所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」仕事や子育ての現場で、その能力をどのように生かし、育てればいいのか…



出典:『所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」仕事や子育ての現場』の番組情報(EPGから引用)


所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」[字]


周囲から理解されにくい「発達障害」の世界を深掘り!仕事や子育ての現場で、その能力をどのように生かし、育てればいいのか。日本と世界の現場を徹底取材!


詳細情報

番組内容

今回は72分の「発達障害スペシャル」。周囲から理解されにくい発達障害。仕事や子育てで悩む人も多いなか、今、発達障害がある人の能力をどう生かし、どのように育てていくのかが課題になっている。それぞれの特性を生かし、自分らしく生きる方法とは?日本と世界の最先端の現場を徹底取材。他の人とはちょっと違う「発達障害」の世界を深掘りする!     #発達障害って何だろう

出演者

【司会】所ジョージ,木村佳乃,合原明子,【出演】加藤一二三,澤口俊之,牛窪恵,モーリー・ロバートソン,吉川徹,【リポーター】井上裕貴,【語り】吉田鋼太郎



『所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」仕事や子育ての現場』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」仕事や子育ての現場で
  1. 木村
  2. 発達障害
  3. 新堀
  4. 悠太君
  5. 特性
  6. 亜子
  7. 本当
  8. 苦手
  9. モーリー
  10. 自閉スペクトラム症
  11. 取材者
  12. 会社
  13. ニッキー
  14. 作業
  15. 自分
  16. 合原
  17. 面白
  18. 大変
  19. お願い
  20. コミュニケーション


『所さん!大変ですよ「発達障害スペシャル」仕事や子育ての現場』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

何? 何?

危ない 危ない!

どういう運転してんのよ…。

最近 よく見かける…

うわっ 怖い…。

事故や あおり運転に備え
取り付けたという人も

少なくないんじゃ
ないですか?

すごい… 危ない!

いやいや… こんな長いのが?

そんな中
取材班は不思議な情報を入手した。

あっ ここですかね。

何でも 危険運転を
瞬時に見分ける

スペシャリストが
いるというのだ。

そういう人がいるんだ。 プロが。

いらっしゃいませ。

訪ねたのは
大手損害保険会社のグループ企業。

ああ… 保険会社の人ね。

こちらに 危険運転を見逃さない
スペシャリストの方がいると伺って

来たんですけども。
はい。 います。

どうぞ こちらへ。

彼ですね。

あの男性の方?
はい。

紹介されたのは 黙々と
パソコンに向かって作業する…

声をかけても…。

ノーリアクション。

しかたがないので上司に話を聞く。

聞けば この会社では

運送会社など
自動車保険に加入する法人に対し

ドライブレコーダー映像を
解析するサービスを行っているという。

実際 このサービスを導入した結果…。

半年で 17件あった事故を

5件にまで減らした企業も。

ほかにも 事故を
大幅に減らした企業が目立つ。

すごいじゃないですか!

しかも…。

(小林)あのスピードで見つけ出すと。

今のスピードで見てるんですか?

新堀さんは 倍速で見ても
全く精度が落ちないため

このスピードで見ているのだという。

そうですね。

それから…

う~ん そうだね。

この集中力を要する作業を

新堀さんは
毎日6時間も行っているという。

え~!

「発達障害」とは
脳機能の発達のアンバランスさによって

「人づきあいが苦手」など
社会生活に困難を来す障害のこと。

新堀さんの場合
実際 どんな困難があるのだろうか。

なかなか 人と仲よくっていうか
そういうのができない…。

あと…

細かい所まで
目がいくっていうことなんですかね?

どうですか?

じゃ これに向いてんだね。
(木村)そうですね。

果たして…

これは…。

この映像に

危険につながりかねない運転がある
というのだが…。

はい。
全然
分かんなかったんですけど…。

では もう一度!

皆さん よ~く見ていてください。

分かんないよ。

これは…。

(取材者)えっ? 出てきて それで…。

もう一度 見てみよう。

車が交差点を通過するとき…。

あっ 本当だ!

確かに 一瞬
自転車に乗った親子が現れた。

新堀さんは 僅かに現れた親子を
見逃さなかったのだ。

よく この速度で見えるね。

細かな変化を見逃さない
新堀さんの特性は

こんなところにも表れている。

はい。 そうです。

そうです。

何でも
新堀さん 趣味で いつも同じ場所で

風景写真を撮っているという。

同じ場所で? いいじゃない 何か。

これまで撮りためた写真を
見せてもらうと…。

(取材者)あれ? 新堀さん これ…

なんと 写真は
日付は違うが すべて全く同じ構図。

(木村)見事に一緒ですね。

気に入っちゃったんだね
このシルエットがね。

(新堀)こういう所のビルの写り方が
違ったりしてる…。

(取材者)これ そんなに違います?

(新堀)そういうのを見てるのが。

比べるのが楽しいんだ。 なるほどな。

多くの人が気にも留めないような
ささやかなことに こだわり

そこに楽しみを見つける新堀さん。

だが その特性に 新堀さんは

苦しめられることも
少なくなかったという。

でも 何か うれしそうにやってるから
いいじゃんね。

そうですよね。
趣味があって すばらしいですよね。

新堀さんの実家で詳しく話を聞く。

ただいま~。
≪おかえりなさい。

母です。
あっ お母様。

こんにちは。 はじめまして。
よろしくお願いいたします。

ずっと…

好きなものには とことん こだわり
のめり込む子どもだった新堀さん。

幼少期から特に熱中したのが車だった。

へえ~!

その こだわりの強さから
学校でトラブルになることもあり

小学生のとき
専門家から 発達障害の指摘を受けた。

ああ そう…。

何ていうんですかね…

中学卒業後 専修学校で
自動車について学んだ新堀さん。

憧れの自動車整備工場への就職が
決まった。

ところが

こだわりが強く

人とのコミュニケーションが
苦手という特性が

新堀さんの前に立ちはだかった。

夢だった自動車整備の仕事を

僅か1年足らずで諦めざるをえなかった
新堀さん。

その後 障害者雇用で再就職をし
名刺の印刷などをしていたが

6年前 転機が訪れた。

当時 広く普及し始めていた
ドライブレコーダー。

その映像解析ができる人材を探していた
会社から 声がかかったのだ。

取材の終わり 新堀さんが

毎日 仕事から帰って行う日課がある
というので見せてもらった。

(新堀)例えば…。

見ていたのは
ネットにアップされていた…

すでに 6時間も

ドライブレコーダー映像を
見ていたのに

また車の映像を見るというのだ。

へえ~!

仕事じゃなくても好きなんだね これ。
(木村)本当に好きなんですね。

(新堀)結構 こういうのを見たりして。

(取材者)これ 面白いんですか?
(新堀)うん。

(木村)へえ~!

というわけで 今日は

周りとは ちょっと違う

発達障害の人たちの世界を深掘りします。

所さん! 大変ですよ。

自転車 来てるとかって。

すごいですよね。
分かんないもん。

全然 分からなかったですね。
分からなかったよね。

集中力 すごかったですけど…。
続かないわ。

あらっ?
(木村)先生!

いるからいるんですね。
そういうことですよね。

そりゃそうですよね。

ええ~!
これが…。

大体 将棋の戦いって
まあ 繰り返しが多いんですよ。

繰り返しながらですね
若干 変えていくんですけども。

澤口先生も集中力ありそう。

これ 普通ですよ でも。

所さん 佳乃さん。
あっ 出た。

早速 大変なことになってますけど

まず 発達障害とは 何なのか
簡単に説明していきますね。

発達障害とは
主に大きく3つの種類があります。

まずは コミュニケーションが
困難だったり

あとは ある特定のものに
すごい強いこだわりがある

ASD 自閉スペクトラム症といいます。

さらに 注意力が散漫だったり

落ち着きがなかったりといった
特性がある ADHD 注意欠如・多動症。

そして 読み 書き 計算など

特定の学習に著しい困難がある
LD 学習障害。

主に この3つがあるんですね。

でも これ いろいろあるじゃないですか。

例えば お医者様の診断で判断…。

まさに そこが大事になるんですけど
今日は専門家の方をお呼びしています。

長年ですね 発達障害がある人たちを
診療されてきた

児童精神科医の吉川 徹先生です。

よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。 吉川先生。

発達障害の診断っていうのは

生い立ちの歴史の聞き取りと

やっぱり そのときの行動の観察と

必要があれば 心理検査をしたりして

専門の医師が 一定の診断基準に従って

行なうということになってます。

でも やっぱり 診断ができるかどうか

微妙な方というのも
たくさん いらっしゃるんですね。

で やっぱり…

…というポイントになってきます。

実はですね 先ほどの
ドライブレコーダーの新堀さんのように

自分の発達障害の特性を生かして

活躍の場を見つけられた方
日本だけじゃなくて 海外!

海外で 実は活躍されているんです。

それが 映画の都といえば…。

そうです。
何? 2人で。

ハリウッドなんですけど
実は 今ですね 映画業界では

発達障害の人たちが
欠かせない存在になっているんです。

あっ そうなんだ。

まいります。 所さん! 大変ですよ。

早速 ディレクターはアメリカへ。

やって来たのは
ロサンゼルス ハリウッド。

名だたるエンターテインメント企業が
ひしめく 映画の都だ。

情報を頼りに訪ねたのは
とある雑居ビル。

ここは 発達障害の人たちが働く

映画やテレビの映像加工を専門に行う
スタジオだ。

スキルを習得するための学校もあり
全米から集まってくる。

学校で
ランチの様子をのぞいてみると…。

同じ場所には いるものの

携帯をいじったり 音楽を聴いたりと
ほとんど人と関わらない。

本当だ。 しゃべってない。

ここにいるのは

コミュニケーションが苦手な
自閉スペクトラム症の人たちなのだ。

みんな そうなの。

そんな彼らが関わっているのは
超有名な作品ばかり。

なんと 興行収入 世界歴代1位となった
映画まで手がけていた。

一体 ここで
自閉スペクトラム症の人たちが

どんな仕事をしているのか。

早速 見せてもらおうと思ったのだが…。

中が見られない?

とはいえ 引き下がるわけにはいかない。
お願いすると…。

特別に 別室で見せてもらえることに。

5年前に入社したイーライさん。

自閉スペクトラム症の診断を
受けている。

作業を見せてもらった。

あ~… そうなんだよね こういうのね。

これらは木の枝ではなく

撮影用に使われたワイヤー。

イーライさんが担当するのは

こうした映り込んではいけないものを
除去する作業など。

ワイヤーを ただ除去するだけではなく

一緒に消えてしまった木や枝も
描き直さなければならない。

タトゥーとか これで全部消しますよね
俳優さんの。 向こう…。

しかも このシーンでは
カメラや人が動く中で

ワイヤーだけを除去しなければならない
細かい作業。

俺らだと「ここは こんなんでいいや…」
ってやるけど。

すぐ飽きちゃうと思う…。
許せないんだろうね そういうのが。

それにしても…

なぜ ここまで
活躍するようになったのか。

真相を探るため
スタジオの代表のもとへ。

例えば 今年のアカデミー賞の

視覚効果部門にもノミネートされた
こちらの作品のように

今 ハリウッド映画は…

…な映像が求められている。

そこで 欠かせないのが

CGや実写を合成して
現実にはない映像を作り出す

VFXの技術だ。

スマートフォンの画面に
別の映像を合成するこちらの作業も

VFXの一つだ。

技術の進歩とともに撮影が複雑になり

映像加工や修整が増加。

細かい作業をいとわない特性を持つ
発達障害の人たちが

活躍する場が増えているのだ。

半端な集中力じゃないんだろうね
きっと。

こうした仕事のおかげで
自分の居場所を手に入れた人もいる。

こちらは ニューヨークや
バンクーバーにもスタジオを持つ

今 業績を伸ばしているVFXの会社。

4年前に この会社に入社した
ニッキーさん。

就職活動中 この会社に
インターンで通っているとき

社長が彼に目を留めた。

へえ~!

技術を認められ
ニッキーさんは採用が決定。

しかし 慣れない環境に
当初は とても戸惑ったという。

その一つが…

作業を終えたことを
上司に伝えることができず

声をかけられるまで
ただ携帯をいじり続けていたのだ。

そこで 会社では

作業の進捗状況を共有するための
ソフトウエアを導入。

ニッキーさんが 言葉を使わず
コミュニケーションが取れるように

工夫をした。

さらに 12時になると…。

ニッキーさん 一人だけが
ランチ休憩に。

ほかの人は
作業状況によって休憩を取るが

ルーチンを守る特性を配慮して

ニッキーさんの昼休みは
12時からと決まっている。

決まってんのね。

会社が ニッキーさんの特性を
尊重することで

その実力を いかんなく発揮できるよう
工夫している。

でも 毎日
同じルーチンみたいなのがあると

確かに これ 我々でも落ち着くからね。
そうですね。

ああ… いいね。

そうですね。

ニッキーさんは 今
会社の近くで兄と2人暮らし。

へえ…。

週末 近くに住む母が訪ねてきた。

あいさつもそこそこに
ニッキーさんが向かったのは

エクササイズバイク。

あっ 運動してる。

脚 長っ!

休日の午前中は これを こぐのが
ニッキーさんのルーチンなのだ。

ニッキーさんが
自閉スペクトラム症と診断されたのは

2歳のとき。

意思の疎通がうまく取れず

かんしゃくを起こして
大変だったという。

当時のことを思うと お母さんは

親元を離れて自立するなど
想像できなかったという。

そりゃそうだ。

あら! お母さん 相当うれしそうな…。
私も じ~んとしちゃいました。

これ 何かさ 「自閉症」とかさ
そういう症状で言うじゃないですか。

何か こう 見てると…

確かに!

そうですね。

でも そうやって 会社に貢献できて
それで ちゃんと 自分で報酬も得て…

すごくいいと思った。

お昼に 12時に
必ず食べたいっていう。

そんな人間になりたいよね。
はい。

面白かったのは…

そうです。 そうです。

試合のときは 必ず うな重を。
(加藤)というのは…

(一同)え~!?

でも…。
必ず届くのは うな重だから?

もう決めちゃうのが すごいね。

(加藤)そういうこと。 そういうこと。
決断力!

突然ですが
鋼太郎の ちょっと大変ですよ。

今 各地で
自分の特性を生かして活躍する

発達障害の人たちが現れています。

ですが 実際には まだまだ…

…のも事実のようです。

そんな状況を改善しようと…

こちらは 先月 開催された
発達障害の当事者の集まり。

参加者は 全員
ADHD 注意欠如・多動症で

仕事上の悩みを抱えているという。

参加者の多くが

「失言が多い」
「スケジュールが守れない」など

ADHDの特性からくる失敗を
経験している。

だが ここでは そんな「弱点」を

ある方法で「強み」に変えようと
しているというのだ。

おっ 何だろう?

ちょっと 言葉の捉え方を
変えてみましょう。

ほかにも「段取りが苦手」は
「目の前のことには一生懸命」。

特性の一つ「衝動性」は
「行動力がある」などなど。

こうした発想の転換は

心理学では
「リフレーミング」と呼ばれる。

自分の特性に対する捉え方を
変えることで

自信を持つことができ

社会で活躍するチャンスが
広がるというのだ。

そうだ。 明るくなれるよね。

そうだよ そうだよ。

実際 この会の参加者には

「落ち着きがない」という
ADHDの特性を

「ものおじしない行動力がある」と
リフレーミングしたことで

新規開拓の営業の仕事を手に入れた人も。

そうですね。
そりゃそうだよね。

明日も生きて
次の日も生きていくんだから

いいように解釈したほうが
楽しいわけだよね。        はい。

(加藤)そうそう。 そうなんですよ。

つまり…

…というふうに
僕のライバルの皆さんは

言ってくれてます。
なるほど。

そのあと 自分の経験として

次の手になるからね 負けた試合もね。
そうですよね。

所さん 佳乃さん 実はですね…

(モーリー)例のものをお願いします。
はい こちらで~す。

例のものでございます。
これね…。

せっかくなので その…

はい!

私 これやるの大好きなんです…。
面白いもんね。

陣地? 陣地? それは。

土地を貸してください。

(合原)え~? 何が出来るんでしょう?

楽しいな。
(合原)完成?

恐竜!
(合原)ああ~! 本当だ。

あんた… 何?
部屋 作ってんの?    そうだよ。

だって
壮大なおうちを作りたかったんです!

なるほど なるほど…。
(モーリー)じゃあ 遊んでてください。

私が勝手に読みますから。
(木村)はい。

そうなの?
(モーリー)その方法が

こちらのVにあります。

こちらは 北欧の国 
デンマーク。

コミュニケーションが苦手な
自閉スペクトラム症の人の

就職支援をしている会社です。

自閉スペクトラム症の人が
作っているのは

ブロックで組み立てるロボット。

実は これが就職先となる企業の
採用試験なんです。

自閉スペクトラム症の人たちには

能力があっても会話が苦手
という人が大勢います。

だから
面接で落とされちゃうことも

多いんですね。 そうならないよう

ブロック作りの過程などを
数週間 見ることで

人物像や能力を
把握しようというんです。

(モーリー)ブロックなどを使って
個性を見極める

この就職支援会社は
デンマークだけでなく

今や 12の国や地域に広がっていて

世界で1万人もの雇用を
生み出しているそうです。

日本でも発達障害がある人を
採用する動きが進んでいますが

こういうふうにですね…

(牛窪)そうですね。

(牛窪)面白い所では その企業に向けた
ラブレターを書かせる。

それだけで採用するかどうか
判断しちゃおうっていう

会社も出ています。
所さん 佳乃さん…

そりゃそうだよね。

それだけで…

…っていうことが
起こっちゃうのかなとは思います。

はい?

発達障害がある人たちの独特の世界

少しは分かっていただけましたか?

ここからは…

というわけで お二人

私が用意しました その名も…

想像がつかない。
ここって言ってたよ。

ほら ほら。 ほら 見なさいよ。

「あるある座談会」って書いてあるよ。
分かりました。

随分 人がいない?
本当だ。

やめる?
やめましょうか。

ハハハ…!
そうはいかない。

座談会 でも 所さん 久しぶりですね。

前にも 何か 座談会 やったよね。
人がいっぱいいる! 人がいっぱいいる!

たぶん あそこに集まってるから
あそこでしょ。

そうですね。

あれを囲んでってことなの?
(合原)はい。 脳みそを囲んで。

お願いします。
(一同)よろしくお願いします。

何なの? この…

何か そんな感じになってるよ。
(木村)本当だ。

ここからは
発達障害の理解を深めるために

やらかしエピソードを
発表してもらいましょう。

集まってもらったのは

自閉スペクトラム症
ADHDや学習障害など

さまざまな特性がある
発達障害の人たち。

なるほど。
(拍手)

なお 今回の座談会は
児童精神科医の吉川さんに

モニタリングを
していただいております。

どこか近くに…。

暑いのに我慢してくれて
ありがたいね。

空気… 酸素がなくなる前に
いきましょう。

最初の あるあるエピソードは?

僕は…

大学時代に
ゲームセンターに通っていて

音ゲーをプレーしてたんですね。

そのプレーしている横に
バイオリンを置いて

そのまま
学校に行っちゃったんですよ。

あらま! あらま!

で ふとしたときに
あっ! と思って 思い出して

終わって 帰ったときには
もう 後の祭りで。

なかった?

ありますか? 皆さん。
あるある札…。

(一同)え~!
(木村)結構 大きいですよね。

何か 自分ができる楽器を
よく なくすね。

いや… 何なんでしょうね?

やっぱり 注意が
移り変わりやすいんですね。

注意欠如・多動症の方って

何か新しい刺激があると
そちらに注意がいっちゃうので

今やってたこととか 今使ってたものに
あんまり 気が回せない。

だから 知らない間に
どっかに置いて

なくしちゃってるとか
っていうことがあると思います。

続いての あるあるは?

…っていうのに
いつも悩まされています。

若いときに…

そのときに 向こうが…

そしたら ある日
台所のシンク 指して

「お前 これ見て
何も思わないのか?」って聞かれて。

「あっ お皿が7枚あります」
みたいなことを言って。

「これ 何で洗わないのか?」
って聞かれて。

…っていう感じ。 だって…

言われたんだもんね?
はい。

私は いつも お皿がたまってるなって
分かるんですけど

皿があるなってだけで いつも
スルーしてたっていうので

最初で… すぐに けんかになってしまった
ってこともありました。

そういうことか…。
そういうことよ。 だから

そこまで言わないと
彼女には たぶん分かんなかった…。

ああ…。

自閉スペクトラム症の人に
よくある特性なんですけれども

人の感情とか意図に
なかなか注意が向きにくいとか。

それが分かっていても そこに なかなか
重きを置けないっていう方は

多いんですね。

じゃあ 続いての あるある いきますか。

日常あるある。 光武さん。

あれこれ…

昔…

それが…

…と思ってたらしくて。

ああ~! その色がね!

ダメって言われたらね
何でダメなんだろうと思って

開けて飲んじゃって…。
(木村)危ない!

胃を洗浄したことが…。
(木村)それは大変ですね!

でも においとか…
う~っ! ってなんなかったんですか?

そのまま…

においとか嗅ぐ前に もう…。

(木村)え~!
あるんだ!

あっ… 腐ってるって。

その前に…

何だよ それ。

続いての発達障害あるあるは?

とにかく…

そのときに 一応 シミュレーションで

今 960円の酢豚定食を
運んでるから

1, 000円 きたら
お釣り40円返すっていうのは

分かってるんです。

届けて「960円ですよ」って言ったときに
5, 010円 出されたら

もう分からないんです 何か…。
「え~!?」っつって。

分からないって ばれるのが
恥ずかしいんですよ。

なので「あっ すいません。
お釣りを忘れたので

一回 帰ります」って言って
わざわざ自分んちまで帰って

電卓で こうやって やってから
お釣りを持ってくっていう。

算数だけが苦手だったり あと
読むことだけが苦手だったり

書くことだけが
苦手だったりとかっていうような

いくつかのパターンがあります。

学習障害の方の場合は
やっぱり できることがあるので

できない部分が 例えば
サボってるっていうふうに

誤解されちゃったりすることも
ありますし いろんな意味で

誤解されやすい障害だっていうことは
いえると思いますね。

披露されるエピソードの数々。

そんな発達障害の特性と上手につきあう…

えっ? ケガも?
(光武)そうなんですよ。

例えば…

それで やっぱり…

…っていうことに気付いて。

それ以降は ほぼほぼ…

何だろう? この子は…。

すごく… 眼鏡と あれと
すごいおしゃれだなと思って。

自分の体験を漫画にしている
沖田さんは

担当編集者とのトラブルを
避けるため

「対人マニュアル」を作ったという。

作ったやつが これなんですけど。

「担当とは!!
友達ではありません」だって。

「仕事上 仕方なく」…。

(木村)
「私と話していることをおぼえましょう」。

私 すごく…

だから…

うまくいかなくなったりとかっていうのが
多々あったんで。

これは仕事でやってるから

あんまり なれなれしくしては
いけませんっていうのと。

ハハハハ…!

キャラクターにしてるのね。
そういうキャラにしてるのね。

特徴みたいなのを ちょっと書いてまして。

この人は どういう人なのかって…。

忘れそうになったら
これを見てるっていう感じです。

やっぱり
発達障害のある方って

臨機応変に物事に対処するっていうのが
苦手な方が多いんですね。

なので…

…と思います。

今日ね 発達障害あるあるということで
皆さんからね いろんなエピソードを

聞いてきましたけど。
でも やっぱり 何か ちょっと…

ある! ある!     ねえ。

そうそう! 当てはまりますよね。

あった あった。

ダメなんですか?

あるでしょ? そりゃあ。
(木村)確かに。

だんだん そういう…

そうだね。
そうですよね。

話 聞いてたら 楽しいですね 何か。
(木村)楽しいですね。

(笑い声)
それは みんなが計算できないから。

それは 面白いよね。

所さん 佳乃さん
「発達障害スペシャル」まだまだあります。

何よ?
今度は 子どもについて見ていきますね。

文部科学省の調査によれば

発達障害の可能性がある
小中学生は

クラスにおよそ15人に1人いると…。

…されています。
そう?

我が子の その特性を どういうふうに
生かしていけばいいのか

どう育てていけばいいか
たくさんの親御さんにとっても

悩みになってますよね。
そこで番組ではですね

あるスポーツに励んでいる親子に
ちょっと 密着しました。

密着して取材したところ

すべての子育てに通じるヒントが
あったんです。

そうなの?
はい。 まいります。

所さん もっと大変ですよ。

スポーツの分野で活躍する
発達障害のある子どもとは…。

(取材者)こんにちは。
こんにちは!

訪ねたのは
山梨県にある卓球スクール。

こんにちは。
よろしくお願いします。

迎えてくれたのは…

はい。 そうですね。

(取材者)あっ お母さんだった…。

(実況)速い! 超高速!

なんと 真理子さん

女子の最年少日本チャンピオン

平野美宇選手のお母さん。

日本卓球界のスターの才能を伸ばし
育てた

名指導者でもある。

恐らく…

(取材者)こんにちは。
こんにちは。

中学3年生の亜子さん。

8年前から
卓球を始めたというのだが

果たして その実力は?

(取材者)強いんですね。

会話のテンポが ゆっくりな亜子さん。

コミュニケーションが苦手で

3歳のとき
自閉スペクトラム症と診断された。

一方で 一つのことに
とことん集中できる特性を生かして

磨いてきたのが…。

この…

本当だ。

亜子さん すごい…

そうですね。

バックハンドへのこだわりは
とにかく半端じゃない。

すごいね。

フォアハンドのほうが返しやすい球でも
素早く移動して バックハンドで返す。

本当だ。

それは…

6歳で卓球を始めた亜子さん。

≪おお~! レシーブエース!
すごい すごい!

そのころから すでに試合では

バックハンドに
こだわるようになっていた。

一体 なぜ 母 真理子さんは…

そうですね。

…っていう気持ちかな。

その結果 右へ左へ素早く動き

バックハンドで返す姿から

「忍者」と呼ばれるように。

どんだけ速いんだ。

12歳のころには 得意の…

亜子さんの特性を理解しているのは
お母さんだけではない。

小学生のころからの友達と
毎朝 一緒に登校する亜子さん。

どんな話をするのかと思いきや…。

3人での会話は ほぼゼロ。

(取材者)それでも…

友達も 何気ない会話が苦手な
亜子さんのことを理解していて

無理に話しかけない。

亜子さんにとって
この関係が心地良いのだという。

楽しそうに歩いてますよね。

現在 中学3年生の亜子さんは
授業は すべて通常の学級で受けている。

この日の授業は
グループディスカッション。

人とのコミュニケーションが
苦手な亜子さんは

なかなか会話の輪に入れない。

だが…。

問いかけに答え 考えをはっきり言えた。

おっ!

周りの友達が

会話の輪に入れるきっかけを
作ってくれたのだ。

クラスメートや先生たちに見守られ
亜子さんは学校生活を送っている。

ここに美宇ちゃんが載ってたんです。
(取材者)ん?

(亜子)美宇ちゃんが載ってたんです。

(取材者)本当だ。

長年 バックハンドにこだわってきた
亜子さんだが…。

すごい! 今 フォアも
すごい上手じゃないですか。

最近 大きな変化が生まれている。

一体 なぜ?

「こっちのほうがいいかな?」みたいな。

限界があるから。
(モーリー)読まれちゃうからね。

実は 亜子さん 中学生になると
得意のバックハンドを研究され

全国大会で勝ち進めなくなった。

みんな知ってるんだ。

間がなかったですね 今。
スッと言いましたね。

勝つために こだわりのプレースタイルを
変えようという亜子さん。

そんな亜子さんの挑戦を
お母さんは見守るつもりだ。

今 ボールを少し待って

そこで打っている。
そうそうそう!

本当に 亜子のペースで…。

例えるならね…

フフフ…! 周りから見たらね

「いやいや それ 遅いよ」とかね。

逆に「それは早すぎるよ」とか

そう言われることは
あるかもしれないけど

それは 一般論であって

体と心と すべて
その子の成長のペースに合わせた

何か こう
手だてをしてあげるってことが

身近にいる人の 一番の役目かなって。

今日は ありがとうございました。
ありがとうございました。

アハハハ…!

(木村)ディレクターさんがね。

(取材者)ありがとうございます。

面白いね。
面白い。

フォアに… フォアも入れたのね。
そうですね。

周りの理解とね そうですね 本当。

(合原)佳乃さん いかがですか?
子育てされてて。

人と違うっていうこと…。

人と 逆に 同じっていうのがいいと思うな
って言われて 育ててもらったの。

例えば 「何々ちゃんが おもちゃ
持ってたから私も欲しい」って言っても

絶対 買ってもらえなかったんですよ。

「何々ちゃんが持ってるんだったら
いらないわよね」って言われて。

そうなの。
だから そういうふうに育てられたので。

面白いよね。 何か こう…
個性ありきで暮らしたいんだけど

でも 来る日が来る日
今日と同じであれと思うみたいなさ。

そう それは 本当そうですね。
それが平和な感じがするじゃん。

そこは 凸凹したくない。

でも 個性は出したいっていう。

それは もう ず~っと
死ぬまで考えるんじゃない? それ。

吉川先生 亜子さんのお母さんみたいに

待つこと なかなかできないっていう方も
いらっしゃるかもしれないんですけど

一番 大切なポイント

親として持つべきところって
どういうところなんでしょう?

子どもが「嫌いになりそう」だとか

「嫌いになりかけている」とかっていう
兆候に

気をつけて見てあげるっていうのが
一つ コツなのかなと思います。

それから いろんな物事を
好きで居続けられるように

手助けするために

子どもの成長に半歩遅れて
ついていくっていうのを意識すると

手堅くなりますよっていうのは
アドバイスをさせていただくことはありますね。

…みたいな調整が。 まあ 大人が…

誰にでも 得意 不得意ってあると
思うんですけど。

そうだよね。
お二人は どうですか?

何が?
得意なこと 不得意なこと。

あっ それ 考えたことない。
考えたことある? 得意 不得意。

覚えるのが不得意になるんじゃないの?

忘れっぽいってことは
覚えるのが不得意ってことなんじゃない?

忘れるというのは 相当 重要なんですよ。

それは最近の研究で分かってきたので。

忘れる研究というのが
今 進んでるんですよ。

ちなみに…

ない? 本当ですか?
いや あの… 本当です。

例えばね…

あら まあ!
ただし! これは ただしですよ。

あら まあ!

所さん。
ちょっと こちらをご覧ください。

去年の放送で紹介した こちらの少年
覚えていますでしょうか?

自閉スペクトラム症がある
吉田悠太君です。

集団行動が苦手で

小学1年生の秋から
7年以上も不登校なんですけど

自宅で…

番組では その後も
悠太君の取材を続けてきたんです。

悠太君 1年たちまして
これだけ成長しました。

(木村)おっ!

でもね 見えてるかもしれません。

えっ?
はい ちょっと いきましょう。

所さん! もっと もっと大変ですよ。

13歳になった悠太君。

ちょっと 表情が大人っぽく
なったように見えませんか。

本当だ。

小学1年生から続く不登校は
今も変わらない。

それでも
週2回 欠かさず通う場所が出来た。

どこに通ってんの?

おお~!

100年以上続く老舗の…

おお~!

なんと 悠太君 その将来性を買われ

10代前半としては異例の弟子入りが
認められた。

いいね~!
すごいじゃないですか!

これが ものすごく利かさんと。 これ。
これで くり~と回す。

これは教えがいがあるわ。

今は 匠の技を基礎から学んでいる。

(悠太)それは せっかくのチャンスやし。

(悠太)130時間 140時間ぐらい
かかったんじゃない?

すごい! 何…?

(悠太)何回もやり直したし。

今となっちゃ まだまだ…。

葛飾北斎の大胆な色使いと
繊細な構図に魅了され

版画に のめり込んだ悠太君。

この日も
大好きな北斎の作品を見るため

美術館を訪れた。

北斎の名作が並ぶ中
悠太君が惹きつけられたのが…。

ああ~…。

(悠太)滝が流れ落ちて
ざ~って音を立てて

水しぶきを上げてるところ。

北斎が晩年に手がけた名作…

この夏 悠太君は
この大作に挑むことにした。

(悠太)今まで はまったのは…。

それで もう 何か 私の気持ちが

カランッと変わって。

不登校の悠太君を
両親は ずっと支えている。

さらに…。

悠太君には

何かほかの子どもにはない力が
あるのではと感じている人物が

ほかにもいる。

(ノック)

こんにちは。
こんにちは。

久しぶり。 何か 大きくなった?

東京大学で心理学を研究している
中邑教授。

おお~…! うお~ これも北斎じゃん。

(悠太)今 作ってる…。

う~ん… やっぱり 躍動感があるよね。

実は 悠太君は
東京大学が中心となって進めている

才能がある子どもを探し出して伸ばす
異才発掘プロジェクトに

選ばれているのだ。

悠太はさ…

ここに行ったことある?
いや 行ったことないです。

だけど それだけじゃな…。

(中邑)このままいくと やばいぞ。
みんな 褒めるかもしれないけど。

いかん… こんなの
カメラの前で言ってしまった。

あちゃ~…。

ほぼほぼ家にいて やってるの…
ずっとゲームやっているのと

一緒かもしれんな。

本当に ここ行ってこい!
行かないかんって。

いや マジに言ってるんだよ 俺。

(木村)あっ 行ったんだ!
見に行ったんだ!

中邑教授の言葉を守り

悠太君 13歳にして
生まれて初めて滝を見る。

うわ~ すごい!

あそこかと思ったら そこなんやな。
ほんまや。

♬~

うわ~! すごい作業。

(合原)細かいですね。

♬~

集中のあまり

机の前から 一日中 離れないことも
珍しくない悠太君。

制作開始から およそ1か月。

≪出来た?
出来た…。

出来た…!
≪おめでとうございます。

出来た…!

かわいい。

うん…。

果たして どんな作品が
出来上がったのか?

このあと スタジオに登場。

すごいですね。
責任 感じちゃってるみたいな。

ねえ!
でも…

所さん 佳乃さん というわけで

本人に持ってきてもらいました。
悠太君で~す。

気が楽になった。
(木村)気が楽になった。 こんにちは。

どうぞ 前のほうに…。
はい。

すごくない? これ。
(木村)おお~!

何か もう 俺 3Dに見えるんだけど。

これ 刷ったの? 刷り物?

刷り物なのに 何か 俺 すごい…

彫った 立体に見えるんだけど これ。

(モーリー)奥行きが感じられますね。
ねえ!

それでは 皆さん 改めまして
吉田悠太君です。

ご苦労さまでございます。
(木村)お願いします。

悠太君 緊張しております。

(笑い声)

これ 彫りだして 休むときって

もう 何時間やったから
休もうとかじゃないの?

どうなの? もう ずっとやっちゃう?

やめないんだ。
足が しびれちゃったとか

何か おなか すいたとかっていうのは
感じないの?

先生と同じ。

いや 本当に…

どういうところ 苦労しました?

滝の… 滝が流れ落ちて
水しぶきが立ってるところ…。

(モーリー)ああ~!

お母さんがね…
学校へ行かなかったわけじゃん。

そのときは たぶん すごい…
「何だ? うちの子」って思ったと思うの。

今 13歳にして
これを作っちゃうわけじゃん。

どこで気付いたの?
「彫ってみようかな」…?

自分でもいけるかなっていう感じ?
はい。

ああ…。 でも やったら

何となく こんなになってきちゃうんだ。

すごいと思いましたけど…

あとさ 何か こうやって
目 見て 話せるじゃん すごく。

そしたら 今
学校行けるんじゃないの? もう。

いや 行けないです。

悠太君 さっきさ 悠太君のさ…

ああいうのを…

すごい書いてたよ。

漢字は 漢字検定を…。
(木村)えっ!

そうなんです。 今 ちなみに 悠太君は…

(牛窪)ええ~!

大体…

せっかく すごいゲストの皆さん
いらっしゃってるので…

というわけで ここで

民放のクイズ番組で大活躍中
モーリー・ロバートソンと

「将棋界で神武以来の天才」と
呼ばれた ひふみん。

そして 13歳の悠太君。

3人による漢字対決!

もう? なるほど。

えっと とにかくね もう…

「頑張る 一手」。

漢字検定1級の勉強をしてたんで
それを できるだけ…

そりゃそうだよね。
余裕。 できないわけないと。

それでは 問題です!

四角の中に入る四字熟語を
書いてください。

ええ~!
ええ~!

「らんしょうほうしゅう」
聞いたことないよ。

「らんしょうほうしゅう」って何だよ?

意味を言ってしまうと またね
ヒントになっちゃうんです。

ええ~ 何? 分かんねえよ。

どんなときに使うんだろうね?
「らんしょうほうしゅう」ね。

その可能性もありますね。
「らんしょうほうしゅう」って。

まあまあ… いいや。 うん。

じゃあ 皆さん 一斉に見せてください。
せ~の…。

(合原)おっ モーリーさん 「卵」。

(モーリー)卵焼きに報酬をもらう。
卵焼きが売れました。

何か もう…

ああ なるほど。 ギブアップね。
そして 悠太君。

(木村)悠太君は?
(合原)書いてますよ。

何か 全然 分かんないもん。

さあ 正解を見てみましょうか。
正解は こちらになります。

おお~!   (牛窪)ええ~!

正解!             うわ~ すごい!

(モーリー)すごいね!
(木村)悠太君!

意味は…

正解です!
賢者が集まることを「鸞翔鳳集」?

このことなんだ やっぱり。
やっぱ このことなんだ。

(木村)すごいですね! 聞いたことない。

何ですか?

何で?
あのですね…

今 発達期ですから。
なので ぜひ こんな感じの…。

それは でも また 難しいね。

だって 毎日のように
彫りたくなっちゃってて

こうやりたいじゃん。

その気持ちを 時間を割いて

こう なかなかできないよな。
はい…。

滝とか そういう所に走っていって
滝を見て。

あっ そっか。
(モーリー)あと 踊るのもいいかも…。

グルーブ感っていうか…
踊りの動きもいいかもよ。 こうやって。

あんまりね… あんまり…

将棋もやってると言ってましたよね。

将棋 指すことある?
指すことあります。

あっ 友達がいて? いいですよね。

楽しいですよ。 面白いですよ。

(牛窪)ピアノもいいんですよね。
(澤口)ピアノも脳にとっていいので。

(モーリー)集中力が強い人は
楽器は得意になったりしますね。

(合原)ありがとうございました。
(木村)ありがとう。


関連記事