遠くへ行きたい 山田純大 金沢・小松の魅力と山海の幸・石川のルーツ探る旅・ご当地グルメ塩焼きそば・九谷焼の魅力…



出典:『遠くへ行きたい「金沢・小松の魅力と山海の幸を堪能!石川のルーツ探る旅」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「金沢・小松の魅力と山海の幸を堪能!石川のルーツ探る旅」[解][字]


山田純大▽金沢でぜいたく甘エビづくし▽珍味!「ゴリ押し」で有名な魚▽日本屈指の石の産地…小松のご当地グルメ「塩焼きそば」▽繊細な模様と美しい色合い…九谷焼の魅力


詳細情報

出演者

【旅人】

山田純大(俳優)

番組内容

金沢~小松の隠れた魅力さがし▽1)風と一体!内灘海岸カイトサーフィン▽2)コロッケも!どんぶりも!金沢の台所「近江町市場」で旬の甘エビづくし▽3)塩焼き&から揚げが美味!「ゴリ押し」の語源はこの魚▽4)川の中に石がゴロゴロ…だから石川県って本当?▽5)大迫力の巨大ダンプ!企業城下町・小松市▽6)日本屈指の石の産地…小松のソウルフード「塩焼きそば」▽7)細かい模様とカラフルな色合い…九谷焼の魅力発見

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

石川県内灘町~金沢市~小松市



『遠くへ行きたい「金沢・小松の魅力と山海の幸を堪能!石川のルーツ探る旅」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 金沢・小松の魅力と山海の幸を堪能!石川のルーツ探る旅
  1. ゴリ
  2. 小松
  3. 金沢
  4. 甘エビ
  5. 男性
  6. サーフィン
  7. 一華
  8. キレイ
  9. ホント
  10. 山田純大
  11. 児童
  12. 世界
  13. 石川県
  14. 珍味
  15. お願い
  16. カイト
  17. ダンプカー
  18. デッカ
  19. 九谷焼
  20. 穴場探


『遠くへ行きたい「金沢・小松の魅力と山海の幸を堪能!石川のルーツ探る旅」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(山田純大) 来た~ 海!

<山田純大です>

<やって来たのは
金沢にある内灘海岸>

<ここで 秋から冬にかけて

風の強い日に楽しめる
サーフィンがあるそうです>

<サーフィンに使うのは これ>

<何でしょう?>

<そう カイトです>

お~ 揚がった~!

<風の力で
サーフィンを楽しむのだとか>

<まず 砂浜でカイトの操作から>

<風が強いと
体ごと持って行かれます>

あ~ あ~ うわ~。

<風をつかむバランスを間違えると
この通り>

キツいよ
むっちゃくちゃすごいよ これ。

<いよいよサーフィンに挑戦!>

あぁ! あ~!

<しかし
ボードに乗る前にカイトが着水>

悔しいです。

うわ~!

<インストラクターに
妙技を見せてもらいました>

カッコいいね~!

<カイトサーフィンは
新たなマリンスポーツとして

今 大人気です>

相当すごいテクニックだよね。

普通のサーフィンと違って
ずっと乗ってるもんね。

うわ~。

<今回は金沢 小松の穴場探し>

<まず 海産物の宝庫へ>

こんにちは!
(児童たち) こんにちは!

フフフ…!

<金沢の台所で
旬の甘エビに舌鼓>

うまいです。

野生のタヌキ。

うわ~!

<山里で見つけた 不思議な魚>

いや 初めて見ましたよ ゴリ。

<珍味中の珍味を発見!>

デッカ!

<世界最大級のダンプカー>

<石の町 小松で謎の洞窟へ潜入>

広いですよ。
広っ!

美術館じゃないですか。
そうなんです。

<秋の石川で
隠れた魅力を探す旅>

<皆さんも ご一緒に どうぞ!>

<まずは加賀百万石の城下町
金沢から!>

<旬の魚を求めて
やって来たのは…>

近江町市場!

<江戸時代から続く
この市場には

加賀野菜や 日本海の海の幸など

180以上の専門店が軒を連ね

金沢らしさを味わえる
観光名所にもなっています>

このさ これ 知ってる?

丸干し
これ 最高においしいんだよ!

酒のつまみにもいいし。

何かうまそうなのが
見えて来たね~。

<行列の出来る店を
見つけました>

こんにちは。
(児童たち) こんにちは。

こんにちは!
(児童たち) こんにちは!

お買い物体験?

おつかいを頼まれて
ここに来てんの?  はい。

またね!
(児童たち) またね~!

バイバイキ~ン!
バイバイキ~ン!

一番の人気は どれになります?

甘エビコロッケ。

<これが人気のコロッケ>

甘エビ。

ポテトと重なって
甘みがすごい増してる。

全体的にすごい甘い うまい。

<魚屋は どこだ~?>

甘エビ たくさん!

すごいですね この甘エビ。

今時期なんですか?
そうそう。

<9月に
底引き網漁が解禁になって

これから冬にかけて
おいしいそうです>

おいしそう!
(男性) 食べてみたら?

いいですか?
(男性) いいよ。

ねっとり 最高ですね 甘くてね。

(男性) うまい!
ほら 卵!

いただきます。

うん!

<甘エビをたっぷり食べられる
店を見つけました>

<これが近江町名物 「甘えび丼」>

お待ちどおさまです。
ありがとうございます。

金粉まで付いて。

うわ~ どうですか? これ。

<大ぶりの甘エビが
10本も入ってます>

いただきます。
(雨坪さん) はい どうぞ。

(雨坪さん)豪快に召し上がって…。
はい。

<ミソが濃厚!>

甘っ!

うわ~ すごい! とろとろ。

<卵ものせて 何という贅沢!>

こんなに豪快にのっけて

食べられるとこって
あんまりないんじゃないですか?

ここまで
のっけてくれないですよね?

最高ですね!

<旬を迎えた…>

<これ お薦めです>

<海の幸だけではありません>

<珍しい山の幸があるというので
郊外へ>

何? あれ。

<ほら!>

おいで!

おいで。

<自然がいっぱい!>

<こちらで加賀伝統の
珍味がいただけるそうです>

<何だろう?>

「岩魚茶屋」。

こんにちは。

(大瀬さん) 遠いところを。
山田です よろしくお願いします。

珍しいものを食べさせてもらえる
って聞いて…。

金沢じゃ ちょっと…。

昔は 岩魚だけだったんですけど。

そうです そうです。

へぇ~。

何万匹!?
何万匹です。

<えっ? この中?>

<何? これ>

こういう魚だとは
思ってなかったです。

ゴリ? いや 初めて見ましたよ。

<ゴリはカジカの仲間で
今となっては貴重な魚>

<江戸時代 城下を流れる清流で

豊富に取れたゴリは

佃煮として加賀料理に
欠かせなかったそうです>

<手押しのザルと
ゴリ押し板を使う伝統漁で

底にへばりついたゴリを
強引に取るところから

「ゴリ押し」という言葉が
生まれたそうです>

生きとるやつを…。

<一体どんな料理に
なるんでしょう?>

今 皮 剥いでる作業なんですけど。

こっから また…。

これは でも 手間が掛かりますね。

<魚が小さいので
おろすのにも技がいります>

<脂ののったゴリは
塩焼きや唐揚げにすると

うま味が際立ち
おいしいそうです>

<こちらがゴリを
ふんだんに使った郷土料理>

<まずは 刺身から>

初めて食べますよ。

おいしいね~。
コリコリっと。

ねぇ! 歯応えと…。

こんなに味があると
思わなかったです。

結構 ゴリは いいダシが。

珍味中の珍味じゃないですか!

これは?
「ごりの骨酒」ですね。

お酒?
はい。

うまい!

お酒っていうか
お吸い物みたいな。

それぐらいのダシですよね?
皆さん

「ダシ飲んどるみたいや」
みたいな…。

お魚も食べられますよ。
うわ~。

うん!

<唐揚げにすれば
骨も頭も食べられます>

あっ…。

この辺りで 採りに行かれて。

贅沢だよね!

金沢って海の幸っていうイメージが
すごい強いじゃないですか。

この山の幸って
ちょっと今回 ビックリしました。

すごいいいですね。

<金沢伝統の珍味
貴重な味を見つけました>

<金沢平野の
田園地帯を流れるのが手取川>

<そこに石川県という名前の
ルーツになった風景があります>

うお~! 何? これ!

穴 開いてるじゃん あそこ!

キレイ! ものすごいキレイ!

石がたくさんある。

大きな石も多いね。

<どうです? この景観>

<川の中に
石がゴロゴロあるところから…>

<…という名前が
付いたそうです>

<次に向かったのが
石にまつわる町 小松です>

<駅前の広場には…>

うわっ デッカ!

何だ? これ!

<ここには石を運ぶ機械の
製造から始まった

世界有数の
建設機械メーカーがあります>

マンションみたいに
デカくないですか? これ。

7m?
(島本さん) ええ。

このタイヤ!

<このダンプカー
世界最大級だそうです>

デッカ!

そういうこともできるんですか?
ええ。

ダンプカーっていうか
要塞のような…。

<運転席は右上のボックス>

うわっ 小さいですね 中はね。

有人運転で動かすのには…。

一番向こう…。

サイドミラー。
あれ サイドミラー?

あれは見にくいですね でもね。

あれの…。

うわ~
相当 感覚で運転しないと これ

運転できないですね。
できないですね。

<世界の巨大な鉱山で
働くために

こうした大型機械が
開発されて来たそうです>

<小松は…>

<…といった鉱物資源が豊富な
日本屈指の石の産地>

キレイですね~。

<天然の岩山をそのまま利用した
寺もありました>

うわ~! キレイ!

これは圧巻ですね。

こういう場所が
石川県にあったって

僕 知りませんでした。

<見てください!
驚くべき自然の造形>

<この岩山に
神が宿ると信じられて

岩そのものが
信仰の対象になって来ました>

<所々に開いた岩穴で
修行僧が座禅を組んで

瞑想したそうです>

<山肌に ぽっかり開いた穴は

江戸時代の石切り場跡>

<その近くに今でも石を
切り出している所があります>

こんにちは。

すいません
ここ 石を切る場所なんですか?

そうですね。

どんどんどんどん
奥まで行って…?

はい。
へぇ~。

<どうやって
切り出しているんでしょう?>

こんにちは!

おじい様?
(雄己さん) はい。

四代目の…。
四代目!

<荒谷さんの家は明治時代から
この仕事を続けて来たそうです>

ものすごい地道な作業ですよね。

(雄己さん) そうですね。

(雄己さん) おじいちゃんが
この機械 入れたので…。

これ何年前から
使ってるんですか?

80年? 80年だって。

すごいね~。

<ここで切り出された…>

<耐久性や水に強いことから

アーチ橋や城壁などに
使われて来ました>

<また
きめが細かく加工しやすいため

彫刻にも適しているそうです>

うわ~!

<次は 謎の洞窟へ潜入!>


<山田純大
石川県小松 穴場探しの旅>

え~ いってきます。

<小松には鉱山や工場で
働く人の間で広まり

今ではソウルフードになった
名物があるそうです>

<豚肉と もやしを炒め

加えるのは ねぎとにんじん>

<そこへ
極太の中華麺を入れて…>

<そうです! 名物の焼きそば>

<味付けはソースではなく 塩>

<60年前…>

うわ~! 来ました。

<塩分が不足しがちな仕事には
ピッタリですよね>

いただきます。

あっ! うまいっすね!

さっぱりと 何かコクもすごいし。

塩っていうより
でも何か すごい深いんですよね。

いろんなもの入ってると
思うんだけど。

塩だけじゃないんですがね

当然 隠し味も入ってますけど

それが この太い麺に絡んでね。

あと野菜がね
シャキシャキ感と

合うような感じで…。
これね すごいパンチがある。

きく!

もうひと皿行けるかな?
お代わり!って感じ…。

おいしい! それぐらい ホントに。

…ぐらい! ぐらい。

そこまで?
はい。

<今では
小松のご当地グルメとして

観光客にも大人気です>

<愛され続けて来た小松の味
ごちそうさまでした>

<石切り場の跡を利用した
不思議な施設があるそうです>

うわっ 何? これ。

<ここは…>

うわ~。

(明美さん) そうなんですよね。

手で掘ってったんですもんね。
(明美さん) そうなんです。

広いですよ。
広っ!

奥までずっと続いてるんですか?
そうです。

か~!

壁を これ 利用して アートを…。

そうですね。

えっ 面白い!

すごいな! この世界!

そうなんです。

洞窟にこんなにたくさん
作品があるって

なかなか
珍しいんじゃないですか?

<仏教美術や
インド風の造形で活躍した…>

<…が洞窟内に築き上げた
幻想的なアトリエ>

<明美さんは その三代目です>

うわっ
ここはまた 何か怖い人が多いな。

こっから地獄なんだ。
そうですね。

耳だよ 耳。

そうです。
目が 血走ってるよ。

圧倒されますよね
やっぱね 怖いですよね。

<そして お釈迦様と 十大弟子>

地獄を抜けて 最後

仏様で
終わっていただくというので…。

ほっとしますね。
そうですね。

それに 町の方が感動されて

お経をみんなで あげたりとか

皆さんがここで集う場所の
一つでもあったんですよね。

ホントそういう
集まりみたいなのを

ここでもっともっと
開催されればいいですね。

そうですね。

<石川県が
世界に誇る伝統工芸…>

<細かい模様と
美しい色合いが特徴です>

<実はその原料も
石なんですって!>

<山田純大
石川県小松 穴場探しの旅>

(男性) そうです。

<この きな粉のような細かい粉

実は小松で採れる石を
砕いたものなんです>

<粉になるまで砕いた石を

水と混ぜて攪拌して行きます>

(男性) そうですね。

効率がいい。

<ろ過を重ねて
最終的に残るのが…>

これが一番最後の工程?
(男性) そうですね。

うわ~ すごい!

九谷焼の原点ですよ これが。

ですよね?
そうですね。

手触りがすごい気持ちいい…。
これ すごい!

<こうして
石を粘土状にしたものを成形し

高温で焼き上げると
ガラスのような磁器になります>

<それに独特の絵付けをして
仕上げるのが…>

こんにちは
よろしくお願いします。

<現代九谷を代表する一人

浅蔵五十吉さんの工房を
訪ねました>

これ作業的には
何ていう作業なんですか?

色つけ?

(浅蔵さん)
そうそう この赤っぽい色がね。

そうそう…!
へぇ~!

<代々
浅蔵家で受け継がれて来たのが

五十吉カラーと呼ばれる
深い黄色の色彩です>

よろしくお願いします。

(一華さん) これが基本の九谷五彩
といわれる五色なんですけど

使いたい色で
使ってもらえれば…。

<九谷焼の色つけ体験
カッコいいの作るぞ!>

どんなふうになって行くんだろう。

(一華さん)
やり始めるとホントに…。

没頭しちゃいますね。

何かいい感じに
なって来たんじゃないですか?

そうですか?
うん。

<最後に名前を入れて…>

これでおいしいご飯が…。
どうでしょう?

<焼き上がりがどんな色になるか
楽しみ!>

バランスはいいと思います。

<さぁ 次は 九谷焼を彩る

郷土料理をいただきます>

色とりどりのね
器も 全部こちらの器ですもんね?

(浅蔵さん) はい 自分のとこのね。

<料理の脇から見える
絵柄とのコントラストが

器選びの楽しみ>

これは奥様のじゃないですか?
はい 私のです。

もうね 分かりましたよ。

分かって来ましたよ。

シンプルな中にこの…。
(一華さん) 一番いいですよね。

そうなんですか。
はい。

煮物よく作ってくれたんですけど
何か懐かしいな。

(一華さん) ホントに…。

でも こうやって…。

日本人もいろんな料理
今 食べるようになって

いろんなバリエーション増えて

また
お皿とかね 合うようなものも

たくさん食べるように
なったじゃないですか。

世界で
合いそうな気がしますけどね。

(一華さん)和食だけじゃなくて…。
じゃなくてですね。

<見てください!
僕の茶わんが焼き上がりました>

<これなかなかオシャレだと
思いませんか?>

のどかだね~。

<石川県の隠れた魅力を探す旅>

<皆さんも
出掛けてみませんか?>


関連記事