所さんお届けモノです! 吉祥寺の商店街 カミナリが意外な専門店探し! 老舗銭湯の超レトログッズ・幻のお米…


出典:『所さんお届けモノです!【吉祥寺の商店街★カミナリが意外な専門店探し!】』の番組情報(EPGから引用)


所さんお届けモノです!【吉祥寺の商店街★カミナリが意外な専門店探し!】[解][字]


今回は人気の吉祥寺から~商店街も個性的な専門店の宝庫です▼老舗銭湯の超レトログッズ▼おかずいらずの幻のお米▼所さんもコーフン!驚きのてぬぐい店など紹介。


詳細情報

出演者

【MC】 所ジョージ 【アシスタント】 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志 【ゲスト】 川島明(麒麟) 【リポーター】 カミナリまなぶ・たくみ

番組内容

【人気★吉祥寺の商店街】 住みたい街ランキングの上位常連・吉祥寺の商店街は老若男女が楽しめる個性派ぞろい ▼昭和の香り漂う72年続く銭湯~93歳の名物女将 ▼老舗銭湯の超レトロ昭和グッズ ▼お米大好き店主がこだわりぬいたお米で作る大人気の絶品おにぎり ▼麒麟川島がおいしさのあまり絶叫そして完食した、おかずいらずの「幻のごはん」 ▼吉祥寺で話題沸騰!?謎の「なんちゃっておばさん」

番組内容2

▼多分世界一狭い「てぬぐい店」 ▼ユニークな店主がひとり手作りするユニークすぎる手ぬぐいに、所さんも大コーフン!

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/otodokemono/


『所さんお届けモノです!【吉祥寺の商店街★カミナリが意外な専門店探し!】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さんお届けモノです! 吉祥寺の商店街 カミナリが意外な専門店探し
  1. 川島
  2. お米
  3. 吉祥寺
  4. 商店街
  5. 専門店
  6. ホント
  7. 久弥
  8. 金井
  9. お店
  10. ドライヤー
  11. メッセージカード
  12. 主人
  13. 種類
  14. 小松
  15. 場所
  16. 銭湯
  17. 全然
  18. 代目
  19. オススメ
  20. お届け


『所さんお届けモノです!【吉祥寺の商店街★カミナリが意外な専門店探し!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<1つの食材や商品に特化した

いわば 専門店の集まり>

<番組では これまで

さまざまな商店街を巡り
専門店だからこその

珍しい逸品の数々を
発見してきました>

<深川の商店街にある
ガラス加工専門工房では…>

<谷中銀座商店街の
国産バナナ専門店では

市場には ほとんど出回らない

皮ごと食べられるバナナを
見つけました>

(所)いける。

<そして 今回は>

(たくみ)お前 何で
オープニングで食ってんだよ。

(たくみ)ダメだよ。

(まなぶ)うん
ずっと 文句 言ってるけど。

自分も食べてんじゃん。

こらこら こらこら。

(まなぶ)うまいでしょ。
(たくみ)めちゃめちゃ うまいわ。

(まなぶ)早いから。
(たくみ)あっ そうなんだ。

(まなぶ)あとさ…。

(川島)「手なずけた」って言い方が。

<今回 2人が向かったのは
東京都 武蔵野市 吉祥寺>

<駅の北側に

6つの商店街が密集しています>

<その中で 調査するのは

駅前のアーケードを抜けた
先にある…>

テレビが行ってないとこ
行くんだ。

<まずは
おしゃれな洋服店が並ぶ

昭和通りから>

(まなぶ)やっぱり こう…。

(まなぶ)吉祥寺っていったら
こういうね…。

(たくみ)俺 あの…。

(たくみ)…ってイメージある。
(まなぶ)確かに 分かる。

(たくみ)分かるでしょ。

<一体
どんな専門店があるのか>

<すると>

(まなぶ)銭湯か。
(たくみ)吉祥寺 銭湯 あんだ。

(まなぶ)
ねっ 結構 古い建物というか。

(たくみ)ねっ。

あっ どうも こんにちは
すいません カミナリと申します。

よかったら カメラ入れて
お話 伺えたらなと思ってまして。

(久弥さん)あっ 今 ちょうど…。

(まなぶ)先代もいる?

(たくみ)入って大丈夫ですか?
(久弥さん)どうぞ どうぞ。

<ここなら
何か教えてもらえるかも>

<お邪魔します>

(まなぶ:たくみ)昭和22年。

だから あれですよね あの…。

ちなみに 今…。

(たくみ)93歳 お元気ですね。
(菊枝さん)えっ?

(たくみ)元気ですよ。
いえいえ。

<吉祥寺で 72年 続く
こちらの弁天湯は…>

あぁ 娘さん。

<特別に…>

(たくみ)高ぇな。
(まなぶ)うん。

<60年間 修復を重ね守ってきた
自慢の富士山>

<他にも こんな懐かしいものが>

(まなぶ)うわ すげぇ。
(たくみ)えっ これ ドライヤー?

昔のドライヤー こうだったんですか。
(久弥さん)そうですね。

(たくみ)うわ すげぇ。

(久弥さん)必要そうじゃん。

<ということで まなぶ君が

実際に
ドライヤーを試してみることに>

(たくみ)いきます。

(新井)えっ どうなるんですか?

(久弥さん)ねっ。

(たくみ)髪の毛 長かったら
ぼわ~んってなってるんだ。

へぇ~。

あの… アハハ。

髪が。
長い人だと うん。

いや そうだよ 分かってるだろ。

(たくみ)どう? 乾いた? まなぶ。

やっぱ 長い人やから。
笑っちゃってるし。

<昔ながらの銭湯の魅力を
たっぷり堪能したところで

オススメの専門店を伺います>

オススメの場所とかって
あったりします?

今の…。

ホントに…。

(まなぶ)なるほど。
(たくみ)お米の専門店。

今 やってるご主人が もう…。

えっ それ どこにあるんですか?
あっ もう すぐ。

はす向かいに。
はい あるので もう すぐ。

目の前にあるんですか
あっ 行くべ 行くべ。

<早速 お米が大好きなご主人が
いるという

はす向かいのお米屋さんへ>

(たくみ)うわ~。
(まなぶ)ホントだ。

(たくみ)長~く やってる
お米屋さんなのかな?

まぁ 3代目とか言ってたしね。

(まなぶ)こんにちは。
(たくみ)こんにちは すいません。

『所さんお届けモノです!』って
番組なんですけど

今 その…。

…って伺ったんですけど。

<60年 続く このお店を
切り盛りする3代目は

精米方法から炊き方 栄養素など

幅広いお米の知識を持ち…>

そういう資格があるんですか。

<お米が好き過ぎるあまり
自ら…>

<全国から仕入れた
質の高いお米

30種類を販売しています>

(田中)信頼できるね。

<例えば…>

<粘りが強いのは新潟産

硬めは佐賀産など

7種類も仕入れているんです>

<豊富なお米の知識を生かし…>

(金井さん)
どんな炊き方してますかとか。

なるほど。

うちも そうだわ。
まなぶん家も そうか。

(まなぶ)はいはいはい。
そうするとね

ミルキークイーンっていう ちょっと
粘りの強いお米があるんで…。

(たくみ)はぁ~ なるほど。

ちなみに 僕 あの…。

たまごかけごはんに…。

(金井さん)あぁ ありますよ。

もうね 来てるんですけど。

(たくみ)どれですか?

(たくみ)あっ どまんなかって
名前のお米あるんですね。

(金井さん)あるんですよ。
しかもね 俺ね…。

今…。

アハハハ!

(たくみ)卵があった。
(まなぶ)あったでしょ。

(たくみ)おめぇ あの…。

シマウマの視角なんだよ。

(川島)野生感。
野生感を出す。

<たまごかけごはんに
ぴったりのお米は

硬めで さっぱりした味が
特徴の

山形の品種 どまんなか>

じゃあ いただきます。

(まなぶ)
いや すごいな だって その…。

(たくみ)はぁ はぁ はぁ
ビチャビチャしないんだ。

(金井さん)そうですね。

(まなぶ)すごい。

<他にも 料理ごとに選べば

もっと おいしくなるお米を
教えてくれました>

<例えば リゾットや
チャーハンなど

煮たり炒めたりする料理に
合うのは

粒が しっかりして
崩れにくいお米>

<お寿司などの酢飯には

さっぱりした 口どけのよい
お米が ぴったり>

<さらに 焼き魚など
和食に合うのは

硬めで うま味の強い
お米なんだそうです>

あぁ そうなの。

<そして このお店では

ご主人が こだわり抜いた
お米で作る あるものが

飛ぶように売れているんです>

<これを吉祥寺の商店街から>

吉祥寺…。

…した町の感じだね 今の。

でも 何か 好きな場所ばっかり
行ってくれてました ホントに。

お米 何か
相当 興味あるみたいね。

今…。

ずっと その 娘が食べれる…。

最近 あんま こう ガッツリ…。

(一同)あぁ~。
別個に炊けば?

別個に
作ってもらえばいいじゃん。

さぁ 吉祥寺の商店街から…。

早速 じゃあ 所さん。

えっ あっ えっ?
シンプルに。

地味に1個 入ってるよ
何だよ これ。

1個ってさ 何か 何これ。

(笑い)

こちらが…。

新米の小国コシヒカリは

粘りと甘みが強いのが
特徴なんですが…。

水分が減り…。

…が出てくるという。
(川島)あら。

…になるそうです。

わざと 1年 置いとくんだ。
そうなんです。

…っていうことを
言いたいんでしょうね。

それでは…。

食べてみてください。
はい。

ガブっと いきましょう。
(川島)いただきます。

うん。

う~ん。
確かに。

ひとのやけど
思いっ切り言わしてください。

いい声で 「まいうー」。
これは…。

いや そうなんですよ。

おいしい 鮭。
意外ですよね。

さらに お米 大好きな3代目が…。

何? それ。
それは…。

(笑い)

はい。

<そのお米が こちら>

<全国でも…>

<おかずなしで
食べてほしいんだそうです>

あっ もうね。
硬いご飯が食べられるだけで

うれしそうじゃん。

(所:川島)いただきましょう。
いただきます。

どうなんでしょうか。
ツヤツヤ。

あっ。
(川島)んっ。

これは…。

おぉ~。

これは 好きなお米。
うん おいしい。

どう?
これは もう…。

(笑い)
いらない。

これ はっきり。
NO MORE おかず これは。

(川島)これ…。

うん あとね
はっきりしてる ご飯が。

(川島)何か ホント…。

これ…。

(川島)でも それぐらい
味 深いですね。

豆。
サイズも大きいですからね。

こう食べちゃうのは…。

あっ でも 俺…。

おかずと一緒に。
(笑い)

僕…。

おぉ~ 完食?
マジで。

(川島)全く無理してない。

硬いの炊いてくれって。
俺用に硬いのだけ炊いてよ~って。

…だけの話じゃん 1人用の。

(笑い)

<調査する カミナリの2人は

1本 南側の商店街 中道通りへ>

<ここで見つけたのが>

(たくみ)ペーパーメッセージ?
(まなぶ)紙じゃない? 紙。

(たくみ:まなぶ)こんにちは。
≪こんにちは≫

すいません カメラ入れて
お話とか伺っても大丈夫ですか?

(たくみ)あら~ こんにちは。

どっちも ショートカットで。
(まなぶ)すっごい笑ってる。

(たくみ)
あらまぁ ねぇ こんにちは。

ちなみに…。

(大西さん)知ってます はい。

(まなぶ:たくみ)
なんちゃっておばさん!

うちの母が…。

っていう っていうのを
1回だけね テレビでね。

(たくみ)マジっすか! えっ!

かおる!

<7年前に オープンした
こちらの…>

<メッセージカードや
お祝い袋など…>

かぶらない。

(大西さん)こっちの…。

これ どうやってやるんですか?

(たくみ)あぁ なるほど。

<好きなお花のカードを
組み合わせたり

小鳥のシールを選べたりと
自由な組み合わせで

メッセージカードを
作ることができます>

<他にも 組み合わせで楽しめる
メッセージカードが

このお店の人気商品>

<例えば 丼のご飯の部分に
メッセージを書いて送ると

こんなに楽しい手紙に
なるんです>

やかましいわ。

<おかずは お好みで4種類>

あ~ なるほど。

<ということで 2人も>

涙するんじゃない? これ。

結構 書いてる。

書き込んでるね おい。

長文。

<まずは
たくみ君から まなぶ君へ>

ええこと言う。

まなぶも読んでよ。
はい ちょっと 僕も やっぱり

「THANK YOU」っていう…。

何だよ お前…。

いや 普段 言えないからって 何を
照れちゃってとか言ってんの?

バチン!

<引き続き
吉祥寺の商店街で専門店探し>

<すると 気になるものを発見!>

(まなぶ)おっ さら地の隣に
「手ぬぐいは いかがですか」。

(たくみ)
手ぬぐい いかがですか?

(たくみ)…って書いてある。

(まなぶ)こんにちは。
(小松さん)こんにちは。

(たくみ)これ? これ? これ?


(たくみ)えっ 女性の方ですよね?
(小松さん)はい。

<借りているアパートの
一角に構える…>

<なんと この場所で…>

<が 並んでおり…>

1人で やってんだ
すごいじゃん!

あっ かわいい。

実は こんなスタイルで…。

(まなぶ)えっ すごい!

<実は この手ぬぐいの中には

吉祥寺にある 井の頭公園の
スワンボートを

絵柄にしたものや

井の頭自然文化園の
ゾウの はな子を

モチーフに
したものなどがあり…>

<選ばれているんです>

(小松さん)
まず これ 見てもらえますか。

どうした? まなぶ。

何 何? からくり あった?
あった すごい。

あっ!

<ということで 見つければ
思わず大興奮!?>

<珍しい絵柄の手ぬぐいを>

<所さんお届けモノです!>

吉祥寺の手ぬぐい専門店
ともぞう本舗さんから…。

…が届いております。

(川島)何か言ってたよね。
隠れてる手ぬぐいだよ。

はい そうなんです。
験のいいものだろうね きっとね。

はい おっ まだ分かんないよ これ
まだ分かんないよ。

(川島)何もない。
ここには。

開けるまでに当てたいよ 何か。

全部 開けたら負けやで
こっちのね。

三だろ?

えっ?
(笑い)

次 開けちゃうよ。
(川島)いくよ。

ここにあるかな?
あぁ~!

あった。

あぁ~! 早っ!

かわいい~。
(川島)あっ! これ キュウリ。

点々がある。
(川島)こういうことか。

こちらは ともぞう本舗さんの
手ぬぐい…。

ですが
ともぞうさんが この中に…。

…で デザインしたそうです。

このシリーズ
まだまだ あるんで じゃあ…。

おぉ~ 面白いね。
誰が最初に見つけれるか。

じゃあ まずは せ~の ドン!

1匹。
はい。

えぇ~!
違う鯛探し。

難しい。
違う鯛探し。

(川島)
ちゃんと 法則的に並んでますね。

ホントに います?

「祝」。
素晴らしい!

(川島)まだ ここしか
見てなかったもん 僕。

「祝いたい」なんです
そうなんですよ。

「祝いたい」。
「祝いたい」。

でも…。

だったら…。

「祝います」?

(笑い)
えっ?

柄が違っちゃうじゃないですか。

これは 何となく。
祝えよって思う 祝えよ。

「祝います」のほうがいいよね。

じゃあ…。

見てないですよ。

(笑い)

はい じゃあ 見てください。

どこが犬なの?

どこが犬… あぁ~ そうか。
(川島)こう 座ってるんだ。

全然 今 犬に見えなかった これ。
そうですね 一瞬 何の柄だろう…。

違う犬がいるんだよ きっと
尻尾が丸い 丸くない。

(一同)あぁ~。
立ってるかどうか。

耳が寝てる 寝てない。

伏せをしているとか。
う~ん。

全部が違うように見えるもんね
だんだん。

これ…。

もう 目が。
反転だから また。

えっ? こんなに時間。

すごい!

(川島)全然 違いますよ。
どこが?

(川島)いや もう
全然 おかしい おかしい。

もう 2分の1にします。

もう おかしい おかしい ほら。

どこが おかしいの?

何を?
やっている?

(川島)1匹だけ やってますやん!

あっ! 分かった!

何もやってないように見える。
(川島)所さん…。

(川島)やってくれてる。
お手をしてる…?

(川島)はい はい!
もう そこまで いけば。

いや けど 分かんない 俺。
います います います。

どれが お手してんだよ?
もう 右半分ですよ 今の。

もう 見てる! 所さん 見てる!

かぁ~。
(笑い)

(川島)分からんもんやな これ。
いた。

さっきから 散々 見てんのに

これ 分かんないんだよ
お手してんの。

してましたね お手。

もう ともぞうの思うつぼだね。
(笑い)


関連記事