爆報!THEフライデー 介護の限界…元アイドル大号泣の結末・80年代「少女隊」・どん底から一発逆転!華麗な転身…



出典:『爆報!THEフライデー【介護の限界…元アイドル大号泣の結末】』の番組情報(EPGから引用)


爆報!THEフライデー【介護の限界…元アイドル大号泣の結末】[字]


▼90年代人気アイドルがスーパー介護ママに

▼介護の限界…認知症の義父に死の願望が…号泣結末

▼美女たちがどん底から一発逆転!華麗なる転身4連発!


詳細情報

番組内容

【どん底から一発逆転!華麗なる転身4連発】

▼マラソン界のシンデレラガールKは今…47歳、シングルマザーに

 パートナーの突然死を乗り越え驚きの転身!


▼80年代、「少女隊」で活躍したIは今…

 マイクをあるものに持ち替え大活躍!


▼シドニー五輪の銅メダリスト・岡本依子は今…ある職業に転身

 話題の問題について今夜、直撃!

▼フジテレビの人気美人アナは今…真逆の職業に転身!

番組内容2

【元アイドルの壮絶介護】

▼90年代に一世を風靡…元人気アイドルが壮絶介護

▼認知症の義父とがんの後遺症に苦しむ実母…遠距離ダブル介護に直面

▼実母の血糖値異常…同居する義父には死の願望が…

▼介護の限界にぶつかった彼女の前に現れた謎の女性…いったい何者なのか?

▼大号泣…衝撃の結末が!

出演者

<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦

<レギュラー出演者> アンガールズ 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)  友近


<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)

<出演者>テリー伊藤 小鴨由水 市川三恵子 岡本依子 松尾紀子 高橋里華

公式ページ

▼番組HP

http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

▼twitter

https://twitter.com/bakuhou_tbs

@bakuhou_tbs

制作

TBSテレビ



『爆報!THEフライデー【介護の限界…元アイドル大号泣の結末】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

爆報!THEフライデー 介護の限界…元アイドル大号泣の結末・
  1. 彼女
  2. 高橋
  3. 義父
  4. 松尾
  5. 介護
  6. 自分
  7. 小鴨
  8. 状態
  9. 一体
  10. 危険性
  11. 血糖値
  12. 柴田
  13. 食事
  14. お願いいた
  15. 頑張
  16. 女性
  17. 直面
  18. 当時
  19. 問題
  20. アイドル


『爆報!THEフライデー【介護の限界…元アイドル大号泣の結末】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<カメラの前で涙するのは>

<90年代 一世を
風靡した>

<認知症になった夫の父親を
自宅介護>

<そして
がんの後遺症に苦しむ>

<さらに娘2人の
子育てまでも こなす>

<そんな大変な状況の中>

<朝から>

<そして自分は
キッチンで立ったまま>

<いち早く食事を済ませ>

<義父の介護を行う>

<しかし今夜>

<母の血糖値に
とんでもない異常が>

<義父の顔に痛々しい>

<一世を風靡した美女たちが>

<どん底から一発逆転>

<一挙公開>

<現在 東京オリンピックの代表選手
残り1枠の切符を争っている>

<マラソン界だが>

<今から およそ30年前の
バルセロナオリンピックで>

<その最後の1枠を
奇跡的に手にした選手がいた>

<パートナーの突然死を乗り越え
○○○に転身していた>

(実況)有森が間もなくゴール
有森が銀メダルを獲得

第2位 よく頑張りました

<有森裕子が銀メダルを獲得>

<このとき彼女のライバルとして
共に日本代表として走ったKが…>

<彼女が一躍脚光を浴びたのは>

<小鴨は初めて挑戦したマラソンで
偉業を成し遂げる>

(実況)大阪国際女子マラソン
日本人選手が初めて優勝です

<それまで無名のランナーだった
彼女が1位でゴール>

<しかもタイムは当時の>

<する新記録>

<当時 有力候補と
されていた>

<バルセロナオリンピック
最後の1枠を手にした>

<しかし迎えた本番では…>

<失意の小鴨は翌年>

<21歳という若さで電撃引退>

<彼女は>

<マラソン時代の
面影を残し>

<そんな彼女のどん底は…>

<現役を退いた彼女は
26歳のときに>

<福岡でパン職人をしていた
男性と結婚>

<3年後には長男
その4年後には次男を出産>

<小鴨は13年間 連れ添った夫と>

<生活のすれ違いで離婚>

<その後>

<そして>

<彼女の人生を大きく左右する
ある出来事が起きる>

<それは…>

<離婚した小鴨の>

<離婚したとは
いえ>

<しかし このときに>

<彼女は>

<これから仕事に行くという
小鴨についていくと…>

<そう マラソン界のシンデレラガール
小鴨由水は>

<突如>

<営業>

<しかし
元オリンピック選手だけあって>

<そんな彼女は>

<を出した>

<なんと>

<さらに>

<小鴨は>

<踊れないアイドルは要らない>

♬~ここに来て 飛んで来て

♬~今すぐ好きなら

<3人組の女性グループだった
彼女たちは当時としては異例>

<日本のみならずアジア各国で
人気を誇り>

<1988年にはソウルオリンピックの
イメージソングを歌い>

<そんな人気グループを>

<わずか1年で脱退した
一人のメンバーが…>

こんにちは
元少女隊の市川三恵子です

<そんな彼女のどん底は…>

<人気グループ>

<実は わずか>

もう ほぼ

<練習のし過ぎで>

<ダンスを踊れなくなった>

<その結果>

<その後 手に職もない彼女は
ただ途方にくれる日々を送った>

<しかし>

<アイドルだった彼女は今>

<それが…>

<なんと理容師>

<アイドルを引退し
22歳のときに>

<家業を手伝うため>

<以来>

「あの美女は今…
一発大逆転SP」でございま~す

でも同世代のね 少女隊

<など>

<その渦中の人物であり>

<彼女は驚きの人生を
送っていた>

<を獲得>

<そんな彼女が一躍
注目されたのは…>

<この>

<底抜けに>

ハァー!

<48歳 ロングヘアーの似合う
素敵な女性になった岡本>

<そんな彼女のどん底は…>

<そのきっかけは2007年に
彼女が書いたブログ>

<すると その>

<急きょ ブログを閉鎖する事態に>

<果たして>

<これから仕事に向かうというので
彼女についていくと…>

本当に日本の…

<一体 彼女の職業は何なのか?>

<一体>

<ぼ… 牧師!?>

<実は現役時代
岡本の韓国人コーチが>

<生粋のキリスト教徒>

<そのコーチに連れられ
クリスマスの日 教会に行った岡本>

<そこで…>

<そして>

<霊感商法というのは>

<ブログを読んだ読者の
勘違いだった>

<そして彼女は>

<現在は牧師として>

<牧師の彼女は ふだん
どんな暮らしをしているのか>

<一人で暮らすには広すぎる>

(スタッフ)そんなことあるんですか?

<自分でお金をためて>

<部屋は いたって>

<この日は>

<そんな彼女は今
その実績が買われ>

<を務めている>

<しかし>

<先日 理事の総辞職など
報道される中>

<果たして>

高橋理事も辞められますし

これが

<実は彼女>

<さらに>

<しかも>

<松尾紀子は今>

こんにちは
元フジテレビアナウンサーの松尾紀子です

<アナウンサー時代の>

<そんな彼女が暮らすのは
港区にある こちらのマンション>

<中へ進むと>

<間取りは3LDK>

<23年前に購入したという
港区の高級マンション>

とりあえず

<そんな彼女のどん底は…>

<一般企業に勤めていた
男性と結婚>

<フジテレビ初のママアナウンサーとして
活躍した松尾>

<しかし その裏には>

<松尾は昼間は
保育園に子どもを預け>

<保育園が閉まったあとは
ベビーシッターにお願いし>

<仕事に支障がないよう
完璧な状態を整えた>

<そんな完璧な両立を
見せた松尾は>

<会社にも認められ>

<早朝勤務も断ることなく>

<朝 昼 晩>

<アナウンサーとしても
母親としても>

(携帯着信)

もしもし松尾さん

<当時は まだ子育てをしながら
働く女性は少なく>

<周囲の理解も得られない時代>

松尾

<突如>

<しかし…>

すいません

<最初は何とか
両立していたが>

<徐々に>

<そんな中
追い打ちをかけるように>

<松尾の長女は生まれて間もなく
重度のアトピーに>

<すると>

<その結果 松尾は…>

<なんと育児ノイローゼで激やせ>

<しかし そんな状態から>

<90年代の
トップアイドル>

<彼女が
今夜>

<そのわけは…>

<育児ノイローゼから松尾を救ったもの>

<それは…>

<なんと>

<瞑想とは>

<実は>

<これにより>

<そして今では…>

心を開いて…

<なんと瞑想の>

<そして今>

ア~オ~ウ~エ~

<まるで>

<実は これ…>

<トーニング瞑想と呼ばれ>

<そして今年
還暦を迎えた松尾は今>

<それは…>

<その
元アイドルとは>

<一体 何が?>

<した高橋里華>

♬~君がいるから DESTINATION

♬~どんなスリルにであっても

「頑張る君の力になりたい」

「力うどんと
もちもちラーメン」

<今でいう>

<だった高橋は>

<といわれた彼女は>

<モデル 女優としても
大活躍>

<芸能界引退後 結婚した彼女が今
直面しているのは…>

<同居し 介護しているのは>

<血のつながらない
認知症になった夫の父親>

<そして>

<がんの後遺症に苦しむ
埼玉で暮らす実の母>

<しかも 同時に
娘2人の子育てまでこなす>

そうなんですよ

<そんな大変な状況の中>

<なんと14品>

<介護食と家族の料理>

<それぞれ
違ったおかずを用意していた>

(高橋)でも 大根 食べたね

<そして
自分はキッチンで立ったまま>

<いち早く食事を済ませ>

<一日3回の洗濯から>

<掃除までこなし>

<を行う>

<休みなく動き続ける高橋だが>

<いつも笑顔>

<しかし
今夜>

<血糖値にとんでもない異常が!>

<義父の顔に
痛々しいアザ>

<なんと
死の願望>

<スーパー介護ママが ついに限界>

<号泣結末が!>

<この日は>

<しかし 何やら
落ち着かない様子の高橋>

<というのも 今年1月>

<義父は
インフルエンザで入院したのだが>

<長期間の入院生活により>

<寝たきりになってしまう
危険性が指摘されていた>

<すると…>

<入院生活を終え 2カ月ぶりに
自宅に戻ってくる義父>

<果たして その容体は?>

足元 気をつけて
ねっ 一つ一つね

<支えられ ふらつきながらも
自分の足で歩くことができた>

<さらに>

体の具合はどうですか? って

<進行は
抑えられているように見える>

<心配していた寝たきりも回避でき
高橋も一安心…>

<歩けることが 逆に
とんでもない事態を>

<引き起こしてしまう>

<を受け>

<再び高橋の元を訪れると…>

<家の中では>

<そして 義父は…>

<なんと>

<義父を病院に
連れて行くという高橋>

<一体 何が起こったのか?>

じいじが キッチンの
ちょうどここのところで…

<義父は>

<額に4針を縫う
けがをしてしまった>

<実は倒れる数日前>

<介護の支援をしてくれる
ケアマネージャーからも>

<その危険性を指摘されていた>

逆にどっちがいい…

<完全な寝たきり状態ならば
自ら立ち上がることはないので>

<転倒の危険性は少ない>

<しかし
義父のように>

<何とか歩くことが
できる状態の場合>

<一人で
立ち上がろうとして>

<転倒してしまう
危険性が高く…>

<特に危険なのが
目を配ることができない夜中>

<今回
義父の>

<すると…>

<夜12時 目を覚まし
起き上がった義父>

<そして トイレから出た義父は…>

<危うく
転倒しそうになりながら>

<来たため
大事には至らなかったが>

<状態>

<こうして>

<その結果>

<そして 義父の>

<以前は>

あ~ん

<なんと スプーンすら
持てなくなり>

<食事介助が必要に>

<食欲が減ってきた義父に
何とかごはんを食べさせ>

<自分の食事は
それが終わってから>

<娘のお弁当作りなど
慌ただしい朝に>

<さらに時間が
取られるようになってしまった>

<しかし そこは
スーパー介護アイドル 高橋>

<これまで彼女は
介護で直面した幾多のピンチを>

<独自のアイデアで
乗り切ってきた>

<そして今回も この問題を
あっという間に解決していく>

<まず 一つ目の問題は>

<彼女は
これを ある作戦で乗り切る>

<に取りかかる高橋>

<この日のメニューは
義父の大好物の水餃子>

<そして肉じゃが 卵焼き
焼き芋の4品>

そうですね
でも

<そして>

よく寝たね

<彼女は義父がきちんと
朝食を食べられるよう>

<あるテクニックを編み出した>

もうちょっと
食べよう

<あった義父>

<そこで>

今度 鶏肉ね

<食べさせる前に
何の料理かを伝えることで>

<よりおいしく食べてもらい
食欲を刺激する作戦>

<この作戦で>

<そして 食べさせる>

<細かくしすぎると>

<それを避けるため
無理をさせない程度に>

<大きく切って食べさせる>

<このおかげで スムーズに
食事ができるようになった義父>

<30分以上かかっていた朝食を>

<15分で完食した>

<そして
最大の問題は>

<高橋>

<しかし 彼女は
ある秘密兵器を使い>

<状況を劇的に改善!>

<それは>

<2階の寝室で
娘たちを寝かしつける高橋>

<すると
その傍らの携帯画面には>

<なんと>

<そう 高橋の秘密兵器とは>

<見守りカメラ>

<インターネットを使い 携帯電話で
リアルタイムの映像が見られる>

<さらに>

<人の動きを感知して
携帯電話のアラームが!>

<夜 寝ていても>

(アラーム)

<さらに この>

<ストレス発散だった>

<お酒を飲みながらの
ゾンビ映画鑑賞もできるように>

<そんなさなか さらなる問題が>

<高橋に降りかかる>

<埼玉の>

<血糖値にとんでもない異常が!>

<そして スーパー介護ママが…>

<この日は 実家の母の元へ
出かけるという高橋>

<実は今>

<高橋の母は
がん手術の後遺症で>

<糖尿病と肝性脳症を発症>

<しかし このあと>

<実は母が 高橋に隠れて>

<あるとんでもない習慣を
続けていたことが発覚する>

<母の看病のため 以前より頻繁に
埼玉の実家に帰っている高橋>

<今は居眠り運転の
危険性もあるので 電車で向かう>

<およそ1時間の移動時間で
仮眠を取り>

<少しでも寝不足を解消>

<そして 実家に到着>

<母の体調はどうなのか?>

<血糖値を測定すると
驚きの数値が!>

<正常値が
110未満のところ…>

普通は
100だもの

<なんと 4倍以上の血糖値!>

<食事制限がある
にもかかわらず>

<暴食を繰り返していた>

全部
少ないよ

メロンパンは 1個
食べちゃったんだ

だからだ

メンチは中身だけ

ガワは全部
捨てたから

<ストレス解消のため
かもしれないが>

<これを続ければ命取りになる>

<そのため高橋は…>

冷蔵庫 満タンなんだけど おから
鍋いっぱい作っちゃったから

<糖分や塩分を控えても
満足できるように>

<だしを利かせた料理を
届けている>

<さらに 運動が必要な母を
散歩に連れ出し>

<運動不足を解消させる>

<認知症の義父と病気の母>

<どちらも目が離せない>

<遠距離W介護問題に
直面する高橋だが…>

大変さは

<常に意識は
前向き!>

<実は今 高橋は
ある深刻な悩みに直面していた>

<それは…>

<ここ最近>

ほら
お姉ちゃん笑ってるよ

お姉ちゃん
ちゃんと食べてるよ

<高橋に
甘えるように>

<食べさせなければ
ごはんを食べなくなってしまった>

<介護が忙しく 子どもたちに
構ってあげられなかった>

<反動なのか?>

っていうのが
ずーっとあったので

<そして 深刻な悩みは もう一つ>

<実は最近 義父が
高橋をどん底に突き落とす>

<とんでもない言葉を
口にするようになった>

<今回の取材中にも
義父はその言葉を発した>

<それは食事中のこと>

<その気持ちで
日々 懸命に頑張っている高橋>

<しかし…>

<今 自分がやっていることは
間違っているのか?>

<日々 頑張っていることに
意味があるのか?>

<自信がなくなってしまっていた>

<そして このあと…>

すみません

<高橋が号泣>

<そばには謎の女性が
一体 何が?>

<死の願望を口にするようになった
義父>

<それに対し どうしてよいか
分からない高橋は>

<ある人物へ相談することに>

<それは
介護家族の相談を受けるスペシャリスト>

失礼します

どうも
こんにちは

こんにちは 今日は
よろしくお願いいたします

今日はよろしくお願いいたします
高橋里華です

よろしくお願いいたします
よろしくお願いいたします

<看取りのスペシャリスト>

<柴田さんは これまで
250人以上の方を看取り>

<その中で 介護問題で悩める
多くの人の心のケアも行ってきた>

<そんな柴田さんに 高橋はまず>

<頻繁に死を口にする
義父の悩みを打ち明ける>

<今では 長く椅子に
座っているのも辛い状態>

<食事も
自分では食べられず>

<常に高橋の力を
借りなければならない>

<急速に進む体の衰えを感じ>

<のことだという>

<では そんな義父に>

なので ただただ

今みたいに

<直接体に触れ
安心感を与えてあげることが>

<大事だという>

<そして 高橋は
もう一つの悩みも打ち明ける>

<それは 介護を優先して>

<娘たちに寂しい思いを
させてしまっていること>

そうやって思っちゃってるのかな
っていうのがあって

って思うところはあるので

<介護のために 娘たちを
犠牲にしているのではないか…>

<母として ずっと>

<すると
柴田さんから>

そうなんだ
(柴田)そうなんです

そっか

何か…

使って
すみません

<高橋の献身的な介護こそが
娘たちへの最高の授業>

<彼女の姿を見て 娘たちは
命というものを学んでいるという>

<こうして
胸のつかえが取れた高橋>

<帰宅後 柴田さんに教わった
方法を実践>

<後悔なく>

<彼女の>

<次週 日本人メジャーリーガーを
支えた>

<カリスマ通訳は
今…>

<なんと女性に>

<あのメジャーリーガーと>

2人で一緒に世界一のグランメゾン
つくるっていうのは どう?


関連記事