がっちりマンデー!! 納豆不毛の地、大阪・24時間営業チェーン店不毛の地、佐渡ヶ島・プロスポーツ不毛の地、沖縄…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『がっちりマンデー!!★儲かる「不毛の地」ビジネス!』の番組情報(EPGから引用)


がっちりマンデー!!★儲かる「不毛の地」ビジネス![字]


★「不毛の地」で成功している会社を取材!★納豆不毛の地…大阪!★24時間営業チェーン店不毛の地…佐渡ヶ島!★プロスポーツ不毛の地…沖縄であのスポーツが大人気!?


詳細情報

番組内容

★特定の商売が根付かない「不毛の地」にあえて挑んで成功した会社を取材!★プロスポーツが根付かない沖縄で、いまプロバスケがアツイ!どのようにして県民に愛されるチームが誕生したのか?★24時間外食チェーン不毛の地・佐渡ヶ島に吉野家が出店して大成功!その秘策とは?★納豆嫌いの人が多い大阪で、なぜかバカ売れする納豆とは!?

出演者

加藤浩次(極楽とんぼ)

進藤晶子

【スタジオゲスト】

森永卓郎

小峠英二(バイきんぐ)


【VTR出演】

沖縄バスケットボール(株) 松原義治さん

(株)吉野家 長妻宏さん

小金屋食品(株) 吉田恵美子さん

制作スタッフ

構成 都築浩 本松エリ

リサーチ インスティテュート・ワープ

ディレクター 中山暢浩

AD 瀧本真史 

制作協力 ソリスプロデュース

プロデューサー 金原将公 石黒光典 杉村和彦

総合演出 大松雅和

裏がっちり!

番組Facebookでは、毎週、スタッフによる取材の裏話を「裏がっちりマンデー」としてお届けしてます!番組がより楽しめる情報が隠れてますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

番組情報はこちら

番組公式サイト

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

番組公式Facebook

https://www.facebook.com/gacchiri

twitter

@gacchiri_m

https://twitter.com/gacchiri_m



『がっちりマンデー!!★儲かる「不毛の地」ビジネス!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

がっちりマンデー!! 納豆不毛の地、大阪・24時間営業チェーン店
  1. 不毛
  2. 納豆
  3. 沖縄
  4. 地ビジネス
  5. 吉野家
  6. 佐渡島
  7. 店舗
  8. お願い
  9. ビジネス
  10. 会社
  11. 小峠
  12. 食材
  13. 大阪
  14. 離島
  15. ゴールデンキングス
  16. サッカー
  17. 恵比寿
  18. 結構
  19. 今日
  20. 試合


『がっちりマンデー!!★儲かる「不毛の地」ビジネス!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<同じように ビジネスでも>

<ある地域だけでは なぜか
特定の商売が全く根付かない>

<そんな不毛の地が存在する>

<しかし そんな不毛の地で
もしビジネスを成功させれば…>

<ということで
日本全国を調べてみると…>

<儲かる!不毛の地ビジネス>

おはようございます

今日は新企画ですね
不毛の地ビジネス

ちょっとね 不毛の地っていうと
切ない気持ちになりますけれどね

でも そこで成功すれば!
そうなんだよね

だから あるよね ここの場所の
店舗って ホントに根付かないで

お店がコロコロ コロコロ変わっちゃう
店舗っていうのも

ありますね
何やっても駄目なんだろうなって

そこで うまくいってる
ビジネスがある?

それは
見ないと駄目だな

見なきゃ駄目ですよ

おはようございます
お~ おはようございます

(小峠)おはようございます
お願いします

そうか そうか 小峠か
あ~ なるほど なるほど

それでは 本日のゲスト
ご紹介しましょう

お願いします
おはようございます

今日はね
不毛の地ビジネスということでね

それで
呼ばれたんですか?

頭が不毛だから

それで お仕事
いただけるんだったら

はげてみるもんですね

不毛の地ビジネスっていって
何か浮かぶのある?

恵比寿なんですけど
恵比寿って おしゃれなカフェとか

お店 多いじゃないですか
そんな中でも

純喫茶が何個かあるんですよ
ある!

そこは 結構
毎回 お客さん入ってるんですよ

やっぱ 若い人たち
ばかりじゃないから

恵比寿で働いてる
サラリーマンの方とか

別におしゃれとか
興味ない人たちが

そこでランチを食べたりとか
不毛に見えるんだけど

チャンスはある
ということなんだね

森永さん そこ大事なとこですか?
(森永)そうなんです

不毛っていわれてる地域で
なぜ売れないかというのは

実は それぞれに
理由があるんですよ

だから その理由に気づいて
そこを改善できれば

あとはもう独占企業になれる
そういうことなんだよ

そのやり方 勉強しましょう
見てまいりましょう

儲かる!不毛の地ビジネス

逆境で こんなビジネスが
儲かっています

<最初にやってきたのは
沖縄県沖縄市>

おはようございます
おはようございます

よろしく
お願いします

<お出迎えいただいたのは
とある会社の広報担当 松原さん>

<あの…
早速ですが>

<そう 沖縄は
プロスポーツチームにとっては>

<なかなか大変な不毛の地>

<プロ野球のセ・リーグと
パ・リーグに>

<所属する球団は
一つもないし>

<サッカーは Jリーグ2部の
FC琉球があるけど>

<1部の
チームはゼロ>

<実は沖縄で>

<そう 沖縄が本拠地だと>

<アウェーの試合に行くための
移動は当然 飛行機>

<結果 なかなか>

<一体 どんなスポーツなのか?>

<やってきたのは
沖縄市体育館>

<中に入ってみると…>

<平日の夜にもかかわらず
およそ3200人が収容できる会場は>

<お客さんで満席>

<しかも>

<そう 皆さんのお目当てが>

<今>

<売り上げは
年々 右肩上がり>

<って かなり儲かっている!>

<でも プロスポーツチーム
不毛の地といわれる沖縄で>

<ゴールデンキングスは
どうして儲かっているのか?>

<確かに 野球やサッカーに比べて>

<選手の人数が半分近くになる>

<バスケットボールなら>

<さらに ゴールデンキングスは
ある意味>

<その一つが>

<例えば サッカーや野球などは
選手の紹介をするとき>

<大きなモニターに
写真を表示して>

<アナウンスで名前を読み上げる
ってのが一般的ですが…>

<真っ暗な体育館に
まるでライブ会場のような>

<レーザービームと
大きな音楽が鳴り響く>

<ド派手演出!>

<そして>

<これには>

<さらに
試合中も…>

<キングスがボールを奪って
攻撃に移り変わると…>

<沖縄風にアレンジした
ノリノリな音楽を流し>

<お客さんを盛り上げる!>

<ちなみに普段は1階にある
体育館の入り口は…>

<キングスの試合では
わざわざ遠回りな裏口の>

<しかも 2階に移動>

<実は これ>

<1階からだと
こんな感じに見えますが>

<2階から入ると
会場を上から見渡せるので…>

<すると>

<緻密な戦略が
大当たりして>

<2016年に地元の千葉から
ゴールデンキングスに加入した>

<キャプテンの田代選手は…>

<さらに>

<その仕掛け人とも
いえるのが>

<こちらの真栄城さんが
やっているのは>

<でも 松原さん>

<しかも テレビに比べて
コストも抑えられるとあって>

<テレビ中継の倍近い
およそ20試合を>

<地元のラジオ局で
ガンガン オンエア>

<これまた>

<来年には
1万人以上が収容できる>

<新アリーナが
オープン予定っていうから>

<こりゃ>

かっこいいね!
かっこよかったです

待ち望んでたんでしょうね
沖縄の人たちも

元々ね 沖縄の人って

スポーツに
熱いんですよ 実は

だから 高校野球で
沖縄のチーム出てくると

もう甲子園
すっごいじゃないですか 応援

だから その基盤があったところに
バスケットっていうところに

ポンっと目を付けたっていうのが

やっぱ もう
頭よかったですよね

行ったときに ああやって
ショーアップされてたら 楽しいよね

地元が守っていったら
ちゃんとブームというか

ブームじゃなくて 根強い人気
っていうことになるんだよね

スポーツ本来のね
いいですよね

いや~ いい

<続いて やってきたのは
新潟県の>

<日本海に浮かぶ
離島 佐渡島>

「がっちりマンデー!!」さん
お待ちしてました

(スタッフ)おはようございます
おはようございます

<いきなり ハイテンションで
お出迎えいただいたのは>

<とある会社の
エリアマネージャー 長妻さん>

<あの…
早速ですが>

<そう>

<中でも 24時間営業の
飲食店をやっていくのには>

<かなり厳しい立地>

<しかし>

<それが…>

<不毛の地 佐渡島に
オープンしたのが>

<昼時の店内は…>

<でも
長妻さん>

<実は大手牛丼チェーン3社だけでも>

<まさに牛丼店の
飽和状態なのです>

<そこで 吉野家さんが
どこか>

<そう 佐渡島は
離島であることを除けば>

<人口5万人以上という
なかなかの町>

<そこで
吉野家さん>

<1つ目が>

<そこで 車に乗ったまま
手軽に牛丼が購入できる>

<ドライブスルーを佐渡島の
飲食チェーンで初めて導入>

<そして
2つ目の戦略が>

<小さなお子さんを連れた
ファミリー客が>

<椅子が倒れる心配のない
お座敷席を目当てに>

<結構やってくる>

<しかし>

<実は>

<深夜の営業を見てみると…>

<そう 実は>

<漁師さんや市場に勤める
漁業関係のお客さんは>

<夜中や明け方に結構 動いている>

<そんな彼らにとって
24時間営業の吉野家は>

<待ちに待った
お店だったんです>

<しかし 離島で
外食チェーンとなると>

<大変なのは
食材などを運び込む手段>

<このコストが
島に外食チェーンが進出する際の>

<ネックになってきたんです>

<しかし>

<午前10時 運送業者さんが>

<フェリーで本州から
届いた食材を>

<吉野家に運び込む>

<すると その足で向かったのは…>

<500mほど離れた
場所にある>

<一体なぜ 吉野家と
はなまるうどんの食材を>

<一緒に運んでいるのか?>

<グループ会社の2店舗の食材を
いっぺんに運ぶことで>

<輸送コストをぐっと削減>

<長妻さん
この店舗の売り上げって>

<いかほどなんですか?>

<年間売り上げは
およそ9000万円>

<しかも 新潟県の14店舗中
3番目の売り上げっていうから>

<すごい!>

<こりゃ まだまだ…>

<いきそうですね!>

なるほどね!
ここはうまいこと考えましたね

ほかの牛丼屋さんなんか

うわー ちょっとやられた
っていう感じでしょうね

あとから参入も
しづらいじゃない

最初に行った者勝ち
ってことですね

離島で一番難しいのは

人を集めることなんですよ

佐渡島って大学がないので

学生バイトって雇えないんですね

あと フリーターも
少ないので

どうしても 人材を確保する
っていうのが難しいんです

でも 今後 吉野家の本社から

社員の方が もう常駐で
移住されるそうです 今年度中に

もう それ決まってるわけですね
決まっているそうです

そのぐらい大事な店舗に
今なってるってことだね

さて
儲かる!不毛の地ビジネス!

続いては ある食べ物が
極端に売れない不毛の地です

<続いて やってきたのは
大阪府は大東市にある>

<小金屋食品って会社>

(スタッフ)失礼します
「がっちりマンデー!!」です

こんにちは
よろしくお願いします

<お出迎えいただいたのは>

<大阪生まれ大阪育ちの
女性社長 吉田さん>

<社長によると>

<それが…>

<そう 納豆!>

<実際に>

<確かに>

<ちなみに>

<納豆の消費額のデータを見てみても>

<大阪市は47都市中42位>

<神戸市は41位>

<和歌山市は47位と>

<まさに大阪を中心とする>

<しかし こちらの小金屋食品>

<従業員わずか9名
大阪の小さな納豆メーカーながら…>

<なぜ大阪で
そんなに納豆が売れるのか?>

<そのヒミツは 5年前に発売した
とある新商品にありました>

<それが 新型納豆 糸物語>

<大阪府内のスーパーや
高島屋大阪店などで販売され>

<売り上げは
ここ10年で 3倍!>

<こちらの納豆
普通の納豆との違いは>

<その作り方にある
ということで…>

<直径1mほどの大きな釜で>

<大豆の芯がなくなるまで
じっくりと煮込んだら…>

<容器に入れたら>

<と ここまでは 普通の納豆作りと
特に変わりませんが>

<先ほどの納豆嫌いの
カメラマンに頼み込み>

<なんと>

<しかし>

<元々は この会社
今から57年前に>

<吉田社長の
お父様が創業>

<しかし 20年ほど前から
大手メーカーが参入し>

<ただでさえ厳しい
大阪での売り上げが>

<ガクッと落ち込んでしまった>

<従業員の声を参考に>

<一般的な納豆のタレは>

<醤油をベースに
作っていることが多いのですが>

<関東でポピュラーな
濃口醤油に対し>

<関西で人気なのは
薄口醤油>

<そこで 吉田さん>

<そして 関西人には
せっかちな方が多いので>

<卵やキムチなどのトッピングを>

<あらかじめ小分けにして
同封した商品も販売>

<極め付きは 3年前…>

<こちらのお店だけでも>

<年間売り上げは
およそ1200万円っていうから>

<すごい!>

小峠は納豆 食べれるの?
納豆 好きですね

俺 苦手なのよ 納豆

俺 食べれないのよ
そうなんですね

社長
来てるんですね

すみません 社長
苦手で 僕

関西の方って 昔から
食べてなかったってことですよね

昔は 漬物屋さんの横にちょこって
置いてるだけだったんで

スーパーに
並んでなかったんですね

それが 今は並んでくれて
うれしく思ってます

加藤さんも 弊社のは絶対
食べれると思いますので

ぜひ食べてみてください

そうですね
自宅でやってみます

やんないでしょ
食べます 自宅で

いろいろ見てまいりましたが
最後に森永さんに伺います

教えてください

やれよ 小峠
僕もやるんですか?

では 次に儲かりそうな
不毛の地ビジネス 教えてください

はい それは

アイドル不毛の地

日本に残された アイドルがいない
唯一に近い県なんです

島根はいない
ご当地アイドルが

ただね 私は これから
出てくるんじゃないかなと

思っているんです

今 私が一番注目してるのは

巫女系アイドルなんです

ほんそのたまごっていう
ユニット名なんですけど

ほんそのたまご
という巫女アイドル

「ほんその」っていうのが
めちゃくちゃ

「たまご」っていうのが
かわいい子っていう

特に今日 ネタなかった?

いやいや…
応援してるってことで

<5年で100店以上
増えている大急増店>

<チーズタルト屋さんが
1種類だけにしたら>

<急増!>

<回転寿司チェーンが
回転をまっすぐにしたら…>


関連記事