林先生の初耳学 教え子ミス東大…・芸能人餃子部・デヴィ夫人の自前宝石披露!118カラット規格外エメラルド…



出典:『林先生の初耳学【林先生vs東大生直接対決★デヴィ夫人が○億円の自前宝石披露!】』の番組情報(EPGから引用)


林先生の初耳学【林先生vs東大生直接対決★デヴィ夫人が○億円の自前宝石披露!】[字]


東大生正解率1%の超難問を林先生に出題!教え子・ミス東大…東大生最強軍団がスタジオに登場▼デヴィ夫人所蔵118カラット規格外エメラルドに朝ドラ女優福地桃子絶句…


詳細情報

出演者

【賢人】 林修(予備校講師) 【初耳コンシェルジュ】 大政絢 【ゲスト(50音順)】 川上拓朗 澤部佑(ハライチ) 鈴木砂羽 田村淳 中島健人(Sexy Zone) 福地桃子 【出題ゲスト】 デヴィ夫人

番組内容

【林先生vs東大生】 ★現役東大生でも『正解率が1%だった難問』を林先生に出題!さらにその『正解率が1%だった難問』に正解した東大生たちがスタジオに登場。“超歌うま東大生”からミス東大グランプリの才色兼備な東大生をはじめ、個性溢れる9人が勢ぞろいする!!

番組内容2

【初耳フリーク】 ★餃子好きな芸能人ら50人が所属する“芸能人餃子部”部長・鈴木砂羽が登場!真面目で浮かれていないベーシックな餃子…“THE無骨餃子”ベスト3を紹介!今人気の“あの餃子”にまつわる難問を出題 ★「宝石のことは日本では私が第一人者」“宝石フリーク”デヴィ夫人が登場…華やかさの裏側に潜む“本当は怖い宝石の話”を披露!!持ち主を次々と破滅に追い込む“世界一怖い宝石”とはいったい!?

公式SNS

◇番組HP

http://www.mbs.jp/mimi/

◇ツイッター

@hatsumimigaku

https://twitter.com/hatsumimigaku

ハッシュタグ「#初耳学」

公式SNS2

◇フェイスブック https://www.facebook.com/hatsumimigaku

インスタLINE

初耳学のインスタ&LINEスタンプが登場!! 【公式Instagram】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/ 【公式LINEスタンプはこちら!】 ★スタンプ→初耳学で検索 https://store.line.me/stickershop/product/1284267/ja

★☆募集中☆★

■□■初耳ネタ受付中!!■□■ 番組では世の中でまだあまり知られていない情報やとっておきの知恵などを募集中!!あなたの知識を「初耳学」に認定されてみませんか?   ↓↓ 応募はこちら(・ω☆)キラリ http://www.mbs.jp/mimi/

◎この番組は…

物知りな人が「知らなかった!」と思わず唸る雑学…それが「初耳学」。番組では日本全国1億3000万人から、これぞという初耳学候補の情報を大募集。そのなかから厳選したネタを、賢人代表・林先生に出題する。林先生が「知らなかった!」と申告したら出題者の勝利。物知りの林先生も知らなかった珠玉の情報はVTRで解説、知っていた場合VTRはお蔵入りとなり、出題されたネタは林先生が自ら“生授業”で解説する。



『林先生の初耳学【林先生vs東大生直接対決★デヴィ夫人が○億円の自前宝石披露!】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

林先生の初耳学 教え子ミス東大…・芸能人餃子部・デヴィ夫人の自前
  1. 澤部
  2. 田村
  3. 鈴木
  4. 林先生
  5. 中島
  6. 問題
  7. 一同
  8. 拍手
  9. デヴィ
  10. 正解
  11. 福地
  12. 宝石
  13. 大野君
  14. 餃子
  15. 山君
  16. 東大生
  17. お答えください
  18. ペン
  19. ホント
  20. 今回


『林先生の初耳学【林先生vs東大生直接対決★デヴィ夫人が○億円の自前宝石披露!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

『林先生の初耳学』 皆さん
今日も よろしくお願いします。

(一同)お願いします。
(拍手)

(田村)初登場 福地桃子さん。

(福地)よろしくお願いします。
(拍手)

何か
愛読書があるらしい。

この…。

(福地)…という本で。
(中島)こんな本あるんだ。

(福地)これは お誕生日の
特性が載っていて。

じゃあ 先生の。
(福地)林先生のも ちょっと。

情報通?
(一同)おぉ~!

(澤部)えぇ~!
(中島)すごい!

もちろん。
(田村)短所が聞きたいよ。

どちらかといえば…。

(笑い)

短所をまとめると…。

(田村)気になさらず。
(林)いえ ありがとうございます。

(ナレーション)賢人…。

1人目は。

土屋太鳳さんの胸元に光る

大きなエメラルドは…。

新川優愛さんの頭上に輝く
ティアラは…。

女性たちの…。

われわれ庶民には
手が届かない…。

でも ちょっと
のぞいてみたいですよね?

今回の初耳フリークは

目もくらむような宝石を
いくつもコレクションする

あの人。

そう語る女性の胸元に光る
大粒の…。

お値段は…。

日本だったら…。

自負しております。

(デヴィ)…かなと
思います。

今回 初耳フリークが語るのは

きらびやかな世界の裏に潜む

本当は怖い宝石の逸話。

宝石の光と闇を知り尽くした
宝石フリークがスタジオに登場。

(拍手)

(拍手)

その前に…。

(澤部)あっ! あっ… ぐえっ!

(澤部)肩にサソリが!

(デヴィ)これは…。

(田村)ダイヤモンドのサソリ?

(一同)えぇ~!
(中島)すごい。

(澤部)大体…。

(田村)知りたい。

(澤部)数台。

福地さんは持ってます? 宝石。

(福地)もし 自分で買うっていう
タイミングが来たとき…。

(田村)どれを選んでいいか
分かんないもんね 宝石。

ちょっと
聞いてもよいでしょうか?

初めてでしたら やっぱり…。

ホントですか。
(デヴィ)まず 真珠から入って。

(澤部)
真珠から入って ゆくゆくは…。

…ですよね やっぱり。
(笑い)

(澤部)最後は。
(田村)乗せたいもんね。

まずは デヴィ夫人が集めた
きらびやかな宝石の数々を拝見。

これが…。

…だと思っています。

非常に優れたトンボですね。

この身の所も

ブルーサファイアが
ダ~っと入っているんですね。

羽の細やかな模様は
全てダイヤモンドで できていて

目には 真っ赤なルビーが。

(デヴィ)動きますね
羽も身ごろも動きます。

なんですけれども…。

(中島)すごい。

こちらですかね。

(デヴィ)コロンビア産で。

この 118カラットの
エメラルドを上回る

デヴィ夫人が持っている中で…。

お持ちいただきました。

(一同)うわっ!
えぇ~!

(中島)ちょっと もう
こっからでも まぶしい。

(デヴィ)周りに
1カラット以上のダイヤが

たくさん付いてるんですね。

(田村)一番 高いっていうのは
夫人…。

(澤部)マンションが 2軒か3軒!
普通のマンションじゃないから!

夫人が言ってるマンションだから。
(澤部)そうですね。

(笑い)
(澤部)やめなさい。

それでは ここで宝石に関する…。

(デヴィ)それでは…。

ご存じですか?

1円玉は 何カラットでしょう?

えっと…。

答えは…。

夫人 お願いします。

(一同)うわぁ~!

(中島)いや~ 今のは きつい。

林先生の言うとおり…。

(一同)へぇ~。
(澤部)1円玉 1g。

ダイヤモンドは その…。

…で その品質が決まるんですね。

(鈴木)なるほど。

(デヴィ)大きいからって
必ず いいとは限らない。

(澤部)一方で…。

そうですね。
(澤部)あるんですよね。

たくさん ございますよね。

いや 決め付けられると
あれですけど…。

(笑い)

(デヴィ)
生まれましてね それが また…。

今日は それを
知っていただきたいと思います。

デヴィ夫人が語る

世界で一番恐ろしいといわれる
宝石とは。

次から次に すごい…。

…っていうのがあります。

その
ホープ・ダイヤモンドが こちら。

…の
ブルーダイヤモンドなのですが

手にする人が次々と…。

それが…。

(デヴィ)…の手に渡るんですけど

ルイ15世は…。

(デヴィ)そして…。

その後…。

実に 10人以上の所有者が
無残な最期を遂げてしまう。

まさに…。

…かなと思います。

…で いいと思います。

(拍手)

(デヴィ)この ホープ・ダイヤモンド
っていうのは

ハリー・ウィンストンが
最終的に所持者になって

ハリー・ウィンストンから
国立博物館に寄贈されて 今。

(一同)へぇ~。

(笑い)
(鈴木)引っ込みが早い。

では ここで宝石の闇に関する…。

ダイヤが ちりばめられた この…。

(デヴィ)林先生 ご存じでしたか?
それとも 初耳かしら?

これ…。

池田理代子さんの。

(笑い)
いや マンガにもありましたけど。

そうそう 使われてましたね。
(澤部)情報源 マンガかぁ。

これ でもね
さっき 一瞬 出てきた…。

もう とんでもない高額な首飾り

ダイヤをものすごい
ちりばめたようなものを

注文したんですけど…。

それで…。

で そういう状況の中で…。

マリー・アントワネットが
あの首飾りを

欲しいと言ってると。

それで
じゃあ その人に渡しました。

じゃあ いざ…。

それで
だまされたほうにしてみたら

マリー・アントワネットのとこ
行きますよね。

あなたの…。

マリー・アントワネット
それ 何のことかと 知らないと。

っていうことで
実は そういうふうに…。

もともと…。

…っていうのが
一般市民の間に伝わっていて。

結論を言うと…。

実は…。

また こういうこと やってるよ
ってことで…。

最終的には…。

…というので
大体 いいんじゃないでしょうか。

林先生 その説明…。

お見事です。

(拍手)

林先生のドヤ顔知識。

ホントに あのときの…。

…っていうリアクション
ちょっと びっくりしましたけど。

(田村)もう1人 初登場
川上拓朗君。

(拍手)

(川上)そうなんです はい。

(田村)先生の どの時期に
教わってたの?

(川上)
…で ちょうど ブレークして。

もちろん 授業は ちゃんと
してくださるんですけど…。

(川上)高3ぐらいから…。

(田村)会うからね 仕事場で。

そういう話が。

それはね 率直に言いますけど…。

(澤部)今 振り返ってみると。

現役東大生軍団 vs 林先生

プライドを懸けた 知識対決。

えりすぐった問題を…。

その中で 東大生…。

現役…。

逆に…。

…って言いたい気分。

余計なこと
言った。

今回は その1%の正解を出した
精鋭たち。

(田村)すげぇ うわ 楽しそう。

さぁ というわけで 現役東大生の
皆さんに お越しいただきました。

おっしゃってましたね。
はい。

これ 言い訳できませんよ あなた。
ホント…。

余計なこと 言ったな。

今回…。

こんな問題。

物事に興味が湧くときに使う

「食指が動く」という言葉。

そのときに 何か
「あっ これは…」。

古代中国 君主から招かれた
ある1人の男の 人さし指が…。

実は そのとき…。

この故事から…。

…という言葉が生まれたのです。

これは どうですか?
正解した方は。

えぇ~!
余裕ですね。

山門君 この問題は
どうでした? 難しかった?

(観客)えぇ~!

(澤部)斎藤さん これは もう?

(澤部)「さすがに」のやつ!?
(斎藤)さすがに。

(澤部)河岡さん。

「実際に漢文で読んだ」ってのが…。

何で?

(澤部)他にも
農学部 修士1年の松本さん。

松本さんは ミス東大グランプリに
選ばれてるという。

松本さんも…。

(松本)はい 受けてました 1年間。

(澤部)何の? 何の話 してた?

(田村)よく出てくるな 佐々木 希。

ちなみに
正解率3%の こんな問題も。

この問題 答えられた東大生は?
(山)はい。

(澤部)文学部3年の山君。

これは 簡単でした?

これは…。

(澤部)笑顔で挑発しますね
山君は。

これは どうですか? 林先生。

(田村)おぉ~!
(中島)マウントしてくるな。

(田村)すげぇ。

夕張メロン 今だとね
高級なフルーツとして

贈答品なんかで使われてますが
あれ…。

やっぱり…。

何とか あれだけ おいしいものを
普及させられないかって

いろいろ考えたときに…。

(澤部)ほう。

そしたら
当時の巨人の 背番号1が

王さんが
そのホームラン賞をもらって…。

おいしいんですよ
っていうようなことを

おっしゃったので…。

それで 今のような
人気のフルーツになった。

林先生…。

正解です。

すごいですね。

(澤部)今の完璧? 山君。

素晴らしい。

(澤部)ちなみに この山君
山君は フラッシュ暗算。

ありますね
パッ パッと出てくるやつ。

フラッシュ暗算が得意で
なんと…。

(田村)えっ!
(中島)すごいな。

…っていうぐらいだったら
ダメよ それ。

俺 そこを重視しとくからね。
はい。

ということで…。

(澤部)準備 よろしいですか?
はい。

(澤部)山君 まいりましょう
用意 スタート!

社会学ってことで
特に専門は?

僕 スポーツ社会学が好きで
スポーツ社会学 やってます。

今 研究してること
っていうと?

ファンについてっていうのを
考えてて。

ファンって どうして
生まれるのかなって

すごい興味があって
考えてます。

ファン心理とかっていう
そういうことを

今 専門で研究されてると。
はい そうですね。

どんなことが分かりました?
(ゴング)

分かります?
(鈴木)何 何 何?

(澤部)今 してましたね。
会話は してるね。

(澤部)さぁ それでは 山君
お答えは?

(澤部)正解は?

23918! お見事 大正解。

素晴らしい。
(澤部)すごっ!

(鈴木)何で?
すごいな。

ただ
しゃべってる当人からすると…。

…って思ってました。

(澤部)
そこは許してあげてください。

いよいよ…。

…の 超難問。

第1問は こちら。

それは 昭和5年の出来事。

あるニュースが
新聞の一面に掲載され

日本中を駆け巡りました。

それが。

(オナラの音)

この問題 正解した東大生は?
(大野)はい。

東大医学部4年生の大野君。
はい。

(田村)大野君は どこで出合うの?
この知識に。

そうですね あの 何か…。

そんなに
全く かみ合わなそうなものが

2つ 同じ中に並んでたら…。

(澤部)いいですね 大野君の
この圧のかけ方 いいですね。

それでは いきましょうか
林先生 お答えください。

(観客)えぇ~?
(澤部)知ってんの?

日本中が…。

…の 問題。

当時の首相の濱口雄幸
国民に人気のあった

ライオン宰相が…。

手術が うまくいったかどうか
っていうのは

オナラが出て きれいに 空気が
ちゃんと 外に出る状況が…。

…というのが
あのニュースですね。

そんな深い意味が。

林先生 その説明…。

お見事です。

(拍手)

(拍手)
(鈴木)そうなんですか。

林先生のドヤ顔知識。

続いて第2問 …の前に。

ただ そんな大野君なんですけども
実は…。

すごいな。
(澤部)いわゆる…。

(澤部)
大野君は 利きペンできます。

(田村)どんぐらいの種類?
種類としては…。

1000種類
指先だけで分かるの?

まぁ はい 大体 分かります。

ごめんなさい。
(笑い)

(中島)怒っちゃダメですよ。

まず 大野君には
目隠しをしてもらい

けんてぃーがランダムに選ぶ
ペンの種類を当ててもらいます。

これでいきます。
(澤部)こちら。

(中島)こちらで。
(澤部)…のペンですね。

さぁ それでは
大野君に渡してください。

医学部ですもんね?
はい。

(田村)いやいや。
(澤部)ミニコント。

メスじゃないでしょ。
(鈴木)ペンだし。

(澤部)早っ!
(観客)え~!

ペンの種類 お答えください
お願いします。

このペンは…。

…というボールペンです。

(澤部)お見事 正解!
(中島)すごい!

(澤部)すごっ!

すごい。
(鈴木)何で 何で 何で?

きっかけは何なの?
大野君が これをやろうと思った。

今のとこ…。

う~ん それ 結構…。

「よく聞かれる質問した」みたいに
1回 傷つけなくていいんだよ。

…の 超難問。

第2問は こちら。

物が壊れたときの強い味方
接着剤。

しかし

水にぬれると くっつきづらく

剥がれやすいという弱点が。

この 長年の課題…。

日本中の…。

(澤部)こちらの問題
正解した東大生は どなたですか?

(平河)はい。
(澤部)文科二類の2年生の平河君。

はい。
(澤部)この問題は いかがでした?

えっと…。

(澤部)かますね いいね 平河君。

さぁ それでは いきましょうか。

林先生 お答えください。

(澤部)お~!

…ような気がしてます。

林先生 その説明…。

全然 違います。

(一同)うわ~!
何だっけ?

林先生が初耳だったので
初耳学に認定です。

(澤部)やった~!
(田村)やっと きた。

あ~ いかん。

正解は…。

(田村)全然 違うね。
(澤部)全然 違うよ。

なるほど そうか。
(鈴木)そうなんだ。

…の 超難問。

第3問は こちら。

…と トレーニング中の食事の
強い味方として

注目を集めているのが…。

子供から大人まで愛される
魚肉ソーセージですが…。

(澤部)さぁ この問題に 見事
正解した東大生は どなたですか?

(伊藤)私です。
(澤部)教育学部4年生の伊藤さん。

この伊藤さんも すごいですよ。

(澤部)何系の?

(伊藤)…の会社をやってます。

そんなことないって 珍しい
多いのはIT系でしょ!

(澤部)大体 そうですよね。

さぁ それでは いきましょう。

林先生 お答えください。

(澤部)え~!

ビキニ環礁の水爆実験。

日本の第五福竜丸が 害を被った。

あの件で 海が汚れてしまって
風評被害で マグロの値段が

下がったんですよ
汚染されてるぞと。

で その…。

おいしいじゃないかってことで
そこで…。

…という記憶があります。

林先生 その説明…。

お見事です。
(一同)お~!

何となく。
素晴らしいですね。

林先生のドヤ顔知識。

1954年…。

…の 超難問。

第4問は こちら。

いいや。

このような…。

と…。

…といいますが

なぜ ハトやカラスではなく…。

(澤部)さぁ この問題 正解した
東大生は どなたですか?

(根岸)僕です。
経済学部4年の根岸君。

はい。
(澤部)根岸君は…。

(澤部)しかも…。

(澤部)なので 超歌うま東大生
ということなんですけども。

歌声。
(澤部)根岸君 1曲。

♪~ あの日の悲しみさえ
あの日の苦しみさえ

♪~ そのすべてを愛してた
あなたとともに

(歓声と拍手)

高い 声が。

(澤部)高っ!

この問題 いかがでした?

声楽家として。
(田村)そっか。

さぁ それでは いきましょう。

林先生 お答えください。

これは知ってますよ。

余裕で。
(田村)まぁね 得意そう。

そう 甲高いんですよ。

(鳴き声)

やっぱ 首が長い…。

そういう鳴き声であることから

鶴の一声という言葉になったと
いわれている… じゃないですか?

林先生 その説明…。

お見事です。

(澤部)当たった!
(中島)すごい。

(福地)わぁ すごい。

林先生のドヤ顔知識。

…の 超難問。

第5問が こちら。

この10月から
消費税10%がスタート。

少しでも お得に
お買い物しようと

ポイント還元を求めて…。

(澤部)
さぁ この問題 正解したのは?

僕です。
(澤部)川上君!

敵は。

この問題も まぁ いける?

やっぱり QRコード
VTRにもあったとおり…。

分かるんじゃないでしょうか。

それでは いきましょう。

林先生 お答えください。

(中島)頑張って。

これ 分からん ホント 忘れた。

(一同)あ~!

林先生が初耳だったので
初耳学に認定です。

(拍手)

結論から言うと…。

あ~ 囲碁。

(川上)バーコードの開発を
担当している方が 囲碁が好きで

囲碁の盤面を見てるときに
これ…。

…というふうに思い付いたのが
きっかけだといわれています。

言われて…。

QRコードは 2方向に 情報を

組み込むことができるため

バーコードと比べて
数十から数百倍の情報量が

入るのです。

全5問が終了。

今回は3勝2敗で 林先生の勝利。

これが 毎週 続くのは…。

(中島)さすがにね。
(田村)結構なカロリーを消費している。

賢人…。

2人目は。

あふれ返る 人 人 人…。

(中島)何だ ここは。

それが…。

今…。

雑誌では さまざまな餃子特集が。

確かに よく見るなぁ。

そして 餃子店で満面の笑みの
この集団。

正体は…。

めっちゃ いるじゃん!

今回の…。

(中島)誰だ?

…だという。

芸能人餃子部所属の

チュートリアル・福田は こう語る。

(田村)餃子部の人なの?
部員なんだ。

(福田)あの人は。

地域によって…。

…んですって。

おしゃれで映える餃子が
大流行する中

初耳フリークが注目するのは

シンプルな…。

硬派な…。

(田村)無骨餃子?

そんな…。

餃子フリークは
鈴木砂羽さんです。

(田村)砂羽さんが!
(拍手)

(鈴木)私はね あの…。

(鈴木)知ってますか? 皆さん。
浜松餃子。

(鈴木)確かに ホント…。

(鈴木)…で 生まれております。

そんな
浜松出身の鈴木砂羽さんから…。

(一同)え~!

(鈴木)これ 先生
知ってましたか? 初耳ですか?

これ 知ってましたね。

すご~い!
(田村)すげぇ。

僕はね 昔 毎週 月曜日…。

浜松餃子に入っている
アレがなければ

うなぎパイは完成しなかった。


…とは どういうことなのか?

やはり 浜松…。

それを使った お菓子を
作りたいんですけれども

どうしても…。

ちょっと。
まぁまぁまぁ。

っていうふうに見たときに
その…。

で その臭みを消して
うなぎパイを作ったら…。

ということでは
なかったでしたっけ?

(鈴木)よく知ってんなぁ!

(拍手)

(福地)すごい。
(鈴木)すごい。

林先生のドヤ顔知識。

浜松餃子に使われていた
ニンニクを

うなぎパイのタレに入れたことで
臭みが消え

クセになる
おいしさを実現できた。

さぁ ここからは…。

ベスト3! 1軒目は

浅草で 60年以上 続く 老舗…。

(鈴木)無骨ポイントの
ほら ご覧ください もう。

これ GLGです。

(一同)GLG?
何すか?

もう本当にね
シンプルな餡なんですよ。

野菜が多めなんですけど

なんと その野菜を
引き立てるために

豚肉をちょっと入れてます。

(澤部)うわ 油 多い。
そうです。

この多めの油っていうのが
ここの特徴で…。

かなり。

うわ~!

(鈴木)もうね この多めな油で
焼いてるから

もう 揚げ焼きで パリパリで
美しい見た目になります。

(田村)あら おいしそうね これは。

いただきます。

お好きな方法でってことですね?
(澤部)いいの? 好きな方法で?

ここにも 酢コショウちゃんが。

昨今 ほら もう すぐ
餃子っていうと…。

赤坂のミンミンのお母さんから
発案されたんですけども。

酢コショウで おいしい餃子って
肉っ気が多い餃子に

すごい有効なんですよ
酢とコショウ。

この場合は…。

(澤部)しょうゆカラシ。
(中島)しょうゆカラシ。

うわ。

すごい…。

(鈴木)そうです 細かくて 甘みが
すごく伝わるじゃないですか。

ベスト3! 2軒目は

文京区で 長年 地元の方に
愛されてきた…。

(鈴木)
焼き前から これ 美しいですね。

このヒダが 兆徳さんは

ちょっと多めで厚めなのが
特徴かもしれないですね。

こっちは もう あの
王さまさんとは違って

肉が多いです。

肉が多いんですが
こっからポイントが入ります。

すごいですよ。

(鈴木)これ。

これね チャーシュー
煮るじゃないですか。

この煮汁ありますよね スープが。

この煮込んだスープを
餡に入れちゃいます。

(一同)えぇ~。

(鈴木)そうすると さらに…。

うわ~ すごそう。

(鈴木)こちらは…。

(鈴木)ヒダがいい ここね
もちもちなんですよ 皮が。

美しいですね 焼き目がね。

これは もう ホント…。

(田村)うん うん うん うん
うまい。

(鈴木)いかがですか?

(澤部)チャーシューの あのスープ
とかも 効いてるのか分かんない。

ぎゅ~って。
(福地)ジューシーです。

ベスト3! 3軒目は

学芸大学駅前…。

(鈴木)こちらのね メインは
お店の名前にもなってるとおり

炊き餃子がメインなんですけど
これが また…。

こちらの…。

あぁ~ おいしそう。

こちらのポイントは…。
(中島)何だろう これ。

和風なんですよ。
(澤部)和風?

(鈴木)生姜。
(中島)生姜が入ってんだ。

そう これ かなり 生姜 入って
これだけだと

まぁ 普通なんじゃないのと
思うんですが

ここに…。

(鈴木)投入されます。

味噌です。
(澤部)味噌を!

(鈴木)この味噌っていうのがね
生姜だけだと

結構 割と エッジが効いた味に
なりがちなんですが

この…。

そのエッジさを消し
肉のうま味を引き立てます。

いいバランスになるんだ。
(鈴木)はい。

結構 皮は薄めなんで 小ぶりで。

ひっくり返すと…。

…が また 付いて。

こちらのお薦めは…。

(田村)うわ~。
(福地)生七味?

(田村)うん! 生姜 強いね。

(鈴木)ねっ 後から 生姜が
うわ~っと上がってくるでしょ?

でも…。

…なんだなって
言いたくなっちゃう。

(田村)
ハマり始めてんじゃないですか?

(鈴木)
あら 部員 増えちゃうかしら。

ここで 無骨餃子フリークの
鈴木砂羽さんから問題。

今では すっかり定番になった
羽根つき餃子ですが。

(一同)えぇ~。

どこが?
(鈴木)林先生

どうですか?
知ってましたか? 初耳ですか?

(田村)これは?
(中島)あれ?

間が つながっちゃって…。

(拍手)

林先生が初耳だったので
初耳学に認定です。

聞いたことあるんだけどな。

羽根つき餃子の誕生
それは全くの偶然だった。


どういうことなのか?

開発したのは
餃子の聖地といわれる蒲田の

名店 ニイハオの創業者
この八木さんです。

ここが初耳ポイント。

(鈴木)そう これ ほら。

ここに お湯で溶かした小麦粉を
こうやって ひいて焼くんですが。

(田村)
それが 焦げに つながるんだ。

そうそう
でも 鍋いっぱいに こう

肉まんが
敷き詰められちゃってて

羽は できづらいんですよ
隙間がないからね。

で こうやって間を空けて
小麦粉を溶かした こう

液を流すと 隙間が空きますよね。

その部分が このように羽に。

素晴らしい。

僕は ちょっと
餃子部は辞退したいな。

ハハハ! 好きに食べたい。

好きに食べたい。
(澤部)白飯 食いてぇしな。

好評の高学歴ニート企画
出演者 大募集。

現代社会に ひと言 言いたい。

そんな若者を募集しております。

詳しくは 番組ホームページまで。


関連記事