりらしい。
(イジリー岡田) はい 16年ぶりです。

今 辛酸さんみたいに
年 聞かれて

どうしようと思って 「74年生まれ」
って言っちゃうじゃないですか。

この番組って
そういうことあるから。

16年前に 「どうや イジリー 家庭は」
って時に 別居してたんです。

ほれで 「言わなくていいぞ」って
言われたんですけど

言わなきゃ
この空気は ダメだなと思って

「別居してます」って言って
オンエアされちゃったから

次の月に離婚しました。

(一同) え~!

(中山) 恐ろしいね。

ホントに危ないんですよ。
危ないよ。

俺も この番組のせいやもん
離婚したの。

(中山) 違う 違う。
(若槻) それは違う。

(イジリー) 全部 持ってくんですね。
(中山) 全部 全部だもんね。

あげてるやろ お前らにも
ちょこちょこ ええの あげてるで。

そやから ダイアモンドさんも
今日は久々ですもんね。

(ダイアモンド 
ユカイ) 久々です。
ねぇ 今日は何県代表で?

埼玉県。
埼玉県代表。

それ ヒョウ ヒョウ ヒョウです?

(澤部) 全ヒョウ。

ヒョウヒョウとしてるヤツですね。

初めてや ヒョウヒョウと
してるヤツに会ったのは。

(中山) ここまでヒョウな人は。

すごいよな
埼玉県が あのファッションで

そして 群馬県が
このファッションで。

(井森) 水玉ですよ 私。

群馬カラーじゃ ない? 別に。
(井森) じゃ ないです。

でも 緑が多いんですよ
山が たくさんあるから。

(中山) 上毛三山。
こっちは3人が群馬?

(中山) 5人 群馬です。

ここ5人か。

ほんで 佐藤さんが?
(佐藤) 埼玉です。

(中山)ほぼ群馬みたいなもんです。
(佐藤)いやいやいや。

ここで いろいろ また
言い争っていただきますので。

行きましょう
このVTRからです どうぞ。

俺も横浜!


<と…>

そういえば…。


関西でもええやろ。
せやな。

ここで 奈良は ないわ。

奈良です。

(笑い)

(澤部) 格下の男?

格下やねん
京都と比べたら格下いうて。

(岩井) へぇ~ そうなんだ。
認めざるを得ないよ。

ただ 古いっていうのがある
都は 京都より早いからな。

(岩井) キャラかぶりって
言われてましたもんね。

キャラかぶりやね 確かに
お寺が多くて。

そういうのは
やっぱ 京都 奈良は…。

まぁまぁ
出ないしね あんまり 外へ。

で 芸能人も少ない。
(一同) へぇ~。

僕が出るまでは
奈美悦子さんぐらいでしたから。

最近は 城島とか KinKi Kids。

ゆりやんも奈良かな。

青山テルマさんとか出て来た。

定期的に 何か 濃いの出しますね。
濃い。

濃いめだね。

さぁ 堀尾さんから お願いします。

最近 今年になってから ご当地バトル
盛り上がってますよね この番組。

で 1月に 埼玉 対 群馬 対
栃木 対 茨城で

かなり盛り上がったけど
 埼玉って
ちょっと別格だなということで

4月に 今度
千葉 対 神奈川 対 埼玉って。

やりました やりました。
(堀尾) でしょ。

埼玉の地域
かなり認められて来たのに

なぜ 今日の企画が
群馬と一緒にやってんのか?

ちょっと! 何ですか それ!

(中山)納得いかないって話ですか。
そういうことですよ!

しかも
井森さん出して来たでしょ。

うちの顔って この2枚ですから。

群馬といえばね。

ぐんま大使 2人 来てますからね
これ以上 出ませんから もう。

2か月前から
ドキドキしてましたもんね。

(澤部) この2人 ポスター
一生 出てますもんね。

群馬のポスター
一生 この2人。

群馬も少ないのか
要するに 芸能人が。

ミュージシャン 多いですよね。
(大友) はい。

だって BOWYが
 そう。
そうか!

BUCK-TICKが そう。
えっ 群馬は。

それから back numberが そう。
えっ back number?

そうですよ 群馬ですよ。
へぇ~!

ミュージシャン すごいのは
輩出してるんだ。

ただ すごい多いんですけど
おふた方が素晴らし過ぎて

誰も太刀打ちできてない状態。
ここに入れないのか。

ぐんま大使も 10年
やらしていただいてるんですよ。

10年もやってんの。
(中山) 群馬に行ったら至る所に

われわれのポスターが
張ってある 行く先々で。

(堀尾) そういう所と一緒にやる
意味があるのかなと思って。

(澤部) そもそもね。
そうか そうか。

埼玉って 随分 今 『翔んで埼玉』の
映画の大ヒットがあったり

クローズアップされていて もう
神奈川 千葉なんです ライバルは。

(JOY) でもね 『翔んで埼玉』は
確かにヒットしましたけど

結構 調べてみたら ロケ地
群馬だったりしてるんですよね。

貸してあげてるの?
(JOY) 貸してあげてるんです。

埼玉の昔のシーンが出て来ると
群馬を使ってますからね。

俺らも たまにある。

練馬ナンバーか… 「群馬」か!
っていうのあるわ。

(大友) 字体が似てますからね。
(JOY) 「馬」。

(中山)井森ちゃん ちょっと前まで
群馬ナンバーだったですからね。

でも 遠くから見たら
練馬ナンバーに見えるから

全然 気にならなかったです 全く。

(岩井) 群馬ナンバーってね
軽トラしかないですよね。

えっ?
(堀尾) 軽トラ多いよね 実際。

(澤部) 普通車もあるでしょ 別に。
軽トラ多いの?

(堀尾) 保有台数
群馬 すごく多いんだよね。

(中山) 一家に3台といわれて。
そうそうそう。

ほいで 井森 違う番組で

ドライブスルーが
やたらあるっていう。

眼鏡のドライブスルーとかも。
なぁ あれ びっくりした。

(中山) JINSね。
はい。

薬もあったな。
(井森) クリーニングとか。

クリーニング そうそう。

ドライブスルーだらけなの。

あのね 風が強いからね
歩くのが無理なの。

空っ風がね。
空っ風?

風が強いから?

車から降りないです あんまり
もともと。

あと 夏はさ
40℃超えたりして暑いから。

めちゃくちゃ暑いです。
う~わ そうか そうか。

(岩井) 全部
サファリパークなわけじゃ ない?

(中山) 危ないわけじゃ ない。
(JOY) どんなイメージ。

(澤部) 全サファリ。
全サファリじゃ ない。

それやったら お前
ライオンとか放しとけよ もう。

すごい県だ。
(中山) 車から降りないです。

あんまり降りないのか。
でも 冬はいいよね 寒くないから。

降りずして 用が足せるから。
用が足せるって どういうこと?

(井森) 眼鏡 取りに行ったりとか
クリーニングとか。

おトイレではないんや。
違う!

(岩井) そっちの用足しじゃ ない。
(澤部) 全然 降りないじゃん。

(中山) でもね さんまさんね
まさに 今の話だと

それで 車に乗ってるから
頻尿率が低いんです。

ウソやん。
(岩井:澤部) えっ!

女性の頻尿率が一番低いんです
そうなんです。

何が?

足を使うから
ここの筋肉が締まって来る。

そんな 足 使うの?

(岩井) ペダルの車なんですか?

これ? 群馬は 群馬 こうやって?

はぁ~ これ 女子 井森 どうや?

でも そういわれたら
私 結構 耐えられるタイプです。

(JOY)
我慢でしょ? それ 単純な我慢。

(中山) 我慢強いんですよ。
(井森) 我慢強くなる。

は~ そういうのは ある?
お母さん お父さんとかも。

(大友)
そうですね 私自身 ロケとかで

一日 お手洗い行けない時とかも
ありますけど

無理だと思ってからは
だいぶ頑張れます。

あっ ホンマに強いのと…
どうやねんな この県民性は。

(澤部) 調べたいですね 何かね。
マジに そうですから。

(若槻) いや 確かに
そうかもしれないです。

この間 井森さんと
お食事 行かしてもらって

4時間ぐらい
しゃべってましたけど

私 3~4回 行ったんですけど
井森さん 行かなかったですよね。

(井森) 行かなかった 私
ちょくちょく行くから

盛り上がってるか
盛り上がってないか分かんない。

(岩井) 厳しいな。

(若槻) 全然 行かないんですよ
全然 行かないですし

いつも 車で
いらっしゃるんですけど

帰り 車 止めてるとこまで
私 送りますって言うんですけど

大丈夫って言って
走って逃げんですよ。

たぶん 群馬ナンバー
見られたくないからですよね。

(澤部) ペダル… ペダル車。

澤部 お願いします
「イラッとした」。

埼玉県内の話なんですけどね。

その~ 僕は 埼玉県上尾市
という所なんですけど。

浦和の人とかは…
何なんでしょうね。

浦和 ウナギが
有名なんですよ。

あっ 浦和って
そうなの?

駅の前に うなこっていうね
オブジェがあるんですよね。

なめ子じゃ なく… うんうん
なめ子じゃ なくて うなこ。

へぇ~。
うなこ。

俺らは 浜松のイメージばっかり
やったけど。

(堀尾) 有名なんです
浦和は有名なんですよ ウナギが。

ウナギ屋ばっかり。
(澤部) ウナギ 有名で。

そう で 浦和レッズとかね。

Jリーグの
有名なチームがあったりとか。

何か ホントに この観光地として
成り立ってます感

何か出して来るんですよ。
ウナギと何や?

ウナギとレッズだけですよ だから
ウナギとレッズだけで。

ウナギとレッズです ウナギと
レッズで その2点のみで。

(岩井) ウナギに レッズの
ユニホーム着せちゃったり。

観光地みたいな。
うなこちゃん? うなこちゃん?

(澤部) ウナギ自体も 今は別に
全然 取れないのに

ずっと ウナギを引っ張り
「観光地です」みたいな顔をして

上に立って来るという。
(堀尾) そうそう。

非常にプライドの高い県民の中の
浦和地区っていうのはね。

偏差値も 実は高いんですよ。
何で養殖しないねやろな?

ウナギで そんだけ…。
養殖はしてるんすか?

何 これ 急に 群馬 対 埼玉から
急に身内の反乱みたいな。

(堀尾) だから
浦和は いい所なんですよ。

ただね 群馬の前橋と
同じようなところがあって。

県庁所在地なんだけど 悲しい
ことが たくさんあるんですよね。

何が? 所在地やのに 悲しいって
どういうことなんですか?

(堀尾) 例えば 浦和はね
浦和ナンバーっていう

プレートがないんですよ。
えっ。

≪そうそう≫
(イジリー) ないんです。

(堀尾) 新幹線が通っているのに
県庁所在地なのに

駅がないんですよ
前橋も そうでしょ?

(中山) 前橋も そう
前橋は 県庁所在地なのに

新幹線 止まんないです。
(JOY) そう。

でも 前橋ナンバーはあります。
前橋ナンバーはある。

(ユカイ) ホントはね 大宮が
県庁所在地に なるはずだった。

(堀尾) ホントはね
昔 そういう いきさつがあって

トラブルもあったんですよ。
(ユカイ) 大宮が なってたんだけど

浦和が結構ね 姑息な てを使って。
姑息な て 使った?

姑息な て?
県庁所在地を分捕っちゃった。

はぁ~!
いろいろ政治の あれがあるんだ。

(ユカイ) それから ずっとね
県庁所在地を離さない 浦和は。

「離さない」。

県が決めたことやろ?

(イジリー) そうです 僕らが
決めたことじゃないですし。

浦和と大宮 仲 悪いですよね。
(澤部) 仲 悪い。

ライバル視してるのか。
(若槻) そうなんです。

合併しちゃったんで
もっと いざこざがあんですよ。

(澤部) で 浦和 大宮以外の
われわれからすると

浦和 大宮のヤツって
ホントにイヤなヤツなんですね。

(イジリー) 何で?
(澤部) その~ 何か…。

要するに 自慢して来よるの?
(澤部) そうです いわゆる…。

VTRでもありましたけど
やっぱり こう 上に立つというか。

その埼玉の中でな。

(澤部) 「はじめまして」で
ちょっと こう 話してて

「地元 どこですか?」 「埼玉です」
「あっ 僕も埼玉ですよ」なんて

話になった時に
「どちらですか?」って聞かれて

「上尾です」って言うと
「ア~ハ~…」っていう。

人の出身地 聞いて
「ア~ハ~ ア~ハ~」は

めちゃくちゃ失礼ですから!

で 「あなた じゃあ
どちらなんですか?」って

一応 聞くと 「あっ 僕は
まぁ あの 大宮です」って言うの。

あぁ~!
「僕は」は分かりますけど

「まぁ あの」
何? 「まぁ あの」って。

「僕は まぁ あの 大宮です」。

(ユカイ) だけどね 大宮の場合はね
「どこから?」って言われたら

埼玉県大宮市って言うんですよ
埼玉県上尾とか。

浦和は 「埼玉県」 付けないから。
(堀尾) 横浜と同じ。

(澤部) 横浜みたいな。
あぁ~!

(堀尾) 浦和って とにかく 駅が
いっぱいあるの 知ってます?

8個ぐらい あるんですよね…。
東西南北が。

なめ子さん もうちょっと
大きな声で入って来てくださいね。

浦和は8個あって 大宮は5個…。
声 小っちゃい 声 小っちゃい。

浦和は8個しか… ねぇ
ちょっと ずれてるから。

張りなはれ。

あと浦和のほうが人口密度が多い。
「あと 浦和のほうが人口密度…」。

通訳いらんねん!
(笑い)

浦和という駅の
東西南北が付いてるでしょ。

そういう地名の 駅が4つ
東西南北が付いてるのは

全国で浦和だけなんですよ。
はぁ~!

それを自慢するんですよ。
あっ ホンマや。

(澤部) めちゃくちゃあんだよ。
東 南…。

(堀尾) そう 東西南北あって
中があって。

西があって。

(澤部) ホントに 電車 乗ってて
浦和 南浦和

で また浦和 北浦和って
なってると

「あれ? もう浦和から
出れないのかな 一生」みたいな。

「あれ!?」。

≪一生 浦和≫

若槻 お願いします。
(若槻) はい。

私 埼玉の
吉見町っていう所なんですが。

みんな 相手にしてない。
(若槻) そうなんですよ。

埼玉県民 誰とも
目 合わないんですよ ここ。

まぁ ちょっと
田舎なんですけど

千夏ちゃんって 何市?
みたいな話になって。

比企郡なんですよ。
そやろな 郡 郡。

比企郡って言うと みんな
えっ まだ あんの?みたいな。

郡がな どんどん
少なくなってるやろ 今。

市じゃないので めちゃめちゃ
下に見られてるんですよね。

そやわなぁ。
そうなんですよ。

さっきの あの 府中でも
東京で府中で

あんだけ言われてんねんもんな
「府中」 「宇宙?」。

一般人とチンパンジー
みたいなもんやろな。

(笑いと拍手)
うまい。

はぁ~ 比企郡は そうか
まだ あるのか。

私は ずっと 市になりたいです。
(澤部) 市に憧れる女?

市に憧れますよ。
若い子はな。

イヤです 年賀状 「郡」って書くの
めちゃめちゃ つらいんですよ。

そう 何年も
「郡」って書いてないわ そういや。

そうなんですよ。

(中山) でも われわれは
「グン」から始まってますから。

(澤部) 群馬だ。
(若槻) ごめんなさい。

(堀尾) そうだよ。
頭が「グン」やもんな。

はぁ~ そういうのもあるのか。

(中山)
でも 気持ちは分かりますよね。

群馬でも そうなんですよ
高崎とか前橋っていうのは

いわゆる県庁所在地と
あと 都会ですよ。

えっ 群馬 高崎 一番?
(JOY) 高崎 いや 圧倒的ですよ。

県庁所在地は前橋です。
前橋やけど 高崎が一番?

一番 繁華街なんです。
高崎 サル 多いとこやろ?

(中山) いや それは 高崎
場所が違います 九州でしょ。

あれ 九州なのか。
はい。

(笑い)
俺…。

(中山) ちょっと 1回 パーク
忘れてもらっていいですか?

(JOY) 違うんですよ さんまさん
パークじゃ ないの。

かえ かえ! せっかくの
高崎いただいてんねやからな。

(中山) あれは九州の高崎でしょ?
あれは だって… 大分? 大分。

サルは 大分。
あ~ サルは大分 へぇ~。

お前のとこは 何が有名なの?
高崎市は。

だるまですよ。
トゥハっ!

(澤部) 落とした!

(JOY) だるま だって…。

(澤部) めっちゃウケた。
(中山) 生産量 9割ですよ。

だるま 自慢するって。
(JOY) えっ だって さんまさん

だるま弁当を
貯金箱にしてないんですか?

してないわ。
(澤部) だるま弁当?

(中山) 知らないですか?
だるま弁当。

だるま弁当 知らない
何なの? それ。

(JOY) 一番有名な
高崎駅に売ってる お弁当で

食べ終わった後
だるまの口が開いてるんで

貯金箱になるんですよ で 全員
そこに お金をためるんですよ。

弁当箱 開けるやろ?
(中山)開けて 弁当 食べますよね。

閉めますよね
貯金箱になるんです。

違う 開いてまうやないか
開けてんのやから。

(JOY) そこは 横は
セロハンで閉じるんです。

(笑い)
≪セロハン!?≫

(JOY) それに みんな
ためてましたよね 小銭 僕らは。

群馬の人は。
(大友)逆に何に ためるんですか?

何に ためる?
見たことないですか?

ごめんなさい
都会の人間は 銀行に ためる。

(澤部) そうですね 基本ね。
(中山) それは知ってます。

はぁ~ いや
彼女の時代も そうなの?

(大友) してましたし あとは
峠の釜めしっていうのも有名で。

あっ 峠の釜めしは知ってる。
(大友) それを植木にして。

≪植木?≫
(中山) そう。

あれはね あれは用途が多い
あれは用途が多い。

待て いろんなもの
植木鉢になるやん。

お前らは弁当箱を選ぶの?
(中山)ふたを取るじゃないですか。

釜が残りますよね 陶器だから
食べますよね。

植木 入れるんだよね。

(井森) あと ちょっとした漬物も
漬けられるんですよ 重しで。

あと 外で ワンちゃん
飼ってる人は 犬の餌入れ。

あぁ~!
(JOY) サイズが ちょうどいい…。

いろんな もう… ちょうど深くて
犬が 顔 このぐらい入るんですよ。

あぁ~ いやいや
うちは ちゃんと

ペットショップで買って来る
犬のやつな。

もっと もっと食べやすいやつな。

(大友) 群馬の二大リサイクルなんです。
はぁ~! だるま貯金と。

あっ みんな うなずいてるな
松尾さん 30後半でしたっけ?

37歳になる年です。
けども みんな そうなんだ。

いや えっ 常識ですよね?
(中山) 常識です。

はぁ~ 全国のみんなが
それ やってる 思うてたんだ。

おおむね そうだろうなと
思ってました。

せやろな
そこで過ごして来てたらな。

そうです だって
群馬には群馬独特の

上毛かるたってものがありまして
だから 共通語が

いっぱいあるんですよ 僕たち。
えっ 何が? 共通語って。

「え」だったらさ ねぇ? せ~の…。

(中山:松尾:井森:大友)
縁起だるまの少林山。

(一同) えぇ~!
(若槻) 何 それ! 何 それ!

怖い。
変な…。

上毛かるた。
(堀尾)変なカルト集団みたいだな。

(中山) カルトじゃ ない かるた。
かるた?

かるた集団。
かるた集団。

みんな 言えるんですよ。
「あ」から 全部 言えますよ。

えっ 何が?
「あ」って言ったら…。

(中山:松尾:井森:大友)
浅間のいたずら 鬼の押出し。

はぁ~ JOY 参加せぇ。

(澤部) うわ 今 言ってない!
1人だけ ずっと言ってない!

僕 これ 知らないんですよ。

お前 あれ? インター? 群馬の。

(JOY)
いや 全然 寺尾小学校です 僕。

だから やってるはずなんです
やってるはずなんです。

(堀尾) でも 全国でも
群馬だけでしょうね。

こういう かるたがあるのは
たぶん… 聞いたことないですよ。

(中山) 1つだけ
変わってるカードがあるんですよ。

世代によって違うんです。
そうしてはんの?

これは何だか分かります?
さんまさん。

何だか分かります?って
絶対 分かりたくもないしやな。

(JOY) いや興味は持ってください
興味は持ちましょう。

お前が 口 出すな アホ。
≪確かに≫

(中山) 人口だけ変わるんですよ。
あぁ~!

僕らの時は
「力あわせる170万」。

この世代は?
200万。

増えてるんです。
「力あわせる 200万」。

(中山) で 僕らの前は
「力あわせる 160万」なんです。

はっはぁ~!
さんまさん世代が さんまさんが

群馬出身だったら 「俺 160万や!」
って言ってるんですよ。

はぁ… 「160万や!」。

(澤部) 楽しい 明るい 群馬の人
明るい 群馬の人。

カッパピアっていう
すごい遊園地があったんです。

ご存じないですか?
カッパピア 知らないねぇ。

流れるプール。

流れるプール どこにでもあるわ。

(笑い)

全国にありますから。

続いて 大友さん お願いします。

さっきの埼玉の
お話ではないんですけれど

群馬県内でも こう ちょっとした
バチバチっとする部分が。

こう あるんだ やっぱり
県ごとも。

(大友) それが 主に
高崎市と前橋市なんですけれど。

私は 高崎なんですけど。

前橋のお友達と 一緒に 遊びに
行こうとか 話したりすると

「じゃあ 高崎が
いっぱい いろいろ あるから

高崎のほう 行こっか」って
私が言うと

「いやいや 待って 前橋には県庁と
るなぱあくがあるから」って 絶対。

あっ 悔しいのか 負けるのが
前橋としては。

るなぱあくっていうのは
ホントに素晴らしくて。

るなぱあくって何やねん?

るなさんが いっぱい いてるの?

(中山) 遊園地 遊園地。
(JOY) 遊園地です。

児童遊園地 もうね
値段が 半端なく安いんですよ。

今でも 10円 入れただけで動く
おもちゃとか。

(中山) ず~っと
乗ってられるんです 10円で。

木馬 10円だよね?
10円ですよ。

それ
何にも カッコよくないやんけ。

もう 今 100円になってるやろ。
(澤部) そうですね 動くやつは。

普通 100円なのに
10円で。

1000円あれば
全ての乗り物に乗れるっていう。

えぇ~!
(松尾) やっぱりね 子連れには

すごく うれしい施設なので。
安いし。

そう
よく ロケとかにも使われてる。

あと 何が…
得意なやつ 何か あるやんけ。

ディズニーランドやったら
何やらマウンテンとかやな。

そういう あの 簡易な形の
ジェットコースターもあります。

まぁ アップダウン 2回ぐらいな。
(中山) うん。

なみ なみ
ぐらいなのはありますね。

もう普通に終わんの? す~って。
す~って終わります。

最後のひと山…。
(JOY) きゃ~!っていうタイミングは

1個もないですよ。
(笑い)

きゃ~! 言う前に…
きゃ~! 言いたいんだけどね。

(松尾) 逆に
生まれて初めての遊園地として

子供たちを連れて行くのに
適している。

あぁ。

その昔はね カッパピアっていう
すごい遊園地があったんです。

カッパピア?
水の王国 カッパピア。

ご存じないですか?
カッパピア 知らないねぇ。

(JOY) えぇ~!
申し訳ない。

流れるプール。

流れるプール どこでもあるわ。

(笑い)

全国にありますから。

全国にあります 流れるプールは。

「あっ あっ」て
入ったら 「あぁ~」ってなる。

それ 一緒や 一緒や。
(澤部) それが

それが流れるプールですから!
(JOY) みんな あんの?

それが流れるプール。
みんな あるんですか。

ありますって。
みんな ありますよ。

カッパピアだけじゃなかったの?
お前ら 何 言うてるの?

そこにね 水のステージ
っていうのがあったんですよ。

そこにはね
数々のスターが来たんです。

全盛期のフィンガー5とか。
うわ!

いや 「うわ!」じゃ ない。
(笑い)

(岩井) 一応 言ったみたいな。
(澤部) 一応。

つなぎの「うわ!」。
(中山) さんまさん あの頃の。

カッパ 出て来よるの? カッパは。
(中山) カッパは いないですよ。

(澤部) カッパ いないの?

カッパピアで?

絶対
カッパ 出て来ると思ってた。

(中山) 俺らが カッパみたいな
気持ちになれるっていうことで。

(澤部) あぁ~。
「あぁ~」じゃねえよ。

(笑い)

もう すごい自慢やな。
(澤部) すごかったな。

これ以上ねえだろ!
(若槻) いやいや… みんな ある。

全部 たたきつぶされた…
流れるプール あるんですから。

今さら 流れるプールを
自慢するヤツ 俺 初めて見た。

(堀尾) だから 埼玉は もう ほら
オリンピックの会場になるぐらいだから。

あんまり こう
ちまちました話はないよね。

ホンマ ヒデ
ホンマに ちまちましてる 今の。

今のな 何百万円 出して
カットしてもろうたほうがええわ。

(笑い)
編集費 出して?

うん ちょっと あの
ひと安心やわ 何か。

俺 自分で 奈良は
田舎や田舎や思うたけど

あっ 群馬があった。

僕らで安心しないでください。
何? それ。

(JOY) 群馬 来たことあるんですか
さんまさん ちなみに。

群馬は ダーツの旅で たぶん。
(澤部) あぁ。

(井森) えっ 何か
プライベートとかでは?

群馬 えぇ 行くとこないやんけ。
(井森) 温泉が たくさんあります。

(JOY) 草津温泉 どうですか?

草津は 長野県か。
(JOY) 違う 違うんですよ。

あれ われわれのものですよ
群馬のものですよ。

いやいや 長野やって聞いてるよ。
(井森) 違う 違う!

誰が言ったんですか?
(中山) さんまさん さんまさん。

この影響力は強いんですから
そう思ってる人がいるんですから。

ロケバスの運転手が言うとったで。

「はい 着きました
長野の草津温泉」。

(澤部) ロケバスの運転手も。
それが

新川優愛ちゃんと結婚したから。
(澤部) ウソだ! すごい話。

トークの魔術師
すごい話になっちゃった。

≪そこに つながるか≫

(中山)
流れるプール 流れるトーク。

流れるトーク。
流れるトーク。

草津 群馬や 思うてた?

(澤部) あんまり
イメージないんですよ ホントに。

イジリーさん
長野県のイメージやろ? 草津。

(イジリー) 群馬っていうイメージは
全然なかった。

(井森) あんなに来てるのに?

ロケ行ってる
何回も行ってる 俺。

(JOY) 群馬だと思ってない。
思ってない。

俺は ずっと
長野県や思ってたから ホントに。

(中山) それ どのくらい
間違ってるかっていったら

軽井沢を群馬って言ってるのと
同じぐらいですよ。

うわ!
(笑い)

(澤部)
2度目の… 2度目の「うわ!」。

(中山) そんな驚かない
そんな驚かしてないから。

(澤部)
本日 2度目の 軽「うわ!」。

どうですか?
彼女 知らなかったでしょ?

いえ あの…
群馬だと思ってました。

(笑い)

な… なめ子ちゃん
流れ上 もうちょっと。

(堀尾) ウソは言っちゃいけない。
ウソは言っちゃいけないの?

気を付けてね バラエティー。
すいませんでした じゃあ 今度…。

流れがあるからね。
(JOY) 流れてくれないと。

<ついに…>

(井森) 群馬県庁
県庁で 一番 背が高いんです。

どうだ ビビっただろ。

都庁より?

都庁よりは低いです。

(笑い)

井森 もう行け 次。
あのね いろいろね

埼玉の人 言って来ますけど
特に 私が言いたいのはね

埼玉でも 群馬寄りの埼玉って
あるわけですよ。

どこら辺になんの?
(中山) 本庄とか深谷。

(井森) あと 言ったら もう
上尾辺りもね。

(澤部) 上尾は違う。
(岩井) 全然 違う。

全然 違う。
上尾は 全然 違うでしょ。

全然 違うでしょ ちょっと。

るなぱあくから おかしく
なっちゃってますよ ちょっと。

全然 違うでしょ
見りゃ分かんだから。

吉見は分かるけど。
遠いよ めちゃくちゃ。

吉見は分かるけど。

遠い 遠い… あっ それでも
ここで もう 郡なの? ここで。

ここで郡です。
ここ 比企郡。

この辺は何なの?
(澤部) 秩父とかですね。

 長
こっちは 群馬寄りですけど。

長とか深谷とか
あの辺は ほぼ群馬なんですよ。

ホントに だって 群馬の名産と
同じものが売ってるんですもん。

まぁ そりゃ そやろな。

焼きまんじゅうとか。
焼きまんじゅう…。

何ですか?
まんじゅう 焼くだけやろ。

(笑い)

何なんですか? 何なんですか?
何なんですか?

名物は 何なんですか?
(JOY) 俺たちの誇りですよ。

(中山) 何が悪いんですか
まんじゅう 焼いて。

焼くだけって みんな焼いてるやん
みんな焼いてる。

(中山)
甘じょっぱい味噌を塗って。

普通のおまんじゅうと
違うんですよ!

普通のまんじゅうじゃ
ないんだって さんまさん。

素まんじゅう 素まんじゅう。
素まんじゅう?

(澤部) 全員 出て来た。
(JOY) もう 熱々なんですよ。

(若槻) 席 戻って。
(中山) 串に 串に 4個 付いてて。

ごめん ちょっと
タピオカ 飲むからね。

(澤部)
オシャレ! 最先端! オシャレ!

下がって
焼きまんじゅう 下がって。

(澤部) 群馬デモ…
群馬デモ やめてくださいよ。

(大友) 串に刺さった
おまんじゅうなのに。

何?
(大友) 串に刺さってるんです。

串に刺さってる おまんじゅう
どこでもあるやないか。

(松尾) ないない!
(井森) いや だから…。

(中山) こんぐらいのサイズ。
(JOY) レベルが違うんですよ。

何がや お前ら。

ごめんね ちょっと
タピオカ 飲むから。

(澤部)
オシャレ! オシャレな時間。

(中山) 合間で食べて。

当たり前やないか
タピオカいうてる時

焼きまんじゅう
自慢して来やがって… 座れ!

(中山) おいしいんだから。
おいしいんだからやない。

まんじゅうは どこでもあるやろ。

こっちは そうや 埼玉は 草加か。
(澤部) 草加せんべい。

草加せんべいっていう 全国…。
埼玉も おまんじゅうありますよ。

十万石まんじゅう。

まんじゅうの概念が違うんですよ。
お前らが違うのや うん。

まんじゅうなんだけど
まんじゅうじゃないんだよ。

アハハハハ!
(JOY) 説明がね。

もう
持って来れば よかったよね。

まんじゅうのようで
まんじゅうじゃないんですよ。

いや もう 1個 食わせたら
絶対 黙るのにな。

(中山) ちょうど サイズも いいの
厚さも いいの。

冷めても おいしいの。
ハァ~!

(笑い)

何で
そんな熱くなってるんですか。

(松尾) 中身がないんですよ。

中身が あんこじゃなくて
パンなんですよ。

(澤部) 中身 ないの?
アカンやないかい。

その味噌ダレが おいしいから。

味噌 塗んなかったら
何も 味はしないんです。

チョコレート付けたら
チョコレート味になんのやろ?

でも 味噌が おいしいんですよね。
お前らはな!

いやいや…。
(井森) 食べたことある?

(若槻) 食べたことあります。
あっ どうや?

(若槻) パンですよね あれね。
(中山) パンって。

(若槻) 味 パンじゃないですか?
(井森) 違う違う 違う違う。

(中山) パンはパンで ちゃんと
パンに 味噌だけ塗って

食うやり方があんだよ。
味噌パンっていうのがあるから。

それで いいじゃないですか
同じですよ あれと。

(澤部) 一緒 一緒。
もうな

味噌に頼るの やめろ!

このブロック最後 ヒデ
お願いします。

埼玉と群馬って
いつも こういうことに

なっちゃうんですよ。
(岩井) ならない。

(若槻) なってないです。
(澤部) われわれ冷静ですから。

(中山) ひとつ言わしてもらえば。
言え。

言わしてもらえば
埼玉の ちょっと まぁ…。

群馬からするとですよ
群馬

都会とか 県庁所在地とかって
もめ事ありますけど。

高崎と前橋やろ。
こっちも あるようだけども。

いつも 埼玉に言われるのは
東京に行く時に 必ず うちを

通らせてあげてるんですよ
みたいなことを

言うんですよ!
あぁ なるほど。

(中山) そういうことを
言うな。

(笑い)

言うんですよ。
ホントに そうだから でも。

こんなこと言ってるけれど
彼らは何と思ってるか。

江戸の城下だと思ってるんですよ。
あっ 埼玉は。

それは そう それは そう。

(堀尾) 武蔵の国だから。
(澤部) それは そうです。

(中山) こっちだってね
お城 ありましたよ。

(松尾) 前橋城は 昔は
関東の華っていわれたんですよ。

ホントですよ。
(澤部) 昔はでしょ?

(笑い)

(井森) 昔はね。
昔はですよ 昔はです。

俺 初めてや
泣いてしまいそうやわ。

かわいそ過ぎて。

(中山) そこが県庁所在地ですから
お城跡が県庁所在地ですから。

(JOY) そこに ドンと建てた。
(澤部) 全部 最初に 「昔は」って。

石畳の上に
県庁所在地があるんだよ。

(澤部) 「昔は」ですよね。
(堀尾) 今で勝負しなさい 今で。

昔話やな。
(堀尾) 今で 今で勝負しなさいよ。

(中山) ちょっと
最新情報 今 確認しますから。

最新情報。

(澤部) 何すか? 何ですか?
そやわ。

お前らの言うてること言うたら
切りないぞ 埼玉。

(澤部) 全県にあるから。
(中山) まとまりました。

もう これで たぶん
全員 黙ると思います。

行きましょう 行きましょう。
黙らしてくれ うん。

じゃあ 今 最先端のを 井森さん。
いいですか?

群馬県庁 これ なんと
全国の中で

県庁で 一番 背が高いんです。

(若槻) 背が高い。
(松尾) 高いビル。

高さ! 高さが。

どうだ ビビっただろ。

都庁より?

都庁よりは低いです。

(笑い)

(澤部) 何だよ!
じゃあ 全国でじゃないんだ!

全国でって。

都庁よりデカくないと。

なめ子さん…
なめ子さんまで立ってるから。

(笑いと拍手)

なぁ なめ子が立った。

普通の主婦みたいに
見守ってはるがな。

(岩井) お弁当 届けに来た。

どうぞ。

ヤマサキさん!

俺…。


≪もう1回 やる?≫


すいません…。

(女性) はい。

は… はい。

(女性) うぅ!

≪申し訳ございません≫

埼玉は
そう方言がないんですよね?

(澤部) あんまり ないですね。

群馬は…。

帰ることを「けぇるんべ」
って言うんですよ 「けぇるんべ」。

(大友) けぇろうか。
けぇろうか。

(中山) 「ケエルが鳴くから
けぇるべ」っつって。

ケエルが鳴くから けぇるべ?

(堀尾) 「か」が「け」になる。
「か」が「け」 全部?

全部じゃないんですけど 何か…。
家計簿は 「けけいぼ」?

言わないです。
≪そこは 家計簿です≫

(中山) 言わないですよ。

さぁ ヒデから行きましょう。

これはね さっきの味噌の話も
そうなんですけど 味噌…。

≪味噌 やめましょう≫
味噌だけじゃ… 味噌は やめます。

(澤部) あぁ よかった。
味噌は やめる。

違うの あんのやろ?
違うの あります。

醤油 醤油の話…。
(澤部) 大豆 好きですね。

大豆好きだな~。

(中山) 皆さん
ホットケーキに 何 のせます?

バターとかシロップやろ?

(中山) これはね 群馬のほうでは
砂糖醤油なんですよ。

(澤部) えぇ…。
(一同) えぇ~!

(中山) うちのほうは
特になんですけど

砂糖と醤油の 甘じょっぱいのが
好きなんですよ。

それをホットケーキにかける。
俺ら それ 餅でやるけどね。

(澤部) お餅は やります。
(中山) お餅でも やる。

ウソ。
他の食べ方もある。

例えばね コロッケ 次の日の
コロッケ どうやって食べます?

こうやって。
(笑い)

お前 ちゃうの? お前ら こう…。

(中山) 食べ方は…。
関西は 醤油 好きなんで。

俺の場合やけど 醤油が多い。

(中山) それは フライパンの上に
砂糖醤油で炒めるんですよ。

(澤部) えっ!?
(若槻) 炒める?

(中山) 一度 やってみてください
もうね ハマりますよ。

コロッケは そのままで
うまいやんか そんなことより。

(中山) それは 揚げたてじゃ
ないですか 次の日は…。

お前のとこ あれか 群馬は
揚げたて おいしくないのか?

(中山) うまいですよ。
(JOY) 揚げたては うまいです。

(澤部) 群馬は
揚げたてが おいしくない?

わざわざ わざわざ 一日 寝かして
まずくさせたわけじゃ ないです。

でも お前ら 油に油
行ってんねやろ? だから。

衣 油やから。

ものすごい油っこくなるぞ これ。

ダメですか?

いや 好みですけど。
(笑い)

(澤部) ちゃんとした司会者
公平なMC 「好みです」。

それ言いだしたら そう。
≪好み≫

食文化も違うんですかね?
あのね すき焼きとかも

子供の時 すき焼きやるっつったら
大体 豚肉だったんですよ。

(松尾) うん 豚。
(井森) すき焼きのね。

(若槻) それは 井森家。
それは…。

違う 違う! ホントに!
豚肉だったよ。

家のすき焼きは 結構 豚 使って。
(井森)ほら! ホントに おいしい。

(岩井) うちも でも 豚肉でした。
お前…。

(JOY) いたぞ 埼玉にも いたぞ。
(澤部) いるんかい!

うちは 父親が 牛 ダメなんで。

(澤部) そういう理由じゃ ない!
そういう理由じゃ ないから。

(JOY) 親父の都合で?
そうなんですよ。

次の日ね カチカチに
なっちゃうんですよ 豚だと。

その理由で
飛び込んで来るんじゃないよ!

お前ら タレ どうすんの?
すき焼きのタレは。

砂糖醤油だよな。
(若槻) えっ それも? それも?

それは ほんで お酒 入れて
あれすんのやろ?

(松尾)
砂糖と みりんと 醤油と 酒と。

やろ? それ 関西風やな。
(中山) 関西風です。

こっちは 割り下やから 東京は。

東京は そうか 砂糖 入れないか。
(堀尾) 入れない。

(中山) 東京じゃねえじゃねぇか。

東京です 東京ですよ
われわれ 東京ですよ。

われわれ 今日は 東京ですよ。

ダイアモンドさん お願いします。

埼玉でも いろいろ あって
あの…。

るーぱんっていうね…。
(堀尾) ハハハハハ。

笑うてるな。

(ユカイ) るーぱんっていう…。
るーぱん?

シャレオツな そういう あの

イタリアレストランみたいな
あるんですよ。

えっ るーぱん?
るーぱん。

(ユカイ) みんな その るーぱんに

埼玉の人間は行ってね
デートして。

あっ るーぱんが もう
デート場所なんだ。

(澤部) るーぱんは そうですね。

るーぱんっていうのは そのぐらい
埼玉の…。

(若槻) 何で笑ってんですか?
るーぱんって 俺ら 知らんもん。

(若槻) 何で クスクス笑って…。

(澤部)
これがカッパピアですからね!

これがカッパピアなの!
(JOY) こういう気持ちだったの?

(澤部) こういう感じだったの!
ずっと!

(中山)
違う 違う 違う 全然 違う。

(ユカイ) 俺は 高校は
東京に行ってたのよ。

あっ なるほど。
(ユカイ) 杉並に。

で 高校 行った時に みんなで
どっか行こうよっていった時に

「るーぱん行こう」っつって…
言ったら

どこにも るーぱんがない。

(澤部) 都内に 東京に。
(堀尾) そう 都内にはない。

ないですね。
そういうの あるんだ。

みんな 知ってるもんね。
(若槻) 知ってます。

ジュークボックスで
洋楽 流せるんですよ。

オシャレでしょ。
オシャレですよ。

ジュークボックスが置いてあるの
るーぱんには。

(澤部) るーぱんは
オシャレなんですね。

今も?
今も あります。

それが売りなんだ。
(ユカイ) でもね

浦和には ないんだよね るーぱん。
ウソ。

だから
俺 何のことか分かんなかった。

(澤部) あれ?
2人 うなずいてましたやんか 今。

今 一応… 流れが大事だって。

(笑い)

おっしゃってたからね。

だから 2人で
1回 目が合ったんですけど。

(澤部) 『さんま御殿‼』ルール。

浦和には ないんだ。
(ユカイ) 埼玉 どこでもあるのに。

ない。
(ユカイ) 浦和だけ ないんです。

浦和は 何かあるんだ。

東京だから 浦和は。
(澤部) お高くとまって。

俗世間は あんまり
そういうようなね

交わらないみたいなのが
あるよね。

(中山) 確執が すごいですね。
(井森) ねぇ 同じ県でも。

サッカーの争いも すごいな。

(澤部) さいたまダービー。
そうですね。

(ユカイ) サッカーはね
浦和レッズっていうのは

RED WARRIORSから来てるの。
RED WARRIORSからですか あれ。

(ユカイ) そうそう RED WARRIORS
略して RED'Sって言われてたの。

だから 浦和レッズっていうのは
たぶん 俺たちから取ったんだよ。

≪「たぶん」?≫
絶対 ないと思うよ。

(澤部) 誰が言ってたんですか?
それはね あの

俺の友達が言ってた。

(JOY) そんなの あり?
そういうの あり?

ダメですよ テレビで。

ほいで 大友さん どうぞ。
(大友)通じなかったことですよね。

私の周りの子も全部
そうだったんですけれど

机の列のことを
川とか号車っていう呼び方を。

1の川 2の川 3の川。
ウソ。

「1の川の人から 順番に 給食
取りに行ってください」とか。

席のことを川って言うのか もう。
(大友) はい。

(若槻) 列をね。
列を。

学校によって
違うかもしれないけど

俺なんかの場合は 組分けとかは
山で分けてましたね。

(松尾) 運動会のですよね。
(大友) それは山でした。

赤城 榛名 妙義 御荷鉾。

御荷鉾! うち 浅間でした。

(大友) 私も。
うちも浅間です。

(堀尾) 地元の山の名前ね。

地元の山の名前で
チーム作るのか。

全校共通なの? それは。
(JOY) 群馬はね。

(澤部) 群馬内で。
県内では 結構 有名です。

(中山) 山分けだよね。
山分けでした。

山分け ほいで 川に例えるの?

それは 机の席の話なんですけど

川が流れてて あの 教室…。

教室には流れてないんですけど。

流水。
カッパピア?

(中山) でも 珍しいかもしれない
川で分けてるっていう。

川でした。
川と電車ですよね。

電車?
(澤部) 号車。

それは 埼玉も川で。

言ってた 言ってた。
川か 号車。

はぁ~ 俺らは 全然
1列目 2列目 3列目や。

そうですよね。
何でやろ? これ。

(若槻) 大宮は 何か 違う
大宮だけ違う。

浦和は違うでしょ?
浦和も川ですって。

(堀尾) 川だった?
川です。

1の川 2の川?
(イジリー) はい 辛酸さんは?

はい もう 合わせます。
「合わせます」じゃねえよ。

(笑い)

(イジリー) ルール 把握して来た
ルールを把握して来ましたよ。

(澤部) 自分の言っていいんですよ
自分の言っていいんですよ。

はぁ~ いろいろ あんねんな。

(中山) 群馬だけかもしれないです
例えば 先生が入って来て

「起立」。

「起立」やろ。
その後 何て言います? 「起立」。

え~っと 「礼」 「起立 礼 着席」や。

(中山) 違うんですよ。
何がや?

起立。

注目 礼。

(澤部) 注目?
(堀尾) 注目があるんだ。

(JOY)
1回 先生に注目をするんです。

何でや?
注目いうことは 別に使ったよ。

「先生に注目」とか 先生がな。

(中山) 始まる前からです 起立。

注目 礼。

着席。

何で もう1回 したんや。
(笑い)

何でや。
押さえで 押さえで。

もう… もう最後は井森
早う しゃべれ もう。

どんな話 聞いてた? 今まで
カッパどうのこうのとか。

井森 早う。

私 あのね
東京に来て 言われたのが

子供の時にね
お風呂 入った時に

「30まで数えてから
出るんだよ」とか

言うでしょ 親が
そういう時に

10までの数え方は
普通なんだけど

11からが ちょっと おかしい
って言われたことがあって。

笑ってる。
(井森) あっ 言われた?

はい。
東京に来て 言われて。

普通 1・2・3・4・5
6・7・8・9・10…。

♪~ 11・12・13・14・15
16・17・18・19・20

♪~ 21・22・23・24
25・26…

全部 やんのか アホ!

何や 1・2…
ちゃう ちゃう 一緒やろ?

11・12・13・14…
一緒や 一緒や。

♪~ 11・12・13
14・15・16…

(若槻) 何で? 何で?
(澤部) 怖い 怖い 怖い。

怖い 怖い 怖い!
な… えっ 何が?

(井森) 節が付いて リズムになるから
おかしいって言われたことある。

1の時は リズム付かへんの?

1・2・3・4・5
6・7・8・9・10。

♪~ 11・12・13・14・15
16・17・18・19・20

♪~ 21・22・23…

また やんのかい!

(澤部) 2回やるなぁ。
(JOY) 全部 2回やるから。

やるんだよね。
群馬は天丼の文化が。

(井森) 押さえでやる。
(JOY) 押さえで。

<今回は
群馬の最新情報を披露した…>

井森さん。
いいですか?

群馬県庁
県庁で 一番 背が高いんです。

どうだ ビビっただろ。

<中山さん 井森さんには

何か 背の高いものを
送っておきます>

<皆様 本日は 楽しいトークを
誠に ありがとうございました>

<今回は
群馬の皆様からのリクエストで

味噌パンと焼きまんじゅうを
ご用意いたしました>

<皆様 どうか ごゆっくりと
お楽しみください>

草津が群馬県だっていうのが
言えたのが

ホントに うれしかったです
ありがとうございました。

(岩井)
群馬のトークを聞いてると

あっ 埼玉って東京なんだなって。

あらためて
あらためて そう思いましたね。

焼きまんじゅうと味噌パンを
食べ比べてんですけど

同じ味です。
(松尾) 違う 違う 全然 違うから。

<採用された方には

地元へ帰る時に うれしい!>


関連記事