ダウンタウンDX 12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀・堀本陽子が告白!夫の生瀬勝久の不思議な…



出典:『ダウンタウンDX★12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀[字][デ]


★堀本陽子が告白!夫の生瀬勝久の不思議な収集癖にスタジオ騒然!松本伊代とヒロミが喧嘩!その理由はまさかのアレ?★羽野晶紀が最新版を激白!和泉元彌の異常な愛情!


詳細情報

出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

アンミカ

井上和香

菊地亜美

キャシー中島

白鳥久美子(たんぽぽ)

羽野晶紀

堀本陽子

本田朋子

松井美緒

松本伊代

吉木りさ

わたなべ麻衣

番組内容

★堀本陽子が告白!夫の生瀬勝久の不思議な収集癖にスタジオ騒然!松本伊代とヒロミが喧嘩!その理由はまさかのアレ?★羽野晶紀が最新版を激白!ついにGPSまで!和泉元彌の異常な愛情★たんぽぽ白鳥に夫のチェリー吉武がお手紙!なぜか全然関係ないあの人が号泣★匂いに超敏感!食事はいつも4種類!アンミカのご主人の不可思議行動★わたなべ麻衣が語る夫JOYのプロポーズに失笑★何でも解決!キャシー中島の悩み相談室!

制作

ytv

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!



『ダウンタウンDX★12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX 12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀
  1. キャシー
  2. アンミカ
  3. 会場
  4. 菊地
  5. 拍手
  6. エエーッ
  7. 旦那
  8. 一同
  9. エーッ
  10. ホント
  11. 羽野
  12. 絶対
  13. 全部
  14. 白鳥
  15. 松本
  16. ヒロミ
  17. 自分
  18. 松井
  19. 浜田
  20. 井上


『ダウンタウンDX★12人の怒れる奥様SP!アンミカ&松本伊代&羽野晶紀』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(浜田)
今夜は奥様大集合スペシャル!

(拍手と歓声)

<大集合!>

最初のテーマは こちら!

(キャシー)ああ そうね~。
まずは この人!

(一同)エーッ!?

さあ 堀本さん これは?
(堀本)はい これは…。

(松本)掃除機マニアって事?
掃除が好きなんじゃなくて
掃除機が好き。

色んな所で使う用に。
(キャシー)ホントだ!

(堀本)そうですね。
(アンミカ)同じの2つあるやん!

(白鳥)①② 一緒でしょ。
お部屋が何個ぐらい
あるんですか?

そんなん全然
普通なんですけど。
それで これは…。

余ってるんですよ だからね。
どれぐらいの周期で
買ってくるんですか?

新しいの出たら?

でも 捨てていく訳にも
いかないですから…。

あげたりとかして。
うちに 掃除機

いっぱいあるの
知ってるから お友達が。

「そろそろ1台ぐらい…」。
(笑い)

他にも何か 無駄な買い物が
あると聞いておりますが。

例えば…。

…傾向にあって。
すごいな~。

餅つき大会したいねん
って言って すごいデッカイ…。

(一同)エーッ!?

これは…。
(キャシー)置き場所 困るわよね。

お相撲部屋サイズなんですよ。
マジっすか。

(笑い)

そうかな…。
つかれ待ちですね。
(笑い)

これは すいませんけど
何回ぐらい使ったんですか?

これ やっと2回ぐらい。

2回…。
絶対使わないですわ。

凝るのね きっとね。
いや~これは…。

人にあげるもんでも
ないですし。

だって ほんまに…。

(堀本)移動するのも4人がかり。
これは大変。

でもあれね 上にガラスの
こういう丸いの置いて…。

(堀本)なるほど。

(笑い)
ごめんごめん ごめんなさいね。

40年だから いいのよ。
いいですよね。

これ 今までで一番ムダやったな
って買い物ってあるんですか?

古い家に…。

けいこ場みたいな?
これはね
もうすごい その時…。

すごい 床 いがんでますね。
(笑い)

違う違う…撮り方や。

20年ぐらい前やったんで
2人で貯金をはたいてでも

けいこ場が どうしても
欲しいってなって 主人が。

おけいこ しはるんかなと
思って「じゃあ…」って

協力して買ったはいいけど…。

(笑い)

(羽野)生瀬は でも昔から
何か ちょいちょい…。

なるほど。
そういう人なんや。

私…。

なんで よりによって
この…。

もうちょっと ええ写真
なかったんかいな。
(笑い)

これ ひどいな。

なんで これなん?
まあいいけどね。

あの頃ちょうど…。

ああ 一瞬ありましたね。
(羽野)
一瞬ありましたでしょ?

そしたら ある日 ちょうど
これを撮ってる最中ぐらいに

うちに 熱帯魚屋さんから

水槽を備え付けたから
お前ら みんな 俺が代表で…。

…って言われて 好きな魚を
持って来いって言われたんです。

(会場)へぇ~。
ほんで私も グッピーを

色んな色のを入れてもらって…。

(笑い)
違うわ!

なんで生瀬さん
あんな顔やねん。

(笑い)

ちょうど ほんまに
これを撮ってる最中の時で

前の日に 生瀬の家で
グッピー入れて

それぞれの色のグッピーに
ドリフターズの名前を付けさせて。
(笑い)

「加トちゃん ケンちゃん」って
言って入れて帰ったのが前の日ね。
前の日。

で 次の日 これの撮影行ったら
「晶紀…!」。

…とか言い始めて
何が起きたんや!?と。

そしたらちょうど
古田新太さんも一緒で。

(笑い)

ちゃうねん!
これ ごめんなさい!
愛称でね。

(羽野)愛称です。
あだ名…。

すいませ~ん。そやった。

フルチンが。
…が もう
魚を入れてたらしくて

どうも彼は…。

(笑い)
そうなんですよ。

なるほどね。
さあ 伊代ちゃんとこ

ねえ ヒロミも何か結構…。
(松本)そうですね
ヒロミさんも…。

買ってくる言うて。
そう おんなじで。

ああ そう?

今ちょっと負けるけど…。
8台あるやん。

8台あるの。何か
各部屋に置くんですよ。

あと…。

お風呂場の…。
ウソついたんや。

(笑い)
ウソついたんや。

ウソ。ウソです。すいません。

こうやる所。何か…。

(キャシー)脱衣所?

もう 伊代ちゃん…。

(笑い)
いよいよやで。

ジェスチャーで。
「こうやる所」。
(笑い)

あと何か ゴミ箱も
多いって聞いてますけど。

(一同)エーッ!?

ビニールにかかってるのは
予備なんですけど…。

(一同)エーッ!?

改めて数えたら17個あって
私もビックリしたんですけど。

エーッ!そうか。

色んな所に すぐ
捨てられるように

「ママ これなら
捨てられるでしょ」って言って

買ってくれたんです。
キレイ好きだね。
ほんとキレイ好き。

松井さんとこは
どうですか?そういうのは。

(松井)うちはですね…。

(本田)あ~ ありますね。
そう しかも…そう同じ!

えっ おんなじやつを?
おんなじ物を!

わ~!
で これはね…。

≪おんなじだ≫
でも これは
少ないんですよ。

全くおんなじですやんか。

大体 買う時…。

(一同)エーッ!?

≪いっぺんに!?≫
(松井)そう!で 何か

ちょっとでも汚れると
すぐ替えちゃうんです。

(アンミカ)え 洗えへんの?

私が洗おうとすると
にじむから やめてくれって。

≪あ そうなの≫
(松井)そうなんです。
で 新しいのに。

すごいな。
うちも一緒で…。

履いて行ったら
もう帰った瞬間に

スニーカーの消しゴムとか

新幹線でもらう
おしぼりとかで

ひたすら玄関で
ず~っと こうやって

小動物みたいに
ず~っと磨いてて。

真っ白じゃないと
嫌なんですね。

(笑い)

汚れたら 家帰りたなんねや。
それは…。

(笑い)
言うてないよ!
言ってないです!

そんなん思ってないですよ。
吉木んとこ どうなの?

(吉木)私は逆に…。

夫は。

<…に困っているそうで>

靴はもう…
若干 違うんですけど。

お部屋の中とかも ほとんど…。
ああ 黒だ。

(吉木)はい 全部。
あんまり全部黒やと
逆に目立たへん?

そうなんですよ!だから
人混みとかで待ち合わせすると

遠くに もうね…。
すごいっすね これ。

そうなんです!
真っ黒の人がおったら
もう旦那やもんな。

(吉木)そうです。
(笑い)

(笑い)

へぇ~。
(吉木)でも 若干
種類が違うらしくて。

あれ…めんどくさいのよ。
そう 私も分かんないんで
いつも…。

当て勘…。
(笑い)

(吉木)「違うんだけど」みたいな。
ワンペアがね。
菊地んとこ どうですか?

(菊地)うちは…。
菊地…。

してないです!
やめて ホントに~。

(笑い)
(菊地)小ちゃいのも恥ずかしいし。

やめて ホント。
もったいない ええ人やのに
とか思ってな。

違う違う うち今
ラブラブなんですけど

たまに料理してくれるんですよ。
≪いいな~≫

そうなんですけど
もう 全部を買うから

食材以外も…。

全部。
あるのに?

あるのに 塩いっぱいとか…。

(笑い)

これこれこれ!
≪うわ~≫

ああ 確かに かぶってるね。
(菊地)かぶってるのが
いっぱいあって

塩とかコショウとか。大体…。

(笑い)

大体 男の人って カレーとか
作ってくれるじゃないですか。

スパイス入れたいって
言って

ガラムマサラ
めちゃくちゃあるのに

買ってくるの
分かんなくなっちゃって。

そう。
キャシーさんとこは
どうなんですか?

うちはね 勝野は
サプリメントを…。

勝野は そういうとこ
ありますよね。
(笑い)

ご存じの通り。
お前 知らんやろ!

サプリメントはね。
もうね テレビで…。

えっ!?
(キャシー)絶対 頼んでて。それで

自分だけで
飲んでてくれればいいのに…。

私 とっても健康だから
いらないの。

なるほど。
そう!

(笑い)

キャシーさん 全然 痩せてない。

(笑い)

私ね ちょっと言っとくけど

あのね 浜田さんがね
いつも そう言うから

私は自分で
痩せなきゃいけないと思って

あのね ずっと待ってたの。だけど
半年間 呼ばれなかったから…。

(笑い)
今度 呼ばれるためにね。
(キャシー)そうそうそう。

そしたら意外と呼ばれないから。
そうそう 呼ばれないから…。

また戻るっていう。

浜田さんと松本さんの
せいですよ ホントに。

そん時は キュッと。
スゴイですよ もう。
マジか!?

(笑い)
キュッ…もう ウエスト
こんなんでしょ?

このぐらいにして。
これぐらい…。
(笑い)

すいません タイミングが
合わない…波長がね。
ああ そうなんや。

いっぱい買ってくるのは
これもう仕方ないんですかね?

そうですね 女の人はね
わりと考えて買うけど

男の人って 感覚で
買っちゃって 見た瞬間に

欲しいと思っちゃうの。
多分 男の人の まあ何か

特徴ですよね。絶対何か
いっぱい持ってると思う 全員。

晶紀ちゃんとこ どうですか?
うちはね

自分で進んで買うという
よりも 人に勧められたら…。

ああ~。
それが めっちゃ 何だろう?

水素が出るやつ?

水素ボトル?
≪ああ~≫
≪流行ってる…≫

これ。
12万?

≪エエーッ!≫
≪すごい高くない!?≫

いや 私も…。
これ 何ですか?
水を入れといたら…。

何を入れてもいいんですって。

コーヒーでもいいし
何の飲み物も…。

でもこれ…。

(笑い)
そうなんですか?

いや 私も知らなくて。

嬉しそうに これ 何か勧められて
いいやつって言って持ってたんで。

だけど いくらかは知らんかったん
ですけど ちょろっとね

領収書が出てきて そしたら
12万って書いてあったから

めっちゃドン引きして。
2本って書いてるでしょ?

そしたらある時に
母の日やからって言って…。

なるほどね。
はい。

(笑いとゴング)
≪いいじゃないですか≫

お前 言い方悪いわ!
ちょっと今の怖いね。

今の ちょっと怖かったな。
何で?
今のは言い方悪いわ~。

さすがだわ~。

お前は飲みなさいとか
言われてないのよ。

ああ そう。
(羽野)はい。

(菊地)
お2人はどうなんですか?
何が?

お2人は 家で 松本さんとか…。

何か ないんですか?
(笑い)

(菊地)…気になりますよね?
(笑い)

(菊地)気になるよ。
それは分からへん。
それは分からへん 俺は。

いろんな種類
持ってはるかも分からん。

ホントにもう…。

(笑い)

そんなやってませんから 僕は。

家で何か 自分で買ったりとか
するんですか?

ああ 俺 何やろう?
そこまで こだわりはないな。

ずっと靴も クロックスやし。
(一同)え~!?

あれ クロックス
意外といろいろあるからな。

ここ 穴開いてるやつとか
横だけのやつとか。

(笑い)
(アンミカ)めっちゃ好きやん
クロックス。

クロックスは いっぱいあります。

浜田さんは 今 どれ…
マニア 何か…。
(菊地)気になる。

≪聞きた~い≫
今…。

(菊地)逃さない。

(笑い)
聞きたい。今日しか聞けないから。

今日だけ…。
コレクション コレクション。
(菊地)コレクション。

今…。

(笑いとゴング)

続いてのテーマは こちら。

まずは この人。

ああ~。
あるある あるある。

(羽野)
これね 1泊2日で帰ってきたら

このぐらいは 大抵
いろんなとこにある。
いろんなとこ。

(会場)え~!?
ほんであの 残ってんのやったら
冷蔵庫に入れてほしいじゃない。

なるほど。

帰ってきたら 全部集めて
台所に キャップ外して

ベリッとめくって ギュッ!
って潰して…

これを毎日やってたら
ホンマに…。

(笑い)
これが毎日の
私の最後の仕事。

あれ どれぐらい
残ってるんですか?

その…もう半分以下?
もうホント まちまち。

いっぱいのやつも。でも…。

一口で終わらしてるやつもある。
(羽野)…ときもあります。
(会場)え~!?

夏場とかって やっぱダメじゃない
あんまり置いておくと。

車の中とかは。
だから とりあえず集めて

もう 1日の最後は
ベリッてやるのが 私の仕事。

うちも 一緒です。
すごいよく分かるんですけど

何かもう…。

同じ種類なのに?
そう。同じ種類なのに。
で それが…。

何でやろう?
分かんないです。
で それがすごいイヤで

全部 冷蔵庫に戻して。

あ ホンマや。
ちょっと…なってる。

そう。
で 分かんないように…。

≪ええ~!?≫
そうね…なるなる…。

でしょ?
丁度あれ ボトル 向こうに
やってくれてよかった。

(笑いと拍手)
≪もう出てる≫

見えてる?
見えてもうてる。ああ~!

(笑い)
ええやん。

でも それがたまに
バレる時があるんですね。

で 何でかな?と思ったら…。

何か 食べカスが
ちょっと入ってて。

≪ああ~≫
(松井)で それを混ぜると
バレちゃうという。

(笑い)
キャシーさん
どう思われますか?

あのね やっぱ…。

必ずちょっと飲んで

ポンポン…って置いてっちゃう
っていう。みんな そうね。
ホントですか?

もうね…。

ちょっと開けて
パッと飲んで もういいの。

そういう感じ。これね 特徴。
(松井)何でですか?

分かんない。
うちもそうですもん。で…。
勝野はどうなんですか?

(笑いと拍手)

堀本さん どうですか?
生瀬さんはちゃんと片付けとか

される方ですか?
うちはですね…。

え?でもあんな掃除機いっぱい
持って帰ってくる人が?

何かちょっと きれい好き
みたいなイメージに

うつってるかもしれないです
けど すごいですよ。

例えば ズボンとか脱いだら

そのまま
メガネみたいな形に…。

(笑い)

無限大になってるから
でもちょっと試しに

1日このまま 部屋着やった
から もう1回このまま

はきはるんかなと思って
置いといて 次の日 見たら…。

無限大が。
(笑い)

あ これ?
あ~!

はかないのね そのままね。
無限大2個て
どんだけ無限やねん。

これはもう きりがないなと
思って 片付けました。

へぇ~
和香んとこはどうですか?

(井上)
いや うちも…
前に紹介したんですけど

クローゼットの…。
(一同)え~!?
そやったね。

(井上)
ちょっと初めてのっけたんで。

≪何これ!?≫
(松本)私 覚えてる。

≪使用済みの靴下≫

今 履いて帰ってきたものは
蒸れてるから

部屋では履きたくない。
だから 掛けておく。

(会場)え~!?

洗濯機に入れれば
いいのにね。
(井上)ひどいでしょ?

でも 絶対掛けてあって もう…。

(笑い)
(井上)掛けられたくないんで。

染み付いてる…そんなに
臭くはないと思うんですけど。
(笑い)

人の旦那の
足臭い呼ばわりして ごめん。

最近は
その 食べた食器を

あの キッチンに持ってって
くれるのはいいんですけど。

<夫の…>

その食器 食べた食器を

あの キッチンに持ってって
くれるのはいいんですけど。

≪ああ~≫
ああ 俺 やるよ それ。

(井上)
カピカピになるじゃないですか。
(キャシー)横に置いてあるのね。

それで 水をつけてねって
言って お願いしたら…。

(笑い)

(キャシー)あそこについてる…
あれを何とかしてよ。

(笑い)

でしょう!?イラッとしない?
≪惜しい≫

で これを わざわざ
シンクじゃなくて

シンクの横に
置いてあるんですね。

という事は わざわざ
シンクで水を

チャッて入れて
置くわけですよ。
(笑いと拍手)

嫌がらせだと
思うんです。

キャシーさんは 勝野さんは
片付けとか しはるんですか?

いや あのね 勝野はですね…。

見えてるとこは。
見えてるところはキレイ。
キレイなんです。

ああ キレイになってるなと
思って ある日 倉庫を

開けようと思って
倉庫を開けようとしたら

ドアが開かないんですよ。
あれ?開かないと思って

どうして?って顔をこう
入れたら すごい状態で

今まで…。

(会場)え~!?

これです!
≪え~!?≫

倉庫です。
≪倉庫 デカい≫

(菊地)
ちょっと待って!
倉庫 デカ過ぎません?

(笑い)

2年間で こんだけに
なったんですけど

あのまあ 業者頼んで。
わぁ~ なかなか。

≪う~わ!≫
≪スゴイ≫
(キャシー)スゴイでしょ?

(キャシー)3台です。
で これを全部捨てると

どうなるかっていうと
こちらです。

ああ…。
床が見えてるでしょ?
(拍手)

でもこれね…。

また戻っちゃう…。
また何でも中に
どっかに入れちゃう。

見張っとかないとダメですね。
(キャシー)どういうこと?って
思うんだけどね…。

いやぁ スゴイ。
これ逆に旦那さんが

片付けをやってくれるって
家庭もあるみたい。

本田さんとこは そうですか?
はい。あの…。

整理整頓とか…。

自分でやるって…。

(会場)へぇ~。
いいね~。
(本田)そうなんですよ。

どうですか?でも
下着とか 旦那に洗わせるのも

どうかな?ってこと
ないんですか?

まあ 最初はちょっと
抵抗があったんですけど…。

(笑い)
派手だったらいいんですけど

逆に…。

うちの いつも
大きいパンツだからね。

それ ちゃんと丁寧に
畳んだりするんですか?

そうなんですよ。最初
恥ずかしかったんですけど

あまりにも
キレイに返ってくるので

もうこれは 主人がやった方が
いいなと思って。

もうシワひとつなく。

(会場)エエーッ!

(アンミカ)店ばりやん。

(本田)これ あの…。
≪こんなにキレイなの?≫

(本田)自分の…。

自分のTシャツも同じサイズに
畳んでるんですよね。

すごいな~。
しかも…。

(笑い)
古かったですか?

これでも伊代ちゃんとこは もう
片付けはヒロミでしょ?

うちはもう…。

(笑い)
何で伊代ちゃん しないの?

する!してる!
ヒロミがやってるやん。

ヒロミはもう
捨てたりするわけやね?

めちゃくちゃ捨てるんですよ。
あ 明日ゴミの日だと思ったら…。

…と思うから。

(笑い)
≪カワイイ~≫

捨てられちゃいけないものを…。
ああ ああ 取っとくんやな。

取っとく。
冷蔵庫の中のものとかも

急に冷蔵庫とか
チェックし始めて

やったりするんですよ。

なんか「ママ これじゃ冷蔵庫が
きかないよ」とか言って

言われる…。
冷えないと。

そう 冷えない。「これじゃ
ダメだよ」って言って

やったりするから
ヒロミさんとか子供達が

ぜ~んぶ みんなが
出て行ってから

1人で冷蔵庫を
くそ!くそ!

これはもう全部 捨ててやる!
って言って…。

(笑い)

(笑いと拍手)

アンミカんとこ どうですか?
うちも旦那さんが
めちゃめちゃキレイ好きで。

あたしがやっぱり あの…。

(笑い)
あのね
ちょっと おでこが広いの。

頭がいいから。
ハゲ上がっとるからね。

違うんです!
ハゲじゃないんです。

海外ではセクシャルなね
男性の魅力なんですけど。

で うちの旦那さんは
あたしが やっぱり

ちょっと
貧しい育ちやったんで…。

(アンミカ)
だから何でも溜め込んじゃうの。

特に紙袋。紙袋!
(一同)ああ~!

分かります。分かります。

ブランドのとか。そう。

ほんで あまりに捨てへんから
怒って。

でも あたしのこと好きやから。

はあ!?
紙袋専用の収納棚。

≪オシャレ≫
そう!

ハハハハ…。

(アンミカ)でも どうしても…。
(キャシー)捨てればいいよねぇ。

いらん。
いる!いるの!

私はもう洗濯するたびに
旦那さん私を愛してくれてると。
アンミカさん。

浜田も言うてましたし
僕も同意見です。

(笑いと拍手)

どうでもええわ。

大したスペースでもあれへんし
どうでもええわ。

あそこトンカチトンカチ
作ってくれたんですよ。

なんかニオイにも なんかね。
(アンミカ)すごいんですよ。

あたし 韓国・済州島出身で
魚料理が得意なんですけど。

家で魚料理 作ったら…。

…って言って。
(会場)エエーッ!

一度も…。

(会場)エエーッ。
(アンミカ)ものすごい敏感。

ある時
うちのさっきの洗濯機ね。

あの洗濯機からニオイがするって
旦那さんが言いだして。

何もしないの。
ダウニーのニオイしか。

そやのに 旦那さんは
何か臭い臭いって言って

結局 業者さん呼んで
調べてもらって。

全くニオイしないんですよ。

何もなかったですって
言うのに

ある日もう耐えられへんように
なったみたいで。

「臭うんや!」って言って
ある日 帰ってきたら…。

<さらに!夫の…>

あの洗濯機からニオイがするって
旦那さんが言い出して。

何もしないの。
ダウニーのニオイしか。

ある日 耐えられへんように
なったみたいで。

「臭うんや!」って言って
ある日 帰って来たら…。

(一同)エエーッ!?

「臭う!」って言って。
ハハハーハッハ!

(アンミカ)
怖いでしょ?臭わないんですよ。
怖い 怖い 怖い…。

(笑い)

いやいやいや もう…。

(笑い)
臭わないからね もう そうしたら。

さあ わたなべさんとこは
どうですか?
(わたなべ)はい。私のところも

JOY君なんですけど
ちょっと…。

(会場)エエーッ?

(わたなべ)そう この状態が
常に保たれてて。

(笑い)
≪違う違う≫

≪エーッ すごい!≫
この水がいいんだ?

全部こういうふうに並べてて
これ DVDなんですけど。

(一同)エエーッ!?

≪家で?≫

(わたなべ)
全部キッチリ 並んでて…。
ええ~っ!?

これちょっと さすがに
引いちゃったんですけど。

私 こんだけあるから
バレないかなと思って

ちょっと
替えてみてたんですよ 1回。

そしたら
その日中に気づいて…。

…って言われて すぐ直して。
マジで?

(わたなべ)覚えてるみたいで
もう なんとなく。

(笑い)

はい いきましょう。
続いてのテーマは こちら!

まずは この人!

(会場)エエーッ!

長い 長いテーブル。
≪お店だ≫

(松井)
でも いつも あれだけ
作るんですけど…。

(一同)エエーッ!?

腹立つわ!
(松井)それで 1回

あんまり作らなくても
大丈夫かなって言って

言ったら「いいよ」って
言ったんですよ。
稼頭央が。

なので作んなかったんですね。
そうしたら…。

とか言って。だから あるのが

もう当たり前。
(キャシー)当たり前に
なっちゃったのね。

それはダメよね。
これ キャシーさん
どう思われますか?

あたしね 大変だと思うし

もっとさ
お皿いっぱい用意しといて…。

ちょっと調味料 変えたりとか
色々…。

(キャシー)ほうれん草だったら
バター炒めにしたり

例えば 胡麻和えにしたり。

なんか他に
色んなこと出来るので

そういうことやると
いいんじゃないかなと思うし。

だから これちょっと
量も多いし 大変だよ。

考えられない。
考えられない。

本田さんとこも
アスリートですから どうですか?

いや~ うちは いい意味で…。

(会場)へぇ~。
付き合った当初も…。

(笑い)

付き合った当初は
主人 試合前も…。

1日それで…。

(アンミカ)
あんなハードやのに バスケ。

もう それが信じられなくって。

だから それを見て
私ももう自分が勉強して

ちゃんと知識を持って…。

これはダメだなと思ったんで。
あら いい話じゃないですか。

今は色々
作って出してるんですけど。

ただ1個 ちょっと
直して欲しいところが

魚?

腹立つわ~!
(会場)エエーッ!

いやいや…。

(笑いと拍手)
(キャシー)ああ~
詰まるのかもしれないね。

いやでも僕は それは分かります。
ええっ!?

(会場)エエーッ!
僕も魚が嫌いなんですよ。
もう あの骨が!

いやいやいや…。
あんなに…。

(笑い)

あんなもん。こんなもん。

小骨いる?アイツら。
いるやろ。

え じゃあ あなたが
全部こうやってあげてんの?
そうなんです。前もって

骨抜きで処理するんですけど。
たまに1本

ちょっと小骨が残っちゃう時も
あるじゃないですか。

そうすると こう食べて
「あ…」。

…って言って。
いやいやいやいや!
(会場)エエーッ!?

マジで?
そこから食べなくなるのも
勿体ないし嫌なので

じゃあ貸してって言って
そこで 私がまた…。

(キャシー)いい奥さんね~。
(本田)身を裂いて…
食べやすくしてから また

食べてもらうっていうのを
やってます。
あ そう。

吉木んとこは どうですか?
あたしは…。

お出汁から結構こだわって

コトコト コトコト煮込んで
出すんですよ。

実際 すごい美味しいねって
言ってくれるんですけど。

(笑い)

ホントにね 自信作なんで。
美味しいねって言いながら…。

えっ!?
(会場)エエーッ!?
肉じゃがに?

肉じゃがに ですよ?
まだ味が薄いとか

ちょっと文句言いながらも
かけたいとかなら

分かるんですけど。

すごい美味しい美味しいって
言いながら

マヨネーズかけるんで…。

…みたいな。
でも浜田さんも…。

なんでやねん。
(笑い)

かけへんわ。

ケチャップかけたら…。

(笑いと拍手)

(菊地)
お2人は なんか ご飯とか
言うのかなと思って。

奥さんに対して なんか
これちょっと美味しくないとか

これちょっと もういいわとか
思ってても言わないのか。

浜田さん どうですか?

(井上)
浜田さん なんか他の番組で
言ってましたよね?

なんて言ってたっけ?

そうそう。言う 言う。
≪腹立つ~!≫

腹立つ~!
良くないよ。

いや
好きちゃうわって言うのは…。

…とは言う。
(笑い)

いや 俺は 俺は。
これ 一番ダメじゃないですか。

(キャシー)一生懸命 一生懸命
作ってね 出したのに。

あなた言わないんですか?
何をですか?

(笑い)
いやいや 口に合わない場合は
言わないんですか?

別に。ええ。

大体…。

(笑い)
≪それもどうなの?≫

(ゴング)
まあ でも あんま
メシのことは言わないっすね。

あんまり ろくなことないですよ。
まあ まあ まあ…そうね。

そういうこともあるわ…。
和香のとこ どうですか?

うちは やっぱり
ご飯 作ったら…。

「おいしいね」って言わな…。
(井上)
ほんと まず…「おいしいね」。

まず でも…。

ハハハ…。
言ってほしいんですけど。

(笑い)
言わなあかん?
「作ってくれてありがとう」って。

毎回じゃなくても…。
うれしい。言われたら。

時々は やっぱ
言ってほしいなって思うんです。

でも 文句は言われたこと
ないわけでしょ?

その 直接的じゃないんですけど
娘に

ちょっと…。

…って聞くんです。
≪わ~!ヤダ~!≫

(菊地)娘さん 通して?

娘の なんか味を気にして
ちょっと濃いっていうのを…。

…って思ってるんですよ 今。
(笑い)

(キャシー)
言ってくれればいいのにね?

言ってくれればいいですよね?
そうなんです。

おいしいけど ちょっとこれ
もしかしたら濃いかもねとか。

そしたら 気をつけるしね。

(笑い)

ビシッと言ってやんなさい。
ビシッと
言ってやるしかないのか。

白鳥さんとこは どうですか?
(白鳥)うちはチェリーさんが
小道具で

クルミとか卵とか
使ってくるんですよ。
あ~ はい。

クルミをお尻で割ったり。
そっか。

卵は なんか足の指で
何個 挟めるかとか。
そうだよね。

その クルミとか
割れちゃったやつとか

全部 持って帰ってくるんですよ。
卵も割れた中身とか。
そっか そっか。食べれるし。

こんな感じ。
これ いっぱい いっぱい
ためてるんですけど…。

え?足で割ったやつ?
足で割った卵とかも全部。

お尻とか。
お尻で割ったクルミとかを。
まあまあ。

全部 使えって言って ちょっと
気持ち悪いじゃないですか?

その~ お尻で
割ったやつを

無理やり食べてるのが
すごく困るんですけど。

クルミって。
どう使ったらいいですかね?

あとは ちょっと
すり鉢で。

(笑い)

ええ。
アンミカさんとこは?

うちはね ありがたいことに
旦那さんが…。

えっ?
(会場)エーッ!

付き合い含めて
10年なんですけど…。

(アンミカ)
うちで食べるの これだけです。

いや 違う!関係ない。
海苔 食べてるし!

<さらに…>

旦那さんが…。

えっ?
え?

これを…。
えっ これ?

うちで食べるの これだけです。
(会場)エーッ!?

で あたし作る豆乳キムチ鍋 好き。

ショウガ入りのけんちんソバ
好き。

で 季節の野菜…。

(笑い)
いや 違う!関係ない。

海苔 食べてるし!
(白鳥)アンミカさんのせいだ~。
(ゴング)

あれだけじゃアカンって!
あたしのせいじゃないよ!
あたしのせいじゃないよ!

アンミカさんのせいですよ~…。
ハゲてない。これ…。

よく見てください。
毛はあるんですよ。

おでこが丸いの。
(笑い)

前頭葉の発達。
めちゃめちゃ
ハゲいじられるやん。

(アンミカ)
前頭葉の発達ですよ 皆さん。

あとね 髪の毛のこと
おっしゃいましたけど…。

ほ~。
むっちゃ海苔 好きなんですよ。

(笑い)

なあ?
もう遅い。

今から海苔 食べるぐらいなら
もう…。

(笑い)
貼るもんじゃない。

食べる 食べるほうですよ。
貼りません。色も合えへんし。

もう。
わたなべさんとこ どうですか?

私のところは ご飯については
あんまり言わないんですけど

1個 あの 紅茶…。

そっか そっか。うるさいんや。

紅茶 作るの
めちゃくちゃうるさくって

これ レシピなんですけど。
この通りにやらなあかん?

(わたなべ)この通りに
やらなきゃいけなくって。

まず マグカップは事前に
お湯を入れて温めておく。

で ミルクティーに
最終的にして飲むんですけど。

これ お湯とミルクの割合が
5対1。
5対1。

ミルク 冷蔵庫から
出して入れるんで

そしたら ちょっと
温度が下がっちゃうんで

さらに それをまた
1分間 温めて出さないと。

(キャシー)いや~ めんどくさい。
(笑い)

ほんとに うるさくて
イギリスの血が入ってる…

「これはイギリス流は
こうだから」とか

「イギリス流は…」って
言うんですけど…。

(笑い)
(わたなべ)群馬なんですよ。
そう そう そう…。

群馬なんですよ。イギリスは
1歳の時しかいなくって

ほぼ 群馬で育ってるのに
イギリス感を

すごい この時だけ
出してくるんで。
(笑い)

すごい
もう うるさいなと思って。

こういう人に限って…。

そう…。
(キャシー)分かんない。

全然 気づかないんです。
(キャシー)
あんなけミルク入れてたらね。

分かんないよね。
ハチミツ1種類ぐらいで
まったく気づかないんですけど。

(笑い)
そうなんですか?

そうなんですね。
≪しみじみ。しみじみ…≫

伊代ちゃんとこは どうですか?

ヒロミさんは わりと
私のこんな料理でも

「いつも おいしいね」って
言って

まずくても
食べてくれるんですけど

こないだ 私
納豆を食べてたんですよ。

ヒロミさんは あんまり
納豆をお好きじゃない。
なるほど。

で 納豆こうやって
食べようと思って

お皿に入れようとしたら
納豆が1粒 落ちたんです。

それ 私 気づかなくて
一緒に食べてたから「ママ…」。

…って言ったんですけど
「え?どこ どこ どこ?」って

なんかテーブルと
同化してて 色が。
(笑い)

そうね 木のテーブルならね。
木のテーブルなんで。

ちょっと分かんなくて
ほんとに。
一瞬ね。

「え?どこ どこ どこ?」
「そこだよ」。

「え?どこ どこ どこ?」
「そこだよ」って

なんか…私
全然 分からなくって。

そしたら「そこにあるだろう」とか
言って 「あっ ほんとだ」。

「もう ママのそういうところだよ
だらしないところが」って…。

…と思って。
(笑い)

(拍手)

なんか私も ちょっと
その時 カチンときたから。
ちょっとね。

「納豆 落としただけで
そんなに怒るの?」って

ちょっと
反抗してみたんです。
言っちゃったんだ。

そしたら なんかフーって
向こう行っちゃったんですけど。

(笑い)
(松本)でも…。

(笑い)
あの…。

伊代ちゃんは
スッキリしたかもしれないけど…。

(笑いと拍手)

♬~

(拍手と歓声)

若干1名は 絶対そうですから。
すごい人 いますからね~。

はい まずは この人!

はい きた。

≪最新≫
最新。

今までの 見てください。皆さん。

今までの異常な愛情です。
(会場)エーッ!?

え~。
初めて着る服は…。

これがもう 常にまだ
新しく更新されてるわけです。

これ 最近は どんな感じなん?
最近ですか?

なんかね もう
『DX』さんのおかげで

もう 日本中の方々が
知ってるんで

なんか最近はね…。

すごい…。

まあ そうか。逆に ええんやな。
なるほど。

この1年ぐらい 新しい
現場マネージャーさんになって

その彼が男性なんですけど…。

なるほど。

<さらに…>

新しい
現場マネージャーさんになって

その彼が男性なんですけど…。

なるほど。
それを…あっ。

あ~。
あ~ いいじゃない。
そうですね。イケメンですね。

すると 移動中に…。

大図君。
はい。

いや マネージャーやし。
(笑い)

(キャシー)座りますよね?
(羽野)座りますよね?
座りますよね マネージャーですから。

移動中の新幹線とか 2時間半
彼が隣に座ってるって言ったら

彼に…。

(会場)エーッ!?

そんなこと思ってないですよ
マネージャーさんも。

思ってないよね?
(菊地)そんな目で見てない。

(笑い)

(キャシー)
見ようとしないと思うけどな。

それが原因か
分からないですけど…。

(会場)エェーッ!?

マジで?
≪絶対それですよ≫

やめさせられてるやん。
でも 大図君も本人に直接

「晶紀の寝顔を見るな!」って
言われてるって言って。

「絶対 見ません。
絶対 見ません!」って言うて。

アハハ…。

ちょっと…。
(笑い)

(笑いと拍手)

他は?晶紀ちゃん 他は?
あっ そうや。

なんかね 前に元彌さん
この番組にお世話になった時に

どなたかが奥様に
GPSをつけてるっていう。

あっ 雛形さんの。

あそこも なかなかねぇ。
そうなんですよ。
はい。

すると こないだ

移動中に私の携帯電話に
文字が出てね…。

(会場)エェーッ!?

GPS GPS?
(羽野)文字が。はい。
≪すごい≫

地方にいる時に出たんで
びっくりして

「なんや なんや!これ なんや!?」
って言うて 大図君に。

(笑い)
まだ 大図君おったからな。

「大図君 えらいこっちゃ!」と。
(菊地)大図さんも被害者だ。

「これ なんや!?」って言ったら…。
「なんや!?」。

(笑い)
「どういうことや!」って言うて。

(笑い)
それは ええわ。それは ええわ。

ある日 新大阪 新大阪駅に
降りたったら…。

(会場)エーッ!?

エーッ!?
(会場)エェーッ!?

(笑い)

そろり そろり。
そろり。

≪そろり そろり≫
(羽野)そろり…かな?

キャシーさんは どう思われますか?
だからね 元彌さんの場合
大丈夫だと思うけど

奥さんに
やたらに優しくなったり

ちょっと 今までと違う 愛情の
見せ方をした時っていうのは…。

なるほど!
(一同)エエーッ!

(キャシー)
絶対 悪いことしてるのよ もう。

勝野が あのね なんかね…。
ありました?そんなことが。

ありましたよ。
(羽野)ありましたか?

それは知らなかったんだけど

帰って来る時に
いつもは「ただいま」って

別に こう
ニコッと笑って開けないのに

ドア開けて…。

…って言ったの。
(笑い)

(キャシー)「えっ?ちょっと待って!

何があったのかな?」と
思うじゃない?で…。

(笑いと拍手)
(キャシー)そうなの!

そんな
悪い事してないですけどね。

いや でもね 「何があったの?
昔の女に会った?」つったら…。

…ってね
すっごい怒ってた。反対に。
(アンミカ)素直。

(キャシー)「なんで お前に分かるんだ
それが!」って。

キャシーさんも すごいっすね。
勘がいいんですよ。

だけど
ホントに気をつけなさい 皆さん。
(笑い)

(笑い)

(松本)
え~ なんか 心配になってきた。

いつも「ママ 愛してるよ」とかね
言うけど。

いつも言うてんでしょ?それは。
(松本)うん。いつも言ってるから

大丈夫かな。

(笑い)
先生って…。

(笑い)

大丈夫。うん。
(松本)それは よかったです。

アンミカさんとこは どうですか?
(アンミカ)でも うちは ちょっと

お出迎えが むっちゃ お互い

こう 玄関 入ったら
廊下が長いんで

ガチャッて開けたら
上にいようが 下にいようが

「ただいま~!」って 走って…。
来よんのや。

飛びつくんです。
来よんのや…。

(アンミカ)「来よんのや」って…
超かわいいんです!
バーッ来よんのや。

もう ハグして お互い ここで
こうやって ず~っとハグして

なかなか 玄関 上がれないんです。

お互いの匂いが気持ちよくって
肌が気持ちよくって

そこでギューッてして 入る。

毎回?
(アンミカ)毎回。で されて嬉しいから
私もする。

旦那さんが ガチャッていったら

「おかえり~!」って走って…。

もう そん時 乳 丸出しなんや。
(笑い)

なんで うちの家族は
裸族なんですか!?

裸族前提?

普通ですよ!

(アンミカ)そんなん言って。
せえへんよ!

(アンミカ)するでしょ?
絶対しないわ!絶対しない!

してはるでしょ?お子さんとか。
ハグしないっしょ!

(アンミカ)するでしょ?チューとか。

絶対ないよ!
しない しない。ないない…。
(アンミカ)え~ ウソだ!

お子さん…
お子さんとチューぐらいは?
ないない…。

まあ 娘は まだ あるかも。
(アンミカ)ねえ!

いや でも 意味わからんもん。
嫁とハグする意味が!

ハハハ…。
≪エエーッ!なんで?≫

愛を感じるやん。
生存確認 生存確認。

存在確認。ねえ?
いやいや…。

そもそも 嫁 帰ってくる前に…。

(笑い)
≪裸じゃない!≫

裸じゃない!
裸じゃない!裸じゃない!

言うてなかったっけ?
してますよ!

もう うちも ホント
アンミカさんところと一緒で

もう 帰ってきたら もう
「おかえり~!」って感じだし

寝てても 旦那さんのほうが
早く 仕事場 行く時は

私が寝てても…。

あ~ わかる~!うんうん…。

で 「いってきま~す!」っていう
感じですね。もう 毎日。

(アンミカ)うんうん…わかる!

えっ あの…。

(菊地)違いますよ!
(笑い)

ねえ 反社じゃない!
ねえ 反社じゃない!

写真 見てみい!こんなん
もう 絶対 そうやがな。

(菊地)ねえ…。

(笑い)
(菊地)やめて!

顔 出せへんもんな。
(菊地)違うの!一般の方だから!

ごめんなさいね。

わたなべさんとこは
どうですか?

私のところも
すごい やっぱ 愛情表現は

ものすごく
してくれるんですけど

今までの感じで言うと…。

ええっ!
(会場)へぇ~!

ちょっと プロポーズの話を
してもいいですか?

ちょっと長くなるんですけど。
いや 長いのは ちょっと。

(笑い)
≪大丈夫!大丈夫よ 大丈夫!≫

2秒 2秒で。

あの…家に まず 行ったら

スーツを着て
お出迎えをしてくれて

BGMが かかってて。

で そしたら
お手製の絵本を まず

プレゼントしてくれたんですよ。
(会場)へぇ~。

これなんですけど。幸せの…。
(一同)エエーッ!

『幸せの白いネコ』。
≪めちゃくちゃ…≫

(笑い)
≪黒目がちな…≫

私と彼とネコの物語で。

こう 続いてて 一番最後に

ネコちゃんに プロポーズの
相談をしてるっていう…。

絵本なんですよ。そう。
それで 今回のプロポーズ…。

≪えっ?≫
どうしました?

お前!
(笑いと拍手)

(アンミカ)いい話 いい話。
真面目に しゃべっとんねん!

すごい…。
感動してんのか?

感動せえよ もっと!
(笑い)

んで?
なんで 今回のプロポーズは

どうなるか まだ わかりません
っていう感じで絵本は終わってて。

(会場)へぇ~。
(わたなべ)で まず…。

あと 指輪の箱を
持ってきてくれて。

そしたら 箱 開けたら
指輪が入ってなくって。

で 指輪は入ってないから
え?って思ったら…。
「入ってないよ!」ってね。

この…。

「ちょっと待ってて」って言われて
「後ろを向いて」って言われて

ちょっと準備をして
「いいよ 振り向いて」って言って

振り向いたら…。

私を…。

(わたなべ)白馬に乗って…。
(笑いと拍手)

≪かわいい!≫
かわいい かわいい!かわいい…。

(菊地)笑わせてない?これ。
何?何?何…?

何なん?これ。
(わたなべ)白馬に乗った王子様が

私を迎えに来てくれたんです。

アンミカ どう思う?

(笑い)
(わたなべ)ステキですよね?

(ゴング)
(わたなべ)ステキですよね?

(白鳥)ずっと笑ってる。
ずっと笑ってた。
ステキですよね?

ずっと笑ってたよ。
ホント ずっと笑ってた!
(アンミカ)笑ってない。すごい…。

鳥肌 出た 感動で。
ロマンチックで仕方ない?

(笑い)
(アンミカ)ロマンチックで 感動…。

白鳥さんとこは どうですか?
そうですね 私も あの…

すごい愛されてるなって
感じるんですけど。

チェリーさんが
腰が悪いんですよ。

お尻でクルミ割るせいか
腰が悪くて…。

よく マッサージしてくれないか
って言われるんで

いいですよって言って
やるんですけど

なんか 1個
これの設定のせてくれって

言われてるのがあって。

私が…。

(白鳥)
それで あんま マッサージも
まだ 慣れてないんで

ちょっと…。

…って言われてて。
わかんないんですけどね。

え~ 気持ち悪い…。
(白鳥)「いいよ」つって。

「いいよ」つって…。
(菊地)なんか怪しい。

流すんです。流しつつ…。
気持ち悪い。

ちょっと その…。

…って
すごい喜ぶっていうやつが

なんか
やってもらいたいみたいで。

(ゴング)

(白鳥)そういうの やってます。
それって…それ ただの
イメクラやで。

(笑い)

そうなんですか?
愛されてるなと思って。

そういう設定のせて
やってもらいたいみたいで。
純粋…純粋…。

さあ 皆さん 今日は旦那の事を
色々 言ってきましたが

最後に おひとり 旦那さんから
お手紙をいただいております。

(会場)エエーッ!
さあ 一体 誰なんでしょう?

エッ!?
(一同)エエーッ!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(拍手)

ありがとうございます~。
(拍手)

(拍手)
(白鳥)すいません…。

泣いてんの?
(菊地)いや なんか…。

いや お前じゃなしに
こっちが泣かな!
(笑い)

私もアレなんですけど…。
(菊地)なんか 今でも…。

って言うところが…。

(笑いと拍手)
いや 知らんわ!

それは私に…。

すごい きました。
まあまあ 本人がね。

ステキ。
どうでしたか?ご本人。

はあ。すごい嬉しいですけど…。

(笑い)

(笑い)
ありがとうございます!

ありがとうございます!
お願いします。

♬~

<来週の『DX』は
NEWS 増田が

手越への不満爆発!>

(一同)エエーッ!

<そんな手越と愛犬が登場!>

<『DX』公式インスタグラムでは

奥様の私服を公開!>


関連記事