教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・熊野古道】受験生やる気UP少しの工夫で幸せ…


出典:『教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・熊野古道】』の番組情報(EPGから引用)


教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・熊野古道】[字]


新発見!トマト×甘酒…夏バテ解消!!最強ドリンク▼世界遺産「熊野古道」…東MAXが“語り部小学生”と巡る▼受験生やる気UP!!少しの工夫で幸せ…子どもが靴を並べる!?


詳細情報

番組内容

【答は小学生が知っている★世界遺産「熊野古道」】 日本の世界遺産の中でもトップクラスの人気、熊野古道!近くの「本宮小学校」5・6年生の9人が語り部ジュニアとして活躍!彼らの案内で、東MAXが熊野古道を巡ります 【夏の疲れに最適★トマト】 リコピン豊富な“トマト”は、夏バテ解消にピッタリ!生で食べるよりもおよそ4倍も摂取できる方法とは?相性のいい調味料は?すぐに試したくなる情報が満載!

番組内容2

【少しの工夫で幸せに「発想の転換」】 ●ボールペンの芯に○○をつけるだけで受験生のやる気がアップ!? ●いつも脱ぎっぱなしだった子どもが靴を並べるようになる工夫。 ●リクライニングシートを倒したいときにトラブルにならない方法! ●思わず引きたくなる!?…売り上げが伸びた辞書!

出演者

【MC】 滝川クリステル 【レギュラー】 博多華丸・大吉 【スタジオゲスト(50音順)】 東貴博 石原良純 ギャル曽根 藤井サチ

◎この番組は…

あるジャンルのスペシャリストが登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を紹介する。番組のみどころは一度見たVTRをスペシャリストが解説し、知識を得たうえでもう一度同じVTRを見ること・・・「教えてもらう前と後ではあなたの世界がガラリと変わる!」を合言葉に、見方が一変する“知のビフォーアフター”体感を、メインMCの滝川クリステルとレギュラー出演の博多華丸・大吉が皆様にお届けする!

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/maetoato/


『教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・熊野古道】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・
  1. スゴ
  2. 大吉
  3. 華丸
  4. 熊野古道
  5. カラス
  6. 温泉
  7. 工夫
  8. 有名
  9. 小学生
  10. トマトジュース
  11. 正解
  12. グラス
  13. 神社
  14. 曽根
  15. 藤井
  16. 日本一
  17. 問題
  18. マーク
  19. ヤタガラス
  20. リコピン


『教えてもらう前と後【1日1杯トマト甘酒★超アイデア商品★世界遺産・熊野古道】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<まだまだ
残暑の疲れが出やすい
この時期に

新発見!>

<あなたの健康をサポートする
スーパードリンクを教えます>

<使うのは
疲労回復に もってこいの

トマト>

<がんや 老化予防にも
効果があるといわれている

リコピンを たっぷり含んでいる>

<そこで この…>

<トマトジュースを
ある意外なもので割ると

健康効果がグ~ンとアップする

スーパードリンクに
大変身するというのだが…>

<割るとトマトジュースを
パワーアップさせるのは…>

<ここで…>

<そのドリンクを
トマト農家の方に飲んでもらった>

<飲む前は やたら否定的>

<ところが…>

まろやかになった

<なんと…>

え~

<さあ 割ると トマトジュースを
パワーアップさせるのは

どっち?>

(大吉)さあ どちらでしょうか?

あっ Bが多いですね

華丸さんだけが Aの
紅茶でございますが 正解 こちら

<正解は…>

甘酒の原料となっている
米麹にはですね

ラクトトリペプチド
LTPという

血管をしなやかに開いて

血圧を安定させる働きが
期待できる成分が含まれています

<甘酒の成分には
血圧を安定させる働きがある>

<また 飲む点滴といわれるほど
栄養豊富で

疲労回復に もってこい>

<トマトジュースと合わせることで…>

<…につながるという>

<もちろん
トマトジュース自体にも

優れた健康パワーが…>

<ジュースにすることで
細胞壁が壊れるので

そのままのトマトより

リコピンの吸収率が
アップするのだ>

<これは…>

<そのままのトマトと
比べると

その吸収率は4倍だ>

えっ? ジュースのほうがいいの?

<トマトジュースを
ほぼ毎日飲んでいるという

トマト農園の従業員・鈴木さんの
血管年齢を測定すると…>

<なんと 実年齢より11歳も若い>

<そんな トマトジュースは…>

<昼や夜と比べ

格段に
リコピンの吸収率が高いのだ>

<甘酒トマトジュースは

米とサラダがギュッと詰まった

最強の朝食なのだ>

(曽根)え~ でも 私…

ちょっと待ってくださいね
滝川さん 「私 じゃあ…」

(滝川)違うの
私 トマトジュース ホント…

(東)だから…

堪能したいなぁと思って

(大吉)さあ じゃあ
皆さん 飲んでみましょう

(石原)何か トマトジュースが
飲みやすくなるみたいな

美味しいですね

平気… ちょっと入れてみる
もうちょっと

トマトジュース苦手な人は
これのほうが 全然飲みやすいかも

(東)トマトっぽさがなくなる
なるほど

(曽根)逆に 甘酒に ちょっと
抵抗があったんですけど

全然… 何か この…

(曽根)
スゴい飲みやすくなりますね

(藤井)甘酒 多めに入れたんですが
甘くて美味しいです

<更に 甘酒トマトジュースに
あるものを加えると

リコピンの吸収率が
もっとアップするという>

<それは…>

<リコピンは 油との相性が抜群>

<オリーブオイルを
数滴 垂らすだけで

リコピンの吸収率が
アップするのだ>

(大吉)さあ どうですか?
オリーブオイル入れても 全然…

(曽根)急に オリーブオイル入れると
(藤井)確かに 冷製スープのような

美味しい

そう! ガスパッチョ
まさに ガスパッチョ

あ~ 分かる
(東)どんどん 料理になっちゃうよ

(石原)麺も入れちゃって
パスタ

<夏の暑さで 疲れが
たまっているなぁと感じる方は

甘酒トマトジュース
一度 試してみてはいかが>

<続いては…>

<今 受験生を持つ親たちに
話題のアイテムがある>

<それが この…>

<実は これが…>

<よく見ると このボールペンには
目盛りがついている>

塾で…

<目盛りがあるから
インクの減り具合で

どれぐらい勉強したかが
目に見える>

<自然と
勉強意欲もアップするのだ>

<では…>

ただいま!
おかえり

靴 揃えて!
(子ども)あとでやる!

<多くの親が抱える
悩みではないだろうか>

<ちょっとの工夫で
これを解決した靴が!>

<履かせてみると…>

ただいま!

おかえり

<なんと 子どもが…>

<その魔法の靴を
街の人に見てもらうと…>

これだったら…

トミカと同じように…

これだったら…

<これは 知れば
きっと 人に言いたくなる>

<一体
靴に どんな工夫をしたのか?>

一番いいのは 地面に丸描いとけば
そこへ揃えるんじゃない

(華丸)なるほど!

トミカっつったら
プラレールだよね

電車の絵を
この辺に描いておけばさ

シュ~ 到着っと こう2台並んで

(華丸)靴が電車…
合わせることで

例えば ロボットが
合体するみたいな

この… ここの部分の

表面のとこですね?
そう 表面の所

<それでは…>

おかえり… あっ

クマさん あっ

<1足揃えると 絵が
一つのかわいい動物になる中敷き>

<靴を揃える習慣が
身につくだけでなく

左右を間違えずに
履けるようになるという

一石二鳥の工夫なのだ>

スゴい
これ いいですね

(曽根)ちょうど うちの娘が

何回言っても
左と右を間違えて履くんですよ

こうなったら
ぞうさん おかしいですからね

(大吉)一つの絵で こう…
ぞうさんになっちゃうという

(藤井)覚えやすいですね

(石原)
分からない人は 分かんないよ

上下がね

もちろんです

<続いては 一度は…>

<後ろの人に声をかけにくい>

<後ろの人にぶつかって大騒ぎ>

<…などなど>

<何かと憂鬱なことの多い
リクライニングシート問題>

<それが ある工夫をしたら…>

ありがたかった 最初から…

え~

<それが こちらの高速バス>

というところから
今の…

<知れば きっと人に言いたくなる>

リクライニングシートは
倒す派ですか?

倒す派だね 俺は
(華丸)どうされてます?

だから 俺 一番後ろの席 座んの

そうすると 後ろがいないじゃない

あそこ 空いてないこと多くない?
そうなの! 空いててもね…

スーツケースとかさ

私 以前 飛行機乗った際に

後ろの方に ポンポンってされて…

から リクライニング倒さないでもらって
いいですかって言われて…

でも さすがに ちょっと
それは受け取れないから

分かりましたって言って
いい人そうだったんで…

そのまま ずっと いたんですけど
腰が痛くて痛くて…

(東)ちょっと
言葉 気を付けてください

危なかったですね 危ないですね

<それでは…>

<リクライニングシート問題を解決した
お金をかけない工夫とは?>

<これ…>

<皆さん どう解決したか
お分かりだろうか?>

あ~
(曽根)あっ もう 最初から…

あっ…

<そう! 単純な発想>

…とか
「移動がつらかったです」とか

そういう声を
多く頂いておりましたので…

(高橋さん)
…というところから 始まりまして

<以前は 落ち着いて休めない
などの不満もあったが

シートを倒すようになってから
苦情はピタリとやみ

利用した客からは
称賛の声が多数寄せられた>

<最初からシートを倒しておくという
ちょっとした工夫で

み~んなが幸せになった>

なるほどだね
(藤井)面白~い

ちなみに 皆さん ちょっとした
工夫で 問題が解決して…

あの 私… 最近って 結構 お風呂
カビ 生えちゃわないですか?

なんですけど…

(一同)え~

僕なんか あの…

<さて 続いては
お茶の間の こんな悩みから問題>

<ホッと一息の瞬間>

<しずくで テーブルが びちゃびちゃに
なってしまうことはないだろうか>

<ある工夫を凝らした
グラスを使うと

そんな悩みが一瞬にして吹き飛ぶ>

何か 旦那さんと2つあったら
夜の…

飲んでる時に 「あっ!」
…みたいなね

ちょっとテンションが上がるかも
女の子は

<知れば きっと人に言いたくなる>

しずくは あるんだよね
(華丸)しずく あります

しずくあるのか…

そう! 何か
シールみたいのが

水が流れると
同時に下に流れて

水が したたればしたたるほど
シールが下りてきて…

シールって何ですか?
コップに 先に貼っておいて…

裏に?
そう…

それで 水の流れで 同時に流れて
下には いっぱい花が出てくる

下に シールが つくんですか?
下に流れて

テーブルの上には シールが…

1杯のグラスから

もともと
コースターが くっついてる

要は もう
コースターがくっついてるから

飲んだ時にコースターくっついちゃった
っていう恥ずかしさもない

みんな くっついてるから
(藤井)ありますよね よく

よくある

はなからついてる

他はないですね?

万華鏡? 急に話変わりましたね

グラスへの可能性

でも 何か しずくは 結局 できる

いる?

マークみたいなの

しずくが マークになるんじゃない?
取ったあとにね

(東)底に 「好き」とか

ハート型とか
お花型とかになってそう

<コップのしずくが 気にならない
超アイデアとは?>

(石原)あるな こういうの

<嫌な しずくが気にならなくなる
グラスの工夫とは?>

<実は
底が桜の花びらになっていて

この形が
テーブルに桜の花を咲かせるのだ>

<これなら
しずくが気にならないどころか

テーブルが キャンバスに>

<グラスは…>

<桜の金型を作ることが
とても難しく

完成までに
およそ半年かかったという>

<グラスの底にも工夫が…>

<つるつるだと
水が うまくつかないので

ヤスリで削って
ざらざらにしているのだ>

<ざらざらした面に
水滴がつくことで

きれいな桜模様を実現>

おっ きれいに
(東)「よくできました」のマークだ

<飲んで楽しい 見て楽しい>

<グラスの底を
花の形にする工夫が

小さな悩みを幸せに変えた>

(華丸)はい ということで
正解 お見事でございました

なるほどねぇ

このような感じに
(東)かわいいね

これ 何か またね…

(東)あ~ 持ちやすい
持ちやすさも

(大吉)お値段が しそうですよね
(華丸)お値段…

消費税が

(大吉)「消費税が」じゃない
(華丸)10%で?

まぁまぁします

(東)あっ
あっ でも…

…何か やっぱり
(華丸)いいやり方やな

何か しっかり こう
水滴が こう… ねっ

形 何か はんこみたいな感じ
(華丸)そうです そうです…

あれも そんな感じだね

頑張るぞ~!
(一同)お~!

<続いては…>

<今回のテーマは…>

<日本の…>

<その中でも
トップクラスの人気を誇る…>

<…って 皆さん
どこにあるか ご存じですよね>

…だった気がします
行ったことあるんですよね?

行ったことあります
小学生の時 行った気がします

<そう 熊野古道は北海道!>

<…ではなく 近畿地方にある>

<全ルートは

北は京都から
南は和歌山県まで

5府県にわたっている
壮大な道>

全然違いました 恥ずかしい!

<熊野古道を含む
紀伊山地の霊場と参詣道は

世界的旅行誌の
「訪れるべき世界の場所」で

5位にランクイン>

<そこには…>

<そして…>

<更には…>

<まさに 一度は見ておきたい
絶景の オンパレードだ>

<そもそも 熊野古道は
1000年以上続く…>

<鎌倉から室町時代にかけて

人々が 蟻のように
行列を作ったことから

「蟻の熊野詣」という言葉まで
生まれたほど>

<そのゴールは
熊野三山と呼ばれる
3つの神社>

<たどりつけば
過去・現在・未来の罪が

洗い流される
といわれている>

<今…>

<そこに

スゴい小学生たちがいると聞いて
向かったのが

紀伊の山々に囲まれた小学校>

どうも…

ちょっと…

さあ 進次郎はですね

え~ 山ん中ですよ これ

熊野古道のね 近くにまで
やって来ましたけども

ここに スゴい小学生がいる
っていうことでね

まずは 行ってみましょう

<児童数 45人という…>

(東)あら
(拍手)

(東)あら おはようございま~す!
(樫本先生)おはようございます!

みんな
こんな 拍手で迎えてくれて

ねぇ…

<クラスは
5・6年生11人の合同学級>

この子たちは 何かが
スゴい子たちなんですよね

熊野古道の 語り部です
語り部?

<そう この子どもたちは

熊野古道を案内する
語り部ジュニア>

<時には 芝居も交えながら

訪れる人々に
熊野古道の解説をしてくれる

ガイドさんなのだ>

<しっかりした説明が
できるように…>

他の県から来た人も
案内したりとか

え~ もう この年で 案内人を…
やってるんすか

<語り部たちに…>

(東)神倉神社

<神倉神社の魅力は 壮大な光景>

<訪れる人 誰もが息を呑むという>

<一行は 神社を目指して
海沿いへ向かう>

<熊野三山の一つ

熊野速玉大社の摂社が神倉神社だ>

<厳かな鳥居が迎えてくれる>

うっそうとした…

スゴい

<鳥居の先に広がっていたのは

どこまで続いているか
分からない…>

500段

<小学生のアドバイスで
階段用の杖を使うことに>

よ~し 行こう

いや これ ちょっと もう…

ビジュアルで やられちゃうね
500段

(スタジオ:石原)スゴいね これ

<不揃いの石段で…>

うそ~

こんだけ苦労して登っても
こういうところは…

だから どっちかっていうと…

(東)もしかして 芸能人になるかも
分かんないんだから

あとね こういうロケん時は
最初に…

…何でか
水分補給?

違う違う
(子ども)汗?

やだ! 悪い教育

<そして こうやって
苦労して登っていく先には

スゴいものが祀られているという>

<それでは ここで…>

(子どもたち)頂上に
あるものが祀ってあります

それは 何でしょう

(大吉)さあ
小学生の語り部からの問題です

頂上には 一体
何が祀ってあるんでしょうか

うれしいものですか?
ご褒美的なもの?

(大吉)どうでした? 実際 見て
いやいやいや もうね…

(藤井)びっくりするもの?
(東)はい

もう…

(東)
逆に 何で 猿しか出てこないの?

何か こういう猿が
たくさんいそう

さあ 一体 500段の石段の先には
何が祀られているのでしょうか

答えは 小学生が知っている

<苦しかった石段も あと少し>

<すると…>

(東)よいしょ… よいしょ

<そして 見えてきたのは…>

(東)うわ~!

うわ~!
おっきい

<このあと 日本一の滝>

<更に 日本一の大鳥居などなど

ありがた~い絶景が 続々登場!>

<世界遺産・熊野古道
神倉神社には

何が祀られているのか?>

<苦しかった石段も あと少し>

<すると…>

(東)よいしょ… よいしょ

<そして 見えてきたのは…>

(東)うわ~!

ヤバイよ これ!

うわ~!
おっきい

<目の前に現れたのは…>

<…ということで
祀られていたのは 岩>

(東)この岩が
だから 神様ってことでしょ?

<ゴトビキ岩といい
超の付くパワースポットだ>

<はるか昔の 日本創世の時代

神武天皇が熊野に旅をした時に
窮地に陥った>

<それを救ったのが
この岩に宿る神様だという>

<岩などの自然に
神が宿ると考えられているのが

日本古来の宗教だ>

<岩は…>

…みたいで きれい
いいこと言うね!

<神倉神社は
岩が御神体の神社だった>

(大吉)
はい ということで 正解は 岩

あんな大きなのが

いや めちゃくちゃでかいんですよ
だから…

スゴ~い

ちょっと 生で見てみたいなって
思いましたけど

子どもたちは
ちょっと怖がってましたもん

これ…

<実は この熊野古道

スペインと深い関係があるのを
ご存じだろうか>

<世界的に有名な スペインの…>

<熊野古道は そこと並ぶ

世界で たった…>

へぇ~
え~ しかないんだ

<続いて 一行が向かったのは

熊野三山の一つ 熊野那智大社>

(東)滝?

見えるんだ
見えます

へぇ~

(東)カラス?

ヤタガラス? あ~
ヤタガラスって 聞いたことあるな

<改修したばかりで 鮮やかな本殿>

<すると 本殿の前に
不思議なものを発見>

普通 神社で護摩焚きっていうか

これは お寺でやるやつだけど
珍しいね これね

<そう 護摩焚きは
本来 お寺でするもの>

<すると…>

何でか 知ってる人いる?
えっと…

あっちに お寺あんの?
はい

<語り部ジュニアの言う方向に
歩いていくと…>

珍しいね これまた

<お寺と神社が並んでいるのも
日本らしい光景>

あっち? どれ

(東)あっ!

うわ~! でっか

<色鮮やかな三重の塔と
滝のコラボレーション>

(東)わっ スゴ~い!

スゴい迫力だね これ

<圧倒的な流れを見せる
この滝は…>

(子ども)那智の滝の…

(東)一段で日本一?

あっ そっか 滝って
段々になってるやつもあるもんね

<総合落差では 日本12位だが

一段の滝としては
落差 日本1位>

<華厳の滝 袋田の滝と共に

日本三名瀑に
数えられている>

<ここでは この…>

(東)
いや これは ちょっと 絶景だね

やっぱ…

<さて 神社に戻って
カラスを探す>

(東)どこにいんの? カラス
(子ども)あそこです

(東)わっ ホントだ ヤタガラス

(子ども)
ヤタガラスは 熊野三山の
神様に仕えている鳥で

三本足が特徴です

<この三本足のカラスは

神武天皇を 険しい熊野の地から

無事に大和の国に案内した
といわれる神>

<ここで
三本足のカラスにまつわる問題>

(子どもたち)このカラスは
サッカーと関係があります

何でしょう?

<これは ご存じだろう>

<長友選手の胸のマーク
思い出してください>

さあ さすがに ちょっと
簡単な問題ですかね これはね

ですよね?
いや 僕は分かりますけど

(大吉)華丸さんは分かる
私も

滝川さんは?
いや 何か チームでね その…

あの カラスがマークになってる
チームは知っていると

(大吉)有名…

(東)有名… 有名です
(華丸)その あの… 結構

進退問題に関わってきますけど
大丈夫ですか?

大丈夫ですか?
進退問題に関わる?

ひょっとしたら 一番 有名…
(清水さん)一番 有名

さあ 正解 見てみましょう

答えは 小学生が知っている

<果たして ヴェルディは正解か?>

<三本足のカラスは サッカーと
どんな関係があるのか?>

いや 何か チームでね その…

あの カラスがマークになってる
チームは知っていると

(大吉)有名…
(東)有名… 有名です

その あの… 結構
進退問題に関わってきますけど

大丈夫ですか?
進退問題に関わる?

ひょっとしたら 一番 有名…
一番 有名

さあ 正解 見てみましょう

答えは 小学生が知っている

<ヴェルディではない>

<滝川さん このユニフォームは
どこのチーム?>

日本代表です

<胸の部分に ご注目>

<そう
日本代表のエンブレムは

三本足のカラスが
モデルとされる>

やっぱ サッカーと
深い関係があんのかね? これ

あっ そうなの?
はい

<この地方は 那智勝浦という地名>

<ここで生まれた
日本サッカー生みの親

中村覚之助にちなみ

また
勝利に導くこともかけて

モデルになったといわれている>

<三本足のカラスは

サッカー日本代表マークのモデル>

<続いては

小学校のほうに戻り
湯の峰温泉に向かう>

(東)もう 既に 何か…

(東)温泉が湧いてんだ
うわ うわ うわ…

(東)ここが 温泉ってこと?

(子ども)あそこは…

(東)そうなの?
じゃあ 地元の人は あそこで

温泉卵 作ったりとか するんだ
(子どもたち)はい そうです

(東)へぇ~

<湧き出しているのは…>

<地元の人は ここで
いろんなものを茹でるのだ>

自分ん家から持ってくんの?
はい

野菜も?

タケノコ…
ここで茹でるんだ?

美味しくなるの?
はい

<ちなみに
ここで茹でるのは 誰でも自由>

<トロっと半熟なら 10分で完成>

<熱々の ゆで卵だ>

<ここで 子どもたちが
説明してくれたのが…>

温泉番付?

ねぇ ホントだ 分かれてる

<この温泉番付

東の大関は 草津の湯>

<群馬県にある一大温泉地だ>

<そして
西の大関には 有馬>

<兵庫県にある
これも
今でも名高い温泉だ>

<では 熊野の温泉は
どこかというと

ちょうど
真ん中

行司の位置に
書かれていた>

(子どもたち)
それでは ここで問題です

なぜ 熊野の温泉は
行司なんでしょうか?

(大吉)さあ なぜ
行司に回っていたのか?

滝川さん
いや~…

サッカー…

ここで
あれ 日本代表チームですから

今 スゴい いいリアクション…
あれ?

<それでは…>

何で ここの温泉だけ
こう 真ん中に書いてあるの?

ここは…

<比較できないほど
レベルが高いと

行司になるのが 江戸時代の風習>

<例えば これは 桜の名所番付>

<行司には
京都の
嵐山桜とある>

<当時も今も 桜の名所として
トップクラスの場所だ>

<つまり 行司の熊野の温泉は

全国的に見ても
別格の温泉なのだ>

<そんな温泉に入りたいと
向かったのは

茹で場の先の小さな小屋>

<つぼ湯と呼ばれている>

えっ この つぼ湯自体が?

他には なかなか…

<入浴もできる世界遺産・つぼ湯>

<1800年以上の歴史を持ち

七色に色を変えると
言い伝えられている温泉だ>

<雨も降ってきたので
ちょっと 男同士で ひとっ風呂>

これ 珍しいんですって
(藤井)え~ そうなんですか

<めったに
こんな透明にはならないという

貴重な世界遺産風呂に入浴>

よいしょ… よいしょ

あっ!

あ~…

よいしょ… おっ!

うわ~!

でも 気持ちいいな これ

熱いけど 何か…

どう?

(東)ちょうどいい?
もう このお風呂は…

初めて?
初めて

あっ 初めて? みんな…

いや~ でも これは 貴重な体験ね

<室町時代に 悪行のため…>

ちなみに 東MAXさん…

めちゃくちゃ やっぱね
そういう話を聞いてから

入ってるっていうのも
あるかもしんないですけど…

お湯も高温なんで
横で 水 差せるんですけど…

…というかね
そんな感じの温泉でしたね

ちょっと 特別な感じは
やっぱ ありますか?

(東)あります あります はい

<さあ ここからが本番>

<本宮大社を目指して
山の中を進む>

(子ども)ここら辺…

(東)は~い 気をつけてください

根っこがあるよ

ちょっと マジで こんな…

ずっと こんな道なの? これ
(子ども)はい

え~…

マジか

いや 何か…

(東)いいよね みんな
ちっちゃいから すいすい行けて

(東)ちょっと
ゆっくり上がろう ちょっと

おじさんもいるから
ちょっと みんな

気ぃ遣ってくれる?

(子どもたち)滑りやすいので
気をつけてください

(東)は~い

<そして
山を越え たどりついたのが

大斎原と呼ばれる場所>

<田んぼの真ん中に
そびえ立つ

これが…>

スゴい でかいんだけど

めちゃめちゃ でかいよ これ

(東)どれぐらい でかいの? これ

あっ 日本一なんだ これ

<日本一の高さを誇る大鳥居>

<世界遺産・熊野古道>

<たどりついたゴールには
巨大な鳥居が立っていた>

(東)どれぐらい でかいの? これ

あっ 日本一なんだ これ

<日本一の高さを誇る大鳥居>

(スタジオ:曽根)スゴいな~

(スタジオ:石原)ヤタガラスだ
(スタジオ:華丸)ヤタガラス…

(東)えっ ないの?

えっ ないの?
何かあるから 鳥居があるんじゃん

だって…

…から
山の上のほうに移されている

<もともと
川の氾濫が多かった地域>

<鳥居の奥の神社は
流されてしまった>

<現在
大鳥居から歩いてすぐの高台に

熊野本宮大社は 再建されている>

<いにしえから
多くの人が目指した

熊野古道のゴールだ>

(東)スゴい

<えも言われぬ
厳かな空気が流れる>

<そして…>

えっ どこ行くの? これ

<社務所の前には
ヤタガラスポストが置いてある>

<社務所に言えば
手紙に ここだけの

オリジナルスタンプを
押してくれる>

へぇ~ かわいい

<それでは ここで問題>

<ポストの後ろに立っている

御神木・多羅葉の木が語源で

今の生活に欠かせないものがある>

<一体 それは何?>

身近なもの?
もうね…

(東)そう そういうことですね
(大吉)この2つから

連想するものですよ

ポストと聞いて 電話

いや 何か
伝えるっていう…

近くなってきました
近くなってきました

電話も そうなんですけど
もう一歩 煩わしい…

(東)もっと昔の時代
ポストがあるのに

ポストがあるってことは
だから ほら…

答えは 小学生が知っています
正解は こちら

<実は その昔 この多羅葉の葉に

文字を書いて送っていた>

<それが 葉書の語源だと

いわれているのだ>

ホントに あの…

そうなんですか?
(大吉)今でも使える

へぇ~ スゴい

<今でも 昔ながらのスタイルを
楽しむ人もいると聞く>

<ということで…>

はい 改めて…

失礼しました


関連記事