遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで動物園探険」手筒花火…豊橋祇園祭・名古屋と言えば…


出典:『遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで動物園探険」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで動物園探険」[解][字]


雛形あきこ▽爽快!豊橋の動物園周遊はセグウェイで▽渥美半島の名物超巨大アサリを焼き&フライで▽手筒花火発祥の地!豊橋祇園祭▽名古屋と言えば喫茶店…絶品カフェオレ


詳細情報

出演者

【旅人】

雛形あきこ(女優)

番組内容

夏の愛知!渥美半島~豊橋へ!▽1)名古屋ならでは!驚きの絶品カフェオレ▽2)楽しさ100倍!豊橋でセグウェイ乗って動物園周遊▽3)渥美半島は魚介の宝庫!サイズ10倍超の巨大アサリを焼き&フライで!▽4)限定のお味!A5等級厳選の伊良湖黒牛…とろける肉質の秘密はパイナップル?▽5)有松絞り…ひと粒ひと粒丹念に絞り上げる職人の技術に感動!▽6)火の粉が飛び散る!はっぴも焦げる?手筒花火発祥の豊橋祇園祭

制作

ytv

田園工房

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

愛知県名古屋市~豊橋市~田原市


『遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで動物園探険」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで
  1. 朽名
  2. 大アサリ
  3. 大丈夫
  4. 有松絞
  5. キレイ
  6. コーヒー
  7. 愛知
  8. 結構
  9. 雛形
  10. kg
  11. 伊良湖黒牛
  12. 郁弥
  13. 我慢
  14. 手筒花火
  15. 渡辺
  16. 普通
  17. 名古屋
  18. アサリ
  19. お店
  20. お疲れさ


『遠くへ行きたい「夏の愛知新発見!超巨大アサリ漁&セグウェイで動物園探険」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(雛形あきこ) 来ましたね 名古屋。

<夏の愛知にやって来ました
雛形あきこです>

いつも気温
ちょっと高めだなって。

東京よりも暑いなって。

主人が地元で
よく来るんですよ。

あっ!
「コーヒー」って書いてあるから

喫茶店。

結構早くからやってますよね
仕事前に

朝食をここで済ませて行ったり
するんですかね?

<名古屋市内には
なんと4000軒ほどの喫茶店>

<コーヒー1杯 注文すると

トーストや ゆで卵が付いて来る

リーズナブルな
モーニングサービス>

<そんな名古屋のモーニングは
お店によってさまざま>

<コーヒーにプラス100円で
本格ハンバーガーが付いたり

490円で10種類のパンが
食べ放題のお店まで>

<そんな数ある喫茶店の中でも
他では なかなか味わえない

珍しいコーヒーを飲める
お店があるんです>

<それは 栄の繁華街にある…>

(酒井さん) いらっしゃいませ。

こんにちは~。
こんにちは。

カフェオレラテグラッセ。
カフェオレグラッセ いつもの。

はい グラッセを。

<絶品なのが
カフェオレグラッセ>

<普通 カフェオレといえば

ミルクとコーヒーが混ざっていますが
こちらは くっきり

2層に分かれているのが
ポイント>

いただきます。

あっ おいしい。

両方とも すごく…。

おいしいです。

…って 主人にねだるぐらい

このオレグラッセが好きです。

<実はここ
私が名古屋に来たら 必ず行く

行きつけのお店なんです>

<『遠くへ行きたい』
雛形あきこです>

いや~ すごいもう 爽快ですね。

<全国でも珍しい
セグウェイで回れる動物園>

すごい力強いですけど!

わぁ~!

<かわいい動物に癒やされます>

大っき~い!

<極上の味をいただきます>

こういう貝で
口いっぱいになるのって 何か…。

<さらに…>

いただきます。

う~ん!

すごいキレイです 細かい。

着替えて来ました。

どうですかね?

<火の粉に耐える…>

<熱~い愛知を
たっぷり楽しみます>

<愛知県 東の中心都市 豊橋>

<この町には
全国でも珍しいと話題の

動物園があるんです>

ここですね のんほいパーク。

あっ ほら!

楽しそう。

<豊橋総合動植物公園は
40ヘクタールの広大な敷地>

<セグウェイで
動物に会いに行けます>

<セグウェイ初心者の私も
乗り方を教えてもらい

早速 園内を回ることに>

すご~い!
広いんですね ホントに。

(鈴木さん) そうなんです。

何かちょうどいいですね
気持ち良くて。

お~! あっ!

デカい! デカいのがいる!

あの子 すごい 何かもう…。

あの子はね 大五郎っていいます。

大五郎。
はい。

すごいキレイ。

こんにちは~。

何かいいですね やっぱり…。

こういう所は爽やかに
気持ち良く行けるし。

キリン!
ここで セグウェイ降りま~す。

降りてくださ~い。
はい。

うわっ! うわ すごい!

すごいですね こんな近くまで…。

なかなか…。

よろしかったら特別なんですけど
あげてみますか?

いいんですか?
大丈夫です 大丈夫です。

これ普通に…。
自分が持ってますので。

あっ もう 2人とも…。

わっ 結構 力…。

イメージしてた餌やりとは
ちょっと違う感じの。

綱引きというか もう 何ですかね。

奪い合い 奪い合い。

見上げることが
ほとんどなんで…。

<続いては
夏に大人気の動物の所へ>

いや~ すごいもう 爽快ですね。

いや~ いた!

あっ お~!

近い!

何か大っきな体だけど
上手に泳ぎますね。

おぉ~ もう逆さになって。

<餌を求めて 水中へダイブ>

<何だか見ているこっちも
涼しげな気分になれますね>

<渥美半島にやって来ました>

<ここは
島崎藤村の『椰子の実』で有名な

伊良湖岬です>

<伊良湖は黒潮に乗って来た
さまざまな魚が水揚げされます>

<渥美魚市場では
昼から競りが行われ

一般客の見学も可能です>

(競りを開始する鐘の音)
あっ!

うわ~。

もうあっという間に
何か決まりましたけど。

結構 何かもう わぁ~っと

わぁ~っとやって。

あっ!

これ 何ですか?

これはハモ。
ハモ!

すごい! すごい立派ですね。

いや~ すごい立派。

<豊富な魚介類が
水揚げされますが

ここ渥美半島名物は
他にあるそうです>

<市場で聞いた
渥美半島名物を採っている

達人の元を訪ねます>

あっ どうも こんにちは~。

(小川さん)
この道具から 水が出るんで…。

えっ!
ひと粒ずつ 採ります。

<大アサリは 普通のアサリとは

比べものにならないくらいの
大きさだといいます>

何mぐらい 潜る予定なんですか?

ここは4mぐらいですね
いつもは もうちょっと深いです。

8mから10mぐらい。

お~! すごい勢いですね。

そうですね これで ひと粒ずつ。

砂を掘って。

これに何か
持ってかれちゃわないんですか?

いや 大丈夫です。

分かんなくなっちゃう?
そうですね。

じゃあ お願いします。

<酸素ボンベを背負って
いざ 海底へ!>

うわっ!

一瞬で見えなく
なっちゃったんですけど。

ブクブクってしてるから
あそこですね。

あっ!
ちょっと進んで行きましたけど。

<水圧で砂を巻き上げ
大アサリを探します>

<ありました!
これが 大アサリです>

<素人目には
全く分かりませんが

そこは プロの技>

<次々と 探り当てて行きます>

<潜ること およそ1時間>

<果たして
どのくらい採れたのでしょうか>

あ~ すごい!

すっごい大っきい!

この短時間に
こんなに採れるんですね。

アサリですよ すごい大っきい!

<普通のアサリと比較すると
なんと 10倍以上の大きさ>

<では その大アサリを

地元の食べ方で
料理していただきます>

さばきますね。
よろしくお願いします。

そこに?
(朽名さん) まず ここんとこへ…。

真っすぐこう…。
そこに 入れるんですね。

(朽名さん)
そうすると 半分になるんです。

(朽名さん) そうです
みんなね ビックリするんですけど

半分に割ると
こういう感じになるんですよ。

これを焼くんです。

おぉ~!

<作り方は簡単>

<大アサリを火にかけるだけ>

<味付けには
酒と おしょうゆを少々>

わぁ! あっ すごい いい香り!

<これが 渥美半島名物の…>

いただきます。

う~ん!

おいしい!
(朽名さん) おいしいですね。

すごい味が濃いですね。
(朽名さん) そうですか。

口 ホント いっぱいに広がって。

おいしいですね。

<さらに もう1つ>

<漁師さんたちの大好物が
半身を衣で包んだ…>

すごい!

いただきます。

(朽名さん)
大アサリをフライにしたんです。

うん!

おいしい!

(小川さん) そうですね。

(朽名さん) 1つをね
フライにしただけですからね。

<大アサリなのに 味は繊細>

<驚きの愛知名物に
出合えました>

<ここ渥美半島は
漁業だけでなく 農業も盛ん>

<そんな土地ならではの

新ブランドが誕生したと聞き
訪ねてみます>

(高木さん)
あっ こちらの牛舎になります。

あっ すっごい大っきい!

A5等級だけなんですか?
はい。

<こちらが
2017年に誕生した

A5ランクの特選黒毛和牛
「伊良湖黒牛。」>

ここら辺の何か
ガタイの良さというか…。

この子たちは ちなみに…。

800kg! うわ~!

ちょっと間違えて
ギュって足踏まれたら もう

たまったもんじゃないですね。

結構 人懐っこいですよ。

そんな触って大丈夫なんですか?
あっ 大丈夫です。

全然?
はい。

あっ ちょっと怖いね 大丈夫?

ここの前髪みたいな所
柔らかかったです。

前髪… あっ ごめんね ごめんね。

でも すごいおとなしい。

<市場でA5ランクの認定をされた
和牛のみが

「伊良湖黒牛。」を
名乗れるといいますが

その秘訣は 餌にあるそうです>

えっと
これが パイン粕になります。

一日に大体
8kgから10kgぐらい

餌を食べるんですけども…。

…ために
パイン粕をやっています。

<パイナップルの皮を
砕いた粕や…>

<…などを与えることにより
胃や腸内環境が整えられ

肉質のいい牛が育つそうです>

<続いては…>

う~ん! おいしい!


<雛形あきこ 愛知の旅>

<農家さんたちのバーベキューに
招待されました>

(高木さん) こちらが
「伊良湖黒牛。」になります。

えっ これをバーベキューで?

(高木さん) はい。
ぜいたくなバーベキューですよね。

(渡辺さん) サシは もう見た通り。

すごいキレイに入ってますけど
おいしそうですね。

<では サーロインを豪快に>

これ丸々行っちゃうんですね。
(渡辺さん) 丸々行きましょう。

<いい具合に焼けて来ました>

<見てください
肉汁が あふれ出ています>

<では いただきます!>

う~ん おいしい!

とろけますね。

(渡辺さん)
これが とろけるうま味。

う~ん!

脂が甘くて とろけちゃいます。

結構ね やっぱり…。

(渡辺さん) そうなんですよ。

アハハ!

でも それに負けない…。

負けないように。
ブランド牛をつくって…。

行きたいなと。
う~ん。

<まだここでしか味わえない
「伊良湖黒牛。」>

<ごちそうさまでした>

<再び 名古屋に戻って来ました>

<ここ 有松は

江戸時代の大きな商家が
軒を並べています>

<この町の繁栄を
支えて来たのは

有松絞りと呼ばれる
絞り染めの技>

<時代劇で

有松絞りの入った着物を
着たこともあったので

一度その技を
見てみたかったんです>

わぁ! すごい!

何かもう
歴史ある建物って感じがして…。

あっ! 何かもう 奥に

ちょっと見えますね。

<ここは有松絞りの
反物を扱う問屋さん>

すいません お邪魔します。

(中村さん) どうぞ どうぞ。

わっ すごい! いや 細かい!

これ…。

昔の江戸時代のお姫様のお衣装の
再現物なんですけれども。

例えば
これは「一目鹿の子」っていって

線の鹿の子なんですけれども。

これを…。

模様にするのに…。

そうです そうです。

細か~く。
ひと粒ひと粒を。

<この有松絞りで作られた
打ち掛け>

<その絞りの数は 12万粒>

<およそ1000万円するそうです>

<そんな有松絞りの絞り方は
70種類>

<絞りによって
自由自在にデザインできます>

荒川さんとおっしゃいます。

<職人さんたちの技を
見せていただきます>

えっ? 今 これ…。

この…。

(中村さん) そうです。

(男性) 縫ってるんですね。
すごいですね。

速いですね。
(中村さん) 今ね 多分 ゆっくり

縫っててくださると思います
分かりやすく。

ちなみに…。

小学校2年生から
やられてるんですか?

(荒川さん) そうですよ。

90!?
フフフ!

ずっと平縫いを
されてるってことですよね?

(男性) もう 平縫いの神様。

<荒川さんは
平縫いひと筋 80年>

<染め上げると木目のような
独特な模様に仕上がります>

<続いては生地をホース状に
束ねて行く絞り方>

柳絞り。
…っていう絞りの名前ですね。

我々の この職人として…。

…っていう表現をしておりますね。

この出てる部分ってことですよね。
(松岡さん) そうです。

絞って 染めることによって

等間隔の真っすぐの…。

それがすごいですね。

<手作りで
手間のかかる有松絞りは

高価なイメージがありますが

今ではYシャツやうちわ
さらには傘など

リーズナブルな商品も
生み出しています>

着替えて来ました。

どうですかね?

ちょっと…。

ぜひ。

<この後 豊橋の夏を彩る

伝統の手筒花火!>

<雛形あきこ 愛知の旅>

<浴衣姿で行きたかったのは

三河の夏を彩る 豊橋祇園祭>

<460年の歴史を持つ
手筒花火発祥の地です>

結構 もういますね 人がいっぱい。

<境内には
手筒花火を持った男衆の姿が>

<荒縄で竹をきつく巻いた
大砲のような これが…>

<まずは 本殿に奉納し

お清めを受けます>

<この手筒の中には
火薬がぎっしり!>

<手筒花火は
打ち上げる男たち 一人一人の

手作りなんだそうです>

よっしゃ。

僕の子供なんですけど…。

そうなんですか?
はい。

今年初めて。
親子で。

(河合さん)
僕のほうも ドキドキだし 多分

子供のほうも
ドキドキだと思うんすけど。

お父さんはちなみに
何年やられてるんですか?

20何年やってる。
もう ベテランさんで。

…になっちゃいましたね
知らん間に。

そういうお父さんの背中を見て
カッコいいなと思って?

(郁弥さん) そうですね ずっと…。

やっとやれる年になれたんで。

大体…。

10kg?

持ったりとかしても平気ですか?
はい。

左手はこっちで 右手でこの…。

これを持つ。
(郁弥さん)付け根ぐらいを持って。

あ~! あぁ これで

こっから出るってことですよね?
近いっすね ちょっと。

すいません。

え~。

火が。

耳とかちょっと
やっちゃったり… 大丈夫ですか。

そこは我慢ですね。
我慢?

我慢っす。

我慢?
(河合さん) はい。

頑張ってください。
頑張ります 応援 お願いします。

はい 応援してます。

<いよいよ
手筒花火の開始を告げる…>

<激しく飛び散る火の粉で

悪疫退散を願う
江戸時代から続く火祭りです>

(拍手)

<雨のように
激しく降った火の粉で

なんと
法被には 焦げて大きな穴が>

<この後 祭りもクライマックス>

<熱さに負けるな!>

<460年続く
伝統の手筒花火見たさに

全国から大勢の人が集まります>

すごい!

<さぁ いよいよ

今年初めて手筒を持つ
河合郁弥さんの登場です>

いや~ すごい!

<大量に降り注ぐ 火の粉の中

微動だにしない 郁弥さん>

<見事 やり遂げました>

あっ! どうもお疲れさまでした。

(郁弥さん) お疲れさまです。
お疲れさまでした。

すごいキレイでした
カッコ良かったです。

ありがとうございます。

どうでしたか? 初めて…。

めちゃめちゃ…。

一瞬でした?
はい。

怖かったり
熱かったりっていうことよりも?

それよりもあっという間に
終わっちゃったなって感じですね。

危険なもんなんで

無事やっぱ上げれたっちゅうのが
一番うれしいですね。

また来年
もっとキレイに上げれるように。

ありがとうございます。

<夏の愛知
熱き男たちに出会えた旅でした>


関連記事