所さんお届けモノです! 都会のど真ん中 青山の朝市でお値打ちモノ探し! ファーマーズマーケット・浜口京子さんが…


出典:『所さんお届けモノです!【都会のど真ん中★青山の朝市でお値打ちモノ探し!】』の番組情報(EPGから引用)


所さんお届けモノです!【都会のど真ん中★青山の朝市でお値打ちモノ探し!】[解][字]


大好評の朝市企画★今回は海も山もない青山で毎週末に開かれるファーマーズマーケットへ▼浜口京子さんが日本全国から集まる珍しい野菜や果物、食材をリポート!


詳細情報

出演者

【MC】 所ジョージ 【アシスタント】 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志 【ゲスト】 鈴木亜美 【リポーター】 浜口京子

番組内容

「早起きは三文のトク!」今回は少し趣向を変えて、最先端ファッションの町青山へ ★毎週末開かれるファーマーズマーケットでお届けモノ探し ★全国から新鮮で珍しい野菜や果物が集結し、最新の食材やユニークな調味料もそろう、まるで食のワンダーランド ★スタジオゲストにはフードアナリスト2級の資格を持つ鈴木亜美さん

番組内容2

★鈴木亜美さんも大絶賛した驚きのピクルス!ピクルスの常識を覆す意外な原材料とは ★好きなのは「定番」、変わった食べ物は嫌い、そんな所さんに浜口さんから届いた「甘くて温かい謎のコーラ」とは…?

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/otodokemono/


『所さんお届けモノです!【都会のど真ん中★青山の朝市でお値打ちモノ探し!】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

所さんお届けモノです! 都会のど真ん中★青山の朝市でお値打ちモノ探し
  1. 浜口
  2. 鈴木
  3. 朝市
  4. 青山
  5. ピクルス
  6. 野菜
  7. お店
  8. 阿部
  9. 主人
  10. 農家
  11. アハハ
  12. コーラ
  13. 高田
  14. 松本
  15. 大丈夫
  16. オシャレ
  17. オリーブオイル
  18. デザート
  19. 伊良コーラ
  20. 意外


『所さんお届けモノです!【都会のど真ん中★青山の朝市でお値打ちモノ探し!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<探し!>

<朝市といえば 全国各地で
早朝から開催され

その土地ならではの特産品を

激安価格で
手に入れることができる

まさに…>

<今回も
リポートしてくれるのは>

(浜口)では 気合だ!

(所)「うなる」の「う」が
出ちゃったんだね。

<今日も朝から気合 入ってます>

100円です。

<これまで
浜口さんが調査したのは

新鮮な海の幸や 地元の特産物が

お値打ち価格になっている
漁港の朝市>

<しかし 今回は
東京の ど真ん中>

<オシャレの最先端をいく街
青山>

<海も山もない青山の朝市には

どんなお店が
あるのでしょうか?>

<時刻は 朝市にしては遅めの…>

(浜口)でも…。

<ビルに囲まれた
青山通りを進んでいくと>

あぁ~。

えぇ~!

ここですか。

(鈴木)あっ。
あっ ホントだ。

(浜口)すごいですね!

随分 遅くにやるんだね 朝市
昼市じゃん もう。

(浜口)すでに たくさんの方が
いらっしゃってますよ。

<こちらが
今回の舞台となる朝市…>

<青山学院大学の目の前にある
会場には

毎週 土・日になると
70店舗以上が出店>

<日本に住む外国人も
多く訪れる人気の朝市なんです>

なるほど。

<早速 お店をのぞいてみると>

えぇ~ いろいろ ありますね
あぁ~。

うわ~ すごい すてきな男性が。
(阿部さん)おはようございます。

(浜口)おはようございます
あっ。

(阿部さん)そうなんです。

<どうやら こちらは ぶどうや
マスカットなどを作っている

農家さんのよう>

<取れたての ぶどうが
並んでいますが まずは>

えっ?
はい。

えぇ~。

(阿部さん)ぶどう狩り。

(浜口)うわ~ 採れた。

枝ごと
持ってきてくれたんじゃん。

おいしいです。
あぁ よかったです。

<皮ごと食べられる
シャインマスカットは

青山産ではなく 新潟産で…>

(阿部さん)あぁ そうですね。

当然 するものなので。

(阿部さん)
…を持ってくる人もいます。

じゃあ 失礼いたします。

ありがとうございます。

<そう
青山ファーマーズマーケットでは

その名のとおり
全国の農家さんたちが作った…>

<…の数々が集まるんです>

<たくさんの人が訪れる青山で

わが町の逸品を
知ってもらおうと

この日は半分以上が
地方からの出店>

<その中には こんなお店も>

何か すごい おいしそう。

<こちらは 和歌山のみかんを
販売する…>

<その熱っぽい語り口に

ついつい 浜口さんも
引き込まれてしまいます>

え~っと…。

(松本さん)
テレビで よう出てんやな。

アハハ!
(新井)アハハ!

(浜口)はい。

(松本さん)まぁ 食べてよ。
(浜口)いただきます。

(松本さん)甘い みかん。

アハハ!

(松本さん)距離があるからな。
大変です 商品 いっぱいですから。

みかんで…。

アハハハハ!

(田中)「山根~!」でしょ それ。
やめろよ。

<時刻は…>

<全国の農家さんが集まる
青山の朝市は

珍しい野菜も たくさん並びます>

<すると 浜口さん
気になるお店を発見>

(浜口)すごい きれい!

すごいカラフルですね。
(高田さん)ありがとうございます。

(浜口)
お野菜の彩りが きれいですね。

このトウガラシだったり。

うわ~ オシャレ。
オシャレですね。

<こちらは 全国のおいしい野菜を
厳選してピクルスにした…>

(浜口)ありがとうございます。

いただきます。

あっ!

(高田さん)力 出ますか。

かわいい。
ゼンマイか 君は。

(浜口)ゴボウの食感が
何か 面白いです。

歯応えがあって
とっても おいしいです。

(浜口)あっ 農家さん。

<他にも これからの時季
どんどん甘みを増す

地元 千葉県産の長ネギや

今が旬 肉厚で歯応えのある
岩手県産のシイタケなど

全部で 50種類以上の
ピクルスが並びます>

<どんな野菜も
おいしくできるという

ピクルスに情熱を注ぐ ご主人>

<ある意外な食材も>

(高田さん)どうぞ。
(浜口)ご主人自慢のピクルス。

(浜口)おいしいですね ご主人…。

(高田さん)
あぁ ぜひ お願いします。

<ということで
浜口京子さんが見つけた

摩訶不思議なピクルスを
青山の朝市から>

はい 青山の朝市ということで
青山で朝市やってんですね。

やってんですよね。
知らなかったです。

でも だいぶ お昼近くだけどね。

通り過ぎてて
何やってんだろうなって

気にはなってたんですよ
まさか…。

楽しそう。
さぁ こちらなんですけど。

(鈴木)何だろう?

ピクルスは漬けるだけだから
崩れないもんね。

崩れないですもんね。

若干。
ですよね。

えぇ!

食べるんですか!?

いい 黒い土ね。

食べれないですか。
土ね… あっ。

きただろ?

非常に近い。

どう? どう? どう? どう?
開けてみてください。

ザ~ン。
どうでしょうか。

何ですか?
何 何 何? 書いてない。

書いてないですよ。
書いてないじゃん。

実は これ…。

えっ 何ですか それ。
出汁?

はい そうなんですよ。
あぁ… え~?

それじゃ 説明書を 新井ちゃん。

こちらは…。

…を使用。

お店のご主人は…。

と思って…。

…として 鰹 昆布と酢を
混ぜることを思い付いたそうです。

確かにね。

早速 アレンジ料理を
いろいろ用意しましたので

味わってみましょうか。
気になる。

まずは…。

こちら 薄くスライスしたタコに
オリーブオイルを少し かけて

出汁ピクルスで あえただけという
料理になっております。

おいしそうですね。
また…。

ちっちゃい。

ハハ~ すいません
それ たぶん スタッフさんが…。

今日は大丈夫でしょ。
大丈夫だけど… いただきます。

(鈴木)おいしそう いただきます。
ゆでダコにね。

お~。

いいですよね。
うまいじゃん。

オリーブオイル かけてんでしょ?
オリーブオイルも かけてます。

おいしい。

いやいやいや
それと出汁ピクルスと 相まって。

(鈴木)風味が すごい いいですね。

そのぐらい
タコが引き立つってことなのね。

そうなんですよ。

<この出汁ピクルス 意外にも…>

<バター代わりに…>

<出汁のうま味たっぷりの
ピクルスのパン>

<お味は?>

あ~ うん。

ぼけたアンチョビみたいな。
あ~ 分かります 分かります。

(鈴木)和風アンチョビみたいな。
アンチョビ風に なりますよね。

(鈴木)おいしい。

じわじわ おいしい。
パンに酢って 何かいいね。

(鈴木)進みますね。
確かに 何か そのインパクトがね。

をお持ちということですけど
この…。

どんな まぁ…。

(鈴木)オムレツの具として。
あっ 具のほうに。

(鈴木)中に… 卵の ふわふわに
酸味が効いてる。

オムレツも 形にしやすい。
食べれないですよ 瓶。

開けてね。

<都心で 今 大人気の…>

(浜口)おっ え~。

わぁ~ すごい お野菜があります。

たくさん お野菜が。

カラフルで
うわ~ すごい すごい。

<浜口さんが見つけたのは
全国各地から

よりすぐりの
珍しい野菜と果物を販売する…>

きれい 楽しそう。

<無農薬と自然栽培に
こだわる商品は なんと…>

<中でも
この時季 一番のオススメが>

(浜口)柿。

うわ~ 大きいです。

あっ すごい。

おいしいですか。
(吉岡さん)はい。

<こちらは
ブラックスターという

和歌山県の一部の地域でしか
手に入らない

とっても珍しい柿>

<切ってみると>

うわ~! えっ 何 これ!

(浜口)すごい!

<断面は まさに
真っ暗な夜空に輝く星のよう>

<その見た目から ブラックスターと
名付けられました>

えっ 皮ごと? すごい。

(吉岡さん)はい。

(吉岡さん)そうですね…。

すっごく おいしいです。
はい。

<すると

浜口さんの後ろで 何やら熱心に
野菜を見ている方が>

ご主人…。

<聞けば こちらの田代さん
青山のフランス料理店

ラ・ブランシュの
オーナーシェフであり

日本フレンチ界の
大御所だったんです>

<この時季 旬を迎える…>

<生のまま サラダに散らすと
彩りがよくなるんだそう>

ん~!

何か…。

(浜口)…って感じで すごい。

この ここの場所が また…。

<日本各地の 価値ある…>

(浜口)何か
香ばしい香りがしてきました。

<こちらは 茨城県で
100年以上前から

代々 栗 ひと筋の
農家さんが営む…>

<11種類の栗を育てている
地元 茨城の農園から

今 一番おいしいという3種類を
ここで焼いて 売っているんです>

(浜口)利平。

<実は この利平

栗の王様といわれるほど
おいしいんだそうですが

生産量が極端に少なく

市場には
めったに出回ることがない…>

(浜口)あっ きれいにできた
きれいに出てきました。

いいねぇ。
焼きたて。

(小松崎さん)どうですか?

(浜口)すごく ほくほくして
甘みがありますね。

(小松崎さん)そうですね。

(小松崎さん)味が濃くて
深みがある味になりますね。

<そして 朝市の一角で
人気の商品を発見>

<何やら
飲み物らしき袋を持って

写真を撮っている人たちが>

<あれは 一体?>

(小林さん)ここは…。

<こちらは

手作りコーラのお店…>

<実は ご主人…>

<コーラが
好き過ぎるあまり…>

<自分で作れるまでに>

いろんなもの入れてんだ。

<早速 作ってもらうことに>

<自家製コーラの原液を
炭酸水で割ります>

(浜口)
へぇ~ 袋に入れるんですね。

面白い。

炭酸で割るのね。

(浜口)あぁ すごい きれい。

グラデーションが。

へぇ~ 面白い。

(浜口)
何か とても 飲んだ瞬間に…。

私…。

この味 とっても おいしいです。

<しかし この伊良コーラ
炭酸水で割るのではない

意外な飲み方があったんです>

何?

ハハハ。

飲むデザート?

<浜口さんが絶句する

新感覚コーラとは
一体 何なのか?>

飲むデザートみたいな感じで
新しいですね!

<浜口さんも仰天の
新感覚コーラを

青山の朝市から>

<所さんお届けモノです!>

デザートってことは…。
甘いんでしょ?

やっぱ…。

あ~。
ブーム。

でも ありそうですね。
あとさ…。

シナモンだ何だって。

え~! お線香?

私 毎日 たくよ お香。
へぇ~。

事務所
いつも お香 たいてますよ。

何だ その話は!
やめなさい 俺のはいいんだ。

あれ? 何か バラバラになってる。
まだ できてない。

こんなよ。
これに入れるんですね。

これを割るのかな?
そうです そうです。

こちらですね 説明書によりますと
伊良コーラの原液で…。

(鈴木)え…!

(笑い)
ただ ただ ただ…。

まずまずの値段しますね。
これが5杯分ということですから。

こちらは
ブラックペッパー クローブ…。

しかも コーラナッツって
今 出ましたよね。

これ アフリカの熱帯雨林に生える
コーラという

植物の種の部分なんですけども
大きさは 栗ぐらいで

伊良コーラは作られてる。
これがコーラの実なんだ へぇ~。

これが原液ね
全部 入れちゃっていいの? これ。

大さじ3杯です。
大さじ3杯。

随分 ねっとりしてるね これ。

そして ポットの中の
液体なんですけど…。

何だろな これ どこそこの水?

水じゃない。
分かった。

あっ! そうなんです。

(鈴木)え~!

これから飲んでいただくのは…。
ウソ~。

ウソ~。

いやいや いやいや まぁまぁ。
ねぇ。

あっ! じゃあ いいかも。

じゃあ これ 入れてください。
どんぐらい入れんの?

じゃあ 言って ストップって。
はい。

(鈴木)すごいな~。
もうちょっとです。

あ~ はい はい はい~ はい。

鈴木さん 飲んで。
え~? これ どういう…。

アハハ ホットミルクコーラ。

これは
私らが ブ~ブ~言うよりも

資格を持ってる人に
言ってもらいましょう。

資格を持ってる方が語りますよ。

わぁ~。
よしよしよし。

おいしい。

おいしい。
ホント?

じゃあ 飲んで。
何か 懐かしい味がする。

いただきます。

爽やか。

爽やか?
爽やかな感じ 後味。

こんな感じに
仕上がるんだっていう。

大丈夫です 大丈夫です。

(笑い)

よしよし よしよし。
おいしいですよね。

危ない 危ない。
おいしいよ。

(鈴木)これはいい。
確かにね…。

こっちのほうが…。

ないですね それは全く。
ないよ これ。

だって…。

この人は 世の中に。
いや でも…。

何…。

田中~。
田中~。

青山 シャレてんな 何か。

これから 流行っていきそうなもの
とか 多いですよね こういうのも。

絶対 来週ぐらい いそうですよね
鈴木さん。

来週 ちょっと
チェックしに行こうかなと思って。

もう あと 今日は
鈴木さんのね この声に

だいぶ特徴あるなっていうのを
こんな間近で聞いちゃったから。

いいよね
ずっと聞いていたいよね。

60分ぐらいのテープ 欲しい。
いやいや 疲れちゃいますよ。

「鈴木の声」っていうの
売ればいいのに。


関連記事