それって!?実際どうなの課 高額仕事の実態とは!?“解体工”の現場に迫る・盗聴器はどれだけあるのか徹底調査する…



出典:『それって!?実際どうなの課【高額仕事の実態とは!?】【盗聴器を徹底調査する】』の番組情報(EPGから引用)


それって!?実際どうなの課[字]【高額仕事の実態とは!?】【盗聴器を徹底調査する】


生瀬勝久&博多華丸・大吉が世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【高額仕事の実態とは!?“解体工”の現場に迫る】【盗聴器はどれだけあるのか】


詳細情報

番組内容1

①【高額な仕事って実際どうなのか】

学歴不問、未経験OK、残業も一切ナシ。そして年収1000万円も可能だと言う“解体工”の仕事って、実際どうなのか?

壁を剥がし、床を剥がし、モノを壊す。アキラ100%が裸一貫で挑戦!!

番組内容2

②【盗聴器を徹底調査する】

年間30万台も販売されているという盗聴器。では、実際どれだけ町に仕掛けられているのだろうか…

上京したての若手女優が町を練り歩き、実際に盗聴器を捜索。

果たしてどれだけの盗聴電波が見つかるのか!?

出演者

【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/アキラ100%/梶原凪

監督・演出

【構成】松本建一

【演出】立澤哲也

【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)

URL

https://www.ctv.co.jp/dounanoka/



『それって!?実際どうなの課【高額仕事の実態とは!?】【盗聴器を徹底調査する】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

それって!実際どうなの課 高額仕事の実態とは!“解体工”の現場に
  1. アキラ
  2. 梶原
  3. 大島
  4. 藤井
  5. 盗聴器
  6. 川上
  7. 作業
  8. 森川
  9. 解体工
  10. 仕掛
  11. お願い
  12. 実際
  13. 本当
  14. 仕事
  15. 職長
  16. 生瀬
  17. インターホン
  18. バール
  19. ハハハ
  20. 大吉


『それって!?実際どうなの課【高額仕事の実態とは!?】【盗聴器を徹底調査する】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓中京テレビ関連商品

<…と言われる時代>

<その中で わずか…>

<…と言われている>

<そこまで…>

<…という求人広告を見つけた>

<…など うまい話ばかり>

(大吉)おぉ~。

<その名の通り…>

<そんな解体の現場に…>

(アキラ)はっ はっ…!

危ない 危ない…セーフ!

<前回 20代で
年収1000万も夢じゃない

鳶職の世界に飛び込んだが>

<その仕事は…>

(アキラ)いや!

<実はアキラは今
崖っぷちに立たされている>

(アキラ)そうなんですよ。

<そう この裸芸が

世間から飽きられ始め…>

(森川)何ていうことを。
(生瀬)ひどい。

<崖っぷち芸人
アキラ100%が…>

(生瀬)さぁ始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です。
(大吉)よろしくお願いします。

皆さん よろしくお願いしますと
いうことで始まりました。

アキラ100%。
(アキラ)はい。

前回の…

そんなアキラ君には
申し訳ないですけど…

大事なものだから
周りのね ものに

何か気をつけたりとかあったけど。

ハハハ…[笑]
(森川)何か イメージ的には。

そうか。

<まずは…>

<こちらが年収1000万も
可能という…>

こんにちは。

よろしくお願いします。
(アキラ)よろしくお願いいたします。

<この方が
「アームレックス」…>

(大島)若い!

<リフォーム工事や
商業施設のテナント撤去の際に

必ず行われる作業>

<今回は その…>

<…金額だが>

(社長)…が いるんですけども。

<なんと解体工は
資格は一切 必要なし>

(アキラ)やっぱり…

えぇ~!

(大島)えぇ~!
(華丸)何で?

(社長)45歳。(アキラ)はい。

(社長)…人とかも多いんですけど。

<40代で入社した人は

ほとんどの人が1日も持たない>

(アキラ)はい ありがとうございます。

<ということで…>

<そして迎えた…>

<やって来たのは…>

≪おはようございます。
(アキラ)おはようございます。

よろしくお願いします。
(アキラ)よろしくお願いします。

<こちらが
現場リーダー…>

<解体歴17年の
大ベテラン>

<早速…>

<もはや 見た目は…>

<解体現場では…>

<少し古くなった…>

(アキラ)えっ!

<そう…>

<最初の作業は…>

<こちらが
フローリング剥がしに使う…>

(アキラ)おぉ~!

(森川)そんな感じ?
(アキラ)そうなんですよ。

(大島)すごい。
いや 大変!

(大島)これは すごい。

<なんと…>

これ簡単そうに見えるけど。

<…がバールを使う>

(アキラ)うわっ うわ硬い!

(川上さん)そうです そうです。

いけ。

<職長の…>

<しかし内装解体の…>

<熱気で あっという間に…>

早いな。

<腕と腰を使って力一杯
たたき続けなければならない>

<これが キツイ>

あ~あ~ ほらほら ぶつかるよ。

なんとなく うまくなってる。
うまくなってる。

<目の前の作業に
必死で食らいつく>

(大島)大丈夫かな?

息しにくいよな。

トレーニングみたいだね。

高山トレーニング。
ねぇ。

<1日で…>

(アキラ)あぁ 本当ですか?

<内装解体は…>

<…を払っている>

<腰の痛みを感じたまま
無理して作業を続ければ

事故やケガに繋がる
可能性もある>

<それを管理するのも…>

あれ部活やったら怒られるよね。

それ昭和ね[笑]

<ここで…>

(アキラ)本当ですか?

(川上さん)ですよね。

(川上さん)あっ するんですか?

ハハハ…[笑]

<続いての作業は…>

えっ まだ剥がすの?

<…という道具で剥がしていく>

(川上さん)ちょっと
剥がしてみますね。(アキラ)はい。

(川上さん)そうですね。

<このように遮音材の…>

<一見 地味にも見える
この作業>

<だが これが…>

(大島)そうなんだ。

<床に へばり付いた糊を
1つ1つ 削っていく>

(アキラ)うわぁ~ これ。

(川上さん)掛かりますね。

<糊は予想以上に粘着力が強く

削っても削っても
なかなか取れない>

(アキラ)あぁ~。(川上さん)やっぱり…

(アキラ)本当ですね。

<そう 解体工の人たちは
口をそろえて こう言う>

ハハハ…[笑]

(アキラ)はいはい。
(川上さん)これを削るように。

<集合住宅では…>

<そう…>

<機械の何十倍もの力と
時間がかかるのが…>

(大島)わぁ~。

頑張れ!

5時間!?
(大島)5時間。

(アキラ)はい!

えっ 結局 できないんだ。

<結局…>

<解体作業は…>

<そう…>

(川上さん)お疲れさまでした!

お疲れさまでした!
(アキラ)お疲れさまでした!

(アキラ)…じゃないですか?

<こうして解体工の…>

下 見るのは あんまり
いいことじゃないよ。

(大島)顔が。

<朝 起き上がることさえ
キツかったという…>

<この日も1日目と同じ現場で

作業の続きを行う>

(大島)すごい おぉ~。

(大島)すごい。(森川)えぇ~。

<一方…>

<壊した資材を
トラックに積み込む>

<解体から片付けまで
作業は分類されておらず

すべて解体工の仕事>

<そして すぐさま…>

(アキラ)はい。

<ただ ひたすら

糊を剥がす>

<30分程度 続けただけで>

(大島)うわぁ~。

<作業を再開するも>

(川上さん)これで…

ありがとうございます。

(アキラ)ちょっと…。

(アキラ)はい。

(川上さん)1か所…

この…

(アキラ)バキッと。(川上さん)はい。

うわっ!

これで。(川上さん)はい OKです。
(アキラ)あっ これでいいですか?

あぁ~ わぁ すげぇ。

<バールがあれば…>

(川上さん)そうですね。

(アキラ)そうなんですね。
(川上さん)はい。

<必ず1本 持っているという>

<続いての作業は…>

あっ 壁も。

(森川)あっ!
わぁ!壁ごと いった。

(森川)うわっ!

(大島)えぇ~ すごい。

うわっ 何か出た。

(大島)うわうわ…。

<まさに…>

(アキラ)これ 意外と。

(アキラ)うわっ。

(アキラ)もっと強く。

(川上さん)抜ける。

(アキラ)これもバールで。
(川上さん)そうです。

うわぁ~!

おぉ~!

(大島)うわぁ~ すげぇ。

どうぞ。
(森川)どうぞって言われても。

いけ!

<ただ ひたすら…>

<職長が たたくと>

(大島)わぁ すげぇ。

(アキラ)はい。

(アキラ)はい。

端っこの方から。

はい。

おぉ~ いいよ うまい。

うまい!

<だんだん ちゅうちょすることも
なくなり

すっかり…>

<しかし…>

<解体で出た…>

<アキラに…>

<突然…>

(アキラ)ちょっと待ってください。

<バールの慣れない力作業で
熱がたまり…>

<普段…>

<やはり 肉体労働は厳しい>

<後片付けをし この日は…>

おはようございます。
(アキラ)おはようございます。

大橋 彰と申します
よろしくお願いします。

<そう アキラの…>

<話が それたが
こちらが今日の…>

<解体歴 4年にして
職長を任される

若手のホープ>

<…でコンクリートを粉砕する>

[電動ハンマーの音]
(アキラ)うわぁ~!

<まずは…>

(アキラ)うわぁ~!

(アキラ)はい。

(池内さん)はい。

(アキラ)うわぁ~!

<職長に教わりながら…>

<もはや…>

<振動を受け止めるため…>

<そして この体勢がキツイ>

<当然…>

(アキラ)あ~ ちょっと…。

<解体工の…>

どうなってるの?これ。

<作業のたびに…>

<作業の厳しさ>

<アキラは このロケを始める前

正直 こう思っていた>

<だが 解体工の仕事は…>

<しかし…>

<社会に役立てる仕事>

<そんな やりがいと向き合う
職長たちの姿を見て>

<そう 解体工の人たちは

我々の気づかないところで…>

どういう結論?

<また1つ アキラは芸人としても
人間としても…>

<ついに…>

<解体工として働いた…>

きた!宴会芸。

(アキラ)どうも!

これがいいんよ これが楽しみ。

[拍手]

(アキラ)お玉 よし。

はい はい…。

絶対 ウケる。

(アキラ)はいはい…!

[拍手]

<以上 解体工の仕事って
実際どうなの?でした>

いやぁ~ よかった。

<とてつもない数字だが
実際 盗聴器は…>

<そこで我々「実際どうなの課」が
総力をあげ

1つ1つ…>

<いかに 皆さんの身の回りに…>

えっ 誰?

(梶原)<梶原 凪 18歳>

<この春 女優を目指して
上京します>

<応援 よろしくお願いします>

(梶原)♪基本料金
0円は eco電力

このCMの子。

<と言って この春
岡山から上京してきた

若手女優…>

(梶原)5 6 7 8 9。

(梶原)こういう…

ハハハ…[笑]

<こんな…>

<この道 30年>

<盗聴器は何かのモノに
隠されている場合が ほとんど>

<盗聴されている人が自分で…>

(森川)えぇ~。

<プレゼントだと言って
渡されることが ほとんど>

<さらに>

<電源を取れさえすれば…>

<そして驚くべきことに>

(藤井さん)聞くのは…

<そう…>

<プライベートの会話を
聞かれても

仕掛けられたとしても…>

<それでは 今回の調査で…>

<決定>

<果たして…>

(生瀬)ほとんどが元彼か友人。

(大島)え~っ。
(大吉)友人っていうのがね。

あと病院にも多いらしい?
(大島)え~っ?

うわ~っ。

(梶原)はい。

<世に はびこる主な電波は3つ>

<この受信機は
A波・B波・C波と

全てキャッチできる
すぐれもの>

<早速…>

<すると>
[ピッ]

(梶原)わ~っ。

(藤井さん)止まってますね。

(梶原)そんな。

<何と もう…>

<つまり この付近に

1つ仕掛けられている
可能性が高い>

<キャッチした盗聴電波の
場所を確かめるべく…>

<しかし>

(梶原)…数字が。

<歩き始めて…>

<さらに…>

<その周辺を歩き 電波をたどる>

(梶原)あっ。

<何と またも先ほどとは…>

<さらに>

<我々も予想していなかったが

歩き始めて…>

<しかし盗聴器の…>

<すると>

<その時…>

<辺りを見渡すとマンションの方
から藤井さんが出てきた>

<何かを確認していたようだ>

まぁ立派だけど。

(華丸)片手間ですか?
えっ 何してるの?藤井さん。

<この番組を作っていると
ふと思うことがある>

<何かに たけている
能力を持っている人は

ちょっと変わっている人が多い>

<調査して…>

<すると…>

(梶原)聞いてください。
[秒針の音]

<この音は>

(梶原)あ~っ!

[秒針の音]

<藤井さんが言っていた

時計の中に仕掛けられる
盗聴器なのだろうか?>

<そう 盗聴器の音を
クリアに聞くには

仕掛けられている場所に…>

<つまり…>

<しかし 辺りをくまなく
捜索したものの

はっきりと…>

<歩き続けるたびに…>

<音がクリアに聞こえるほどの…>

<ちなみに…>

え~っ!
(森川)何それ 気持ち悪い。

<しかし何度も言うが
聞いているだけでは…>

<捜査開始から…>

<ついに…>

(梶原)あっ B B B!

<電波が強くなってきた>

<メーターが振り切り
音が鮮明に>

<物音がなった>

<盗聴器が近くにある>

<盗聴器を取り外す>

[インターホンの音]

<受信機が
インターホンの音を拾った>

へぇ~っ なるほど。

<この家に…>

怖い。

<あとは…>

<しかし>

<再び訪ねることを決め
引き続き…>

(梶原)こういった…

(藤井さん)…日本全国。

<つまり それだけのお金を
費やして仕掛けるということは

その人物に対し

かなりの執着心が
あると考えられる>

<そして仕掛けられている人の
ほとんどが まさか…>

<これが まさに…>

<藤井さんぐらいになると
そんな…>

<先ほど見つけた盗聴器の現場に
戻ってきた>

(梶原)今日 昼間
留守だった お宅に

来ています。

<すると>

いや これ嫌やなぁ。

[物音]

[物音]
(梶原)聞こえますか?

<盗聴器を取り除くため…>

[インターホンの音]

(梶原)中京テレビの…

<住んでいたのは…>

<けげんそうな顔を
していたものの…>

(梶原)お邪魔します。

<早速 盗聴器を探す>

<この部屋の…>

前からコンセントにとか。

<すると梶原が部屋の隅に
近づいた その時>

[ハウリング]

ハウってる。

三又ソケットじゃない?

[ハウリング]

(藤井さん)やってみて。

[ハウリング]

(梶原)うわ~っ!

(藤井さん)ハウリング起こしてるね
ここ。

(梶原)こんな音がするんですか。

(梶原)はい。

アンテナ線の中。

<盗聴器が
仕掛けられているのは

コンセントの中か
三又コンセントと断定>

<その中身を>

(藤井さん)これですね これ。
(梶原)えっ?

(藤井さん)ここに部品が
付いてるじゃないですか。

(梶原)うんうん。

<この…>

<本来の三又コンセントの
中身は…>

(大島)本当だ 全然違う。

(梶原)これって…

買ったの?

自分が買ったんだ?

(梶原)今までに。

(藤井さん)盗聴器が売ってるから…

<盗聴器を仕掛けた者は…>

<…可能性がある>

<つまり その人物は
少なくとも…>

(藤井さん)人間関係でトラブル…。

<やはり この方も…>

あ~っ。

あっ すいません。

≪あ~っ はい。

(藤井さん)良かったですね。

(梶原)すごい…

<こうして…>

<何度か盗聴器に たどり着くも

取材NGの家もあり
全ては放送できないが

予想以上に多くの盗聴電波と
思われる電波を受信した>

<…となっているが>

<これだけ調べていると
不思議なことに出あう>

<盗聴器が付けられているのが
分かっているにも関わらず

取り外さなくていいという
人がいること>

<…と 思う梶原であった>

<しかし 梶原でも…>

(藤井さん)ここ?

あっ!
だいぶ振れてるじゃない もう。

いっぱいぐらいまで。
(梶原)あっ もうでも…

<すると>

[話し声]

<辺りで調べていた藤井さんが>

(梶原)本当ですか?
(藤井さん)あの突き当たりの。

(梶原)聞こえますか?そっちも。

(藤井さん)…あそこ。

(梶原)そういうことか。

<家の前に…>

<すると あのバイクに乗った
営業マンらしき人が

家から出て行った>

<盗聴器がある家の住人に
コンタクトを取る>

[インターホンの音]

<姿を現した年配の男性から…>

<ついに確信的な

盗聴電波が出る一軒家を
特定した梶原>

<出て来たのは…>

<しかし この方から…>

(梶原)あっ そうなんですね。
(藤井さん)付けられてるんですか。

というのはですね…

(梶原)そうですよね。

(梶原)本当 良かったです。

<介護が必要な
90歳を過ぎた父親がいて

自宅から何かあった時のために
聞けるように

取り付けているという>

≪介護の仕方が要するに
変わってきてる。

<以前 母親が倒れたときも…>

<今も継続して
使用しているとのこと>

その辺は…

<悪用する目的ではない
盗聴器の使い方に

感銘を受けた梶原>

(梶原)私は最初…

(梶原)何か…

(梶原)…思いました。

<それでは…>

<我々「実際どうなの課」が…>

<数日間かけて…>

<練馬区の盗聴器を探したら

実際…>

(大吉)どんどん このね。
(生瀬)そうだ!

都心に行きゃ 行くほど多いかもよ

(華丸)やることはね。

そうです。

(森川)そうか そうか[笑]

(♪~)

(♪~)


関連記事