サワコの朝 山本陽子 挑戦が止まらない!嫌だったらやめればいい!「やりたいことが、たくさん。常に挑戦していたい!」



出典:『サワコの朝 山本陽子 挑戦が止まらない!嫌だったらやめればいい!』の番組情報(EPGから引用)


サワコの朝【山本陽子▽挑戦が止まらない!】[解][字]


女優/山本陽子▽嫌だったらやめればいい!「やりたいことが、たくさん。常に挑戦していたい!」新たなチャレンジが止まらない山本陽子さんが“人生を謳歌する極意”を伝授


詳細情報

番組内容

ゲストは、女優の山本陽子さん。21歳の時に日活ニューフェイスに合格し、女優デビュー。映画だけでなくテレビドラマでも活躍し、高視聴率を記録!瞬く間にお茶の間の人気女優に。一方、2010年には老舗海苔店との「専属モデル契約年数世界最長記録」がギネスワールドレコーズに認定。今もその記録を更新し続けています。そんな山本さんは現在、熱海でのシングルライフを満喫中。東京から引越しをしたのは、70歳の時。

番組内容2

何とその作業は一人で行ったそうで…。熱海での悠々自適でアクティブな私生活のお話を披露していただきました。名コンビ・田宮二郎さんとの“白いシリーズ”秘話をはじめ、映画からテレビへと活動の場を変えた転機についても伺いました。「嫌だったらやめればいい。挑戦したいんです。」とサワコに話す山本さん。 令和を迎え、なお、新たなチャレンジが止まらない山本さんに“人生を謳歌する極意”を教えていただきました。

出演者

【司会】 阿川佐和子 【ゲスト】 山本陽子

音楽

【番組テーマ曲】 「Tea for Two(二人でお茶を)」歌:ドリス・デイ

お知らせ

【解説放送あり】

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/sawako/

制作

【製作】MBS TBS 【制作協力】TBSスパークル



『サワコの朝 山本陽子 挑戦が止まらない!嫌だったらやめればいい!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

サワコの朝 山本陽子 挑戦が止まらない!嫌だったらやめればいい!
  1. 自分
  2. 山本
  3. 映画
  4. 今日
  5. ダメ
  6. ゴルフ
  7. テレビ
  8. 高橋
  9. 女性
  10. 全然
  11. 挑戦
  12. 熱海
  13. TBS
  14. テーブル
  15. マンション
  16. 山本陽子
  17. 仕事
  18. 時期
  19. 出会
  20. 証券会社


『サワコの朝 山本陽子 挑戦が止まらない!嫌だったらやめればいい!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

(阿川)おはようございます。
阿川佐和子です。

今日のゲストは お着物が本当に

楚々としたお姿が
似合う方なんですけれども。

実は 性格は なかなか男前
という うわさの高い

山本陽子さんに
おいでいただいております。

(拍手)

おはようございます。

お久しぶりでございます。
お久しぶりでございます 本当に。

もう 十何年ぶりだと思います。
えっ そんなにお会いしてません?

10年たつか たたないかぐらい。
そんなに なりましたっけ。

あちこちで ちらちらと。
ちらちらとね。

なんかもう 今
海苔のコマーシャルってね

イメージが やっぱり
強い人が多くて。

それも すごく たおやかなって…。

たおやかでも
いらっしゃるんですけど。

皆さん おっしゃいます。 ははっ。

でも割に 果敢なところが
おありという…。

はい そうです。
うわさを伺っております。

今日は よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

(ナレーション)
今日のゲストは

「カルネ」のお客のグラスに

ほこりを落とすようなまねは
させないわよ。

1970年代からは
テレビドラマでも活躍。

出演作品は いずれも
高視聴率をマークし

大人気女優と
なりました。

産んでもいいんですか?

更に 山本さんといえば…。

♬ あの どうぞ

♬ あの どうぞ

♬ お中元ですね

♬ 山本海苔店

老舗海苔店と
1967年から続いている

専属モデル契約年数
世界最長記録で…。

着物が似合う しとやかなイメージが
強い山本さんですが

意外にも

ふふふふ。

ほう~。

今日は 令和を迎え なお

新たなチャレンジが止まらない
山本さんから

人生を謳歌する極意を

教えていただきます。

♬~

なんか 何年か前から

今 熱海にお住まいを移されたと。
そうです。 はい。

で 悠々自適の1人暮らしを

してらっしゃるという
おうわさを。

楽しんでおります。 はい。

昔は だから そこを
別荘にしてらして。       昔はね。

東京のおうちと。
そうです そうです。

だけど なんか
雰囲気が すごく気に入って。

熱海?
うん。 今の所が。

それでまあ 東京も 30年ね
住んでたもんですから マンションに。

もうそろそろ 替えどきかなって
自分の中で思って。

もういい 東京は売って
熱海に行きましょうっていうんで

行っちゃったんです。
だけど それ ちょっと失礼ながら

70歳のときに
引っ越しを決められたと。

そうですね。

それって 大変じゃないですか?
引っ越しってものは。

大変ですけど
嫌いじゃないんですよね。

なんか こう 片づけたり。
私 1人でやったんです ほとんど。

ええっ?
家具の移動やなんかも 自分で

中のもの 出すのが
もう めんどくさいときは

そのまま突っ込んで 下に毛布とか
滑るようなものをね 入れて

それごとギューッと引っ張って。
1人で?

1人で。
なんで?

ひとに頼らないんですか?
あんまり頼らないんですよね。

引っ越し疲れ
しちゃいそうな気がするけど。

そうなんですよ。
それが私 全然 ないんです。

疲れるってことが ないんですよ
あんまり。

ええっ
黒柳徹子さんみたいな方なの?

はははは。

ほんとにね 何やっても
疲れないんです あんまり。

今 お住まいの熱海は一軒家?

いえ マンションなんです。
マンションなんですか。

だから とっても楽なんですよね。

今 お住まいの
そのおうちの景色を。

ちょっと写真を
持ってきていただいた。

これは?
これはお部屋から見えるんです。

お庭なんです。
池?

池。 池があるんです。
立派な鯉ですか これ。

はい 鯉がいて。 もうね
これ 見てるだけでもいいんです。

それでもう 季節ごとに
紅葉の時期とか…。

これが紅葉。
そう こういう。

これは桜ですか。
桜の時期は もうね。

おうちから見えるんですか?
この桜が。

もう ここなんですよ。
目の前。

もう ここ?
ここなんです。

それは。 空気も…。
だから 癒やされるんですよ。

へえ~。
空気もいいし。

もともと だって 絵を描くのも…。

まあ 今 趣味でね
描いております。

日本画ですか?
日本画です。

これ 日本画を描くための
アトリエを。

描くためったって
ほんの小さなスペースですけどね。

それで そのテーブルをね
お食事してたテーブルを

あそこへ持っていって。

漆のテーブルだからね
もったいないからって

100均に行って。
100均?

(山本)掛かってますでしょ
テーブルみたいなのが。

あれは100均 行って
買ってきたんですよ。

ビニールのね
そういうのを。

あの辺に100均のものが
かなり あるんですけどね。

そういうふうに 工夫…。
部屋の中も 工夫したり。

そうなの。
要するに日曜大工じゃないけど。

そういうことをするのも お好き?
好きなんです。

もう 日曜大工みたいなもの
ものすごく好きです。

いろんなもの 作り上げることが。

この方 仕事 与えないと
何してるんだろう。

もう仕事ないとダメです 何か。

何か 一日中 動いてないと
ダメなんですよ。

あっ 止まることを知らない。
知らない。 だからもう

マンションの方もね 住人の方
「まあ 朝からよく動きますね。

今 行ったと…
ごみ捨てに来たと思ったら

もう洗濯 干しに行くの?」
とかって。

ふふふっ 言われるんですけどね。

ぐだ~っと 今日は もう
昨日までの撮影くたびれたから

ちょっと 一日中 なんにもしないで
ぐだ~っとしてたいわっていう。

好きじゃないですね。
ダメなんですか。

うん。 それで
ちょっと話が飛ぶんですけど。

私 この…
サワコさんがサランラップをね。

あっ はい。
こうやって

また使い回しするって
おっしゃったでしょ。

私も それ やってたんです。
やったぁ!

だからね 私と同じことなさる方が
いらっしゃるんだと思って。

もうひどいの。 みんなに
冷たい目で見られてるんですよ。

私ね もう うれしく
なっちゃったんです その晩。

だって こんなとこに
かけただけじゃ汚れてないじゃない。

汚れてないですよ。
すぐ捨てる人 いるでしょ。

私 しないんですよ。
サランラップ ない時代 どうしてたのよ。

ほんと そうですよ。
だから 私も洗ってね

サーッと 水 かけてね
それでまた ファッとね。

そうなんですよ。
もう うれしかったですね。

やった。 1人 仲間が増えた。
ははははっ。

こんなきれいな方が。
いえいえ。

なんでもね 利用したりね

捨てる前に使う方法があるでしょ
とかっていうのが好きなの。

最近ね 保冷剤が 冷凍庫に
山のように たまるんですけど。

保冷剤 たまりましたらですね
破いてですね

あれはね 脱臭剤ね。
あっ 脱臭剤。

例えば 靴箱ね。 あの中に私は
瓶に入れて あれを破いて。

脱臭剤になるんです。
脱臭剤にすればいいんですか。

なんか冷凍庫が閉まらないぐらい
保冷剤が山のように。

それが すごくいいんです。
それで いっぱいありますでしょ。

だから1週間ぐらいに 替えて。

じゃあ ちゃんと
役割を果たして

成仏してもらう。
ありがとうございます。

そうやって
お使いになってください。

じゃあ そろそろ ちょっと
1曲目を伺いたいのですが。

これがね
思い出の曲かと思いますけれど。

記憶に残る1曲。

私が音楽の世界っていうのが
全くわからないときに

TBSの「レコード大賞」という。
ありますでしょ。

それに出させていただいて。
司会? プレゼンター?

プレゼンターを
やらせていただいたんです。

尾崎紀世彦さんの

「また逢う日まで」。

これがヒットしてたころ。
そうです。

もう女優は してらっしゃった。
もちろん はい。

始めてて
何年か たってらして。

そういう仕事は
初めてだったんですか?

初めてですし
もう びっくりしました。

す~っごい興奮しましたね。
へえ~。

そのときの映像も含めて。
あらっ うわ~。

見たことないですよね 自分では。

ドキドキしながら
やってらしたであろう

様子を拝見しながら…。
どんな感じなんでしょう。

尾崎紀世彦さんの歌を
お聴きください。

ありがとうございます。

'71年。

(高橋)
山本陽子さんで
ございます。

高橋圭三さん。
うわぁ。

(高橋)去年の大みそか
なんてのは 陽子ちゃんは

この「レコード大賞」なんか
どうしてました?

私は家で拝見しておりました。
かわいい~。

(高橋)お好きなの?
はい やはり

とても気になります。
(高橋)気になる。

では 発表をいたします。

日本レコード大賞は

「また逢う日まで」尾崎紀世彦君!

(高橋)おめでとう!

♬~




うわぁ~。

いや 懐かしいけれども
山本さんも すてきだったけども。

いかがでした?
もう興奮しっ放しで もう

何をどういうふうに動いたかも
何も わからないですよね。

失敗があったのかどうかも…。
あっ ありました?

わからないですよ。
でも あれだけ かわいけりゃ

高橋圭三さんいらっしゃるんだから
なんにも問題ないですよ。 ふふふ。

でも やっぱり いいもんですね
自分の世界と違うところに

ああいうふうにね
出演させていただくってことはね。

いや なんでもできる人に
なっちゃいますね。

なんでもできないです。
はい?

なんでもできないです。
ぶきっちょですもの。

とっても ぶきっちょです。

飽きっぽいし。
なんかやっても飽きちゃうし。

今まで どれぐらい
いろんな新しいことに

挑戦なさったんですか?
うう~ん

スポーツは
テニス 乗馬…。
乗馬。

はい それから ゴルフ。

ゴルフだけですね 今続いてるのはね。

あの~ お若いころから 外車を…。

日本人女性で
ポルシェに乗ったのは

山本陽子さんが初めてだと。
いわれてるんですけど。

これ… あっ そうですね。
この写真。

かっこいい~ もう。

隣に立ってる姿も
かっこいいけど。

真っ赤なポルシェ。
そうですね。

へえ~。
車は ほんと好きですから。

じゃ 相当早くに
免許取られた?

昭和40年に取っております。
うわぁ。

女性としては早いでしょ?

はい。
でも もう 好きで好きで。 ええ。

ローンを組んで買いました。
すごい。

目立ったでしょうね
これで撮影所に入ったら。

いちばん初めは
あの~

コロナの
ハードトップ
っていうのが。

ハードトップ?
後ろがね
三角窓なんですよ。

これがね斬新的で
非常に。

もう それを
すぐ買いました。
うふふふ。

稼いだ分で?
はい。

ポルシェも もちろん
そうですけど
コルベットって車

ありますよね。
コルベットに
乗ってたんですか?

車は やっぱり
楽しいですよね。
へえ~。

もう 自分のやりたいことが
たくさんあるもんですから。

ええ。 これから やりたいことが。
だって最近

フラダンス 始められたんですか?
フラね。 うん フラ。

フラ やり始めたんですけど。
いつごろから?

去年から もう。
去年から!? えっ。

もう とにかく その…
毎年毎年 年いくわけですよね。

それに挑戦していくことが
楽しいんです。

年を重ねていくことが楽しいの?
はい。 だからね…。

でも 挑戦したいって気持ちが
だって なくならないんでしょ?

そうですね だから来年
まあ 78になりますでしょ。

そのときに
78になったときに

必ず何か
出会いがあると思うんですよ。

ほう。
それが楽しみなの。

どういう出会いが 私のところに
入ってくるかっていう。

それが…。
期待していることが もう

すごく わくわくしますよね。
へえ~。

♬~

<ノックする音>コンコン

<換気扇を切る音> ピッ

(ムロ)
出来たよ

(石田)
《キッチンは パナソニック》

(ナレーター)「エボルタNEO」 トライアスロン。

乾電池2本で
オリンピック トライアスロン競技
最速タイムに挑む。

♬~

目標タイムをクリアした!

世界No.1 長もち。
「エボルタNEO」

(綾瀬)今 当たります!

もともと だって あの~
OLさんだったんですってね。

そうです。
最初っていうか。

お父様が
もともと証券会社に…。

うん 昔ね そういう時期も
ありましたよね。

お父様と同じような
証券会社に

お勤めだったんですよね?
そうです。

「野村證券」ってとこにね。
はい。

でも 秘書になりたかったって?
そう 当時はね。

で 3年間おりましたでしょ。
そのときに ちょっと もう

株が暴落し始めて。
えっ そうだったんですか?

ちょっと活気もなくなってきて。
ああ~ 38年。

そうか。 ちょっと こう
停滞し始めたころか。

そのときに ちょっと私もね
秘書をやりたかったら

他の会社のそれを… 試験を
受けようと思っていたんです。

ところが 知らない間に

「日活」で ニューフェイスを
募集してるっていうことで

アルバイトさんが…。
お友達が なんか勝手に。

出して。 書類を…。
書類を送っちゃった。

この人 女優になった方がいいわ
みたいな感じで?

でもね もう
19歳までだったんですよ

そのとき応募が。 14歳から。
年齢制限が。

ええ。 で 私 21でしたから
当然落ちると思うじゃないですか。

ああ~。
それが最後まで残りましたの。

それは あの~ 年齢詐称とかは
しなかったんですか?

全然してない。 で 履歴書に
自分が書いてるわけじゃないから。

「あなたは21って
書いてあります」って言うんですね。

で…。
あっ ご自分で書いてない?

ないんです。
その人が勝手に。

書いて。
山本さんの住所とか

名前とかも書いて
応募しちゃったの?

で 「うちは ここは今14歳から
19歳までですよ」って

言われたんです 審査員の方に。

「あっ そうですか」って。
それで もう私は

もう21 オーバーでしょ。
落ちたなと?

と思いますよ。 そしたら
残っちゃったんです 最後まで。

残っちゃった。 で 「日活」に
入ることになっちゃって。

ご本人の気持ちは
どうだったんですか?

いや 大変でした やはり。
もう180度違う世界ですから。

へえ。 で 演技そのものは…。
だって…。

どれぐらい鍛錬されて
誰に教えられたり 怒られたり?

当時
「日活」は「劇団民藝」に3か月間…。

あっ 研修に行くんですか?
行くんです。

そのとき 私 まだね
証券会社を退社してないんですよ。

引き継ぎがあるんですね
1か月間。 退社するときは。

その引き継ぎも
できてないもんですから

1か月間は その~
引き継ぎしながら

「劇団民藝」の青山まで通いました。

宇野重吉さんとか?
はい。 だから

無理だと思いましたね 女優は。
撮影所で随分怒られたり…。

怒られたりもしましたし。
はい。

で 言いたいことも
あるんですけど

なんか 言っちゃいけないのかしら
っていうね。

「ここは こうした方が
いいんじゃないですか?」とか。

証券会社にいるとき 言いたいこと
ボンボン言ってたんですよ。

あっ そうなんですか。
もうひどい 私なんか。

みんな「えっ!?」って言う
ぐらいのこと 私なんかね。

上司に向かっても?
はい。 例えば あの~

地方の方には
お手紙で返信なさるんですね。

で その… 書いて
一応 検印を頂くわけですよ。

上司にね。
文章のね。

で 見て 「うう~ん
これじゃ 伝わらないね。

ダメだね」とかって言われると
「あっ そうですか」。

ビリッて破いちゃったりね。
目の前で?

目の前で。 そうすると周りの人が
「えっ 大丈夫!?」って感じで。

カッときちゃう?
そういう時期もあったんですね。

だけど 映画の世界に入ったら
言いたくても言えない。

我慢なさったの?
うん。

へえ~ じゃあ
ストレスは たまりますね。

たまるんでしょうけど 私は全然
ストレスたまんない人なんです。

たまんないんですか?
たまらないんですよ。

カッとなるのに?
ならないんですね。

どっかに はけ口
自分 作ってるんでしょうけど。

もうダメなら いい。
はい 次って 自分で。

へえ~。
もう これがダメなら

私は次の仕事に行くわ
っていうふうに。

じゃあ そんなに…
「日活」には入ったものの

長く続けようって気は
最初から あんまりない…。

ないみたい。 自分に合ったお仕事が
絶対にあるはずだと。

それを見つけるまでは
ちょっと頑張ってなきゃと思って。

ここにいようっていうぐらいの
気持ちでいたんですか。

ちょうど だって
吉永小百合さんとか…。

もう 浅丘ルリ子さん

松原智恵子さん
和泉雅子さん。

もう皆さん 大スターさんですから。

最初から?
はい。

私は通行人とか
例えば 喫茶店の客とかね

そういうの
やっておりましたでしょ。

ふう~ん。
そうこうしてるうちに

テレビが出来たんで
テレビ部というのが出来たんです。

そのおかげで
私は逆に よかったんですね~。

でも当時は テレビの人って

大体 映画から こう
落ちてきたっていうか

お前 テレビに左遷されたのかよ
みたいな。

だから お出になる方なんて
絶対いらっしゃいませんよ。

嫌だったんですね。
あんな大きなスクリーンでしょ。

こんな小さなブラウン管の中にね
納まるっていうことが。

映画は大きい画面なのに
こんなちっこいものになっちゃって。

それこそ おっしゃったようにね

そんなの出るのは もうね
格下げされた。

格下げ 都落ちみたいな感じの
イメージ。

でも私は 全然
そういうこと感じませんでした。

なんでですか?
えっ 新しいものに出られるの?

っていう。 茶の間で見てる
そういうテレビにね

ブラウン管の中に 私が入るの?
って感じですよ。

映るの? って感じ。
そっちの方が うれしくて。

周りの なんかこう うわさとか…。
全然 感じない。

風評とか。
感じませんでした。

ただね ほんとに 自分で

テレビだから
映画だからってことなく

自分は いいと思って これが。
前に進むことが。

ひとのご意見 聞くよりも
まず 自分がそこに立って

よければ いいことであって。

嫌だったら
また やめればいいわけですから。

次のこと また探せば…。
いつもそうなんです。

もう挑戦していたいんですよね。
常に。

その挑戦のお顔をね
拝見したいと思いますよ。

あの~ 「白いシリーズ」が…。
はい。

これが TBS。
TBSです。

TBS ご縁が深いんですね。
すごかったんですよ ドラマね。

ご覧ください。           ええっ。

ああ
ああもう。

最高視聴率
25.7だって。

おかえりなさい。
(山本)小橋先生は?

(竹下)あら
小橋先生じゃありません。

今夜の当直
直江先生に代わったんです。

直江先生?
(竹下)はい。

そう。

先生 一体どうなってるんですか!?
(山本)すみません
今すぐ来ます。

ちょっと そこまで
往診に出てるんです。
往診!?

≫志村さ~ん!

♬~

♬~

里子 やっぱり
行くそうですよ。

私 行くべきかどうかよりも

自分の感情を
大切にしたいと思うんです。

♬~

(田宮)ああ ウオーター プリーズ。

はい。

懐かしいですか?
懐かしいですね~。

きれ~いだし
田宮二郎さんとのコンビが。

はい。 ご縁っていうのは
ほんとに不思議なもので

やっぱり 出会いによってね
変わりますじゃないですか。

だから
田宮さんっていう方と出会って

すごく こう息が合って。

なんかこう 芝居してても

ものすごく なんかこう
やりやすいようにっていうか

優しく包んでくれるっていう。
へえ~。

せりふが ポッポポポポポポと
こう… ねっ。

テンポよく。
大体 せっかちなんですね。

だから せりふも
すごく速くなっちゃうんですね。

そうなんですか?
多分。

舞台のとき そうでして。
「細雪」って

話は飛びますけど
谷崎先生のね。

もう何代も いろんな方が
なさってるでしょ。

そのとき みんな
芦屋の女性だから

おしとやかに
お話しになるんですけど。

4人姉妹ですもんね。

私が入ったときね
15分 短くなったんですよ。

あはははは 全体が?
全体が。

ふふふふふ。
みんなが つられて?

もう っていうよりも
1人ぐらいね…

みんな たおやかにこういうふうに
お話しになるんですけど

「私 それはできません」つったの。

1人ぐらいね サササッとね。
4人姉妹 違うんですから。

性格 違うんだから。
違いますでしょ。 だから

「私は もう もっとスムーズにね

もっとスピーディーに いきます」
って言ってね。

そうしたらね
15分 縮まっちゃって

それでいこうってことに
なっちゃって。

あはは 時間の節約になって

ようございました。
はい。

あっ そうなんですか。
だから割と せっかちだから

しゃべりも
そうなんだと思いますよ。

でも そのポンポンポンポンが
看護師さんとか似合ってたし。

これから生きていく女性像の…。
ええ ええ。

「私の感情を大切にしたいと
思います」なんていうね

ただ ついていくっていうのと
違うっていう女性像が

やっぱり憧れの的に
なったんじゃないですかね。

う~ん どうでしょうね。
へえ~。

(ナレーター)お米は 産地によって
気候 水 土が違う。

もちろん 味も違う。

その個性豊かな銘柄米の特徴を

最大限に引き出し おいしく炊き上げる。

それが 「Wおどり炊き」の目指すごはん。

「Wおどり炊き」

(綾瀬)
パナソニック商品を買って
ぜひ 当ててほしい!

(女性たち)こんにちは。

(男性)こんにちは。 どうぞ!

(でんきやさん)こんにちは!
早速 女子会を始めましょう!

今日作るメニューの説明をします。

《震災の後 ひとりにならず
誰かと会える場所があれば

みんな 少しでも元気になれる》

《そんな想いから
この女子会を始めたんです》

《初めは 必ず震災の話になって

みんなで涙ぐんでいましたが

いつからか 笑いのあふれる会になり
今も その輪は広がっています》

(女性)チーズ!
(シャッター音)

《街の人同士がつながって

離れて暮らす
街の人の家族ともつながって

みんなのふるさとである この街が元気になる》

《そんなお手伝いをしたいんです》

では そろそろ2曲目を
ご紹介いただきたいんですが。

ええ~ 今 心に響く曲。
はい。

ホイットニー・ヒューストン。

もう声といい あのしぐさといい
あの動きがね とても好きで。

映画?
映画。

「ボディガード」。
はい。 すてきですよね~。

かっこよかったね。
ケビン・コスナー。

映画で好きになったんですか?
そうです。

あの声がね ぐわっ! と
ド迫力のある声がね 好きで。

表情も好きだし。

ふだんは お聴きになるんですか?
その熱海のおうちで。

はい 聴いたりしてます。
もう…。



ロマンティック。

ありがとうございます。
いえいえ いえいえ。

いろいろ 山本陽子さんの ねっ。

多面的な性格を…。
ほほほっ。

今日は伺って。

友達が ものすごく多いって。
はい おかげさまで多いですね。

それ それぞれジャンルの違う…。
全部 違います。

チームがある?
チームが。

山本陽子一座っていうのが
ありましてね。

結構 その~ 企業の方とかね
そういう人たちと一緒に

いろんなとこ 行くんですよ。
ゴルフだけじゃなく?

そう… いや ゴルフしに。
北海道から九州まで。

あっ ゴルフをしに旅行?
しに行くんです。

だって マージャンの会もあるでしょ。
はい。

女性だけの会っていうのも
あるんですよね。           はい。

で 高校時代と証券時代と。

忙しいですね
1年間のスケジュールが。

忙しいです すごく。

それが好きなんです。

「今度 いつ お会いするの?
今度 いつ お会いするの?」って。

今日は ありがとうございました。
こちらこそ

ありがとうございました。

(拍手)



関連記事