メレンゲの気持ち まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ…藤原竜也との…・浜口京子支えた弟…父の新ジム初公開!


出典:『メレンゲの気持ち【まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ&浜口京子支えた弟】』の番組情報(EPGから引用)


メレンゲの気持ち[字][デ]【まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ&浜口京子支えた弟】


まえだまえだ弟・前田旺志郎今や慶應ボーイで超モテモテ!藤原竜也との意外な関係&親友・濱田龍臣登場で秘密暴露▽浜口京子が溺愛する甥っ子登場&父の新ジム初公開!


詳細情報

出演者

【出演者】久本雅美、いとうあさこ、伊野尾慧、村上佳菜子

【ゲスト】浜口京子、前田旺志郎

【通りの達人】石塚英彦(ホンジャマカ)

【ナレーター】清水ミチコ

番組内容

まえだまえだ弟・前田旺志郎は今や俳優として活躍そして慶應ボーイで超モテモテ!?藤原竜也との意外な関係&子役時代からの親友・濱田龍臣が登場で秘密暴露…朝一人で起きられなかった!?▽浜口京子の家族大集合…溺愛する甥っ子になぜか野球を熱血指導&父・アニマル浜口の超おしゃれなジム初公開▽石ちゃんは浅草で大行列!どら焼きの亀十へ…驚きの職人技を特別公開▽あさこはマルチに活躍する女性タレントHのおしゃれ自宅へ


『メレンゲの気持ち【まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ&浜口京子支えた弟】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

メレンゲの気持ち まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ…藤原竜也
  1. 前田
  2. スタジオ
  3. 浜口
  4. 本当
  5. 伊野尾
  6. 久本
  7. カッコ
  8. マジ
  9. 一緒
  10. 京子
  11. 実況
  12. 全然
  13. 自分
  14. 村上
  15. アニマル
  16. キレイ
  17. 井上
  18. シバ
  19. ホンマ
  20. 最高


『メレンゲの気持ち【まえだまえだ弟前田旺志郎今や慶應ボーイ&浜口京子支えた弟】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<今週も
芸能人のプライベートを大放出>

本日は
子供の頃から大活躍している

こちらのお2人でございます。


(拍手と歓声)

(前田)
大きくなりましたよ 久本さん。

<本日のゲストは…>

<お笑いコンビ…>

すごい!
(いとう) 慶應ボーイ!

<そして…>

マジ!?
(濱田) よろしくお願いします。

<親友の前で…>

ありがたいことに…。

マジか!

シバけ シバけ!

信じられへん!

<さらに…>

<そして あさちゃん>

まずは 前田旺志郎君です!
お願いします。

ご覧ください。

<現在…>

<そのデビューは…>

地球の温度が
どんどん上がってんねんてね。

<最年少漫才師>

<かわいさだけでなく 実力で…>

<一躍 大ブレイク!>

<当時…>

♪~ さかなの子
ラジオ体操やん!

旺志郎 それ 授業ちゃうから。

<この頃 ヤンチャ盛りの2人>

痛い!
ハハハ!

エ~~ン! あ~! 痛い 痛い!

<そして 旺志郎君が…>

それ 龍之介のおかげやで!
感謝しぃや。

足手まといやったら
置いて行くからな。

<その後…>

<俳優として成長>

<そして…>

<今日は…>

あら!
(拍手)

ちょっと 1つ 気になるのはね…。

解散は… 全然。

また いつか。

やるかも? お兄ちゃんと。

楽しみやんな。

お兄ちゃんは…。

よく見る。

あんたの作品 見て お兄ちゃんが
評価してくれることはないの?

そうですね… 基本的に 兄弟で…。

気ぃ使うか。
そうですね。

やっぱり お互い…。

そうなんか。
ありますね。

どっちをやろうか…。

そういう質問とかは
お兄ちゃんに相談したりとか。

そういうのは乗ってくれるので。

「旺志郎 お前 今の時期やったら
こっちのほうが ええんちゃうか」。

そうなんです すごい ありがたい。

いい兄弟やなぁ。

(伊野尾) あと 気になるのが…。

確かに!

(伊野尾)
ちなみに どちらの大学?

言いたい大学だ!
そうです。

言います!
どこですか?

すごい!

まぁ まぁ まぁ。

あんた 偉いな!

お仕事しながらやろ?

受験勉強に専念して。

何で 慶應…。

もちろん 慶應ボーイに
憧れがなかったかと言われたら

多少は もちろん あるんですけど。

めっちゃカッコええわ!

「ボーイ」 付けないで!

(前田)
どこ 行かれてるんですか?

(伊野尾) 私は…。

慶應の後に明治って 違くない?
Hey!Say!JUMPの明治ボーイ。

(前田)
部活は やってないんですけど…。

ウェ~イ!
ウェイ ウェイ ウェイ!

絡まれちゃった。

で 大学を出るとする。

教えるほうかいな。
そうです そうです。

それを…。

芸能人やから!みたいなことを
言われたりするんです 学校で。

受け入れられないことがね
やっぱ 多くて。

何か めっちゃカッコええやん!
しっかりしてるわ!

そのことを言うてる時に…。

明治ボーイ!

(伊野尾)
やっぱり 慶應ボーイ 違うな。

将来の夢に対して。

またね 慶應大学に行きつつ
今 役者として…。

すごい役者さんばっかりで。

女の人が すごい少なくて。

えっ? そんな?

結構 上の人もいるけど
そうなるんだ。

(前田) 身に染みました。

例えば…。

言える範囲。

割と 本当のやつだ。

エロい話やな!
そうです。

すいません!
(笑い)

それなりの体 見せなアカンやろ?
そうですね。

三角 三角!
イメージがあるじゃないですか。

そういう体
つくらないといけなくて。

鍛えましたね。

集中して。
そうです。

タンパク質 タンパク質!って。

それこそ…。

最初は みんなで
一緒にやってたんですけど…。

どうした!?みたいな。
進んだんだ。

筋肉まで 全部 分かりきった上で。

大東さんに…。

チューブを使ったトレーニング…
ジムは もちろん行ってたけど。

チューブって…。

大東さんから聞いて。

チューブトレーニングを
一緒にやってたんですよ。

そうなんですよ。

こういうやつなんですけど。
本当にチューブだ!

(前田) これを

こうやって
足で踏んだりとかして。

例えば ここの… 上のとこ。

(前田) 鍛えるために…。

きつそう!

(前田) ずっとやってましたね。

そしたら ここが鍛えられて
水泳選手には 最高にええねや。

あとは…。

ギリギリまで みんな こうやって。

大東さんが やっぱね 先頭で。

持って来てくれて。

本気や! いい人や いい人やで!

みんなで こうやって…。

置いて…。

<この後 子役時代からの…>

シバけ シバけ!

信じられへん!


役者さんとか いてはる?

最近でいったら…。

仲良くさせてもらってますね。

それで 一緒にやってくうちに
どんどん仲良くなった感じです。

何か 聞いたら 淳平君に…。

違うんですよ。

別に おごって おごって!
っていうんじゃなくて。

だけど
おごってもらってんねやろ?

行くんですよ 2人で
連れてってもらうんですけど。

そうなんすよ。

こだわりが めちゃくちゃ あって。

でも 最初に…。

それはいいんですけど その後…。

また出て…。

何や? それ。

旺志郎は 付き合うてるわけ?
(前田) そうなんですよ。

言っちゃった!
はっきり言っちゃった。

ゆっくり つかりたいわ!と
思ってたんですけど。

いいんだ!
いいんですよ これが。

すごい入り方やなぁ!

そうなんですよ。

舞台は… 藤原君。
そうですね。

いや 元々は…。

結構 忙しいし
よく会うわけではないので…。

似てる!
「吉田鋼太郎」と「前田旺志郎」。

(笑い)

本当に…。

一緒にいたら…。

そうですね それこそ…。

伊野尾君?
はい 私も。

まぁね。
竜兄と出てるからね。

電話 来て 何時頃? それ。

先輩 「おいでよ」って せっかく
言ってくださってるので。

(前田) 途中から参加されて。

(伊野尾) そうだったんだ!
そうなんですよ。

フレンドリーに…。

あと 来て 「あれ?」って。

見てたら…。

僕のお母さんも参加してて。
お母さんもおったん!?

「電話せぇ」 竜也さんに言われて
分かりましたって かけて。

来たんですよ。
お母さん 偉いわ!

(笑い)

(伊野尾) マジで!?

どっちかというと そっちや!
(前田) 払ったというより。

あんたも 子役から やって来て…。

同期でいったら…。

仲いいですね。

ウソ!?

よろしくお願いします。
(観客) フゥ~!

マジ!?
サプライズ! サプライズ!

どうぞ どうぞ!
濱田君 ありがとう。

面倒くさいノリ やるな!

どうぞ お座りください。

龍臣君も 本当に大きくなった。

『メレンゲ』に ちょこちょこ
出ていただいてるんですけども。

お互い 大きくなって行くのは
どうなん?

おい!

大きくなったよね 本当に。

カッコええわ!

止まっちゃいました。

個性的な感じで お互いね。

これ どうなん?

龍臣から見たら どうなん?

行きましょう。

本当に あの~…。

スッとしてるよね。

笑う顔が…。

ありがとうございます。

(笑い)

やっぱり ほら…。

俳優さんになったとしても。

今は こんなふうに 大きくなって
シュっとして カッコいい…。

分かりやすいんだ。

しかも むちゃくちゃで
急に ホンマ こんな顔になって。

みんなに…。

言ってくれるじゃないですか
スタッフさん 優しいから。

(前田)
みんな へってるから 平等に。

わがままやね。
(前田)そういうとこがありました。

覚えてる? 「思ったこと
全部 言ってたな 俺」。

子役の人って
かわいがってくれるから 大人が。

そこに甘えてしまうってのは
あったやろな。

その時に…。

収録中に…。

そんな食べた?

あったっけ?
覚えてる?

がっついて…。
(濱田) 結構 がっついて。

一瞬…。

(濱田) 回したまんまで。

えらいことやで ホンマに。

龍臣君。

この際 ちゃんと
言っちゃってください。

1回…。

何 歌ってるの?

back number 好きです
大好きなんですよ。

(笑い)

そうや あんたも!
(前田) 人に言うてたけど。

撮影終わって ゆっくりしたいのに
大きな声で歌われるから。

(前田) ずっと歌ってました。
へぇ~!

一緒の部屋にいてて。

朝とかの撮影に?

起きれなかったなぁ。

めっちゃ優秀!

寝起き 悪いねや。

(濱田) 寝起きも そこそこ悪くて。

全然 起きないんです。
ギリギリまで もう…。

大変や 龍臣君。

(一同) え~!?

「自分の洗濯ぐらい 自分でやるわ」
って言えへんかったん?

そうですね…。

憎めないんですよ。

(笑い)

2人とも いいお年頃で。

正直…。

(前田) どうよ? モテる?

ウソやん! カッコええのに。

マジで?

マジで!?

今 化けの皮 かぶってるんで。
家だと 全然 違う?

何なの? その ひどい私生活。

僕も めちゃくちゃモテるとかでは
ないですけど

ありがたいことに…。

マジか!

ちょっと待って!
龍臣君 知ってる?

モテはしないけど 年に1回は…。
十分じゃないの。

年に1回って すごいやん。
ホンマですか。

例えば…。

直近!
(笑い)

(伊野尾) カッケェな!

(前田) すいません!

放課後というか
終わった後 一緒に歩いてて…。

「俺のこと 好きなんだろうな」。

ヤダなぁ!

それは…。

ごはん 誘われた時に…。

今日なんだ!と。
告白が。

ほんなら…。

別に 何で?とかではなくて…。

だから その…。

なかなか言えない
恥ずかしいじゃないですか。

今は いないよ!みたいな。

ほんで 逆に 僕も もう…。

時間も…。

(村上) だいぶ!
2時間もかい!

催促じゃないですけど…。

お前 悪いヤツやな!

ほんで? ほんで?
聞いて。

(村上) ヤダ!

お前は! もう 本当に!

(笑い)

お前 シバかれろ!
(前田) 言わせてください!

僕は 次の日も 朝 早かったし
時間も遅かったから。

「俺は分かるから 言うてみぃ」。

それで…。

ほんで 旺志郎は どうした?

そこが 精いっぱいやねんて!
酌んだりぃな。

それで?

(笑い)
(前田) しゃあないやんか!

(前田) 仕方ないじゃないですか。

待ってたで あんたに告白して
どうしてくれるのかって。

女の子 待ってはったよ。

(伊野尾) うわ~ かわいそう!

あんたの反応が 今イチやったから
煩わせたらアカンなぁっていう。

友達のままに… 戻そうって。

じゃあ 僕
どうしたら よかったんですか?

うらやましいんだ!
いいなぁ!

ありがたいですよ ホンマに。

だって どうしたらいいか
分からないですもん。

今の運びは…。

ちょっとした犯罪やからな。
それは申し訳ないです。

申し訳ないことないけど
ホンマに もう…。

それでは ここで モテモテ…。

撮影して来ていただきました。

まずはですね…。

いつも ここに こうやって…。

ただ この椅子は…。

沈むと こうなってもうて…。

これは…。

僕は 普段 ずっと…。

はい 来ました! ジャン!

これ
16から22巻なんですけど。

これを 何回も 何回も

何十周も 何十周も 読んでます。

「小さいからこそ みんな
注目してくれるんだと思うし

小さかったからこそ
ここまで頑張っても来れたんだ」。

(スタジオ:前田) 恥ずかしい!
(スタジオ:いとう) 泣かないで!

「だから…」。

(スタジオ:久本) 泣いてるやん!
「だから…」。

<その愛は
とどまることを知らず>

今から 僕の大好きな漫画…。

今からやるシーンは ここです。


恥ずかしい!
どうやった? 龍臣君 今の見てて。

(濱田) カッコいいですよね。
カッコいいけど…。

(笑い)

もうダメか!

<この後…>

続いては 浜口京子ちゃんです。
(浜口)よろしくお願いいたします。

ご覧ください。

<さまざまなバラエティーで…>

<弟も生まれ 4人家族に>

(スタジオ:久本) かわいい!

(スタジオ:伊野尾)
お父さん すげぇな。

<父の勧めで…>

<磨きのかかった
実際の映像が こちら>

(スタジオ:久本) すげぇ!
(スタジオ:伊野尾) マジ!?

(スタジオ:久本)
京子ちゃん こんな鍛えてたんだ。

≪ゆっくり ゆっくり≫

<さらに その年…>

<そして…>

(歓声)

<初の…>

<初めて出場した
オリンピックでは…>

(実況)
おっと! 片足タックルから…。

(実況) 残りが あと5秒。
≪4・3・2・1・0!≫

(ホイッスル)
(実況) 試合終了!

<見事…>

<その雄姿に 日本中が感動した>

<そして 北京オリンピック出場を
懸けた…>

(実況) 足を取った!
タックルに入った 後ろに回った!

(ホイッスル)
(実況) 今 終わった!

<父 アニマル浜口と

二人三脚で つかみ取った
オリンピックへの切符に

2人で号泣>

(スタジオ:久本) 覚えてる これ。

(スタジオ:久本) かわいい!

(カメラのシャッター音)

<そして 挑んだ…>

(実況)
タックル行った! 自ら入ります。

(スタジオ:久本) すごいなぁ!

(実況) 浜口が 2大会連続で
メダルをつかみます!

(実況) 残りは3秒!

(ホイッスル)

<なんと…>

<実は もう1人…>

素晴らしい!
ありがとうございます。

見てたから知ってるのに…。

ありがとうございます。

今 VTRの最後に…。

実は…。

弟 カッコいい!

弟さんって… イメージが
あんま なかったんだけど。

そこで…。

その中でも…。

結果が出なくて。

弟が相手をしてくれるように
なったんだ。

それで…。

その時に…。

すごいね。

言ってくれたんですね 弟が。

絆が ぐっと深まりましたね。

感謝だね。
(浜口) そうなんです。

おおおって…。

そうすると…。

すごいね!
いいバランス。

(笑い)

でもね まぁ… 強いですね。

アドバイスを。

(村上) こんなん やったり。

やってましたね お姉さんぶって。
弟 忍耐力 素晴らしいわ。

おじいちゃん おばあちゃんも
喜んでて。

甥っ子さんに会うの楽しみでしょ。
すごい楽しくて。

やってるんだ 甥っ子さんも。
してるんです。

そんな…。

京子さんが撮ってくれたそうです
ご覧ください。


(スタジオの笑い)

(浜口) おいで おいで!

(アニマル浜口) さぁ さぁ!

(アニマル) 初公開の…。

中に入って行きましょう。

(アニマル) 1階の…。

(浜口) このような形で。

そして…。

(アニマル) 俺を映さなくていい
ダンベル バ~っと映して。

(浜口) ズラズラ ズラズラ…。
(スタジオ:前田) すごい! ダンベル。

(スタジオ:久本) 引いていいと思うよ。
(浜口) ズラズラ ズラズラ~!

(アニマル) こっちも重たいのが
ごろごろしてる。

(スタジオ:いとう) 早いよ 早い!

(アニマル) はい どうぞ。

これは…。

(スタジオ:いとう) どういうこと?

(スタジオ:いとう) 横にしちゃった!

(アニマル) はい はい! はい はい!

では…。

(浜口)
濱口道場の看板を掲げました。

(浜口) こちらが弟です。

弟の剛史です。
(スタジオ:久本) カッコいい!

(スタジオ:久本) 京太郎君!

(浜口) 私…。

あの…。

今後は…。

思ってるよ。

(浜口) 京太郎君は…。

(スタジオ:久本) 早かったなぁ!

(スタジオ:いとう)
お父さんも 下 向いちゃった。

面白~い!
ありがとうございます。

ステキな家庭で 素晴らしい
トレーニングジムでしたね。

あれね…。

(前田) え~!
意外だ!

自分で「この色にしてください」と。
はい。

赤とか黄色とか いろんなのを
使って やってましたけれども。

<そして レスリングよりも
野球が好きと言っていた…>

やっぱり…。

いうても スポーツだから。
そうなんですよ!

まだ 野球のことが 私…
何て言うんですか。

ルールは知ってるよね?

(浜口) 私も 幼い頃
一緒に 応援しに行ってたので。

「僕はね 試合の…」。

言ってたんですよ 甥っ子が。

こうやって…。

やり方あるから! 甥っ子の。

前の状況を教えてあげよう!
みたいになっちゃって。

気合を入れるんだ。

やっぱり 京太郎なりに…。

まぁ そういう姿も ちゃんと
吸収しようとしているので。

急に? 急にか?
届いたかな?

すごいな!

京子ちゃん自体は…。

そうです。

お別れみたいになっちゃうのも
すごい寂しいので なかなか…。

いいですね! いつまで経っても
レスリングから離れることなく

レスリングのとこで 自分は
人生 生ききりたい!みたいな。

そんな京子ちゃんが…。

そうなんです。

高尚じゃない?

いつぐらいからハマったの?

テレビの…。

その時に出演していた…。

それから…。

たくさんの俳句仲間の皆さんと
仲良くさせていただいてるんです。

すごくない?
今日は 浜口さんがハマってる…。

持って来てくれました。
うれしい!

うれしい!

ちょっと
見せていただいていいですか。

皆さんにお見せするような…。
いいよ いいよ。

ひらめいた時に
ぱぱって書くのね。

絵と一緒に。

(浜口) はい。

すごい!

(前田)
めちゃくちゃ うまいですね。

あっ それも ステキ。

(浜口)
まだまだなんですけれども…。

ステキだわ!

本当 素晴らしい!
ありがとうございます。

せっかくでございますから…。

元気!
(伊野尾) 俳句 詠むテンション?

お願いいたしましょう。

いろいろ つくんですけれども。

うれしいな! 楽しみにしよう。

また 迷いがないね。
本当ね。

さぁ 出来上がりましたか。

最後を 今 書いてる。
京子さんのお名前が入りますか。

俳句の先生に。

じゃあ お願いいたします。

久本さんに
俳句のプレゼントです。

「紅葉や 焦がれる色も 重なりて」。

違う 違う 違う!

やはり 私は すごく…。

憧れてるっていう意味です。

ありがたい。

思いとかも重なって。

ステキな歌を詠んでいただいた!
しかも この季節に ちょうど。

本当だ ありがとうございます
うれしいです 大事にします。

じゃあ もう1人。

うれしいな。

自分に詠んでもらうって
なかなか 感動しますよね。

(笑い)

さぁ 伊野尾さんに
一句 お願いいたします。

あぁ いい!

(浜口)
「秋日和 ふんわり笑顔 輝いて」。

これ…。

言えてる!
ちゃんと言える?

『笑点』!
(村上) すごい軽くなっちゃった。

重さを持てよ 重さを。

<この後
日本で初めて作られたという

スーラータンメン
スタジオに登場します>

<そして
あさこが 超オシャレな…>


私の大好物があるんですよ。

うまい! うまい!
酸っぱいと 「ラー」とね。

そんな浜口さんのために…。

まずは
こちらのVTR ご覧ください。

<今回 京子さんに
お薦めするお店は…>

<中華料理店です>

<少し甘めのソースに

ぷりぷりの
海老を絡めた 海老チリや

石の鉄板で出て来る

あんが ぎゅっと詰まった餃子など
定番の中華も人気ですが

一番の人気メニューは こちら>

<ランチタイムには
お客さんの8割が頼むという…>

<創業当時の社長が 中国の…>

<これが…>

<スープの具材は
至ってシンプル>

<そこに お醤油
京都産のお酢をベースに

特殊配合したお酢を入れます>

<片栗粉で とろみをつけたら

コクがある…>

<ふわっと混ぜて

麺に よく絡ませたら…>

<本日は こちらの…>

(村上) 榮林のスーラータンメン
食べていただきましょう!

(村上) お願いしま~す!
よかったね。

来ましたよ!
京子ちゃん。

うわぁ 美しい!
(伊野尾) キレイな色。

みんなで いただきましょうか。
(一同) いただきま~す。

まずは 京子ちゃん
行っちゃってください。

本気食いですよ。

フ~ フ~!

あぁ! どう?

(浜口) ツルツルっとなって。

旺ちゃん どう? これ。

めっちゃ おいしい!

「スー」が よく効いてるよね。

「スー」がいい。
本当だ。

おいしい!

スープ うまい。

(村上) ここに…。

最高だよ。
最高!

(浜口) いいですね!
最高だね。

<今日は…>

えみり! えみり!

<現在…>

<そして…>

みんな 入れ! 廊下で騒ぐな!
入れ 早く!

ごめんなさい。

(辺見) 出た!

もう ここじゃないか?

だとしたら ここじゃない?
おかしいでしょ!

20代の時に買って…。
買って ずっと使ってる。

そうなのよ
こういうとこなのよ センス。

すいません 本当に。

あっ! え~!

ちょっと どうしよう。

<いっぱいです>

私 こういう 何でもさ…。

分かる?
分かるよ!

これ 買ったんじゃなくて
作ってもらったの。

私たちが…。

娘の ごはんより。
いやいや! ちょっと 見てよ。

6歳って このぐらいだっけ?
ここに座れるよ 全然。

ここで勉強したり。

ギリね。

じゃあ いいね。

後ろに座ってさ こうでしょ。

<あさこ…>

これ。

うちのものなのよ これ。
ごめん!

これ 何?

子供が生まれてから
すごい早起きになるじゃない。

全然… 180度 変わっちゃって。

寝るのが早いから…。

<こちら
えみりさんの 美の秘訣>

<早速 試してみると…>

何だろう? これ。

そういう感じなのかな。

頭 疲れて 帰って来て…。

でも 分かる。

<さらに えみりさんの…>

また 何か 袋に入って!

テレ~ン!

<えみりさんが
毎日 使うという…>

<優れものなんです>

合わせられるのよ 動かせるから。

私 これでいいかも。

世の中が…。

思ってるかもしれないけど!

うわぁ!

あぁ ヤバい。

何でだろう?

これ 最高でしょ。

そう。

えっ?

そう!

乗ってないけどね。

あっ! その赤ちゃん 見てたけど。

こういうの大好き。

この間も…。

ママが いつも
ピアスしてるの分かってるのよ。

細かい! ネックレスも…
オシャレだよ!って ママ。

どっちかっていうと 右が大きい。

どっちかっていうとね!
そうなんだ。

<続いて…>

うわぁ シック。

これを。

<ここの…>

色違いじゃん。

上品だよね。

総レースを 上品に着こなせる
女子は やっぱ 美しいんだよ。

う~わ! ゴム。

キレイ!

うちのテーマが
「大人の女子のカジュアル」。

そう! みたいな。

着て!

私 似合うと思います。

ちょっと じゃあ… 軽くね。

全然 ぴったりじゃないよ。

ハハハハ!

何か ありがとう。

布団の前で ごめん! 逆に。

布団の前で ありがとう。

<さぁ 続いては キッチン!
期待できますね>

広いがな~。

結構 キレイ好きです。

分かってたけど そもそも。

<そして…>

ほら ちゃんと…。

コップに入れて
どっか行かないようにしてさ。

そう!

お醤油も
いろんな種類 買っちゃったり。

ここは 冷凍。

今 私 飲んでるやつ。

<こちらは…>

すごい!

自分で作ったの?
そうそう。

売り物じゃないよ。

<料理好きの えみりさん>

おぉ そっち行く!? うれしい!

<それでは…>

<まずは…>

大人が聞けっていう空気 出すから
1回だけ聞くけどさ。

あの~…。

だって もう 手いっぱい。

でも まだ…。

したくないとか
したいじゃなくて…。

ちょっと分かる!
その返答 分かる。

この状況でさ 子供がいてさ。

<麺をゆでている間に…>

なめてみて。

中指でいいですか?
私 中指がいいと思う。

1本ぐらいだったら。
じゃあ 出しちゃおうかな。

<あさこのリクエストに
応えて…>

さっぱりとした…。
ちょっと 酸味あって おいしいね。

<ゆでた…>

<香りのいい…>

<オシャレで超簡単!>

<さらに にんじんジュースを使った
簡単スープも作ってくれました>

おいしい?

すごい おいしい!

飲もう。
これ 大好き。

本当 おいしゅうございます。
ワイン 一気飲み。

一気じゃないです。

あと ちょっと 塩コショウ。

おいしそう! いただきます。

ハハハハ!

おいしい!

だいぶ前から
「OKです」って出てるんだけど…。

無視してるなぁと思って。

<ごちそうさまでした!>

<浅草 雷門の斜め前に…>

<そのお店は…>

<さまざまな
和菓子がある中で…>

<そんな看板商品の
どら焼きの…>

<果たして その意味とは?>

<さらに 普段は…>

<そこで…>

(石塚) キレイ! キレイだ。

今回の「通りの達人」は

浅草で人気の老舗和菓子店…。

うわぁ! いらっしゃいますね
いらっしゃいますね。

こんにちは。
いらっしゃいませ。

ありがとうございます。

店内 お入りください。
失礼します。

どうも 失礼いたします。
(井上さん) いらっしゃいませ。

いつも ありがとうございます。
ありがとうございます。

すいません 生意気ですが…。

これは すごいよ。

(井上さん)
こちら ご予約いただいてた…。

ありがとうございます。

うわぁ!

これね 知る人ぞ知る。

ほら!

<こちら 一日に3000個も売れる
看板商品の…>

<ふわっふわの…>

<相性が抜群です>

<一度食べたら
リピーターになること間違いなしの

一品でございます>

ふわっふわですね!

(井上さん)
ふわふわが 一番特徴なので。

あんこが びっしり入ってますね。
そうですね はい。

本当に…。

もしかしたら…。

うめぇ!

独特な どら焼きなんですけど…。

ちょうど 今…。

申し訳ございません。

<この方が 90年続く…>

(島田さん) そうですね…。

軽く なりますね… その頃から。

はっきり言って。

<そこで 島田社長は お店の…>

<試行錯誤の末
生み出したのが…>

これは…。

やっぱりね 最初は…。

今 多分…。

とんでもございません!

今回…。

「ブツブツ」っていう言葉
頂いたんですけど。

「ブツブツ」のほうは…。

ご説明します。

<さぁ ということで…>

うわぁ!

こちらが
亀十が誇る職人の皆さんですね。

<亀十では…>

(井上さん) もし よろしかったら
せっかく 厨房 入られたので…。

<石ちゃん…>

すくい方を…。

(職人) こういう感じで
すくうようになるんで。

チャーハンを返す感じですね。

(職人) こんな感じで 一枚一枚

ここに向けて 流して行く形です。

必ず…。

<表面を見て
いいタイミングで…>

キレイ! キレイだ。

吉田君。

うわぁ! これ すごいわ!

<そう! どら焼きの…>

<独自の製法で…>

<ふわっふわで…>

<焼き上がるんですね>

<さぁ
続いては 石ちゃんの番です>

すいません。

ありがとうございます。

あぁ… 真ん中に これを。

(島田さん) 素晴らしいです。

あっ!
(職人) もうちょっと ゆっくり。

(職人) いい感じですね。

あぁ…。

全然…。

すいません。

(井上さん) え~…。

<さぁ 最後の難関>

あっ!

すいません!

(笑い)

<続いては…>

よろしくお願いいたします。
はい よろしくお願いします。

(井上さん) 長年の やっぱり…。
うわぁ!

ただ 下ろす時が

こうやって下ろすと
ちょうど丸くなるんです。

本当だ。

<他の どら焼きと比べて…>

<さぁ 石ちゃんも挑戦です>

ちょっと焦っちゃいました。

<この後…>

うちで 今度…。

さぁ まず…。

うちで 今度…。

<こうやって比べてみると
違いは歴然>

<明らかに
表面のブツブツが違うんですね>

<まずは 自分で作ったのを
食べてみると…>

あっ。

何か やっぱ…。

ぎゅっ!てしちゃってます。

(島田さん)
見ただけで そうですもんね。

作った どら焼きです。

食感が違うでしょ?

もう…。

あんこに到達する前に分かります。

あぁ うまい!

<断面を比較してみても

気泡の入り方 そして
生地の厚さが 全然 違いますね>

皆さん
お分かりだと思いますが…。

ちなみに…。

大変 珍しいんですけど
置いてありますので

もし よろしければ
そちらも ご覧いただいて。


<しかし 他にも…>

こちらに ずらっと並んでます。

見た目 独特なんですけど

薄~く のばした かりんとう。

<こちらが 知る人ぞ知る
亀十の隠れ名物商品>

<黒蜜の甘さと ごまの香ばしさが
たまらない 一品でございます>

ありがとうございます。

この薄さですから
香りも食感も 抜群ですよ。

<ぜひ お越しください!>


関連記事