林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決★女性アナ学】チョコ修業!日本パティシエ界の巨匠…


出典:『林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決★女性アナ学】』の番組情報(EPGから引用)


林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決★女性アナ学】[字]


【女子アナ学】中継リポート審査で吉田明世がダメ出し連発も…絶賛の学院生が!▼ギャル曽根チョコ修業!日本パティシエ界の巨匠ホテルニューオータニ総料理長と直接対峙


詳細情報

出演者

【賢人】 林修(予備校講師) 【初耳コンシェルジュ】 大政絢 【ゲスト(50音順)】 生駒里奈 伊沢拓司 澤部佑(ハライチ) 田村淳 中島健人(Sexy Zone) 牧原俊幸 みちょぱ 【VTR出演】 ギャル曽根 吉川美代子 吉田明世

番組内容

【女子アナ学】 ★元TBSアナウンサーの吉田明世を特別講師に迎え“中継レポート”に挑戦する。『テーマを決めての2分間の中継』…だが吉川から、かつてない厳しいダメ出しが!?はたして合格点を取れる学院生は…? 【パティシエール学】 ★ピエール・エルメ氏の最終ジャッジを11月に控え、“パティシエ界の重鎮”、ホテルニューオータニのシェフパティシエの中島眞介氏が、エルメ氏直伝の考え方をギャル曽根に伝授!

番組内容2

【他にも…】 ●クイズ王・伊沢拓司率いる現役東大生100人VS林先生の師弟対決も! …伊沢が考えた問題に100人の現役東大生が事前に回答!現役東大生の正答率1%の難問に、はたして林先生は正解することは出来るだろうか!? 【“逆転の発想”で大成功】 ●料理人がこぞって頼る奇跡の卵 ●少子化が進む中、自動車教習所が考えた新事業

公式SNS

◇番組HP

http://www.mbs.jp/mimi/

◇ツイッター

@hatsumimigaku

https://twitter.com/hatsumimigaku

ハッシュタグ「#初耳学」

公式SNS2

◇フェイスブック https://www.facebook.com/hatsumimigaku

インスタLINE

初耳学のインスタ&LINEスタンプが登場!! 【公式Instagram】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/ 【公式LINEスタンプはこちら!】 ★スタンプ→初耳学で検索 https://store.line.me/stickershop/product/1284267/ja

募集中

■□■初耳ネタ受付中!!■□■ 番組では世の中でまだあまり知られていない情報やとっておきの知恵などを募集中!!あなたの知識を「初耳学」に認定されてみませんか?

募集中2

↓↓応募はこちら (・ω☆)キラリ http://www.mbs.jp/mimi/

◎この番組は…

物知りな人が「知らなかった!」と思わず唸る雑学…それが「初耳学」。番組では日本全国1億3000万人から、これぞという初耳学候補の情報を大募集。そのなかから厳選したネタを、賢人代表・林先生に出題する。林先生が「知らなかった!」と申告したら出題者の勝利。物知りの林先生も知らなかった珠玉の情報はVTRで解説、知っていた場合VTRはお蔵入りとなり、出題されたネタは林先生が自ら“生授業”で解説する。


『林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決★女性アナ学】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決
  1. 澤部
  2. 田村
  3. 吉川
  4. 曽根
  5. 眞介
  6. 中島
  7. 伊沢
  8. 今日
  9. ギャル曽根
  10. お願い
  11. 中継
  12. 林先生
  13. ホント
  14. 吉田
  15. 逆転
  16. 荒川
  17. 石黒
  18. 問題
  19. エルメ
  20. オリンピック


『林先生の初耳学【クイズ王伊沢&東大生100人が林先生と知識対決★女性アナ学】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

(一同)えぇ~!

(大政)さぁ 始まりました
『林先生の初耳学』。

皆さん
今日も よろしくお願いします。

(一同)お願いします。

本日は 林先生の後輩でもある
伊沢さんが

問題を持ってきてくれたそうです。

(林)伊沢の問題 難しいからな。

(ナレーション)林先生VS教え子。

クイズ王 伊沢の師弟対決。

以前 東大生について。

…と発言した林先生。

そこで…。

プライドを懸けて 本気で解答。

その中で…。

今回 伊沢が考えたのは
例えば こんな問題。

普段 当たり前に使っている

「経済」という言葉ですが。

東大生の…。

もともとは…。

それが略され 「経済」という言葉に
なったんです。

では 続いて 東大生も悩んだ…。

(中島)髪の色でしょ。

(みちょぱ)そうなの?

(澤部)いい問題。

その際…。

最初に使われたのが 当時…。

えっ そうなの?

そのため この座席は
シルバーシートと名付けられ…。

…という意味で 広く
認識されるようになったんです。

そして
東大生を 最も悩ませたのが。

(伊沢)先生。
はい。

ポロシャツ 時々 着ます。

ポロシャツの問題?

(一同)えぇ~!

(田村)そうなんだ?
(澤部)だって 「ポロ」。

では…。

(伊沢)先生 ご存じでしたか?
それとも 初耳ですか?

(一同)おぉ~!
(田村)1%の問題を!?

(澤部)ウソだ!
(田村)まだ分かんないですからね。

(伊沢)ここ 間違えてる可能性も
ありますからね。

(澤部)説明して!
(田村)えっ 何で!?

そっか。

(澤部)そういう番組だから。
(みちょぱ)「しますけど」みたいな。

(伊沢)ラコステですね。
ルネ・ラコステっていうのは

非常に強かった
テニスのプレーヤーですね。

で そのときに
ジャージーみたいなの使ってて。

それで…。

「あれ いいよね」って…。

…みたいな形で取り入れて
それで使われるようになって

ポロシャツといわれるように
なったんですね。

はい 先生 お見事です。

(拍手)
(中島:澤部)すげぇ。

(田村)これは すごいね。
(澤部)これは すごい。

林先生のドヤ顔知識。

さすがに やられないと
思ってました これは。

悔しいですね。

(みちょぱ)うれしそう!
(田村)超ご機嫌!

さぁ 続いては
キー局の女子アナを目指す…。

(澤部)牧原さん いるから。

ここは
一度 試験に落ちたものの

夢を諦めきれず
再起を図る者たちが集う…。

(吉川)おはようございます。
(学院生たち)おはようございます。

(吉川)さぁ…。

…という形の中継を
してもらいたいと思っています。

実況中継とは…。

ニュース現場や スポーツ会場からの中継が
これに当たり…。

通常のリポートよりも…。

(吉川)大事なのは…。

(吉川)自分の…。

…してもらいます。

そこで 今回は
それぞれ クジで引いた

東京の観光スポットからの
実況中継に挑戦。

特別講師は この方。

バラエティーから報道まで
さまざまな番組で活躍し

今年2月 フリーアナウンサーへ
転向したばかり。


(吉川)
…をお迎えしたと思っています。

(吉田)少しでも…。

(吉田)よろしくお願いいたします。

(学院生たち)
よろしくお願いします。

普段 テレビでは見せない
厳しい吉田アナの姿が。

飲酒の機会が増える
年末年始に向けて…。

アニメ声が特徴の…。

お題となる観光スポットは。

…を結ぶ。

合格を勝ち取れるのか?

田所さん お願いします。

こんにちは 田所です。

私は 今…。

さて 今日の
東京スカイツリー…。

(田所)今日は残念ながら

快晴までは
晴れなかったのですが…。

反対側…。

ついてきてください。

こちら 見えますでしょうか。

以上です。

田所さんの今日の中継

10点満点中…。

(牧原)厳しいな~。

…と
おっしゃってたんですけど。

私からは 隅田川は
見えたんですね。

はい。

…だったなと思います。

(吉田)
皆さんは これから…。

面接官ですよね 面接官の
見たいもの 気になるもの

知りたいことを
ちゃんと自分の言葉で伝える。

これが
大切になってくると思います。

(吉川)あとね
あぁ 残念と思ったのは…。

(吉川)今日は…。

(吉川)だったら…。

(吉川)掘り下げ方が。

(吉川)だったら
それをもっと…。

あと まさに あなたの周りで
子供たちが

飛び跳ねてたじゃない
ガラスの床の上で。

(吉川)…って聞くとか。

…と思います。

はい。

お題となる場所は…。

そうですね。

(荒川)そうなんですね。

荒川さん お願いします。

(荒川)はい。

ということで…。

(荒川)すいません。

(荒川)今日は…。

それでは いただきます。

(澤部)あら 食リポまで。

うん。

あの…。

(みちょぱ)
悪くないような気はするけど。

荒川さんの中継。

惜しい。

(吉川)ちょっと残念でした。
はい。

よさこい祭りを
最初 紹介して

お店に移動されてたと
思うんですけれども。

…のが気になりました。

ここ まぁ 確かにね。

そんな中で…。

基本的に…。

はい。

…というのもありだったかな
と思いましたね。

(吉川)見てて いかにも…。

(吉田)あと…。

と思ったんですけど
正直 餃子…。

はい 食べてました。

はい。

実況中継リポート 続いては…。

お題となる場所は…。

石黒さん お願いします。

(石黒)はい。

(石黒)
えっと その頂上には…。

以上です。

石黒さんの今日の中継。

はい。

(吉川)まず 石黒さんは…。

(澤部)それが ちょっと
よく分かんなかったな。

あっ そう あのね…。

(吉川)つまり 「今日は
土曜日で お昼から

歩行者天国になったので
車は通ってません」って

それは…。

はい。

(吉川)ホントに
現場に行ってなくて…。

その映像を見ながら…。

…という感じがしました。

石黒さんの中継を見て ちょっと
気になったんですけど

ひょっとして…。

はい。

(吉田)私も 一言一句
ノートに書いておいて

それを暗記して

そのまま伝えようと
してしまったこと ありました。

ただ そうなると…。

(吉田)なので なるべく
取材は ノートに単語だけ。

何を伝えたいかだけを
箇条書きにして

文章にはしないでください。

はい 分かりました。

私 「書いちゃダメだ」って。
そうですね 私も…。

(中島)ちょっとね 安堵するね
そういうこと聞くと。

そして 続く…。

このようなカプセルトイです。

延々と…。

西川も 残念ながら…。

見てください たくさんの
観光客の方がいらっしゃいます。

(一同)おぉ~。

実況…。

お題となる場所は…。

すごい
合ってるんじゃないですか?

あっ そうです。

他の学院生より…。

柴原さん お願いします。

(柴原)はい。

…というお話を伺いました。

今…。

こちらからは以上です。

分かりやすい。

(スタジオ:大政)
完璧じゃないですか?

柴原さんの今日の中継。

ありがとうございます。

(中島)すごかったですね。10点でもいいぐらいじゃ…。

まず 国立競技場をバックに
話し始めたときに

きちんと…。

(吉川)した上で…。

分かりやすかった。

(吉川)あと こう…。

そうですね 女の子が
ホップ ステップ ジャンプって

跳んでるところも…。

ありがとうございます。

見るものの考えを理解する力と

現場での対応力が明暗を分けた
今回の授業。

果たして この中から…。

さぁ 初登場ですね 牧原俊幸さん
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
(拍手)

(田村)どういう感じなんですか?

もう 一番最後ぐらいの試験ですと
スタジオに…。

そこで…。

(田村)じゃあ 今みたいなのが…。
(牧原)そうなんです。

乃木坂って でも
アナウンサー出てるよね。

(生駒)2人 出てます。
(澤部)2人 出てんだ。

2人 出てます 同期の子が2人。

だから あぁ 2人とも
こういう研修を経て

今 番組 任されてんだなって
思ったら もう ホントに…。

(田村)アイドルやりながらだったから。
(澤部)そうか。

ギャル曽根にとって
忘れられない11年越しの思い。

(曽根)イエ~イ!

チョコレートの名門
ゴディバで抱いた…。

その最終目標は…。

…の本店に

自らが考案した
チョコレートのスイーツを

レギュラー商品として
置くという無謀とも思える挑戦。

エルメ本人による…。

僕も…。

実は…。

そこで…。

ギャル曽根に…。

夢に向かって本気で学ぶ…。

(曽根)うん! あっ おいしい。

この日…。

…を食べ比べ
研究を始めたギャル曽根。

前回 ピエール・エルメ・パリの
幹部であるクリストフ氏から。

(曽根)これは…。

(曽根)でも…。

有名店のケーキに使われている
アクセントを徹底的に研究し

自分のケーキに合うものを
探していく。

梅干し?

おぉ~。

(曽根)ホント…。

有名店からヒントを得て

ギャル曽根のチョコタルトに合う
アクセントを探す。

(中島)普段 使わないよね
このラインアップは。

う~ん。

どんどんオリジナルの味が
仕上がってく気がする。

(曽根)…とか
どうかなと思ったんですけど。

(咳込み)

いろいろね
いろいろ試さないとね。

その他…。

でも やっぱ…。

数々の食材の中から選んだ…。

そして…。

これまで 一流パティシエたちから

学んできたギャル曽根。

しかし。

(田村)なるほど。

決定的に…。

…は語る。

(中島)そうなんだ。

ギャル曽根に不足している経験を
少しでも補うため

さまざまな雑誌を
参考にしてみるが。

(曽根)でも もう やっぱ
鎧塚さんが抜けないんですよね。

そうなんだ。

運命の日までは あと わずか。

ひたすら デザインを考え…。

…しか 道はない。

こんな やったんだ。

うわ すごいな この数。

あれ? 天むす?

そして。

完成した ギャル曽根のケーキが
こちら。

山椒という
和のアクセントに合わせ

浮世絵の魚の鱗から
ヒントを得たデザイン。

…が完成。

このケーキを試食するのは…。

と…。

(曽根)ヤッホ~。

…が試食。

(澤部)「おいしい」しか
言わないんだから。

あれ?

あれ?
「おいしい」って言わないぞ。

あれ?
あれ?

ダメ?

よかった。

あれ?

(小倉)アハハ。

そして。

(曽根)いや~…。

やって来たのは…。

(曽根)こんにちは。
(眞介さん)こんにちは。

(曽根)よろしくお願いします。
お願いします。

試食していただくのは…。

1ピース3000円
日本一おいしいと評される

スーパーショートケーキの
生みの親であり

パティシエでありながら
ホテルニューオータニで…。

もし…。

(眞介さん)相当。

(眞介さん)ここの…。

…なんです ここが。
えっ オータニに 1号店が。

実は ピエール・エルメ・パリの
1号店は

フランスではなく ここ
ホテルニューオータニでオープン。

そうなの?

当時 中島さんは エルメ氏と…。

それ以降…。

まさに…。

そうです ここに
エルメさん 動きまくって…。

(眞介さん)
やっぱり でも ホントに もう…。

(曽根)エルメさんが。
(眞介さん)はい 神様なんで。

神と あがめる彼に…。

日本で
最もピエール・エルメを知る…。

中島眞介氏に…。

何を見てるんだろう?
(澤部)何 何?

食べ方が
ちょっと違いますもんね。

いや 怖いよ こんなの。

あのバナナの部分だね。

あっ ホントですか。

う~ん。

(眞介さん)う~ん。

(曽根)実は 中の この
パッションフルーツが入ってるガナッシュに…。

(澤部)すごいアドバイス。

(眞介さん)
少しだけ刻んだトリュフ。

(眞介さん)入れる意味がない。

(眞介さん)もう少し…。

(曽根)はい。

エルメ氏を知る
中島シェフならではの

具体的なアドバイスの数々。

そして…。

のせ過ぎ? えっ。

(眞介さん)僕が…。

(眞介さん)お話ししましょう。
(曽根)はい お願いします。

あれもつける これもつける
これもやる これもやるって…。

これもいらない これもいらない
これもいらない で…。

(眞介さん)…ってやるんだよって
僕は教えてもらいました。

常に。

(田村)すごいな。

ギャル曽根の商品が
パリ本店に並ぶ日は来るのか?

(澤部)あ~ 時間ない。

(拍手)

そのね…。

何で これ 分かってくれないの?
ってなるんですけど。

うまくいく人は…。

そこは ホント いいアドバイスを
いただけたんじゃないですかね。

すごい やっぱ…。

(田村)いいのよ
あれぐらいの重鎮だと もう

ぺっと なめる。

(澤部)
重鎮の食べ方は いいのよ 別に。

(澤部)あれね 三谷映画の。
(田村)三谷映画。

最近…。

…話題に。

その驚くべき作品が こちら。

(みちょぱ)えっ?
(生駒)あぁ。

大きい 大きい。

なるほどね。

実は これ…。

…という逆転の発想。

フォロワーが400人しか
いないにもかかわらず

なんと 4万6000いいねを
獲得したんです。

実は今 逆転の発想で

バカ売れしている商品が
続々 誕生。

まずは

ワンアイデアで…。

卵の卸業を営む
こちらの小林ゴールドエッグは

今から13年前

大手スーパーの参入による
価格競争によって

売り上げが およそ4割 減少。

4割は大きいですね。

しかし ある…。

…を遂げたのです。

それは…。

一体 どんな売り方なのか
みちょぱさん お答えください。

逆転でしょ だから
今まで考えたことのない反対側。

だから もう…。

(田村)割って売る!
(みちょぱ)割った状態を

箱に詰めて売る。

正解は…。

そんな違うもの?

(小林さん)そこで…。

(小林さん)作り分けをして…。

例えば こちらの卵は…。

そして こちらは…。

の中から…。

その他にも…。

(中島)買ってみたいな。

続いての…。

現在 自動車教習所は…。

そこで…。

を設置したり…。

…など

あの手 この手で…。

…する教習所も増えてきている。

そんな中 岩手県奥州市にある

江刺自動車学校の考えた
逆転の発想の新サービスが…。

…と 話題に。

今では…。

中島健人さん お答えください。

これ 難しいな。

(澤部)おい 交ぜるな!
(田村)離れろ 離れろ。

(澤部)交ぜるな。

正解は…。

それから…。

という観点で考えてったときに…。

ドローンだが

自動車教習所には
広い敷地とコースがあり…。

…という
お高めな受講料にもかかわらず

趣味以外でも 畑の品質管理に
ドローンを使いたいという

農家の方など
受講者が後を絶ちません。

…という逆転の発想により

開始2年で 早くも
自動車教習と肩を並べる

事業の柱へと成長したんです。

それでは ここで

そんな逆転の発想に関する…。

今が見ごろの…。

一般的には…。

実は今…。

(観客)えぇ~?

これまでの…。

赤や オレンジ ピンクなど…。

…で さまざまな色や形の菊が
開発されているのですが

カラフルになったのには
ある明確な目的があるんです。

さぁ 林先生 知ってた?
それとも 初耳?

(田村)知ってる。
(観客)えぇ~?

これは…。

(みちょぱ)オリンピック?
(中島)2020年?

…のためだった。


それは…。

これは…。

(みちょぱ)オリンピック?
(中島)2020年?

来年
東京オリンピックが行われると。

オリンピックで
ビクトリーブーケっていって

選手に ちっちゃい花束を渡す
という習慣が

かつて あったんですよ
この間のリオ なかったんですよ。

じゃあ その花は
何を選ぶかといったら

何といっても 菊は
日本の国花 国の花ですから。

ですから そういったものを
海外の選手にも渡して

この菊を有名にしようと。

ただ そうなったときに…。

…ということで
今 こういうことが起きている。

林先生 その説明…。

お見事です。

(田村)すげぇ。
(澤部)これは お見事。

(生駒:みちょぱ)すごい。
(中島)ビクトリーブーケ。

(田村)これ 知ってたら
カッコいいよね。

林先生のドヤ顔知識。

でもね…。

そんな1つや2つ たぶんね…。

(澤部)後輩が。
(田村)きたよ。

いきなり きますね。
(田村)オリンピックで変わったもの…。

(伊沢)それこそ…。

今のサッカーボールのデザイン
というのは

オリンピックに向けて
作られたものですね。

そうなの?
(澤部)どういうこと?

あの白黒のデザインに
してたんです。

そうなの?
(伊沢)というのも 昔は

今のように カラーテレビじゃなくて
白黒のテレビだったので

普通の色のボールだと
映らないから

白黒に模様を染めて
見やすいものにしてたんです。

(田村)出た。

(拍手)

ありがとうございます
一矢 報いました。

よかったです。

8点でした。


関連記事