有吉ゼミ ギャル曽根VS有名人家族・激辛うどんに橋本マナミ&中務裕太がもん絶!四千頭身も大絶叫・元祖大食い芸人…


出典:『有吉ゼミ▼ギャル曽根VS有名人家族▼激辛VS橋本マナミGENE中務&四千頭身』の番組情報(EPGから引用)


有吉ゼミ▼ギャル曽根VS有名人家族▼激辛VS橋本マナミGENE中務&四千頭身[字]


浅野忠信兄&土屋太鳳弟が特大みそラーメンに挑む!ティモンディ高岸が猛追▼世界一周プレートVS演歌軍団▼激辛うどんに橋本マナミ&中務裕太がもん絶!四千頭身も大絶叫


詳細情報

出演者

【教授】有吉弘行

【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)

【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、四千頭身、ティモンディ、ワタリ119、あばれる君

【ロケ出演】土屋神葉、KUJUN、小柳心、三山ひろし、徳永ゆうき、トータルテンボス藤田、アキラ100%、橋本マナミ、中務裕太(GENERATIONS)ほか

番組内容

▼「チャレンジグルメ」お笑い第7世代奮闘SP

①3.8kg鶏三昧!テラ盛りみそラーメンに人気芸能人家族集結!浅野忠信兄&土屋太鳳弟!前回完食・ティモンディ高岸がギャル曽根を追い詰める

②超特大世界一周プレートに演歌軍団三山ひろし&徳永ゆうきが挑む!元祖大食い芸人トータル藤田も猛ラッシュ!

③超爆辛マグマつけうどんVS橋本マナミ&GENERATIONS中務裕太が参戦!あばれる危うし四千頭身・後藤も絶叫

監督・演出

【企画・総合演出】橋本和明

制作

【チーフプロデューサー】横田崇

【統括プロデューサー】秋山健一郎

【プロデューサー】横澤俊之

【制作協力】えすと、AXON、極東電視台

おしらせ

武田真治の筋肉リズム体操は

HPでご覧いただけます!

レッツ!筋肉リズム体操!


『有吉ゼミ▼ギャル曽根VS有名人家族▼激辛VS橋本マナミGENE中務&四千頭身』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

有吉ゼミ ギャル曽根VS有名人家族・激辛うどんに橋本マナミ&中務
  1. スタジオ
  2. 有吉
  3. ギャル曽根
  4. 藤田
  5. ヤバ
  6. 高岸
  7. 曽根
  8. 矢作
  9. アキラ
  10. 一方
  11. 大食
  12. 到達
  13. 後藤
  14. 店員
  15. 都築
  16. スープ
  17. 三山
  18. 大量
  19. 中務
  20. 唐辛子


『有吉ゼミ▼ギャル曽根VS有名人家族▼激辛VS橋本マナミGENE中務&四千頭身』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<これまで
数々のデカ盛りグルメを

制覇して来た ギャル曽根>

<映画やドラマで大活躍の…>

<…の弟で>

(土屋) お腹すいたな~
これから どうする?

<今 注目の…>

<さらに…>

<…の兄で

数々のアーティストの
プロデュースを手掛ける…>

<そして

『WON'T BE LONG』で
音楽界を席巻した

バブルガム・ブラザーズ…>

<…の長男>

<…が参戦!>

<さらに>

(前田) 言ってます。

<…出身のアスリート芸人で

前回…>

<…に挑戦>

<校訓の やればできる精神で

見事…>

<…が 大食い2連勝を
目指す>



<やって来たのは…>

(店員) お待たせしました。

≪うわ~!≫

(スタジオ:有吉) これ 絶対 うまいわ。

≪これ ヤバい≫

<超ド迫力!>

<もっちもちに ゆで上げた麺を

どど~んと4玉

1kgを豪快に>

<もやしを どさっと

300gのせ>

<さらに…>

<…をトッピング>

<そして…>

<3個…>

<豪快に盛り付け>

<…をトッピング>

<を加えた…>

<なみなみと注ぎ入れる>

<その量 なんと…>

<お店の看板メニュー…>

<計10本
300gをのせれば…>

<…が完成>

<総重量は 驚異の…>

<総カロリーは…>

<…にも及ぶ!>

(店員) スタート!
(一同) いただきます!

(ギャル曽根) 取りあえず…。

行こうと思います。

(麺をすする音)

<鶏肉は後に回し

驚異的な吸い込みで
どんどん 麺を胃袋に>

(スタジオ:有吉) すげぇな!

<…に到達>

<一方 大食い2連勝を目指す…>

<大食いトレーニングを
積んで来たらしく

なかなかの食べっぷり>

(高岸) いつも…。

チャーハンを まず…。

そして あんかけチャーハン…。

デザートで…。

<チャーハン18人前を食べ

特訓して来た高岸>

<トレーニングの成果を
遺憾なく発揮し>

<ギャル曽根超えの…>

<…に到達>

≪早っ!≫
えっ…。

(笑い)
(スタジオ:水卜) 優しいわ。

<一方>

<ギャル曽根をマネして
麺から攻める作戦に>

<だが>

≪麺 太いよ~≫

<そう 実は この麺…>

<そんな難敵を前に>

(スタジオ:坂上) 何だ これ。

<黙々と食べ進める…>

<何でも この姿を
弟に見せたいそうで>

(KUJUN) 彼はね…。

何でかっていったら…。

(笑い)

<食べ盛りの頃は…>

<からかってばかり
いたそうだが>

(スタジオ:有吉) そうだったよな!

<45歳になった今も
自分を慕ってくれる弟 忠信に…>

<麺半分を食べきり…>

<…に到達>

<一方

こちらも 果敢に極太麺に挑む…>

<…のような美しい顔立ちで

上品に食べ進めて行く>

って言ったら…。

…とは言われました。

(スタジオ:有吉) 優しい。

<姉の言いつけどおり
しっかり かみつつ 食べ進め>

<ギャル曽根超えの…>

<…に到達>
(スタジオ:有吉) 本当!?

<そして…>

<重たい麺を避け
肉から攻める作戦>

(小柳) きっとね。

(曽根) えっ えっ 両手?

ひと口で 2つ 一気に行く?

<効率重視の2本食いで
序盤からハイペースで飛ばす>

(曽根) えっ 早っ!
(土屋) すごいな。

でも トムさん 激辛も 3回ぐらい
完食されてるんですけど。

(小柳) 小っちゃい頃から 何か…。

みたいな…。

…を受けて来てて。

親父は…。

デカ盛りで
2人で1冠ずつ 取って…。

<親子でのチャレンジグルメ
制覇を目指し

一心不乱に食べ進め…>

<揚げ串を食べきり…>

<…に到達>

<一方 その隣では>

(スタジオ:有吉)
結局 曽根ちゃんが早いからな。

ほら もう 違うもん。

(スタジオ:有吉)
キャプテンって呼ばれてんの?

(土屋) すごい。

<ギャル曽根キャプテンと

高岸の大食いデッドヒートが>

これ うれしいな!

<互いの食べっぷりに
刺激を受け

相乗効果で
どんどん ペースアップ>

<2人とも…>

<だが ここで 思わぬ事態が>

≪ウソでしょ≫

≪2つ!?≫
(高岸) 大っきい。

<そう…>

<しかも 食感のアクセントで…>

(スタジオ:矢作)
おいしいけどね きくらげ。

<思わぬ隠し玉の出現で

挑戦者たちの箸が止まる>

<と この…>

(スタジオ:有吉) やめたほうがいいよ。
(曽根) 早い。

(笑い)

(スタジオ:矢作) ヤバい みんな。

<諦めない高岸の姿に
胸を打たれたのか

チームメートの箸が

再び 動き始めた>

<まさに全員野球の精神で

チーム一丸となり 完食を目指す>

(スタジオ:有吉) あれ? 行ってるね!

<3人とも 1kg後半に>

<そして チームを引っ張る
ティモンディ・高岸は>

(スタジオ:有吉) おぉ 来たね!

<ギャル曽根を超える…>

<…に到達>

<一方 大食いキャプテン
ギャル曽根は>

食べちゃいます。

<…と言うと>

≪ヤバい ヤバい ヤバい ヤバい≫

すげぇ。
(矢作) 考えられないよ これ。


<ティモンディ・高岸は>
(スタジオ:有吉) おぉ 来たね!

<ギャル曽根を超える…>

<…に到達>

<対する 大食いキャプテン
ギャル曽根>

食べちゃいます。

<…と言うと>

(スタジオ:矢作) これね。
(スタジオ:有吉) すげぇ。

≪ヤバい ヤバい ヤバい ヤバい≫
(スタジオ:矢作)考えられないよ これ。

≪ウソでしょ≫
≪うわ ヤバい≫

(スタジオ:水卜)
めちゃくちゃカッコいい!

<意外にも キャプテンという
肩書が気に入っていたのか

巨大つくねにも 豪快にかぶりつく
曽根キャプテン>

≪うわ~ すごい!≫

<だが ここで さらなる難関が>

(スタジオ:有吉) 何だ?
(スタジオ:矢作) どうした?

<そう 見るからに濃そうな
このスープには

ネギとニンニクで…>

<…が

こんなにも
大量に入っていたのだ>

<さらに…>

<チームメートが
次々と脱落する中

ティモンディ・高岸は

ゆっくりだが
手は止めず 食べ進める>

母親から…。

…って電話をいただきました。

母で。

<61歳にして この日も…>

<…したという 母 美由紀さん>

<その口癖は…>

<高岸も さらなる
大食いの高みを目指す>

(土屋) すごいな。

<その頃 ギャル曽根は>

すいません。

≪おいおいおい≫

<なんと…>

≪なるほど≫

(スタジオ:有吉) すげぇ!

<スープが よく絡む 極太麺で
濃厚さを抑える作戦に>

<すさまじい吸引力で

どんどん ペースが上がって行く>

(スタジオ:有吉)
すげぇや もう 全然だもん。

<キャプテンの食べっぷりに
呼応するかのように

高岸もペースを上げ>

(スタジオ:有吉) 頑張ったね。

<ギャル曽根はスープのみ>

<高岸は
巨大つくねが残ったまま>

<果たして
2人とも完食できるのか?>

<…と 高岸が 巨大つくねに
もたついている間に>

≪うわ~ すごい!≫

<ギャル曽根 ラストスパート>

≪気持ちがいいな≫
(スタジオ:有吉) 行け 横綱!

≪すごい すごい すごい すごい≫

≪すごい すごい すごい!≫
(スタジオ:有吉) ヤバい 高岸。

(スタジオ:矢作) 量 多いわ 残り。

≪すごいよ!≫

(スタジオ:有吉) ギリだもん。

≪すごいよ≫

≪すごい≫
≪すごい≫

(スタジオ:有吉) 素晴らしい。

(拍手)

<ギャル曽根…>

<その頃 高岸は…>

(スタジオ:有吉) 頑張れ。

<キャプテンからの熱い声援で
ラストスパート>

(スタジオ:矢作)
えぇ~! 限界の顔してたよ。

(スタジオ:博多大吉)
行ける 行ける 行けるぞ!

(スタジオ:矢作) ホント?

≪おぉ もう行ける! 間もなく
間もなく! もう行くよ≫

間もなく 間もなく 間もなく
頑張れ!

(曽根) 頑張れ!
≪やればできる!≫

(スタジオ:有吉) おぉ すげぇ!
≪やればできる!≫

(高岸) 完食!

<ティモンディ・高岸…>

<見事 大食い2連勝を達成>

<そして>

≪いや~ きつい!≫

≪2・1 終了です≫

あぁ~。

<結果 3人とも
2kgにも届かず 惨敗>

(スタジオ:有吉) 2kg行かないとな。

(曽根) おぉ~!

すごい 1000円分!

<ちなみに…>

<続いて 挑戦するのは?>

この方々です。

(三山) よっ ほっ よいしょ!

やぁ~ えい~!

よろしくお願いします。

<そして>

♪~

<見事…>

<さらに>

(徳永)♪~ 胸の中にあるもの

<演歌歌手ながら さまざまな…>

<参戦>

<そして>

(アキラ100%) 行きますよ!

よいしょ~!

よろしくお願いします!

<さらに>

(藤田) 今日もね。

<前回 ラム肉満載…>

<…に挑み>

≪ダブルフィンガー!≫

<ただ両手で食べるだけの
必殺技を繰り出し

見事…>

<これまで 7戦…>

<…が参戦>

「じゃあ…」。

…みたいになってる。
おぉ~。

<やって来たのは…>

(店員) お待たせしました~。

えっ!?

ウソだ!
≪パーティー用≫

(藤田) ビュッフェ。
(アキラ) ビュッフェですね。

<その量 なんと10人前>

<まずは…>

<その上から チキン2枚…>

<ピリ辛の…>

<…を合わせた

アメリカ ニューヨークで
流行の…>

<続いて…>

<どど~んと盛り付け>

<…などを炒め
ご飯の上にたっぷりとのせた

タイの…>

<さらに なんと…>

<ハーブをたっぷり使い

ジューシーな肉汁があふれ出す
ブラジルの…>

<3本…>

<続いて たっぷりの…>

<イギリスでは おなじみ…>

<そして センターには
ハワイ名物…>

<そこへ…>

<濃厚…>

<たっぷりと>

<これを
3段 積み重ねて行けば…>

<その重さ なんと…>

<野菜も たっぷり添えたら>

<各国の名物料理が共演>

<完成>

<総重量は 驚異の…>

(アキラ) この料理… よいしょ!

(笑い)

何か うれしい。

(店員) スタート!
(一同) いただきます!

(曽根) うん!

<さらに>
(曽根) うわ すごい!

<ブラジル名物のソーセージ…>

<食べ応え抜群だが>

うわっ!

(スタジオ:有吉) すげぇ!

<それを見た藤田 対抗心で>

<早速…>

うまっ!

まぁ 俺 出てないんだけど
ワタリとか出てんだけど。

…ってなってんの。
(笑い)

<…として ワタリに
負けるわけにはいかない>

<2人とも
怒濤の勢いで食べ進め…>

<一方 三山は>

<端にある ライスから攻める>

<ハンバーグタワーは 後回しに>

<端から攻めて…>

<お皿が
4分の1ほど 見えだし…>

<…に到達>

<その隣で>

<お金持ちの
お坊ちゃまのように

序盤から優雅に食べ進める…>

(アキラ:藤田) えぇ~!

<その食べっぷりは>

<実は 子供の頃から
食べっぷりが良く

ついた あだ名は…>

<大食いの動物
カピバラのごとく

勢いよく食べ進め>

<チキンオーバーライスを
食べきり…>

<…に到達>

<だが ここで…>

<ギャル曽根>

<一方 藤田は?>

<猛追撃!>

いや~ すげぇ! 行け!



<ギャル曽根と演歌軍団>

<だが ここで…>

<そう フィッシュ&チップスに
かかっているのは…>

<…をふんだんに刻み入れた

タンザニア名物の
ピリピリソース>

<これが なかなかの辛さで

辛いものが得意ではない
ギャル曽根は

ここへ来て 急激に…>

<その隙に>

(スタジオ:有吉) 行け 藤田。

<過去には 韓国で…>

<辛さには めっぽう強い藤田>

<もだえるギャル曽根を尻目に
どんどん食べ進め

ついには逆転>

<と いよいよ…>

<…が姿を現す>

<そう ハンバーグに かけられた
ホワイトソースは

たっぷりの…>

<そこへ コクのある…>

<トロミを出す…>

<ふんだんに加えた…>

(三山) 結構 もう…。

ちょっと あの…。

(アキラ) よっしゃ!

<まだ 生後1か月という長女>

<大きくなったら
今日の姿を見せたいと

Blu-rayに
保存しているそうで>

<…に到達>

<一方
お腹いっぱいの三山にも…>

(三山) 行きます 世界一周 よっ!

ほっ ほっ ほっ。

はい!
(曽根) わぁ~ すごい!

<これで 勢いを付け>

(三山) 行きます!
(曽根) すごい勢い。

<怒濤の猛ラッシュ!>

(アキラ) うわ~ すげぇ!

<一方>

≪かなり来ますね≫

<重たいソースに
ペースが上がらない藤田>

<と ここで…>

<なぜか パンケーキを端によけ

怒濤の勢いで
ハンバーグだけを食べ進める>

(藤田) だから…。

<これを聞いたギャル曽根は>

<藤田に対抗するかのように

豪快にパンケーキを攻めて行く>

<飽きが来ないよう
ハンバーグも交互に食べ進める>

<パンケーキも一緒に食べた
ギャル曽根が

一歩 リードする展開に>

<藤田は
パンケーキの他にも まだ…>

<…が残っているが>

<そう 実は藤田

巻同様 お米なら
いくらでも食べられると豪語>

<しかも>

<終盤まで
吸引力が衰えない…>

早過ぎないですか?
(アキラ) ホントだ!

<だが ここで…>

ねっ。
(アキラ) ホントだ サラダの下。

えっ ある。

<そう サラダの下に
隠されていたのは…>

<一方
ギャル曽根と藤田の頂上決戦も

いよいよ佳境に>

<いまだ
パンケーキ5枚を残す藤田は

かなり苦しい展開>

パンケーキ食べたい
パンケーキ食べたい。

<…と>

(藤田) あっ いいんですか?
(店員) はい。

<実は こう見えて 大の甘党>

<パンケーキに
さらに甘みを足し

その勢いで
マッシュポテトも食べ

両方を一気に減らして行く作戦>

<一方 ギャル曽根は
1個 丸々のマッシュポテトを>

<たった ふた口で!>

<終盤に来ても
全くペースが落ちない2人>

<今日こそは
ギャル曽根に勝って…>

<藤田>

<もう…>

<大食いクイーン ギャル曽根>

<果たして…>

<どちらなのか?>

(アキラ) すげぇ~。

(スタジオ:有吉)
あぁ~ 曽根ちゃん 早いか。

(アキラ) えっ!? ウソでしょ?

(スタジオ:坂上) すごいな。

(スタジオ:矢作) うわぁ~!

(スタジオ:有吉)
いや~ 早い! さすが。

(スタジオ:矢作)
すごいね いやいやいや…。

<ギャル曽根…>

<その頃 藤田は…>

(三山:徳永) えっ!

(アキラ) うわぁ~!

フ~!

ごちそうさまです。

<トータルテンボス・藤田
ギャル曽根に30秒及ばず…>

<そして>

≪3・2・1…≫

≪終了です≫

<結果 三山ひろしは…>

<徳永ゆうきは…>

<アキラ100%は…>

<…で終了>

<成功の…>

(店員) ニュージーランドの
ホーキーポーキーアイスクリームです。

(藤田) おぉ~!
(曽根) えぇ~ 何 これ。

<ちなみに…>

(藤田) いただきます。
(曽根) おいしい!

う~ん!

(笑い)

曽根ちゃん
お見事でございました。

でも 今日は ちょっと
だいぶ 本気 出したね。

ティモンディさんが
前回より もう…。

でも…。

(笑い)

もう…。

(笑い)
(矢作) なぁ なぁ。

(笑い)

(笑い)

<挑戦するのは>

<先日 代打の
ワタリ119が

まさかの
顔の面白さを発揮>

<今 崖っぷちの
あばれる君>

(あばれる君) この方々が
来てくれました!

(中務) お願いします。

(都築) よろしくお願いします。
(スタジオ:有吉) 大丈夫?

<…と呼ばれる
グラビアアイドルで>

南條 遥って子
知りませんか?

<…にも出演する
女優 橋本マナミ>

<さらに…>

<そして>

<独特な…>

<ツッコミの後藤が参戦>

(橋本) 今日は。
(あばれる君) あっ そうですか。

3品ぐらい食べたんですけど…。

結構 行ける…。

<やって来たのは…>

<お店の…>

うぅ~わ~!

ヤバい!
(あばれる君) いやいや いやいや!

<たった ひと口で
全身に震えが走る…>

<大量の…>

<これまた 大量の…>

<さらに…>

<…も たっぷりと>

<激しい しびれが特徴の
花椒を大量に加え

よ~く かき混ぜれば

特製の…>

<…が完成>

<…が ベースのスープに

豚バラを加えたら

先ほどの
超爆辛麻辣ペーストを投入>

<鋭い辛味が特徴の…>

<さらに
丸ごとの唐辛子を5本 加え

唐辛子の辛味成分を抽出した…>

<たっぷり注げば

マグマのように真っ赤な…>

<…が完成>

<もちろん 麺にも ひと工夫>

<…を加え

辛さが隅々に行きわたるよう
入念に混ぜ合わせ

上から たっぷり
鷹の爪をかければ…>

<どう見ても…>

<ダメ押しに 乾燥した唐辛子を
丸ごと5本 盛り付ければ

たった ひと口で
全身に震えが走る…>

<…が完成>

(石橋) 僕の自信ですか?
(後藤) 石橋の自信?

<…のが ルール>

<果たして…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます。

<まずは>

ちょっと待って これ 怖いぞ。

<食べる前から
匂いだけで汗だくの あばれる>


<スープまで飲みきるのが
ルール>

(店員) スタート。
(一同) いただきます。

<まずは>

ちょっと待って これ 怖いぞ。

<食べる前から
匂いだけで汗だくの あばれる>

(橋本) 汗がヤバい 滴ってる。

(スタジオ:有吉) 早いね。

<続いて 麻婆豆腐に大量の山椒を
入れて食べるのが大好きな…>

(スタジオ:有吉)
あっ いいね 食べっぷりは。

(あばれる君) 火花 火花 火花。

<激辛に自信満々の…>

(スタジオ:有吉) 頼んだぞ。

≪大丈夫ですか?≫
(後藤) 裕太君。

<そして 最後は 未知数の…>

(スタジオ:矢作)
強そうっちゃ強そうに見えるな。

(スタジオ:有吉) 強そう。

(都築) 大丈夫 大丈夫。

痛い 痛い 辛い 辛い。

<…の 超爆辛うどんに

激辛自慢の
挑戦者たちも…>

<…と>

(後藤) …っていうのを。

<まだ…>

<いまだ実家暮らしの後藤>

<激辛チャレンジが大好きな父に
頑張る姿を見せ

自慢の息子と
言ってもらいたい>

(スタジオ:有吉) ヤバいだろ!

無理だよ もう。

<それでも 四千頭身・後藤…>

<…近くまで食べ進める>

<一方…>

≪えっ!≫
1人で出るの 初で。

(あばれる君)
これは負けられないですね。

<他のメンバーの助けを
借りずとも

1人で輝けることを
HIROさんに証明したい>

≪劣ってないぞ≫
≪裕太さん 行ってますね≫

≪麺 結構 行ってますね 確かに≫

<根性で
麺4分の3を食べきった>

<片や いまだ苦戦する橋本>

ヤバい!

<麺を避け 具から攻める作戦に>

(スタジオ:有吉) それ ヤバいだろ。

<実は こちらの油揚げ…>

<大量の花椒を加え

じっくりと煮込んだ
超激辛油揚げなのだ>

<そのため>

(スタジオ:有吉) あっ。

<かんだ瞬間 口の中に辛味成分が
どっと染み出す>

(スタジオ:有吉) 強いね やっぱり。

(橋本) 私…。

<愛人キャラ1本で通して来た
橋本マナミも もう…>

<この激辛チャレンジを通じ

新たな自分を見つけたい>

行きます。

辛い!

<橋本マナミ
謎のエビ天に撃沈され…>

(笑い)

<実は この…>

<エビの身に
大量の唐辛子をまぶし

チリペッパー入りの
真っ赤な天ぷら粉につけて

カラっと揚げた…>

<…と ここで>

(都築:石橋) はい。

こっちはね…。

いただきます!
(スタジオ:有吉) ややウケだな。

<ネットからの支持は
圧倒的に薄い…>

<だが 激辛の先輩として

何とか 意地を見せたい>

<残った麺を 全て 器に移すと

そのままの勢いで>

(スタジオ:有吉) 結局 強いよな。

(あばれる君) 麺 食い終わりました!

<…と>

僕も…。

後輩で 出てて 激辛。

<そう 以前 ハバネロまみれの

超激辛みそらーめんに
挑戦した…>

≪えぇ~!≫

<特に リアクションせず

あっさり完食した

まさに…>

(中務) じゃあ 僕も行きます。

≪裕太さんも≫

<川村のような
特殊能力はないが

誰にも負けない根性ならある
中務>

(中務) 行きました。
≪麺 全部 行った≫

<その頃>

(都築) お前 さっきから…。

(都築) 液状の中で。

はぁ…。

(笑い)

(都築)
オファーしてくれたわけだから。

<食卓で 毎週 家族そろって

『有吉ゼミ』を
必ず見ているという後藤>

<今日 食べきらなければ
お父さんが悲しんでしまう>

(都築) ギブかい!

<四千頭身・後藤
麺を ほとんど食べきるも

無念の…>

でも お父さん…。

(スタジオ:有吉)
あっ そう じゃあ いいね。

<残るは 珍しく立ち上がり
余裕が一切ない あばれると

HIROさんに
頑張りを見せたい…>

(中務) これ…。

<そう 残るは…>

<麺に たっぷりと絡んでいた
唐辛子が

スープに つけるたびに
溶け出し

最後には とんでもない辛さに>

これはね…。

<激辛百戦錬磨の
あばれるでさえ

スープが大量に残る
大ピンチ>

<…と>

この前ね…。

っていう話をしたらね…。

こんなに…!

≪すげぇ!≫
≪やっぱ 心 打ってるんですね≫

これが…。

(都築) カッコいい!
(あばれる君) 行きま~す!

これ 尋常じゃないな。
すっげぇ。

これが… これが 僕の力になる!

(都築) カッコいい!
(あばれる君) 行きま~す!

<あばれる君が
ラストスパート!>

(スタジオ:有吉) ハハハハハ!

(スタジオ:坂上)これ 尋常じゃないな。
(スタジオ:有吉)すっげぇ。

(後藤) すご過ぎるわ もう。

<なんと 残り2分で
スープを ほとんど飲み干す>

<あばれるの頑張りに触発され

ラストスパートをかける中務>

あぁ!

<だが
最後の難関が>

あっ!?
≪やっぱ 唐辛子 辛いんだ≫

辛い!

<これを見た あばれるは
唐辛子をひとまとめに>

さぁ いただきますよ。

最後…。

≪すげぇ カッコいい≫

<あばれる…>

しゃ~!

<そして 唐辛子に苦戦していた
中務も

根性で
ひと口ずつ 着実に食べ進め>

≪うわ 裕太さんが≫
≪うわ ちょっと≫

行きます。
(あばれる君) 行く? なんと!

(スタジオ:有吉) うわ 行った。
(スタジオ:曽根) すごい。

(あばれる君) 中務君 完食!

<GENERATIONS・中務…>

<気になる…>

(店員)
季節のジェラートになります。

(あばれる君) やった!

かぁ… あぁ…。

<ちなみに…>

あばれるちゃん
今回も お疲れさまでした。

ありがとうございました。
僕は あんまり…。

…としか言いようがない。
くぅ~!

よかった。
いや でも…。

断トツですね はい。

(あばれる君) いやいや 甘くない!

(博多華丸) いや やっぱり
つくづくと テレビは

正規のルートで出たいなと。
(笑い)

(あばれる君)
こういうこと やってくださいよ。
(大吉) いやいやいや。

第7世代 大変ね。

君は 第9世代。
第9世代!? 下なんですか!

『世界まる見え!テレビ特捜部』
本日のテーマは… あれ?


関連記事