秘密のケンミンSHOW! 北海道すじこ食べまくり事情!・大阪人はバイキングが好きすぎる!?・信州美人を探せ!…



出典:『秘密のケンミンSHOW!北海道すじこ食べまくり事情!大阪人とバイキング!』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!北海道すじこ食べまくり事情!大阪人とバイキング![字][デ]


北海道民はすじことイクラを食べまくっている!?衝撃超贅沢イクラ丼!▽大阪人はバイキングが好きすぎる!?おばちゃんが認める最強バイキング店登場!▽信州美人を探せ!


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし

【ゲスト】

菊池亜美[北海道]

牧原俊幸[北海道]

大友康平[宮城]

柴田理恵[富山]

滝沢沙織[長野]

勝俣州和[静岡]

Mr.シャチホコ[愛知]

神野美伽[大阪].  

ハイヒール・モモコ[大阪]

次長課長[岡山]

西村瑞樹(バイきんぐ)[広島]

前園真聖[鹿児島]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/



『秘密のケンミンSHOW!北海道すじこ食べまくり事情!大阪人とバイキング!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW! 北海道すじこ食べまくり事情!・大阪人は
  1. スタッフ
  2. イクラ
  3. 勝俣
  4. 拍手
  5. モモコ
  6. 牧原
  7. 大阪
  8. 贅沢
  9. ゾノ
  10. ホント
  11. 一同
  12. 信州美人
  13. 早速
  14. 大阪府民
  15. 道産子マダム
  16. 北海道民
  17. ゲット
  18. 河本
  19. 豪華
  20. 今日


『秘密のケンミンSHOW!北海道すじこ食べまくり事情!大阪人とバイキング!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す。

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
(拍手と歓声)

ようこそでございま~す!
(拍手)

さあ 今日も 張り切って
まいりましょう!

さあ まずは 初登場でございます。
フリーアナウンサーの

牧原俊幸さんは 北海道民!
(拍手)

(牧原)お世話になります。あの…。

以前 この番組で出ていた…。

あれは もう…。

そうですよね。

そう…。

逆でしょ?
私は 新人の頃…。

そうですよね。
どういたしまして。

(笑い)
そんなことないです。

まあ 楽しんでいただきましょう。
はい お願いします。

同じく初登場でございます。
演歌歌手の神野美伽さんは

大阪府民!
≪イエーイ!≫
(拍手)

(神野)はじめまして~!

以前 この番組で
紹介されてましたけど…。

(笑い)
今日も…。

(笑い)
すんません!

両手に華ですか~!わかりました。
すんません。

さあ 同じく初登場でございます。

バイきんぐの西村は 広島県民!
(勝俣)待ってました!

(西村)お願いします~!
(拍手)

(勝俣)よく出てくれた!
はい。

(河本)やっとですよ。
念願の もう ホントに。
やっと出させて頂きまして。

僕は…。

で ですね…。

ちょっ!早くないですか?

ごめんね。尺が!
3人もいると尺がね。

<今回は
北海道民の熱愛グルメ>

<海鮮の絶対王者…>

<自他共に認める…>

<北の海鮮スター軍団の
隠れたエース

そう…>

<ご存じ すじこは

鮭の卵から作られる
加工品であり

その鮭自体の漁獲量も

統計開始以来 北海道が

ぶっちぎりの1位!>

<とはいえ
我々にとって すじこは

せいぜい コンビニのおにぎりで
見かける程度であり

同じ鮭の卵を使った
イクラと比べると

圧倒的に 影の薄い存在>

<というか そもそも
イクラと すじこの違いさえ

正直 よくわかっていない>

<一体 北海道民は…>

<そこで 早速
北海道に飛び…>

(スタッフ)もちろん?

そう!

(スタッフ)イクラより好き?
うん。

そんな感じだよね?

そうそう…。
(スタッフ)ああ 食ってる感?

そうです!

(スタッフ)上がりますか?
はい。

(笑い)

(笑い)

<まずは 札幌市内の
スーパーに行ってみると…

さすがは 海鮮王国!

多彩な魚介が ズラリと並ぶ中

おっと ありました!>

<1パック1000円オーバーの
贅沢プライスながら

見たことのない
大ぶりの すじこが

1段 2段 3段…

ズラリと ラインナップ
されているじゃないか!>

<では ご家庭で

すじこが どのように
食べられているのか

夕食時に
お邪魔させていただくと

キッチンでは
お母さんが 夕食準備の真っ最中>

<早速 冷蔵庫から
取り出したのは…

おぉ!見事な すじこが3パック>

<そして 1本丸々 まな板に>

<包丁で切るのか?と思いきや

おっと!

豪快に
手ちぎりで すじこを

ひと口大にしていく
道産子マダム>

<そして 食卓に

海鮮推しの
おいしそうな おかずが並ぶ中

お母さん 手ちぎりの すじこが

しれっと
スタンドイン>

<すると 道産子ファミリー

すじこに 我先に箸をのばすと

お兄さんは
一気に ひと切れを頬張り

続けて ご飯をパクパク>

<道産子マダムは
なんとも おいしそうな

北海道産の
茹でたシャコを頬張り

続けざまに
すじこと ご飯のマリアージュ>

<こちらの道産子マダムは

すじこのみを ひとかじり!>

<そして
ウーロンハイを傾け 上機嫌>

(スタッフ)最高ですか?

(スタッフ)飽きるまで食べる?
うん。

うん。
(スタッフ)はい?何ですか?

(スタッフ)一週間は飽きない?
うん。

<こちらの…>

(スタッフ)そうなんですか?

<なに!?>

<そこで 先ほどのスーパーを

改めて 確認してみると…>

<すじことは 別の場所に

おぉ!大量のすじこ!>

<そのポップには
確かに

「生筋子」と
書かれている!>

(スタッフ)そういうことなんですか?
(内ヶ島さん)はい。

<…とは 鮭から
卵巣ごと取り出した

生の卵のことであり

それを塩や醤油で漬けたものが
いわゆる すじこ>

<一方 生すじこを
卵巣から外してバラバラにし

醤油で漬けたものが
イクラとなる>

<また…>

<出来合いのイクラと比べると
値段は 半分以下>

<その割安感から この時期…>

<そこで 札幌市内の
ご家庭に お邪魔し

気になる…>

<道産子マダム

早速 スーパーで買った
巨大 生すじこを

軽くほぐしながら
ボウルの中にセット>

<続いて 塩を加えた
40℃のぬるま湯を用意。

それを先ほどの生すじこに
ぶっかけることで

ほぐれやすい状態に
なるのだという>

<ここで お孫さんがなぜか
網を持って登場!>

<そして 網の上に
生すじこをセットした…>

<網に 生すじこをこすりつけると
あら 不思議

卵が潰れることなく
ポロポロと とれるとれる>

<そうして 薄皮を取り除くと

あっという間に イクラらしい
ビジュアルに トランスフォーム>

<そして
醤油と みりんと お酒を

2:1:1の比率で合わせた

自家製のタレを
イクラと合わせれば

漬け込み準備完了>

(スタッフ)
一晩 寝かせるんですか?
はい。

<冷蔵庫で 一晩 寝かせなければ
いけないということで

改めて…>

<親戚一同が集まる
夕食時に お邪魔>

<すると…>

<道産子マダムが
運んできたのは…

な なんと!

深めの大皿に 溢れんばかりの…>

<息をのむ我々を横目に
お父さん

イクラを豪快にすくいあげ
躊躇なく ご飯にぶっかけ

しかも 2杯3杯と
贅沢なマイイクラ丼を作り上げ

お口の中に放り込んだ!>

<道産子レディー達も容赦なく

ガンガン
ご飯にイクラをスローイン>

<お兄さんも 丼ギッチギチに
イクラを敷き詰めると

サラサラと かっこんだ!>

<皆さん 自家製イクラ丼を
無我夢中で ご堪能!>

うん…。

(スタッフ)あれ?

(スタッフ)あ そうなんですか?

だから…。

やっぱり…。

<北海道のすじこは
どのように誕生し

愛されるようになったのか?>

<北海道の食文化に
精通する

料理研究家 星澤先生に伺った>

(星澤さん)そして…。

また…。

(星澤さん)という書物には…。

(星澤さん)実は イクラというのは
ロシア語で

魚の卵 全般を言うんですね。

…というふうに考えられます。

<さらに 取材の翌朝

先ほどの1軒目のご家庭に
再び お邪魔すると

テーブルに…ええ!

朝から すじこにイクラが
てんこ盛り!>

<すると お母さん

超贅沢なモーニングイクラ丼を
完成させると

焼き鮭をおかずに ちゃっかり
親子コラボをご堪能!>

(スタッフ)
お弁当にも入ってるんですか?
はい。

<そこで 失礼ながら 息子さんの
お弁当を見せていただくと

おにぎりの中から…

おお!
がっつり すじこが コンニチハ>

<…は とても奥が深かった>

(拍手)
贅沢だよね~。

食卓が豪華ですよね。
豪華だ。

そんなに やっぱり
牧原さん 好きですか?

すじこ。
好きですね。私 あの…。

へぇ~。
それで 今 思い出しましたけど…。

やっぱりね~。

(菊地)家にある…。

普通にあるもんなんだ~。

違います。違い…。
肩出してみました。

でも やっぱあれですか?

へぇ~。
みんな 私の同級生にも
改めて 聞いてみたら…。

やっぱり…。
普通?

作ってんだ。

これ もう…。

(勝俣)え~!?
知らなかったんだ。

いや 違うんですよ。

そこまで なんか…。

イクライクラって何だよ。
(笑い)

私も でもね
ある時期までは その…。

(笑い)

(笑い)
(大友)いや 本当 俺…。

神野さんは どうですか?
馴染みあります?

(モモコ)高いイメージ。
そうですよね。

イクラとか すじこって
あんまりね 大阪の方は…。

はい 鯛の子 鱧の子。
同じ魚卵でもね
そういうのは…。

めっちゃおいしいですもんね。
そうそう…
それ 大好きですけどね。

やらしいわ。あんた やらしいねん。

(笑い)
それだけ。

(滝沢)私…。

エーッ?そうなの?
なんだけど あの…。

(勝俣)あ~ そうか~。
(滝沢)はい。

そうだよね。
はい。すごいなと思って。

こんなに簡単にできるんだって。

(笑い)
電話します。

ゾノちゃん どう?
(前園)あの…。

そうだよね。
そういう機会が ないですし

外で食べるとか
あるんですけども…。

はい はい。

(笑い)
いや 浸かってないですよ。

(笑い)

でも…。

[ 和田アキ子のマネ ]
(Mr.シャチホコ)でも 知らなかったです。
だから…。

(笑い)

(笑い)

<北海道民 熱愛の…>

<お待たせしました!
北海道民熱愛の…>

まずは みのさんと
北海道民ですけれども

せっかくですから 牧原さん
例のフレーズ お願い致します!

じゃあ 私の方から
合図をさせて頂きます。

まいります。

おお~ 本物!本物!
出た~ 本物!

ただ 言っときますよ。

(笑い)
そうなんです。そうなんです。

どうですか?
(牧原)これね やっぱり
ご飯いっぱいに

すじこ たくさんが
おいしいですよ。

そうですよね~。
(勝俣)うわ~。

≪おいしそう≫
はい すじこから
いっちゃって下さい。

≪こんな たくさん≫
≪一気に…≫
いっちゃった いっちゃった。

かなりの量 いっちゃったよ
みのさん。

どうですか?

甘い?あ~ すごい すごい。

あったかいご飯に すじこだよね。
おいしい!

そうか そうか。
どっちが好きかっていう。

ご飯に付いた すじこがおいしい。

なるほど~。
(牧原)すじこの汁が。

何か…。

もう ほんとにね…。

そうだよね~
イクラいって下さい イクラ。

イクラ じゃあこれ いただきます。

こんな食べ方ある!?
≪うわ~!≫

こんな事したことある!?

うわ すご~い!

お仕事だから。
(笑い)

これ でも
各家庭でやってたもんね。
≪すごいわ≫

≪うわ~!≫
うん!

う~ん!

うまい。これはちょっと贅沢だな。

≪うわ~ 贅沢!≫

やっぱり…。

そうだね~。

すじこも捨てがたいですよ。
すじこも捨てがたい。

(菊地)この塩っからい感じが。
(牧原)今日は皆さん すじこは

初めての方も
多いかもしれないんで。

(一同)ああ~。

ああ~。
(牧原)私もそう思います。

うちらも いただきましょうか。
いただきま~す!
(一同)いただきま~す!

まずは すじこだな。

うまい。

すごい!

(モモコ)ねっちょりしてる。
≪ねっちょりが いいですよね≫

最高や。
(柴田)うまい。

じゃあ イクラいきましょう。
≪うれしい!≫

≪イクラいこう!≫
(モモコ)ねぇねぇ これ何杯…。

(勝俣)いけいけ!

≪わぁ~!≫
≪よいしょ~!≫

これは すごい。

うん。
めっちゃ うまい。

(菊地)ほんと違う食べ物ですよね
すじことイクラって。

≪こんな事しないもんね≫

≪すごい おいしい すじこ≫

≪ご飯と混ざると
ホントにおいしいです≫

塩気が抜群にいいな。

いや~!
さっぱりしてるから。

≪めちゃめちゃ
すじこ おいしい≫

めちゃめちゃおいしい。
(モモコ)なんで大阪
売ってへんねやろ?

売ってない?
知らんねん 大阪…。

≪めちゃめちゃおいしい≫
う~ん!

う~ん!
(勝俣)こんな事は もうないな。

レベルが違うね。
ホントに 何だろ…。

ちょっと…。

(笑い)
いいかも~!

私やっぱ…。

(柴田)ご飯ともう…。

うまいね~。
(柴田)うまい!

お前…。

(笑い)
すごい食べっぷりやな。
すじこ ビックリして。

あらら!

さすが!さすがやわ~。

私ね…。

でも…。

ゾノちゃん いかがですか?

完食。
(勝俣)スゲー!あんな かけて?

スゲーな。
イクラ もちろん おいしいです。

ホントだよ 贅沢~。
(前園)贅沢です。

(西川)ほんま…。

出た~!

でも 何だろう…。

(勝俣)素晴らしいっすね。
こうちゃん いかがですか…あっ!

河本さん…。

(笑い)

いつ出てきはったんですか?
(井上)うめえだろ。

(笑い)
お疲れっす ご苦労さんです。

それに…。

(笑い)

<先日 放送した…>

<今回のテーマは…>

<そもそもバイキングとは…>

<一般的には…>

<などをイメージするが…>

<どうやら…>

そうですね。

(スタッフ)もちろん。
もちろん。

(スタッフ)聞くんすか!?
そうですね。

店員さんに。

<大阪府民の
バイキングスタイルを徹底調査>

<まずは 大阪の…>

(スタッフ)人気?

(スタッフ)あ そうですか。

(スタッフ)すぐ近く?
すぐ近く。

<どうやら…>

<そこで早速 梅田の
一等地に構える老舗ホテル…>

<落ち着いた雰囲気の
1階ロビーから地下1階へ>

<すると 何やら徐々に
人が増えてきた…

と思ったら その先には…

何だ この人だかりは!?>

<どうやら ここが噂の
人気バイキング店

オリンピアらしい>

<予約して来たという
ナニワレディースに…>

<ちなみに 気になる料金体系は

ホテルバイキングにしては
比較的リーズナブル>

<ということで 噂の…>

<すると おお!

いきなり本格的な
ホテルのシェフがお出迎え>

<その先に進むと…な 何?

超広々とした
バイキング会場は

フードコートのような
圧巻の広さ>

<実は ここオリンピアさんは…>

<気になる料理はというと

入ってすぐの一等地に

全10種類のネタが
ラインナップする

本格的な
お寿司コーナーをはじめ

行列嫌いの大阪府民が
列をなす先には

おお!松茸と鮑を使った
豪華な揚げ物コンビ>

<続いて 奥の
中華料理コーナーには

どれもおいしそうな
ホテルシェフ力作の…>

<中でも
ひときわ 目を引くのは

お~!立派な鯛の丸揚げに

豆鼓ソースを豪快にかけた
迫力満点な一品>

<さらに 洋食コーナーの
お目当ては

お~っと 出ました!

垂涎の…>

<そして 女子羨望の
フルーツやケーキなど

デザートも これでもかと
充実スタンバイ>

<この
オリンピア最大の魅力は

ホテルシェフが作る 渾身の
旬の絶品料理を筆頭に

およそ80種類もの

バリエーション豊富な
メニューと

良心的な
コストパフォーマンス>

<東京のホテルバイキングと
比較してみても…>

<そんな絶品グルメを求め
バイキング会場は

腹ペコ府民達で
熱気ムンムン!>

<獲物をゲットし やっと
着席した府民のテーブルには

各自が狙った料理が
ずらりと並び

みなさん 幸せそうに
パクついている>

(スタッフ)実際 どうでした?今日。

<そして…>

<あれ?何だ?>

<こちらのテーブルでも あれ?>

<無人の席に ちゃっかり
キープされている

豪華な お料理達>

<そう!まだまだご主人達は

さらなる獲物を求め
ハンティング中>

<さすがは 大阪府民>

<さらに さきほどの
ナニワレディースも

エンジン全開で絶賛堪能中>

<そんな 元取る命の
大阪府民に対し…>

<関西バイキング界の雄!
さすがの貫禄だった>

<ここ…>

<当時の東京オリンピック
開催に伴い

大阪でもオリンピックの感覚を
味わえるよう…>

<ホテルバイキングの…>

<スクリーンの先から…>

<な 何だ?巨大な…>

<すると お客さん達
スマホを片手に 続々と…>

<しかし 謎の
この白いオブジェ。

一体 何なんだ?>

<しかし 謎の この白いオブジェ。
一体 何なんだ?>

<すると な…なんだ?

謎の物体が 続々と落下>

<実は これ…>

<オリンピア恒例の
パフォーマンス>

<口の中でとろける
フワフワ食感が

府民の心を掴んで
離さないのだという>

(拍手)
ね~ これ見てて 気持ちがいい
ぐらい食べてましたけれども。

モモコ どうですか?

有名で。

(一同)エーッ!
会員?

会員なんです。
会員は 全然無料で

名前書いて住所書くだけで。

(一同)エーッ!

そやけど モモコ 例えば…。

(笑い)
誰も言えへん。

人 見てないねんな。
全然 言われへん。

言われたことない。
師匠は?

あ~。神野さんは知ってました?
オリンピア。

私 このホテル 上の
喫茶店は よく使うんですよね。

全然 知らなかったです。
そうか~。

(神野)ものすごい悔しいですよね。

案内する…。
連れてってもらおか。

何か モモコなりの
バイキングルールっての あんの?

とりあえず…。

三か条。
大阪の人 言うてはったけど…。

コスパの高いもんです。
なるほど 高いもん。

(笑い)
焼きそばも食べたいねんけど…。

(一同)あ~。
ほんで あとは…。

は~!ちょっと聞きますけど

サラダとかも体にええやん。

(笑い)
そういうことやな。
そういうことや やっぱりな。

(勝俣)飲み放題?

(笑い)
(勝俣)さすが!

さすが さすが。
≪すご~い≫

西村くん どうですか~?

どうやら このバイキングっていう
コーナーがあるから…。

(西村)そうなんですか!?

あ~。

(笑い)

でもね 僕ら…。

あ~ そっか そっか。
はい だから 僕ら…。

(笑い)

なんか なんかあるんですよ。
シャチホコちゃん どうですか~?

(笑い)

津川さんね。
はい。

(笑い)

<当番組が誇る大好評企画

「美人を探せ!」>

<毎回 見目麗しい

魅力満載の女性たちが

続々登場してきたが…>

<満を持して登場するのは…>

<有する…>

<そんな
長野出身の有名人はというと

当番組にも
度々ご出演頂いている…>

<…をはじめ

女優の…>

<パリコレのランウェイを歩いた
モデル…>

<スポーツ界からは
スピードスケートの…>

<とってもキュート!>

<そして スタジオの
滝沢沙織さんこそ

まごうことなき 信州美人>

<そこで!>

<いざ!>

<早速…>

<まずは長野駅前の…>

<おおっ!西日を浴びて映える

エキゾチックな
信州美人を発見!>

(スタッフ)大人に見えますね~。

(スタッフ)あ そうなんですか。

<二十歳とは思えない
色気漂う…>

<…をゲット>

<引き続き
長野駅前で探していると

おおっと!ストライプのシャツが
お似合いの

信州レディーを発見!>

(スタッフ)脳神経外科?

え~っと…。

(スタッフ)そうなんですね!

<…をゲット>

<さらに
夜の長野駅を探していると…>

いやぁ!

<おおっ!
艶やかな黒髪の美少女発見!>

はい。
(スタッフ)へぇ~。

それで今 結果待ちです。

<さらに 滝沢沙織さんの地元

長野県第2の都市 松本市へ>

<オシャレスポット
松本パルコ前を探していると

おおっ!お子さんを抱えた
超小顔な信州美女を発見!>

はい。

あ いや…。

<…ゲット>

<元々 長野県は6つの平ごとに
都市が形成され

女性たちは その平ごとに
団結性と協調性が強くなり

さらに…>

<しかも
品行方正な性格と相まり…>

<では ここで
街中で見つけた信州美人を

一気に ご紹介!>

<松本駅前で
お子さんを待っていた

ハットがお似合いな
23歳 美人ママ>

<夜の長野駅前で見つけた

透き通るような肌の
美人信州大生>

<軽井沢の美術館で働く

名物 山賊焼きが好きな
美人学芸員>

<松本駅前を歩いていた

ホテルマンを目指す
美人ロックダンサー>

<美しい女性たちが集う

「ミセスなでしこ」の特別賞を
受賞した

54歳 美人信州マダム>

<松本の美容院で働く

大人な色気漂う
40歳 美人スタイリスト>

<そして
信州そばが好きだという…>

<そして
信州そばが好きだという

安曇野出身
25歳のスーパー美女>

<信州美人の魅力
ご堪能いただけましたか?>

(拍手)
さすが信州美人だね。

あの~ 長野県の美人の方も

皆さんレベル高いですね
やっぱりね。

確かに先輩とかは
すごい綺麗な先輩いましたね。

で やっぱり…。

いや 素晴らしいですよ。大友さん
どのタイプがお好きですか?

あの23歳のハットの
お似合いの美人のママさんですね。

あ いいっすね~。
(大友)なんか ホントにあの
何だろ

お子さん連れの方がみんな
ママさんに見えなかったですね。

綺麗。
綺麗でね。

ゾノちゃん いかがですか?

(笑い)
ゾノさん ゾノさん。

(笑い)
(河本)勘違いしちゃダメ。

彼女ね。

うん うん うん。

ああ ラテン?

ラテン系好きだからね。
はいはい。

あの ちょっと言っていいですか?
言ってください。

ああ~。
≪それ分かる!≫

ああ~。
僕は やっぱね…。

ちょっと その…。

≪ああ~≫

(笑い)
ああ~。

あの子!
心優しい子だ。

さあ 河本どうですか?

うんうん。

…って習字に
書いちゃったんですよ。
書いちゃったん?

(笑い)

井上君 キュンキュン来さして。

僕は…。

彼女~。

というのもね…。

(笑い)
割れたの?

(勝俣)だからか!だからだ。


関連記事