行列のできる法律相談所 明石家さんまMC!揉めている人告白します・ホスト界の帝王ROLAND・炎鵬が想いを…


出典:『行列のできる法律相談所 明石家さんまMC!揉めている人告白します』の番組情報(EPGから引用)


行列のできる法律相談所 3HSP[字] 明石家さんまMC!揉めている人告白します


世界的歌姫が行列に登場!!さんまと25年ぶりの再会!▽ホスト界の帝王ROLANDが発する素敵な匂いの正体は?▽炎鵬が想いを寄せる田中みな実と初対面!果たして…


詳細情報

出演者

【MC】明石家さんま、市來玲奈アナウンサー

【ゲスト】市村正親、新田真剣佑、相武紗季、浜辺美波、篠田麻里子、ROLAND、田中みな実、YOSHI、長井短、村田琳、東野幸治、後藤輝基、渡部建

【弁護士】北村晴男、菊地幸夫

番組内容

今夜は明石家さんまMC!「ちょっと揉めている人告白!3時間SP」▽世界的歌姫が行列に登場!!さんまと25年ぶりの再会!▽ホスト界の帝王ROLANDが発する素敵な匂いの正体は?▽自由すぎる16歳YOSHIが大暴れ!超大物にカンチョー!?▽浜辺美波がイラつく芸人T…新田真剣佑が困惑する間違ったイメージとは▽炎鵬が想いを寄せる田中みな実と初対面!果たして…▽市村正親が妻に言い返せない…!

監督・演出

【総合演出】高橋利之【プロデューサー】吉無田剛、渡邊文哉【チーフプロデューサー】川邊昭宏


『行列のできる法律相談所 明石家さんまMC!揉めている人告白します』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

行列のできる法律相談所 明石家さんまMC!揉めている人告白します
  1. 東野
  2. 後藤
  3. 渡部
  4. YOSHI
  5. ROLAND
  6. 拍手
  7. 長井
  8. 田中
  9. アカン
  10. スタジオ
  11. シンディ
  12. 炎鵬
  13. 市村
  14. ホンマ
  15. 歓声
  16. 亀島
  17. お前
  18. 篠田
  19. ホント
  20. OK


『行列のできる法律相談所 明石家さんまMC!揉めている人告白します』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<さんま…>

<初登場>

(一同) うわ~!

<やりたい放題>

<さんまに…>

<さらに…>

<さんまに悩みを相談>

♬~

今夜は…。

(歓声と拍手)

(後藤) 決めてもらいましょう。
(東野) ありがたいよ。

(東野) あのね 僕は もう…。

前に座ってらっしゃる
ROLANDさんなんですけど。

よろしくお願いします。
お願いします。

握手できました
ありがとうございます。

(東野) 僕 大好きで。
はい はい ありがとうございます。

(東野) 「男っていうのは」
っていうの ありましたよね。

(観客) おぉ~。

(東野) 司会は 毎回 毎回
いろんな登場してますけど。

いろいろ 何か 飛んで来たり
下りて来たりとか。

(渡部) 後ろから来てみたりとか。

(後藤)今回こそは もう オーソドックスに
出て来られるんじゃないですか?

(渡部) パターンがないでしょ
もう さすがに。

早速
登場していただきましょうか。

それでは ご登場いただきましょう
どうぞ!

(後藤) どこや? どこや?
♪~        どこでしょう?

♪~   (渡部) こっちか?

(後藤) ほら! ほら!
♪~          普通に出て来はる。

♪~     (渡部) うん。

♪~     (後藤) えっ?

(笑い)
(渡部) ちょっと!

(後藤) えぇ!?

(渡部) 全然 違う。
(後藤) いやいやいや…。

(渡部) 全然 違う。
(歓声と拍手)

(歓声と拍手)

(東野) 全然 違う!
(歓声と拍手)

すごいな。
(歓声と拍手)

(歓声と拍手)

(東野) えっ?

(渡部) えっ!
(後藤) 2人だけ?

(さんま) 似てる?
(笑い)

(後藤) えっ シャンパンタワー?

(市村) 軽そうなシャンパン
軽そうなんだけど。

シャンパンタワー お祝いに。

(歓声と拍手)

ごめんなさい
聞いてなかったので。

(後藤)これが目立たなアカンねん。
すいません。

豪華なゲストに来ていただいて
よろしくお願いいたします。

(拍手)

(東野) …みたいな感じですよね。

やってるんですけど
たまに ちょっと…。

気分転換にテレビ。

俺…。

俺…。

(YOSHI) だいぶ転換してますけど。
えっ?

YOSHI君です。

一応 ぎりぎり
地球に住んでます。

…んかと思うてた。
違うんですよ。

市村さん。
(拍手)

面白いね!

私のところの…。

わざと…。

昨夜も どうも すいません。

「昨夜も
どうも すいません」やなしに。

奥様が?

え~…。
(渡部) 「この世は成り立たない」?

そうそう 「さんまさんが
いなけりゃ この日本は…」。

っていうのを見て…。

(笑い)

そして 美波ちゃん。
(浜辺) はい。

(後藤) 浜辺美波ちゃん。
(拍手)

今は 新木さんと…。

私の…。

さんまさんのラブメイト10で
先頭を争ってる?

そう 争ってる。

…じゃないですか? さんまさん。

お孫さんの年齢でも 彼女は…。

まぁ 冗談でやで? 聞いたら…。

(一同) えぇ~!

こんなこと…。

(東野) 君…。

(東野) うちの師匠 何や思うて…。
(渡部) もてあそんで もう。

思わず出た言葉やな あれは。

本音 本音!

女性陣に聞いてみ?

見てみ!
(渡部) 無理やり…。

こら お前 何 笑うてんねん アホ。

君は…。

(YOSHI) ごめんなさい。
ダメなコーナー 今。

「ハーイ」じゃなしにな
ちゃんと…。

ちょっと待ってください。

(後藤) 大丈夫?

そして…。

ほいで。

村田 琳です。
えっ 村田君?

(東野) すごいんでしょ?
彼は彼で。

国会議員の蓮舫で。
せや せや!

(村田) って言ったら…。

もう大昔もいいところで。

まだ芸能界にいらっしゃる頃に
お仕事させていただいて。

(後藤) 蓮舫さんの息子さん。
蓮舫さんの息子さんやねん。

はい。

(渡部) 裏でした。

裏 終わって 即 ここへ出て来た?
お前…。

アホ!

ほいで ROLANDさんやねん。
(ROLAND) はい。

(後藤) 若っ!

ホストになったのは?

もう決めてたん?
ホストになろうって。

そうですね もともと…。

せや! 彼な…。

あら 名門。
そっから まぁ その…。

ネイマールとかがいて。

言う名前は。

(東野) 同世代に。
ネイマールがいて。

彼のプレーを見て。

あと バルセロナにいた
コウチーニョとかが…

(ROLAND)
彼らのプレー見て 俺…。

…にならなきゃ意味ないな
っていうところで。

やるからには 世界一。

世界で…。

あぁ そうか。
(観客) へぇ~。

(ROLAND) なので…。

イコール…。

俺も 世界一の…。

一応。
(一同) えっ?

(笑い)

コメディアンで
世界で 一番見られた人で。

(渡部) すごい。
…っていうことやねん。

(浜辺)
特技? 何ですかね? あの…。

(笑い)

(東野) かわいいな。
(後藤) かわいい!

申請さえすれば行ける
世界一 うまいこと かける。

うわ~! 今度…。

特技ですか?
彼は…。

すっごい…。

(一同) へぇ~!

お前…。

(渡部) えっ?
(後藤) いやいやいや。

(渡部)
すいません もうちょっと…。

(東野) 真剣佑が
最高じゃないんですか?

ちゃうちゃう ちゃうちゃう
今から…。

アホ!

ちゃう ちゃうちゃう ホンマに。

(東野) 紅茶とコーヒー?

どの葉っぱと どのコーヒーを
混ぜたら おいしくなるかって

長年 ず~っと やっててんけど。

みたいなもんやねん それを…。

…するかっていう感じやろ?

(笑い)

(後藤)
何にも言うてないですから。

(笑い)

そして?

(東野) 来たよ 来たよ 時間が。

(渡部) いやいや いやいや!
あぁ!

お前 それ 「さんちゃん」って
呼ぶの お前…。

…だけやぞ お前。
(笑い)

彼は YOSHI君。
そうです お願いします。

いや…。

(YOSHI) もちろん使えます。
(東野) 使えるの?

それでは ここで…。

違うんですよ あの…。

これからやいう時に。

(笑い)

さんまさんに YOSHIさんが 一体
どのような方なのかというのを

知っていただきたいので
VTRをご用意しています。

こちらをご覧ください。


(仲野) …なんですよね すごく。

<…の間に生まれた YOSHI>

<13歳の時 ルイ・ヴィトンの
ディレクターに…>

<モデルとして 海外で活躍>

<去年 『Forbes JAPAN』で…>

<今年 16歳となり
歌手としてもデビュー>

<交友関係も幅広く

インスタには
各界の大物スターの姿が>

<今回のMCが
さんまだと伝えると>

たぶん…。

(拍手)
いや~ ありがとうございます。

今は。
(YOSHI) 今は…。

いろいろ やってるんですけど。

どうやった?
後藤のとこ どうやった?

(後藤) マジですよ。

「ウエ~イ よろしく!
今日は もう…」。

いや~ 恥ずかしい。

このメンバー 見て
イエ~イ!って来るんだ。

(東野) 僕も来ました
「イエ~イ!」って言うたから

俺も 「イエ~イ!」って 下から。

どうなの? 入って来たら。
僕 結構…。

(笑い)

さっき ご挨拶
させていただいたんですけど

廊下をROLANDさんが
ヒュ~ンって通るだけで…。

…がして おぉ~!と思って。

今 2人も うなずいてたな
いい香りがするんだ。

僕 あの…。

行って来たんで たぶん…。

(一同) えぇ~!

汗の香りが香水 カッコいい!

(浜辺) …がいいかも。
無臭?

そうそうそう
若いのに よう知ってるなぁ。

香りが。

えっ? 何?

あんた…。

昨日。
(笑い)

それでは 史上最強の弁護士軍団を
ご紹介しましょう。

今回は 北村弁護士なんですが…。

(北村) そうなんですよね あの…。

ウソやん。

<青森県に住む
桑原さん夫婦が作った

田んぼアートを
紹介>

<去年までの12年をかけ
全ての干支を作製>

<話題となった>

<すると 夫婦から>

これは…。

でも…。

<こうして…>

<…作りがスタート>

<まず…>

<それを…>

<これだけで…>

<その後…>

<そして…>

<やって来たのは>


<そして>
(チャイム)

(ほい) こんにちは。

(則子さん) どうぞ。

(ほい) ホンマに もう。

ホンマに 何を言うてんねん。

<完成した…>

(ほい) 「ホンマや」のポーズに
なってるやんか これ。

<…を使い
見事に描かれた さんまの顔>

<わざと細長く作り

展望台から見て
ちょうどいい角度になるように

計算されている>

(則子さん)
…なので これはできます。

(ほい) はい てんてこ米!
はい てんてこ米!

(則子さん) てんてこ米~。

うわ!
(拍手)

俺 行かせていただくって
言うてたんですけど できたら。

何の連絡もないから…。

(東野) …か何かで
たぶん ほいさんが。

(スタジオ:さんま) 俺より あいつ。

これは でも すごい。
(渡部) すごいですね。

帰り…。

今日は こちら さんまさんの…。

もち米で作った…。

そして
この上に のっているのが…。

(後藤)
いや さんまさんは基本的に…。

ごはん 行ったりするやん。

(笑い)
(東野) ウソやん!

お前ら ホンマに…。

俺 もう アカンわ お前。

(後藤) 焼き肉でしょ
目の前のコンロで 肉 焼くでしょ。

肉 焼いて…。

あれね…。

違う!
(東野) あぶっただけ。

前回…。

全部…。

…とか言うたやろ?
言うた 言うた。

言いました。
(東野) 妖怪 米沈め。

わざとらしくやったら
アカンしやな。

「ほいでな…」。

やってくれるのよ!

(東野) 食べてください。
OK OK。

お約束やで。

ほんなら もう いただきます。

(笑い)

(笑い)

これは ホンマ
真剣に食べたほうがええな。

米だけ…
あっ もち米 ねちょっとしてる。

(笑い)

(東野) アカン アカン アカン!
アカン アカン アカン!

(渡部) 米飛ばし。

(渡部) もち米ですからね だって。

(渡部) そこを楽しむんですよ
もちもちを。

(東野) 食べた後 「えっ?」が
おかしいじゃないですか。

(笑い)
(後藤) ほら!

(後藤) また食べてないですよ!

(後藤) また食べてない。
(東野) またや。

(笑い)

これ あれ 入ってるのか 数の子。

(渡部) 数の子ですかね
入ってるんじゃないですか?

これ 数の子や。

あっ おいしい おいしい これ。

どうですか?

(渡部) さすがに 市來ちゃん
それは失礼だよ。

「味は感じますか?」
(後藤) これはアカン。

(東野) おじいちゃん。
(渡部) 介護みたいな。

ごめんなさい ごめんなさい。
「おじいちゃん 味は感じますか」。

「ふがふが…」。

(笑い)

拭いたほうがいい?

おいおい…!
(笑い)

(東野) こらこら…!

拭いたほうがいい
言ってはったやろ! 何や お前は。

どうも…。

(渡部)謝罪 謝罪ですね ちゃんと。
謝罪や。

では 早速 本題に行きましょうか。
行きましょ 行きましょ。

今回 ゲストの方々の…。

まずは…。

どうぞ。
ここで いろいろ分かるんだ。

<浜辺美波が…>

<さらに ROLANDが…>



<映画…>

<2人が初めて共演した時>

(笑い)

(浜辺) ちょっと…。

(スタジオ:東野) ハハっ 喜んでる。
<さんま メロメロ>

<さらに>

<ファミリーの一員に!>

<…に出演>

<宿泊したペンションで起こる
密室連続殺人事件の謎に迫る

美少女探偵役を演じるなど…>

<そんな浜辺に…>

…と思うじゃないですか。

…みたいな時とか。

<つまり…>

<しかし…>

寒い!

お疲れさまで~す。

<なんと 気持ちよさそうに…>

<タオルを頭にのせ

かなりの…>

<さんまさん…>


<さらに…>

<…で売り上げた>

<…をオープン>

<ここも また…>

(ROLAND)
年間で開催してるんですけど…。

<さらに>
今まで…。

(ROLAND)
ロマネ・コンティのラベル。

<その一方で…>

<さんまが大好きな
デル・ピエロをはじめ

サッカーのスーパースターたちと
会ったことも>

<お酒を一切 飲まない接客や

服は ユニクロを愛用するなど…>


<そんな…>


<そんな…>


<この日…>

<実は 東…>

<しっかりと…>

<そして>

<しかし…>

<今 ノリにノッている…>

<この日は…>

いつも。

<会場には…>

<そして>

(司会) よろしくお願いいたします
大きな拍手をお願いいたします。

その辺に ちらほらと。

<確かに…>


<チームを代表して
都倉選手が司会を務める>

<そして>

(拍手)

(拍手)

<その後…>

…いいほうだなって。

今んとこは…。

<ROLANDは 本当に忙しく
ちょっと お疲れ気味>

<ROLANDを癒やすため…>

♪~

<ROLANDと…>

<今回は
ROLANDに ぴったりな問題>


(村山) それじゃ
なぞなぞになってないんで。

(ROLAND) なってないね。

ジェットコースター。

<その後も>

あの ちゃんと…。

コロン?

<そんな…>

(笑い)

まぁまぁ…。

<ROLANDさん さんまさんの名言
いかがですか?>

(拍手)
あ~ すごいなぁ。

「やっぱ人気だな」。

あっ そっか…。

そうですね チャリティーを 僕
やったんですけど その時に…。

招待してくれて すごいな これは。

女性… みな実ちゃん
何を聞きたい? こういう方に。

(田中) えっ だって 私 今…。

そういうことや。
真隣ですから。

(笑い)

(田中) 全部 パクられますよ!
(ROLAND) 使ってみてください。

面白く言う。
(東野) そんな…。

…やと思えへんかった
びっくりする。

(田中) あまり ブランドとか
お召しにならないところも

カッコいいと思って。

っていうところもありますし
やっぱ…。

女性を…。

主語が全部 「俺のお金で」とかって
なるんですけど やっぱ 僕は…。

として…。

あっ お金で口説くんじゃなく。

(ROLAND)
はい やっぱり 男としての。

「男として口説きたい」って 俺…。

(笑い)
(東野) 持ち歩いてるんですか?

いや 何か…。

あっ 告白する時…。

(渡部) どうするんですか?

どうやって… いや あの…。

(歓声)

(笑い)
(後藤) すぐ頂く もう。

(笑い)
(後藤) 鉛筆世代 確かにね。

これ これでええやん。
(後藤) スマホのメモに入れない。

そんなとこ…。

「うわ 鉛筆世代や」
訳 分かれへん。

(村田) 僕 今…。

…だと思ってるんで。

…と思ってるの?
(村田) はい。

この前
番組で 一緒だったんですよ。

いろいろと あの ちょっと…。

…してしもうたんだ。
いや もう ホントに。

もう アカンで!

お母さん
お母さん 悲しむよ。

もう ホントにカッコいいです
ROLANDさん。

だから ウインカー。

(後藤) いやいや…。

(笑い)
こら!

(東野) ああいうのが嫌やねん!

(後藤) 道路交通法…。
(東野) ああいうのが嫌やねん!

モテない上 「交通違反ですよ!」。

(東野) そういう
ガサツなツッコミが嫌やねん。

ガサツやわ お前!

…が見えるところなんで
そういう。

例えば…。

…とか。
(東野) ハハハハ!

二十歳として ROLAND。
(浜辺) 私…。

ウソや!
(浜辺) SNSの。

えっ 美波ちゃんも…。

(笑い)

(東野) 「あんなんに」って
「あんなんに」って。

(笑い)
(東野) いや 使ってええやん。

使うたらええ…。
(東野) 使うたれよ。

使いやすい…。

全部…。

(浜辺) 「おやすみ」も…。

…とかなんですよ。

ちょっと…。

あっ 出来上がりとしては。

(市村) 何か 1つの 僕は…。

あっ そうか そうか。
(東野) あぁ 確かに。

いや でも あの…。

さっきも おっしゃってましたけど
なので 結構…。

で その 「何で 人が見てない時に
カッコつけるんだい」って

よく聞かれるんですけど まぁ…。

あっ もう 普段から。

(ROLAND) さんまさん。

シャワーの時 俺は…。

(ROLAND) あぁ 俺…。

(後藤) ホンマや!
(東野) 「フ~」 おかしいて。

お前ら 分かれへんやろ。

(笑い)

美波ちゃん
塚地の あれは もう…。

(後藤) そうですね。
(浜辺) かなぁ。

(浜辺) 寒かったです。

…を感じてたんで
それくらい。

真剣佑 分かる?
冬の寒いところ系。

もちろん分かります。

そうそう ほいで もう…。

って すごい役者さん あの人は…。

(東野) らしいですね
うわさで聞いたんですけど。

寒い中…。

もう 高倉 健さんが
当たってないっていうので

自分も…。

そして たけしさんも…。

と思ったらしいねん。

フッと見たら…。

毛が これぐらいあるコート
着てた。

≪暖かそう≫

そんなことない。

…遭ったことは。
危ない目にね。

(市村) 上から…。

キラキラ キラキラ…。

あっ それは…。

上に行っちゃったもんだから
上で…。

(市村) で もう 下で これから…。

その時 しょうがないから
僕 フッと…。

…があったんで
それ 持ち出してね。

♪~

ウソ!

(拍手)

そう。

はい さぁ 続いて。
続いては…。

どうぞ。

<うわさの天才 YOSHIが
自宅紹介>

♪~

<さらに 共演…>

ぜひ。


(菅田) いないじゃん。
いない いない いない。


(菅田) よろしくお願いします。
(拍手)

<ファッションセンスを
認められ…>

<新曲では 名曲…>

<…し 話題に>

♪~

<の間に生まれ…>

<今回…>

<ということで…>

<…してくれた>

ということで…。

まずね…。

そうそう あとは ここが もう
自分の部屋なんですけど

1ラック 2ラック
3ラック 4ラックってあって。

(YOSHI) もう…。

<服フェチYOSHIに
超有名ブランドから…>

(YOSHI) これは ヤバいよ。

単純に…。

(YOSHI) これにしたのかとか。

♪~

(YOSHI) どう? 似合ってますか?

<さらに…>

(YOSHI) これはね ローマとかを
イメージして描いた

肖像画みたいな…。

アートも 今後 やって行きたいな
っていうのがあって。

<この…>

<実は 今回…>

<…を作成>

<それは…>

<そんなYOSHIに…>

たぶん…。

<そこで…>

映画 『タロウのバカ』で
YOSHIと共演した

植田紗々です。

…の時だったんですけど

高校生の役で…。

(植田) YOSHIが…。

(植田) ひと言。

(植田) キレましたね。

っていう話をしたら…。

ぜひ。

<YOSHIへの…>

…を受けて。

だから きっと…。

…んだと思います。

<確かに…>


(高岡) 私のこと。

…って言うたやろ?
あっ ごめん ごめん。


<で引きつける…>

<たちまち…>

ドリームランド!

<退団後…>

<来月には 『スクルージ』で
7度目の主演>

<笑いあり 涙あり>

<にぎやかなダンスシーンも
たっぷり堪能できる作品>

<その一方で>

♪~

<そんな市村には…>

<…がいる>

<その…>

<まさかの>


<それは>


<実は 市村は…>

<さらに 市村には 今なお…>

<…がいる>

<それは>

(スタジオ:さんま) 気まずい?

<2人は…>

<…して以来の付き合い>

<そして…>

あっ これは。

…で いられるんだ。

(メッセージの受信音)

(メッセージの受信音)

<かなりの…>

<だが 実は 市村…>

(スタジオ:さんま) 10年前ですか。

だって あれやで もう…。

…せなアカンねんから。

<実際に放送されたシーンが
こちら>

…しだすやろいう話。

<笑って終わっているシーンだが
実は…>

僕は…。

(拍手)

今ので…。

最後の ひと言がなけりゃな。

あれは やっぱり…。

あれはね ちょっとね…。

実は。
何で?

(市村)
だから そういう時代が…。

と思ったら ちょっと…。

(一同) わ~!
(東野) そっか。

になる時は…。

でも もう…。

たった9年ですけどね。

何をおっしゃいますやな~。

元気で また…。

(笑い)

将来 おじいちゃんになったら
どうしようとか。

まぁ そうですね あの~ もう…。

…しちゃおうかなと思って。

(東野) さっきから
しゃべってる時 ずっと…。

(田中) だって もう…。

美し過ぎる。
うん。

近いよ。

ここと こんなんやで お前 なぁ!

(YOSHI) どんどん どんどん 右に。

(東野) 俺…。

あ~!
あ~!

そうですね やっぱり…。

折れちゃうというか…。

…に なって来たんだ。
やっぱり…。

捨てられたくないから?

(市村) 最近 僕なんか ほら
年齢も こうだからね 時々ね…。

はぁ~ こいつらと…。

寂しいこと 言いなはんな。

(東野) 泣いちゃう。
(市村) ほら…。

いらん。

…しとかなアカンな。

もちろん もちろん もちろん
え~…。

(渡部) いやいや。
≪19歳≫

そして…。

やっと回って来ましたよ。
(東野) すごいですね YOSHI君。

やれるんだったら 全部100%で
進めようよっていうのが

僕なのかなっていうのがあって。
あぁ なるほど。

やりたいこと やっといたって。

自分が…。

うまくね。
(東野) うまく しゃべられへん。

違うんですよ。
(YOSHI) あれ?

(東野)
でも ちょっと だから…。

あれは あの…。

言ってしまいました。

(笑い)
(渡部) ポロリ病。

っていって もう…。

(YOSHI) あれ? これは…。

(相武) めちゃめちゃ…。

16歳が言うと かわいいのか。

そうなんですよ 何か…。

…ってなってって。

けど…。

…みたいに
なっちゃったわけですよ。

できるわけやもんな 向こうも。

16歳で あんな美人たちやぞ。
(東野) 最高やん。

そんな… 電話番号
ゲットしてるいうだけで。

なるわ。

俺…。

何やっとんねん!
(後藤) えっ 小遣い 渡して?

こういう時…。

女優さん 大好きで…。

ないかな?

モテるために
まぁ でも やっぱり…。

(YOSHI) それだ!

それだ! それだ!

俺らは…。

…だけだったやんか。

(後藤)
さすがに これは しないですよ。

(後藤) えぇ?

(笑い)
(東野) 強さの話やない。

(ROLAND) 何となく…
やっぱ 男子校だったんで 僕も。

学生寮だったんですよ
もう それこそ…。

時代は AKBか。
(東野) 篠田様よ 麻里子様。

いっぱい。
せやろ。

僕ですか?
うん。

(篠田) 言ってくれた。
(東野) すごいよ。

(笑い)

(東野) うれしいよ
うれしい うれしい。

(YOSHI) けど 何か
すごい思うことがあって

何か 別に…。

言えばいいと思うし
何か それを…。

…っていうのは
すてきじゃないですか。

言われへんよ そんな。
(YOSHI) けど…。

(渡部) …してるな。

(YOSHI) 別に 自分が…。

もちろん 正直にね。

だから 俺は…。

振り返って 人生…。

って言っとけば…。

(村田) いや
すごい あの…。

…って思いました。

(東野) ウソやろ。
(後藤) いやいやいや…。

今 ほいで…。

(東野) 何や思うてた?
さんまさんのこと。

お前 すぐ…。

気を付けてよ。
(後藤) 危ない 危ない。

女の人も 実は
それ 待ってるんでしょ。

好きなら好きと言ってほしいって。
そうです 何か やっぱり…。

ホントに そういう人がいたら
確かに…。

お前…。

(東野) 行け 行け 行け。
(YOSHI) 「ちょっと待て!」って…。

(後藤) えっ!

YOSHIさんが VTRで 絵を描かれる
ということ ありましたけども

本日 さんまさんに
絵を描いて来てくれたそうです。

お願いします。

はいてんねんな これ。
ボロボロですけどね。

ROLAND どう? あれ。

(YOSHI) 個性的! つらいな
つらいな 言われてしまった。

では 一体 どんな作品なのか
こちらです ジャン。

(YOSHI) どうです?
よく分かんないでしょ。

いやいや。
(東野) 現代アート 分からへん。

(渡部) サンマ? 魚の。

(YOSHI) そうそう そうそう
でも これで…。

(渡部) 説明を ほら。
(東野) まず 説明。

すごいやん。
(東野) ハハハ 現代アートですから。

(東野) おい! おい!

(YOSHI) やっと…。

お前 何…。

(東野)びっくりするわ。
(後藤)誰にカンチョーしてんねん。

そんなことより テレビ番組で
カンチョーしようって

思うヤツの発想がや。
(渡部) 確かに。

これは かわいらしい。
(YOSHI) 何か 単純に

やっぱり
学校で美術の授業とか習うと

例えば 馬の奇麗な絵を
描いてくださいとか

リンゴを置いて 鉛筆で
描いてくださいっていうのが

あんま得意ではなくて。
うん 分かる。

(YOSHI) ある日…
バスキア いるじゃないですか。

バスキアを見た時に
あっ これは

こういうアートの在り方が
あるんだって思って

自分もできるかもしれないって
いって キャンバスを買って来て。

2年前ぐらいに やって やって
やって やって できたのが

この さんちゃんスペシャルです。
はぁ~。

これは…。

(YOSHI) そうなんです
これが 何か 川だとして。

これ 川のイメージなのか。
(YOSHI) そう 川のイメージで。

さんまさんが泳いでて
この川っていうか 人生を

これから歩いてくっていうか。
これ 人生に例えてるの 川を。

I LOVE YOU.
(YOSHI) フゥ~!

(YOSHI) よくご存じですね。
ほんで 尊敬してる…。

(笑い)
(渡部) よほど 気になってる。

すごい気になっちゃってる。

(ROLAND) いや でも あれ…。

…みたいな。

(YOSHI)言われてるぅ!
(東野)四捨五入したらズボンやん。

四捨五入したら。

それでは 続いて。
続いては…。

大相撲力士…。

行ってくれましたので
そのVTRをご覧ください。

せや せや せや。

(渡部) どっちかっていうと…。

<炎鵬が 8歳年上 憧れの
田中みな実と初対面>

(炎鵬) はい。


(行司) 手をついて はっけよい!
(実況) さぁ 足を狙って

左から右に回り込んで行った
回り込んだ 炎鵬。

さぁ 回り込む 回り込む 回転する
そのまま 背中を突いた 送り出し。

<その甘いマスクと 大きな相手を
投げ飛ばす 華麗な技から

ひねり王子と呼ばれ 大人気>

<雑誌の表紙を見て…>

<…したことを告白>

(炎鵬) パッと 目に入った時に
すごい…。

(渡部) どっちかっていうと…。

どっちかっていうとね。

<その…>

ヤツは。

<そんな…>

実は…。

(炎鵬) ありがとうございます。

<2人が向かったのは…>

<実は ここ…>

実はね…。

あっ そうなんですね。

(田邉さん)
今日 こんな感じです。

…って会社があるんだけど

やま幸の社長の…。

(渡部) つまり…。

(渡部) …が 食えるんですよ。

大間から…。

(渡部) 脳天の剥がし身 どうぞ。
(炎鵬) いただきます。

なくなりました。
なくなった?

だから パッと見 たぶん…。

(田邉さん) では 次 中トロ。
(渡部) 中トロ。

(渡部) 奇麗ね。

いや~ これ もう。

(炎鵬) 僕ら よく…。

(渡部) むしろ…。

膜が。
口の中ね。

<その後 最高級のマグロを
心行くまで堪能した 炎鵬>


頭 できないので。

肩 もんでもらいたい
それは いいよ 例えば…。

(スタジオ:田中) 「ヤツ」って!

ごはんの約束をする。
はい。

<果たして…>



(渡部) 本物ですよ 本物 本物。

(渡部)
すいません お忙しいところ。

(渡部)
…したほうがいいんじゃない?

はじめまして。

<…の 炎鵬>

(渡部) 2人で ちょっと
せっかくだから。

ごめんなさいね。

じゃあ ちょっと…。

(炎鵬:田中) はい。

<果たして ガチガチの炎鵬は…>

田中 お前。

<果たして ガチガチの炎鵬は…>

うん。

そう。

(田中) オムライス?
はい。

(スタジオ:後藤) 後ろ 邪魔やな!

(スタジオ:さんま) 後ろ 邪魔 ホンマに。

おいしいよね。
(炎鵬) はい。

<炎鵬>

(炎鵬) いいんですか。

(スタジオ:さんま) 見てみ あれ。
(スタジオ:後藤) うわ~。

(スタジオ:後藤)
うわ~ 悪いヤツやな。


<炎鵬 ついに…>

(炎鵬) 一番好きなのは… でも…。


いいんですか?
はい よろしくお願いします。

(スタジオ:後藤) ええわ ここ。

<この後…>

向こうは…。

田中 お前…。

いや 違う。
(後藤) ハマり過ぎ。


田中 ホンマにアカン
ちゃんと お前…。

あんな…。

お前の…。

ちょっと待って
正直にって 何ですか?

何がアカンって お前… なぁ。

データをどっから仕入れてんのか
知らんけどもやな

髪の毛 わざと触って
何かするたびに こうしてやな。

こうやって やっただけですよ。
違うよ。

こういう感じで見せる。
そうそう あれは…。

(田中) ウソ~。

(東野) マッサージなんて
あんなん 別に…。

やる? 手をこっちに。

お前 何にも…。

違います あの…。
(後藤) あんな…。

(田中) 違う ありますって。

でも それでも…。

いや! 何がや お前。

普通に こうしてやな。

違う 違う。
(後藤) ホンマ…。

(東野) 何なの? あれ。
(渡部) この業界 来て…。

どう?
女性として見てて 今の。

いや でも…。

そうか 炎鵬さんは喜んでんのか。
(東野) そんなん言いますけど…。

それはな。

全員に
あの女 好かれるんですから。

「仕掛けてます?」で ええやろ。

大将。
(後藤) 欽ちゃん。

(後藤) 向こうも…。

そやねん
ただ ホント 向こうは…。

田中 そんなことより。

ほいで ホンマに…。

でも ちょっと 忙しくて 私が
その 次の仕事があって…。

(東野) これや。

それは パパっと書いたら
終わりやないかい。

え~?
わざと お前 今 炎鵬さん…。

(渡部) 体の一部が。

でも そんな 何か パパっと
連絡先とか渡したら…。

あそこまで真剣に
テレビを通じて

田中さんに憧れてる 好き…
ROLAND どう?

お前らは 逆に ああいうの
利用して やって来てる。

だから さっきも…。

(田中) 言ってると思って。

一緒だと思って。
ウソやて。

(ROLAND)
男性でもね で そういう子は
やっぱ 売れるんですよ。

そうか ほな…。

(ROLAND) でも…。

そうか いやいや。

よっちゃん
すぐ好きになんねんもんな 今は。

怖っ!

(東野) アカン アカン 怖い怖い。

どう? 美波ちゃん 見てて。
(浜辺) ああいうのが…。

相手の。
(長井) すごいカッコいいです。

まぁまぁ でも というて…。

あの~…。

アカンやろ それ!

(後藤) したいんかい。
何やねん それ。

ありますけど 別に…。

…に やってるから
いいじゃないですか。

ええよ だから 今は そのままで。

炎鵬関って 一生懸命ね 今から
番付 上げて行こうって…。

に ああいうことをして…。

言いながら…。

だから ちゃんと 日にち決めて
目標に 頑張ったりするから。

あのな 恋が どれだけの
世界のスーパースターを

スランプに陥れたか
知ってるか? お前。

えっ そうなんですか?
スポーツ選手 アカンねん。

嫁さんとして置いといたら
ええけど…。

(田中) でも それで…。

(田中) 私が VTRで…。

…って おっしゃってました。

(東野) OK OK。

(後藤) スランプちゃうかった。

お前 ホントに
付き合う気なかったら…。

え~ でも…。

(東野) 先輩よ
うちの先輩に向かって…。

トップ オブ トップ。

北村さん こういうのは…。

(田中) 裁判?

(北村) 裁判では…。

(北村) それは どうやっても…。

気持ちを… これは?

(笑い)

篠田 どうや どう思う?

…しよんねんで こいつ。

見せたれ 世間の女性に。
(後藤) ペンギン歩き?

みな実ちゃ~ん こっち来て
うわ かわいい~。

(笑い)

その時の こいつを好きな…。

こんなん… 分かるやろ? 見たら
あんなの…。

かわいいよ 美波ちゃん ペンギン 歩き
彼女も「ミナミちゃん」。

美波ちゃん こっち こっち
美波ちゃん こっち こっち。

こんにちは。

よう見とけ みな実ちゃ~ん。

は~い。

分かった? 美波ちゃ~ん。

は~い。

こんなに ちゃうねん。

炎鵬さん
ホンマ ちゃんと ホンマに…。

(田中) はい。
気がなかったら…。

真面目に聞けや ちょっと。
はい。

お前…。

いや 違う。
(後藤) ハマり過ぎ。

(東野) 言うてもうてるやん。

さぁ それでは 続いて。
はい 続いては…。

どうぞ。

(笑い)


♪~

<そんな…>

<蓮舫議員は 大学時代

当時 モデルの登竜門だった
クラリオンガールとして…>

<…した過去がある>

<しかし…>

<蓮舫が…>


<教育熱心な母 蓮舫は…>

<保護者リレーで…>

<そんな…>

<2人は…>

<…を欠かさず>

<しかし…>

<現在…>



<いつも…>

♪~

<琳の所属する…>

<…の姿が>

<のだが>

あっ はい。

<ファンが…>

<…思いをしている>

<琳が俳優として
抜てきされた…>

<蓮舫の姿が>

<本人は こっそりと…>

お疲れさまです!


<出番待ちしていた…>

<すると>

あ~!
あっ!

<しかし…>

<2人が隠れたのは
屈強なラガーマンが座る…>

<さんまさん…>

(拍手)

これは…。

(村田) 母が…。

渡してんの?
(村田) そうです。

2人が起きて来たら
下で 蓮舫さんが

掃除機かけてるとか
普通にあります。

蓮舫さんの…。

(東野) でも 何かね…。

「アホか!」とか。

でも 自分…。

(村田) すごい 今…。

そうか イギリスいたら
その時は…。

(後藤) どこ住んでたん?
(渡部) すげぇな。

他の22歳よりも
「ママ ママ」なんだ。

たぶん… いや でも
どっちかっていうと

ホントに…。

(村田)
なので 今日も この…。

ちょっと時間が空いたので
母と…。

(一同) え~!
何が? 今から…。

こういう人がいいです。

こういうところに…。

言うときゃええのか
これから 俺は。

真剣佑は どう?
お母さんに依存してない?

(後藤) はぁ~!
そんな…!

何やねん それ!

アカン アカン 今の…。

そんなんアカン そんなんアカン。

母が。
お母さん 料理 作らない。

聞いたら…。

あ~! こういう家なんだ。

俺が…。

<この後…>

<スタジオ 登場!>

どうしても…。

…ことがある
ということなんですけども。

超大物女性アーティスト?
はい 何か…。

こっち側はね。

2本 続けて ご覧ください。
(東野) 何や? 気になる。

♪~

<シンディ・ローパーといえば>

♪~

<1983年
デビュー曲の…>

♪~

<全世界で…>

♪~

<…を受賞する 世界の歌姫>

<大の親日家としても有名な
シンディ>

<出場を果たした>

<今年8月には

日本でリリースされた
全シングル曲と

ミュージックビデオを
網羅した

最新 最強のベスト盤が
発売され 話題に>

<シンディ・ローパーには
こんな伝説が>

<職員の…>

<が 相次ぎ 乗客は…>

<その時

空港に…>

<シンディが 突然>

<その時の実際の映像が
こちら>

♪~

♪~        (歓声)

♪~

♪~

<一瞬にして…>

<さらに…>

<その日…>

<他の海外アーティストが
来日を見合わせる中…>

<と…>

(シンディ)♪~ so don't be afraid

(拍手)

<コンサート後…>

<そんなシンディは…>

<…したが>

遅過ぎた。

えっ 私?

3年前。

<今夜は…>

<したいことがある
ということで…>

<その後 女優として
『マッサン』など…>

<不倫相手役や悪女なども こなす
女優として

存在感を放っている>

<今や1児の母>

<そんな…>

<そして…>


<しかも>


やっと…。

何年がかりやないか。

≪断ってたんですか?≫

(笑い)

そうですね はい。

(拍手)
よかった。

俺が。
(東野) 本人が言うてるんですよ。

(相武) みたいな その時に…。

さんまさん ほら…。

でも…。

俺 ちょっと…。

…ことにしました。

(笑い)
(渡部) 常に仕事 さすが お見事。

(後藤) 世代的にね。
(渡部) 知らないよね 世代的には。

そうそう…。

絶対 VTRあって…。

分かりました。
ほんなら 俺が…。

(渡部) 段差を利用したね。
(後藤) 靴すべり?

知らないのね! 知らない!?

≪結構 滑った≫

はい 分かりました。

(相武) 何か 全面的に…。

これは もう
相武 褒めるようですけど…。

(東野) ハハハハ!
そうなんですか?

お笑いホスト?
(東野) うまいよね。

うまいです。

うまくはないの。

ホンマ!

(相武) それも…。

…したばっかりの時
たぶん ぐらいで。

(渡部) あれ?
(笑い)

(東野) 出た!

今 自分… こんなんでいいのか?

(篠田) 私…。

(篠田) それで 何か あんまり…。

違う。
(笑い)

(後藤) そんだけ空いたんや。
はい。

(篠田) 8年ぶりで しかも…。

(東野) 2回目!

いやいや…。

(東野)
お笑いホスト お笑いホスト!

(東野)こんなんでいいんですかね。
こんなんで。

どう? 今 1歳?

子育ては楽しいですね
やっぱり パートナーもいますし。

「パートナーもいますし」
っていうのは 俺も言いたいな。

(相武)
そうですか? 何か そう…。

もっと…。

そりゃそうやん
結婚したら そんなもん…。

(相武) そうなんですか?

俺が想像しただけでも嫌やもん。

…かも。
(後藤) えっ。

えっ?

「事務所は行ってこい」?

(東野) いやいや おかしい。
(後藤) えぇ~。

もう~。

(後藤) えぇ~。

そして…。

シンディ・ローパーさんと。

…しはったの。

来るってのは
やっぱり シンディさん…。

(一同) えぇ~!

…で 酒 飲んでたら。
(後藤) 渋いライフスタイルやな。

おでん屋で 酒 飲むの?
キンキラキン。

(長井) すっごい…。

(スタジオ:長井) 飲んでたら…。

(スタジオ:長井) 入って来て
すごいんですよ お洋服が。

(スタジオ:さんま) 誰なんだろう? これ
と思ってた。

(スタジオ:長井) フッて見たら…。

そう たぶん
覚えてらっしゃらないですけど。

いやいや 覚えてらっしゃるかも。
(東野) 日本 大好きやし。

ホントですか?

われわれは あの…。

あれは…。

メーキングVTR
めちゃくちゃ…。

(市村) それぞれがね。

では お呼びしてもいいですか?

はい いいですか?
いや ちょっと待って。

まだ 心の準備が?
心の準備が… 久々やから 俺。

(渡部) 相談があるって言って
来てるんですよね。

さんまさんに
相談があるということで。

シンディ・ローパーさんやで お前。
(東野) 行こう 行こう。

うわ ちょっと
ちゃんと こう 迎えなアカンな。

シンディ・ローパー さんに ご登場して
いただきましょう どうぞ!

シンディ・ローパーが
♪~   やって来ます!

♪~    やって来ます!

♪~

♪~     (歓声と拍手)

♪~     (歓声と拍手)

(渡部) すげぇ!
(後藤) カッコええな!

カッコええな~。

ハウ アー ユー? いや~。

シンディ・ローパーさんや!
(渡部) すごい!

(拍手)

すごいな~。

あぁ~ うわ~!

(笑い)

優しい。
(通訳) 付いちゃいました。

美波ちゃん どう?
初シンディ・ローパーさんでしょ。

ハハハ たまに力ない時あるんだ。

シンディさん…。

≪袖?≫
これで? 悪いと。

これ 自由に…。

聞いてみ?

ばったり。

覚えてない。
そりゃそうですよ。

(笑い)

(東野)
いたか いたか いたかどうか。

…だけ 私 言ったんです。

アイ ラブ ユー。

(歓声)

(笑い)

すごいよな~
何? 聞きたそうにしてるけども。

琳ちゃん。

はぁ? 何を聞いて…。

みな実ちゃん
女として聞いてみたいことは?

(東野) そっか しゃべれんねん。

OK.
何 英語で しゃべっとんねん!

(東野) いいじゃないですか
しゃべれるんやから。

市村さんは…。

そのへんは…。

何で発声… 何…。

[ 英語 ]

(観客) おぉ~!
(拍手)

16歳 何か。
(YOSHI) 何か…。

比べたら 比べものに
ならないぐらい やっぱり…。

あの時代ね。
(YOSHI) 思ったことがあって。

そういう 何か もっと…。

…は 何や!?
とにかく…。

何じゃ そりゃ!
(渡部) 全然 違う。

(東野) スター
世界的スターになるには?

そうです!

何や それ!
(笑い)

(東野) シャイなんです。

そうそうそう
ちょっと シャイなんです。

何か…。

(通訳)
ちょっとね 悩みがあるんですよ。

(シンディ) サンマサン。

「さんまは何でも知っている」
「さんまは何でも知っている」。

ということで では
一体 どんなことを聞きたいのか。

こちらをご覧ください。

<が きっかけで…>

<…を受けた>

<で 有名なシンディだが…>

<それは…>


<夫のデヴィッドは 愛犬…>

♪~

♪~

<そのため シンディが…>

<…が続いている>

♪~

<そのことについて…>

<すると…>

What!?

<何とも…>

♪~

<さんまさん…>

(東野) どんな悩み?

(拍手)
(東野) 難しい悩みやな これ。

Yes.

だから 散歩に行かないと
大体 分からない 恥ずかしいって。

やっぱ 背が高いから…。
(東野) 滑稽に見えます?

やっぱり違うやろ
その~ こうなんねやろ 恐らく。

伸ばしたらいいだけでしょ。
えっ?

(東野) 伸ばしたらええ。
(後藤) ヒモ 長かったら。

あ~!
(渡部) 大っきい犬ならいいけど。

彼の…。

セント・バーナードとかやったら
いいわけだ。

Yes.

パグが…。

(後藤) もう 大きなりませんよ。

あれで もう大人。

…に行けばいいんじゃないですか。

確かに。
あ~。

(笑い)

(東野) 解決 解決。

解決 解決。
(後藤) 見事な解決策。

でも 犬は苦手じゃないんでしょ?

Yeah.

あぁ~ いやいや…。

逆に。

渡部 聞きたいこととか。
(渡部) 聞きたいことですか?

そうそう ええこと聞いた。

ええねん! 今 シンディ・ローパー さん
しゃべってんねん!

痛かったよ!
(渡部) 我慢したのね。

スーパースター!

スーパースターだから
すっごい我慢したの。

今日は 大の親日家でいらっしゃる
シンディさんと ご主人のために

お土産をご用意したんです。
(後藤) プレゼント。

…を販売している痛印堂さんに

特別に…。

はぁ~!
(シンディ) OK.

OK sure.

OK.

OK.

Here we go!
Oh! Wow!

分かりますかね?
Awesome.

右に漢字が 「神出癒」と

書いてあるんですね。
アリガトウゴザイマス。

そして こちら。
もう1つ インクを

付けさせていただきますね。
そんな うまいの? インク付けるの。

うわ!

(シンディ) OK.

Oh yeah.

うわ~!
(拍手)

こちら デヴィッドさんと 愛犬の
ゴーディーと書いてあるんです。

≪え~ 散歩してる!≫

様子が写ってますね。
あ~ すごい。

≪ついに デヴィッドがさ…≫

デヴィッドさんとゴーディーさん。

いや ありがとうございましたで
いいのかな。

アリガトウゴザイマス
アリガトウ。

(歓声と拍手)
(東野) サンキュー!

続いては…。

気まずい人。

♪~ 上からマリコ

<『上からマリコ』では…>

<を務め…>

<…を記録>

<その後は 幅広く…>

断れねえじゃん!

<現在は TEAM BEYONDの
メンバーとしても

ドイツで 車いすバスケの
取材に行くなど…>

<…をしている>

<実は…>

<と…>

<新婚生活では
毎日 料理を手作り>

<良妻ぶりを発揮している>

<そんな篠田の…>

<今から…>

<以来…>

<今も…>

<…するが>

<実は
あることが きっかけで…>

<篠田も…>

<普通に
焼き鳥を食べようとした…>

<確かに みんな…>

<しかも…>

<篠田は 飲み会に…>

<舞台に行くことも遠慮がちに>

<…とは?>

…のかもね。

(渡部) だったら…。

(笑い)
(後藤) 面倒くさっ!


こんばんは 渡辺えりです。

<最近 篠田が…>

いや もう…。

<なぜ 焼き鳥は
串から肉を取って食べるのか>


って言うのが…。

だから…。

終わった後。

<幼い頃から…>

<…などを習う 万能少年>

<映画『ちはやふる』では…>

<…を演じた
映画『OVER DRIVE』では

一転…>

<この体…>

<かなり…>

<そんな…>

<…と発言は したものの>

<しかし その…>

(新田)《あぁ~》

(スタッフ) 楽屋 こちらになります。
(新田) はい。

<テーブルの上には…>

<この スタッフの過剰な配慮に>

あっ。

<と…>

<さんまさん…>

あぁ~ いやいや。

(拍手)

もう まさに そうやよな でも。

やっぱり…。

そうですね 何か…。

何か…。

まぁ しょうがないっていえば…。

(新田) 何か そういう…。

…とかっていうわけではなくて

そういう時期もあるけど…。

ねっ え~ 俺なんか…。

で 乗ってたら…。

…とか。
(笑い)

みんなも イメージあると
思うんですけども。

(市村) 僕は 結構 あの…。

(市村)
だから なるべく 一生懸命…。

あぁ~ なるほど なるほど。

俺ら 明るい市村さん
知ってるから あれやけど

世間は そうか。

美波ちゃんは どんな?

っていう
イメージが持たれてて 会うと…。

…って言われます 身長が。

美波さんって 今。

156。
(笑い)

…聞いてんの ちゃうねん。

掛けたら…。

篠田さんは どんなイメージ?
(篠田) 私は…。

さっきのVTR 出てたやつ。

…って言われる よく。

たった1回 言うたやつがな
そんなもんや。

みな実ちゃんは どういうイメージ?
(田中) 私は…。

(田中) だから…。

…って こう 言ってるのが
聞こえたんです。

だから もう
電車 降りる時 ちょっと…。

…って かわいく降りました。
(笑い)

(東野) プロや!
(渡部) 大変。

そや そや そう
だから 君なんか…。

はい。
大変でしょ。

…イメージとかなんで やっぱ
ホント 口説いてた女の子に

iPhoneの…。

使ったんですよ
そしたら…。

(東野)
ハハハ! なるほど。

(東野) …であってほしいんだ。

(後藤) 大変やな!

差されへんの? 充電。

ちょっと そこで…。

えぇ~!

渡部もイメージ強いやろうからな。
(渡部) 僕は もう…。

あぁ~。

ものすごい…。

(渡部) 「えっ どうですか?」って
言うから。

もう ホントに 「あっ…」。

(笑い)
(遠藤) めちゃめちゃ疲れる。

(渡部) でも あれと…。

すごい…。

…に見えるんですって
あのぐらい やってあげないと。

分かるわ~。

…っていうイメージやったから。

いや だから ものすごい…。

…っていうイメージなんで
ゴルフ場なんか行って

普通に楽しくやってると
ものすごい…。

…って言われます。
普通に やってるだけでね せやわ。

そして 篠田さん。

(東野) 結婚。
はい。

「こういう人がいるんだよね」。
紹介してもらって。

一応 でも
3回 会ってるんだ おう。

で 帰りに 彼が…。

…って
言おうと思ったらしいんですよ。

で 「付き合ってください」って
言った時に 何か 音が…。

(篠田) 外だったんで
「は?」って言ったんですよ。

ブ~ンと通って。
「は?」って言ったら…。

…なのかな?って
思ったみたいで

「あっ じゃあ…」。

…って言われて。
(一同) へぇ~!

ホンマにドラマや その前に…。

(笑い)
「僕は…」。

(東野) それで OKなの?

これから…。

…と思って。

(一同) へぇ~。

あの人が。
(篠田) はい。

それを まとめなアカンから。

(東野) 焼き鳥屋さんは たぶん…。

(渡部) 焼き鳥って まず…。

(東野) 何やねん。
(渡部) プラス…。

大きさを。

手前に…。

すごい 計算して。

だったら…。

(笑い)
(後藤) 面倒くさっ!

最後に
長井 短さんの気まずい人を

紹介していただくんですが

その前に
まずは ご登場いただきます。

(東野) えぇ~!
この方です。

(東野) あれ?
♪~    もしかして あの人かな。

♪~    (長井) 誰って。

どうも はじめまして。
(亀島) お世話になっております。

(東野) そうです そうです
そうです そうです。

(長井) そうなんです。

<この後…>

だって 10個 違うわけじゃん。

(長井) そうなんです。

どうぞ センターへ。
(亀島) あぁ すいません。

(東野) これで発表したから
このイメージがあったから。

あれ? 亀島君 えらい 何か…。

あら~ それ。

…に行こうと。
そうそう。

来ちゃいました。

まだ? まだ 何か月か
新婚ですか。

いや もうね…。

(渡部) おぉ~!

(亀島) すいません すいません
ごめんなさい ごめんなさい…。

お前 何?

ちょっと 湯気 出ちゃいました。

すいません。

前 来た時は…。

(東野) どこの事務所も。
(亀島) それが…。

(亀島) そうなんです なかなか。

無所属?
フリーでやってるんですよ。

ほんなら オーディション
オーディションの連続か。

そうですね なかなか。

えっ ウソ!

ありがとうございます。

(笑い)
(東野) ROLAND 意識してるの?

(後藤)意識しなくていいですよ。
(東野)何で ROLAND 意識してるの。

長井 短さんが…。

…があるんですよね?
なるほど。

まぁ ありますね。

存在? ハハハハ!

それが何なのか
VTRがありますので

こちらをご覧ください。

<トップモデル>

<…すると>

でも やっぱ こう来てね 何か…。

…って たぶん 皆さん。

ってなって 「じゃあ…」。

…って たぶん どっち行っても。

<として…>

<…を浴びた>

<そんな長井は>

<…に出演>

<来年 公演
生瀬勝久が演出を手掛ける

太宰 治 原作の舞台
『グッドバイ』にも出演するなど

女優として大活躍>

<さらに…>

<実は…>

<…を抱えている>

<妻 長井の…>

(長井) ありがとう。

<亀島は…>

<…を用意>

<小さいほうの袋を
開けてみると

中には…>

《最近…》

<もう1つの袋も開けてみると>

<入っていたのは…>

しかも…。

…っていうので。

それって。


<さらに 長井には…>

…だから。

…っていうのは 人並みには。

<そこで…>

<…で検証>

<亀島に迫る…>

もう…。

<さらに>

<そして>

お友達の由夏ちゃんです。

(由夏さん) こんにちは。

(スタジオ:後藤) あんな動きなんねや。

<果たして…>

<すると 長井>

<女性に…>

<長井>

<亀島が…>

<…した際>

ホント…。

フリーの俳優さん。

<と言っていたので 亀島に…>

<…すると 呼び出した>

(スタジオ:渡部) 悪いね~。

<長井は その様子を…>

<いよいよ…>

<果たして…>

<偽プロデューサーと
偽物の名刺を交換し…>

<…ところで>

(スタッフ) ぶっちゃけ…。

いや まぁ…。

(スタッフ) 「今は」?

あぁ そうだったんだ。

と思って すごい…。

これ たぶん…。

たぶん そんなに…。

奥さんのほうが…。

奥さんの そういう…。

この人が…。

やっぱり…。

<奥さんの…>

<…している>

<ここで…>

<聞いてみると>

(スタジオ:後藤) まぁ 断られへんわな
あっ 酒 飲みだした!

<事前に長井に聞いた…>

<3人 用意>

<タイプの女の子が
3人も現れ…>

(女性)
いいんですか? すいません 隣。

「こういう女性がいたよ」とか

「飲みの席に女性いたよ」
とか言うの?

あっ どうだろう…。

(スタジオ:田中) 何で?
やましいことがなければ…。

<そして 徐々に…>

(女性) かわいい!
(女性) 目が奇麗!

<実は 長井…>

アハハハハ!

<亀島を…>

<長井が…>

<まずは>

…とか。

♪~ Are you ready?
(一同) イエ~イ!

♪~

♪~

ハハハハハハ!
<楽しむ長井>

♪~ (fu-fu-fu-fu-)

<果たして 亀島は?>

あぁ~ ヤバっ。

めちゃくちゃ若い。

だって 10個 違うわけじゃん。

なるんだ。

なるの? なるの?

(スタジオ:後藤) アルコール度数
高なって行ってるよ。

楽しいもん だって。
ホントに?

(スタジオ:後藤) うわ~。
(スタジオ:さんま) やめて!

<果たして?>
(スタジオ:さんま) LINEぐらい ええよ。

いいの?

<長井も…>

<…と思いきや>

<さらに>

左肩が 最近 めっちゃ凝ってて。

(亀島) そんなに…。
えっ 左 左のほうが凝ってる。

<一体 われわれは…>

<そして>

手さ 何か タイプ 選ぶ時
手 つないだのかなって。

(スタジオ:渡部)
ヤバい 壊れちゃう 壊れちゃう。

あぁ~!

あぁ! ちょっと でも…。

<いよいよ…>

<果たして…>

<いよいよ…>

<果たして…>

(長井) はじめまして。
(亀島) おおっ。

(長井) はじめまして。
(亀島) おおっ。

(長井) あの~…。

(長井) ハハハハハ。

あんた…。

いや そうですね。

いや ごめん… うわ!

いや ごめん… うわ!

あぁ!

すごい 何か…。

<本人 めちゃくちゃ…>

いやいや もう。
(後藤) これは やられましたね。

旦那の身になったら
もう こんなの。

ただ でも この前3人は
めちゃくちゃ引いてましたけどね。

(長井) ウソ。
何?

(相武) 結構 きつい。

LINE 向こうが してくれ
っていうたら そんな…。

LINE 聞いても しなけりゃ。

(東野) さんまさんの話やない
さんまさんの話やない。

ROLANDさん どう?

彼…。

(東野) こいつ…。

…するって言って
呼び出されてるんですよ。

(長井)
…に 持ち帰られたかった。

プロデューサーに…。

いやいや あらためて
違うプロデューサー  紹介してあげな。

(亀島) ホントに。
これは ひとつ…。

(市村) そうよね。
これは どうですか。

(東野) そうそう これで…。

いやいや ありがとうございました
どうも ありがとうございました。

ありがとうございました
ありがとうございました。

(拍手)
いや~。

だいぶ これは
やっぱり すごいな。

ねっ 何か…。

さぁ 以上ですよね。
はい。

それでは 最強の弁護士軍団に
この中で…。

挙げてもらいたいと思います。
芸能生活とか。

判定をお願いします どうぞ。

<ギブ ミー ア トゥルース‼>


判定をお願いします どうぞ。

<ギブ ミー ア トゥルース‼>

(観客) え~!

いや 分からんではないけども。
(北村) 田中みな実さんですね。

比較すると…。

はいはいはい。

あ~。
(北村) これは…。

(北村) ROLANDさんの相手方は
そう思ってる だから…。

(渡部)
接客ですね あれ 確かにね。

そうですね。

相手に対して
田中さんが すごく好きだと

男からすると 自分は好かれている
というふうに思わせる

接客なので これは…。

(北村) でも…。

非常に…。

あぁ そのとおりやて。

(田中) でも こうやって…。

…から いいんだけど
そうじゃなくて。

(後藤) 「一般のお客さん」?
私…。

…があるので気を付けてください。
分かる いや ホントに。

そして 菊地さん。
(菊地) 一番不安ということで

村田さんを
選ばせていただきました。

やっぱり…。

(菊地) いろいろ ご相談を
受けてると…。

(菊地) どっかの段階で…。

どっかで ぜひ お持ちになる
っていうことも

ちょっと お考えになったら
いかがかなっていう。

…って 菊地さんは
おっしゃってんねんけど。

(村田) そういう意見はあると
思うんですけど 自分は もう…。

今 過ごせる時間があるのであれば
そっちに使ったほうが。

そうですね。

「ウ~ン」って…。

宣伝があるんでしょ?
はい 新田さんと相武さんから。

毎週 水曜 夜10時から ドラマ
『同期のサクラ』が放送中です。

(相武) ぜひ ご覧ください。

いやいや…。

送り込みますよ。
(後藤) 大変や。

(渡部) 今回は…。

入るんですよね でも ただ…。

(渡部) という男は 逆に…。

(渡部) だけあるので…。

…という役どころなんですが。

このドラマ 面白いのは…。

時間が たってるんですね。

ある事件が起こる…。

すごい!

私 もう…。

いや 何か もうね…。

何でや?

そやろ?

ほいで お前…。

ごめんよ~。

最後は 何か…。

(東野) さんちゃん よっちゃん。

(笑い)

この方です どうぞ!
(ブルゾンちえみ)  ドキドキ!

(ブルゾン)  誰? 男性 男性。
(後藤) 男性。

(渡部) 細い?
(ブルゾン)  脚 長い。

(歓声)

スペシャルゲストの
松本人志さんです!

(歓声)

<全ては次週>


関連記事