コントの日 日本コント協会会長ビートたけしと人気コント職人が集結!「テレビ」をテーマに豪華組合せ…新作20本!


出典:『コントの日 たけし・ひとり・03・秋山・ロッチ・チョコプラ他・新作20本』の番組情報(EPGから引用)


コントの日 たけし・ひとり・03・秋山・ロッチ・チョコプラ他・新作20本[字]


年に1度のコントのお祭り!日本コント協会会長ビートたけしと人気コント職人が集結!「テレビ」をテーマに豪華組合せで新作20本!実力派俳優や若手芸人もゲストで参戦!


詳細情報

番組内容

年に1度のコントのお祭り!日本コント協会会長ビートたけしと人気コント職人が集結▽劇団ひとり・ロバート秋山・東京03・ロッチ・ジャンポケ斉藤・チョコレートプラネット・新川優愛▽テレビをテーマに豪華組み合わせで新作20本▽実力派俳優たちもゲストで参戦!林遣都・倉科カナ・鈴木杏樹・小手伸也・足立梨花▽人気芸人もゲストに!ジャルジャル後藤・しずる村上・ハナコ・ネルソンズ・あいなぷぅ・トンツカタン森本ほか

出演者

【出演】ビートたけし,劇団ひとり,東京03,ロッチ,チョコレートプラネット,秋山竜次,斉藤慎二,新川優愛,足立梨花,倉科カナ,小手伸也,鈴木杏樹,林遣都,後藤淳平,村上純,ハナコ,ネルソンズほか

人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ


『コントの日 たけし・ひとり・03・秋山・ロッチ・チョコプラ他・新作20本』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

コントの日 日本コント協会会長ビートたけしと人気コント職人が集結!
  1. 本当
  2. 大丈夫
  3. お願い
  4. 南米
  5. お前
  6. 鶏チャー
  7. 番組
  8. 時間
  9. 都倉
  10. お客様
  11. コント
  12. フリー
  13. 気持
  14. 足立区
  15. 駄目
  16. 鳴海
  17. 今日
  18. 最後
  19. 普通
  20. パン


『コントの日 たけし・ひとり・03・秋山・ロッチ・チョコプラ他・新作20本』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

(拍手)

さあ 今夜も クイズを
バッチリ当てて頂きましょう。

司会は私 万波大二郎です。
アシスタントの鳴海佳奈です。

そして 本日の解答者の皆様。
お願いします。 よっしゃ。

それでは早速 問題です。

まずは 早押しクイズです。

問題!

よう 押してんだよ。

さあ 分かった方は早押しして下さい。

いや 分かってるから
押してんだろうが…。

何だよ。 光んないの?

あっ あっ あっ…。

(解答ボタンの音)
あっ! あっ…。

はい 金井さん!
えっと… 納税!

(正解の音)
お見事 正解です。

ありがとうございます。
な… 何だ おい。

早押しって… これ?

早かったですね 金井さんね。
はい。

もう これだけ練習しといたんで。
「早かった」ったって お前…

何だ これは。
このボタンは何なの?

栗林さん 惜しかった。
いや~ ちょっと早かったですね。

押すの?
はい。 頑張って早く押して下さいね。

分かんねえな…。
最近 テレビ変わった?

そうですかね?

♬~

(拍手)

さあ やってまいりました
「コントの日」。

(拍手と歓声)

我々が 日本コント協会の一員として

コントを届けるということで

会長は
もちろん たけしさんでございます。

お願いいたします 会長。
(一同)お願いします!

でも たけしさんも 一応やってましたよ
こうやって。

これは もう 年間行事として
やっていこうということでね。

そのうち 休日になってもいいですね
何かね。

夢 でかいな!

なんないよ 多分。
今日は コントの日だから やろうぜって。

ストリートで。

<年に一度のコントのお祭り
「コントの日」。

生っ粋のコント職人による
今どき珍しい

純度100%のコント番組です。

そして この番組だけの
豪華なコラボレーションも。

コント尽くしの2時間をお楽しみ下さい>

ビール飲むでしょ?

今回はですね 去年は「平成」
というテーマで やったんですけれども

「テレビ」というテーマで
お送りしたいなと。

まあ今年は たけしさん
テレビは もう にぎやかでしたね。

いろいろありましたからね。
(笑い声)

際どい話題なんかも ちょっと扱った
コントをお届けできたらなと思います。

というわけで 最初のコントをどうぞ。

え~ 今回の番組テーマがですね
「世界のビックリ事件簿」ということで

VTR明けて スタジオおりましたら

ゲストの都倉さんに
例のお話をして頂きたいと。

あの話
めっちゃくちゃ面白いんですよね~。

都倉さんが南米でスリ捕まえた話。
本当 何回聞いても笑っちゃう。

俺も大好き。
何回聞いても笑っちゃうよな。

本当 役者さんとは思えないね。
ありがとうございます。

だもんで 今回も是非 都倉さんには
南米でスリ捕まえた話をしてもらって

スタジオで爆笑をと!
お願いします。

生南米ですよ。
生南米。

あの… ちょっと ごめんなさいね。

あの~ 事前にね
アンケートを送ったと思うんだけど…

送ったか? お前。 あれ。
渡しました。

あ~ こちらです。 来てます 来てます。
はい こちらですね。

こちらになります。
あ~ そうそう…。

びっしり書いて頂いて
ありがとうございます。

枠から はみ出して…。

だからね いろいろあるんでね
まあ今回は

南米でスリ捕まえた話よりは
こっちでいこうかなと思っててね。

あ~ なるほど。
確かにね いろんな話 書いて頂いて

こちらでも いろいろ検討したんですよ。

で 最終的に 南米でお願いしようかなと。

いや でも… あの~
南米の話さ あれもうね 12年も前なのよ。

あっ もう12年前ですか!
そうそう そうそう。

だから もうね いろんな番組にさ
何っ回も話してるからさ。

あ~ そうですね。 何回も聞きました。

俺 最初 聞いた時 中学の時だもんな。
そうでしょ?

まあまあ そうなんだよ。 そうなのよ。

だからね 正直ね
南米のあの話は もう 話したくないのよ。

あ~ なるほど。
もういいかなと思って。

でも どうします?
急に でも 話 替えろっつっても

無理ですよね。
いやいやいや いやいやいや…。

話のプロじゃないから…。
そうですね 役者さんですから。

それはね 申し訳ない。
大丈夫。 聞いて 聞いて…。

聞けよ 聞けよ! 聞けよ!
南米の話は…。  聞けっつってんだよ!

南米。
うるせえな!

南米…。
お前 黙ってろ! お前。

違うんだよ。 もう 南米の話は やめて

こっからさ 例えばさ 一番最初にね

タイでさ 象に乗った話。
アハハッ タイで象乗った話。

そう! どう? これ どうかな?
確かに 確かに はい。

まあ 南米っすね。
100-0で南米っすね はい。

象が もう全然 かすんで見えますね
南米に比べたら。

ああそう… ハハッ じゃ スペイン?
生ハム食った話。

スペインで生ハム食った話
あんな話あるかって…。

面白いでしょ? これでいこうよ これね。

まあ でも 今回は南米っすね。

すいません ちょっと 南米で クレーンも
発注しちゃってるんで すいません。

え? 何する気なの?
だもんで 後ほど スタジオの方で。

よろしくお願いします!
お願いします。

ああ そう…。
お願いします。

うん お願いします。
これ 要らないか。

失礼しま~す。

お願いします。
(ため息)

マジかよ。 また 南米の話かよ お前。

何回目だ これよ。 本当に。

おう。
お前にも これ 問題あると思うけどな。

何がですか?
俺んところに来る前にさ

マネージャーのお前の段階でよ
「南米のこの話は もう

そろそろ終わりにしたいんですよね」
っつって お前

断れないかね。
え~?

こだわって仕事なくすより
よくないすか?

まあ そうだけどさ…。

南スリの話 してほしいって需要
まだ結構あるんすよ。

いや まあ そうかもしれないけども…。

南米でスリ捕まえた話 お前
南スリって呼んでんの?

はい。 僕がっていうか
世間が そう言ってます。

いや ほら… ほら お前
俺 恐れてんの それなんだよ お前!

えっ えっ えっ えっ?
俺 役者だよ お前 ねえ。

役者が 南米でスリ捕まえた男っていう

そういうイメージついちゃうの
邪魔じゃない?

大丈夫ですって。
ほかにも いろんな仕事 入ってますから。

そうなの?
入ってますよ。      何 入ってんだよ。

え~っとですね 火曜に「衝撃ザ・ワールド
~南米スペシャル~」のパネラーとして

スタジオ収録。 水曜は
都内のブラジル料理フェスのゲスト。

で 週末からは NHKの

「知られざる南米」の
アルゼンチンロケです。

南米じゃねえかよ! お前。
南米じゃねえかよ 全部よ!

役者の仕事 一つもないよね お前。

大丈夫ですから!                  え?
来年 映画の仕事 入ってます。

映画?

矢田ちゃん お前…。
そういうことよ! 映画 入ってんの?

映画 入ってますよ。
あっ そう!

そうですよ。 カナダを舞台にした
ラブストーリーなんですけど…。

よっしゃ! ラブストーリー 来た!
来ましたよ。

カナダで?
はい。       いいじゃない! 何役 何役?

北米でスリを捕まえた男の役です。

北米?

北米でスリ捕まえた男の役って 何 お前。

えっ 断ります?

やるよ お前…。 やるけども 映画だろ?
はい。

やるけども お前
役者の仕事にまで お前

南スリのイメージが スライドして
入ってきちゃってんじゃねえかよ!

いや だから 北米ですって それは。
ハッハッハッハッ…。

何 笑ってんだ お前! 何 笑ってんだよ!

お前 ちょっと これ 最後にしよう お前。
え?

駄目だよ これ もういい加減 本当に!
何でですか?

今日で もう最後。
南米のスリの話 最後な!

え~ もったいないですって!
もったいなくねえよ お前!

断れ 全部 お前の段階で!
え~!?

最後だ! これ 本当に もう!
冗談じゃないよ お前。

(ノック)         支障出るわ 役者に。
≪失礼します。  はい。

≪都倉さん
スタジオの方へ移動お願いします。 はい。

最後だぞ お前。
え?

最後の南米の話だ お前 これは もう。
ラスト南米ですか?

ラスト南米だよ お前。
何だ ラスト南米って お前。

やめろ お前。 全部 断れよ お前。
え~ もったいないっすって。

もったいなくねえよ お前。

はあ~ もったいない。

(笑い声)

いや 南米は すごいね~。

街をさ ボン キュッ ボンのチャンネーが
わんさか歩いてんのよ。

そんなのばっか見てたらさ
小太りのおっさんが ド~ンぶつかって

どうせ ぶつかんなら
チャンネーがよかったっつって。

そしたらさ
「あれ? 財布がねえぞ」ってなって

見たら もう 小太りのおっさんが
逃げてくのよ!

そこで 俺
財布 盗まれたことに気付いてさ…。 

はい もしもし。
あ~ 田之浦P お世話になってます。

はい はい。
来週のゲスト 都倉で… はいはい。

あ~ 南スリの話ですか…。

全然 大丈夫です! はい。
全然 大丈夫です。 はい。

本人 NGって言ってるんですけど
本番始まっちゃったら

もう すっごい しゃべるんで。
はい 大丈夫です。 お願いします。

はいはいはい。 お願いします。

(拍手)

さあ というわけで 「南米で
スリを捕まえたことのある中堅俳優」。

我々 タレントは ちょっと
悲しくなってくる部分も…。

やっててね 松尾君

マネージャー役 矢田ちゃんと
このコンビがね

飯塚さんも参加してて…。
はい。

「あのコンビよかったね」っていう感じで
褒めてくれたのよ。

テンション上がるよ。
褒めてくれてたよ。
えっ 本当ですか?

うん。
うれしいっすね。

面白かった 本当。
いいコントだったわ。

やんないよ!
もう 矢田ちゃん 断れっつっただろ お前。

お願いします。

ちゃんと でも…
あの話 ちゃんと 台本でありましたよ。

あの部分だけじゃないの?
あったよ ちゃんと。 できる できる。

まあ でも実際 テレビの現場って
あれに近いこともありますからね。

何か皆さん 番組からお願いされて
困ったことなんかありますか?

松尾さん どうですか?
いや 僕は最近

IKKOさんのモノマネ
やらせてもらってるんですけど

求められてるのは分かってるんで
どっかに入れようっていうのは

自分であるんですよ。
それを わざわざ言われるんですよね。

「すいません 松尾さん
これ ちょっと 料理が出てきた時に…」。

あの… 言いますし
わざわざ言わないでほしいんですよ。

恥ずかしいじゃないですか。

それで出てきて 「どんだけ~」とか言って
その人 見たら…。

やりますよ。 やります やります。

何か 申し訳ない感じで
言われますよね。

「すいません
ここでお願いします」みたいな。

いや そりゃ 言いますよ
もちろん 別に そんな。

斉藤さん どうでしょう?
いや 僕は結構 打ち合わせとかで

まず最初 言われる。

(笑い声)

「別に面白いこととかを
別に言おうとかじゃなくて

何か元気よく
盛り上げる感じでやってくれると

ありがたいです」と。

だから それは 忠実に再現はしてますね。

そんなことないって。
実際 だって トークでも 大喜利でも

笑いは とれるでしょ?
ハハハハ… はい!

あ~ 無理なんだ。 やっぱ 無理なんだ。
アハハハハッ。

会長 好きだからね。

「はいっ!」 好きなんです たけちゃん。
「はいっ!」 好きなんです。

はいはい… お願いします。 重たいね。

じゃあ そちらにお願いします。

置きます?
待ってね。 ちょっと待って はいはい。

大丈夫ですか? おいしょ。

は~い。
じゃあ ちょっと 一息つきましょう。

(一同)はい。
はい。 いやいや…。

あっ どうも お疲れさまです。
あっ 又部さん。

すいません わざわざ どうも。
差し入れです。

ありがたい。 おっ 皆さん
オーナーになられる又部さん。

あっ どうも。
差し入れを頂きました。

ありがとうございます。
頂きます。    飲んで下さい。

どうですか? 工事の進み具合というか…。
はい。

えっと ここが
恐らく ホールになる予定でして

そして え~ 向こうが厨房の感じですね。

それは…
先月も聞かしてもらったんですけども。

はい。
あの~ うちの この店

1か月後に オープン予定なんですけど
間に合う感じですかね?

え~っと 何だ どういうことでしょう?

ちょっと 先月来た時と
何か変わってないかなというか…。

いやいや いやいや…。
進んでるように見えなくてですね。

いや それはないと思います 又部さん。
あの 一生懸命やらして頂いてまして。

あっ 本当ですか?
はい。       ちょっとね ごめんなさいね。

あの~ 先月 来た時に
写真 これ 撮ってんですけど…。
はい。

これ 全く 一緒じゃないですか? これ。
いや 進めてはいますので。

どこ? 進んでます?

え~っとですね あの~
専門的なものを言いだしても

恐らく混乱するでしょうから
きちんと やらさせて頂きますので。

まあまあ ちょっと でも…
でもですね 分かんない

確かに
専門的なことは分かりませんけども

ちょっと 納得いくように
説明してもらっていいですかね。

何で今
こういう状態なのかっていうのですよ。

お願いしますわ。
え~っとね え~っと…。

ただ ちょっと返答によっては これ
元請けのメーカーの方に

これ もう 報告させてもらいますからね
これは。

これ させてもらいますよ!

ちょっと 専門的になってしまうので…。
いや 構いませんよ。

何でもいいんで ちょっと 納得いくように
お願いできませんかね。

もう正直に言いましょう。

ちゃんと言えば 分かってもらえますよ。

そうか…。
え? な… 何ですか?

あの… 実はですね…。
はい。

納期を遅らせて頂けませんでしょうか?
はっ?

えっ 何?
ストライキ的な そういうこと?

いや そういうことではないです。
あの~ 工事を終わらせたくなくてですね。

な… 何を言ってるの?
あの~

彼らに工事を続けさせてあげて下さい。

は? いや あの 分かんないけど…。

何で? 完成させてもらわないと
これ 困るのよ。

僕ら もともとは それぞれ個人でやってる
専門の職人でして。            はあ。

今回 元請けに集められて
初めて チームを組んだんです。

まあ 最初は バラバラでしたよ。

でも ある時 僕のミスで
足場が全部崩れ去ったんです。

は?
その時 監督が

「工事は みんなで やるもんや!

一人のミスは みんなのミスや」って
言ってくれて

ほんで もう みんなも
文句言わず手伝ってくれて… なあ?

それから みんなで
飲みに行くようになりました。

絆も どんどん深まっていって…。

みんなの気持ちが 一つになったんす。

いや 笑っちゃいましたよ。
足場が崩れ去ったことがきっかけで

チームの足場が固まるなんてね。

いや 何を言ってるの? さっきから なあ。

いや 何で泣いてんだよ。 なあ おかしい。
うまいこと聞かされて

何なの? これ。 なあ。

じゃあ 何
みんなが一つになったんならよ?

工事って
これ はかどるもんなんじゃないの?

はかどらないですよ!
何でだよ!

だって この工事が終われば
チームは解散なんすよ?

それが何だよ。
みんなで工事を続けていたい!

はあ?
そう思うと 自然と…

完成しかけた建物を バラしていました。

何してくれてんだ お前 なあ!
それで今 この状態なのか!

僕は つないだ配線を全部切りました。
は?

電気専門なんで。
知らねえよ お前! 何してんだ お前!

何だ そのツラ! 何だ そのツラは!

こういうことなんですよ!
どういうことだよ!

私たちは 一つのチームになったんですよ。

なんとか この店を完成させない方に
できませんかね?

できるわけねえだろうがよ!

ちょっと やってくれよ!
何なんだよ その気持ち悪い

その部活のノリやめろ それ!
部活じゃないよ!

部活のノリなんかじゃないよな!?

私たちは 一生懸命やってるんだよ。
チームなんだよ!

だったら 分かりました。
一生懸命 大人同士のやり取りしましょう。

それしろよ! 何だ!
そちらが きちんとお金払って頂いて

その中で なんとか なんとか…

この… このお店を完成させない方に
できませんか?

できるわけねえだろうがよ お前!

何で俺 金だけ払って お前
完成しない方向に進めんだよ!

彼らは ただ者じゃないですよ。

彼らは一度完成したものを
一旦解体させたんですよ!

それぐらいの男だよ!
駄目だろうが!

店のオープンは 俺の夢なんだ!

もう はっきり言うぞ!
もう 1か月以内に

心を入れ替えて この工事
ちゃんと成功させるか 完成させるか

もしくは ほかの業者に依頼するかの
どっちかだ!

どっちか選べ! 今すぐ決めろ!

(一同)監督!

ごめんな ごめんな。

こうするしかねえんだ。

何してる!? おい やめろ!

水 水!
水じゃねえ! ちょ… やめろ!

分かった 分かった!
ちょ… 分かったから やめろ やめろ!

分かったから! 分かったから!
もっと 軟らかくして!

軟らかくしてじゃねえよ お前!

分かったよ!

1週間だけだぞ。

1週間だけ じゃあ もう… 待つから。

もうギリギリだから!
あと1か月と1週間以内に

もう 完成させてくれ!

いいな!?

よっしゃ~!
やった~!

「やった!」じゃない。 図面を… 図面を。
やれよ お前。 やれって。

これで 1週間
みんなで まだ しゃべれるぞ。

違う。 しゃべれるじゃない。
工事をしろ 工事を!

図面を持て 図面を! なっ!

大丈夫か? 図面なくて おい なあ。

1週間しか延ばしてねえからな おい。

なあ なあ! おい。

夢なんだ 俺の!

一回 地盤を掘ろう 地盤。

間に合わねえだろ。 何で地盤掘るんだよ。

ご注文お決まりですか?
味噌ラーメン。

味噌! はい。

お客様は?   味噌ラーメンで。
味噌。 はい。

一緒で。
はい。

お客様は ご注文お決まりですか?
じゃあ 味噌ラーメンお願いします。

味噌。 はい ありがとうございます。

お客様は ご注文お決まりですか?
じゃあ 僕も 味噌ラーメンで。

あっ すいません。

こちらのお客様で
味噌 終わっちゃったんですよ。

あっ そうなんですか。

味噌がよかったからな。
じゃあ また来ます。

すいません!

あっ メニュー頂きます。

あっ 後ろの方に
渡しておきましょうか?

いいですか?                あっ はい。
すいません。 よろしくお願いします。

あ~ 並んでるね。
並んでますね。

あっ こちら どうぞ。

ああ どうする?

まあ ここ来たら
まずは 味噌ラーメンですかね。

まあな。 せやな。

あの… 味噌ラーメン ちょっと
今日 なくなっちゃったみたいで。

ああ そうなんすか?
え~ じゃあ どうしよう。

じゃあ ほかですね。
あっ チャーシューもおいしいですよ。

あっ ほんま? じゃあ そうしようか。

醤油でいいですか?

ご注文お決まりですか?

じゃあ 醤油チャーシュー2つで。

あ~ すいません。
本日 チャーシュー終わっちゃったんですよ。

えっ?
あっ 鶏チャーならあるんですけど。

やばいな どうしようか?
ちょっと ほか行きますか?

ほんまやな。 ごめんなさい。
じゃあ またにします。

あ~ すいません!
すいません。

あっ…。

あっ はい…。

♬~

ああ すいません。

あの~ 味噌とチャーシュー
終わっちゃったみたいです。

えっ 味噌とチャーシューないのか…。

すいません またにします。

あれ? 新規のお客様
いらっしゃいませんでした?

ああ 味噌とチャーシュー
終わったことお伝えしたら

帰られたみたいです。

鶏チャーならあるんですけど

それって ちゃんと伝えてもらえました?

いえ…。

ああ… うち 結構
鶏チャーも人気なんすよね。

ああ…。

次 来た時は 鶏チャーなら まだあるって
伝えてもらえると助かります。

あっ はい…。
お願いします。

あっ。 はい。

あの~ 味噌とチャーシューは
もう終わっちゃいました。

あの~ 鶏チャーならあるんですけど。

どうする?
(2人)う~ん。

チャーシュー食べに来たからなあ。
鶏チャーかあ…。

あの~ 鶏チャーは
結構 人気あるみたいですね。

そうなんですか?
はい。   じゃあ 鶏チャーにしようかな。

じゃあ 俺は 醤油の鶏チャーで。
俺も。

じゃあ 醤油の鶏チャー3つで。
あっ 1つ大盛りで。

醤油の鶏チャー3つで
1つ 大盛り かしこまりました。

え~っと…。
あの… 醤油の鶏チャー3つで

1つ 大盛りでお願いします。
あ…

鶏チャー 残り2つしかないんだよな。

あの…
鶏チャー 残り2つしかないんですよ。

何だよ。 結局 鶏チャーねえのかよ。

ないなら ないって
最初に言ってくれないと…。

すいません。

もう 別の店 行こうぜ。
もう一軒 近くにあるから。

(ため息)

すいませんでした。

あの… 注文聞いてくれるのは
ありがたいんだけど

注文取ったら 中のスタッフに
残りいくつか 確認してもらえます?

了解です。

あと ここ 道塞いじゃうと迷惑だから

ここに並ぶのは 5人まで。

…で 6人目以降は 向こうに
並ばせてもらってもいいですか?

了解です!
じゃあ 前の3人のお客様 中どうぞ。

はい。

そんなに並んでない。
うん よかった。

あっ こちらどうぞ。
ありがとうございます。

味噌とチャーシューは
もう終わっちゃったみたいです。

鶏チャーは 2人分残ってるみたいです。

どうする?
え~ 鶏チャー 食べてみたいかも。

オーケー。
じゃあ 醤油の鶏チャー2つ。

醤油の鶏チャー2つ。
ありがとうございます。

大将!       ≪はい!
醤油の鶏チャー 2つ お願いします。

≪はいよ!
醤油の鶏チャー 2つ入ります!

はい。

おなかすいた~。
すいたな~。

はい こちらです。
ああ すいません。

あの~ 味噌とチャーシュー 鶏チャー
今 終わっちゃいました。

ああ そうなんですか?
どうします? 課長。

う~ん… じゃあ 俺
普通に 醤油ラーメンにしようかな。

で トッピングで煮卵つけようかな。

俺も それにしようかな?
じゃあ 私も。

じゃあ 醤油ラーメン3つで
全部 煮卵をつけて…。

あっ ちょっちょっ
ちょっと待って下さい。

大将?  ≪はい。
煮卵3つありますか?

≪あるよ。 3つ出たら 煮卵が残り5。

煮卵5 了解です!

じゃあ 大将 醤油ラーメン3つと
煮卵3つ お願いします!

≪はいよ!

醤油ラーメン3つと煮卵3つ
大丈夫でした。

じゃあ お願いします。
あっ すいません。

あと すいません ちょっと…。

邪魔になってしまいますので
歩道の向こうにお願いします。

すいません。 ありがとうございます。

え~ では
醤油の鶏チャー2名様

そして 醤油ラーメン
煮卵トッピング3つ 3名様 中どうぞ。

おっ… すぐだね。
そうですね。 よかった。

すいません お待たせしました。
あ~ いえいえ。

お待たせしました。
すいません。

お疲れさん。
お疲れさまでした!

いや~ めちゃくちゃ助かったよ。
ありがとう。

お役に立てて光栄です。
ありがとうございました。

あっ ありがとう。

じゃあ また。

ん? えっ? あっ…

味噌ラーメンの人…。
ちょっと お客さ~ん!

(拍手)
あら すてきなコント。

もう 中岡さん以外
あの役はできないですよね。

そんなことないですけど。

スープ切れを見た時の この…。

(笑い声)

「え~ 終わっちゃったんだ~」
っていう。

いや これ 鶏チャーだとか
醤油ラーメンだとか

もう ややこしくて
めちゃくちゃ練習したかったんですけど

人数が人数なんで
「練習しましょう」って言いにくいんすよ。

で 「練習しましょう」って言ったら
ひとりさんが

「う~ん…」。
違うよ!

めちゃめちゃ やったじゃん 練習。
やった やった。

しかも ひと言 ふた言ぐらいしかないから
面倒くさいんだけど

しょうがないから やるんだけど
それで 自分で言いだすの嫌だからさ

全部 菊田に押しつけてさ。
そうそうそう。

菊田がやりたがってる
ってことにしてたよ。

何で 菊田が
練習が必要なんだよ。

毎回 たまりんとこ来て
「ちょっと 練習

おつきあい いいですか?
お願いします」。

ほな 中岡君が
「しゃあないな~」…。

いやいや いやいや。
すごい いいネタだったな でも。

斉藤さん いかがでした?
いや~ でも やっぱり

和田 やっぱり ひと言でも
取りにいこうとする あの姿勢?

和田まんじゅうの…。
あれは やっぱり…

(笑い声)
悪い部分もあんの?

いいんじゃないの 別に。

やっぱり これは このコントは
僕は 中岡さんの表情とか

しゃべり方とかっていうものに
やっぱ みんなに見てもらいたいのに

一回 そこで笑い起きちゃうと
スタッフさんの笑い声も大きいんすよ。

やっぱ 和田の あのキャラって。
ええやん 別に。

あそこで 一回 崩れちゃうんですよね。

ほんまや。 確かに。

<今 空前の
食パンブーム。

そこには パン職人たちの
知られざる思いが込められていた>

1斤 6, 000円になります。

じゃあ これで。
ちょうどお預かりします。

こちら お品物です。

焼きたてがおいしいので
なるべく お早めにお召し上がり下さい。

分かりました。
ありがとうございました!

(店員たち)ありがとうございました。

どう? 出勤初日は。
いえ それが緊張しっぱなしで。

緊張しなくていいよ。
いやいやいや
しちゃいますよ そんなの!

だって 実は 僕
このパン屋さんの大ファンで

憧れの店で働くってなったら
何かもう 舞い上がっちゃって…。

知ってるよ。
えっ… 覚えてもらってたんですか?

「お客さんの顔を
覚えるところからが商売だ」。

これ 店長の口癖だから。

お客様は 友人であり家族。

家族の顔を忘れる人なんて いないよね?
確かに。

そうすれば おのずと
客商売で一番大切な

感謝の気持ちが芽生えます。

なるほど。

あの 僕 やっぱり
ここで働くことができて

本当によかったです。
一緒に頑張ろう。

はい! よろしくお願いします!

は~い はいはいはい どいてよ どいて。

よいしょいしょい。 おっと 急カーブ。
ハハハ。        ハハハハ。

店長。
おいしょ~ はいはい。
新しいパンが焼き上がりましたよ~。

よいしょ~ はい。

外が寒いからかな
室外機の上で猫ちゃんが昼寝してる。

え~ かわいい。
ほっこりしますね。

ねえ。 さあ どうですか? この仕事は。

ん? 嫌いになったりしてないかな?
いや そんな まさか。

それは よかった。

どんな仕事も そうなんですよ。

実際 憧れの対象の中に
自分が入ってしまうと

何だか
多少 幻滅する時だってあるんです。

そ… そんなの 一切ないです。

むしろ 思ったとおりというか
いや それ以上のお店です。

それは よかった。 アハハハハ。

あの 僕… ここのパンって
何で こんなにも深くて

優しい味なのかって
ずっと考えてたんですけど

ようやく分かった気がします。

やっぱり 人なんだなって 納得しました。

フフフ…。

それは よかった。

ありがとうございます。
本当によかった。

店長の人柄がパンの味に出てるよね。

はい。 いつか 店長と同じぐらいの

人に愛される そんなパンが
焼けるような人になりたいと思います。

フフフ。 な~に うちは
ごく普通の 本当に普通のパンなんだよ。

いやいや また そんな 謙遜されて。
フフフ。

ここのパンは 6, 000円の価値のある
間違いなく日本一のパンです。

謙遜してるわけでもなくて

本当に うちは ごく普通の
どこにでもある

みんなと同じ食パンなんだよ。

いや… えっ えっ…。

なっ… だって…。

本当なんだよ。

材料 レシピ 焼き方など もろもろ全部

ほかのパン屋さんや大手パンメーカーと
さして変わらない

ごくありふれた 普通の食パンなんだ。

いやいやいや いやいやいや
でも だって…

焼き方とか 何か特別な隠し味が入って…。
何にも入ってない。

え…?
手間暇も全然かけてない。

はっ…。

見た目は普通のパンなのに

べらぼうに高い値段が
ついていたりすると

何だろうね 人間って不思議だね。

舌が おいしいって感じてしまうんだ。

あの それって…。
ん?

詐欺じゃないですか…?
ハハハ。

そんなわけないじゃない。 ねえ?
いやいやいや。

だって 現に ほら。 君も さっき
お客さんに渡した商品でしょ?

ここに ちゃんと書いてあるんだから。

「どんなパンでも結局…」。

本当だ。 ちゃんと書いてある。

何にもウソはついてないんだよ。

それっぽい文字で
それっぽいフォントを使い

きちっとお客様に差し上げると

人間って不思議だね
舌が おいしいって感じてしまうんだ。

えっ…。
持ってごらん。 ほら。

どうも。
いらっしゃいませ。

食パン 3斤 頂けるかしら?

お客様 申し訳ございませんが
一人2斤って決まっておりまして。

あら そうなの?
でも まあ おいしくて人気ですから…。

じゃあ 2斤 頂けますか?
はい。 いい? ある?

はい お待たせしました。
どうも。

でも どうして ここの食パンは
こんなに おいしいんでしょう。

いえいえ ごく普通の
ほかと変わらない食パンです。

またまた そんな ご謙遜されて。

いや… あの~ 本当に よく
謙遜ということを言われるんですが

本当に ごく普通の
マジで普通のパンなんですよ。

そう… ですか…。

店長の人柄が パンの味に出てるよね。

何言ってんすか。

まあ 本当にいるんでしたら
2斤じゃなくてもいいですし…。

2斤と言った方が…
フフフ 不思議なもんで

おいしく感じてしまうんだよね。

続いての問題は こちら。

続いては 歴史クイズです。 問題。

こんなの簡単だよ お前。

それでは 皆さん 粘土でお答え下さい。

えっ? 何だ? 粘土って。
これ押すんじゃないの? 粘土?

もう一度 問題の方を。
はい。

あの… 本能寺の あれだろ?

粘土でお答え下さい!

粘土って お前…。

制限時間は 30秒です。

30…。

急いで下さい 時間がありませんよ。

(解答ボタンの音)      ねっ… あれ?
はい 栗林さん!

本能寺の変です。
(正解の音)

お見事 正解です。
よっしゃ~!

(拍手)

それ 今作ったの?
はい。                 えっ!? それ?

すげえな お前。 何だよ…。

すごいですね。

金井さんも 惜しかったですね。
そうなん…

一応 矢は 作ってたんですけど…。

これ… ちょっと… 変な本能寺って
駄目か?

残念 不正解です。

ハハハ…。

箱根 ね! 箱根に やって参りました。

ハハハ…。

<最初に向かったのは
箱根 寄木細工のお店>

<続いて向かったのは
おいしいと評判の おそば屋さん>

おとうさん… よろしいですか?
ちょっと お話 今…。

そりゃそう… おそばね!

申し訳ない…。

あっ そうですか!

<おそばがアレルギーで食べられない
都倉さん。

常連のお客さんオススメの天丼を
頂くことに>

何だよ このびっくりは! あれだな…。

ハハハ…。

(笑い声)

<そして 最後に訪ねたのは
老舗の温泉旅館>

うわ~…

<都倉さん お湯加減は どうですか?>

ハハハ…。

やっぱり ほとんどのカット
映ってますね。

都倉の野郎
余計な問題起こしやがって…。

ネット記事にもなってますよ。

「南スリ俳優 都倉
泥酔して街を全裸で疾走」。

はあ…。

どうします?
都倉消して 放送するしかないだろ。

制作費 無駄にできないんだから。

でも… これだけ映っていて
消すのは無理ですよ。

放送まで あと3時間ですよ!

そう思って 伝説の編集マンを呼んである。

伝説の編集マン?

通称 ゴルゴ321。

どんな存在でも消してくれる
編集の殺し屋だ。

編集の殺し屋…。

(ノック)   来たか?
あっ はい。

コーヒーお持ちしました。
あっ 頼んでないですけど…。

えっ? でも 確かに この部屋に
コーヒーを届けるようにと…。

俺だ!
えっ…?

お待たせいたしました
ホットコーヒーでございます。

ありがとう。

ゴルゴさん お待ちしていました。

この人が 編集の殺し屋?

用件を聞こう。
あっ…。

この男を消してもらいたい。

訳は?

昨日… 酒に酔って 全裸で走り回り
大問題になっている。

放送まで3時間。
とにかく この男を消してもらいたい。

USドルで1, 000ドル
スイス銀行に振り込め。

1, 000ドル…。
日本円にして 10万ちょい。 意外と安い!

分かった すぐに振り込もう!

素材を見してくれ。
杉山君!

あっ はい!

こんなことになると思ってなかったから

景色やインサート映像は
ほとんど撮れていない。

この素材だけで なんとかしてほしい。

ちょっと な… 何をするつもりだ?

編集の狙いを定めているんだろう。
えっ? わざわざ これで!?

よし やってみよう。
お願いします。  お願いします。

今年は いろいろ 大忙しだった。

それじゃあ 始める!

お願いします。

うわっ 速い…。

おっ…!

下がって!
えっ? はい…!

よし 押して!
えっ はい…。

押して!  押す?
押して!

ちょっと この動き必要あります?

あ~…!

クソ…!

完了した。

えっ?
見せてもらえるか?

いいだろう。

都倉が出てきますよ。
ああ。

えっ? 提供テロップでかっ!

なるほど! 巨大な
提供テロップを出すことにより

迷惑をかけたスポンサーへ
フォローしている。

さすがだ!
にしても 不自然でしょ!

都倉 完全に消されてるぞ。

<最初に向かったのは
寄木細工のお店です>

ちょ… 何なんですか?
このサイドテロップ!

これは もう おかしいでしょ!
いや

サイドテロップは
視聴率を大きく左右する。

これぐらい個性的な方がいい。
大事ですけど さすがに これは…。

視聴者の食いつきが違うぞ。

また出た 提供テロップ。
大事なことだろ。

どれだけ スポンサーに
こび売ってるんですか!

<常連の村田さん。
オススメは 何ですか?>

このおじさん 誰?

まずは おそばだよ!

<常連の村田さん
オススメのおそば。

そのお味は?>

おいしい!
何で この人に聞いてんだよ!

(笑い声)

ちょ… ちょっと!

もう 主役が このおじさんに
なっちゃってるじゃないですか。

むしろ そば屋に行ったのに
天丼を食べるという謎の展開が

解消されている。
そこは 問題じゃないんですよ。

とにかく 時間がないから。 ねっ。
あとは 温泉のシーンだ。

続き見て 続き。

温泉のシーンが一番問題ですよ。
ほぼ 都倉の1ショットですから。

あっ このまま下りてきたら
都倉が映っちゃいますよ!

おっ?
えっ? えっ?

えっ?
何? 何? これ。

「源泉掛け流しのお風呂で
お肌もスベスベ。

そして 美しい景色が旅の疲れを…」。

なるほど! 都倉を消しつつ
伝えたい情報に照準を合わしているんだ。

えっ そうなってます?
うん すごい。

ちょっと待って下さい。
都倉に近づいてますよ。

ちょっと…
まずいですよ このままじゃ…!

(銃声)
(2人)うわ~!

撃たれた…。

こ これは 失態を犯した
都倉へのメッセージ!

まずいでしょ。
旅番組の出演者殺しちゃ…。

しかし 全体を通して都倉の存在が
跡形もなく消えている。

ゴルゴさん ありがとう…。

さすが 編集の殺し屋。
自分の存在を消すのも早い。

杉山君。
何ですか?

これ いけると思うか?

いや 無理でしょ。
だよね。

10万 どうする?

振り込まなくていいでしょ。
だよね。

(拍手)
「編集の殺し屋」。

だから 今回
こういう つながりがあるんですよね。

都倉さん…。
はいはい… が出てきて。

出てきて その番組がやってると。

そこでも また
あの南スリの話をちょっと…。

(笑い声)
凝ってますよね。

何? そばアレルギーの話
って何?

都倉がね 今
ロケ行ってましたけれども

僕 そば粉アレルギーなもんで 普通に…。

あれ 本当の話か!
普通に食べれないので…。

だから 代わりに天丼食べるっていう
くだりが…。

あれ 本当ですね。     リアルな話なの?
あれ 本当ですね。

多いんですよ
やっぱ そばっていうのはね

出てくることが…。
(笑い声)

いや 変な編集されたこととかは
あるじゃないですか。

こんな編集をされたとか…。
いや これもう しょうがないんですけど

まあ… 食べ尽くし系のロケ
よくやってて

百何品食べたりする時
起こりがちなんですけども。

もう… 本当に 途中 2日目とかに

20品食べたりするのを
もう4時間 5時間 6時間かけて

間に いろんなことやりながら
やるんですけど

オンエア見たら…

3秒…。
(笑い声)

悲しいですけどね。
でも しょうがないです。

豊本さん どうですか?
ネタ番組で

ネタをやらしてもらう時があって

短い尺の 1分ネタブームぐらいの
時期なんですけど

で 飯塚さんが 入院してて

僕ら2人が
ミュージシャンとして 行って

最後に歌を歌って
終わるっていうネタなんです。

2分ぐらい持ってったの。
もう ないから。

で もう ネタ見せで それやって

落とされたらしょうがないと思って
行ったんだけど

面白いって言ってくれて。
で 収録 それでやったんだよね。

あとは もう
編集は お任せしますって状態で

いざ オンエア見たら
俺 ひと言もしゃべってない。

40秒ぐらいにカットされてましたね。
結局。

ひどいね…。
角ちゃんと豊本 交互にボケるんだけど

豊本の方だけ 全部カット…。
え~!

(笑い声)
いや… あれとは 違うと思う…。

それとは 違うと思うんですが…。
あれは 意識してない…。

お待たせいたしました。
ご注文の方 お決まりでしょうか?

あの~ このハンバーグセット。
ハンバーグセットが お一つ。

え~ ライスかパン お選び下さい。
ライスで。             ライス お一つ。

で お飲み物がですね こちらの
セットドリンクからお選び下さい。

あ~…。 あっ あの ちなみに

これプラスいくらかで カフェラテに
かえられたりとかできます?

…はい?

あっ いやいや あの~…
いや このセットにはないんですけど

例えば プラス100円とかで
変更できたりしないかなと思って。

それ…

できますかね…?
いやいや こっちが聞いてる こっちが。

ちょっと確認してきて
よろしいでしょうか?
ああ はい。

はい。 お待ち下さいませ。
はい。

えっ 初めて言われたの?

大変お待たせいたしました。
はいはい。

カフェラテをセットメニューにできるか
っていう件なんですけども

大変申し訳ありませんけども…。
いや 全然 駄目で大丈夫ですよ。

あの 本部案件になりまして…。
んっ?

現場では ちょっと判断しかねるな
っていう… レベル的に。

はっ? 本部案件?       本部案件…。
本部案件!?              はい。

ですから よろしければ 今日のところは
単品の料金をお支払い頂いて

で 後日 本部からセットにできるという
返答が来次第 その差額をお客様に

お返しするという形で…。
何? その面倒くさいプラン。

いやいや いい いい。 だったら
そんな面倒くさいことになるんだったら

普通のコーヒーでいいです。
あの さっきの全部忘れて。

全部忘れる…。
いや もう なしで。

はい。
はあ?

はい… はい…。
んっ?

何だ あいつ。

えっ 何 あのスンとした顔。

何 スンとしてんの あいつ。

あっ お客様
ご注文の方 お決まりでしょうか?

は?

えっ いやいや えっ?
俺 ハンバーグセット頼んだんですけど。

はっ?
いや… えっ? ウソでしょ?

全部忘れてんの? お前。

違う違う
俺 ハンバーグセット頼んだんだよ?

ハンバーグセット…?

いや 何で ハンバーグセット自体を
忘れてんだよ。

ハンバーグ…?
忘れてとは言ったけど

ハンバーグセット忘れちゃ駄目じゃん。

田中ですけど…。
田中君 田中君。

俺 田中君にハンバーグセット頼んだんだ。

あ~…!
思い出した?

あ~ あの強引にカフェラテを
何か要求された…。
いや 違う 違う。

そこは 忘れていいの。
そこは 忘れていいの。

っていうか何?
強引にカフェラテを要求した人って

どういう記憶? 君。            ちょっと
確認してきてよろしいでしょうか?

何を? 何を確認すんの?
すいません。

田中君?

何だよ…。

いや そりゃ 怒られるよ。

怒った方がいいよ。

あいつ おかしいよ。
えっ?

えっ えっ 何で?

お待たせしました。
私 店長の道下と申します。

そんな 大ごとにするつもりはなかった…。
お客様

本当に大変申し訳ございませんが…。
いや 別に謝らなくてもいい…。

当店では 今後 お客様を
出入り禁止とさせて頂きます。

はっ?
何とぞ ご理解のほど…。

えっ 出入り禁止?      はい。
出禁?                 出禁です。

出禁!?           出禁です。
何で?           お客様…

お引き取りを。
いや ちょちょちょ… 何で 何で?

何て聞いたんですか?
何で 俺 出禁なの?

申し訳ございません。
違う 違う。 俺 ただ 「カフェラテに

できますか?」って聞いただけなんですよ。
何で 出禁なんですか?

お引き取りを。 すいません。
いや 違う 違う お前 何て伝えた?

何て伝えた?
ちょっと お客様。

何隠れてんだ お前。 お客さん お客さん。
ちょっと 田中と話させろ。

田中と話させろ!
殴るんですか!?

殴らない 殴らない。
お前 何て伝えたんだ! マジで なあ。

やめて下さい お客様。
えっ?

お客様には 屈しませんよ!

僕 何にもしませんから 本当に。
びびんないで びびんないで。

お引き取りをお願いします!
僕 何にもしてないです。  お引き取りを!

何だよ この店。
お引き取り下さい!

お引き取り下さい お客様。
ちょっ…。

お客様 お願いします。
何なの? お前 何て伝えたんだよ!

(2人)あ~! あ~!
やめて下さい やめて下さい。

うるせえ。
よっぽど迷惑だわ。

よっぽど迷惑。
お引き取りを!  みんな見てるよ こっち。

お引き取り願います!
田中 こっち来い お前 田中!

やめて下さい! 何だよ この店。
屈しませんよ!

二度と来ねえからな。
お引き取りを!

お引き取りを!

<そこは 恋人たちのターミナル>

わっ!

もう帰っちゃうよ。

いいよ。

本当に帰っちゃうよ?
いいの?

帰りたいなら 帰りなよ。

1回足りない。

何が?

今日まだ 99回しか

かわいいって言ってくれてない。

最後の一回は 別れ際まで取ってんの。

何それ~。

ん?

今の顔 かわいい。

あっ 言っちゃった。

フフフフ。

ずっと このままがいい。

…なあ。

もう 今ここで
時間が止まったらいいのに。

ばか。

時間止まっちゃうと 困っちゃうだろ?

例えば?
ん~…。

かわいいって言えなくなっちゃう。

そっか…。

やっぱ やばいですよ。

こんなの ばれたら
奥さんに殺されますよ…。

全然 大丈夫。

ここは そういうお店じゃないから。

絶対 そういうお店でしょ。

いやいや。
実際やってみれば 分かるから。

本当ねえ うちの奥さん
口うるさいんですよ。

ちょっと こう 家に帰るのが
遅くなっただけで

ゴチャゴチャ ゴチャゴチャ
言ってくるし…。

ほら そういって お前だって
家庭のストレスたまってんだろ?

そりゃ たまるに決まってるでしょ。

だって こっちはね
毎日必死に仕事してんのに

家帰ったら 「あんたって 家のこと
何もやってないのね」とかって言われて

いや 俺だって やってるんですよ。
あの~ 洗い物とか。

あいつが 気が付いてないだけで。

それに 何か あの 「○○ちゃんのパパは
すごく やってくれてるみたいよ~」

とか 何か 嫌み言われて
めちゃめちゃ腹立つんすよ。

ここは そういう男のための
お店なんだよ。

スッキリするぞ~。

だから そういうことを
言ってんじゃなくって…。

どうも 西村さん。
ああ どうも どうも。 いらっしゃいませ。

あっ 今日は お連れさんも一緒で?
そうなんすよ。

こいつ めちゃくちゃ
たまってるみたいで。  確かに。

たまっていそうな顔してらっしゃる。
ハハハハハハ。

だから 今日は こいつを先に
お願いできますか?

実はですね 西村さん
今 急にキャンセルが出まして

一番人気の南ちゃん
今 空いてる状況なんですよね。

マジで!? お前 すげえラッキーだな
こんなチャンス 二度とないぞ。 はあ…。

どういたします? コースの方は。

コース?

ん~ じゃあ まあ 初めてだから
「食器洗いコース」でいいか。

「食器洗いコース」?

じゃあ 「食器洗いコース」で。

それでは 行きましょう。

大丈夫? 先 案内しちゃって
いいですか?
どうぞ どうぞ。

こちらへ どうぞ。

スッキリしてこい。
どうぞ どうぞ。

廊下を左へ。

お客様 本当にラッキーですよ。

南ちゃんは 人気があって
本当に いい子なんです。  はあ。

はい どうぞ お客様 こちらでございます。

えっ ここで… するんですか?

お客様 それでは こちら。

この食器を洗って頂けますか?

ん?
食器洗うんですか?

設定なんですが どうしましょう。

夜11時過ぎぐらいの設定で
よろしいですか?

ごめんなさい。
ちょっと状況が分からない…。

何が何だか あの…。
とりあえず まあ お楽しみ下さい。

すてきな時間を。

え?

何なの これ。

洗いましたけど…?

あの~…。

(あくび)

あっ。
帰ってたんだ。

お帰り パパ。

パパ?

あの子 寝かせてたら 一緒に寝ちゃって。

ごめんね。

いや~…。

お仕事 お疲れさま。

あっ ねえ ちょっと座って。
はい。

ここは あの… そういうお店…。
ほら。

疲れたでしょ。
うわっ。

凝ってる すごい。

あっ。
んっ? んっ?

ビール飲むでしょ?
えっ?

ちょっと待ってて。
ああ…。

えっ!?
えっ!? えっ? ん?

もしかして 洗い物してくれたの?

えっ あ… うん…
洗えって言われて あの その…。

こんなに遅くまで 仕事で疲れてるのに

洗い物までしてくれたの?

うん たまには 洗い物もって…。

あ~ うれしい~。

あなた ありがと。

はあ。

[ 心の声 ]
何だ… 何なんだ この高揚感は!

仕事も頑張ってるのにもかかわらず
洗い物までしてくれるなんて…。

こんなに優しい旦那さん
ほかにいないよ?

ねえ。

本当にありがとう。
うわっ。 はあ…。

[ 心の声 ]
全身から 力がみなぎってくる!

明日も家族のために働きたいという
エネルギーが

湧き上がってくる~!

では はい。

いっつも 一生懸命
働いてくれてるパパを

今日は表彰したいと思います!
えっ。

「表彰状 あなたは 毎日仕事で
とっても疲れているのにもかかわらず

家族のために 食器まで洗ってくれる
すごいパパです。

よって ここに あなたを
世界一のパパとして表彰します」。

おめでとうございます。

♬~

ねえ パパ…。

大好きだよ。

いっつも働いてくれて感謝してる。

ウォ~!

南! 俺は頑張るぞ。

残業だとか たまの休みだとか
関係ありません!

皿洗いも 子育てやります!

この身を 人生全て 家族にささげます!

あなた!

南…。
時間でございます。

ありがとうございました。
また来て下さい。 はい お時間です。

あれ 終わりですか?
ええ。 お時間でございます。

あの… 延長で。

ちょっと 延長 今…
南ちゃん人気がありまして

このあと予約がパンパンなんです。

また帰ってきて下さいね パパ。

南… 南…。

あの 5分でいいから。
お触りは駄目なんですよ。

南~!
お触りは駄目なんです。

先ほど触ったでしょ?    南…。
南じゃないね。

お客さん 予約入っちゃってるから。

ねえ。 触るの駄目なんですよ。
すいません。

さっき触っちゃってたから。
すいません…。

ねえ~ 随分 でも スッキリした顔だちで。

僕が求めていたのは
これだったのかもしれません。

この店 最高です!
そう言って頂けると 私もうれしいです。

世の奥様方には
なかなか理解して頂けませんが

我々 男の一番の活力というのは
最愛の妻のひと言なんですよね。

そうかもしれませんね。
あっ あの~…

僕の あの~ 先輩は…?

あっ お連れ様でしたら 隣の部屋で
「子どもの運動会で活躍したから

褒めてもらう」というコースを
今 やってます。

ああ…。

それも ありだな…。

今からっていけます?

今 入っちゃってるので
また 別の女の子に…

南ちゃんは
もう完全に予約が埋まっているので…。

一旦 ここを ちょっと外れて頂かないと
また 掃除に入りますので…。

あっ 掃除…。
はい。  ここ出張とかって あるんですか?

出張が またないんですよ これ。
はあ~。

ただ 近くの… ギリ近くの
契約のホテルでしたら。

ギリ。

(拍手)
いや~ 面白い。

倉科さんが とにかく かわいくて。

あのネグリジェがよくて。

(笑い声)
何のカミングアウトだよ。

「倉科カナ かわいすぎ」ってやつ。
(笑い声)

かわいかった 確かに。
かわいかった。

もう店員の役作りは あれ
かなり何か リアルだったんですけども。

そうですね 髪形から まず
してそうな髪形に持っていきましたので。

結構 長年働いて
片手間にやってる人じゃなくて…

(笑い声)
でも 顔 だいぶ寄せてませんでした?

俺はさ そっちの店だと思って
行ってるから…

(笑い声)

「うっ うっ うっ」とか何か…。
いらないのよ…。

どうですか? 皆さん 妻に褒められたい夫
という設定でしたけども。

何か 奥さん 恋人に こんなことを
言われたいみたいなの 飯塚さん。

えっ? いや でも 恥ずかしいですけど
やっぱり あの~

単独ライブとか見に来てもらって
面白いって言われたら

やっぱ うれしいですよね。
へえ~。

やっぱ コント面白いって
言ってもらうのが一番…。

そんなことを言ってくれるんですか?

コントライブは 毎回 見に来てくれて
面白いって言ってくれるよ。

へえ~!

そんなことは言わない!
それは腹立つ 何か。

そこまで言われたら腹立つんですけど
漠然と 面白いって言われるのが一番…。

へえ~ やっぱ それがうれしいんだ。
松尾君 どうでしょう?

僕は 何ですかね あの…

僕も褒められてますし 何か
僕の母親まで褒めてくれてるみたいな。

何か そう… それ ちょっとうれしかった。
これ 実際に言われたんですけど。

あ~ 分かる 何となく。
魚 食べるの きれいなんだ?

きれいに食べるんです。
(笑い声)

新川さんは どうでしょうか?
新婚ですからね まだね。  はい。

ドライバーさんと結婚したんだよね?
あっ そうです はい。

共働きなので 家事とかは できる人がやる
っていう担当にしてるので

私が やっぱり
スケジュールが緩かったりすると

家事メインになることが多いので
それに対して やっぱり

「ありがとう」って言ってもらうだけで
気持ちが違うというか。

それだけでいいの? 「ありがとう」ぐらい
普通に だって 出るでしょ?

女性と ちょっと違うみたい。 ひと言
言うだけで 感じ方違うらしいですよ。

(笑い声)
お前 誰?

本当に。 思ってる以上に…。
誰目線だ?

思ってる以上に 女性っていうのは
そのひと言だけで

やっぱり
旦那に対しての気持ちってものが

全然 見方 変わってくるんで…

誰だ お前!
アドバイザーに見えてくる。

(笑い声)

(シャッター音)

フフッ。

「#収録前なのに顔がむくんでるぅ」。

よし。

あ~ おはよう。
あっ おはようございます。

衣装 ここでいい?
はい。

あっ 鳴海ちゃん 見たよ。
えっ 何をですか?

いやいや 鳴海ちゃんのインスタ。

あれ めちゃめちゃ おしゃれで
かわいいよな。

ああ… ありがとうございます。

いや 局アナで
フォロワー 20万超えやろ? すごいやん。

う~ん… 何か みたいですね。 ちゃんと
数えたことないから あれなんですけど。

あ~ そうなんや。
いや 20万人って言ったら

もう ちょっとしたメディアやで。

そんな~ 外山さん
背中押さないで下さいよ。

うん? 背中?
それって もう

フリーになれって
言ってるようなもんじゃないですか。

あっ そこまでは 別に言ってないけど。

確かに 20万超えは 一つのバロメーター。

でも 私は まだ かわいいだけが武器の
入社3年目の局アナ。

調子に乗っちゃ駄目だぞ~ 鳴海佳奈。

何を言うてんの?

鳴海ちゃん おはよう。
あっ 三島さん おはようございます。

よろしくね。
はい。       いや 今日の特番さ

タレントさんが大勢来るから
ちょっと心配だったんだけど

鳴海ちゃんがいるんなら 安心だ うん。
全部 任せちゃおうかな。 ハハハハ。

そんな~ 三島さんまで
背中押さないで下さいよ~。

うん? 背中押す?

あっ 三島さんって いつ 局アナから
フリーになろうと思ったんですか?

ちょっと 鳴海ちゃん
もう フリー考えてんの?

そんな…。 だって 私 まだ3年目ですよ。
だよねえ。

いや~ 僕はね 局アナを20年務めて
まあ 節目というか

自分の中で やりきった感もあってね

それで フリーを考えたんだけどね…。
聞いてるかな?

でも すごいですよね。
それから ず~っと

人気司会者として
活躍されてるんですもん。

いや そんな ハハハ…。

でも そんなすごい人に
早く フリーになった方がいいなんて

背中押されちゃうと
さすがに考えちゃいますね~。

ちょっと ごめんね? さっきの…
背中を押すっていうのは何かな?

だって 鳴海ちゃんがいれば大丈夫だって
褒めて下さったじゃないですか~。

まあ それは言ったけど うん…。
大先輩から これだけ背中押されてる。

いや あの 押してないよ。
どうする? フリーになるの?

どうする!? 鳴海佳奈。
鳴海ちゃん 鳴海ちゃん…。

鳴海ちゃん 鳴海ちゃん 鳴海ちゃん!

押してないから。
うん?

押してない… やめてよ 鳴海ちゃん!

僕が フリーを唆してるみたいになったら
局の人に怒られちゃうから。 ハハハ…。

はあ。
まだ 3年目でしょ?

だったら ほら ちょっと経験を積んでさ
技術を高めてね

それからでも 遅くないと思うよ。

でも 「もう 一人で大丈夫だ。
今すぐ フリーになれ」って

言ったじゃないですか~。
言ってねえよ。

さっき 外山さんにも
「もう鳴海ちゃん自身がメディアだ。

一つの局に収まってるのは もったいない」
って言われたし。

そんなこと言ったの?
言ってないです。   言ってないよね?

自分では思ってなくても
こうやって 外堀 埋められちゃうと

さすがの私も グラつきます。

いや 埋めてない… 埋めてないよね?
埋めてないです。

埋めてないんですよ。
おはようございます。

あっ どうも。
あっ 中岡さん おはようございます。

あっ 鳴海ちゃん
この前の収録 ありがとうね。

えっ? えっ 何でしたっけ? 私 また
背中押されるようなことしました?

背中? いやいや この前の収録で
毒のある返し してくれて

芸人チームは助かったんやて。
ありがとう。

やばい やばい やばい… やばいな。
来た来た。

まただ~! また背中押された。

な… 何なんですか? 背中押すとか。
様子おかしいのよ ちょっと。

すいません! あっ ちょっとMCのお二方
ちょっと よろしいでしょうか?

あ~ はいはい はいはい…。
あの~ スタジオのですね

進行に ちょっと変更ありまして。
変更?

中盤のフリートークブロックに
なるんですけど…。

ちょっと ちょっと ちょっと もう!
えっ?

こんなに みんなから
フリー フリー フリー フリーって

背中押されること あります?
背中? どういうことですか?

フリートーク フリートークの…。
どうしよう!

もう外堀 ガッチガチだ。
外堀 ガッチガチ? どういうことですか?

分かりました。 これだけ
みんなから背中を押されるなら

私 今から フリーの気持ち 作ってきます。
フリーの気持ち?

大丈夫? 君。 ちょっと…。

あっ! 衣装も もうちょっと
フリーらしいものに変更でお願いします。

では…。
ちょっと まずいよ。

フリーらしい衣装って何?
人気出て おかしくなったパターンだ。

フリーの気持ち? 外堀 ガチガチ?
ないない…。

まずいよ あの子。 別の子 いないかな?

<終電間際の渋谷駅。 そこは

恋人たちのターミナル>

ほら 早く。 終電来ちゃうよ。
あ~ 気持ち悪っ。

分かってる。 大丈夫 大丈夫。

あ~… おお おお…。

うわうわ うわうわ… 近っ。
そうだね。

近ない? 何これ。

うわっ 見て見て見て ほら…。

指さすの やめようよ。 聞こえちゃうよ。
えっ 何これ 何これ?

ほら 行こっ。 ねえ 終電なくなっちゃう。
何これ 何これ… 気持ち悪っ。

早く…。

お前 本当 かわいいな。

そうかな?

だって ずっと見ちゃうもん。

その言葉 そのまま返すよ。

もう 日本やだ。

何で? 日本 いい国じゃん。

だって 日本 終電あるんだもん… やだ。

もう 今 ここで 時間止めたい。

だから… 時間止めちゃ駄目だろ。

どうして?

だって…

明日も かわいいって言いたいじゃん。

そっか。

はい おビールです。
ありがとう。

おつぎしますね。

いい店だろ?
ああ 雰囲気もいいし女将さんも美人だし。

あっ やめて下さいよ。 どうぞ。
実は 俺も 女将目的で来てんだ。

またまた…。

東條さんの会社のお仲間ですか?

いや 学生時代の仲間で
会うのも2年ぶりぐらいか?

ああ 結構久しぶりだよな。
ああ。

そうなんですか。
あっ よかったら 女将も一緒に。

えっ いいんですか?
うん どうぞ どうぞ。   じゃあ 一杯だけ。

はい どうぞっと。

とっとっと… はい。
ありがとうございます。

じゃあ 乾杯!

乾杯。
乾杯!

あ~ うまい!
おいしい~!

あっ 灰皿 こちらお使い下さい。

すいません。

何だ お前 まだ吸ってんのか?

えっ… まさか お前 やめたの?
まあ。

ウソだろ お前!
あんだけ吸ってた男が よくやめれたな。

そういう時代じゃないからさ。
お前も やめた方がいいよ。

タバコやめると 何もかもが変わる。

何が変わるんですか?
まずは 飯。

飯が うまい。

うん まあまあ それはよく聞くな 確かに。
そんなに違うんですか?

ただでさえ おいしい女将の料理が
100倍うまい。

え~ 本当?

それから 風呂。
お風呂?

風呂が 気持ちいい。
そうなんですか?

いやいや 風呂は
誰だって気持ちいいでしょ?

いや 違うんだ。
毛穴っていう毛穴が全部開いてね

湯船に体が溶けてく そんな感じ。
何だよ それ お前。

あっ そうだ!
女将 よかったら これ どうぞ。

え~ うれしい!

うわっ! これ 最近はやってる
高級食パンですよね?

へえ~ そんなの はやってんだ。

これ 1斤6, 000円とかするんですよね?

高っ!
えっ 食パンが 何で6, 000円もすんの?

まっ それだけ うまいってことだろう。

でも こんなに高いもの
頂いてもいいんですか?

大丈夫。 生命保険 解約したから。

だって ほら タバコやめたから
もう死なないでしょ?

いやいや…。
あっ そんなことしたら

奥さん 怒られちゃいますよ?
大丈夫! タバコやめたんだから。

お前にとって禁煙って
どんだけすごいことなんだよ お前。

ありがとうございます。

あっ いらっしゃいませ…。

空いてますか~?
ちょっと 何の用ですか?

「何の用ですか」じゃねえだろ お前よ。
ああ?

ここで商売すんなら
俺らに筋通せっつってんだろうがよ!

そういうのは払わないって
言いましたよね。 帰って下さい。

はっ… 口答えすんの?
あ~ じゃあ こんな店 潰し…。

帰れよ!

おい…
今 しゃべったの どっちだ? おい。

おい こら。

俺だ!

そんなタイプじゃないだろ お前…。
ちょっ やめろって。

誰だ? てめえ…。

俺は タバコをやめた男だ!

ふざけんじゃねえぞ この野郎!
あ~!

何だ 気持ち悪いな お前。
素人は黙ってろ! おい…。

ちょっと待てよ!

俺は… タバコをやめた男だ!

ああっ!  大丈夫 大丈夫?
東條さん…。

何だ おい 気持ち悪いな~!

また来るから お前 金 用意しとけよ
お前 この野郎。

ちょっと待って!
あっ?

もしかして…
お前も タバコをやめた男か?

俺は もとから吸ってねえよ。

あんな体に悪いもん…。

どうりで強えわけだ。

タバコ関係ねえよ。

大丈夫か?
ああ。 タバコやめたから大丈夫。

いや お前… それなら吸った方がいいぞ。
あっ…。

おい!
多分 あばら いってる。

お前 大丈夫かよ ちょっと。 座れ 座れ…。

大丈夫。 タバコやめてるから
すぐ くっつくと思う。

関係ねえんだよ タバコ お前。

あ~!
おい 大丈夫か お前! おい!

大丈夫。 救急車は大丈夫。
タバコやめたから。

ちょっと呼んであげて 女将さん。
はい かしこまりました。

タバコは関係ないよ お前!
うっ! あっ…。

(3人)お疲れさまでした。
ありがとうございました。

ドラマとは
またちょっと違う緊張感があって

楽しみながら ドキドキしました。

いや もう完璧でしたよ。
え~!

本当に。

塩梅が完璧ですね。

やっぱ 芸能界長~くやってらっしゃる方。
さすが。    そんな もう… 本当。

ありがとうございます。
でも何か 台本読んでるよりも

全然 ここの方が面白いですね。

いやいや そういうことじゃないんです。

イメージが
どう広がっていくのかっていうのが

分からなかったんですけど。

うちの飯塚が すごい羨ましがってました。

あ~ いや もう本当 大好きなんでね。
好きなんですよ。

私が大好きなんです 東京03さん。
そうなんですよ。

角ちゃん でもね こういうね
あんまり 自分が

ボケじゃないコントはね
ちょっと 手ぇ抜いてやるんですよ。

抜いてないわ!
抜いてないわ! 人聞きの悪い!

もうちょっと
気合い入れてやってほしいんだけどさ。

ちょっと待ってよ。 駄目出しじゃねえか!
(笑い声)

何だよ それ。

♬~

こんばんは。
NHKで放送された番組のアーカイブで

昭和 平成のテレビを振り返る
「アーカイブスの日」。

今日ご紹介する番組なんですけども

平成11年から放送されていた
番組ということですが

どういった番組なんでしょうか?
「あいのり」「未来日記」

「ぷらちなロンドンブーツ」の
「ガサ入れ」などですね

素人恋愛バラエティーの全盛時代に
放送された

恋愛ドキュメント番組でございます。
なるほど。

では早速 ご覧下さい。

どうも KEN-TAROです。
さあ 今週も始まりました。

彼氏かもしれない男子に
「私たち付きあってるんだよね?」と

確認する女子 通称 ワタツキ女子に
会いに来ています。

<今日は どんな女の子が
待っているのでしょうか?>

あっ どうも よろしくお願いします。
お願いします。 こんにちは。

あら かわいらしい。

<今回のワタツキ女子は…>

出会いは…

あっ 声かけられた。
はい。

その男の子は どんな感じの人ですか?

<ここで その彼氏かもしれない男子の
プリクラを見せてもらうことに>

でも何か 好青年風よね。
本当ですか?

うん。
よかった。

水曜か 木曜?
はい。

行ったことないの?  はい。
半年で?            はい。

<ここまでの話を踏まえて
恒例の質問です>

分かりました。 ちょっと…

<大好きな彼の気持ちを確かめたい。

彼氏かもしれない男子を呼び出します>

<ずっと欲しかった
付きあってるという言葉。

勇気を出して 確認に臨みます>

だいぶ緊張してるね。

<待つこと10分

彼氏かもしれない男子が
姿を現しました>

あ~ これかな?
来ましたね 大輔君。

どうしたの? 急に。

あ~…

そうだよね。

すごい?

<大輔君の勢いに押されて なかなか
本題を切り出せない ゆりちゃん>

<次の瞬間…>

<そして ついに…>

ん? 何?
あっ いく。

あ~ じゃ 欲しいんだ。

あっ それか。 それが欲しいタイプか。
なるほど。

危ない 危ない。 大丈夫?
サンダル落ちん?

何してんの? この彼。

だいぶ はぐらかされてる。

行きましょうか。

何 何 何 何?

え~?

まあまあ まあまあ ねえ。

そ… そうだよね。

ごめん。
マジで。 おかしくない?

いい。 もう いい いい。

え~ というわけで 今回で
8連敗中になってしまいました。

また来週の「ワタツキ」に
期待しましょう。

さようなら~。

はい。 ということで
「私たち付きあってるんだよね?」

ご覧頂きましたけども
この番組 4年半続いたという

当時 ものすごく
人気があった番組なんですよね。

この何とも言えない
後味の悪さと言いますか

怖いもの見たさという意味で
この不思議な魅力がありましてね

私も毎週欠かさず見ておりました。
あっ そうですか。

特に猫山さんが印象に残ってる回は
ありますか?

「その後のワタツキSP」というのが
ありまして

「ワタツキ」に出てきたカップルたちの
その後を追うんですけど

全部 別れておりましてね。

全部のカップルが別れてたんですね。

だから あ~ やっぱ 駄目だったんだな
っていうのを見て

何か みんなで 手ぇたたいて
笑ってましたけど。

そうですか。
はい。

それでは 貴重なアーカイブで
テレビの歴史を振り返る

「アーカイブスの日」
また お会いしましょう。 さようなら。

<そこは 恋人たちのターミナル>

もう行くよ。
うん。 いいよ。

本当に行くよ。

いいよ。

う~ん… もし… もしだよ?

もし俺が浮気したら どうする?

浮気するの?

しないよ。

「もし」って言っただろ。

本当に? 本当に浮気しない?

俺が ウソついたことないだろ。

ない。

ニューヨークって終電ないんだって。
へえ~。

もう 日本 やだ。

もう 今ここで 時間止めたい。

じゃあ 時間 止めちゃおうか。

えっ いいの?

はい 時間 止まった。

♬~

ごめんなさいね。
シャッター閉めたいんで

ちょっと もう
出てってもらっても よろしいですか?

すいません。
こちらで よろしいでしょうか?

あっ… ああ… その感じで行きますか。
はいはいはい はい…。

止まってんのかな 時間。
はい 気を付けて下さいね。

はい はい そうです。
どうぞ どうぞ はい。

お前 本当 かわいいな。

(拍手)

さあ 中岡さん いかがでしたか?

(笑い声)
最高だった?

あいなぷぅといえど
やっぱ 女の子なんで

近くでコントすんの
ドキドキしちゃってて。

お互い ずっと
「恥ずかしい 恥ずかしい」

言い合って やってるから

誰と誰が言うてんねん
と思って。

ちょっと イケメンっぽい
しゃべり方みたいなのは

あれ 誰かモチーフがいるんですか?

モチーフというか
何となくのイメージですけど…

ちょっとイメージして…。  何やそれ。
分かりづれえ。

何となく あんな感じかなと思って…
はい やらして頂きましたけど。

斉藤さんのこだわりについて
って どういうこと…。

いや~ やっぱ
斉藤さん すごいなと思って。

そういう 演技っていうか。

一番初めに来て 見て
わっと驚く あの何秒かのシーン。

あのシーン撮る前に
直前に

「あっ…」って言いながら
どっか行こうとして

「どうしたん どうしたん
もう撮るで」って言ったら

「ちょっと スーツがこれじゃないな…」
って言って。

あの何秒かのシーンですよ?

ほんで 何がか分からへんけど
着替えに行って マジで。

スーツ そのまま一着 着替えて

「よし」って言って あれ撮ってるんですよ。

けど 帰ってきても 何が違うのか
全く分からないんです スーツも。

おお それ 役作りで?
役作りですね。

何を どう替えた?
何か 自分の思ってたスーツというか

その あれとは ちょっと違って。

変わるもんなの?
その「おおっ」っていうのが。

いや 見たんですけど…

何だったんだよ。
超迷惑なやつじゃん。

(鐘の音)

♬~

(鐘の音)

♬~

あの すいません。
本殿って どっちですか?

あの すいません。

えっ 今の何?
あの 本殿の場所を聞きたいん…。

それ… 僕に聞きます?

えっ…。

いや だから それ 僕に聞きます?

あっ… すいません。
ちょっと忙しかったですかね…。

いや… そういうことじゃなくて。

ああ… もういいわ。 本殿は あっち。

あの… ちょっと あなた
態度おかしくないですか?

はっ?
何だ この人。

えっ… いいよ。 行こう。
行こう。

♬~

あの すいません。

すいません。

あっ?

トイレ どこですか?

ああ~!

もう さっきから 何なの これ。
はい?

これ 僕が悪いの?

いや あの トイレを…。

いや だから 何で僕に聞くの?

何で?
ねえ 何で?

何で 僕に聞くの?
ああ ごめんなさいね。

ああ~…。
やっぱり お前か。

この間 注意したばっかりだろ!

いや 人をお坊さんに間違える方が
悪いでしょ!

えっ あの人 お坊さんじゃないの?

こいつは この寺の
ただの大ファンなんですよ。

この寺が 随分好きみたいでね

毎週 この格好で 勝手に境内を掃除してる
ただの一般人だよ。

(一同)一般人…。

勝手に掃くなっつってんの お前は。

庭の枯れ葉 掃くべからず…。

(木魚の音)

(鈴の音)
とんちじゃねえよ お前。

そんなに その格好したかったら
お前 本当の坊主になれよ お前!

うちの寺に入れ!

それは 大丈夫です。

僕は この格好がしたいだけなんで。

あくまで ファンでいたいんで。

覚悟もないか~!

覚悟もないのか~!

そんなやつが掃くな お前! 出てけ!

触んなよ~!
やめて下さい!

何だ お前 その態度は!
触んなよ!  何だ 「触んな」って お前!

やめましょう やめましょう!
警察呼んでやるからな!

上等だよ!
何の罪も犯してねえからな!

何だと お前! 騒ぐなよ~!
(警笛の音)

あっ…。
ちょっと ちょっと~ どうしましたか?

いやいや 聞いて下さいよ。 こいつがね
この寺の者でも何でもないのに

勝手に掃除して 迷惑してるんですよ!

まあまあまあ そう熱くならないで。 ねっ。

早く 署に もう 連行してやって下さい。

まあ 迷惑かけたんだから
当然 そうなりますわね。

いやいや 早く連行して下さいよ。

あっ いや それは できないですね。

えっ いや だって その…。

あっ ああ これですか?
これ あの コスプレです。

本官 警察の大ファンなんで ウィッス。

警察の大ファン…。
すいません。

これ コスプレっすか?
コスプレじゃないよ!

住職だ 本物の!

ガチ? ガチだ。
ガチだ。

ガチだよ お前! 出て行け お前!
コスプレのやつは出てけ!

出てけっつってんだろ~!
何だ! 本官に向かって その態度は!

続いては こちら。
続いては シルエットクイズです。

問題。

名前でお答え下さい。

分かったら早押しで どうぞ。

これ?

(解答ボタンの音)
はい 金井さん。

え~っと 北島三郎さん?

(不正解の音)
あ~ そっか…。

北島三郎さんではありません。

では ここで
シルエットに回って頂きましょう。

簡単! おう!
はい 鬼瓦さん!

簡単じゃない。 宮本武蔵。

(不正解の音)
えっ? 何で?

残念! というわけで
正解は こちらでした。

宮本武蔵じゃないか おい。

お名前は?
板橋区から来た 熊井省三です。

はい というわけで 正解は
板橋区から来た 熊井省三さんでした。

おい 分かるわけねえだろうがよ!
(2人)ああ~!

板橋区から来た熊井省三って
誰が知ってんだよ! この野郎!

熊井さん ふだんから
こういった格好されてるんですか?

はい 大体。

こんなの お前 格好…。
おい ちょっと待て。

「クイズバッチリ当てまショー」
また来週。

何だよ このクイズ お前。
「熊井省三」だって。

そっかそっか そっかそっか…。

何だよ…。

まあまあ
そういう感じで

2つの企画をミックスして見せたら

いいんじゃないかな
っていう提案なんだけど。

それ めちゃくちゃいいじゃん!
あっ そう?

確かに。 それなら
おいしいものと掃除のテクニック

両方 見せれますもんね。
いけそうだよね?

いいですね。
あれ~?

これ 人気コーナー
生まれちゃったんじゃない?
またまた。

あ~ いや それでいきましょう。
ありがとうございます。     いえいえ。

お疲れさんで~す。
あ~ 三重野さん お疲れさまです。

お疲れさまで~す。
どんな感じ?

今 ちょうど 作家の先生のアイデア頂いて
決まったところです。

お~ 何 どんなの? どんなの?

あの~ 前に うちの番組に出てもらった
掃除の達人いますよね?

あ~ いたね。                 はい。
はいはいはい。

彼が 商店街のお店を掃除して

ついでに そこの名物メニューを頂く
っていう企画 どうですかね?

掃除のテクニックとグルメを
同時に紹介できるから

すごくいいと思うんですけど
どうですか? 三重野さん。

♬~

見えないね。

えっ? 見えないっすか?

見えない。

あれ?
いけると思ったんだけどな~。

まあ 確かに 掃除のテクニックって
意外とバリエーションないか。

ある… あるけどな~。
あるよね?   はい。

あっ じゃあ タレント主婦の自宅を
掃除してあげて

そのお礼に料理をふるまってもらう
っていう形にしたら どうですか?

お~ なるほど。 それ いいかも。
ねえ。

あっ 三重野さん いかがですか?

♬~

見えないな。

まあ 家見せてくれるタレントって
結構 限られてますからね。

いますけどね。     いるよね。
結構いますけど…。

まあ キャスティングね 難しいのかな。

あっ こんなの どうすかね?

タレントが飼ってる犬を
代わりに散歩させる企画。

何も見えないね。
何も!?

キャスティングも見えないし
展開も見えないし

ロケ場所も見えないし
ロケ弁も見えない。

ロケ弁 見えないって どういうこと?
全然分かんない。

あ~ ちょっと 吉村ごめん。
はい。

申し訳ないけど 皆さんに コンビニで
何か飲みもん買ってきてくれへん?

あっ はい。       俺は お茶。
あっ じゃあ ホットコーヒー。  俺も。

分かりました。
三重野さん 何がいいですか?

ホットコーヒー…。

見えないな。

いや アイスならいけるか。

あっ 急に見えた。
アイスコーヒーじゃない?

アイスコーヒーで。
買ってきます。

あっ あの~ 前にあがってた

1万円で里帰りの企画 どうですかね?

あ~。
ん? どんな企画だっけ?

ああ あの~
路線バスとか夜行バスを駆使して

1万円で
ゲストが地元に里帰りするっていう…。

ああ なるほど。 見えるね。
あっ 見えます?

例えば ゲストは
今 中高年に人気の来宮たけるさん。

はいはい はいはい。
いいよ 見えてきたよ。   お~ 見えた。

え~っと あの~ 地元の人に聞いて
オススメのグルメ食べたり。

はいはいはい。
今 一瞬見えかけたよ。 もっと頂戴。

じゃあ 予算1万円なんで
誰か一人は食べられないとか。

はいはい はいはい。 いいよ 見えてるよ。
いいよ もっと頂戴。

だんだん予算がなくなってきたら
民家で ごちそうになったり。

いいね! それ もらっちゃおう!
はい 見えるよ! うん。

あっ! じゃあ 収穫とか手伝う代わりに
バスターミナルまで送ってもらうとか!

見えるね! 聞こえてすらきたよ!

更に マドンナの取り合いなんかも
あったりして。

あ~! 見えるね!
バッチリ くっきり見えるよ!

で 最後は…。
最後 来い! 来い! 来い!

ゲストの初恋の人が登場!

あ~!

あ~…。
ん?

見え過ぎちゃった。

はい?

残念。 見え過ぎちゃった。

どういうことですかね?

その企画は… うん やめておこう。

(2人)えっ?
見えた…。

いや 見え過ぎちゃってるからさ

それは もう
実際 撮る必要がないんだよね。

見え過ぎちゃってるから。

いや 見えたら
撮った方がいいと思いますけど。

だって 見え過ぎちゃったら困るじゃん。

困らないじゃ…。
誰が困るんですか?

あ~ じゃあ オーケー オーケー。
これ これブラインド。

見える? 見える? ブラインド見える?
見えますよ。

見えてるんだけど…

壁みたいなね。

見えてないよね。
何言ってんの?

壁みたいなね。

(拍手)

さあ 三重野P…。
あれに近い人 いるもんね。

見え過ぎちゃうって
どういうことなのか分かんないけど…。

見え過ぎちゃうっていう人は いる。
見え過ぎちゃう 意味分かんないね。

コカドさん どうですか?

業界ですか? あの~ 一回ね ロッチで
ロケしてる時に

グルメの…
ちょっと 作って食べるみたいな。

中岡君に すげえカンペを出して
これを言って下さいみたいな。

何でも…

料理とか作ってても
「美味しんぼ」でみたいな…。

知らん… 全然知らないんですよ。
ほぼ 読んだこともないし。

打ち合わせでも言ったんですよ。
僕 あんま 「美味しんぼ」知らない…。

でも カンペが出るんですよ。

しかたないから
もう 何か薄い知識で言うんですよ。

全然笑わないんです。
(笑い声)

何やったんやろうな…。

こんばんは。 NHKで放送された
番組のアーカイブで

昭和 平成のテレビを振り返る
「アーカイブスの日」。

司会の五反田 徹です。

さあ
今日ご紹介する番組なんですけども

平成4年に番組がスタートした旅番組
ということなんですが

どういった番組だったんでしょうか?

あの~ 現在 タピオカが
ブームになってますけども

平成の最初のころ
同じくタピオカブームがありまして

そのころの番組ですね。

なるほど。
「タピオカ」をテーマにした旅番組

どういった番組だったのでしょうか?
早速 ご覧下さい。

あ~ 懐かしいな…。

<今回の旅の舞台は
フィジー共和国。

美しい海に囲まれた
大人気のリゾート地>

あれ? これ…

すごく似た番組ありましたよね?
過去にね。  あっ そうですか?

<タピオカの原料である
キャッサバの世界有数の産地として

知られている>

すごいちっちゃい…。

<旅人は タピオカ大好き。
新人女優の新海優美>

すごい聞き覚えあるな これ。
あっ そうですか?    はい。

<ホームステイするキャッサバ農家は
どんな方たちなのだろうか?>

あ~ そうだ そうだ。
こういう感じだったな~。

マイネーム イズ ユミ。

<今回お世話になる
8人家族のソロさんご一家>

<フィジーでは カバと呼ばれる
飲み物を振る舞い

客人をもてなす>

サンキュー。

うん!

当時… 若手女優の登竜門と
いわれてましたから。

あっ この番組が?
ええ。

<いよいよ キャッサバ畑に向かう>

フジナミがね 虫が食べれないって
言って泣くのも

すごいよかったんですよ。

それは 多分
私の知ってる方の番組だと思う…。

いや あれも これなんですけどね。
これでしたか?            ええ。

<実は フィジーの人たちは
タピオカを見たことがない>

あっ タピオカ…。

<そこで 日本から持参した
タピオカココナッツミルクを

飲んでもらった。

反応は…>

何か 無理やり
タピオカ出してません?

あるよ。 ハハハ…!

<タピオカのおいしさは
時に 国境を越える。

そして 夕食の時間。

キャッサバを使った自慢の料理を
ふるまってもらうことに>

フジナミが結構
虫が食べれないっつって

肉が食べたいっつって
泣いちゃうっていう…。

<1日目が終わった>

あっ…

いや こんな感じの
あったと思うけどな。

<約束の時間に訪ねると…>

<新海の様子が おかしい>

<ゆうべ 張り切り過ぎて
慣れないものを口にしたため

おなかを壊してしまったようだ>

<この日の収穫を断念。

ひとまず 日本から持参した
タピオカで応急処置>

何やってるの?

ユミ…。

<長女のアゼナザさんがやって来た>

<村に伝わる腹痛に効く飲み物を
作ってくれたのだ>

こういうエピソードも
ありましたけどね。

<翌日 すっかり回復した新海。

フィジーで 充実した日々を
過ごしていった>

<別れの時 思わぬサプライズが…>

♬~

<心のこもった歌を贈られた
新海は…>

泣くほどの交流ありました?

あっ この曲懐かしいな…。

これ 知ってますね。

<1週間の滞在を終え
日本へ帰る新海>

うん?

うん? 残る?

<新海の突然の告白>

あっ 残るんですね。

さようなら~。
大事件じゃないですか? 大事件です。

<新海優美 25歳。

タピオカが大好きだから ここに残ると
言った 彼女の澄んだ瞳を

忘れることはないだろう>

はい ということで
「世界タピオカ滞在記」

ご覧頂きましたけども
猫山さん いかがでしたでしょうか?

毎週 私は欠かさず見てましたからね。
これはね 非常に懐かしいです。

ものすごく 似たような番組を
見たことがあるんですけども。

あちらの番組とは
何か関係はあるんでしょうか?

あちら?

あの~ すごく似ていた番組が
僕が知る限りあったんですけど…。

えっ…?

分かりました。 昭和 平成と続いてきた
テレビの歴史ですが

令和の時代も すばらしい番組が
生まれることを期待しましょう。

さようなら。

ありましたよね?

ありましたよね?

(拍手)

これ 本当に
飯塚さんとスタジオで見ながら…

(笑い声)

あの… パロディーにしちゃ
ちょっと 本気度が高すぎるし…。
そう。

最後 でも 泣いてましたね。

ちょっと やっぱ 感動しましたね!
歌を歌って下さって…。

あれ 本当…!
えっ? マジ?

あれ 本当なの!?
だって さみしいじゃないですか!

でも 実際に
泊まったわけじゃないでしょ?

そうだよね? だから ないわけじゃん!
そこまで交流が。

2日 3日ぐらい まるまるいたんですよ。

で 何か カメラ回ってないとこでも
いろいろお話しさせて頂いて。

何か 込み上げてくるものがあって…。

あれが本当だったっての ちょっと驚き…。
泣いちゃいましたね。

さあ あっという間でございましたが

あと コント1本を残して
エンディングでございます。

どうでしょう? 会長。 また 来年も…?

大丈夫だよ やれるよ…。
大丈夫ですか。

(拍手)
ありがとうございます。

今日なんか コントを見てると
あの 何だろう…

やっぱり SNSの広がりかな?

会話を応酬でおかしくなる
コントってのが増えたよね。

うん。
過程が みんな面白いから

これを ツイッターのやり合いみたいな
感じで

何か… そういう時代だな これという…。

俺がやってるやつは
実に 昔ながらの くっだらねえ…。

(笑い声)
いやいや…。

さあ というわけで
最後のコントをお楽しみ下さい。

さようなら~。
さようなら~。

はい 次の候補者の方 入られます。
こちらです どうぞ。

では これから本番ですので
よろしくお願いします。

それでは まいります。
収録開始まで 5 4 3 2…。

<62歳。

では 足立田チン平さんのお話です>

(小声で)始まってるの…?

始まって… しゃべっていいの?

これは?

皆さん こんばんは。

足立区から日本を明るくする党
党首の足立田チン平でございます。

足立区に生まれた… 育った私は

常日頃から こんなことを感じて
生きてまいりました。

世間の足立区に対するイメージが
ひどすぎる。

これまで 足立区は
さんざんなことを言われてまいりました。

それを証拠に こちらをご覧下さい!

まずは こちら…

足立区は その昔から
治安が悪そう 犯罪が多そうなどと

悪いイメージを持たれてまいりましたが

しかし 実際は どうでしょう?

私が 足立区の街を歩いておりましても

カラまれたのは
この1週間で たった5回です。

カツアゲが2回 オヤジ狩りが3回

ほかの国から見ても
特段 治安が悪いわけではありません。

そして こちら。

何ですか? これは!

理由は 2つです。
パンツに穴が開いていそう。

ゴムが緩んで 横から出てきそう。

サウナじゃないんです。
なんてひどいイメージなんでしょうか。

足立区に住んでいるだけで それだけで

パンツに穴が開き 横から出ていそう。

そんなイメージを
持たれてしまっています。

しかし もちろん
そんなことはありません。

その証拠に 足立区出身の いい男は
芸能界にも たくさんおります。

ご覧下さい。

これ… これ駄目だな…。 いや…。

さあ というわけで 皆さん

私は 足立区の扱いがひどすぎると
思っています。

そこで 私は 本当は すばらしい街
足立区のイメージアップを計り

足立区から この日本を明るくするための
政策を考えてまいりました。

まずは こちら。

これは 逆でも結構です。
足立区を都庁に移転でも結構です。

竹ノ塚駅前に
ド~ンと都庁のビルを建てまして

1階はパチンコ屋 2階はドンキ
3階は もんじゃ焼き屋

住民も大喜び
日本の中枢を足立区にいたします。

それから こちら。

足立区を舞台にしたドラマ…

これは すぐさま NHKさん
よろしくお願いいたします。

私は 原作で がっぽり頂いちゃおうと
こういうわけです。

そして 今 ちまたに
ギャンブルが はやっておりますが…

足立区独自の サイコロばくち 花札
手本引き チンチロリンなど

郷土色豊かなギャンブル場を
造りたいと思います。

というように 私が当選した暁には
足立区の悪いイメージを払拭し

足立区から 全日本… 日本全体を
明るくしていくことを宣言いたします。

ご清聴 ありがとうございました。

もう いいの?

伸びちゃった これ。

ああいう人が 日本の未来を
明るくするのかもしれませんね。

そんなわけねえだろ!

ねえ… ちょっと…
変な本能寺って駄目か?

残念 不正解です。

田中と話させろ!
田中と話させろ!

箱根~!

スッキリするぞ~!

時間でございます。

ありがとうございました。
また来て下さい。

田中ですけど…。
田中君 田中君。

いや…。

え~!

だから 北米ですって それは。

うち 結構
鶏チャーも人気なんすよね。

どうしよう!
もう外堀 ガッチガチだ。

俺だ!

それじゃあ あの…
醤油ラーメン3つに

煮卵3つお願いします。
はいよ~!

とにかく この男を
消してもらいたい。

(笑い声)

このお店を完成させない…。
マジで言ってんのかな?

夢なんだ! 俺の。

店のオープンは
俺の夢なんだ!

カツアゲが2回…
オヤジ狩りが3回。

ほかの国から見ても
特段 治安が…

悪いわけでは…
ありません…。

ごめん もう一回。

駄目だ 笑っちゃって駄目だ…。


関連記事