世界の果てまでイッテQ! オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ・イモト初上陸スロベニア!巨大ゾウとアクロバット…


出典:『世界の果てまでイッテQ! 緊急企画オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ&イモト』の番組情報(EPGから引用)


世界の果てまでイッテQ![字] 緊急企画オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ&イモト


イモト初上陸スロベニア!巨大ゾウとアクロバット&難易度マックス縄跳びパフォーマンス挑戦▼オーシャンズ手越マッコウクジラ&世界一美しいサメ・ブルーシャークを追え


詳細情報

出演者

内村光良、手越祐也(NEWS)、宮川大輔、森三中、イモトアヤコ、いとうあさこ

番組内容

世界の果てまでイッテQ!▼珍獣ハンターイモトワールドツアーin初上陸スロベニア&ハンガリー文化・絶景リポート!激カワもじゃもじゃ犬&世界一美しい国会議事堂!巨大ゾウとアクロバット&難易度マックス縄跳びパフォーマンス挑戦!▼手越カレンダープロジェクト!シャッフル企画緊急発動!オーシャンズ手越体長15メートルのマッコウクジラ&世界一美しいサメ・ブルーシャークを追え!inポルトガル・アゾレス諸島!



『世界の果てまでイッテQ! 緊急企画オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ&イモト』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

世界の果てまでイッテQ! オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ
  1. スタジオ
  2. スゴ
  3. 宮川
  4. サメ
  5. イモト
  6. ハハハハ
  7. イッテQ
  8. スタッフ
  9. スロベニア
  10. 今回
  11. OK
  12. ブルーシャーク
  13. 手越
  14. ガリー
  15. スゲェ
  16. ハンガリー
  17. マジ
  18. ヤバ
  19. 村上
  20. イェ


『世界の果てまでイッテQ! 緊急企画オーシャンズ手越VS世界一美しいサメ&イモト』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

さぁ
 始まりました 『イッテQ!』。

2本立てでお送りします。

どうも~!
ワッショ~イ!

どうも どうも どうも!
(いとう) どうも~!

さぁ まずは イモト
今回は どちらに?

はい 今回は 初上陸となる
通算116か国目となる

ヨーロッパのスロベニアと
あと そのお隣の

これは2回目となるハンガリーに
行ってまいりました 2か国。

っていうか
116か国目なんだね。

ええ。
ハハハハ…!

まぁまぁ… でも 徐々に。
スゴいわ。

じりじり じりじり
攻めております。

ハンガリーは ちょっと あの…。

祐也が
ちょっと楽しくなるような…。

私? 私が?

確かに もう 自然に言いますよね。
それを言われると 僕も…。

おかしいな…。

(笑い)

さぁ それでは まいりましょう
世界の果てまで…。

イッテQ!
(宮川) よいしょ!



<向かったのは 初上陸

通算116か国目となる…>

<それでは 恒例…>

(スタジオ:宮川) あの船の…
カヌーのほうちゃう?

<イタリアのお隣
アドリア海に面した…>

<国土は…>

<と 小さな国だが…>

<現在 イモトがいるのは…>

<…もの観光客が訪れる
この教会>

<その理由は
美しさ以外に もう1つある>


これで入れる…?

<…は 拭い去れないが…>

<教会の真ん中に
垂らされた…>

<それは 重さ100kgを超える
鐘につながっている>

(鐘の音)
(スタジオ:いとう) 鳴った!

(鐘の音)
(スタジオ:内村) 何かいいね。

(鐘の音)

なんか 分かんないけど…。

…みたいな
そういうタイトルのやつ。

<今夜は初上陸のスロベニアと

お隣ハンガリーを行く…>

<まずは…>

<スロベニアは
ワインや塩が有名で…>

<…に登録されるほど>

<そんな中 われわれ日本人にも
なじみのある…>

おぉ~!
<それが こちら>

来ました 来ました。

さぁ こちらがですね…。

これ 皆さん ご存じの

あるものを
使ってるんですけども…。

(スタジオ:村上) えっ?

そうなんです しかも これ…。

…で作られている
料理なんでございます。

<そう スロベニアは
そば食が盛んで…>

<わが国の そばとは違い…>

<…して食べるのが 一般的>

(スタジオ:いとう) どうでしょう?

<ならば ここで実験>


<実は ADの坂本は
この日のため

池袋にある…>

<ご覧ください
なかなかの手さばき>

(坂本) ありがとうございます。

<果たして…>

スゲェ! うわぁ おそばだ!
おいしそう!

というわけで…。

ありがとう 坂本ちゃん!

おいしそうよ。

いただきます。

<一方…>

よかったね。

とんでもない…。

ありがとうございます。
大丈夫かな? どうします?

今後 ADとそば職人
どっちにいかれます?

ハハハハ…!

ありがとう
お後がよろしいということで…。

<お次は…>

今回…。

<ちなみに…>

<実は この川…>

<…を繰り返したことで
その川底からは

これまで…>

<例えば…>

<つぼや鍋などの…>

<また…>

<…大いにあるという>

<しかも 現在…>

<水温12度のため
なかなかの…>

ヤバい…。

<イモトの体力も考慮し
今回の…>

<果たして…>

<戻って来たイモトが
手にしていたのは…>

<明らかに…>

いや 私…。

あのね そうなんだけどもさ…。

<続いては あの…>

<やって来たのは 小さな町…>

…なんですって!

<言わずと知れた…>

<その彼女が中学生のときまで
暮らしていたのが

ここ セブニツァ>

<スロベニア…>

<人口5000人のこの町は
一大…>

まず 見て 見て 見て!
これが…。

これも…
はいはいはい 出ました。

お茶ね こちらが…。

全部 乗っかってる
で 見てください!

こちら なんと これ…。

<さらに
町のケーキ屋さんでは…>

ちょっと 若干…。

ただ これも…。

<さて そのお味は?>


おぉ~…! イェ~イ!

いいね。


<今年7月 川のほとりの
野原で公開された…>

ただ 私も 前…。

<さぁ
ここで舞台は

スロベニアから
ハンガリーへ>

こちら ジャジャン!

(スタジオ:いとう) 立派だね!

<外観を力強く見せる尖塔は…>

<中央のドームは 優雅な…>

<そして 内部は
金箔を ふんだんに使い

凝りに凝った装飾で
埋め尽くされた…>

さぁ…。

見てください!

マジで この… ねぇ?

<館内には…>

<廊下に敷かれた…>

<もはや 金額の
検討もつかないほどの

圧倒的スケール感>

<このように…>

<その建築の中でも

この国会議事堂は
傑作と呼ばれている>

(スタジオ:いとう) あっ?

<さぁ 続いては…>

<それが こちら>

おぉ… スゲェ! うわぁ~!

<それにしても 完全に…>

<なぜ このような…>

なるほど! いわゆる…。

それが…。

<せっかくなので…>

<続いては…>

こんにちは はじめまして
日本から来た

珍獣ハンターのイモトと申します。

<彼こそ…>

<一体…>

うわぁ うわぁ… びっくりした!

<そう レネさんの達人技は…>

<それでは
早速 ご覧いただこう!>

えっ? えっ…?

うわぁ~!

<これぞ 達人技>

<実は レネさん
2歳の頃から象と生活をし

今では ハンガリーの…>

鼻の上で逆立ちしました 今。

おぉ おぉ… 何だ? これ。

おぉ おぉ あぁ~…。

<ということで イモト…>

ちょっと待って。

<そう ゾウは
人に合わせてくれない>

<人がゾウに合わせるのだ>

痛い 痛い 痛い…! 彼 もう
「ゴー!」っていくから…。

<さぁ 改めて…>

ちょっと待って… OK OK!

<さぁ 三度目の正直
いけるか?>

OK?
(レネさん) Yes.

(スタジオ:宮川) スゴい スゴい!

まぁ でも…。

<ならば 旅の最後は…>

<…で締めくくろう!>

<さあ 旅の最後は…>

<…で締めくくろう>

<やって来たのは体育館>
うぉ~! わぁ~!

<こちらは
競技縄跳びにおいて…>

<さまざまなカテゴリーに
分けられるが…>

<今回は…>

おぉ~!

っていうぐらい…。

<早速 イモトも…>

(拍手)

難しい…。
(スタジオ:宮川) 縄跳び難しいもんな。

<1つ1つの技はできても

組み合わせていくごとに
難易度は増していく>

あっ ヤバっ!

<さらに…>

ンタ ンタ ンタ… 裏だ…。

<だが そう簡単ではない>

(掛け声)

<大事なのは…>

<1歩目を間違えたら 即失敗>

(掛け声)
OK。

<何度も何度も練習を繰り返す>

(掛け声)
あぁっ! あぁ~!

<こうして…>

<その集大成を とくとご覧あれ>

♬~

(スタジオ:いとう)
♬~      いいね いいね!

♬~  (スタジオ:いとう) いいよ。

♬~  (スタジオ:大島) かわいい服。

♬~

(スタジオ:いとう)
♬~    スゴい スゴい スゴい!

♬~

(スタジオ:いとう)
♬~   スゴい スゴい…! きた!

♬~

♬~    (スタジオの笑い)

♬~

(スタジオ:村上) 訳分かんないよ。
♬~

♬~

♬~   (スタジオ:一同) うわぁ~!

(スタジオ:いとう) チャンピオン。
♬~  (スタジオ:宮川) 世界チャンピオン。

(スタジオ:いとう)
♬~     いいよ いいよ!

♬~

(スタジオ:村上)
スゴいな 運動神経が。
♬~

♬~

(スタジオ:いとう) 頑張れ。
♬~

(スタジオ:いとう) うわぁ~
スゴい! スゴい!
♬~

フゥ~!
(拍手)

できてた?
あぁ… できてた できてた!

(一同) イェ~イ!

<というわけで…>

イェ~イ!

手越君 どうでした?
いやいや 縄跳び…

僕も ダブルダッチ 昔やったんで
難しさ 分かりますど

あさこさんとも
気になってたのは…。

(いとう) 1か所ね…。
1か所…。

(いとう) 国会議事堂の前で…。
そこ!?

あれは 事と次第によっては

逮捕かなって言って
見てたんだけど…。

(黒沢) おかしいよ?
言ってないと思います。

(笑い)

(笑い)

「何か」って言われた…
「何か言ってください」っていって。

とっさに
思い付いたことが…。

すっきりしました
ありがとうございます。

さぁ 続いてまいりましょう
あさこ よろしく!

はい! 続いては こちら。

(宮川) よいしょ~!

<イッテQ!メンバーが
月ごとに世界の各地に出向き

素晴らしい写真の撮影に挑戦>

<それを集めて

2020年の
カレンダー完成を目指す…>

(中岡) オーロ裸!

<『イッテQ!』史上最大の
オーロラを捉えた>

<氷の洞窟でツーショット>

<「テキサスの宝」と呼ばれる…>

<ラクウショウの木が立ち並ぶ
この一枚>

≪きれいだ!≫

<選んだカレンダーは…>

<…を乗り越えて>

<秘境の絶景をカメラに収めた>

<そして…>

おぉ!

はいはい はいはい…。

そこは やっぱり 一応…。

「あれ? 手越 『イッテQ!』
降板すんじゃねぇか?」説が…。

ハハハハ…!

<そこで…>

はぁ~!

(スタッフ) ちなみに…。

<そんな…>

<アゾレス諸島とは

ポルトガルの西
大西洋に浮かぶ 9つの島々>

<この海域には さまざまな
海洋生物が生息している>

<それらとの…>

♪~ いつか きっと
つくっちゃおう

♪~ すごいもの つくっちゃおう

♪~ つくるって たのしいよ

やってみよー!
♪~ かんがえるとウキウキ

♪~ なんだかゾクゾク

♪~ ニヤニヤしちゃうよ

こんなこと
そんなこと あんなこと!

♪~ ぜったいぜったい
できるよね

♪~ ほんとに ほんとに
できるよね

♪~ みらいは すぐそこだよ
<子どもたちに誇れるしごとを>

♪~ レッツゴー!
<清水建設>

<まず 向かったのは…>

<ここで…>

(スタジオ:手越)
はい 持ってなかったんで。

うぃっす!

<どこで売っているのか…>

あぁ これね… 違う 違う。

だから 一応こっち。

よろしくお願いします…。
(佐藤さん) お願いいたします。

<指導してくれるのは…>

そうだよね。
(スタッフ) 頑張りましょう。

分かりました。

本当に?
ちゃんと守るタイプです。

<そして…>

<水中での合図や
緊急時の対処法などを中心に

とにかく 水中で慌てないよう
訓練を繰り返す>

(スタッフ) スゴい?
(佐藤さん) うん。

お話になんない。
ハハハハ…!

<さらに…>

ほう なるほど 勉強になるな。

<こうして 無事…>

スゲェ!

(スタッフ) マジっすか?
そうよ。

<これで…>

行ってきま~す!
<オーシャンズ手越 出動>

<果たして…>

オーシャンズ手越という…。
はい そうです。

シャッフル企画
やってなかったってことなんだね。

そうなんですよね だから

それぞれに皆さんが
シャッフルしてるのを 僕は

楽しくは見ていたことは
いたんですけど

自分自身は ちょっと 本当に
NEWSのライブがありまして

春に ツアーがあって はい。
で 終わって

やっとということで
アゾレス諸島という所…。

ただ…。

俺が過去 それ言うてたら

お前 グイグイ グイグイ
来とったな。

金子君が 普段

バシって当ててきたり
するじゃないですか。

やっぱ そういうもののスゴさは

「さすが 金子君だななんて
言っちゃってぇ~!」みたいな。

(笑い)
「ポン ポ~ン!」言いかけてた…?

さぁ それでは まいりましょう!
世界の果てまで…。

イッテQ!
(宮川) よいしょ!

<みやぞん…>



♪~

♪~

<なぜ今
ピコ太郎なのか?>

<それは 今いる島の名前が

ピコ島であるという その一点>

<ここは…>

(スタジオ:宮川) 何じゃそりゃ!

いやいや…。

<拠点となるのは…>

ナイス トゥ ミート ユー!

<ダイビングインストラクター>

<体長 およそ15m>

<独特のフォルムを持つ…>

<ダイオウイカを
食べることもある肉食で

いまだ…>

OK! レッツ ゴー!

<大西洋の沖で
マッコウクジラを追う戦いが

ついに始まった!>

<まず 向かったのは
島の南側のスポット>

<今回も撮影を担当するのは…>

<実は…>

<それは 今年

NEWSライブツアー
長野公演でのこと>

<本番中…>

ライブ画を。

当たり前だけど
ライブの人はさ…。

「えぇ~!」ってなって。

小谷さん。
(加藤) ハハハハ…!

(加藤) カメラマンのね。

(観客の歓声)

噂は聞いたのよ。

噂 聞いた 小谷さんが…。

…っていうのを聞いたね。

<そして もう一人

これまで
BBCなどの撮影も経験し…>

<出港から3時間>

ハハハハ…!

<いよいよ…>

<大西洋にダイブ>

<そこは 360度
見渡す限り 真っ青な海>

<群れを作っているのは…>

スゲェ! 海の中って マジで。

<そのときだった>

あぁ いた いた いた…!

<突如 姿を見せた

15匹を超える…>

<目の前を優雅に泳いでいく>

<その場所には海山があり
そこに…>

(スタジオ:いとう) きれい!

<しかし 一度に…>

<上空から見ると
隊列を成す飛行機のよう>

<イトマキエイは…>

<そして 今まさに…>

<野生のイトマキエイに
近づくことは 容易ではない>

<加えて…>

<できるのは
エイが寄ってくるよう

祈ることだけ>

(スタジオの笑い)

<すると
1匹のイトマキエイが…>

来た 来た! 来た 来た!

<この日一番の大接近>

<幸先のいい一枚>

<しかし この日

マッコウクジラを見つけることは
できなかった>

<その日の夕食…>

おぉ~! しっかりしてる。


(スタジオの笑い)

<この日の夕食 話題は…>

(中附) そうですね。
<AP中附…>

<中附が利用している
婚活サイトは

1回目は お茶だけのデート>

<2回目以降
お互いに気に入れば

食事などの仮交際>

<そして デートを重ね
気持ちが合えば

晴れて
本交際へと進むことができる>


肉食にいくことっすよ。

(スタジオ:いとう) 違う 違う 違う!

<…に向かった>

(ノック)

びっくりした! 早っ!

ハロー!
ナイス トゥ ミート ユー。

<ブラジル発祥の霊媒…>

(サンドラさん) 早速…。

(スタジオ:内村) 見てあげて。

えぇ~ マジ? へぇ~。

<いや…>

<すると…>

(スタッフ) ちょっとですね…。

スゴい でかかった
ごめんなさい… スゲェ響いたわ。

ハハハハ…! ちょっと待って!

<その後…>

(スタジオの笑い)

<マンタは撮れているが

過去 すでに撮影済み>

<ブルーシャークとは

世界一美しいサメと
呼ばれる一方で

性格は獰猛な肉食系>

狙ってたものより。

(スタッフ) ありがとうございます。

こうなったら。

<サメのポイントまでは
船で1時間半>

<そして
サメのエキスパートを招集>

<ガリーは ピコ島の
ダイビングショップの経営者>

スゴい なんか…。

<背水の陣で挑むサメ撮影>

<クジラを失った今

絶対に
カメラに収めなければならない>

<しかし…>

<取り出したのは…>

<ケースに入れる>

いきま~す!

あなたは いってらっしゃ~い!

<さらに
マグロの血を海に流し

においで おびき寄せる>

<とはいえ海は広い>

<持久戦を覚悟した
そのときだった>

(スタジオ:一同) えぇ~!

うわ でかっ! ヤバい ヤバい…!
うそでしょ!

でかくね?

でかっ!

<いきなり姿を現した
野生のブルーシャーク>

<しかし…>

(ガリーさん) I understand.

<まずは ガリーが
サメの様子を偵察>

いってきま~す!

<いよいよ 手越がサメのもとへ>

<動き回れば
襲われる可能性があるため

初心者の手越は ロープで待機>

<すると…>

<これがブルーシャーク>

<…と称される>

<水中では分かりづらいが

そのボディーは
ご覧のような青>

<ガリーの編み出した

においだけでサメをおびき寄せる
この方法>

<サメは 興奮状態にはならず

シャークダイビングが
可能となる>

<しかし…>

<生態系の頂点に君臨する
堂々たる風格>

<正面から迫りくる様子は

まさに 『JAWS』>

<すると…>

近い 近い…。

ワハハハ~!

<さらに もう1匹>

1匹 超小っちゃい 親子? これ。

<ブルーシャークは…>

<そして シャッターチャンスが>

<手越の目の前を悠々と泳ぐ>

<ブルーシャークと
大接近の1枚>


芸能界でいうと? 僕は 割と…。

<以上 オーシャンズ手越でした>

(いとう) スゴい スゴい!

いやぁ~ スゴいよね。
スゴい!

あれは勇気いったよ うん。

サメよけも何もなしです
本当 まんまですね。

フランチェスカが言ってましたもんね
「あいつ 殺す」って。

(村上) いつも穏やかなのにね。
(いとう) 優しい人だよ。

普段は穏やかな方なんですか?
(大島) 穏やかです 優しいし。

(宮川) 仕事も完璧。
完璧 完璧。

(いとう) かわいらしくてね。

(笑い)
(いとう) 加瀬を出さないで。


関連記事