教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚&小学生の常識】「目」が若返る!!目開きテスト…


出典:『教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚&小学生の常識】』の番組情報(EPGから引用)


教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚&小学生の常識】[字]


知って得する「秋の味覚」▼新常識!新米はフライパンでふわっふわ!?▼『なつぞら俳優』絶景!世界遺産・知床へ▼「目」が若返る!!目開きテスト▼ワイシャツの“ワイ”は?


詳細情報

出演者

【MC】 滝川クリステル 【レギュラー】 博多華丸・大吉 【スタジオゲスト(50音順)】 梅沢富美男 大橋和也(なにわ男子) 新川優愛 富田望生 西畑大吾(なにわ男子) 山口もえ 山崎弘也

番組内容

【世界遺産「知床」★絶景ポイントを巡る】 北見市出身の菊地亜美&『なつぞら』で夫婦役!富田望生・板橋駿谷がレッツゴー ★まるで空に向かっているような直線道路…「天に続く道」 ★日本一透明度の高い神秘の湖…「神の子池」 ★知床岬周辺の大自然&ヒグマの生態を観察できる…「超穴場ツアー」 ★日本一早い紅葉…「知床峠」 ●山崎弘也が滝めぐりマスターと行くNo.1パワースポット…最後の秘境「カムイワッカ湯の滝」

番組内容2

【小学校で取り組む★独自の教育法】 ●東京都品川区立小山台小学校の「辞書引き学習法」についてロッチ・中岡創一が調査! ●日本一の省エネ学校を目指す、長崎市立稲佐小学校…ノンスタ石田&井上がリポート! ●山口県山口市の小学生がクラウドファンディングを活用して自宅に作った猫専用シェルターで、30匹の猫を保護している様子も紹介します。

番組内容3

【秋の味覚の得々情報!】 ■サツマイモ…甘くて美味しいのはどれ?見分ける方法&電子レンジで簡単に焼き芋! ■ぶどう…皮をつるん?冷凍王子こと冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんが驚きの方法を紹介 ■りんご…健康パワーがアップ!栄養満点レシピ&食べ頃を見極める方法 ■新米…フライパンで手軽に炊いたら、ふわっふわ!&絶品塩むすびに舌鼓~♪

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/maetoato/

◎この番組は…

あるジャンルのスペシャリストが登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を紹介する。番組のみどころは一度見たVTRをスペシャリストが解説し、知識を得たうえでもう一度同じVTRを見ること・・・「教えてもらう前と後ではあなたの世界がガラリと変わる!」を合言葉に、見方が一変する“知のビフォーアフター”体感を、メインMCの滝川クリステルとレギュラー出演の博多華丸・大吉が皆様にお届けする!


『教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚&小学生の常識】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚
  1. 大吉
  2. 山崎
  3. 華丸
  4. スゴ
  5. 絶景
  6. 梅沢
  7. 美味
  8. 正解
  9. 中岡
  10. 問題
  11. 新川
  12. スタート
  13. 井上
  14. 石田
  15. 知床
  16. ザキヤマ
  17. スタジオ
  18. 合図
  19. 新米
  20. 大丈夫


『教えてもらう前と後【朝ドラ俳優なにわ男子が登場★クイズ秋の味覚&小学生の常識】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

洗剤 必要だよ

<秋の味覚を知り尽くす 前と後>

<まずは… 新米>

<実は
あることさえ知っていれば

新米が もっと美味しく頂ける>

<ポイントは 水の量と炊いたあと>

<ここで問題!>

<古くから 新米は
少なめの水分量で炊くといい

…そう言われている>

そうです!
水は少なめに炊きなさい

(滝川)本当?

<街で聞いてみても…>

<では
あの「ミシュラン」が認めた

おにぎり専門店・宿六>

<店主の三浦さんは…>

<さあ 正しいのは どれ?>

(大吉)さあ
お札を上げてください どうぞ~

(山崎)そうしたらさぁ だって…

(大吉)問題になるということは
どういうことなんだっていう話…

お米にうるさいんですよ 私は

お米はね… それぞれ
新米って癖がありますから

少なめにしたり
ちょっと多めにしたり 難しい…

でも 大体 新米ってのは
少なめに炊けって言うんですよ

(大吉)もう昔から 少ない…
そうそう そうそう

<毎年 新米を吟味して使う
三浦さんによると…>

<正解は…>

昔話ですね

<新米のほうが
みずみずしいイメージがある>

<しかし 実は
新米も古米も 水分量は ほぼ同じ>

<だから

炊く時は 新米も規定量がベスト>

<さあ 米が炊き上がった>

<ここにも 重要なポイントが!>

<どっち?>

(大吉)さあ 札 上げてください
どうぞ

Aのほうが多いですね
新川さん以外 全員Aでございます

<正解は…>

え~!
え~!

基本的には…

<食べ終わって…>

<新米を美味しく炊く>

<そのまま食べても…>

<卵をかけても…>

<おかずと一緒に食べても
楽しめる>

<実は 家の ある道具を使うと

お店のように
美味しく炊けるという>

<それは…>

フライパン?
え~

フライパンが いいと思いますね

<土鍋にも負けないくらい
美味しく炊ける

フライパンのごはん>

(スタジオ:山口)わ~ 美味しそう

<米には うるさいという
梅沢さんに

米本来の味を楽しめる
塩にぎりで試してもらうことに>

<その味は…>

(笑い)
ありがとうございま~す

(梅沢)
こんな所で よいしょしなくても…
あっ うまっ!

あっ 美味しい
うまっ

美味しいです

(山崎)あっ 美味しい!

(大吉)…の やわらかさ

<「ミシュラン」が認めた
おにぎり専門店直伝>

<フライパンを使った
ごはんの炊き方>

<まずは 米の…>

<水を捨て…>

(三浦さん)
最初から浸水してしまいますと…

<規定量の水を入れ

30分浸したら…>

えっ そんなんで?

<すると ぶくぶくと泡が出てくる>

<火の止め時は…>

(三浦さん)泡が落ち着いたのが
炊き上がりっていうか

火を止めていいタイミングですね

<火を消し 蒸らすこと10分>

<お店にも負けない
美味しいごはんが完成>

<是非 お試しあれ!>

<そして 新米を 美味しく
食べ続けるための保存方法>

<常温か冷蔵庫か ご存じ?>

<米を作り続けて400年という

農家の若井さんに教えてもらった>

え~!
そうなんや

<正解は…>

<農家では…>

<だから 家でも…>

<乾燥や におい移りを防ぐため

密閉容器に>

<ペットボトルは場所を取らず
オススメ>

<今夜の「前と後」は…>

<これさえ知っていれば
きっと得する 前と後>

<そして…>

<今しか楽しめない絶景!>

スゴ~い!

<更に…>

<あなたの…>

<…スペシャル!>

<続いては
秋のフルーツの代表格…>

<ぶどうを買う時
あることを知っていれば

新鮮で美味しいものを
見分けられる>

<注目するのは
ぶどうの…>

<そこで問題!>

<新鮮で美味しいぶどうは
表面に…>

<A 白い粉がついている>

<B ついていない>

<どっち?>

難しい

(大吉)さあ これは 全員がオールAということですけども…

(大吉)華丸さん

何だと思います?
(山崎)頑張ってください

いや でも ホント…

<やって来たのは
日本一のぶどう王国・山梨県で

50種類以上のぶどうを作る

向山さんに聞いた>

(向山さん)といいまして
ぶどうが自分の持っている…

え~
(山崎)へぇ~

…が多くなります

<正解はA
白い粉がついているもの>

<果実の水分を守るブルームは

もともと 全ての実を覆っている>

<しかし
少し触っただけでも取れやすく

取れると無防備なため

傷みが早く 水分も飛びやすい>

<実際
お店のものを よく見ると…>

<取れているものも>

<ぶどうを選ぶなら

白い粉があまり取れていないもの>

<濃厚な甘みが魅力のぶどう>

<…は ぶどうから
発見されたことから名付けられた>

<その甘み 実は
同じ房の中でも場所によって違う>

え~
本当?

<では 甘いのは…>

<A 房の上のほう>

<B 房の下のほう>

<どっち?>

(大吉)さあ
甘いのは 上か下かということで

あっ ほぼきれいに分かれましたね

ごめんなさいね
私 この間 あそこ行ってきたのよ

ぶどうは 頭のほうってかな
上のほうが甘いのよ

下に行きゃあ行くほど
甘みが薄くなる

私 ずっと黙ってましたけど

野菜ソムリエの資格
持ってるんですよ

(山崎)え~
黙ってましたね

…で B
(大吉)ぶどうは もう これだと

きましたよ
実際に 現場に足を運んだ方と…

(大吉 山崎)野菜ソムリエ

(山崎)これは ちょっと…
(大吉)ねぇ 答え割れてますから

<こちらの ぶどう

房の上と下で2%も甘さが違った>

<甘いのは どちらだったのか?>

<巻き戻してみると…>

あ~!

<正解はA 房の上のほう>

というのも もちろん
あるとは思うんですけれども…

<ぶどうは
房の上から熟していくので

上のほうが より甘い>

<実際に 食べ比べてみると…>

甘みもありますけど 酸味もある
うん

(華丸)美味しい

(梅沢)全然違うよ
皆さんで どうぞって時に

こっちばっか
甘いと思って取ってたら

こっちだったってことですよね
うわ~ やっちゃってたなぁ

すいません ちょっと…

皮の量が もう…

食べるの早いと思って

<続いても 甘さが魅力の…>

<あることさえ知っていれば

簡単に 甘くて美味しいものを
見分けられる>

<見るべきは…>

<そこで問題!>

<甘くて美味しい さつまいもは
切り口が…>

<A 白っぽいもの>

<B 茶色くなっているもの>

<どっち?>

(大吉)どうぞ~

圧倒的にBが多いですね

茶色のほうが白っぽいのより
熟成されてる感が…

(大吉)
熟成されてるのではないかと
はい …あるなと思って

(大吉)大橋さんは?

「さつまいもさん」?

そうですね
(山崎)歴史的には絶対

熟成された蜜がね
ジュワ~って出てんのがね…

一緒ですね
(笑い)

<江戸時代から続く

さつまいも農家の10代目

武田さんに教えてもらう>

<甘いのは どっち?>

えっ?
え~!?

<さつまいもの意外なヒミツ>

<そして
レンジでできる甘い焼き芋>

全然違う

<甘くて美味しい さつまいも>

<切り口は 白? 茶色?>

<どっち?>

え~…

えっ?
え~!?

<そう 甘いのは
B 茶色くなっているもの>

<掘り立ての さつまいもは

切り口が真っ白>

<これが…>

それが この…

…のが その現れで

<つまり 切り口の茶色は

汚れでも 劣化でもなく…>

<甘い さつまいもを選ぶなら

切り口が茶色いもの>

<さつまいもは 揚げても

炊いても

味付けても 美味しいが

より…>

焼き芋 いいですね

<生産する農家は この特製の壷で
2時間ほど焼く>

<じっくり焼き上げることで

いもが甘く 美味しくなるという>

<その秘密は…>

<専門家に聞いてみると…>

さつまいもは 70℃前後で

長時間 じっくり ゆっくり
加熱していただくと

デンプンが
麦芽糖に変わりますので

甘さが増します

<とはいえ 壷など…>

<そこで 代用できるのが…>

<しかし…>

(大吉)どうでしょう
(梅沢)何か…

(大吉)そうですね はい
ちょっと

<見た目はいいが

食感は パサパサ>

<短時間で加熱するため

甘さも増えない>

<しかし そんな常識は
この男には通用しない!>

<通常のレンチンより

タケムラ式は激甘!>

<更に…>

(山崎)全然違う 色が

だって やわらかいもん
やわらかいもん

(笑い)

全然違う

もう… 何でしょう これ

(梅沢)思えない 思えない

<その 作り方とは…>

<まずは
いもの水分が 飛ばないように…>

<そして…>

<ポイントは その温め方>

<タケムラは あるものを使う>

<ここで問題!>

<どっち?>

(大吉)さあ これは
さすがに分かれましたね

Aのほうが 若干 多いかな

さあ 滝川さんもAなんですね
そう あの~

タケムラさんが いらっしゃると

何か 耐熱容器の
イメージなんですけれども

あえて ここは
こちらの袋で いってみようと

なぜなら あの人は いつも
容器を使うから          そう

でも 頑張って…

<正解は…>

(タケムラさん)
正解は イメージどおり

耐熱容器でございます

(大吉)Bの方 大正解でございます

<でも…>

えっ!?
おぉ

<なんと…>
このように

<こう使う>

<普通に加熱すると
接地面があるので…>

<そこで 耐熱容器に載せ

空間を作ることで…>

さあ そして ここからが
いよいよ 加熱なんですけども

ふだん 富田さんは
どう 加熱してますか?

そうですね…

<しかし タケムラは
全く違う!>

(大吉)200の8分

タケムラさん これ
200Wのボタンがない場合は

どうしたら いい…
解凍のボタンがある

電子レンジあれば
解凍のボタンで 全然 大丈夫

(一同)へぇ~
低Wで加熱ができるので

大きさによっては まぁ 8分より
長くやったほうがいいんですが

徐々に加熱することによって
麦芽糖が出て

甘く ふっくらと
ぼっくりと仕上がる

75℃みたいなことになるんだ
はい

<そして 加熱後にポイントが一つ>

<それは…>

<すぐに取り出さず
しばらく放置しておくこと>

さつまいもは
余熱で甘くなっていきますので

15分… 以上ですね

もう 1時間ぐらい放置しても
大丈夫です

結構 熱いまま食べられるので

ほくほくの さつまいもが
出来上がります

<続いては…>

<りんごも
あることさえ知っていれば

食べ頃を見極めることができる>

<注目するのは 皮>

(山崎)食べ頃?

<ここで問題!>

<A 皮がツヤツヤ>

<B 皮に ツヤがない>

<美味しい食べ頃のりんごは
どっち?>

はい
(大吉)ツヤツヤ派が多いですね

Aがね

私はね ふじりんご大使なんですよ
(大吉)ふじりんご大使

ツヤツヤのほうでないと
食べ頃じゃない…

何か きれいにし過ぎてると
あんまり… どうかなと思います

<正解を探るために
やって来たのは

りんごの名産地・青森県>

<農家の人に聞いた>

<食べ頃は ツヤがあるのか?
ないのか?>

え~ こういうふうに…

<正解は
A 皮がツヤツヤの りんご>

<しかし 街で こんな声が…>

わざわざ…

ワックス…

<りんごのツヤを ワックスだと
思っている人が多かったが…>

いえ これは…

自然に…

それが…

<品種にもよるが…>

<身を守ろうとするのだ>

<食べた時に まだ硬いと
感じるのは ツヤがない>

<食べ頃の りんごを選ぶなら
ツヤあり>

<…といわれるほど
栄養価の高い りんご>

<更に…>

<それは…>

…というのが
含まれているんですが

加熱すると おおよそ
9倍に増えるといわれております

え~!
え~

<そう りんごを…>

<でも
焼きりんごは オーブンを使い

20分以上焼かないとダメ>

<面倒だ>

<しかし
あることさえ知っていれば

5分で出来る>

わ~
まさか…

<奇跡のコラボが生んだ

5分で出来る
栄養満点 焼きりんご>

美味しい

<でも 時間がかかる 焼きりんご>

<しかし
あることさえ知っていれば

わずか5分で出来る>

わ~
まさか…

<冷凍と電子レンジの専門家が
タッグを組み…>

<わずか…>

<…を考案した>

…が 出来たと思います

<では 作り方>

<りんごを…>

<酸化を防ぐため…>

(西川さん)りんごは…

<一日冷凍させたら
ここからは 電子レンジ>

歴史的な日じゃない?
これ

<耐熱皿に載せた…>

<そして
600Wで 5分加熱するだけ>

<そこに…>

<…を お好みでかけたら>

<簡単…>

<その味は…>

うん

≪美味しい
(梅沢)美味しいね

何時間も煮たかのように
やわらかさになってます

(大吉)これ でも
冷凍の準備だけしておけば

5分で作れるんですもんね

この 焼きりんごって なかなか
家でする気持ちにならないので

何か 得した気分になるんじゃ
ないですかね

十分 来客に 振る舞える
出せる

<食のあとは…>

<舞台は…>

<日本で 最も早く紅葉が訪れる…>

<中でも 注目が…>

<今が ベストシーズン>

<そこで…>

<北海道が舞台の…>

<個性派俳優の…>

<今夜は…>

<大自然を踏み分け…>

<世界遺産・知床の絶景を体感する
前と後>

どうも~ 菊地亜美で~す

今 私はですね
知床の入り口

斜里に来ております

<菊地がいる この海岸も

実は 冬になると…>

<海一面
白銀の流氷で埋め尽くされる

絶景ポイント>

<しかも こんな普通の海岸にも

あの 氷の妖精・クリオネが
大量に訪れるのだとか>

<そして 菊地と巡るのが…>

(2人)そうです
じゃ 北海道は もう…

一日もないんで 思い出…
思い出ですか?

ちょっと 聞いてた話と違う
なっちゃ~ん!

なっちゃ~ん!

「ミキティ~」
みたいになってるから

<知床が誇る
6つの絶景>

<1つ目は…>

<知床エリアに入って すぐ!>

<車を走らせる一行の目の前に
現れた>

<その絶景が こちら!>

スゴ~い

<どこまでも続く…>

<高低差があり

まるで 空に向かって続くように
見えることから

天に続く道と呼ばれる>

<更に 秋には…>

<この 天に続く道のかなたに

夕日が沈む姿も見られる>

<絶景の写真を激写しまくる 富田>

<実は 彼女…>

スゴ~い!

<共演者との記念撮影はもちろん

なんと 写真家として
女優仲間を撮影し

連載まで持つ>

<そこで 肉体自慢でモデルもしている
板橋を被写体に

天の道を撮影>

ちょっと 筋肉よく写したいの
やっぱね

(菊地)あっ 下のほうね

(富田)OKで~す

ここ?
(富田)はい!

(富田)アハハハハ
(板橋)いやいや… どう?

<その写真は…>

<振り向きざまを捉えた一枚>

(板橋)スゴい いい
(菊地)あっ 何かいい

<この 天に続く道は

季節が巡るごとに

全く違った表情を見せてくれる
絶景スポット>

<そんな知床の絶景を
更に 深く教えてくれるのが

知床の達人ガイド
柴田さん>

<実は この長~い直線道路

造ったのは
意外な人々だったという>

(柴田さん)
監獄時代の そういったところの
囚人の方々の力によって

こう 切り開いた場所も
あったりもしますね

<明治初期 道路開拓に
数多く駆り出されていたのは

刑務所の囚人たちだった>

<当時の政府は
開拓を早く進めたかった>

<そこで 人や物を
効率よく運ぶために

まっすぐな道を多く造ったのだ>

<知床の絶景・天に続く道は

囚人たちの汗の結晶だった>

<次なる絶景を求め

やって来たのは
原生林が生い茂る 森の中>

(板橋)冒険してる感じが
スゴいですね

(富田)
探検してる気持ち

<ここは
知床半島の北西>

<広大な原生林の中に
ひっそりとたたずむ 5つの湖…>

<周辺には…>

<その面積は…>

全然分かんない

<ここで 見られる絶景が…>

<連なる山が逆さに見える
絶景の姿とは…>

(柴田さん)皆さん 到着しましたね

(菊地)スゴ~い!
うわぁ~

(柴田さん)そうですね
ダイナミックな

スゴ~い…

<絶景
逆さ連山の姿が こちら!>

(山崎)はぁ~…
スゴ~い

(富田)スゴい きれい ここ
(板橋)どんどん開けてく

なんと 雄大な!

うわっ うそみたい 山

<たどりついたのは
5つの湖で最も面積が大きい…>

(柴田さん)
山が こう 湖に映る…

反射する その 逆さ連山って
呼ばれたりもしてますけれども

<日本百名山の一つ
羅臼岳などが連なる知床連山>

<そう この麗しい山々が
湖面に反射

得もいわれぬ姿を逆さで拝める>

<特に美しいのが これからの秋!>

<絵画のような
紅葉の世界を堪能できる>

(山崎)紅葉が映るんだ

<ここで 撮りたいのが

やはり 絶景バックの記念写真>

<携帯で 人物を美しく撮る技を

富田が伝授>

…スッと

…皆さん ごめんなさい
ごめんなさ~い

<誰でもできる!>

<絶景をバックに

スタイルを良く見せる
撮り方とは…>

<まずは… 携帯を逆さにして>

ちょっと こう…

<手持ちの携帯を下げて

手前に傾けるだけ>

スゴい!
ちょっと これ見てください

(スタジオ:山崎)あっ ホントだ!

スゴいスタイル良く見えてる

<レンズを下向きにすると

顔とレンズに距離ができ

遠近法で顔が小さく写る>

<更に 手前に傾けることで

あおり効果で スリムに>

<これなら
絶景の写りは そのままで

実物が きれいに撮れる>

<ちなみに 湖といえば

知床周辺には 欠かせない絶景が
もう一つ>

<大自然が生んだ
通称・神秘のブルー!>

<大自然が生んだ
通称・神秘のブルー>

<その青の絶景が
こちら!>

<神秘の湖…>

<周囲220mの 幻想的な池だ>

<日本一透明度が高いといわれる
摩周湖の水が流れ 生まれた

…と言い伝えられる>

<そして 水中では

ある不思議な現象が起きている>

<なんと…>

<…というのだ>

<神の子池には
毎日 大量の地下水が湧く>

<水温が 一年中
平均8℃と かなり低く…>

<さあ 一行は
次なる絶景を求めて 移動>

<そこは…>

ねぇ スゴ~い

<オホーツク海から望む…>

<3人が乗り込んだ船は

漁師さんが始めたという

絶景を見られる
超穴場の観測ツアー>

これ
楽しい

(板橋)スゴい
エンターテインメント性です

うわ スゴ~い これ見た~い

<ど迫力の断崖絶壁>

<独特な地形をした この絶壁は

溶岩が流れ込み
浸食されて 出来たもの>

<美しい絶景>

<だが 実は…
お目当ては これではない!>

<目指しているのは
ある危険生物に 99%遭える場所>

<すると!>

(板橋)あっ いた!
(菊地)えっ?

(板橋)動いてる!

<3人が目にした

野性的な絶景が
こちら!>

<そう ヒグマ!>

<貴重な野生動物と出会える
知床ならではの絶景だ>

(富田)えっ 見てる見てる うわっ
めっちゃ熊スゴい

(菊地)いや うれしい

(板橋)会えた~
よかった 会えて

<ボートで接近して
岸までの距離50m>

(板橋)今 いいよ
一番 出てきてるよ

<では ここで問題!>

<もし ヒグマに遭遇したら
どうすればいいのか?>

<せっかくなので
効果的な対処法を

「朝ドラ」俳優の2人が再現!>

「はあ~」

「はっ!」

「クマさん… 何してるの?」

「おなか すいた?」

<さあ 正解は どれ?>

それでは お考えください

ウガ~

それでは
一斉にお答え どうぞ!

B B… B A C B

もえさん A
(山口)はい

だったら もう…

まぁね 昔から言われてますもんね
死んだふりをするっていうのは

いや あの…

あの…

雑食ですから…

死んだふりすると 食われますよ

いやいやいや… 
何か理由があってね

ふと 考えただけなんだから

これは やっぱね あの…

…小賢い クマがいたと
なるほど

<正解は…>

<では 何と
話しかければ
いいのか?>

クマに あった時とか…

「ここにいるよ」
っていうことを

<少々…>

ホントだよ

<知床のヒグマは
基本 人間を襲わないそうで>

「クマさん…」

<ゆっくり 優しく話しかけると

人間だと分かり
襲うことをやめるという>

<ちなみに Bの「鈴を鳴らす」は…>

<離れている時は 効果的だが

目の前で 大きな音を立てると

警戒して
襲ってくるおそれがあるという>

<知床が誇る 6つの絶景

5つ目が ここ>

<標高738m
知床半島を一望できる…>

<知床峠では 今の時期

大パノラマの
美しい紅葉が見られる>

<更に そんな知床峠>

<夜こそ見るべき絶景が
広がっていた>

うわぁ~!

え~!
スゴい!

<知床峠
夜に スゴい光景が広がっていた>

<目を疑うほどの絶景が
こちら!>

<美しく輝く星たち>

<そう これは 天の川>

<ここ 知床峠では

秋でも 天の川が
高確率で見られるのだ>

<周囲の道には
ネオンや街灯が一切なく

標高が高いので…>

<肉眼でも 天の川を
はっきりと見ることができる

絶景スポットなのだ>

え~!
(山崎)スゴい!

<最後の絶景スポットは
番組の後半で!>

<あなたは 何秒間
目を開けていられますか?>

<これだけで あなたが

老けて見えるかどうかが分かる>

あなたの目は 大丈夫ですか?

教えてもらう前と後で

見る目が変わります

<近年
眼科医が注目する目の病気>

<それが…>

<更に…>

更に 見た目の問題

乾いて 目をしかめたりとか

はたまた 充血してしまって

老け顔に
なってしまうとも
いわれてます

あ~ やだ~

<そこで…>

<やり方は どこまで

瞬きをせずに
目を開けていられるか

時間を計るだけ>

<ただし あくまで自然な状態で>

<痛みを感じ
目をつむりたくなったら

その時点で終了>

<基準値が こちら>

<20秒以上できれば 問題ないが

12秒に満たなければ ドライアイ>

<12秒から20秒だと 予備軍だ>

(華丸)さあ では 梅沢さん

だって 私…

…ようにしなきゃいけないので

(山崎)感動のシーンとか やっぱり
そうそうそう

<それでは 300年に一人の役者
梅沢富美男と

ドライアイチェック ご一緒に>

(スタートの合図)

(華丸)
あ~ でも ホント スゲえな

有言実行だ

(山崎)役者さんですから
(華丸)ホントだ

(大吉)無理しちゃ
いけないんですよね?

(山崎)無理しちゃダメですよ
(華丸)無理してない

(山崎)無理したら
何もなりませんから

(華丸)そもそも 開いてます?
(クリアのチャイム)

(一同)お~!
(華丸)スゲえ

まだまだ伸びる
いってる! いってる!

30秒超え いくか? いった!

(山崎)
超えれる? ちょっと ねぇ

(大吉)いってますね
30超えてますよ とっくに

(山崎)超えてる!?
(華丸)きた!

あっ もう 計算機が…

(山崎)もう
ちょっと 梅沢さん 多分…

<梅沢さん 余裕で40秒超え>

<あなたは いかがでしたか?>

<あくまで無理せず普通の状態で

もう一度>

<それでは スタート>

(スタートの合図)

(華丸)
見てるほうが ものスゴい
瞬きしてしまいますよ

(山崎)確かに 見てるほうが…
(華丸)あっ スゴい

あっ 余裕ですね
(山崎)おっ いいよ

(華丸)いい すばらしい
いける いけそう

(山崎)ちょっと

(華丸)いけたか
(山崎)スゴくないですか

(クリアのチャイム)
(華丸)クリア!

<続いて 老眼で悩む大吉さん>

(スタートの合図)
(華丸)どうぞ

(華丸)いいよ いいよ

(大吉)しんどいな これ

(華丸)はいはい 終わり

<ザキヤマさんは…>

(スタートの合図)
(華丸)開いてください

(華丸)
かわいらしい目ですよね

おっ いった
(大吉)おっ いく

(華丸)いった 大吉さん超え…
ああ~!

あ~

<女優・新川さんは…>

(スタートの合図)

(華丸)いいんじゃないですか
(山口)うん 大丈夫

(華丸)頑張ってる

さあ 2桁いきました

もう 自然に
(山崎)あっ 自然 自然

あっ スゴい スゴい
スゴい

(華丸)あっ いけるね
いったよ 大丈夫 頑張って

(梅沢)いくいく 大丈夫
(華丸)お見事!

(大橋)スゲぇ!

<コンサートで熱い視線を送る…>

<大橋君は…>

(山崎)
目つぶって 目つぶって… はい

(スタートの合図)
(華丸)どうぞ 開けてください

(山崎)いやいや 違う違う…

(山崎)何でよ?

できない
帰ってください… はい もう

あれ?

普通でいいんだから
(大吉)普通に開ければいんだもん

プロフィール写真撮る時の
目じゃないんだからね

<そこで 同じ「なにわ男子」の
西畑君がチェック>

(山崎)リラックスよ リラックスね
(華丸)リラックスでね

(スタートの合図)
(華丸)はい 開けて

そうそうそう いいよ

あっ… したよね 今?
(山崎)早っ!

あれ? あれ?

(大吉)え~!

<アイドルがダメなら
「朝ドラ」女優は…>

(スタートの合図)

(大吉)あっ いきそう
(山口)うん 大丈夫 大丈夫

(梅沢)うん 大丈夫 大丈夫
(華丸)きたね

(山崎)女優の顔に入ったもん
(大吉)あら?

(華丸)必要だもんね
えっ ちょっと これは…

こらえてるよ
(山崎)あれ? ちょっと待って

(華丸)どうなの?
(山崎)急に涙が出てきちゃった

(山口)あと2秒 頑張れ
(華丸)あっ もう少し

お~ やった!
(山崎)いや つらいじゃん

我慢してますって
ダメですよね? 我慢は

泣いてた…

<平松先生によると…>

<なので…>

<では 目力には定評のある

滝川クリステルは…>

(スタートの合図)

(笑い)

(スタートの合図)

(笑い)

(スタートの合図)

(笑い)

ちょっと…
早っ!

(山崎)早っ! え~!?

<さて あなたは 何秒?>

<20秒未満だった人は

40℃のホットタオルで目を温める>

<10分ほど温めると

ドライアイの改善が期待できます>

やってみます

<続いて…>

こちらも 30代 40代の方が
やったほうがいいことです

<今度は…>

この検証で
体幹やバランス感覚

更に
尿漏れのリスクまで分かるんです

尿漏れ
(山崎)尿漏れ!?

<やり方は 両手を腰に当て

目を閉じて

片足で立つだけ>

<という こちらの親子に
やってもらうと…>

<こちらの2人も…>

全然できない

全然できない

<あなたは 片足で
どれだけ立っていられますか?>

(華丸)それでは 年代別の
目安がございます こちらです

<30代の女性なら 32秒以上で普通>

<40代男性なら 22秒以上>

<よろしいですか?>

<それでは チェック!>

ちなみに どちらの足でも
やりやすいほうで

皆さん
挑戦していただきたいと思います

ちなみに ルールとしては
目をつむって

腰に手を当ててください

それでは 準備はできましたか?
いきますよ

まいります
用意 スタート!

(山口)えっ 大丈夫? あっ…

(華丸)危ないよ
1人 危ないのがいるよ

あっ あ~
梅沢さん そこまで

(華丸)おっ 頑張ってる

おっ 頑張ってますね

割に…
割と あそこから強いですね

(大吉)ずっと ああでしたからね
(華丸)うわ~ そこまで!

<梅沢さん
ザキヤマさんは

基準値をクリアできず>

<できたのは 「ジャニーズ」
「なにわ男子」の2人だけ>

<続いては この4人>

(華丸)では まいります
用意 スタート

上げてください

あっ… あっ 無理 無理 無理
(山崎)いや うそだ

ヤバい ヤバい ヤバい

(華丸)ちょっと もえさんも危ない
はい ダメ 大吉さん 着きました

え~ 大吉さん ホント?

<そして 20代 新川さんも…>

目ぇ開けちゃった

<もえさんは 40代 22秒を
クリアして終了>

<基準値を
クリアできなかった皆さん

この先 尿漏れに要注意>

(笑い)

<そんな方には こちら…>

<…行うと
筋力アップが期待できます>

<体のチェックのあとは

頭の…>

<ここに 1つの正方形があります>

<この4つの角に接するように
円を書くと

このようになります>

<では ここで…>

<この正方形の
4つの角に接する円を

正方形の中に書いてください>

えっ? ど… どういうこと?
中に? えっ?

<この問題を…>

続いては…

大人が知っているようで
知らない知識を

小学生は知っています

<正方形の4つの角に接する円を

正方形の中に書く>

<皆さん
この問題 分かりますか?>

(大吉)正方形の4つの角に
接するように円を書くと…

こうですよね
(大吉)ああやって はみ出ますよね

(大吉)今回は…

(大吉)…っていう問題です

無理ですよ これ…

(大吉)自動掃除機ロボット

(山口)確かに

<実は これ 小学生の愛読書
「子供の科学」からの問題>

<柔軟な考え
そして ひらめきを養える>

勉強のウオーミングアップに
もってこいですし あとは…

(山崎)ウオーミングアップ?
はい… 多くの学校や学習塾でも

こういうのは
取り入れていますね

(大吉)さあ ということで
4つの角に接するように

円を書ける方 いますか?

新川さん いきます?
はい いいですか

(大吉)じゃあ こちらのほうへ
(山崎)うそだ

え~ スゴい

<新川さんの答えは…>

やった!
スゴい

ありがとうございます

<実は この問題

書き方次第で
答えが いくつもある>

<そこで 華丸さんが解答>

(大吉)さあ
えっ

<書いたのは
公園の「園」という漢字>

(大吉)どうでしょうか 先生

もう でも そういうことよ

アプローチショットは
もう それです

もう カップまで すぐそこ?
カップは見えてます

(梅沢)考えつかないんだよ

<それでは
テレビの前の皆さんに
ヒント>

<先入観を捨て

問題文を もう一度
よ~く見てください>

<書くのは
4つの角に接する円>

<このヒントを基に
ザキヤマさんが…>

大正解です
よっしゃ~!

大好き!

<そして 大橋君も…>

え~ マジっすか
おめでとうございます

正解です
(西畑)よかった

大橋さんは 新川さんと…
新川さんと同じです

同じですか? 一緒ですね
(新川)ありがとうございます

<更に 華丸さんも…>

(大吉)さあ 先生 どうでしょう?

大正解です

スゴい! さすが 華丸さん

頭がやわらかいからだと思います

とんでもない…

<スローで見てみると…>

<確かに 梅沢さんを見ていた>

さあ 解けない方
もやもやしていると思いますが

まいりましょう
正解は こちらです

<それでは…>

正解は…

<正方形の4つの角に接する円を

正方形の中に書く この問題>

正解は こうです

<そう…>

なるほどね~
恐れ入りました

<華丸さんとザキヤマさんの答えが
これになる>

<4つ角に
それぞれ 漢字の円を書いている>

どこにも…

<新川さんと 大橋君の答えが
これ>

<このように
円を2つ書いても正解>

<固定観念にとらわれない

柔軟な発想が大事なのだ>

さあ ということで
ウオーミングアップが ここまで…

(山崎)これが ウオーミングアップ?
はい こっからが

小学生との戦いになります
まいりましょう

<では…>

(大吉)さあ 皆さん この表現

本とかで 読んだりとか

聞いたりとかしたこと
あるとは思います

では ザキヤマさん
(山崎)どういうことですか? えっ

(大吉)今から おもむろに
立ち上がってみてください

いきますよ

ザキヤマは その時
おもむろに立ち上がった

(梅沢)芝居くさいな お前

(華丸)合ってるような

<ザキヤマさんの
おもむろは

決意を込めて
「すっと」>

<そして…>

大橋は その時
おもむろに立ち上がった

おもむろ!
言わんでええ

<大橋君の
おもむろは
「急に」>

それでは いよいよ 梅沢さん
お願いできますか?

出ました! きた

梅沢は その時
おもむろに立ち上がった

よいしょ

<梅沢さんの
おもむろは
「ゆっくりと」>

何が ヒザが悪いんだよ

いろいろな 「おもむろ」の
パターンが出ましたけども

果たして
正解はあるのでしょうか

言葉の正しい意味
答えは小学生が知っていました

教えてもらう前と後で

見る目が変わります

<文化庁の調査によると

40代の大人でも

この言葉の
本来の意味が
分かっていたのは

およそ3割>

<だが こちらの…>

(スタジオ:華丸)あ~ ゆっくりだ
(スタジオ:新川)あっ ゆっくり?

梅沢さんだ

え~?
えっ そうなん

<そう
「おもむろ」とは

慌てず ゆっくり
何かをすること>

<ちなみに
「おもむろに」を
漢字で書くと

徐行の「徐」>

それは知らなかった

<なぜ
そんなことを知っているのか>

<「ロッチ」中岡が
児童のいる小学校へ>

<すると…>

(校内放送のチャイム)

(男性)「児童の皆さん…」

大人気

(中岡)
あ~ めっちゃ気付いてくれてる

あ~ どうもどうも

(中岡)何なんすか

今日は よろしくお願いしま~す!

(中岡)はい 気を付けてね

<早速 教室を調査>

(中岡)どうも 失礼します
(児童たち)お~!

(中岡)こんにちは~
(児童たち)こんにちは!

ちょっと 失礼いたします

イェ~イ
(笑い)

すんません ごめんなさい はい

(中岡)国語の授業

<漢字の へんとつくりの授業中>

<この授業を見ていると
その理由が分かるという>

これ…

違う

<手がかりを探すが…>

<見つからない>

<その時…>

(中岡)みんな動いた
動いた 動いた

<中岡が見た光景とは…>

(中岡)うわっ!

いや スゴい
うわ~ ヤッバ

<「おもむろ」の意味を知っている
小学生>

<その秘密を 教室で調査する
「ロッチ」中岡>

<すると…>

<その時…>

(中岡)みんな動いた
動いた 動いた

辞書?

(中岡)うわっ!

めっちゃ 付箋ついてるやん

<辞書に ものスゴい数の付箋>

(中岡)何これ
いつも こうやって 調べてんの?

<付箋を貼る…>

<これに
学校全体で取り組んでいるのが

小山台小学校だ>

<調べる言葉を見つけたら

意味をしっかり読み込み…>

(中岡)調べて
「あぁ そういうことなんや」って

書いて 付箋つけてくの
で また…

<小山台小学校では
他の小学校よりも早く…>

<…を使う>

…のが 辞書引きっていうことで
やっています

<授業だけでなく 自分が…>

<ことわざを調べる
児童もいれば…>

<こちらは…>

<星座に付箋>

<辞書を引くことで

調べた言葉だけでなく

周りの言葉まで覚えるという>

<そんな辞書引き学習を行う
小山台小学校の児童から

挑戦状が届いた>

どうですか? 自信のほどは

自信ですか?
ボク 自信しかないですね

やっぱり こういうのは
(大吉)僕の情報によると

「柔能く剛を制す」という言葉を

長~いこと
「ほどよく ごうをせいす」って…

いろいろね
(大吉)「ほどよく」?

はい
(大吉)ほどよいな~って…

いい感じにね
いい感じに

ほどよ~く 剛を制しちゃうのね

<まずは…>

<小学3年生の 愛実ちゃんの
辞書から問題>

「ワイ」は何?
何から来たってことかな?

違う?

<ワイシャツの「ワイ」

大人の皆さんなら
分かりますよね?>

(大吉)さあ この問題
やっぱりね ザキヤマさん

常にワイシャツを
お召しになってますから

もちろん知ってます?
それは もう もちろん

知らない…
大人としての常識ですから

(大吉)常識ですよね
は~い

(大吉)いいですか?
ええ 知ってるっていうことですね

大吉さん! 俺…

俺 Yになってるから
ワイシャツ こうなってるから

ワイシャツだと思った…
うん いや 全然違いますよ

はい いいですか?

「なぜ 着てるんだ」と

「なぜ そうなってるんだ
そのシャツは!」

why!? シャツ!

そっか…

答えは
英語で「White shirt」といって

日本人は
「ワイシャツ」だと思って

「ワイシャツ」になっていきました

なるほど!
「White shirt」を聞き間違えて

「ワイシャツ」になったん?

もっかい言って

(中岡)かっこよすぎるやろ

<辞書にも…>

「ワイシャツ」

スゲぇ

<外国人に発音してもらうと…>

<確かに 「ワイシャツ」と聞こえる>

<実は ラムネも
聞き間違えから生まれた言葉>

ラムネって「レモネード」の聞き間違えから
生まれてるんですよ

(一同)え~!

レモネード
まぁ 英語の発音で言えば

「Lemonade」なんですけど

それを 「レモネード」 …で「ラムネ」って
聞き間違えて 出たんですよね

<続いて
6年生の教室を調査すると…>

(児童たちの英語)

(中岡)付箋や あっ 付箋

<この学校は
英語教育にも力を入れていて

高学年は 英和辞典でも
辞書引き学習に取り組む>

<ここで 更なる 挑戦状>

<今度は 6年生

香蘭ちゃんの辞書から>

<何でしょう?>

えっ 一緒やけどな

印鑑と判子やろ?

<印鑑と判子の違い
説明できますか?>

<「答えは 小学生が知っている」>

<続いては…>

<印鑑と判子の違い
説明できますか?>

新婚さんの新川さん

当然 最近 そういう

そうです
(山崎)お押しになってますもんね

はい 押しました
(大吉)違いは ご存じでしょうか?

どっち押したんだろう?

(笑い)

もう 全然分かんない
すいません

(山崎)
お願いします 助けてください

私は 死んだ ばばあから
聞いたんだけどね

(大吉)亡くなった…
亡くなったお母様から

(山崎)入りが乱暴だから

だから 軽いものは
判子にしときなって

…で 大事なものは
実印にしなさいねって

そうなんや~
え~!

<判子は
こちらの棒状の道具>

<そして 判子を押して
残った文字のほうが 印鑑>

だから…

間違ってんねや

間違ってんだ
間違ってんだ

<どちらも 同じものと
混同しがちだが

判子は こちら

印鑑は こちらなのだ>

なるほど~
(大吉)はい ということで

こういう違いがあるんですね

あっち側だけってことよね
(山崎)なるほど!

あれだけ 持ってけば
いいっすもんね

<辞書引き学習をしている
小学生たちは

いろいろな言葉を知っている>

<続いての
「答えは 小学生が知っている」は

長崎県から>

<やって来たのは…>

どうも 「NONSTYLE」でございます
どうも

さっ 我々が来たのはですね
長崎県は こちら

稲佐小学校ということで

何でも 福山雅治さんの
母校だそうです

あららら…
自称ライバルでしたっけ?

いやいや 言ったことはないです
何か やってませんでしたっけ?

いっつも こんなポーズして 何か
「実に顔が面白い」

言うてないわ そんなこと
言うてない

やってませんでしたっけ?
やってない やってない

<早速 校内へ>

(井上)失礼します はじめまして

(冨野さん)はじめまして
ここは 小学校なんですけども

実は もう お二人は ここから…

共和国に…

<共和国とは 何なのか?>

<その謎を探るため 教室へ>

こんにちは~

こんにちは~
こんにちは~

(拍手)
(石田)こんにちは~

(拍手)
(石田)あっ

(石田 井上)6年生

<そこで 6年生のクラスで…>

<すると 給食が終わり

昼休みになった その時>

どうした? あれっ 停電?

消えた 消えた
あれっ 電気消えた

(井上)電気消えたよ 何で?

「昼休みやから消しました」?
はぁ~ あっ そう

<教室の電気のスイッチには

手書きで 「節電」の文字>

<教室だけでなく 職員室にも
もちろん 書いてある>

<実は この小学校>

あれ?

あっ こういうこと?
言うてたん

<2人が見つけたもの それは…>

スゴい そんな小学校あんの?

(井上)何で?

「昼休みやから消しました」?
はぁ~

<実は この小学校…>

あっ こういうこと?
言うてたん

<「ノンスタ」の2人が
見つけたもの

それは…>

(スタジオ:山崎)何これ?

<実は こちら

省エネに力を入れている小学校>

あれ 何? あの旗

どういうこと?
「省エネ共和国」って

地球環境を守るっていうのかな?
そういう 何か…

そういうことから
始まったって…

君 小学生よね?

(井上)スゴい しっかりしてるやん

<始まりは 17年前>

<地球温暖化問題などから
省エネへの取り組みを開始>

<稲佐小学校の
4年生から6年生は…>

<節電・節水・リサイクル
地域環境の

4つの省に分かれ

今できることを学んでいる>

はい 何か…

自分の家にある…

メチャクチャ偉いやん

<学校を挙げて
省エネに取り組む 稲佐小学校>

<他に…>

<…がモットーの 節電省>

<そのために するのが…>

マジか おい

それもまた スゴいわ
使ってるんが新聞紙や

(井上)とことん 優しいな

まぁ ちょっと
ワックス効果もあるしね

<新聞紙で窓ガラスを拭くと

ワックス効果で ツヤも出る>

<この程度の省エネは 当たり前>

<そこで…>

<こちらの管のようなもの>

<児童が考え出した
省エネアイテムだが

どう 省エネに役立てるのか?>

はい
(大吉)いきましょう

口にくわえて 酸素の量を減らす

取り込む酸素を
取り込む酸素の量を減らす

そう もう 最低限の

当てちゃってもいいですか?
(大吉)当てましょう

短くなったチョークを
そこに入れて

長くして使う

(大吉)
チョークを最後まで使う道具

資源を大切にする その答えも
小学生が知っていました

教えてもらう前と後で

見る目が変わります

<それでは…>

それは…

(井上)節水ホース

あ~ 違った

違います

へぇ~
そうなんや

<強く…>

<つまり…>

(井上)一回 出してみてもいい?
(児童)はい

いやいや 分かりやすくやんか
説明やけど お前 それ お前

大事にせぇよ 水

(井上)説明のためやから

<普通に蛇口をひねると

1分間に 9.6Lもの水が出る>

<しかし…>

<掃除のバケツには

水を入れ過ぎないように
目盛りが>

<掃除で使った水は
流しへ捨てずに

植木へ>

(石田)おいおいおい
(井上)うそやろ

(石田)優しさが すぎるやろ

何で ここに 水 捨てるの?

(石田)マジで

<リサイクル省は 学校の外へ>

<周辺の店から
ペットボトルのキャップを回収し>

<汚れたキャップは
洗ってリサイクルへ>

こういう リサイクルに使われた…

はい

…の道具になっています
これが!?

へぇ~
知らんかった~

(石田)さすが リサイクル省

<リサイクル省が集めたキャップは
1学期だけで94kg>

すばらしいじゃねえか
偉いな

<地域環境省の児童たちは
ゴミの分別を徹底している>

<各教室には 手書きの注意書きも>

<そこで 大人の石田が
ゴミを分別>

めっちゃ切れてるで おいおい

マスク 燃えないの?

<では ここで…>

<マスクを 燃えるゴミに捨てた
石田に

なぜ 「ハッ?」となったのか
お考えください>

僕たち 「なにわ男子」が
スペシャルアンバサダーを務めるイベント

GO!GO!EXPOが
大阪・万博記念公園で開催されます

「なにわ男子」のライブや
3Dマッピングなど 見どころ満載です

(2人)
是非 チェックしてください!

(井上)めっちゃ切れてる

<マスクを 燃えるゴミに捨てた
石田に

なぜ 「ハッ?」となったのか?>

(大吉)さあ あちら
地域環境省のメンバーだから

もう 特に詳しいんですけども

さあ 皆さん マスクって
どうやって捨ててました?

いやいや 普通に…
同じようにね 石田君と

あそこだと 「ハッ?」て言われます

「まだ使えるだろ」って
ことじゃないですか?

もう一回
もったいない

「それで捨てんの?」みたいな

気持ちは分かるんですけど
ザキヤマさん 以前 この番組で

一回つけたマスクは
二度と使うなと

(梅沢)はい
(大吉)梅沢さん

マスクって ほら
針金みたいに入ってるよね

(大吉)はい!

だから 針金が入ってるから

捨てちゃダメよって
言ってんのかな?

<それでは…>

<マスクを
燃えるゴミに捨てた石田に

「ハッ?」となった理由 それは…>

(井上)これ何? これ

「針金はとってね!」って
どういうこと?

中に 何か 鼻の形が…
(井上)ああ あるある

(石田)えぇ~!?
(井上)そうなんだ

えっ 俺 家で もう
まとめて捨ててたわ

これは 燃えないゴミです

「出さなアカンです」

<指摘されたのは
「ノンスタ」石田が

マスクの針金を
分別しなかったこと>

<マスクは 針金と分けて捨てる>

<省エネ共和国では常識!>

<知床が誇る絶景!>

<最後は…>

<実は 知床は
数多くの名瀑が存在する…>

イェイ!

ザキヤマが…

そう…

ということで…
よろけてる

<今回 北海道の滝について

教えてくれるのは…>

<訪れた滝の数は…>

<こよなく 滝を愛する専門家>

珍しい滝

これは じゃあ
かなり期待できるし

テンション上がっちゃうような
滝ですね

<今回は 知床で
No.1パワースポットと呼ばれ

滝と川がダブルで楽しめる
第6の絶景へ>

<その場所に行くには

滑り止めのついたシューズや
地下足袋が必要だという>

見るだけの滝じゃない?
(プラリネさん)はい

以前も ありましたよね?
はい

そういうことでいけば
それよりも 何か もっと 何か

何て言うんだろ
更に… ねぇ

そうですね
ちょっと レベルアップして

それを もしかしたら…

<目的のパワースポット
滝を目指し 登ってゆくと…>

(山崎)坂の角度 スゴいな これ

あららら あ~…

<今回の開運パワースポット
といわれる滝の支流が ここ>

<人が歩けるのは わずかだが

この川の先に
目指す滝があるというのだ>

<ここは 知床屈指の秘境と名高い
カムイワッカ>

<川には 多くの人が集う>

<なぜなら…>

<縁起がよい以外にも
実は 秘密がある!>

えっ これ…

そうですね はい
(山崎)え~!

<そう ここ カムイワッカは
湯の滝なのだ>

<この場所の温度は 30℃程度>

<しかも この湯には
特徴があって…>

(山崎)この中?
はい

ちょっと こう 揺らしてみて
ちょっと揺らして…

(大橋)わっ めっちゃ きれい!
めっちゃ きれい!

(山崎)きれい!
どうですか

(山崎)ピカピカになった
ちょっと待ってください

<実は…>

<源流は 75℃以上もあるが

下流まで流れてくる頃には

ちょうどよい
ぬる湯になるというのだ>

<ただ 硫黄成分を多く含むため…>

実は…

はい そうなんです
えっ!?

ちょっと待って

あっ でも 確かに…

<なんと この水質

35億年前の地球環境と同じ
といわれている

世界的にも貴重な場所なのだ>

緑はダメ?
はい

<過酷な環境でも唯一生きられる
藻が生えていて

滑りやすいという>

<そして…>

<なんと!>

ザキヤマさん…

あっ 一の滝

はい …です
え~!

<ここが 目指していた…>

<開運の滝の絶景が
こちら!>

(山崎)あっ すてきだね
この滝壷も ちょうどいいというか

<神秘的な
エメラルドグリーンに輝く

一の滝>

<パワースポットである この川>

<上流にも 滝はあるが

人が入れるのは ここだけ!>

<そこへ…>

(滝に飛び込んだ音)
わっ びっくりした        えっ!?

アハハハ…
(山崎)びっくりした!

深いよ そこ!
気持ちよさそう

(山崎)え~ いやいやいや
びっくりしたわ

<プラリネいわく この…>

で 実は ここ…

えっ!

<スタジオにいる滝川
そして 新川さん

新婚2人の開運を祈って>

♬~

(新川)突然 かっこいい

(大吉)別… 別撮り? これ

♬~

(スタジオ:大吉)そのまま行ってる
(スタジオ:新川)怖い 何か

(スタジオ:大吉)ネクタイ外そう
(スタジオ:新川)怖い 怖い

(スタジオ:西畑)かっこええ

♬~

(拍手)

ホント 聞くところによると…

(山崎)殊の外
響いてんなと思って

あれがね 何か もう…


関連記事