チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」歯周病の原因となるプラークを徹底除去し…


出典:『チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」』の番組情報(EPGから引用)


チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」[解][字]


歯周病の原因となるプラークを徹底除去し溶けた歯そう骨を再生する治療、治療した歯の根に虫歯菌が再び入り込むのを防ぐ根管治療、すり減った歯を修復する治療などを紹介。


詳細情報

番組内容

人が歯を失う2大原因は歯周病と虫歯。歯周病を防ぐ基本は歯磨きによってプラークを除去すること。しかしプラークが歯周ポケットの奥まで入り込んでしまうと、もはや歯ブラシでは取り除けない。歯周病が進んでいる場合は手術で歯ぐきを切開して除去する。さらに溶けた歯そう骨を再生する薬もある。虫歯治療では、再び虫歯菌に感染するのを防ぐための徹底した根管治療を紹介。また、すり減った歯を修復するチョイスも詳しく解説。

出演者

【司会】八嶋智人,大和田美帆,【講師】東京医科歯科大学大学院助教…保坂啓一,【リポーター】吉田真人,【語り】佐藤真由美,江越彬紀


『チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」
  1. 治療
  2. 虫歯
  3. チョイス
  4. 状態
  5. コンポジットレジン
  6. 歯髄
  7. 場合
  8. 根管治療
  9. 歯周病
  10. 歯槽骨
  11. 部分
  12. 鈴木
  13. 必要
  14. ケース
  15. 原因
  16. 進行
  17. 根管
  18. 歯ブラシ
  19. 歯周ポケット
  20. 歯周炎


『チョイス@病気になったとき「歯科最新情報(2)歯を守るには」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

<今回のテーマは…>

<歯を失ってしまうと
軟らかいものしか…>

<発音がしづらくて うまく話せない>

<悲しいですよね>

<自分は 歯磨きを ちゃんとしているから
大丈夫! なんて思っていると…>

<短期間に 次々と
歯を失ってしまうことがあるんです。

さらに

歯が溶けて すり減ってしまうことも>

<でも 大丈夫! 自分の歯を残すための
チョイスは ありま~す!>

(3人)チョイス!

<進行した虫歯でも
抜かずに済むための治療や

保険適用で受けられる最新の…>

<そして あるチョイスをすれば

すり減ってしまった歯も

見事 このとおり!>

<今日は 自分の歯を守るチョイスを

たっぷりと ご紹介しま~す!>

健康への道のりは チョイスの連続!

ということで
今日の「チョイス」は こちらです。

以前 歯を失ってからのチョイス
っていうのをね…。     やりましたよね。

ブリッジとか 入れ歯とか
いろんなチョイスがありましたけれども。

でも まあ チョイス いろいろあったけど
やっぱり 何となくね

我々 まだ 年齢の問題もありますから
ちゃんと 歯があるので それを

ちょっと 守りたいなっていうのはね…。
そう! キープしたいですね。

そのためには どういうことができるのか
ということですけれども。 知りたいです。

大切な歯ですが おさらいになりますが

歯を失う 主な原因としては

「歯周病」が最も多く

その次が「虫歯」ということなんですね。

ということは
これらを防ぐことができれば

歯を失うことも 防ぐことが
できるかもしれないということですよね。

ということで 今日は
具体的なチョイスをご紹介します。

まずは こちらのケースをご覧ください。

<長年 歯科とは縁がなく
歯には自信がありました。

しかし 7年前
突然 歯に異常を感じました>

<歯磨きを徹底すれば元に戻ると思った
鈴木さん。

歯科には行かず さらに一層丁寧に
歯磨きに励みました。

しかし ある朝…>

<歯磨きを徹底しましたが
歯は 日に日に抜けていきました。

3週間ほどの間に…>

<奥歯を ほとんど失った鈴木さんは

軟らかいものしか食べることが
できなくなってしまいました>

<途方に暮れた鈴木さんは
近所の歯科を受診。

歯が抜けた原因は 歯周病と分かりました>

<「歯周病」は 歯を支える歯ぐきや

歯ぐきの中にある骨などに
炎症が起こる病気です。

その原因は 歯周病菌が作り出す
「プラーク」です。

プラークは
2日から2週間ほどたつと

やがて 石のように
硬い塊になります。

これが「歯石」です。

歯周病菌は 歯石の中でさらに増殖し
毒素を出します。

この毒素が
歯ぐきに炎症を起こすことを

「歯肉炎」といいます>

<歯肉炎が さらに進行すると

歯と歯ぐきの隙間が深くなっていき

そこに「歯周ポケット」という溝が
出来てしまいます>

<ポケットの奥までは
歯ブラシの毛先が届かず

プラークを除去できないため

歯周ポケットは
さらに深くなっていきます。

歯周ポケットに潜んでいる
歯周病菌は

増殖しながら毒素を出し続け

炎症を引き起こすだけでなく

歯を支えている「歯槽骨」を
溶かし始めます。

これを「歯周炎」といいます。

こうなると 歯ぐきが下がって

歯が ぐらぐらするようになり

最終的には 抜けてしまいます。

この歯周炎によって
歯が抜けてしまった鈴木さん。

それでも この状況を
楽観的に捉えていました>

とんでもなかったですね。

私の 安易な気持ちとしては

ポコッと抜けたんだから また さして

なんとかしてほしいと
思ったわけですけど。

<「抜けた歯は元に戻せない」と告げられた
鈴木さん。

それどころか 検査の結果

すべての歯が歯周病になっていて

一部は すでに 歯を支える骨まで
溶けていることが分かりました。

このままだと いずれ すべて
抜けてしまうというのです。

さらに…>

その場で。
1本 2本 抜くならね 今までもね

親知らずを抜かれたこともあるしと
思ったんですけど。

<なんとか自分の歯を残したかった
鈴木さん。

そこで 大学病院を
受診してみることにしました。

残った歯を守るために 鈴木さんは

ある方法をチョイスしたのです>

チョイス!

<それは…>

<まずは 歯肉を切開して

歯周ポケットの深い所にたまった
歯石などを取り除きます>

<その後 何やら 薬を注入しています。

これって 一体 何をしているんですか?>

<溶けてしまった骨が…>

<「歯周組織再生療法」では

溶けてしまった歯槽骨や

歯石が取り除かれた空洞の部分に

たんぱく質を主成分とする
特殊な薬を注入します>

<すると
歯周組織の細胞が増殖して

失われた骨や歯根膜が
再生されていくのです>

<歯周組織再生療法から5年。

鈴木さんは
残った歯を守ることに成功しています>

ちょっと やっぱり
精神的にも うわ… ってなるだろうしね。

実際 食べ物にも
影響が出るということで

それは避けたいなと思いますね。

支障がね 本当 生活にも出ますからね。

ここからは 専門家の方に
お話を伺っていきましょう。

歯の保存治療が専門の

東京医科歯科大学大学院助教の
保坂啓一さんです。

(一同)よろしくお願いいたします。

VTRの鈴木さんですけれど
歯周病になって やっぱり 最終的には

歯が ボロボロ ボロボロ
抜けていくということになりますか?

はい。 歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の
2つの段階があるんですけれども

重度の歯周炎では
歯が抜けてしまうということがあります。

重度になっちゃってたんですね。
はい。

こちらにですね その歯周病の状態の
イラストをご用意いたしました。

歯肉炎に関しては

歯の根元にたまってしまった汚れ
プラークに

細菌が繁殖してしまって

歯肉が腫れたりだとか 赤くなってしまう
そういうふうな状態です。

その状態を放置しておくと

歯と歯肉の間の隙間

歯周ポケットといわれる
部分になりますけれども

そこが深くなってしまって

そのあとに 歯を支えている歯槽骨

そして 歯根膜が
ダメージを受けてしまって

歯槽骨が溶けてしまうというふうな
状態です。

鈴木さんが 抜けた歯を
お医者さんに持っていくと…。

だって スポッて抜けたから ポコッて
入れりゃいいじゃないかっていう…。

まあ ちょっと 「ああ 確かに」なんて
思わなくもないっていうか。

やっぱり それは 難しいもんですか?

鈴木さんのケースでは
歯を支えている歯槽骨

そして 歯と歯槽骨をつなぎ合わせている
じん帯である歯根膜が

破壊されてしまっているので
それは なかなか難しいと。

じゃあ そのために そうならないためには
どうしたらいいのかということですが。

歯磨きは もちろん
大事なんですけれども

歯周病が始まっている場合っていうのも
考えられますから

歯科医に行って 処置が必要になってくる
というようなことになります。

その進行の状況に応じての
対処法というのがありますので

まとめてみました。

セルフケアとしては まず重要なのが

「プラークコントロール」です。

これは 歯に付いた歯垢を
歯ブラシで除去することになりますので

基本的には
どの段階においても必要なことで

ご自身で やっていく部分になります。

歯周病の予防という意味でも重要ですし

歯周病治療の段階においても
必要なことです。

<それでは 歯を守るための基本

正しいセルフケアについて
教えてもらいましょう。

まずは 歯ブラシの使い方から>

歯ブラシに関しては

歯周病予防というふうな観点では
特に そうですけれども

歯と歯ぐきの間…

歯と歯ぐきの際磨きっていうふうな
イメージを持っていただいて

その先端の毛先が

歯周ポケットに 少し入るような形で

ちょっと押して 小刻みに動かして

歯周ポケットに入っている汚れを
かき出すようなイメージで

やっていただくことが重要だと思います。

ちょっと 斜めに こう…
押し当てるような感じなんですかね?

はい。 真横から90度の角度で
当てるというふうなことよりは

少し角度を持たせて 歯肉溝の所に

するするっと入っていくようなイメージを
持っていただくのが

いいのではないかというふうに思います。

次に 歯ブラシだけで 実は
すべての汚れを取ることはできません。

はい。
できない?

ある調査によると

50%とか60%の汚れしか
取れないそうなんです。    え~!

そこで 使っていただきたいのが

こちらの「歯間ブラシ」
というふうなことになります。

歯と歯の間に
こう… 通すようなイメージで

2~3回 動かしていただきます。
はい。

で もし可能であれば 表と裏からも…。
え~!

もし できたら
そういうふうな工夫をしていただくと

よりいいと思います。

先ほども こう 入りにくい所を
どうやって通すのか

そういうふうなことも含めて

掛かりつけの歯科の先生と
相談しながら

教えてもらいながらやるっていうのが
実際のところかと思います。       はい。

さあ もう一つあります。

歯ブラシと 歯間ブラシと フロスと
三種の神器と。

3点セットです。
3点セット…!

こちらは 30cmから
40cmぐらいの長さに

切っていただいて

中指に 少し
巻きつけるような感じで

使います。
人さし指と親指を使って

うまく使いながら
それぞれの隙間

例えば 前歯ですと

こういうふうに通していただいて

上下に
動かしながら 歯と歯の間の汚れを

こう 取っていくような形。

特に 先ほどの歯周ポケット
歯肉の中の溝ですよね。

健康な歯ぐきでも 1~2mm入りますから
そういう所の汚れを

できれば かき出したい
というふうなことが

このフロスの目的です。

さっき 表にあった
歯科で受けるスケーリングっていう…

先生とやるっていうことですか?
こちらですね。

これは
どういったものになるでしょうか?

こちらは 歯のですね セルフケアでは

特に 取り除くことができなかった汚れ

歯垢や歯石を取り除く…

機械で取り除くことになります。

特に 歯垢… プラークが
硬くなってしまうと

歯石と呼ばれる状態に
なりますが

もう 歯ブラシや
こういう道具を使っても

取り除くことが
できませんので やはり

プロフェッショナルなケアが
必要というふうなことになります。

歯周炎までいっちゃうと
どういった治療になる…?

歯周炎が どういうふうに進んでいくか
っていうことで言うと

汚れ 細菌… 歯周病原因菌が

歯を支えてる歯槽骨にも
ダメージを与えますが

もう一つ かみ合わせ… かむ力

過度な そういう強い力が

同じように 歯槽骨にダメージを与えます。

その2つが合わさったときに

加速度的に 歯周病… 歯槽骨の破壊が
進んでしまうので

重症化しているケースでは 両方を
しっかり診ていかなければいけないと

そういうことなんで
かみ合わせをコントロールするために

歯を削るですとか…。
う~ん…。

少し心配な ぐらぐらしてる歯が
あるんだとするならば

隣の歯に 例えば 添え木をするように
接着剤で固定してあげるとか

そういうふうな
かみ合わせのコントロールが

非常に重要です。
そうか。

もし それでも進行していく場合
そういう場合には

フラップ手術と…。
フラップ手術?

イラスト化したのが こちらなんですが
どんな手術なんでしょうか?

ポケットの底の部分には
汚れが どうしても残ってしまう。

そういうときに 歯肉を開いてあげて
麻酔をした状態で開いて

その 深くなって残っている…
残存しているかもしれない部分の汚れを

取ることを目的としています。

さらには 歯周炎の状態によっては

さらに 治療を行うこともあります。
あら!

それがですね
先ほどの鈴木さんが受けました

「歯周組織再生療法」
というものなんですね。

フラップ手術を行うことによって

きれいになった状態のポケットに対して
傷口の治癒を促す

bFGFと呼ばれる細胞を

活性化させる
薬を注入するというふうなことです。

それは このポケットの所に
注入するんですか?

はい。 きれいになった こちらの所に
注入していくことによって

歯槽骨 そして 歯根膜の再生を促す。

そういうふうな薬です。
出来ていくんですね。

びっくりするけど。
最近 出来た方法… 療法ですか?

2年前に保険治療に収載された
新しい薬です。

新しい薬だと
ちょっと お高かったりしますか?

保険適用で受ける場合には

例えば
1本の手術と再生療法を合わせまして

3割負担で
大体1万円程度というふうになります。

ただし 複数の…
1回 フラップ手術で歯肉を開けると

1本の歯というか 周りの歯も一緒に
まとめて治療することもありますので

その場合は もう少し費用はかかると。

<歯周組織再生療法を
保険診療で受けるには条件があります>

<歯周ポケットが4mm以上あり

歯槽骨が えぐれるような形で

3mm以上 溶けていることなどです。

詳しくは 担当の歯科医に
相談してください>

<歯周病への対処のまとめです。

セルフケアによる
プラークコントロールは

歯肉炎でも歯周炎でも
共通して行います。

歯科では スケーリングで

プラークや歯石を取り除きます。

目安は3~4か月に1回程度です。

歯周炎に進行した場合は

歯肉の内側に入り込んだ
歯石まで取り除く フラップ手術。

また 歯を支えている
歯槽骨の状態によっては

フラップ手術に合わせて
歯周組織再生療法も検討します>

さあ 続いては
歯を失う原因で次に多い

虫歯の治療についてお伝えします。
こちらをご覧ください。

<会社員の…>

<虫歯を治療した奥歯に

3年前から
違和感を覚えるようになりました>

<気になった萩原さん。

歯科を受診したところ
意外なことを告げられました。

治していたはずの虫歯が再発し
進行してしまっているというのです。

実は 虫歯を削っても
詰め物の隙間から再び 虫歯が入り込み

再発してしまうことがあるのです。

これを…>

<虫歯は 歯の表面から奥に向かって
徐々に進行していきます。

萩原さんの虫歯は
歯の神経まで虫歯が進んだ状態でした。

この状態が さらに進むと
神経が死んでしまい

歯の根元に膿がたまって
炎症を起こします。

このまま放置すると
痛みや腫れを引き起こし

歯を抜かなくてはならなくなると
告げられた萩原さん。

そこで あるチョイスをしました>

チョイス!

<萩原さんがチョイスしたのは…>

<「根管治療」では 歯を削ったあと

虫歯に汚染された「歯髄」と呼ばれる
神経などの組織を除去して消毒。

充てん剤で満たし
最後に かぶせ物をします。

一見 簡単そうですが
実は 難しい治療なんです。

歯髄を完全に除去できないと

再感染を起こすリスクが高いうえ

根管の先は
直径1mm以下と とても細く

複雑な形をしているためです>

何しろ…

そのうえで
その治療の対象となる…

…というのは 我々 常に
日常 意識して対応しているところです。

<そこで 再感染を徹底的に防ぐための

最新の根管治療をご紹介>

<ポイントの1つ目は…>

<ラバーダムは
薄いゴムで出来たシートのことで

治療する歯以外を覆います。

治療中の歯に 周囲から細菌が侵入し

再感染することを防ぎます>

<そして 2つ目は…>

<電極をつけた器具を
歯の穴に さし込み

歯の根の先端の位置を
調べます。

歯髄を除去するために

器具を
どれくらい深くまで入れればよいか

正確に
把握することができます>

<3つ目は 高精細の…>

<こちらが
マイクロスコープの映像です。

スコープと一体化した照明で
歯を直接照らし

さらに
20倍まで拡大することができるので

根管の入り口も はっきり見え

その奥にある 歯髄や汚れも
正確に除去することができます>

<このような
根管治療を受けた萩原さんの歯です。

根管にあった歯髄が取り除かれ

代わりに 充てん剤によって

4つの根管が しっかりと
密閉されているのが分かります>

<萩原さんは治療後 すぐに
温かいものが飲めるようになりました。

3年たった今も 虫歯は再発していません>

そこまで悪くなった状態から…

根管治療。 何となく 我々…
イメージというか よく聞く

神経を抜くっていうやつですかね。

これって 実は
難易度が高い治療だったんだなと

今 改めて VTR見て 思いましたけれど。

さかのぼると 歯髄を ただ単純に

かき出してというふうな治療が

行われていたと思うんですけれども

それだと 歯髄が残ってしまったり

もしくは 再感染を起こしてしまうという
リスクがありました。

ですので きちんと
歯髄を取り除くためには

さまざまな工夫が必要になります。

でも その根管治療って
虫歯が どんな状態になったら

やりましょうっていう…
必要になるのかっていうことですが。

こちら 虫歯の進行を表した
イラストなんですが

こちらで ご説明いただけますか?
はい。

歯の真ん中にある黄色い部分が

神経 血管を
入れている「歯髄」といわれる部分です。

その外側に「象牙質」。

そして 一番最表層に歯を守っている

「エナメル質」があります。

虫歯は
外側から進行していきますけれども

エナメル質の中に
限局している虫歯を「C1」。

象牙質まで達すると「C2」。

それが 歯髄 神経まで達してしまうと

「C3」といわれる状態になります。

患者さんは激痛を訴えられて

歯科医院に
来られることも多いと思います。

で その状態を過ぎてしまうと

歯の中の神経が死んでしまって

痛みはなくなるのかもしれませんが

根っこの全体に膿がたまったり

腐ってしまう
というふうなことになってしまいます。

ですので 根管治療は

C3の段階で行われることになります。

そうなって
C3までいって 根管治療 やりましょう。

大変難しいということですけども

具体的には どういうところが
難しいっていうことになりますか?

根管治療で
非常に難しいところの一つは

まず見えない所を対象としている
というふうなことです。

見えない所は
手探りの状態になってしまいます。

ですので その歯が複雑な形を
していることが予想される場合には

通常のレントゲンだけではなくて

CTといわれる 三次元的に
歯の根っこの形を捉えられるような

レントゲン撮影をして
その数だとか形というものを

把握する必要があります。
なるほど。

<こちらは 同じ歯をX線で撮ったものと

CTで撮ったものです。

X線は 撮影できる方向が
限られているため

必ずしも 歯髄の全体像を
捉えることはできません。

一方 CTは あらゆる角度から
撮影することができるため

X線では見つけることのできない
歯髄の特徴をつかむことができます。

例えば このCT画像は

真上から見た歯髄の断面の形を
示しています。

通常 断面は円形ですが
このケースは

C字形の特殊な形をしていることが

治療を始める前に分かるのです>

今日はですね 実際に
その歯髄などをかき出す道具

こちらに ご用意いたしました。

これは「ファイル」といわれる器具です。

根管の中にある歯髄を除去するために

やすりがけをできるような
デザインがされています。

こちらに見えているのが
透明な… これは標本です。

実際の歯の根管と同じように
非常に細くて…。

見えないぐらいですね。
湾曲している。

中ですね。
この中に これを入れちゃうわけですか?

はい。
例えば これは 0.1mmのファイル。

痛い 痛い…!
入っている。

これで やすりがけをしながら。

こういう形で 歯髄を除去していきます。

細かいですね。
プラス 結構 やっぱり

先生の腕前みたいな…
アナログな部分 多いじゃないですか。

…っていうのも ちょっと感じるな
っていうふうに思いますね。

本当に細心の注意を払った
治療ということなんですけれども

こちらにですね それをまとめてみました。
根管治療。

<再感染のリスクを下げるために
使われるものは

CT以外にもあります。

まずは ラバーダムです>

治療している歯を… 孤立して

このゴムのマスクから
出してあげることによって

より清潔な治療ができる
というふうなシステムです。

根管治療の手前の 先ほどのC2だとか
そういうふうなときにも

できるかぎり ラバーダムを使って

お口の中の湿度なんかを
コントロールしながら

使われることがあります。
へえ~ 初めて見ました。

そして VTRに出てきました
こちらの機械。

根管長測定器。

治療としては
根っこの先端ぎりぎりの所まで

しっかり 歯髄を取り除いて消毒をしたい。
…となりますと

根っこの先端の位置を なんとか知りたい。
決める必要があります。

先ほどのファイルに
こちらを取り付けることによって

作業をしながら 今 どこにあるのか。

もう少し先に 根管…
根の先端があるのか。

それとも 今 ジャストなのか
それとも 突き出てしまっているのか。

そういうことを調べながら
根管治療っていうのは行われていきます。

じゃあ 同時進行にできるってことですね。
はい。

そしてね 先ほども 繊細な手術の様子
分かりましたけれども

やはり マイクロスコープで見ながら

やるということなんですね。

根管が複数あるような場合に関しては
根管の入り口が どこにあるのか。

見ることができれば
そこは治療することができますから

マイクロスコープ… 拡大した視野を
使いながらやっていきます。

これ自体の治療は
1回で終わるんですか?

基本的には 次回 来ていただいて

問題がないことを
確認したりすることもあります。

特に難しい症例に関しては

根っこが曲がっていたり
何本もあるようなケースでは

1回で すべての治療を
行うことができないので

2~3回に分けて行われることが
多いと思います。             完全にね。

まあ 大変なことは
よく分かりましたので

その根管治療 気になるのは
おいくらかっていうことなんですが。

治療に関しては 歯の…
前歯なのか 奥歯なのか

さまざま ばらつきがありますけれども

保険適用の場合…

<詳しくは
担当の歯科医に ご相談ください>

根管治療は
どこでも やっていただけるんですか?

根管治療自体は
一般的な歯科医院で行われています。

じゃあ ああいうラバーダムっていうの
初めて知ったんですけど

ラバーダムみたいのを使って
やってくださる所も多いんですか?

すべての歯科医院が
行っているわけではないと思いますので

日本歯科保存学会や
歯内療法学会の先生方

それぞれのホームページを
ご参考にされながら

根管治療を行っている先生を

探してみてはいかがかなと思います。
まあ でも いろいろ

大変だなってことが分かりましたので

もう これは根本的に

虫歯を進行させないためには

どんなことができるのか
ということでございますが。

まずは セルフケアとして

フッ化物が含まれている歯磨剤
歯磨き粉を使って ケアをすること。

それと もう一つは 食生活ですね。

砂糖の摂取量 砂糖の摂取回数と

虫歯のなりやすさっていうのは

関係があるといわれておりますので

そういう食生活の
見直しというのも必要だと思います。

さあ ここまでは
歯を失う原因で最も多い

歯周病と虫歯の治療について
お伝えしました。

そして 失いかけた歯をよみがえらせる
こんなチョイスもあるんです。

こちらをご覧ください。

(2人)チョイス!

<5年ほど前 食べたり飲んだりすると
口の中に痛みを感じるようになりました>

しみるっていうこともあったしね。

<痛みを何とかしようと思った浅越さん。

近所の歯科を受診しました。

すると…>

<…って 一体 どういうこと?>

<こちらは受診当時の浅越さんの歯です。

上の前歯が 全体的に すり減り
短くなっています。

でも どうして 浅越さんの歯は

こんなに
すり減ってしまったのでしょうか?>

<歯が すり減る原因は
主に 3つ考えられます。

1つは…>

<かんきつ類や酢などの
酸性の食品を食べたり

逆流性食道炎で 胃酸が
口まで逆流したりすると

口の中が酸性となり

その酸によって歯が溶け
すり減りやすくなります>

<そして…>

<研磨剤入りの歯磨き粉を使って
歯を強く磨き過ぎても

歯は すり減ります>

<さらに くいしばりや
寝ている間の歯ぎしりも

原因となることがあります。

浅越さんの歯も
「酸蝕歯」でした。

それに加え 歯ぎしりもあり

歯が すり減ったと
考えられたのです。

でも 実は
あるチョイスをして ご覧のとおり。

歯が すり減る前のような状態に
戻すことができました>

チョイス!

<浅越さんは
「コンポジットレジン」と呼ばれる

プラスチックに
セラミックスを混ぜた材料を使って

歯の修復をしたのです。

コンポジットレジンは
虫歯の治療に多く使われています>

<虫歯の治療に使う場合

まず
虫歯の部分だけを最小限 削ります。

削った部分に接着剤を塗ったあと

LEDの
青い光を当てると固まってきます。

その上に コンポジットレジンを

充てんしながら形を整えます。

コンポジットレジンも

LEDの青い光を当てると
固まる素材です。

再び 歯に接着剤を塗り

コンポジットレジンを
充てんします。

この作業を何回も繰り返し

元の歯と同じようになるまで
修復していくのです>

<こちらは 実際の治療の様子です>

<コンポジットレジンは
その人の歯の色に近いものを選びます>

<注射器を使って
コンポジットレジンを充てんし…>

<LEDの青い光を当てると

3秒程度で固まります。

この治療によって
虫歯を削る量は最小限に抑え

こんなにきれいに
修復することができるんです>

<このコンポジットレジンは

歯が すり減ってしまった部分にも

使うことができます>

<浅越さんも…>

<このとおり!

上の歯を13本 下の歯を3本
修復しました。

この治療で浅越さんの痛みは
すっかりなくなりました。

現在は 歯ぎしりを防ぐために
マウスピースを着けて寝ています>

先生さまさまですよ。 ハハハハ…!

<浅越さん よかったですね!>

まあ コンポジットレジン すごいですね。

虫歯だけじゃなく すり減ったような歯も
修復できるということですか?

そうですね。
コンポジットレジンに必要な接着剤や

コンポジットレジンそのものの品質も
上がってきているので

見た目がきれいになってきてるのも
そうですし

しっかりとした物性を兼ね備えて

患者さんの機能を
回復できるっていうのも

いいところだと思います。

それで 何より 歯を削ることがなくて

歯を保存する… 歯を守りながら

短い治療期間
治療回数で行うことができて

1本だけの小さい修復であれば

1日で
治療が終わることも珍しくありません。

今日は そのコンポジットレジン
お持ちいただきましたので

見せていただきましょう。
なるほど。

こちらに 人工の歯を用意いたしました。

ちょうど
虫歯を取り終わったところの状態です。

虫歯は取りました。 さあ…。

そこに対して
接着剤を まず 塗っていきます。

<接着剤を付けて準備したあと

コンポジットレジンを
充てんしていきます>

もう かぶせちゃうんだ。
はい。

今から青い光を
3秒間 当てていきます。

あら!
3秒。

はい。 3秒 当てた。

それで その表面は固まってるのか
ということになりますので…。

えっ 今!?
実際に…。

ハハハハ…!
青いの 3秒しか やってないですよ。

もう 完全に固まってる。
すごい!

カチカチ いってますね。
カチカチだ。

あっという間ですね。
あっという間。

これ 1本あたりの時間って
今のぐらいってことですか? じゃあ。

これぐらいの大きさですと
大体 20分から30分ぐらいかけて。

え~! これが もう… これ自体が

ポロッと取れてしまうことは
ないんですか?

私が所属している接着歯学会の
臨床研究のデータでは

500症例の患者さんに対して
治療を行った場合

3年後の生存率が99%というふうな
高い成功率…。

ほとんどないってことですね
それは もう。

欠けたりなんかの 耐久性みたいなのは
どうなんですか?

実際に かむ力が強い患者さんだとか

かみ合わせが
強くかかりやすい場所に関しては

欠けてしまうこともあります。

また 境目に色がついたりだとか
お手入れが うまくいかなかった場合に

境目が虫歯になることがあるんですが

そのような場合にも
そこの部分だけ ピンポイントに

また お口の中で
治すことができますので

非常に 歯にとっては低侵襲の
やり方だというふうなことになります。

手直しに関しても それは
失敗というふうに考えるのではなくて

修復物が長持ちしますので

そういうことによって
歯を保存していこう

なるべく 歯を削らない治療をしよう
というふうに考えています。

<コンポジットレジンを使って
こんなことも試みられています。

歯が抜けてしまっても
コンポジットレジンを使えば…>

<ほら このとおり!

コンポジットレジンで
歯を1本丸ごと作り上げ

両隣の歯に接着剤で固定しました。

かむのにも 支障はないそうです>

でも まるまる1本ってなると 費用は
どれぐらい かかっちゃうんですか?

コンポジットレジンは
虫歯や歯のすり減りなど

病気が原因の一般的な治療に
保険適用されております。

そのような場合は…

このようなケースは特殊なケースでして

自由診療というふうなことに
今のところ なっています。

どの歯医者さんでも
受けられるものですか?

一般的な歯科医院で
コンポジットレジン修復っていうのは

一般的にされているものです。

しかし
今 見ていただいたような構造物や

浅越さんのようなケースっていうのは

簡単そうに見えるんですけれども
非常に こう…。

難しそう。
難しいところもあります。

例えば 保存学会や補綴学会。

全体にわたり かみ合わせを作る治療を
専門にするような先生たち。

そして また 接着歯学会とか

いろいろな分野にわたっているような
治療ですので

そのような先生たちを探してもらうのが
いいと思います。

<歯が すり減らないように
気をつけるポイントは

酸性の食品や胃酸によって
歯が溶ける「酸蝕」。

歯ブラシで
強く磨くことで起きる「摩耗」。

「歯ぎしり」や
「くいしばり」などです>

最近 この 歯のすり減りに関しては…

…というふうにいわれる状態で
非常に注目されています。

虫歯の細菌には関係なく

このように 歯が すり減って
構造が失われてしまう。

歯の形がなくなってしまう
というふうな病気です。

特に注意が必要なのは 酸蝕です。

酸蝕が起きますと
歯ブラシで強くこすったりすると

エナメル質や また 中の象牙質が
薄くなってしまう可能性があります。

…というふうにいわれてます。

自分で気付いてらっしゃらない方も
たくさん いらっしゃる…。

でしょうね。
そうなんですよね。

こちらに その酸蝕してしまった歯の
写真をね ご用意しましたけれども。

歯の表面が溶けますと
中の象牙質という構造が露出してきます。

この表面の黄色く見えてる所
茶色く見えてる所が

中の象牙質の色みになります。

そうか。 虫歯じゃなくてってことですね。

こちらの右側の写真は

特に 歯の内側が
酸蝕を起こしているような

中の象牙質が見えてるようなケースでは

胃酸ですとか そういうようなものが

原因だったりということが
考えられますし。

こちらのケースは 外から摂取するもの。

酸性の飲食物が原因ではないかと。

ふだん どういうことに
気をつけたらいいんですかね?

酸性の飲食物をとられる場合には

ちびちび
長い時間にわたって とるのではなくて

短い時間で とっていただくとか。

あとは
酸性の飲食物をとられたあとには

水で ゆすいでもらうことによって

その酸を洗い流す効果も期待されます。

意識してなかったんでね…。
ねえ。 びっくりしました。

4人に1人ですもの。
ねえ。

はい。
では ここまでの内容を踏まえまして

歯を守るためのベストチョイスの
アドバイスをお願いいたします。

歯も 歯を支えてる歯周組織も

失われる程度が大きいのではなくて

小さい程度のときのほうが
治療が うまくいきやすいです。

ですので 患者さんのセルフケアと

プロフェッショナルケアによって

そのようなことをチェックしていく。

そういうことが重要だと思います。

先生 どうもありがとうございました。
(一同)ありがとうございました。

今日は
「歯を守る」ということでしたけれども

いかがでしたか?
どうしても やっぱり 歯が痛くなったら

歯医者さんに行くっていう
固定概念といいますか

まだ そういう気でいますので

どこか 定期的に行くっていうのを
習慣づけたいなと思いましたし。

やっぱ 「3点セット」って
おっしゃってたので

フロスも習慣づけられるようなったら
いいなと思いました。

そうですね。 歯磨きも習慣だし

歯医者さんに行くのも
習慣っていうふうにすると

たくさんの時間 おいしいものを食べて
笑顔でいれるんじゃないかなと

今日は思いました。 はい。

さあ 次回も皆さんに お届けします。

健康への ベスト…。
(2人)チョイス!


関連記事