情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡の瞬間を刮目せよ―】マジックキャッスル…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡の瞬間を刮目せよ―】』の番組情報(EPGから引用)


情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡の瞬間を刮目せよ―】[字]


イリュージョニスト/HARA▽オリジナルマジックを創り出し、世界一に!全ては独学。選ばれた者のみが立てる舞台ハリウッド『マジックキャッスル』新作マジックの舞台裏


詳細情報

番組内容

29歳のイリュージョニスト、HARA。世界中から注目を浴びる“日本人マジシャン”の出身は奈良県十津川村。山奥でひとりマジックの練習に励んでいた少年は、オリジナルマジックで世界一に。そして今、ひと握りのマジシャンしか出演できない、Hollywoodにあるマジックの殿堂『マジックキャッスル』で、新作マジックを披露するまでに密着!“奇跡の瞬間”とは!?普段は覗くことが出来ないマジックの舞台裏に迫る―。

プロフィール

【イリュージョニスト/HARA】 1990年奈良県出身。独学でマジックを修得。2009年アメリカラスベガスにて開催された世界大会で日本人初のグランプリを受賞。同年、マジックの殿堂ハリウッド『マジックキャッスル』にて開催されたFuture Stars Weekに日本人初出演。米国の人気オーディション番組Americas got talentに出演。2014年世界で初めて無重力状態でのマジックに成功。

公式ページ

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu

公式ページ2

【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku

公式ページ3

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

公式ページ4

◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/

制作

【製作著作】MBS(毎日放送)



『情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡の瞬間を刮目せよ―】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡
  1. HARA
  2. スタッフ
  3. マジック
  4. 拍手
  5. 自分
  6. 魔法使
  7. イリュージョン
  8. スゴ
  9. 新作
  10. 世界
  11. 日本
  12. アイ
  13. シー
  14. パスポート
  15. 歓声
  16. 児童
  17. 年前
  18. 舞台
  19. アメリカ
  20. イリュージョニスト


『情熱大陸【HARA/世界を飛び回るイリュージョニスト!奇跡の瞬間を刮目せよ―】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

<幼い頃の自分に会いに行く>

<そんな気分だった>

(HARA)みんな こんにちは~

(児童たち)こんにちは~

<マジックのとりこになった
少年時代>

<教室で よく腕を披露したものだ>

え~ こっちが ボブっていうの

ボブ しっかり握ってて

握ってる?
こっち キャサリンでしょ?

…で キャサリンに向かって
息 フッてかけて

フ~!
もうちょっと強く

<イリュージョニストの
肩書を持つ HARA>

えっ?
(児童たち)うわ~!

え~!?

えっ!?

<みんなを驚かせることが
好きだった>

手 出して しっかり握って…

(指を鳴らす音)

何か 手の中で
動いてる感じしない?

あ~ 動いてる!
動いてる?

えっ そうなん?
動いてるね

じゃあ パッと開いて

(児童たち)え~!?

それが…

<かつてのマジック少年は

夢をかなえ 世界へと羽ばたいた>

<ラスベガスは もとより

海外からの公演オファーが
引きも切らない>

♬~

♬~

(拍手)

<人気に火がついたのは 3年前>

<アメリカのテレビ番組で

デジタル技術を駆使した
イリュージョンが絶賛されてから>

(拍手と歓声)

<彼のステージは 高く評価され

国際的なマジック団体から

今年
「独創性は世界一」と認められた>

<見届けたのは

新作が生まれるまでの舞台裏>

わ~…

<21世紀の魔法使いは

この冬 世界最高峰といわれる
マジックの殿堂に招かれた>

…っていうふうに こう
感じてもらいたいんで

<狂おしい創作の日々を
笑顔に隠し

見る者を ひとときの夢へと
いざなうステージが

幕を開ける>

♬~

<イリュージョニスト・HARAは

1年の大半を
海外公演に費やしている>

<イリュージョンショーは

日本では
まだ さほど一般的ではないのだ>

(スタッフ)お~ めっちゃくちゃ
スーツケースありますね

そのつど そのつど

持ってくケースが
変わってくるんで

(スタッフ)これって 今 中 見ても
差し支えないものってあります?

まぁ この中は もう 見せたら
ヤバいもんばっかりっすね

(スタッフ)めっちゃ 続けてっすね

そうですね はい はい

<何気なく会話している時も

こちらを驚かせようとする
イタズラ心が 働いていた>

(スタッフ)何だ!? ちょっと待って
どういうことっすか?

これ たまに やるんですけど
(スタッフ)えっ!? どういうこと?

<タネも仕掛けもあるのだろうが

尋ねるのは やぼというもの>

(スタッフ)油断してた

いや でも…

<ありえないことなら

スケールの大小など
問わないらしい>

<サウジアラビアの首都・リヤド>

<王族が主催するパーティーへの
出演依頼が舞い込んだ>

<ふだんは絶対に公開しない
そのリハーサル>

<デジタル映像とマジックを融合させた
イリュージョンの要は

照明だった>

<わずか3分の本番のために

3日間ものリハーサルを
要することもある>

<日が落ちて パーティー会場に
集まってきたのは

サウジアラビアのセレブたち>

<つかの間のイリュージョンに

惜しげもなく金を落とす大富豪が
世界には多いらしい>

<この日のパフォーマンスは

HARAの作品の中で
最も人気が高い 「いぶき」>

♬~

♬~

<群れからはぐれた 一羽の鳥が

桜の生命力に促され
新たな仲間たちと巡り会う>

<そんな物語性と 日本らしい
優美さに満ちた作品が

海外では喜ばれていた>

♬~

(拍手)

<多忙なスケジュールを縫って
HARAが訪ねたのは

アメリカのラスベガス郊外>

失礼しま~す

<どうしても会いたい人物がいた>

ヘ~イ!

<11年前
HARAの才能を見いだした…>

<壮大なイリュージョンを
次々に繰り出して

見る者を圧倒し
本場・ラスベガスで

ショービジネスの頂点に
君臨し続けている>

<ランスが主催した
マジックの大会で

日本人として初めて優勝したのが
18歳のHARAだった>

<世界へ飛躍するチャンスをくれた
恩人に

何やら 相談があったらしい>

ア~
アイ シー アイ シー アイ シー

<この時 HARAは

新たなパフォーマンスを
模索していた>

<発表の日まで あと ふた月>

サンキュー ベリー マッチ

サンキュー

<ヒントをもらうと
早速 試行錯誤にかかった>

<ラスベガス空港の近くにある
イリュージョン仲間の工房>

<これまでも
しばしば 一角を借りていた>

<新作の発想には 原点がある>

<150年余り前
初めて海を渡った日本の手品師>

<扇子の周りを
蝶が舞い飛ぶマジックは

欧米の人々を夢中にさせた>

<先人の生き方に HARAは
自分を重ねていたのだろう>

<新作の導入部も
パスポートからと決めていた>

蝶っぽく
何となく見えるじゃないっすか

これに こう 命が宿って
飛び始めるっていう…

これ こっちでも無理だし
こっちでも収まらないんですよね

意外と こういうのが
簡単そうに見えて

う~ん… まぁ できるか
微妙なところですよね

はぁ…

<小さな手は マジシャンの弱点>

<デジタルイリュージョンは

その弱点を補ってあまりある
手法だった>

<なのに 今回は
デジタルを封印するつもりらしい>

<ひと区切りつくと
スマホで日本にテレビ電話>

<結婚 間もない妻に
途中経過を見せる>

ですよね~!

あ~ 大変だぁ

でも 試してみたら
思った以上に できたっちゃよ~

(妻)ひろちゃん…

ん?
(妻)珍しい…

あっ これ ユニクロで
飛行機の中で買ったやつ

(妻)あっ そっか

<蝶を飛ばす仕掛けには
もう アイデアがあった>

<問題は
そこに持ち込むまでの展開>

<帰国すると
奈良の十津川村に向かった>

<作品作りに悩むと
しばしば訪れる場所>

(スタッフ)ここ行くんすか?
いや ここっす…

<1990年
HARAは 山深い この地に生まれ

中学までを過ごした>

<実家には
今も両親が暮らしている>

(依子さん)お帰り
(秀雄さん)お疲れさま

疲れた

(依子さん)
よかったら座ってください

<造形作家の父と
元ミュージシャンの母>

家ん中 一番涼しいんだ

<4人兄弟の三男は

5歳の頃 初めてマジックを見た>

<自分も やりたい>

<でも この山里では 道具など
たやすくは手に入らない>

<魔法使いを目指して

録画したマジック番組を
繰り返し見たそうだ>

すご…

<トリックを想像しては

身の回りに使えるものはないか
考えた>

<例えば 馬の尻尾の毛>

大昔の ろうそくの下とかだったら
多分 見えなかったんでしょうね

<なせばなる…>

<少年時代が よみがえった>

あっ うわぁ
スゴい スゴい スゴい スゴい…

あそこの木の上に いますよ

<蝶は 魔法使いを
励ましに来たのかもしれない>

<新作披露の日が
ジリジリと迫っている>

<HARAは まだ パスポートの
見せ方に呻吟していた>

これ アングルが
めっちゃキツいんですけど…

(スタッフ)なるほど
一回見てもらって相談できますか

(スタッフ)いいですよ

(スタッフ)おぉ… お~!

ちょっとだけ… ハハッ

<撮影した映像を
その場でチェック>

う~ん

これが ただ ライブで使える
クオリティーかっていったら

そうじゃないんで…

<本番の舞台は
客席との距離が近く

プロとして許せるレベルは
まだ遠い>

<しかも 当日のお客は

恐ろしく目の肥えた
マジックファンばかり…>

う~…

あ~ すいません…

ふぅ…

<今年 オリジナリティーで
世界一と評されたHARAが

追い詰められていた>

<いや あえて 己に難題を課し

克服できない自分に
あえいでいたのだろう>

まぁ ホントに
舞台でやると一瞬…

本当に すごい時間かけて一瞬で…

終わっちゃうんですけど…

あぁ…

(すすり泣き)

あ~…

<これまでも数えきれない
ハードルを 越えてきた>

<絶対に やり遂げてみせる>

<11月5日 ハリウッド>

<新作を披露する舞台
マジックキャッスルは

マジックの殿堂といわれている>

<世界でも 選り抜きの者しか
出演できない 檜舞台に

HARAは
紋付き袴で臨もうとしていた>

<どんなファンタジーを
楽しめるのか…>

<客席に 静かな興奮が広がる>

<納得のゆく仕上がりに
たどりついたのは

ほんの2日前>

<緊張が
手に取るように伝わってきた>

≪Magic artistry of HARA!

(拍手と歓声)

<プロローグは
努力を重ねたパスポート>

♬~

♬~

♬~        (拍手)

♬~

<そして
ちぎった紙に命を吹き込んだ>

<手始めに 150年前

先人が編み出したテクニックを
再現…>

♬~        (拍手)

<扇子の上を 蝶が優雅に飛ぶ>

♬~

<ここからが 21世紀の魔法使いが
可能にした 新世界>

♬~

<蝶は かなたへと去り…>

♬~

<再び 舞い戻ってくる>

♬~

<まるで
沸き上がる喝采を喜ぶように

自在に遊ぶ つがいの蝶>

(拍手と歓声)

ふぅ…

<全神経を集中させた挑戦を終え

和服の魔法使いは
疲れ果てていた>

ふぅ…

<本名 原 大樹 29歳>

やぁ まだ でも
これで これから どんどん

グレードアップしていくんで

まだ 一番最初の
ひな型みたいな感じですね

<思いはもう
更なる高みへと 羽ばたいている>

<誰よりも遠くへ跳びたい>

<走り幅跳び…>

<ありのままの自分で
どこまで行けるだろう>

あ~!
≪ハハハ!


関連記事