徹子の部屋 笑福亭鶴瓶~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”を発見!~ 昨年12月誕生日から2週間で6キロ痩せ…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『徹子の部屋 笑福亭鶴瓶~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”』の番組情報(EPGから引用)


徹子の部屋 笑福亭鶴瓶[解][字]


~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”を発見!~笑福亭鶴瓶さんが今日のゲストです。


詳細情報

◇ゲスト

本業は落語家だが…バラエティや司会、時には俳優としても活躍している笑福亭鶴瓶さんがゲスト。

◇番組内容

昨年12月の誕生日から2週間で6キロ痩せた鶴瓶さん。ダイエット方法が“お腹にラップを巻く”だったのだが、お正月休みでハワイに行き帰国する空港で、係員から不審者と思われ…!?10代で出会い、結婚した妻とは今年、結婚45年。今日は、大学時代に将来を約束した2人が書いた「血判書」や、「愉快な嫁」のエピソードも披露!さらには、37年前『徹子の部屋』に出演した時の“激変!?衝撃のお宝映像”も紹介!お楽しみに!!

◇おしらせ

☆『徹子の部屋』番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/



『徹子の部屋 笑福亭鶴瓶~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

徹子の部屋 笑福亭鶴瓶~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”を
  1. 奥様
  2. 結婚
  3. 本当
  4. タケノコ
  5. ハワイ
  6. ビックリ
  7. 血判書
  8. マツタケ
  9. 徹子
  10. 落語
  11. アカン
  12. ウフフ
  13. ウフフフ
  14. マッサージ
  15. 全部
  16. 毎回
  17. ダイエット
  18. ヤツ
  19. 一緒
  20. 映画


『徹子の部屋 笑福亭鶴瓶~結婚45年!愛妻との思い出の“血判書”』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

(黒柳)さて 皆様
ご存じでしょうと思いますが

この方は
笑福亭鶴瓶さんなんですが

この方は 司会 俳優
その他で ご活躍ですけど

本業は落語家でいらっしゃいます。
(鶴瓶)そうです。

今年 すでに もう100席も…。
そうですね。

高座にお上がりになって。
はい はい。

すごい。
そうですね。

やっとかないと落ち着かないので
とにかく…。

ちゃんと決まった席も
あるんですけど

そうじゃないので
飛び入りさせていただいて。

あなたの落語は
新しい落語なんですか?

古典… 古典もやるし

そうそうそう!
『徹子の部屋』でしゃべったやつが

落語になったりしてます。
ああ これ。

これ?
これですね。

これは 九州の
素人の方々がやっておられる

美案寄席というのに出たんですね。

それで 九州でも上方落語も

それから 東京で江戸落語も
できるように

その人たちに頼んでやってるのが
美案寄席。

美案寄席っていうの?
美案寄席という… ですね。

そうですか。

現在 67歳でいらっしゃいまして

4人の孫の
おじいさんでいらっしゃいます。

それから 俳優の
息子さんの駿河太郎さん。

息子さんですけど
2人のお子さんがいらっしゃる。

そうですね。 この人の子どもが
2人いますから

それが孫です。
そうね。

この方は… 「この方」って言うのは
おかしいですけど

だいぶ前に ここで 生まれた時に
その話をしてますからね。

そうですね。 そうそうそう。

すごいですよね 考えたら
この番組…。

44年やってますので。

あれ… うちの太郎が
今 41ですから。

だから…。
そうですよ。 その上の子が43です。

あなた様には
小学5年生の男の子と

5歳の女の子と
小学校3年生の男の子と

5歳の女の子がいる。
そうです。

よう覚えてはりますね それ。
大変ですよ 数 勘定するの。

いや それはそうですよ。

うちの娘のところには
小学校3年と それから5歳の子。

そんなの
おじいちゃんでも忘れますよ?

あの人 いくつなんかな?
と思うてね。

そうそうそう。
孫の行動なんですけども

鶴瓶さんの奥さんが
腕のじん帯 切ったとか。

どうしたんですか? それ。

それは プールで バーンこけて
ハワイで2日目に。

奥様が?
はい。 ここ切ったんですよ。

今 だいぶ治りましたけど。

だから 僕は
そんな事 した事ないんですけど

ずっと その… なんて言うか。
風呂へも一緒に。

でも お風呂 入れないので
シャワーをね

ずっと あの… ハワイで
やってたんですよね ずっと。

久しぶりですよ
そんなんね すんのはね。

いいじゃないですか。
いやいや…。

ずっと こうやって ほんで

胸… 胸のとこも
下 汗たまりますのでね

こうやって
シューってやってたら

なんか 見られてるな思うて
ふっと見たら

5歳の女の子が
じーっと見てるんですよ 俺を。

あれね… 恥ずかしかったですよ。

『家政婦は見た!』みたいに?
そうそうそう。

「孫の実優は見た!」いうて…
「向こう行け!」言うたんですけど。

格好悪い… あんなの見られるの。
どっちも真っ裸ですからね。

あれ絶対 彼女に残ってますよ。
記憶の中に残ってますよ。

おじいちゃんと おばあちゃんが

シャワー 裸で浴びてるいうの。

ハハッ…。
なんか おかしいね でもね。

でも 話違うけど
あなた 6キロかなんか

お痩せにならなきゃいけないって。

映画で。
映画で?

平山監督が
どうしても痩せてほしいと。

痩せるっていうのが
聞いたのが 12月の23日。

僕の誕生日の日やったんですよ
去年の。

まあまあ… 「わかりました」と。
約束やからね。

第一 もうクリスマスですよね。
そうです。

次の日って クリスマスやから
それも食べずに。

で ハワイ行くんですよ 家族で。

そこも… ハワイも
お酒抜きにして。

その最初に言われた時は
82.6か…。

でも 平山監督にお会いした時は
もう 76.2かなんか…。

そんなに減ったんですか!

12月の23日から
1月の7日までで もう それで

仕上げたんですよ きっちりと。
すごい!

ほんなら 監督 太ってたんですよ。
なんなの?

「ちょっと 太ったんちゃうか?」
言うたんですけど。

お正月で?
そうなんですよ。

そうそうそう これですよ。
これ 僕が…。

痩せてる人が必要だった?
そうなんです。 で こうやって…。

今でも そんなには
変わらないんですけど

でも ものすごい あれ
痩せてるように思いますよね。

なんか おなかにラップも巻いた
とかっていうのは 本当?

巻いたんですよ。
ラップ?

これ 巻いてるとこですかね?
そうそう そうそう。

今も巻いてますよ。
あっ そう? やっぱり 違います?

徹子さん
もう食べられないでしょ?

もう食べないとか…。

すごく いっぱい食べますよ
しょっちゅう。

いやいや 今は もう
ダイエットされてるんでしょ?

そんなにはしてませんよ。
お菓子も隠されてるんでしょ?

ウフフフ…。

ねえ?
聞いたの? ウフフフ…。

もう 隠してあげるなって
言うてんのに

お菓子も全部 隠してね。
隠されてるの。

隠されるでしょ?

これやると 意識的に

だんだんと飲んでるんですが
アカンと。

痩せなアカンって思うんですよ。

それで もう ハワイからの
帰りの搭乗手続きの時に

こんな ごっつい外国人が

「お前 腹になんか隠してるやろ?」
って言うたんですよ。 ねえ?

俺 それ忘れてて
はっ! って思って。

でも もう
変なの入れてると思われたら

イヤじゃないですか。
ええ ええ。

こっちへ来いって言われたから

すぐに もう
「これはダイエットのためだぞ」

っていうのを 言おう思うて
バッと取って 爪でビーッ破って

バーッてやって
「ダイエット!」言うたら

オオー! 言うて
笑ってるんですよ。

笑ってくれた?
ものすごい笑ったんです。

その人 ごつかったから
今 それやってると思います。

相当おかしいね でも それね。

「ダイエット!」言うて
えらい喜んでくれました。

そう。 よかったわね。
でも 今でも これは

意識的に今もやってます。
見せませんけど これ やってます。

やっぱ いいんでしょうね。

徹子さんも
やられたら どうですか?

やります じゃあ。
一つ よろしく。

「一つ よろしく」って
言われても…。

でも なんでも メモ魔で…。

メモ帳 持ち歩いてて
すぐに お書きになるとかって。

あれね 書かないとね
忘れるんですよ。

ウフフ…。 ネタになるような事?

ネタのようになるっていうか
実際に起きた事を

日常を書くんですよ。
日常を書くと

あれ なんやったかな? って
思うのが あれやから

ずっと 書くんですね。

でも 僕は… すごい気軽に
声かけてもらいやすいんですよ。

だから 自転車乗ってる
おばちゃんが すーっと来て

「あっ 鶴瓶さん! 写真 撮って」
とか言わはんのかな思うたら

ふっと俺 見て 「帽子かぶりや!」
って言って 去って…。

暑いとこだったの? そこ。
「熱中症なるで!」って言うて

すーっと
去っていかはったんですよ。

俺は やっぱ もう
すごいうれしいですね それは。

面白いわね でもね。
そう。

震災の時も 石巻のお寺にね…

お寺が そうなったので

1カ月経って… 1カ月経って
行こう思うて 行ったんですよ。

前に行った住職のとこ
どないなってるのか思うたら…。

ほんだら
そこのお寺の住職の奥さんが

普通は 「ありがとう」
言うじゃないですか。

「遅かったわね!」って。
ウフフ…!

「何してんのよ! 遅いわよ!」
って言われて

それだけ 親戚の兄ちゃんみたいに
思ってもらえるのかなって

うれしかったですね 逆に。
そう…。

でも それも…
その人も すごいですね。

いやいや だから そういう…
言われる感じでしょうね。

なんか
そんなのがうれしいですよ 逆に。

でも それだけ みんなに
知れ渡ったっていう事はね。

そういう事です…。 今でも
僕の事 知らない人もいますよ。

ウフフ…。
傲慢ですけど

知らない人 あんまり
いないんじゃないかなって

思うじゃないですか?
ええ 思います。

ねえ? 徹子さんは
誰でも知ってはるやろうけど

俺も もうそろそろ
四十何年もやってるから

知らんのかな? 思うたんですけど
ずっと あの…

1時間半ぐらい
付き合ってもらった

タクシーの運転手さん。
墓参りして 終わって。

帰る時 お金払う時に

「ところで 文珍さんですよね?」
って言われてね。

ウフフフ…。

ずっと付き合うてますよ ずっと!
だから あんまり…。

なんか 東京にいらして
ちょっと失敗したんだけども

『徹子の部屋』には
どうしても出てほしいって。

そうなんです。
今から 37年前ですか?

そうですね。
1800…。

1800じゃない!
ちょっと待って…。

1800はね 江戸か明治です。

1982… 1982年に。 そうね。

5月に初出演…。
そうなんですよ。

手紙もらったんですよ
松竹芸能に。

私が?
そうですよ。

で なんでやろ? と思ったら

「いや あなた東京で
失敗して帰ったから

そのまま帰ったらアカン」と。

「『徹子の部屋』やったら
あなたの… なんかを

しゃべってもらえるから来て」
って言うて 手紙くれたんですよ。

ええー! そうですか。

今の もういっぺんやってください
ごっつ可愛かった。

(2人)ええー!
ウフフフ…!

ええー!
いや 本当なんです。

俺 えっ? って思って

それで 寄せていただいて
お話しして。

それから また
すぐ呼んでいただいたんです。

すごく面白かった。
その時の話 覚えてますけども。

それから
2回目も出ていただいて。

その初回と2回目で なんか
激変したんですって? あなたが。

あの… 頭を。
頭がね。

頭 こんな頭やったんですけど。
うん。 そうそう。

なんか 僕をずっと
ドキュメントで

追うてるのがあったんですよ。
ええー!

あんまり ずっと追われるので
何か変化ないかな? と思って

こんな頭の…
ある日 散髪していって

次 会うたら 「ええー!」言われて。
そうでしょ。

だから そうした方が
おもろいな思うて そこから…。

だって 初め お会いした時
本当に こんなでしたもんね。

よく あんなに
毛が いっぱいありましたよね。

あれは ホンマの毛なんですよ。
ねえ。 ビックリした 私。

全部 あったんですけど…。

これだ。 こんなのです。
これです これです。 これですよ。

すごい。
1982年ですよ?

そう。 そのあと
こういう風になったんだ。

いや… だから
ちょっと待ってください。

その前の見せてください。
ちょっと 前の見せてください。

あっ これ! これ 何年やって?

1982年でしょ?
5月です。

5月に来てね
もう 9月に来てるんですよ。

そう。 4カ月後にいらしてる…。
よっぽど気に入られた。

そうそうそう。 面白いって
私 すごく思ったのでね。

そうですよね。 その時に もう
頭 変わってますからね これ。

そう。 切ったんだ。
そうなんです。

ここから 抜け出すんですよ。
ここから抜け出すの?

はい。
どうなるの?

ちょっと VTR
見ていただいていいですか?

「おふくろと僕とは もう なんか
ホンマに おかしな関係でね」

「家で 1人で留守番してて…

おやじ 商売してたものですから
家で留守番してるの」

「おふくろを
ビックリさせたろう思うて

体に… いつもね
帰ってくる ちょっと前に

玄関の所に バーッて倒れてね
ドア閉めた時 倒れて

体にケチャップ塗って
倒れてるんですよ こうやって」

「血みたいにして?」
「血みたいにして」

「ビックリするでしょ 誰でも」
「それは そう。 うん」

「うちの母親は
ビックリしないんですよ」

「ガラガラガラっと開けて

倒れてる僕に…
演技してる僕にですよ?」

「“何してんねんな!
いつもいつも ケチャップ使うて"」

「僕 割と ケチャップ
よう使う人間やったんですよ」

「体にね…
ケチャップ塗った それが

ものすごい好きなんですね。
なんか こう…

戦争ごっこみたいな感じでね
好きなんですよ」

「もう 1回もビックリせんと
バーン…」

「毎回 倒れてたのに… 毎回!
それを 毎回 母親が怒る」

「それが ごっつ楽しみでね」
「本当に お母様の事

お好きなのよね? あなた」
「そうですね」

「こういう風にしてらした時は
やっぱり 自分が

隠れてるっていう感じは
あったんですか?」

「そういうのはなかったの?」
「あの… それは ありましたね」

「僕 割と 昔… 大学の時代に
あんな頭してましたので

でも 今 割と そんなにね…
みんなにね ご年配の方からでも

いいと言われるのでね」

「人間 割と単純なので
いい いいと言われたら

いいんかな? と思うてきてね」

「道歩いてても 僕 割と…
ナルシスト言うんですか?」

「ウィンドーに映る顔を
こう 見るんですよ。 いや 本当に」

「ふっと見てね
ええ顔やなって思う時が

割と ようあるのでね。
今は それですね」

「一番似合うてる頭ですね 僕」

でも あれですね。
今の あなたの事を

見すぎてるせいか あの人見ると
違う人に見えます なんかね。

いや 昨日ね 僕 なんか
顔剃りをしてもろうたんです。

別に そんなん
してほしいって言ってないのに

「顔剃りしますわ」言うて。

顔剃りしてもうたら

ここを思いきり剃られたんですよ。

だから もう なんかヤンキーの…。

うん そうだね。

ここの… これ 剃りすぎでしょ?
うん。

まあ そういうものかと思ってた。
いやいや そういうもの違います!

ここへ 入れすぎなんです!
ここに まだあるんですよ。

あるの?
「あるの?」て。 だから ここ…。

僕ら ない人間でも

ちょっとは ある方に
残しておいてもらいたいのに

全部 剃られて。

ものすごい これは…
えらい事になってるんですよ。

相当 奥の方までいってますよ。
奥まで剃られて。

きっちりですよ これ。
ウフフ…。

まあまあ そんな事は
どうでもいいんですけど。

でも うれしいですよね
あんなの見るの。

そうそうそう。
違う人間ですよね 完全に。

ちょっと 全然 今と違いますよね。
ねえ。

もう ご結婚45年だそうで…。
そうです そうですね。

すごいです
あと5年で金婚式ですけども

愛妻家の鶴瓶さんは

2人で なんか
血判書を 奥様と一緒に?

そうなんですよ。
血判書って もう…。

僕 結婚する…
落語家になるつもりやったから

「結婚なんて考えてないわ」って
言うたら うちのヤツが

「19にもなって付き合うてるのに

“結婚 考えてない"って
悲しいわ」って言うから

「ほんなら 結婚しよ」って
言うたんですよ その場で。

ほんで 「血判書 書こう」って
言うたんですよ。

それで 本に… 今日 たまたま
この本が出てきたのでね。

ええ。
これなんですよ。

この「米朝特選」の ここで
血判書を書いてるんですよ。

これ 見てください。

これは人の借金ですけど… 僕の。
ウフフフ…。

4万5400円
人から借りてたんですけどね。

返したの?
返してません。

返してません?
友達やから そのあと 全部…

結婚式の司会しました。
そう…。

これ見てください これ。
あっ すごい。

これなんですよ。
本当だ。

昭和46年11月18日に
書いとるんです。

まあ 昭和51年の12月23日やったら
結婚できるやろういうんで

血判書をね。

「血判書」言うてるから
血 出さなアカンからと思うて

ここに 逆むけ できてたからね
クーっと切って 押したら

うちのヤツが
「そんなん痛いわ」言うて

自分は インクで押したんですよ。

これがね
根本的に間違いなのはね

僕 ええかげんやったんですよね。
人の本やったんですよ。

これ? 「米朝」…?
これね 米朝師匠の本を…。

これ 大学の先輩の
武居陽至いう人の本なんですよ。

そうだね。 「武居陽至」って
書いてありますよ。

それで これは
大学の先輩なんですよ。

落研の会長だったんですけど。

この方の娘さんが
今から… そうですね

7~8年前に結婚されたんですよ。
ええ。

その時に
初めて これを見せたんですよ。

これ 実は こんな血判書
僕は書いてたんです。

先輩のおかげで
結婚できたんですよ言うて

これを見せたんですよ。
そう? すごいじゃありませんか。

でも こんな…
こういうものを 「米朝」…。

「米朝特選」っていうものを
持って歩いてらしたんですね。

米朝さんのお名前が…。
米朝師匠の落語のやつですね。

でも 確かに 「2万円」「6000円」…。
そんなん読みなはんな。

書いてある。
そんなん読みなはんな。

奥様は 玲子さんとおっしゃる?
そう。 玲子ですね。

それで あなたが駿河だから
奥様はね 松友から…。

松友から なってるんですよ。

駿河玲子になってるんです。

こんな 子どもみたいな事
してるんですけど

これ もう 実際に 本当に…。
可愛いね。

可愛らしいでしょ?
これ だから 18か… 19か18。

そうでしょう。 ウフフ…。
ええ。

でも 今でも お隣で…
あなたのお隣でいろんなもの見て

笑ってらっしゃる奥様を
ご覧になると うれしい?

そうですね。
もう 僕の落語会の着物

全部 うちのヤツがやってますし。

もともと
四国の大きなとこの娘ですから

呉服屋さんが
いつも 家へ来てたんですって。

おうちに来てる… 呉服屋さん。

着物の見る目があったんですよね。
なるほど。

ご結婚45年だって?
はい。

どういう奥様で…
お目にかかった事もありますけど。

うんと お若い時。
あなたが こういう時

奥様と一緒に
いらっしゃったじゃない。

本当に まあ あの人がおって
よかったって思いますよね。

僕 けんか
1回もした事ないんですよ。

奥様とね。
ええ。

でも ムカッとする事も
あるんです。

パジャマのね ひもがね
片っぽ出て

こっちが 引っ込む時
あるじゃないですか。

あります あります。
それを スーッと…

1人でですよ? スーッと
出してたんですよ。 スーッと。

ほんならね うちのが来て
「何してんの?」言うから

「いや これ もうちょっとで
出んねんけど」言うたら

この片っぽ ピュー 引っ張って
「こんなの いらんがな」言うて。

人の楽しみをね…。

なんで あんな事すんねやろ?
って思うんですよね。

おかしい…。 わかります それ。

わかるでしょ?
それとかね この前

いつも 米 取ってる
新潟のとこからね

マツタケ 送ってきてくれはったんや
って…。

「マツタケご飯 食べる?」って
言うから

「うん 食べるわ」言うて
で 食べたんですけどね

タケノコご飯やったんですよ。

マツタケとタケノコと…。
間違うて…。

向こうは タケノコって
言うてたんでしょうね。

あなたも マツタケだと…?

だから 向こうが
マツタケ 言うから

だから マツタケや思うて食べたら
タケノコやったんですけど

それは 僕 一切…

「これは タケノコやで」とは
一切 言わない。

でも 食べ始めて すぐ わかった?
すぐ わかった タケノコやもん。

ハハハハ…!

言うてる事は 多分

タケノコや言うてると
思うてはるんでしょうね。

そうでしょう きっとね。

だから 長い事 付き合うと
やっぱり その なんか うーん…。

けんかにはならないですね。

そうですよね。
お互いの事が よくわかって…。

そうですね。
だから その辺は すごい…。

だから 今でも ずっと一緒に…
洗ってますからね。

うん?
今でも洗ってますから。

背中を?
背中も 全部洗ってる。

あっ そうなの。
お互い 洗いっこしてる?

いや 洗いっこちゃいます。
向こう 手 これですから。

手が これだから?
僕が ずっと洗ってます。

そうか そうか。
もう そろそろ いけるやろなと…。

じん帯 切ったって 相当ですよね。
そうなんですよね。

こけたらアカンので こけんなよ
って言うてるんですけど。

で マッサージも
寝るまで ずっとするんですよ。

あなたが? 優しい。

俺 マッサージ
めっちゃ得意なんでね。

うちの師匠のも
ずっと もんでたんです。

得意なの?
ええ。 めっちゃうまいですよ。

そう? こうやって?
だから… それもね

1時間ぐらい ホンマ…
うちの嫁は10分ぐらいですけど

全然 イヤじゃないんですよ。

やってる事が?
やってる事が。

だから 「やったろか?」言うて

昨日も…
今日も 朝 やってましたもん。

どこら辺のとこ やるんです?
そういう時は。

手 これなので
痃癖の所っていうか

そこが凝るんですよね。
ええ。

めちゃめちゃうまいって
言うてくれますよ。

奥様が?
はい。

だって もう こんなんですよ。
何が?

いや 何がって 親指。
うん。 それが すごいの?

いや これ すごいでしょ? これ。

あっ すごい!
外側に こんな反ってる。

こう見せた方がいいんですね。
こう見せます これ…。

これ ちょっと 皆さん…。

こんなの見せるものかな?
これ ギューッと…。

これ すごいです。
これ すごいでしょ?

マッサージしたんで そうなった…?
何? 何? なんですか?

マッサージなさったので
そうなったの?

うちの師匠のマッサージを
ずっとしてました これ。

すごい!

やっと
わかっていただけましたか。

なんだか 意味が
わからなかったけど すごい…。

これ マッサージ指
言うんですって。

そうなの? すごい。
だから グーッと入りますよ。

あっ そう?
ええ。

すごい。
すごいでしょ?

でも 「俺や」って言う時は
いいじゃないですか。

ちょっと やれば?

「俺」…。

そんな特別な事ないですよ。
「俺や」って。

これから こう使います。
それ やる時に 横に少し向けて。

真っすぐだと わかりにくいから。

「俺や」。
どう? すごいでしょ?

これ すごいかな?
あんまり すごくないかな。

あんたが やらしたんや。
やらすな! やらすな!

現在 67歳?
はい はい。

67歳は
お父様が亡くなった年齢なので

気になってたんですって?
いや 気になってたいうか

まあね それは
自分の年齢と同じ時に

父親が亡くなったなっていうのが
わかるんでね。

でも 兄貴がね
ひと回り 上なんですよ。

これが元気なんですよ。
89歳?

いや ひと回り 上ですから
えっと…。

私 足し算 間違えちゃった…。
80歳。

ちょいちょい数字間違えますよね。
私 数字 ダメなんですよ。

とても早くやったと思ったけど
今 違ってた?

全然違う。 あのね 80歳ですよ。

80か。
はい。

76から たばこ吸い出したんですよ
どんな男や。

お兄様?
お兄様が。

たばこ吸い出して…
たばこ吸うようになったんですよ。

ものすごい元気ですよね。

5人きょうだいの
僕 末っ子ですから。

そうおっしゃってましたよね。
私 覚えてる…。

真ん中3人が姉で
一番上が兄貴なんですよ。 ええ。

だから その兄貴が元気やから
うれしいですよ。

姉も みんな元気なんですけどね。

私 あなたの話で
忘れられないのは

近所のうちの
クリスマス 行ったっつって

「クリスマスツリーって
こうなってんだよ」っつったら

お母さんが たんすの引き出し
徐々に開けてね

中からね 腰巻きだのなんだの
全部出して…。

最後に 「ツリー」って言うんです。
「ツリー」って?

それは 今 考えたら すごい…。
素敵…。

だから
それを落語にしてるんですよ。

もう してるの?
ええ。 それを あの…

「お母ちゃんの笑顔」っていう
落語にしたんですね。

あなた…
最近 ビックリしたんですけど

主演映画をなさって。
はい。

なかなか 映画の主演って
大変だと思いますけど

とてもシリアスな映画で。

それが
『閉鎖病棟』って言うんですか?

そうなんですね。
だから 長野の病院をお借りして。

それで
痩せなきゃいけなかったの?

それで痩せて。 ずっと車椅子で
演技するんですけど。

あっ そう。 車椅子って
やっぱり 演技 難しいですよね。

難しいですよ。
あれ 座っちゃうと

なんでだか
せりふが出にくいでしょ?

なんでですかね?
あれ なんででしょうね?

私 何回もやった事ありますけど
すごく出にくい せりふが。

いつもの… 立って歩いたら
リズムがあんねんけど。

こんな事ってあるんですかね?
死刑執行になるはずが

それが失敗した死刑囚の役で。
そうなんです。

奥様が あなたじゃないみたいって
おっしゃったって。

うちのヤツが見て
あんなん言うたの初めてです。

「あんたじゃないみたい」って。

これは 褒め言葉に取ったんです。
そうですよね。

それだけ 演じていらした
っていう事なので。

『閉鎖病棟』?
『閉鎖病棟』です。

目標は105歳の浅野さんって…。
そうです。

ハワイ…
名古屋の方なんですけど。

長野?
名古屋の方なんですけど。

暑い時は
ハワイに行かはるんですよ。

寒い時も ハワイに
行かはるんですけど

普通は こっち…
名古屋におられるんです。

105歳ですよ。
この方?

この間まで ゴルフ週2回ぐらい
やってはったんですよ。

105歳。
随分 年上ね。

はい。 僕よりも。
私よりも。

そうでしょう?
うん。

あの方は あっさりしたものは
召し上がらないんですって?

肉ばっかり食べてはる…。
やっぱり 肉はいいんだね。

肉 どうですか?
私 大好き。 いつも食べます。

どれぐらい? 大体 2日に…。
1週間に3日ぐらい。

ほとんど食べてはりますやんか。
そう。

あとの4日は
何 食べてはりますの?

野菜とか果物とか。

お菓子でしょ?

よく知ってる… ご存じね。 でも

ここのとこ あんまり食べるなって
言われてるからね。

でも 家で食べてはるでしょ?

隠して。 フフフ…。
ハハハハ…!

今頃の年になって
隠し食べするとは…。

「毎回 あんこでいい」!?
フフフ…。

「毎回 あんこでいい」…。
ビックリした?

そういう事で また…。
(拍手)


関連記事