所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市でお届けモノ探し】浜口京子の初々しいリポートで…


出典:『所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市でお届けモノ探し】』の番組情報(EPGから引用)


所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市でお届けモノ探し】[解][字]


三崎漁港で水揚げされた魚介類や新鮮な野菜が驚きの激安で買えると全国でも屈指の人気を誇る「三崎の朝市」▼浜口京子の初々しいリポートで楽しくお得情報をお届け!


詳細情報

出演者

【MC】 所ジョージ 【アシスタント】 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志 【ゲスト】 柴田理恵 【リポーター】 浜口京子

番組内容

早起きは三文のトク!朝市だからこそ手に入るお値打ちモノを探す新シリーズです。 番組初登場の浜口京子さんが地元の皆さんと楽しくふれあいながら所さんへのお届けモノを探します。まずは朝5時の人の多さにびっくり!さらに三崎漁港で上がった新鮮な魚介類の安さにびっくりし、自分のお財布でお買い物してしまうマイペースぶり!

番組内容2

名物社長のお手伝いもしたところで、「三崎朝市といえばマグロ」!いろいろ見た中からあまり見たことのない部位をスタジオにお届けします。所さんも美味しいと絶賛した、「ステーキにするとおいしい」部位とは? 子供たちも大喜び、朝市ならではの不思議な水族館のほか、驚きの激安情報も盛りだくさんでお届けします!

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/otodokemono/



『所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市でお届けモノ探し】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市で
  1. 京子
  2. 柴田
  3. 朝市
  4. マグロ
  5. 店員
  6. 三崎
  7. お店
  8. 三崎マグロ
  9. モノ
  10. 時刻
  11. ウソ
  12. お客さん
  13. ハハハ
  14. ホント
  15. 割引
  16. 希少部位
  17. 気合
  18. 激安価格
  19. 三崎漁港
  20. 新鮮


『所さんお届けモノです!【早起きは三文のトク!★三崎の朝市でお届けモノ探し】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<…探し>

<朝市といえば 全国各地で
早朝から開催され

その土地ならではの名産品を

朝市限定の激安価格で
手に入れることができる

まさに…>

(所)朝市。
(柴田)うん。

うん 全然 おかしくない。

(田中)誰ですか?

どういうこと?
今 言いよどんでたじゃん!

<お届けモノ探し…>

おはようございます。
(新井)鉢巻きが似合う。

(京子)
ちょっと 来ましたけれども。

そんな 力 入れなくても。

<やって来たのは…>

<ここで 毎週 日曜日
朝5時から行われているのが

今回の舞台 三崎の朝市>

<三崎漁港で水揚げされた
新鮮な魚介類が並ぶ鮮魚店や

三浦半島の
穏やかな気候で育った

三浦野菜を取り扱う
青果店など…>

えっ!
安っ!

<およそ30軒のお店が集まる
全国でも屈指の人気朝市>

<おいしいものを
格安で買えると…>

<時刻は オープン15分前の…>

<ちょっと早いですが…>

<早速 調査開始>

えぇ~? どういうことですか?

今日は…。

<まだ5時前にもかかわらず

駐車場は
お客さんの車で いっぱい>

<ということは>

もう 声が聞こえますよ。

えっ?

えぇ~!

(京子)すごい人。

<すでに 会場は…>

<早速
入ってすぐのお店をのぞくと>

(京子)わぁ~!
(店員)わぁ~! イエ~イ!

500円!

9枚で500円。
すごっ!

<こちらの大畑鮮魚は

新鮮なお魚が
激安価格で手に入る人気店>

<花鯛は
3匹で なんと 500円>

<さらに アジは
なんと 5匹で500円>

何千円もするのに… うわ!

<いつも
お客さんで あふれ返り…>

信じられない…。

<すると>

<響き渡る…>

(京子)これ ワラサ?

デカい。

(店員)今日 もう これ ワラサ
これ もう 2500円!

(京子)えっ 2500円!
(店員)これ ヤバい 4kgある。

いいんですか?

もう ノリで 何でも。

<すると>

<どうやら…>

(店員)ハマグリ 2つ 1500円で
2つ 1500円。

(京子)ありがとうございま~す!

お店の人になっちゃってるじゃん。

(店員)
気合だ! 気合だ! 気合だ!

<京子ちゃん ノリノリで
お手伝いしてますが…>

えっ これ?

(京子)頭5個 これで100円。

<タイやカンパチなど
魚のアラが5つも入って

なんと たったの100円>

<いつものお味噌汁に
入れるだけで

本格的なアラ汁が楽しめると
大人気なんだとか>

いい味が出そうですね。

<これは
間違いなく お値打ちモノ>

<ところが

おもむろに
マネジャーさんから…>

100円で。

(京子)…を買います。

(京子)1・2・3・4・5。

<時刻は まだ…>

<お客さんは さらに増え続け…>

<すると ここで 三崎の…>

(京子)マグロ!

これ。

(京子)
今 切りたての切り落としが…。

(店員)安いですよ。

<そう…>

いいなぁ。

<ここ 三崎漁港で
水揚げされたマグロは

三崎マグロと呼ばれ
全国的にも有名>

<そんな三崎マグロを
専門に扱うお店が

三崎の朝市には6軒もあり
どこも激安>

<1本のマグロから
わずかしか取れない…>

<…で 手に入るため
これを目当てに

早起きして訪れるお客さんも
多いんです>

<さらに>
(店員)お待たせしました。

(京子)見た目も きれいで
たっぷり マグロが のってますね。

<…も 楽しめちゃうんです>

<こちらのマグロぶっかけ丼は

三崎マグロの
赤身と中トロのブロックを

醤油ベースの特製のタレに
漬け込み

これでもかと のせた
朝市の名物>

<それが なんと たったの…>

<まさに 早起きした人だけが
食べられる お値打ちモノ>

(京子)いただきます。

ハハハ
ウソでしょ。

<とろけるような味わいの
三崎マグロ>

<これは ぜひとも
所さんに お届けしたい>

<すると
先ほどのマグロ専門店で…>

(京子)これは?

希少部位ですよね。

(店員)おいしいです。

<マグロの卵は スーパーなど
一般的なお店では

手に入れることができない
希少なもの>

<甘辛く煮付けると
絶品なんだとか>

<他にも…>

(京子)これ…。

(店員)めっちゃ簡単なんで
油 引いて。

いっぱい動いて…。

ここの部分は…。

<ということで
京子ちゃんが見つけた

マグロの希少部位を
三崎の朝市から>

朝市は気持ちがいいよね。
(田中:柴田)ねっ。

だって 朝だもん だって。
そうなんですよ。

これ 気持ちいいわ。

4時台から動くことって
なかなか ないですよ。

全部 お安いの。

ず~っと 何か
安い 安い 安いって

ずっと言ってた。

私 ああいうとこ行くの。
ねっ。

大丈夫かな? あの方。
いや 大丈夫です。

料理できんのかな?
まぁ 確かに…。

また 初々しくて
いいじゃないですか。

あれ見てたら
私ら 汚れてるなと思ったよね。

だって…。

…っつってたよ。

楽しいわ はい。
そして そんな京子ちゃんが…。

…を 届けてくれました。
希少部位?

ちょっと
このまま 開けてみてください。

あっ!て思うと思います。

あぁ~!
あぁ~!

これ 見ないですよね。

(笑い)

♪~

…ですよ これ。

しっぽの輪切りですよ あなた!

こちらは…。

(柴田)安いですね。

泳ぐ際は。

えっ?

普通 放るもんだとすれば
希少でも何でもないんだからね。

だまされないよ 俺は。

フライパンで。
焼くの?

はい 焼きでいくらしいです。
このまま?

はい。
このまま。

<そう お薦めの食べ方は

市販の焼き肉のタレを絡めて焼く
ステーキ>

<筋肉質で締まった お肉は

しっかりと
マグロの味が楽しめます>

甘辛そうだね。
そうなんですよ。

ツヤツヤしてるもの。
おいしそうですよね 仕上がりは。

(柴田)匂いも すごくいいですよ
ガーリックの匂いが。

じゃあ いただきましょうよ。
あっ えっ 軟らかい。

この皮が おいしそうだね
でも この。

はい いただきます
これ おいしそうだな。

(笑い)
(柴田)皮 硬かった?

うん!

えぇ~。

皮が うまいね。
ハハ。

どうですか? 柴田さん。
うん! あっ…。

あぁ~。
うん しっかり。

やっぱ 筋肉質だから。
あぁ~。

(柴田)でも 魚だから… 所さん?

身も おいしいですよね。
(柴田)身は おいしいよ。

あなた。
う~ん!

身も おいしいわよ。

うまいよね。

この骨が硬いのかと思ったら
軟らかくて びっくりした。

ここ? ホントだ。

いや そうなんですよ。

…が 残ってる場合があって。
プルプル入ってる!

で 女子は 真ん中のコラーゲン。

ハハハ!

そして もう1つ…。

…を 用意しました。
何?

ドゥドゥン。
ドゥドゥン。

蒸してる?
それ 何 何?

どう?
えっ!

当たった?
はい まぁ 近いです ホントに。

(一同)あぁ~!
そういうことか。

(柴田)肉ちまき マグロちまき。
そうなんですよ。

三崎マグロが たっぷり入った…。

トロ。
はい。

うわ すごいね これ ねぇ。

おかずいらずだね これ ねっ。
そうですね。

うん ん~ 熱っつい。

(柴田)熱い。
うん 熱っつい。

うん。

(柴田)おいしい?

こんなの朝市でさ 買って食べたら
おいしい うれしいじゃん。

これはさ…。

あぁ~ いいですね。
あぁ~ 最高ですね。

こういうお土産があんの
いいな。

いや ちょっと…。

ハハハ まだ ありますよ。

ありますよ!

<まだまだ あります!>

<時刻は…>

<いよいよ 後半戦>

また…。

<すると 何やら…>

ちょっと ちょっと。

(京子)えぇ~?

(京子)…と書いてあります。

えっ これは まさに…。

<定置網に かかったものの
傷があったり

食用ではなかったりする
魚たちを

間近で見られるように展示した
ダンボール水族館>

<普段は見ることができない
海の生き物に触れ

早起きした子供たちも 興味津々>

えぇ~?
(男性)あとね あれみたいに…。

(男性)…ことは
なかなか できないんでね。

(京子)サメ肌。

えぇ~ やっぱり…。

(京子)にらみ付けられてる。

<マットの上では
敵なしの京子ちゃんも…>

<生きていないので
かまれる心配は ないんですが>

怖いです。
(山田さん)怖くないよ。

<こちらは ダンボール水族館を
開催している…>

<普段は 三崎漁港の
すぐ近くにある こちらの…>

<…など 豪快な料理で

人気を集めているんです>

(山田さん)平気 平気。

こっちと

こっちで。

ほら。
ホントだ。

<三崎の魚は
食べるだけじゃない>

<朝市ならではの
体験型水族館も お薦めです>

<時刻は…>

<三崎の朝市も いよいよ終盤戦>

<すると 朝市全体が

これまでとは違う姿を
見せるんです>

これは…。

(京子)消えて…。

<そう 実は…>

<サツマイモが3つで
200円のところ

半額の100円>

<エノキや マイタケ

さらに エリンギや シメジなども
ぜ~んぶ 半額の100円!>

うん。

さぁ ヒラマサも 1500円。

<もちろん…>

<会場中で
値引きの声が響き渡り…>

この時間に来る人も
いるんだろうね。

(京子)暑いからですか?

(京子)いっぱい買われましたね
ご主人。

1000円 いかないんですか。
(男性)うん。

えぇ~!

(京子)へぇ~! 100円ですか
安いです。

<京子ちゃんも…>

<次から次へ…>

(京子)所さ~ん。

<そして…>

たっぷり買いましたよ。

<野菜や魚など
両手いっぱいに爆買い!>

<激安だけじゃない
お値打ちモノとは?>

山売りしてるんですもんね。

また… 何かさ。

届いております 今回。
全部 届けたの? ねぇ。

ヤベェ 重い。

何よ それ。
これと。

はい 「と」? まだ あるんですか?
まだ あんの?

こっちも よいしょ。
冷やしておかないとっていうね。

こんなに… わぁ‼
また… 何かさ

まず フルーツでしょ。
(柴田)あぁ~ 桃。

桃って すごい いい匂いだね。
すごい量ですよ しかも。

うわ~ 立派ですね。
おぉ~ トウモロコシ すげぇ。

えぇ~!
(柴田)わぁ~ あっ すごい!

ケース買い?
丸々ですよ。

何これ。
すごい きれい!

いいですね~ ほら。
真っ赤!

めちゃめちゃ見てる。
もう。

さっきから発言が はいはい。

何がよ。

(柴田)
星があんのが いいトマトなの。

何でも食えよ。

さぁ ちょっと…。

まず そちらの…。

ヒントとしまして 都内で買うと
1本400円ぐらいするそうです。

じゃあ 4×5
2000円ってことだね。

都内だと そうですね。

われわれ 当てましょうよ。

だって 1本400円ですよ。

じゃあ いくらなの?
ん~。

こちら ひと山500円が
割引されまして…。

俺 まだ近い いいね。
近い。

やったね。

え~ これ 200円なの?
200円ですよ。

めちゃくちゃ安いですよね。

こんなん ラップに巻いて
ちょっとチンするだけで

甘いもんね。
ホワイトコーン 甘いですもんね。

甘いよね。

続きまして 桃。
(柴田)桃 はい。

いけだという品種の白桃で

11個 入ってます
これ いくらだと思いますか?

11個で?
はい。

11個 入ってんだよ。
(柴田)結構するよ。

でも 朝市だから安いんだよね。

じゃあ 2000円ぐらい?

そうだね 800円 手を打とう。

800円。
うん。

いくら? これ。
こちら もともとは…。

割引されて…。

1000円 われわれ いいとこ…。
(柴田)いいとこ いいとこ…。

読めてる 読めてる…。
「読めてる」じゃないですよ。

「当たった」ってなっちゃってる。

さぁ そして トマトでございます。

ひと箱丸々の販売でございます
20個。

おいくらでしょうか。
こんな大っきいのが。

いやいや いやいや。

1500円…
1000円は しますよ。

箱だもんね。

普通のスーパーで 1個
100円ぐらいだと思うので

半分で…。

いくら?

えぇ~! ウソ~!

<超お値打ちモノ…>

正解は ひと箱800円が
割引されまして。

はい たったの…。

(柴田)えぇ~! ウソ~!

安いんですよ! もっと‼

<さらに 新鮮な海の幸も

値引き後は ご覧の激安価格に>

<これら 通常…>

<終盤のチャンスタイムに買うと
なんと…>

え~ すごい
やっぱ 行く価値ありますね。

もう 7時 回って行くと
こんなに安く買えちゃうと。

あっ 桃 いっちゃいました!?
えっ? そのまま いったんですか。

おいしい この桃!
超うまいんですけど。

毎週やろう。
(笑い)

朝市特集。
毎週 朝市 攻めよう。


関連記事