激レアさんを連れてきた。 人生で68箇所も骨折しながら絶対病院には行かず、日本のエンターテインメントに革命を…



出典:『激レアさんを連れてきた。 人生で68箇所も骨折しながら』の番組情報(EPGから引用)


激レアさんを連れてきた。[字]


本日の激レアさんは『人生で68箇所も骨折しながら絶対病院には行かず、日本のエンターテインメントに革命をもたらしたスタント界の父』。テレビ史に輝く名場面の衝撃秘話!


詳細情報

◇番組内容

本日の激レアさんは…

人生で68箇所も骨折しながら絶対病院には行かず、日本のエンターテインメントに革命をもたらしたスタント界の父

◇出演者

【研究員】若林正恭(オードリー)

【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【客員研究員】滝沢カレン、千葉雄大 ※50音順

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/



『激レアさんを連れてきた。 人生で68箇所も骨折しながら』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

激レアさんを連れてきた。 人生で68箇所も骨折しながら絶対病院には
  1. タカハシ
  2. 一同
  3. 滝沢
  4. 練習
  5. 千葉
  6. ホント
  7. ケガ
  8. スタント
  9. タクシー
  10. メートル
  11. カースタント
  12. タカハシレーシング
  13. キロ
  14. シーン
  15. お願い
  16. ドラマ
  17. 映画
  18. 自主練
  19. 絶対
  20. 当時


『激レアさんを連れてきた。 人生で68箇所も骨折しながら』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

さあ それでは 本日の
客員研究員さんをご紹介します。

千葉雄大さん
そして滝沢カレンさんです。

よろしくお願いします。
(若林)お願いしまーす!

千葉さん これまでに 何か

珍しい体験って
された事ありますか?

先輩の阿部サダヲさんと
お食事に行かせて頂いた時に

なんか 雑多な居酒屋さん
だったんですけど

隣にご夫婦がご一緒になって
「似てますよね」みたいな。

阿部さんと似てますよね

千葉さんと似てますよね
みたいになって

しばらく そっくりさんで
テーブルを共にしてたんですよ。

うんうん うんうん。
そうしたら なんか 意気投合して

「2軒目も よろしかったら
ご一緒に どうですか?」みたいな。

えーっ!
4人で?

で なんか いよいよだなと思って
ネタバラシしたら

奥様が泣かれてしまって…。

えーっ! なんで? なんで?
ビックリしすぎたの?

なんか もう…
「大人計画 大好きで…」とか。

ああ~!

(一同 笑い)
いじわるですね。 フフフフッ。

滝沢さん
3回目のご出演なんですが

番組で調べたところ

かなり激レアな小学生だったと
判明しました。

そうだろうね カレンちゃんは…。

滝沢さんの当時の写真が
こちらです。

アハハッ! すげえ! マジで?

(滝沢)下 ちゃんと足… 靴で…。

あっ そう! やっぱり…。

これ もう ポートボールやったら
試合にならないじゃん これ。

(千葉)確かに。
ホントにすごいですよね。

今日の激レアさんは

♬~

タカハシさんです。
よろしくお願いします!

いかついですね なんかね。

どんな 激レアな体験を
された方だと思いますか?

えー…。

馬ですか?
ウエスタンっぽいので なんか…。

ああ… ブーツがね。 馬術とか…。
(千葉)馬術とか…。

馬術。 うんうんうん。

(一同 笑い)

逆に!?
逆に…。

育てられた人ね。

ちょっと離れちゃいました
違います。

違いますよね? 違います…。

さあ では 正解を発表します。

本日の激レアさんは

父…。
(若林・千葉)へえ~。

68回…。

えー…。

絶対に行かないんだ 病院に。
やばい人だな。 これは やばいね。

激レアさんあるあるですよ。
病院 行かないのは…。

スタント界の父なんだ?
そうなんです。

タカハシさんはですね

映画やドラマや
バラエティなどで

超危険なアクションや
カースタントを行う

タカハシレーシングという会社の

社長さんなんです。

知ってます?
いや… もちろん知ってますよ!

色々やばいっていう時には
必ず書いてありますもん

「タカハシレーシング」…。

このタカハシさん ここで
はっきりと言わせて頂きます。

タカハシさんは…。

いや ホントよ。

では このタカハシさん
どんな功績を残されたのか

まとめたVTR ご覧ください。

ド迫力の映像で
見る人を釘付けにする

スタントのプロ
タカハシレーシング。

えっ あれがタカハシさんなの?
じゃないの?

うわあ~っ!

う~わっ!

迫力満点のひかれるスタント。

うわ~… ジョーカーのやつだ。

うわっ! うわうわうわ!

う~わ~!!

車の屋根 突き破り!

こんなん…。 えっ?
乗ってるんでしょ? 中…。

そして 意外にも
こんなドラマに参加していました。

聞いた事ある。

え~! もしかして…。

これ
タカハシレーシングだったの?

実は 『101回目のプロポーズ』で

武田鉄矢さんを
ひいちゃいそうになった

トラックを担当。

ドラマ史に残る名場面を
見事に務め上げました。

そして 90年代になると
バラエティにも進出。

芸人さんのリアクション芸に
革命をもたらしました。

(滝沢)怖い…。

現在でも 脈々と受け継がれている
そのスタント技術。

そうか 映画も…。

タカハシさんは まさに

テレビの創世記を支えた
レジェンドなんです。

タカハシレーシングの あれで

えーっ!

じゃあ お世話になってますよ
タカハシさんに。

お世話になってますよ みんなで。

上島さんを助けたんですから
みんなで。 ハハハハハッ!

一応…。

タカハシさん
あのショベルカーの

ドカッて屋根飛んでるやつって…。

じゃあ もう
こうしてるんですか?

横に倒れて… 助手席に。
横に?

(千葉)でも

えーっ!

死んじゃうじゃん。
やばいよね。

うちの 裾野の練習場
いらっしゃれば

ハハハッ! いや
行った事あるんですよ ロケで。

春日が入門するみたいな。
えー! スタントマンに?

あっ そうです そうです!

それで 春日

(一同 笑い)

あ~ 春日さん!

まあ 時効ですけどね。
時効ですけどね。

素質がなかったのかな?
春日さんね。

いいか? この

スタントのためなら
命をも惜しまない

ちょっとやばい人だぞ。

(爆発音)

その始まりは
今から60年前。

異例の若さで

スタントデビューを
果たすんだ。

今から およそ60年前
危険なアクションは

人形を使うのが
主流だったんですが

タカハシさんは それを変えます。

いきなり
生身の人間のタカハシさんが

10メートル 高所からジャンプ。

しかも 驚くべきは
それをやってのけた年齢です。

タカハシさんが小学1年生の時!

(3人)ええ~!

うわ 大問題だよ これ
今だったら。

今じゃ大問題です ホントに。
うん。

しかも この時ですね
もちろん

へえ~。

確かに。
(タカハシさん)ハハハハハッ!

これも 色んなカラクリが
あったんですよ。

タカハシさん 実はですね

映画界で働く 13歳上の殺陣師の
お兄さんがいらっしゃいました。

はい。 で このお兄さんが

ちょっと
ぶっ飛んでいた方でして…。

そういった方だったんです。
ああ~。

お兄様がね…。
で このお兄さんが

時代劇を撮影していた時に
ひらめいてしまったのが

侍に追われた子どもが

橋から
10メートル下の川に飛び込む

というシーン
だったんですね。

(滝沢)
10メートル…。

で ひらめいちゃった
お兄さんは…。

何をひらめいてるの…。

全く何も知らない
小学校1年生のタカハシさんを

家から引っ張り出しまして

はい…。

(一同 笑い)

いいか?
お兄さんのたくらみどおり

結局 10メートルの橋から
ダイブしてしまったタカハシさん。

しかし このダイブが

…と タカハシ少年のもとへ
オファーが殺到しまして

宇津井健さん主演の映画で
スタント兼子役に抜擢されたりと

一気に売れっ子スタント少年に
なったという事なんです。

その10メートルのダイブで。
はい。

へえ~。 また いないもんね
他にできる子どもが。

で まあ 行く先々の撮影現場で
褒められて 嬉しくなって

どんどん危険なスタントに
挑戦するタカハシさん。

というものがありますが

当時のスタント界では…。

…と言われていました。
やめなよ これは。

危ない。 危険だよ これは。
少年なんだから。

ちっちゃいからね やっぱ
褒められると嬉しいですからね。

嬉しいですよね。
落ちてるからね 木から。

こうして スタントに目覚めた
タカハシさんは

ここから 急速に
命知らずの男へと変貌を遂げる!

ある時は

車をマジで激突させた方が
おもろいやん!

(爆発音)
うわ~!

思いつきで

日本のカースタントの父に
なっちゃった!

(一同 笑い)

さらに あの超大物芸人と出会い

一大センセーションを
巻き起こす事に!

まずは そんな
伝説の始まり

スタントに目覚めた
タカハシさんの

やばすぎる
高校生活から

見ていこう!

さあ タカハシさんなんですが
高校 行ったとしても

ここでも自主練をします。

例えば… はい。

校内の階段は 常にジャンプで
全部 飛ばします。

かっこいい!
全部 飛ばすの?

いや カレンちゃん
かっこいい? この高校生。

えっ 全飛ばしは
かっこよすぎる。

結構ありますよね 全飛ばしだと。
(滝沢)えっ かっこいい。

だから ほら
ちょっと色気つけて

左側の手すりに
1ステップ踏んで 下に…。

それが…。

なんで こう
色気つけたんですか。

結構かっこいいんですよ
下で見てると。

いや かっこいいは
わかるんだけど

「いや~ 次の授業 美術か」
とか言って

色気つけて落ちないでしょ。

(一同 笑い)

横 歩いてると思って

うわっ タカハシ 大丈夫か!?
ってね。

なりますよね。
(滝沢)えっ すごい。

常に こういう事をされていたと。

さらに こう 下校する時は

なんと 2階から飛び降りて…。

こいつ おかしいだろ!

こいつ ダメだ こいつは。

たまにですよね?
たまに。

この人 すごいっすね。

カレンちゃん これ
かっこいいなと思っちゃう?

もし 学校にいたら。
いや 私…。

かっこいい。

飛ばせれば飛ばせるほど
男性としてタイプ…。

駅の階段!?

なるべく飛ばしてくれたら
最高と思います。

いや 嫌でしょ。 デートしてて
駅の階段 全飛ばしで

色気つけて 「カレンちゃん!」
とか言ってたら。

(滝沢)かっこいいです。
かっこいい?

うん。 運動神経がいい。
へえ~。

いや そう考えると ホント
TikTokとかあればな~。

ああ 確かに!
ティックトック。

スーパー高校生だよね。
ホントですね。

という事で
スタントにのめり込みすぎて

こんなふうになってしまいます。
はい。

練習。
はい。

当時 タカハシさんは
高校に行かずに

ひたすら行っていた練習があった
という事で

こちらにまとめてみました。
はい。

まず こちら 崖落ち。

崖落ち…。
崖落ち…?

はい。 この言葉どおり
崖から落ちる練習を

自主練でやってらっしゃったと。

やっぱり
動体視力と 着地点を見極める。

あそこで1ステップ
2ステップで下りれば

大丈夫とか…。

そういう事を いち早く見つける。

それは… えっ? 高校生が
1人でやってるんですか?

1人… あのね
1人でやる理由があって

誰かと行って 失敗して痛いのに
イテテテって言うと

みっともないじゃないですか。

1人だと 痛がろうが何がろうが
自分だけの問題で済むから…。

よくわかんないです ちょっと…。

YouTubeがあればね
その時に。

ちょっと見たかったですよね。

超人気YouTuberでしょ。
人気ユーチューバー…

もう… もう100万人超えですよ。
ねえ。

でも 1人だと
ケガしちゃった時に

助け呼べなかったり
するじゃないですか。

いや 絶対しないです。
絶対しない。

ケガを?
ケガしない。

へえ~。 信じられない話だな…。

何やってんすか。

(一同 笑い)
怖いな。

ホントにケガしない。

ケガじゃないんですか? だから
68カ所折ったのは。

(一同 笑い)

ケガなの…
結構 重傷ですよ 骨折れるって。

本来
ケガじゃないそうなんですよ。

私たちにしたら
大ケガですけれども…。

(一同 笑い)

意味わかんない 言ってる事が。

他にもですね これ
谷渡りというものなんですが…。

谷渡り。
はい。

こっちにいますよね。

対岸に向かって縄を放ります。

縄をね こう 放って

切り株に引っかけまして

こうして こう… 向こう岸に

こうやって ロープを伝って

渡るという練習をしていたと。

いや だけど ちゃんとね
京都の太秦から仕事来て…。

の役で…。

セットからセットにロープ張って
これ やらされましたね。

途中で息が切れちゃって…
参ったなっていう…。

そういう事もあった…。
千両箱持って

20メーター こう行くシーン…。

すごい!
アハハハハハ…。

何? それ…。

逃げ方 そいつ 違うよ
泥棒。

(一同 笑い)

確かに。

この自主練が生きてきた
っていう事ですよね?

(タカハシさん)そうです。
そっかそっか…。

他にも はい 馬引きずられ
という練習があります。

(千葉)なんで練習する…。
これ 文字どおり

馬に引きずれらる練習です。

これはですね 実際に
練習している映像がございます。

えっ 見たい。
ご覧ください。

こちら 若かりしタカハシさん。
タカハシさん。

馬に引きずられる超貴重映像が

こちら。

(千葉)うわあ!

めちゃくちゃ
引きずられてんじゃん

タカハシさん。

タカハシさん
めちゃめちゃ引き…。

まるで人形のように引きずられる
タカハシさん。

最後は…。

(千葉)アハハハ…。

いや 待って これは…。

映画?

いや これ トレーニングですよ。
トレーニング。

タカハシさんの。
映画だった 最後。

映画とかドラマじゃないの?

(タカハシさん)やっぱりね
トレーニングって…

やっぱり 何十倍もやらないと
ダメなんですよ。

やっぱ 体を こっちにひねったら
こっちに曲がるとかが

あるんですか?
ありますよ。

ちょっと足をっていうか
かかとをつければ こうだ

つま先つければこっち行く
っていうの ありますから。

へえ~。

(一同 笑い)

こういうふうに まあ

自主練を タカハシさんはしていた
という事なんですが…。

自主練なんだ あれが。
はい。 皆さんは お仕事のために

何か ひそかに
特訓している事とかって

ありますか?
いや この話の流れ

おかしいでしょ。
みんなそれぞれ違う。

ねっ 千葉さん。
自主練っていうと

何かありますか?

(一同 笑い)
いや いいんですよ。

それでいいんですよ。
ごめんなさい…。

馬引きずられ… 馬引きずられ
やりたくないでしょ 絶対。

血は騒ぐ? やっぱ 役者として。

あっ でも そうですね。

なんか できる限り 自分で
できるところまではやりたいな

っていう希望は
やっぱ ありますね。

馬引きずられ やっていい?
嫌だ 嫌だ 嫌だ 嫌だ やめてー!

最後ピース…。
ハハハハハハハ…。

ひたすら

いよいよ ドラマに出演する事に
なったんだけども…。

その腕前で

ドラマ界の常識を
超えてしまうぞ!

というものがありました。

こちらは…。

(若林・滝沢)へえ~!

そこで見せたアクションが
こういったもの。

ええ! 高校生が?
はい。

どんな事かといいますと
こんな事です。

う~わ!
(滝沢)ええ?

これ 何…? これ 実際の写真?

実際の写真です。
これ タカハシさんです。

高校生のタカハシさん?
高校生? あれ。

(スタッフの笑い)
これ 高校生です。

この白い車から この黒い車に
飛び移るという…。

どうなってるの?
しかも 80キロです。

80キロ!?

全然わかんない。
信じられない。

これ 走ってるって事だよね?
走ってます。

写真だけでも
すごいんですけれども

なんとですね
この時 監督からは

タカハシさん 20キロでいいから
飛び移ってくれと

言われていたんですが…。
なるほど。

ドライバーの方に
80キロで行ってくれ。

勝手に指示をして

こういうふうに
飛び移っていたと。

20キロと80キロって

体の この感じ
だいぶ違いますよね?

だから 飛べるんですよ。
飛べるんですか?

20キロだと 飛ぶんじゃなくて
またぐ形になるじゃないですか。

そんな あるあるみたいに
言われても…。

やった事ないですからね。

80キロ出てると 結構 風圧で
体がフッて浮くんですよ。

(滝沢)気持ちいいんですか?

その気持ちいいって事で
速度 上げてませんか?

これもひとえに
サービス精神ですよね?

いい画を撮りたいっていう…。
そうですね。 やっぱ 画柄だよね。

ホントですか?
自分が気持ちいいから

80にしてくれって
言ってるような感じするけど…。

サービス精神です。
映画のために

危険を顧みず
80キロやりました。

タカハシさん
サービス精神がありますから

こんなところにもですね
出ちゃうんですね。

ありますね?

刑事ドラマとか
色んなところにありますけれども。

その階段落ち
こんな事しちゃいます。 はい。

何? これ。 どうなってるの?
えっ!?

これがタカハシさんですよ
皆さん。

こちらがタカハシさんです。

これ 階段落ちです。
こんな落ち方ないよ。

この一番上から
落ちてるんですよね。

これは タカハシさん

あのバイクに追っかけられて
みたいな事なんですか?

(タカハシさん)そうですね。
それで 途中まで逃げて

追っかけられて
その右の人に蹴られて…。

あっ 蹴られて…?
ええ。

っていうか
これ タカハシさん

(一同 笑い)

これ もう 脳天を階段に
直撃しちゃう感じに見えるけど。

これ ちゃんと ひねって
足から下りてるの。

ひねる?
ええ。

足から下りれるもんですか?
あの階段の下にですか?

多分 ちゃんと下りてるんですよ。
足から。

見てみたいです それ。
あっ 映像の方が…。

(タカハシさん)これ だから
1回転…。

(タカハシさん)あの高さだったら。
ホントですか?

うん。 バク宙で巻き込んでね
クルクルって。

クルクルっと。

ワイヤも何もなしで できるんだ。
何もないですよ。

さらに 別の撮影で頼まれたのが
こちらです。

ええ~!

これでも怖そうなんですけれども
タカハシさんは…。

すごいモットーだね。

(滝沢)ええ!?
7倍じゃない。

そして 20メートルから落ちた
写真がこちらです。

ドーン!

(滝沢)ええっ!?
(一同 笑い)

下は ずっと山で… 垂直で

それで 大体15~16メーターから
のりになってるんですよ。

(滝沢)のり?
のりって 斜めになってる。

(タカハシさん)この当時は
マットとか…

ラバーとかエアーって
なかったので

体育館に置いてある
薄いマットあるじゃないですか。

あって あんな程度。

あんなの持っていけないから
もう これは…。

砂に力なんてないよ。

ちょっと
よくわからないんですけど

こうなってるじゃないですか
タカハシさん。

こう ズルズル ズルズルって
なってく…?

だから それが いいんですよ。

ドンとストップしちゃうと
すごいダメージ大きいんですよ。

ですから 角度が…

こういう… 着地した時から
こっちの角度が

120度ぐらいに
なるわけじゃないですか。

そうすると ドンと落っこって
120度 逃げれば…。

ホントかよ!

20メートルでしょ?
20メートルです。

タカハシさんだからこそ
できる事だと思うんですけど。

ホントです。

3メートルと20メートルって
金額 違ったりしないんですか?

この当時は 飛んで5000円とか。

えっ!?

伊東の吊り橋から飛び込んで
5000円とか。

ギャラが1万円で

プロデューサーの気持ちで
これはって言って

もらったのが5000円。
だから 1万5000円で飛んだり。

あまりにもすごいから
プロデューサーが

少ないけど持ってってよって…。

チップだ。 スタントチップ。

ホントに
クッションとか何もなしに

20メートルから生身。

なんのロープもなく
ポーンといっていた…。

これ ホント

いなければ
こんなシーンなかった。

確かに。

タカハシさんがこだわった崖落ち。

そのシーンが撮影された
貴重な映像が残っていました。

うーーーわっ!

(滝沢)鳥肌…!

タカハシさん。

高校をさぼりながら励んだ崖落ち。

その練習の成果が出た
貴重な映像が残っていた!

こちらは1980年代に放送された
テレビドラマ『あいつと俺』。

悲しみに暮れる女性の目の前には
切り立った崖が。

この崖からジャンプした

タカハシさんのシーンが こちら!

うーーーわっ!

(滝沢)鳥肌! えっ!

うわあ~…。

すごいね!
お二人は 何か お仕事だったり

危険な事って
された事ありますか?

千葉さんって
戦隊ものやってたから

爆発とか…。

意外と近いって聞きますもんね。

えーっ!
やってたんだ!

本人がやるんだね やっぱり。
意外と本人なんだ。

アクションとか…。
(滝沢)アクション…。

なんか 1回だけ

どういうシチュエーションで?

止まってるからね ジャングルジムは
自分が行かないと…。

ジャングルジムに激突する仕事
ないわ。

なんか ホントに
足が すっごい速い女だったんで

小学校の時に…
もう バーッて

授業の休み時間ができたら
目も 横 見ながら走っちゃって

アバラを… 2~3カ月
ずっと痛かった事あります。

えっ? 横を向いて…?

横を向いて走ってたら…。

その時。

痩せてたって事?

こう走っちゃう癖があって…。
横を向きながら…。

ホントに痛かったんです!
そりゃ痛いよ。

「一番の思い出」って何?
なんのジャンルの中でなの?

(スタッフの笑い)

徐々に
過激さを増す

タカハシさんの
スタント。

ついに
そのリミッターが外れ

車を使ったスタントを
考え出すんだけど

その練習の仕方が

ぶっ飛んでるぞ~!

相変わらず 崖から
飛び降りまくっていた当時ですね

ある日 テレビを見ていると
やっていたのが

車2台で 至近距離で
並走やスピンをしている

刑事ドラマでした。

で そこで タカハシさんは
こんなふうにひらめきました。

車をマジで激突させた方が
おもろいやん!

ぶつかってはいないから
ぶつけちゃった方がいいと。

タカハシさんは
自主練の鬼ですから

まず カースタントの練習を
始めようとするんですが

ここで ある問題が出てきました。

カースタントの練習となると

確実に 車が
ボロボロになってしまいますよね。

そんな…。

どうしようかなと
思っている間に…。

さあ 皆さん
なんだと思いますか?

練習で使う車?
街中です。

街中で…。

練習で使う車…。

車で練習したい。

練習で使える車ないかな?
ないかな?

おっ! 正解!
タクシー?

(滝沢)いいの?
フフフフフ…。

(一同 笑い)
はい そうです。

タカハシさんは
このタクシーに 目をつけました。

(千葉)ずっと乗っていられる
みたいな…。

ああ~ 自分が運転しちゃえば…。
そういう事です。

タカハシさんは

カースタントの練習をするのが
目的で

タクシー会社に潜り込むんです。

あっ…
実際にドライバーになるって事?

練習するために?
はい。

(一同 笑い)

結構 すんなり入れたんですよね?

免許 すぐ…
一発で取れたんで…。

そうか 今はね
タカハシさんっつったら

業界では有名だから
やれるだろうけど

当時は練習するには
タクシードライバー…。

よくわかりましたね 千葉さん。

(一同 笑い)

恐怖がね…。
やめてください。

その

タカハシさんの1日の乗務
どんなものだったのか

こちらの模型を使って
説明していきたいと思います。

まずですね タカハシさんは

そして
何食わぬ顔で乗車開始します。

タクシーのね。
はい。

街に繰り出し
乗務するかと思わせて

近くの野球場に行きます。

野球場に行きます。
野球場に行く…。

で ここで
ドリフトとコーナリングを

みっちり7時間
練習しまくります。

アハハハハ!

で 練習を終えまして
夕方 街にまた戻ってきて

通常の業務をします。
(滝沢)え~ 怒られる。

ちょっと待って なんか その
野球場の

そうです。
あの 草野球をする所で

タクシーをブンブン ブンブン
振り回していた。

えっ じゃあ 通り過ぎた人さ

グラウンドでタクシーが
ブワ~ッて運転…

「えっ!?」って事?

タクシーで
グラウンドの中をグルグル…。

そうです。 草野球場ですよね。
えっ!?

じゃあ もう タクシーで
ベースランニングみたいな…。

ヒューン ヒューン! みたいな。

運転席からバット振って…。

ハハハハハ!

だって 外野とか
芝 ズルズルになるよ。

ホントに こんな感じで。
(滝沢)かわいそう 次の人。

すっごい… すごいね!

ちゃんと お客さんも乗せて…。

ちゃんとしますよ。
だって 泥だらけ…

土ぼこりだらけでしょ?
ドリフトして…。

ユニホームじゃないんだから!

水道で…。

ちょっと はらって
ちゃんと乗務して

何食わぬ顔で
こう 営業所に戻るという。

何食わぬ顔で戻れるかな?
(滝沢)バレちゃいそう。

「お前 どこ走ってきたの?」ってね
なりそうだけど。

ならなかったんですよね?
(タカハシさん)そう。 ちゃんと…。

(滝沢)売り上げ 上がるんだ。

でも そのグラウンドがさ
もう タイヤ痕でさ…。

(スタッフの笑い)
すごかったでしょうね。

(一同 笑い)

(滝沢)すごい ホントに。

ピッチャーライナーの気持ちが
味わえるんだ。

ホームベースからの…。

(一同 笑い)

タクシーの運転手さんとして
こういった練習をしてました。

すげえ!
すごい タカハシさん。

(千葉)やばい。

超やばい激レアさんじゃん!

聞いた事ないですね
こんなスタント練習。

超やばい人だよ これ。
タクシーでの話。

で このスタント練習は

初めはね
見つからなかったそうなんですが

ある日

いや 絶対バレるよ こんなの。

こんな事がありました。
はい 整備士さんが…。

はいはい そりゃそうよ。

やっぱね
すごいね 運転しますからね

バレちゃったわけです。
で タカハシさん…。

言えないですよね はい。

すると 整備士さんが…。

というのも… はい

実はですね タカハシさん

以前
すご腕のスタントマンとして

夕方のニュースに
取り上げられていたんですね。

出ちゃってる…。
はい。

それを その整備士さんに

たまたま見られてしまっていた
という事なんです。

はい …で その事 言ってきます。

ぶっ壊れてんだ 車がね。
はい。

もう 完全に この整備士さんを
怒らせてしまったタカハシさんは

もう 意気消沈です。

もう 練習してるの
バレちゃったから

この会社 辞めないといけないかも
しれないと思いながら帰ります。

けれども

なんと…。

どういう事なんだよ。

タカハシさんが

そして あの男との出会いが
運命を変え

日本に 一大センセーションを
巻き起こす!

タクシーの勤務中に
カースタントの練習をしていた

タカハシレーシングの
タカハシさん。

整備士さんに
めちゃめちゃ怒られたんだけども

次の日 駐車場に行くと…

思いもよらない光景が
広がっていたんだ!

なんと 最高級のスペアタイヤと
最高級のハンドル

そして 足回りを
スタント用にガチガチに固めた

タカハシさん専用タクシーが

そこにあったという事なんですね。

(滝沢)すごい。

いやいやいや
「なんでだよ!」じゃないんです。

実は あの江戸っ子整備士さんが

タカハシさんの頑張りを
認めてくれて

特別に 夜通しかけて

バキバキのスタントカーに
仕上げてくれていたんです。

いや わかるよ。
いい話なのは わかるんだけど…。

いや だから もう あれですよ。

もう 50年も前の話。
そうですよね。

その頃はね 常識も非常識も
もう ここの問題。

ハートの問題?
そう。

(一同 笑い)

なんか ちょっとね
解せない部分があるから…。

で もう タカハシさんも
ありがとうございます! って

また 野球場のとこ…。

ベースランニング。 マウンドで。

練習を積んだ事で
タカハシさんは

神懸かったカースタントを
身に着けたという事なんですね。

それが印象的な名シーンを
抜粋してみました。

ご覧ください。
いや 見たいのよ それが。

こちらは タカハシさんが
スタントを担当した

1970年代の人気刑事ドラマ
『Gメン'75』。

緊迫した
カーチェイスのシーンで

右の車がタカハシさん。

最初の大技が こちら。

マジ?
(滝沢)えーっ!?

野球場で鍛えた 高速スピン!

いいスライディングだね あれ。
(スタッフの笑い)

そして 高速バックからの…。

うわ…。

野球場スピン…
聞いた事ないんだよ

野球場スピン…。
そして 最後は…。

(千葉・滝沢)うわーっ!

メインの大技 横転です!
うわ~…。

タカハシさんは
こうしたカースタントを

ほぼ一発で決めていたそうです。
あっ 鹿賀さんだ。

弘中ちゃん あの

(一同 笑い)
あんなテロップ見た事ない…。

野球場で培った
スピンでございます。

ああ そういう事ね。
はい。

千葉さん でも 怖い…

血は
騒いじゃったりするもんですか?

役者さんとしては。

今見てて すっごい熱い…
ここが熱いです。

アハハハハハ…。
えっ ハートが?

いい? 千葉さん
野球場スピンしても。

ええ~ 嫌だな~。 心配だな~。

バックからの野球場スピン。
(一同 笑い)

やっぱ騒いじゃう…。
騒いじゃうもんなんですね。

過激さが勢いを増す
タカハシさんは その後…。

(爆発音)

(爆発音)

カースタントに爆発を加えるなど
まさに やりたい放題!

しかし

仕事には
絶対に穴をあけられないので

ウソみたいな方法で
その場をしのぎまくるぞ。

サービスしてしまうという
スタント魂が災いしまして

ケガが この時 頻発してきます。
ああ やっぱりね。

けれども タカハシさんは

骨折してんのに?
はい。

えっ!? これ 何? 可能なの?

可能。 だから今がある。

アハハハハハ…。
馬油に失礼!

(一同 笑い)
俺 なんか

受け止められないんだけど それ。
ハハハハハ…。

打ち身 打撲 捻挫は効きます。
(滝沢)へえ~。

いや 骨折してるんですもん。

だから…
要するに 熱出るじゃないですか。

消炎すれば そっちの方も
痛み 治まるでしょ?

だって 鎖骨なんて
アメフトとかラグビー

運ばれて救急車ですもん。

えっ!? やめてくださいよ
根性論で言うの。

そんな…
いや ちょっとおかしいよ。

(タカハシさん)いやいや でも 僕
鎖骨 こっち2回

こっちも
2~3個折ってますけど…。

穴開いてるの…。 怖いなあ。

これ さすがに
カレンちゃん 嫌でしょ?

階段飛ばす男でも。
いや なんか でも もし

(一同 笑い)

絶対 こういう人
私 大好きなんで…。

どんだけケガしても
馬の油で治していたという事で…。

いや 全然 意味がわからない…。

メリケン粉とお酢。
メリケンと酢?

なんですか?
今度やってみるといいですよ。

小麦粉に お酢混ぜて
練るじゃないですか。

それを貼るの… 塗るの。

塗って 油紙で こう…
サラシ巻いておくと

すごく…
解熱効果がすごいんです。

(一同 笑い)

ウソウソ。
(滝沢)絶対ウソ。

絶対ウソ。
そんな民間療法 聞いた事ない。

こうして

1日も休まずスタントを続ける
タカハシレーシング。

(クラクション)

(司会)あっ 大丈夫でしょうか?

いつしか 体に限界が訪れ

タカハシさん始め
スタッフのみんなが

どんどん疲弊。

打開策として 新たな人材確保に
乗り出すんだけど

目立った宣伝もできなく
人が集まらないんだ。

そんな時

あの
超大御所芸人が

司会を務める

ゴールデンの
バラエティから

声がかかるぞ。

その番組が こちら。

もう… 2人は知ってる?
『お笑いウルトラクイズ!!』。

知りません…。
若い人は知らないか。

見た事ないです。
ああ 知らないのか。

(タカハシさん)アハハハハハ…。
大体

『お笑いウルトラクイズ!!』ですよね
テレビがやばかったのって。

そうですね。

伝説的なバラエティ番組
という事なんですが

この番組ですね
タカハシさんにとっても

運命の出会いだったんです。
というのも

たけしさん そしてタカハシさん

で コンプライアンスに寛容な時代
掛け合わさりまして

危険度MAX番組が出来上がった
という事なんです。

この公式は どう考えても
たけしさんが悪いよ。

(一同 笑い)

ここから公式が始まってるよね。
強そう…。

あと 最後に
プラス テリー伊藤ね。

プラス テリー伊藤さんの演出が
重なって…。

最悪番組ができちゃうよね これ。

この番組で タカハシさんは
伝説のシーンを残しました。

こういったものです。

タカハシさんが参加したのは

芸人さんを車に乗せて
様々な障害をクリアする

という企画でございます。

タカハシさんが乗せたのが
あのビートたけしさんでした。

おお! たけしさんが。

順調に爆発やジャンプをクリア。

そして 最後は
コンクリートのブロックに突入し

そのままゴールのはずが

ここで 事件が起こってしまった
という事なんです。

これがですね… タカハシさん。

そして こちらに
たけしさんが乗っています。

で この走行中の車に

ブロックが
ぶつかった瞬間ですね

ウソ~!?
はい。

もちろん ケガをしました。

けれども
絶対に血を見せてはいけないと

必死に タオルで顔を隠す
タカハシさん。

しかし チラッと見てみると

なんと 歯が…。

(一同 笑い)

前歯3本が
グラグラ状態だったんです。

糸で… 白い発泡スチロールが
ぶら下がってる小道具

なんなの? これ。

見た事ないよ!

神経が?

ディテール細かいな
じゃないのよ!

(一同 笑い)

あの人物の見事な機転により
事態は急展開を迎える!

それで フロントを破って

それで そのままドーンって
僕の唇にぶつかって

歯を ちょっと緩めて
それで

90度… 180度… 回転して

それで

タカハシ待て! バカ野郎!
逃げるな タカハシ! って

追い打ちをかけてくれる…。

だから すごく嬉しいですよね。

だから そういう素晴らしさ
っていうのは

やっぱ
たけしさん すごいですよね。

ケガとかでいなくなってるのを
全部バラエティに収めたのが

たけしさんって事ですよね。
(タカハシさん)そうです そうです。

この衝撃の顔面ブロックシーンが
思いっきり放送にのった事で

瞬く間に その名を全国に広げ

新たに人材も集まってきたんだ!

これ ホントの話なんだけど

人間って すごいですね。
治癒能力。

こうやって ずっと押してたら…。

ウソだよ!
(スタッフの笑い)

ホント。

タカハシレーシングは その後…。

を生み出す事に成功したんです。

タカハシさんの手によって
輩出された

リアクションのスターは数知れず。

その代表格といえば出川哲朗さん。

(上島)おい! おい!
(寺門)上がってる 上がってる。

ダチョウ倶楽部さんも!

バカじゃないか!? お前!

うわあ! 上島さん。

(衝突音)

ああ~!

こういった バラエティでの
リアクション芸を作ったのも

タカハシレーシングだ
という事なんですね。

そうだよね。 うん。

72歳!

えっ!?
ええっ!?

まだ…? 自分でですか?

今度 僕の隣に乗せてあげますよ。

いやあ…! 怖えけど
やるならタカハシさんがいいな。

やるならね。
うん。

さあ という事で若林研究員。

タカハシさんに 最終的な
ラベリングをお願いします。

色々あった… 色々あったなあ。

(一同 笑い)

さあ という事で若林研究員。

タカハシさんに 最終的な
ラベリングをお願いします。

色々あった… 色々あったなあ。

全体を通して言うなら

恐怖のブレーキが
整備不良の人です。

(一同 笑い)

さあ そして 千葉さんから
お知らせがあります こちら。

ドラマ
『おっさんずラブ-in the sky-』。

千葉さん
見どころをお願いします。

社会現象を巻き起こしたドラマ
『おっさんずラブ』がですね

絶賛 放送中です。

今回は空を舞台に
ドラマが展開しております。

僕はですね 吉田鋼太郎さん演じる
キャプテンの下で働く

副操縦士の役なんですけれども

ちょっと
ひと癖ある役なんですけれども

見て頂けたら嬉しいです。

『おっさんずラブ-in the sky-』
第3話は

このあと11時45分から放送です。
ぜひ ご覧ください。

まだ 飛び降りシーンとかは
ないんですけど…。

あったら ぜひ タカハシさんにね。

あったら ぜひ タカハシさんに
お願いしたいと思います。

ないでしょ!


関連記事