ごごナマ「三谷幸喜」脚本家、舞台演出家、映画監督として…その創作の秘密に迫る。最新作「記憶にございません」の…


出典:『ごごナマ「三谷幸喜」脚本家、舞台演出家、映画監督として…』の番組情報(EPGから引用)


ごごナマ「三谷幸喜」[字]


ゲストは三谷幸喜さん。脚本家、舞台演出家、そして映画監督として数々の人気作品を生み出してきた。その創作の秘密に迫る。最新作「記憶にございません」の裏話も


詳細情報

番組内容

ゲストは三谷幸喜さん。脚本家、舞台演出家、そして映画監督として数々の人気作品を生み出してきた。その創作の秘密に迫る。最新作「記憶にございません」の裏話も。▽「この役者にどんな役をやらせたら面白いか?」が創作の源?▽脚本家・舞台演出・映画監督、それぞれの楽しさと難しさ▽個性的な家庭で育った少年期▽足繁く通うお店とは?最近よく食べる○○とは?

出演者

【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】劇作家演出家…三谷幸喜,【出演】白鳥久美子


『ごごナマ「三谷幸喜」脚本家、舞台演出家、映画監督として…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ごごナマ「三谷幸喜」脚本家、舞台演出家、映画監督として…その創作
  1. 三谷
  2. 船越
  3. 美保
  4. 阿部
  5. 白鳥
  6. 自分
  7. 映画
  8. 本当
  9. イメージ
  10. 中井
  11. 俳優
  12. 監督
  13. お話
  14. 脚本家
  15. 作品
  16. ウォルマート
  17. ネクタイ
  18. 映画監督
  19. 現場
  20. 舞台


『ごごナマ「三谷幸喜」脚本家、舞台演出家、映画監督として…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

船越≫突然ですが
三谷幸喜さんに質問です。

三谷≫原稿を書きました。

「大脱走」。

船越≫ほかには?

三谷≫「お熱いのがお好き」。

テレビに出られたことです。
今です。

恐竜にハマっています。

外務大臣。

お伝えします。

EU・ヨーロッパ連合からの離脱
を巡って

イギリス議会で4日から離脱の
延期を求める法案が審議される

ことが決まりました。
期日どおりの離脱を目指す

ジョンソン首相は
議会が延期を可決するなら総選挙

を実施する考えを示し、

離脱期限まで2か月を切る中、

イギリスの混迷は一段と深まって
います。

米中の貿易摩擦やイギリスの
EU・ヨーロッパ連合からの離脱

を巡る動きに警戒が高まり

債券市場で比較的安全な資産と

見なされる日本の国債が買われた
結果、

長期金利が3年ぶりの低い水準に
なっています。

きょうの債券市場では、

米中の貿易摩擦やイギリスの
EU離脱を巡る動きに警戒が

高まり
比較的安全な資産と見なされる

日本の国債が買われ
価格が上昇しています。

国債は買い手が増えて価格が
上がると利回りが低下する関係に

あります。
この結果、

長期金利の代表的な指標とされる
満期までの期間が10年の国債の

利回りは

きのうのマイナス0.290%
から一時、マイナス0.295%

まで低下しました。

長期金利は2016年7月に
過去最低のマイナス0.3%まで

下がりましたが
それに迫る水準です。

市場関係者は、

イギリスのジョンソン首相が

議会がEU離脱を延期する
のであれば議会を解散する意向を

表明したため
投資家の間に先行きへの懸念が

広がっていると話しています。

去年3月、東京目黒区で5歳の

女の子に十分な食事を与えず
死亡させた罪に問われている

母親の裁判で

女の子が書き残したノートが証拠
として法廷で示されました。

お願い、許してくださいと
両親に許し

を請う内容や
パパにベランダで立たされたなど

と虐待の様子がうかがえる内容も
書き込まれていました。

アメリカの小売り最大手
ウォルマートは、

テキサス州の店舗で先月22人が
犠牲になる銃の乱射事件が起きた

ことを受けて
銃器の販売方針を変え、

拳銃などに使われる銃弾の販売を
中止すると発表しました。

先月3日、テキサス州にある
ウォルマートで21歳の白人の男

が買い物客に向けて銃を乱射し、
22人が犠牲になりました。

事件から1か月にあたる3日、
ウォルマートは声明を出し

事件が再び起きる危険を
減らすため建設的な措置を

講じるとして、

拳銃や一部の狩猟用ライフル銃に
使われる銃弾の販売を全米の店舗

で中止すると発表しました。
ウォルマートによりますと今回の

販売中止によって銃弾販売の
市場シェアは

現在のおよそ20%から9%以下
になる見通しだということです。

ウォルマートでの銃器の販売を
巡っては

銃の乱射事件後、従業員が
販売中止を求めて署名活動を行い

5万人以上の署名が集まりました

ウォルマートは販売方針を
変えようとせず、批判の声が

上がっていました。
一方、ウォルマートの販売方針の

変更について
銃を持つ権利を訴えるNRA・

全米ライフル協会は強く批判し、
抗議しました。

ことし1月、東京赤坂の路上で
貴金属買い取り会社の社員が現金

およそ8300万円を奪われた
強盗事件で

新たに18歳の少年が
逮捕されました。

少年は現金を奪った実行犯を別の
場所に呼び出して金を横取りした

ということで
警視庁は少年が奪われた現金が

どこにあるのか知っていると見て
調べるとともに横取りを指示した

人物がいると見て捜査しています。

阿部≫今日のゲストは
エンターテインメント界の鬼才

脚本家で映画監督の三谷幸喜さん。

近藤≫いざ!

阿部≫「新選組!」に…。

幸村≫我こそは

真田左衛門佐幸村!

阿部≫「真田丸」。
NHKでは大河ドラマも2度執筆。

また、映画監督として
みずから脚本を書き

メガホンを取ってきました。
その魅力の1つが

豪華なキャスティング。

毎回、日本を代表する
大物俳優たちが

見せ場を作ってくれます。

ところが、その独特の演出方法に
有名俳優からクレームが…。

阿部≫三谷さんの演出方法とは?
今回は、そんな鬼才

三谷幸喜さんの魅力に迫ります。

船越≫改めまして
「ごごナマ」本日のゲスト

ご紹介します。

三谷幸喜さんです。
よくおいでくださいました。

よろしくお願いいたします。

長いこと
この世界におりますけれども

一度もお仕事ということでは
ご一緒させていただいたことが

ないんですよね。
三谷≫ここまできたら今後も

ないほうがいいかもしれない。
船越≫いやいや…。

そんなことはないような
気がしますが。

阿部≫純さんも初めてですか?
美保≫絶対使わないリストに

入ってます?私。
三谷≫そんなリストはないです。

阿部≫船越さんと、かつて一度

お会いになってるとか。

三谷≫すごい昔。
20年以上昔ですけど

僕が劇団をやっていて
船越さんも劇団をやっていて

わりと交流があったんです。
飲み会みたいなのがあって

僕は船越さんの隣に
座らせていただいて。

船越≫もっと前ですね。

25年…、もっと前かな。
若いときのお話です。

そして昨日のゲスト、歴史家の
磯田道史さんから

こんなご質問をいただいています。

また、歴史ものの作品を作る
予定はありますか?

ぜひ大河ドラマをやりましょう。
いかがなものでしょうか。

三谷≫大河、僕は
2本書かせていただいて

調べたら、最高で4本書かれてる

作家の方がいらっしゃって。
それを超えたいなと

思うんですけど。
だから、あと3本くらい。

お話はないですけど
あったらやりたいです。

船越≫磯田さんとの
コラボレーションなんていうのも

あるかもしれない。

三谷≫磯田さんも
おもしろい方ですよね。

船越≫視点が普通の方と
変わっていらっしゃいますよね。

三谷≫ものすごくよくしゃべる方。
僕、対談をしたんですけど

9割、磯田さんが
しゃべってらっしゃいました。

阿部≫歴史ものも
数多くやられていますが

敗者に注目されるという?

三谷≫「真田丸」も
「新選組!」も

歴史から見ると敗者ですよね。
そっちにシンパシーが

あるというか。
勝った人、あんまり書きたくない

興味が湧かないというか。

船越≫ぼんやりでいいんですが

この歴史、この時代、この人物に
興味あるなとかは?

三谷≫大河でも描かれないし
そんなに注目されない

江戸時代の中期の人たち。

蘭学者だとか、戦争とか戦とか
争いじゃないところで生きていた

それでも一生懸命
生きていた人たちの話って

わりと好きなんです。
地味ですけど。

美保≫名もなき職人みたいな感じ。

三谷≫でも、おもしろい人
いっぱいいるんですよ。

阿部≫テレビをご覧の皆さん
三谷さんへの

ご質問、メッセージ
どしどしお寄せください。

今日は、三谷さんが
撮影や舞台でも

予定調和がお嫌いというふうに
伺っております。

三谷≫そんなことないですけど。
予定調和、好きなほうです。

阿部≫前提が

早くも崩れてしまいましたが
今日は、こんなものを

ご用意いたしました。

巨大なスマートボール。

「ごごナマ」1年目で
使っていたものです。

あちらの右側のボールを
打っていただきまして

ころころボールが転がります。

そして、下のほうに
札が隠れています。

そこにトークテーマが
出てくる仕掛けになります。

美保≫懐かしい。
イラストが昭和っぽいんですよ。

阿部≫その前に
隠れているトークテーマを

ご紹介しましょう。

4つです。映画監督のお話。

そして

「有名俳優からクレーム?」。

「ウワサの真相」
プライベートについて

いろいろ深掘りしていきます。
そして、脚本家についてのお話。

もちろん、最新作についての
お話はされたいですよね。

三谷≫そのために来たといっても
過言ではないです。

船越≫ということは、とにかく
映画監督という

項目をまず最初のほうに
引き当てていただかないと

時間がなくなると
たどり着かなくなっちゃいます。

阿部≫押しておりますので
場合によっては

映画の話がなくなるかも…。
1投目、お願いします。

いきなり「ウワサの真相」!

スタッフの想像を超えてきました。

白鳥≫すみません。

いつも結構、中盤で出てくるので

焦りました。
玄関から出てきました。

白鳥です。

はあ、びっくりした!

水飲んでました。すみません。

ここから
ウワサの真相のコーナーです。

三谷さんに関するうわさを
集めてきましたので

その真偽のほどを
確かめさせていただきます。

まず最初は「幼少期は
超お金持ちだった!?」。

三谷≫超っていうか
お坊ちゃんではありましたけど。

白鳥≫ちなみに、お父さんは
何をされてた方なんですか?

三谷≫父は九州なんですが
福岡の中州という

飲み屋さんがあるところで
クラブを

いくつか経営している人でした。

早くに父が死んじゃったので

あまり一緒に暮らしては
いないですが。

美保≫そのなわばりは
自分ではないんですか?

継いだり…。

三谷≫継がないかっていう話も

ありましたけど
僕は勘弁してくれと。

美保≫そっちのタイプでは
ないですね。

白鳥≫三谷さんが
どれだけお金持ちだったのか

情報を入手しております。
「超ボンボン!

お坊っちゃまの暮らし」。
「人形劇をする人形は

100体以上あった」。

三谷≫これは
お金持ちだったからというより

一人っ子だったので
1人で遊ぶのが好きで

兵隊さんの人形とか集めたり

あと僕らの世代だと
「GIジョー」。

高いおもちゃだったので
1体か2体しか

みんな持っていない中
僕は10体くらい持ってました。

秘密基地みたいなのを
持ってまして1人で遊んでました。

白鳥≫女子のほうがお人形って
持ってるじゃないですか。

美保≫そのころ、バービーちゃん
高かったんですよ。

だからそうじゃないB級のやつを。
偽物で遊んでた、買えなくて。

白鳥≫2つ目は
「500万円のバイオリンを

即買い」。

ある筋の情報ですと

三谷少年が欲しいと言ったら
次の日

お父様の部下が
自宅に届けてくれたそうです。

本当ですか?

三谷≫それは僕
記憶にないですけど。

ただ、バイオリンが
欲しかったのは確かで。

楽器に興味があって
映画も好きだったので

例えばチャップリンの
「ライムライト」とか見ると

弾くじゃないですか。
あれを見たらバイオリンが

弾きたくなっちゃって
自分でもできるんじゃないかと

思っちゃって、お願いして
買っていただいたりとか。

船越≫それは本当に
この金額だった?

三谷≫そんなことないと思います。

美保≫でも、500円ってことは
ないですよ。

お祭りで、すごい安っぽい
ペロンペロンな…。

白鳥≫続いて
「小学生で月1回海外旅行」。

すごいですね、月1回。

三谷≫なんか間違い多いですね。
どこ情報ですか?

子どものとき、1回だけ

ヨーロッパに母と
旅行に行ったことがあります。

船越≫逆ですね。
月1回だけじゃなくて

幼少期に一度だけ
行ったことがあると。

だいぶ違うじゃん。
白鳥≫その旅行に行ったときの

写真です。

ロンドンです、これは。
10歳のときに。

船越≫革ジャンですか。

美保≫10歳でいけるというのは
すごいですよ。

三谷≫父が死んだ年で、母が
僕がすごく悲しんでいるんじゃ

ないかと思って
どこに行きたいかって聞いて

僕、ロンドンに行きたいという
話をして。

シャーロック・ホームズが

好きだったので
シャーロック・ホームズ記念館

みたいなのがあるので
そこに行ってみたいというので

連れて行ってもらった。

船越≫おしゃれですね。
キャスケットでしょ。

野球帽だよね、これ。
しかも赤いパンツです。

いいところの子ですね。

白鳥≫そして、右手に注目。
フィルムカメラを

持っているんですよ。
小学生でも

一家に1台もないくらいですよね。

三谷≫昔、結構撮ってましたよね。
私にも映せますみたいな。

美保≫10歳で
万博ぐらいじゃない?

まだ万博じゃない…。
そのとき、まだないですよ

いろんなものが。

白鳥≫持ってるのは
なかなかのお金持ち。

美保≫ハイクオリティーな

お家しか。

セレブですよ。
白鳥≫しかも、なんと

フィルムカメラを使って
撮った、三谷お坊ちゃんの

作品があるそうです。

船越≫ガメラですか?

三谷≫特撮映画ですね。

僕ですね。

阿部≫かわいいですね。

美保≫鼻にやってる。

三谷≫加山雄三さんの…。

船越≫いろんな要素がぎゅっと
凝縮されてる感じがしますね。

美保≫構えなかなかいいですね。
三谷≫テレビとかで

「コンバット」とか
大好きで、毎週見てました。

その影響もあるんだと思います。

白鳥≫こちらのうわさは
ちょっと間違いもありましたけど

お金持ちということで本当。

続きまして、まだまだあります。

「フィリピン人と
同居していた!?」。

三谷≫これはうちの母が
お店を経営していて

フィリピンパブみたいのを
やっておりまして

僕、高校のころだったと
思うんですけど

そこで雇われていた
フィリピンダンサーの方たちが

うちに住むことになりまして。

僕が高校から帰ってくると
トップレスの皆さんが

うろうろされてるみたいな環境で。

裸族が。

なるべく
見ないようにするんですが

ちょっと目が合うと怒られて。
自分ちなんですけど。

ふすまを投げられたりとか
すごい怒られたりとか。

白鳥≫外国の方が一緒に住むって
楽しいですか?

しんどいんですか?

三谷≫コミュニケーション
とりづらかったですね。

祖母もいたんですけど
祖母が、夜中に

ダンサーの方たちが
勝手に冷蔵庫開けて

食べてるので、ものすごい怒って
大げんかになってましたね。

それも今思うと、すべて含めて
ちょっと楽しい思い出というか。

船越≫コミュニケーションの
手段は映画ですか?

三谷≫タガログ語だったと
思います。

祖母は日本語でバーッと
怒ってましたけど。

船越≫三谷さんは?

三谷≫僕はあまり
見ないようにしてましたし

会話もなるべくしないように
してました。

船越≫そこで英語が
身についたとかいう

お話ではないんですね。

白鳥≫こちらのうわさも
本当でした。

以上、ウワサの真相でした。

阿部≫1つトークテーマが
終わりまして

残るは3つです。
では、スマートボールどうぞ。

三谷≫これ1回1回
やるわけですか?

船越≫この1回1回が不評で
なくなったんです。

阿部≫「有名俳優から
クレーム?」。

映画の話が出ませんね。

どなたからの
クレームなんでしょうか。

中井≫三谷さん、中井貴一です。

阿部≫そう、三谷作品に
欠かせない俳優・中井貴一さん。

三谷さんの舞台作品に出演中
ステージで信じられないことが

あったそうです。

どうしようかなと思って
食べて…。

で、どっか置いて
多分、お芝居して。

どうしようかなっていうのを
一瞬に考えるっていうんですか。

そういうことを
なさったりするんですよ。

船越≫覚えていらっしゃいますか。

三谷≫覚えてます、もちろん。

船越≫ちなみに
どんなお芝居だったんですか?

三谷≫戸田恵子さんと中井さんの

2人芝居で
夫婦の何十年にもわたる話を

やったんですが
ときが経過するときに

暗転になるじゃないですか。
そのときに

僕が出て行って
まんじゅうを渡しましたね。

船越≫どうして、おまんじゅう?

三谷≫たまたま差し入れで
まんじゅうがあったからですが

なぜ、そういうことを
したかについてお話ししますと

本当、信頼関係ですよ。
それで、まんじゅうを渡されて

芝居が崩れるような役者さんには
僕はまんじゅうは

渡さないですから。
彼はきちんと

それを食べて芝居を続けて
期待に応えてくれたという。

なぜそんなことするかは
僕も分からないです。

舞台の場合って1か月くらい

ずっと毎日、同じことをするから
ちょっと、どこかで

カンフル剤的なことをしないと
俳優さんも飽きてくるんじゃ

ないかなと思って。

白鳥≫まんじゅうって、結構
水分を持っていかれるから

いい迷惑だったですよね。

船越≫演出家が
本来、一番嫌うことですよね。

お芝居が途中でアドリブになって
変わっていくみたいな。

三谷≫そんなことは
許されませんからね。

船越≫許されないのに
まんじゅうですか?

三谷≫信頼関係です。
そこでふざけちゃったりすると

芝居が壊れるからそれは絶対
やっちゃだめだよといううえで

どうなるかなと思って
まんじゅうにして。

阿部≫ほかにも、いろいろ
されていそうですが。

三谷≫数え切れないくらい
あります。

演出家って、寂しいんですよ。
本番が始まっちゃうと

何もすることないし
見るだけですから

関わりたいというのがあるので

絶対客席からは見えない
例えば、テーブルの後ろに

隠れてみたりとか。

俳優さんにしか見えないところに。

白鳥≫舞台の中に
いるときがあるんですか?

三谷≫います。
美保≫戸棚開けたらいたりして。

でも、何も
リアクションしないで閉めて…。

三谷≫客席からは
見えないんですよ。

美保≫着替えたりしなきゃ
いけないんだ。せりふ言いながら。

阿部≫さらに、中井さんからは
こんなエピソードも届いています。

中井≫終わって、ねえ、今日
携帯鳴ったよね?みたいな話に

なるんですよ。

携帯鳴ってなかった?って
あそこで。鳴ってたっつって。

2階に、舞台の袖から
楽屋口…そっちに逃げたっていう。

携帯を捨てて逃げたっていう。
そういうの分かんないですけど…

三谷≫ちょっと違います。

僕は携帯で、することないから

袖からみんなの写真を撮って
遊んでいたわけですよ。

そしたら突然、誰かが
僕に電話をかけてきて

鳴りだしちゃったので
これはやばいって言って

止めようにも焦っちゃって

止め方が分からないので

この電話自体をなんとかしなきゃ
いけないといって

遠くに投げ捨てました。

白鳥≫ほぼ当たってます。

三谷≫僕は逃げなかった。

携帯を投げた。
奥のほうでずっと鳴ってました。

本番中に電話をかけてくるな!

白鳥≫私が仕入れた情報ですと
三谷さん、舞台が始まる前

前説みたいなので
携帯の電源はお切りくださいって

アナウンスしてた
らしいんですけども。

ご自分のは…。

三谷≫それね、本当
人生って分からない…。

白鳥≫しっかりしてくださいよ。

船越≫音を消せる機能とか
いろいろございますよね。

白鳥≫バイブにしておけば
よかった。

美保≫電話かけてきた人は
誰か分かってるんですか?

三谷≫分からない。
電話がなくなっちゃって。

ものすごい
被害に遭ってるわけです、僕も。

白鳥≫中井さんのほうが…。
ここでおやつタイムでございます。

三谷さんが大好きという
おやつをご用意しました。

こちら、皆さんご存じですか?

三谷≫もちろん、もちろん。

これ、鶏卵そうめんという
九州のお菓子なんです。

白鳥≫沸騰させた糖蜜の中に

卵の黄身を細長く流し入れた
そういったお菓子だそうで

長く売ってる場合もあるし
食べやすく切ってあるサイズも

あるみたいです。

三谷≫長いのが
僕の子どものころの

鶏卵そうめんですね。
ほぐして食べるっていう。

白鳥≫皆さんもよかったら。
三谷≫ものすごく甘いです。

船越≫久しぶりですね、これ。

美保≫さけるチーズとか
ここから開発されたんですかね。

似てません?

白鳥≫確かに。

船越≫ものすごく甘い卵焼きを

千切りにした感じ。

美保≫でも、おすしとかにも
合いますね。

白鳥≫おいしいです。素朴な…。

余計なものが入ってない感じが。

美保≫天然の甘さ。

阿部≫三谷さん、いかがでしょう。

三谷≫懐かしいですね。

白鳥≫甘いものはお好きですか?
三谷さんは。

三谷≫甘いもの食べますよ。

美保≫こういうの作ったりは
しないですか?

三谷≫実験してみました
自分ちで作れるかなって。

ものすごく濃い
砂糖水を沸騰させて

そこに卵の黄身を
落としてみたけど

こんなふうにはならなかったです。
ぐちゃぐちゃになっちゃった。

白鳥≫三谷さん
お料理するんですか?

三谷≫ほとんどしないです。

白鳥≫試し作りだけですか。

三谷≫実験的に、いろいろ。

ゆで卵を作ったりとか。
ゆで卵は僕が今まで

58年間生きてきて
ベストの時間は7分。

沸騰させてから7分。

沸騰させる、入れるまでは
冷蔵庫にぎりぎりまで

保管しておいて、冷たいのを
沸騰したお湯に入れて7分。

船越≫かなりのこだわりですね。

三谷≫もう完璧な。

船越≫例えば
スイーツがお好きだと

どんなものを
差し入れにもらったら

うれしいとかってございますか?

三谷≫今一番うれしいのは
やっぱり

シャインマスカットみたいな。

結構いっぱい
ケーキとかいただくので

そういうのは、もう
ある種、十分みたいなところが。

手に取って
すぐ食べられるみたいな。

スタッフの方もいちいち用意して
食べるの大変じゃないですか。

通りすがりに
ふっと食べられるみたいな。

船越≫自分で、なかなか
買えませんしね。

♪~(コーナー音)

船越≫この音が鳴ったので
船越のクエスチョン5。

船越≫上から順に

振り返りたいと思います。

何事も形から入るタイプだ。
イエス。

具体的に教えていただけると
うれしいんですけど。

三谷≫僕、映画監督になるまで
映画を撮るまでネクタイを

したことなかったんですよ。
自分が映画を撮るときに

イメージとして
例えば、アメリカ映画だと

ヒッチコックだったりとか

日本だと川島雄三さんとか
昔の映画監督さんって

みんなネクタイしている
イメージがあったので

これは形から入ろうと思って
それからネクタイをするように

なりました。

船越≫窮屈だななんて思う場面は
ないんですか?

三谷≫身を引き締めるみたいな
感じですね。

映画の現場って
本当、僕、憧れだったし

映画の勉強をさせてもらう
場所というイメージがあるので

きちんとした格好でいきたい
というのもありました。

美保≫一度そうしたら
絶対やめられないですよね。

俳優さんからすると
コロコロ変わられちゃうと

いやなんですよ。

同じ格好していてほしいんですよ
監督に。

色が変わってほしくない。
三谷≫僕

「記憶にございません!」という
映画を去年撮ったんですけど

ものすごい暑い夏に撮りまして

ゴルフ場のシーンとかあって
さすがにネクタイ

やめようかなとかって思って
スタッフも

やめたほうがいいですよと
言ってくれたんですけど

たまたま小池栄子さんが
帰り際、僕のところに来て

三谷さん、ネクタイ
格好いいですって言って

帰っていかれたんで
これはもう、するしかないって。

しょうがないから
ネクタイしてやりました。

船越≫熱中症になったり
しませんでしたか?

三谷≫気持ちなりました。

船越≫それでも貫かれたと。

美保≫だまし絵みたいなのを
作るしかないですよね。

三谷≫Tシャツに

ネクタイが描いてあるやつ。

船越≫これ、気になりますね。
ずばりライバルがいる、イエス。

三谷≫尊敬する脚本家の方とか
劇作家の方とか

たくさんいらっしゃいますね。

船越≫差し支えがなければ
お聞きしても?

三谷≫同時代、同年代の人は
実はいないんです。

いないというか
僕、知らないというか

見ないようにしているというか。
舞台にしろ、ドラマにしろ

見てつまらなかったら
つまらないし

見ておもしろかったら
すごい悔しいじゃないですか。

だから一切
見ないようにしてるので

どういう方が
やってらっしゃるかも

そんなによく知らないんですけど。
船越≫ということは、ご自身が

ライバルだと思われている方は
みんな先達の方。

三谷≫ニール・サイモンで
あったりとか

それこそ
ビリー・ワイルダーとかですね。

続きまして、印象に残っている
キャスティングがある?が

イエスでした。

三谷≫この間やった
大河ドラマの「真田丸」で

旭姫という秀吉の妹。

そのキャスティングで
清水ミチコさんに

出ていただいたんです。

僕のイメージだと清水さん
ぴったりだったんだけど

清水さんが、条件として

出てもいいけど
せりふはしゃべりたくないと

おっしゃったんで
分かりましたって言って

一切しゃべらない旭という役で
出ていただいたんですけど。

三谷≫いい芝居をされましたよ。

阿部≫そのシーンです。

≫秀吉の妹・旭。
兄から無理やり夫と離縁させられ

5か月前に
家康の正室として迎えられた。

そのとき、44歳。

家康≫のう…。
少しは笑って見せてくれ。

わしに嫁いでから
ずっとその顔じゃ。

さあ、笑ってくれ。

阿茶局≫笑っておられるそうです。

三谷≫いいですよね。

船越≫清水さんのほうも
すごく印象に残ってたようで

こちらにおいでいただいたときに

やはりこのお話をされてました。
どんなアドバイスを

されたんですか、清水さんに。

三谷≫僕は脚本を書いただけで
演出は別の方なので

それはお任せなんですけど
とにかく僕は

清水さんが、一切せりふの
ない役をと言われたので

悔しいですから
せりふがない役だけど

最高におもしろいシーンを
作ろうと思って

今の感じにしたんですけど。

船越≫あそこは
ト書きがびっしり?

三谷≫そんなに書いてないです。
ただただしゃべらない。

船越≫無理やり離婚させられてね。

あれで当たり前なんですけどね。

三谷≫あれがリアルだと思います。

船越≫炎上してましたね
SNSでも。

阿部≫残りは2つになりました。

もう一度スマートボール、どうぞ。

三谷≫この時間があったら
全部しゃべれるのに。

阿部≫きました
「映画監督修業中!?」。

先ほど三谷さんのお話ありました

映画は学びの場であると常々
思ってらっしゃると。

三谷≫そうですね。
僕は基本的には

脚本家だと思ってますので
映画監督ではないので

何年に1回か
映画を撮らせていただくときは

映画の勉強をさせてもらいに
現場に行くという

スタンスでいますので
カメラマンの方から

助監督さんに至るまで
皆さん映画の世界の人だから

みんな僕にとっては先生なので

なるべくそういう気持ちで
やってます。

阿部≫そんな三谷さんの
これまでの作品を一覧にしました。

それぞれおもしろい作品で
ヒットいたしました。

船越さん、美保さん、白鳥さんも

印象に
残ってるんじゃないですか。

美保≫「ステキな金縛り」
最高に好きですね。

船越≫文句なく
「ザ・マジックアワー」ですね。

全部好き、世界観も。

美保≫タップダンスが好きでした。

言葉がなく
あれがちょっと意外で。

三谷≫うれしいですね。

阿部≫それぞれの作品で
笑いにこだわるという。

その思いとはどういうところに?

三谷≫僕は喜劇作家だと
思ってるので、映画にしろ

舞台にしろ、ドラマも基本的には
コメディー専門という

イメージでやってますね。

美保≫でも出る方は
みんな主役クラスの

シリアスなのも

がっちりできる人が
さらっとやってて。

阿部≫ご出演の皆さんは
ずらり、主役級の皆さん。

三谷≫あまり
コメディーのイメージのない方に

やっていただくと
よりおもしろい感じに

なっていくというのが
ありますけどね。

阿部≫それぞれのストーリーは
俳優さんから

ヒントを得ているというふうに
伺いましたが。

三谷≫「マジックアワー」の
ときは

佐藤浩市さんで
コメディーがやりたいと思い

最初に浮かんだのが佐藤さんが
なぜかトランポリンで上下運動を

繰り返している画が浮かんで
これが出てくる話って

どんな話だろうと思って
そこから全体の話を考えていく。

船越≫本編の中にもありましたね。

阿部≫そもそもストーリー

ありきではないんですね。

三谷≫役者さんありきですね。
今回も、中井さんで

コメディーが
やりたいというところから

あの話を作ったという感じです。

阿部≫例えば
船越さん、美保純さんでしたら

どんなストーリーが?

三谷≫考えたんですけど
どんな役、僕だったら

やっていただくかなと思って。

船越さんの場合は
ちょっとハードボイルド的な

イメージが強いから、できるだけ
ハードボイルドっぽくない

職種がいいなと思って。

幼稚園の先生であるとか
船越さんはそれだけで

おもしろそう。

美保≫お弁当作ってるとかね。

ちっちゃく結ぶの。

三谷≫子どもたちと一緒に
ごはん食べて

本当は食べたくないんだけど
小さいいすに座って

食べてる感じとかおもしろいなと。

美保さんは、僕の知り合いに
漫画家の方が

いらっしゃるんですけど
ちょっと感じが似てるんですよ。

そう思うと美保さんの
漫画家であるとか

イラストレーターとか
ちょっとぴったりはまる

イメージがあるんです。

美保≫文化系ではないんですよ。
いつも、野性か

浮気性な女しかない。

だから、ちゃんときっちり
墨汁と私みたいのがいいよね。

三谷≫漫画家は
すごい合うと思います。

美保≫昔からやってる人は
ペンから始まって

今はパソコンで書くけど
昔は墨汁で

引いてたじゃない。

三谷≫そんな昔ですか。

美保≫今の漫画家さん?

三谷≫でも、こういう感じ。

船越≫純ちゃん、実際
イラストもうまいしね。

美保≫漫画家には

なりたかったんです。

三谷≫じゃあ、もうぴったり。

美保≫スタイルがよかったから
エッチなほうにいっちゃったの。

阿部≫タイトル決まりましたね
「墨汁と私」。

美保≫ビチャーって。

三谷≫エロチック。

美保≫最後は
人間魚拓で終わっちゃう。

白鳥≫結局そっちにいっちゃう。

美保≫そっちはちょっと
おもしろくないですね。

使い古されてるから。
三谷≫多分

僕は書かないと思います。

美保≫もうちょっとちゃんと
4コマで勝負する。

阿部≫主役級の皆さんに対して
演技指導といいますか

言いにくかったりは…。

三谷≫演技指導というほどの
指導はないですね。

僕、長回しが多いので

じっとしていてもつまらないので
なるべく動こうというので

どういう形で動いてもらうか
みたいなことはやりますけど

皆さんベテランの方だから
めったに

役作りということで演技指導
みたいなことはしないです。

船越≫ご自身が納得いくまで
テイクは

重ねられるほうなんですか?

三谷≫大体、テイク1か2ですね。

あまり長くやっても
いいことない気がするんです。

現場の空気も悪くなっていくし。

やっぱ、みんな
テイク1で決めようと思って

やってるわけだから
テイク1が一番いいんですよね。

美保≫最初から回す監督大好き
私は。

白鳥≫その前に
何かあるんですか?

美保≫場当たり的なのが
あるんですよね、おおよそ的な。

でも、何回もやってると
おかしくなってきちゃうんですよ。

私、動物っぽいから
顔がひきつってきちゃうの。

役者としての弱点なんですけど。

三谷≫でも、難しいのが
1回目が一番いい人と

やればやるほどよくなっていく
人がいるんですよ。

それが同じ画面にいると
どっちをとればいいのかは

悩みます。

美保≫私、いつも怒られて
ベテランの監督に。

純ちゃんは早いんだよ
トップに上がるのがって。

ジェットコースターの
今から、うわーって

みんなで落ちていくんだから
おもしろい方向に。

でも純ちゃんは
すぐ上にいっちゃうって。

そこで、なんで君は待てないの
って言われて。

そこから、ずっと
おあずけみたいになってるんです。

でも、それをちゃんと
整備してくれるのが

監督かなと思って。

三谷≫俳優さんを知らないと
いけないですよね。

この人はどういうタイプか。

船越≫そうやって僕らに
寄り添ってくださる監督は

なかなかいらっしゃらないんで
そういう現場は

すてきな現場だと思いますね。

三谷≫僕は俳優さんしかないと
思ってますから

そんな映像テクニック
持っていないので

とにかく俳優さんがよく見える
映画を作りたいなと。

美保≫でも、現場を離れたら
超冷たそうなイメージがする。

三谷≫それは、どういう…?

美保≫ちょっとクールな
それは自分で考えてみたいな

感じがしちゃう。

三谷≫僕ほどホットな人は
いないと思いますけど。

美保≫今日初めて会ってるから

イメージが変わった。
三谷≫そんな感じだったんですか

クールな。

美保≫眼鏡を脂で
べたべたにしたい。

三谷≫どういう…?

白鳥≫1回やってもらって。

阿部≫三谷さんお待たせしました。
いよいよ最新作公開が

近づいてまいりました。

ずいぶん構想は
前からお考えだった

作品だったそうですね。

三谷≫いろいろなアイデアが
浮かぶと

自分の中で、心の中の
引き出しみたいなのがあって

そこに
ストックしていくんですよね。

映画の企画とかドラマの企画とか

いろいろあったときに
その中から

これ使おうみたいな感じで
出してくるというイメージなので

だから、この話も思いついたのは
10年以上前ですけど。

船越≫聞くところによると
構想13年だと。

ということは
「ザ・マジックアワー」のころに。

三谷≫もっといろんなことを
考えて

思いついたりするんですけど
引き出しの中に入れたまま

忘れちゃうものもあれば。
これはずっと残っていたという

感じです。

主人公は、国民から嫌われ
史上最低の支持率をたたき出した

ダメ総理。

ある日、一般市民の投げた石が
頭に当たり、記憶喪失に。

混乱を避けるため、事実を隠し
秘書官たちのサポートにより

なんとか日々の公務を

こなしていきます。

≫振ってみてください。

番場≫本当に何も

覚えていらっしゃらないんです。

阿部≫記憶を失った男が
捨て身で夢と理想を取り戻す

政界コメディーです。

主演は、三谷作品に
これまでにも多数出演してきた

中井貴一さん。

そんな中井さんに
三谷ワールドの魅力について

語っていただきました。

中井≫すごいなと思いますよ。

船越≫今、中井さんも
おっしゃってましたけど

なぜ総理大臣を

しかも記憶喪失にしてしまおうと

思われたんでしょう?

三谷≫記憶喪失は置いておいて
なぜ、総理大臣にしたかというと

いつも僕、思うんですけど
日本映画で

基本、日本映画って
リアリズムじゃないですか。

日常を描くみたいなのが
メインだから

僕がいる位置はそこではなくて
もうちょっと日常から

少し浮いたところの
物語がやりたいなと思うときに

じゃあ、どういう設定が
いいかといったら

例えばホテルであるとか
架空の町であるとか

法廷であるとか。
今回はそれが

首相官邸になるわけですが
そういう非日常なんだけども

あまりにも飛びすぎてない
何かイメージできるような

場所ということを
考えて、話を考えるんです。

今回、首相官邸で主人公は総理。
そこからきたという発想です。

船越≫記憶喪失というのは?

三谷≫記憶喪失は
中井さんで総理大臣を

やるってなったときに
じゃあ、どんな中井さんだと

おもしろいのかというときに
中井さんの持っている

すごく誠実な部分と
あと、ちょっと

すっとぼけた部分と両方
あともう1つ

黒い中井というのもいるんですが
この3つが全部出てくる話は

何かって考えたら
もう、これしかなかったんですね。

本当に悪い総理大臣が

突然、記憶を失って

すごく純粋な少年のような男に
なってしまう話なので

全部が楽しめるという。

船越≫役者冥利に尽きますね
俳優側としては。

阿部≫今回も豪華ですよね。

三谷≫皆さん、達者な方々だから
僕も台本を書くときに

この人たちに
なんだ、このつまらない本はって

思われるのが、すごいいやだし
寂しいし、悔しいので

それはよく言うけど脚本家からの
ラブレターじゃないですか

俳優さんに対しての。
それは一生懸命

書きますよね。

船越≫監督が思う
ずばり、ここが見どころみたいな

ところはございますでしょうか。

三谷≫中井さんの
最後の演説があるんですけども

それは聞きどころ
泣かせどころというか。

船越≫笑って
そして最後は心にしみていく。

三谷≫全国民に向けて。

美保≫中井貴一さんの
姿勢のよさが

いつもほれぼれするんですよ。
いつの時代も。

猫背のイメージが全くなくて。
どうしてもシュッてなるんですよ。

それがうれしいんですよね。

後ろから
飛び蹴りしたくなるような。

三谷≫変わってらっしゃいますね
眼鏡ベトベトとか…。

美保≫いいですよね。

船越≫なんか壊してみたい
そんな願望を

湧かせるよね、貴一ちゃんは。

三谷≫キャストなんですけれども
例えばジャルジャルの後藤さん

あと、有働由美子さんが

ニュースキャスター役。

かなりバラエティーに富んだ
キャストです。

阿部≫「記憶にございません!」
来週公開ということです。

トークテーマ
3ついきましたので

残りは自動的に決定となりますね。
「原点は脚本家」。

船越≫そもそも、脚本家になった
きっかけというのは

何かおありだったんでしょうか。

三谷≫もともと
放送作家をやってましたので。

船越≫学生時代からですよね。

三谷≫はい、クイズの問題
作ったりしてました。

そこからの流れで
今に至るという感じですけども。

「アイアイゲーム」とか
「お笑いマンガ道場」とか

やらせていただいて。
でも、放送作家の仕事というのは

自分にあんまり向いているとは
思わなかったんで

もっと、ドラマ性のあるもの
物語をつむいでいきたいという

思いが
強かったんで

少しずつドラマのほうに
移行していったという感じです。

船越≫もともと
劇団をお作りになったのが

一番最初ということ?
三谷≫そうですね。

でも、同時進行ですけど。
船越≫構成作家をやりながら

劇団もやってらっしゃった
学生時代と。

脚本をお書きになるときに
ここを大事にしているという

ポイントはありますか?

三谷≫俳優さんが
本当にすべてなので

意味のない役は
作りたくないというか。

どんな俳優さんも
自分の役を読んで

これはやりがいがあるというか
ワンシーンでもワンカットでも

せりふひと言でも
これは、いいせりふをもらったと

思ってほしいから
それは考えますよね。

役割でしかないような役は絶対
作らないようにしようと

思いますけど。

船越≫必ず役割じゃなく
役回りがある。

三谷≫だから長くなっちゃう。
それはよくない。

美保≫うれしいですよね。
ちょっと、いるだけでも

うなずいてるだけでも
意味があると思うと

ずっと下を向いてられますもんね。

三谷≫いろいろ考えることが
できますもんね。

美保≫そこに充実感…。

ドラマ、芝居して
よく分からないのをやらされると

家に帰ったとき
すごいつらいんですよ。

そがれた感じがしちゃう。

すり減っていくって
このことかって

思ったことがあって。

三谷≫いるだけとかね。

美保≫いいんですよ
死体の役でも

意味があったら。だけど本当に
そうやって書いてくれるって

思うと
うれしいです。

今すごい
機械的になってるんですよね。

少ないから
本をちゃんと練ってくれる

作家さんがいると心強いというか。

三谷≫やりますよ、僕は。

美保≫本当うれしいです。

船越≫お書きになったせりふは
なるべくそのせりふどおりに

俳優さんには言ってほしい?

三谷≫基本はそうですけども
しょせん、頭の中で

書いたせりふだから、俳優さんが

その気持ちになって
その場で言ったせりふのほうが

絶対、生き生きしてるのは
分かるんですよ。

だから、変えてもらうのは
僕は全然いやではないし

変に変えられちゃうといやだし
自分の中で

これは守ってほしいという
てにをはであるとか

倒置みたいなものは
きちんとやってほしいけど

それ以外は全然自由に
やっていただいて

僕はいいと思います。

船越≫ご自身が監督されて
本もお書きになってると

どっちにウエイトが
置かれますか?

三谷≫僕はやっぱり脚本家なので
脚本ですね。

船越≫それぞれ
おもしろいところは

あると思うんですけれども
監督のおもしろさ

脚本のおもしろさ。

三谷≫脚本のおもしろさは
ゼロから作ることだから

その試行錯誤が楽しいけど
同時につらいんですよ。

頭の中ではできてるけど
それを文章に、言葉に

文字にしないと伝わらない。
あれがいやですね。

監督はいやなことは1つもない。
本当に楽しいことだけで

できてる感じがします。

僕の映画は。

船越≫お祭りの
時間みたいなものですね。

三谷≫クランクインが楽しいし
クランクアップは寂しいし。

美保≫構想しているところが
一番苦しいですよね。

たった1人だから、書くときって。

三谷≫映画の現場はみんなで
作ってる感じがあるから

すごく助けられるんですけど
書くときは1人ですからね。

船越≫監督は辞められませんね?

三谷≫自分で書いたものは

自分で監督したいなとは
思います。

船越≫私たちは
まだまだ楽しめるし

もしかしたら、純ちゃん
呼んでもらえるかも

しれないですね。
美保≫私、見えないところに

隠れてます。
三谷≫眼鏡べとべとにしてほしい。

美保≫ヌルヌルしますよ。
阿部≫今夜のおすすめ番組です。

≫今夜の「ガッテン!」は
この謎の物質が

心疾患、糖尿病をダブルで予防?

正体は、あの栄養素。

≫有馬温泉に住む大家族の
金泉露天風呂。

伊達≫楽しいね!

阿部≫今夜の「ガッテン!」は
私たちの体を構成している

栄養素について特集します。

最新の研究から
私たちの体の中にある

ある金属が
心疾患や糖尿病などの予防に

役立つことが判明しました。

体の中の金属というと
鉄分などがありますが。

船越≫マグネシウムとこかもね。

阿部≫この金属も皆さん
聞いたことあると思います。

アーモンドや玄米などに
含まれています。

この金属を漢字で書くと
金偏に美しい。

白鳥≫しつけ?

阿部≫しつけじゃありません。
なんの金属なんでしょうか。

答えは総合テレビ今夜7時30分。

今日のお客様
三谷さんへのメッセージ

たくさん届いています。

30代女性の方。

三谷さんといえば
作品からも外見からも

お人柄からも常に自分らしさを
貫かれている方だなという

印象があります。

私はついつい人のために
すぐ折れてしまい

結局、自分はどうしたかったのか
分からなくなるときがあります。

生きていくうえで
自分らしさを貫くコツは

ありますか?と。
深い質問ですね。

三谷≫語りきれないですね。

そんなに貫いてる感じでも
ないんですけどね。

妥協、妥協で生きてますけど。

阿部≫ご自身では
自分らしさというのは

どういうところだと?

三谷≫自分ではちょっと
よく分からないです。

白鳥≫飄々としているイメージが
ありますよね、三谷さんって。

あんまり周りのこと気にしない…。

船越≫やりたいことを、とことん
やられてきた感じはしますけど。

三谷≫でも脚本家に
なったってことは

小説家とは違うので
本当に自分のやりたいことを

完璧にやりたいと思ったら
小説家になってたと思うんですよ。

やっぱり、集団の中の
歯車の1つになりたいっていう

思いがあるから
この仕事を選んだというのは

ありますよ。

阿部≫それから、10代の方。
三谷さん大好きで「真田丸」を

1話から50話まで見ていて
いまだに見ています。

お母さんに
消さないの?と言われて

いまだに消さずに
ずっと見ています。

新作も楽しみにしていますという。

三谷さんもご自身の作品は
テレビでご覧なったり?

三谷≫テレビドラマの場合は
オンエアを必ず

オンタイムで見ます。

裏はどうなっているかとかも

含めて
ザッピングしながら。

なぜ僕はこの瞬間に

ザッピングしようと
思ったのかと考えたりとか。

そこは停滞しているんですよね。
そういう反省も踏まえて。

阿部≫イラストも届きました。

恐竜に乗ってますね。

阿部≫ありがとうございます。

船越≫本当は、まだまだお話を
お話をお伺いしたいんですが

お時間になってしまいました。

映画、楽しみにしております。
本日のお客様

三谷幸喜さんでした。

ありがとうございました。


関連記事