しゃべくり×深イイ 地獄から復活!純烈密着・カリスマ化田中みな実・神田松之丞・芸能界から転身!超カリスマ美容家…



出典:『しゃべくり×深イイ 地獄からの復活!純烈密着▽カリスマ化田中みな実!神田松之丞』の番組情報(EPGから引用)


しゃべくり×深イイ[字] 地獄からの復活!純烈密着▽カリスマ化田中みな実!神田松之丞


芸能界から転身!超カリスマ美容家美女キラキラ生活&復活!純烈支える美女密着▼しゃべくり…カリスマ化した田中みな実がさらけ出しまくる▽天才講談師神田松之丞現る!!


詳細情報

出演者

深イイ…

【SPコメンテーター】今田耕司

【司会進行】羽鳥慎一

【パネラー】福田充徳(チュートリアル)/

阿佐ヶ谷姉妹、稲村亜美、井森美幸、トリンドル玲奈、博多華丸・大吉

【密着】純烈、美容家・神崎恵、密着家族クイズ


しゃべくり…

【MC】名倉潤、原田泰造、堀内健、有田哲平、上田晋也、福田充徳

【ゲスト】田中みな実、神田松之丞

番組内容

芸能界で生きていくのは幸せ?▼衝撃スキャンダル乗り越え奇跡の復活を遂げた純烈…その裏で支えた超敏腕美女に初密着▼芸能界から転身…神と崇められるカリスマ美容家・神崎恵に密着!キラキラ生活大公開▼しゃべくり…新!美のカリスマ田中みな実が過去と内面をさらけ出しまくる!有田が目撃した修羅場とは!?天才講談師神田松之丞現る!!これぞ本物のしゃべくり!?



『しゃべくり×深イイ 地獄からの復活!純烈密着▽カリスマ化田中みな実!神田松之丞』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

しゃべくり×深イイ 地獄から復活!純烈密着・カリスマ化田中みな実
  1. 福田
  2. 原田
  3. 堀内
  4. 有田
  5. スタジオ
  6. 息子
  7. 観客
  8. お願い
  9. 本当
  10. ライブ
  11. 源氏方
  12. ゲスト
  13. 酒井
  14. 田中
  15. 藤田
  16. 平家方
  17. 本日
  18. キャ
  19. スタッフ
  20. 井森


『しゃべくり×深イイ 地獄からの復活!純烈密着▽カリスマ化田中みな実!神田松之丞』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<まずは…>

(スタッフ) こんにちは。

<今回は…>

(スタジオ:羽鳥) この方の息子さん。

(スタッフ) 大丈夫です。

<ある分野で…>

<超有名人>

<津江子さんの…>

<ヒントを参考に…>

<息子さんは…>

<数々のイケメンが
名を連ねる…>

<ご覧ください>

<そんなバッキバキな息子さん>

<さらに…>

(スタジオ:今田) 誰だ?

<そんな…>

<こちら>

<自身の…>

<そう! 現在 息子さんは…>

<中でも…>

<そんな やり手な息子さん>

<お母様への…>

(津江子さん) それと…。

<さらに…>

<なんと!>

<そんな…>

(スタジオ:今田)
ありがとうございます。


(笑い)

ジャンル 何でしょう?
(井森) 役者さん?

キャ~!って言われてる時は
ちょっと前で。

(大吉) アスリート系ですかね。
アスリート。

日本一? 世界一?

(井森) 個人?

続き ご覧ください!

<こちらは…>

(芽依ちゃん) 『VS嵐』。

<芽依ちゃん世代には…>

<有名人さん>

<過去には…>

<実は この出演に当たって…>

<事の真相を…>

(息子) それを 僕が聞いていて。

(息子) どうやら
プロデューサー さんか何かに電話されて。

<国民的スターの息子さんは…>

<あの 「百獣の王」さんや

「超気持ちいい」さんなど

アスリートのお友達が多い
息子さん>

<既に お気付きかもしれませんが
有名人さんは…>

<本業の競技以外に…>

<そんな 元アスリートさんの…>

<ご実家にありました>

(スタジオ:稲村) これ すごい!

<6畳ほどのスペースを
埋め尽くす…>

(スタジオ:井森) すごい! えっ!?


<そして 息子さんが…>

<沿道を埋め尽くしました>

<果たして…>

<そこには…>


(息子) これは…。

(息子) こちらが 同じく…。

(息子) こちらは…。

<なんと この方…>

<どえらい天才さん>

<と ここで…>

<そう! 息子さんは…>

<もう お分かりですね?>

(実況) 35秒59!

<現役引退後は
自身の経験を生かし…>

<ということで!>

<続いては…>


<今年…>

♪~

<女子が熱狂!>

♪~ 愛を抱きしめ

<悲願だった…>

<しかし…>

<メンバーの友井さんによる…>


<ライブを行えば…>

<さらに 今年発売したCDは

演歌・歌謡曲 最速となる…>

<…を果たしていたんです>

<彼らは…>

<そこには 残された…>

<彼らを 必死に支え続けた…>

<…の存在がありました>

<そんな…>

<1か月の
3分の2が地方という

全国各地を巡る 純烈さん>

<聖地である…>

<立ち見を含めて
集まったのは…>

(スタジオ:一同) え~!?

(スタジオ:福田) 厳しいなぁ。

<そんな お姉様方を
キャ~キャ~!言わせる…>


(スタジオ:羽鳥) おなか!
(スタジオ:稲村) おなか 出てる!

(酒井) 見えたらアカンですか?
(スタッフ) 見えてもいいんですけど。

(スタジオ:稲村) 本当だ!

<暴飲暴食で 現在…>


<メインボーカルで…>

<美容に夢中ですが…>

(白川) 注射で ここの眉間に…。

(白川) あと ほうれい線に…。


(小田井) どれ?

<そして…>

<歯磨き中に…>

(スタジオ:井森) うわっ!

<全ては
合理的かどうかで判断する>


<そんな…>

<そこで…>

<レコード会社のスタッフ>


<仕切って行きます>

<そんな藤田さんが
現在 担当しているのは

なんと…>


<そんな…>

<実は 学生時代に…>

<入社以来
仕事にまい進し過ぎたため…>

<この日は…>

<酒井さんが連れて来たのは…>


<ライブの前に
普段 一緒に過ごせない…>

♪~

♪~  (スタジオ:トリンドル)  すご~い!

<純烈のライブでは…>

<お父さんのライブを
見つめる…>

<純烈のライブでは…>

<お父さんのライブを
見つめる…>

<お父さん!>

<世の女性から…>

<あがめられているお方>

<ひとたび 姿を現せば…>

<特集が組まれ

メイクを真似したい
有名人ランキングでは

芸能人じゃないのに
最強モテ女さん 2人を抑え

堂々の1位を獲得>

<このお方が…>

<ミューズ様の
ありがたいお言葉を

聞き漏らすまいと
メモとりまくってます>

<終了後の…>

<廊下に収まらないほどの…>

<16歳の時…>

<しかし…>

<20歳の時に…>

<そんな神崎さんは…>

<現在のお姿が こちら!>

<彼女は カリスマ的人気の…>

<なんと この美貌で44歳>


<そんな…>

<そもそも…>


<『深イイ』スタッフには…>

<皆さん…>

<どスッピンだった彼女も…>

<実は 彼女…>


(神崎) 私 毛穴 大好きで。

<ここまで来ると…>

<彼女なら…>

(スタジオ:今田)
ハリがあって いいですよね?

<この日 ミューズ様は…>

(神崎) わが家の長男です。

<実は ミューズ様は…>

<現在…>

<そんなキラキラ一家は 普段…>


<去年 建てたばかり…>

<1つ…>

<まず…>

(スタジオ:今田) カッコいい!

<実は
めちゃめちゃ すごい人で!>

<肌の質感を操るメイクは
河北メイクと呼ばれ…>

<受験生…>

<総勢5名の…>

<神崎さんが 憧れの芸能界に
飛び込んだのは16歳の時>

<戸田恵梨香さんなどを
輩出した…>

<女優志望だったにも
かかわらず

来る仕事は…>


<そして

子宝にも恵まれましたが…>

<幸せライフから 一転…>

<息子たちが大好きだった…>

<しかし そんなある日…>

(神崎) …と思ってたんですけど。

…って思ったのが
すごいキッカケになって。

<そして 30歳を目前に…>

<…に通い始めます>

<小学生と幼稚園児の
息子を育てながら…>

<そんな…>



<当時の美容雑誌では

人気メイクアップアーティストたちが
誌面を飾り…>


<…に特化することに>

<すると 初めは…>

<見開き丸々…>

<さらに…>

<なんと…>

<美容の仕事をキッカケに

ご主人と知り合い…>


<彼らを支える…>

<…もして 整理して行きます>


「芸能界で生きて行くのは
本当に幸せか?」ということで

スタジオには
芸能界の荒波も 難なくクリア

ノリにノッている皆さんに
お集まりいただきました。

よろしくお願いします。
難なくじゃないと思うけどな。

そして 私のお隣…。

今田耕司さんです。
どうも!

(笑い)

それが だんだん…。

(木村) 芸人より面白い。
(井森) 違います!

(トリンドル)
17~18歳で始めて…。

どんどん こう…。

そんなことない!

(渡辺) これ これ!

そして 今日は なんと
華丸さんに来ていただきました。

(華丸)
どうも ありがとうございます。

この番組で…。

あんな…。

(福田) 着こなすなぁ!
大人!

(大吉) しかも…。

すごく落ち着くんですよね。


<…もして 整理して行きます>


<どんなに…>

<そんな藤田さんが…>

<当時のステージは…>


(藤田さん) でも 自分も…。

<少しでも…>

<メンバーと共に…>

<ようやく つかんだ…>

<しかし…>

<女性トラブルで
友井さんが脱退し…>

<純烈さんが
どん底を味わった時…>

もう それは…。

<それは メンバー脱退で…>

<そのため…>

<少しでも
売り上げが伸びるように

CDショップを
片っ端から回って…>

<物販では
かれるまで声を出し続けて…>

<を打ち出し続けた結果…>

<そして 藤田さんと同じく
残された4人にも…>


(酒井) じゃあ…。

<この日は ライブで
ご一緒する…>

(酒井) そうなんです。

<4人になった話を…>

<大先輩の一郎さんと

マフィアみたいな格好をした
幾三さんにも ごあいさつ>


(スタジオの笑い)
(スタジオ:今田) 分かりました!

<純烈さんと藤田さんで…>

(酒井)♪~ テレレ レレ~テ~

♪~

<藤田さん…>

<そして…>





私からも 本当に…。


<をつかむも…>

<ここまでして…>


<…した酒井>

<それ以降は…>

<そして…>

<長過ぎる…>


今のお話 「深イイ」か「う~ん」か
心のレバー スイッチオン!

全員一致の深イイ話です。

(稲村) 改めて思いましたし。

いやぁ…。

(華丸) 見てる側で
捉え方が違うと思いますけど

今回のVTR 見て…。

(笑い)
(福田) そこ!?

ここで 阿佐ヶ谷姉妹の
おふた方から お知らせです。

(木村)
今 一番面白い女性を決める…。

(木村) エントリー総数627組の中から

優勝者が決定します。

12月9日
月曜 夜8時から放送です。

(木村)
私たちも2連覇を目指して…。
(2人) 頑張りま~す!

W!

(笑い)
(福田) 違います!

(上田) お招きいたしましょう
本日のゲスト この方です!

(拍手と歓声)

本日のゲスト
田中みな実さんです!

(田中) お願いします。
お願いしま~す。

すごい みんなが「かわいい」って。

本当に おこがましいんです。

でも そういうふうに…。

そう思っていただけてるなら…。

ここに情報がありますけども…。

(名倉) すごいね!

ごめんね
こういう言い方 あれだけど…。

言われがちだったでしょ 今まで。

フリーになって初めて
出させてもらった『しゃべくり』。

5年ぐらい前ですかね。

でも 今は すごい キャ~キャ~!

ありがとうございます。

インスタは…。

売るためなの?
(堀内) 正直でいいよ!

3か月ぐらいしかやらない予定。

PRの一環として。

キレイ! 美しい!っていう
いろいろ 声が寄せられたわけ?

(笑い)

改めまして 本日のゲスト
田中みな実さんです!

よろしくお願いします。
(堀内) みな実ちゃ~ん。

お越しいただきましたけど。

(原田) 3リットル!

誰しも。

(福田) さすが! 知ってたんすか。
(有田) 4か!

あっ そうなんですか?

(堀内) 先生 今年は ヒゲですか?

…とかあるじゃないですか。

保湿をするっていう意味合いで…。

(有田) 僕みたいに…。

それは違うんじゃないですか?
だいぶ。

(福田) 先生
むくんでらっしゃるよね!

(笑い)

…と思ったぐらい。

じゃあ お水 こだわってる。

いっぱい 体に。

今の時期だったら…。

結構 食べるね。
(福田) 結構 しんどい。

(笑い)

もしも…。

だから 僕みたいに…。

いやいや…。

発泡酒3リットル。
えっ!?

そういう結果に。

(一同) えっ!?

いろいろ やってらっしゃるの?

首 デコルテとか
皆さん されると思うんですけど

さらに…。

(原田)
おっぱいまでが顔?

ここまでが顔と思って。

おっぱいまでが顔ならね。

マスクをね 冬場だからね。
そうです 大事なとこなので。

(観客) へぇ~!

そうなんだ!

あいつは必要ないと思いますよ。

私も…。

どうなの?

こういうのは やります
こういうのは ヤダなとか。

…って言っていただいてます
事務所には。

やらせてもらっていたら…。

出させてもらおうと思ってます。

いや… うっ…。

(有田) ないなら ないって
すぐ言いますから。

(堀内) 何人かいるじゃん。

組まれるんですよね なぜだか。

それは…。

別に意識してないの?

でも もう…。

(堀内) 本当に思ってるのか?

そんなふうには思ってないよ!
思ってます 思ってます 本当に。

あんま タレントさんとして
どうこうっていう感じはないの?

そうなんだ。

(福田) そうなんすか!
(有田) もったいない!

あっ そう!

どこでしたっけ?

あいさつしてた。

下がってたんです
そしたら あるとこで開いて

乗って来たのが…。

おっ!と思って。

向こうは後輩なんで
「おはようございます」とかって。

こう…。
(笑い)

で 何か怪しいんですよ。

だから それまで…。

(笑い)

そんな 空気 悪くなった?
(福田) 気ぃ使うわ!

あっ!てなったけど…。

やっぱ 先輩に 気 使うわな。

…みたいな話もあったから。

(笑い)

その時は ちなみに…。

トシちゃんと行くって言うから。
(原田) トシちゃん!

仲ええからな!

若かったんで。

(笑い)

じゃあ 企画 まいりますかね。

田中さんに さらに…。

題して 田中みな実の
全て さらけ出します007!

(原田) 今年 口説かれた数。

(有田) えっ!?


(観客) イェ~イ!

わっ すご~い!

田中さんは…。

おっしゃっていたそうなので

今から…。

書いていただいて…。

どんな写真か見られるという
企画だそうです。

…って思った写真です。

(観客) へぇ~!

(有田) ってことは…。

それはね
答えてくれるだろうけれども…。

開きたいんだから こっちは!

(笑い)

(観客) あ~!

(堀内) 何か 分かりやすいの。

(原田) みんなが聞きたいこと?

どこ行くの?

何? 通り過ぎて!
(福田) 怖いわ もう!

(堀内) どこ行っちゃうのよ!?
(原田) お前 また 休む気かよ!

(観客) あぁ!

いいんじゃない? 潤ちゃん。

(堀内) どういう意味?

(原田) 頭の中にあるもの全部?
全部!

いろいろあったけど

今は…。

(一同) うん。

できれば…。

(笑い)

あと…。

じゃあ 潤ちゃんが聞いた質問に
答えてくれたんで

ここが めくれるということです。

じゃあ オープン!

(堀内) お~!

(堀内) えっ!?
(福田) ちょちょちょちょ…!

(堀内) やらしい!
(福田) 泰造さん!

(堀内)
泰造は そこんとこばっか見て!

(有田) 指だと やらしいから…。

じゃあ ここ めくりたかったら
ここ 質問しないと。

いいんじゃない?

(福田) こことここ 抜きますね。

(観客) あぁ!

(福田) 口説かれたというか
ごはんに誘われたとかね。

(有田) これは聞きたいよ。

自分でね。

(原田) じゃあ!

(原田) 今年 口説かれた数。

タレントさん 関係なくですよね?
(原田) 関係なく。

(有田) えっ!?

(福田) え~!?
マジで!?

良かれと思って…。

ほぉ ほぉ!

カッコいいけども 今 また…。

そうかな?

いっぱい いるわ!

そうか。

じゃあ ここね オープン!

(観客) お~!

そうなんです。

だから 急いで!

はい これ。

(有田) これね 実は
違う番組ですけども

久しぶりに…。

そしたら…。

分かりました。
男をメロメロにするやつ。

はい。

でも…。

(有田) ヒィ~!
(堀内) すげぇ!

フゥ~!

100点!
(有田) これは行きましょう!

ありがとうございます。

やらして。
いやいや ごめんなさい。

(原田)
健次第では めくれなくなるの?

行けんの?
(福田) 信じましょう。

超ぶりっ子 お願いします。

(笑い)

(笑い)

(福田) まだ続いてんの?

コン コン!

コン!

(福田) ちょっと~!
(原田) ほら 見ろ!

(有田) それで めくろうよ。

(堀内) 「めくって」って言えば?
「上田さん めくって!」って。

(原田) 簡単だな!
(福田) あいつ 何だよ!

(有田) は~い はい はい はい。
水着か。

なるほどね。

4つ 行きましょう。

(福田) お願いします。

(堀内) 4つよ 4つ!

(福田) お願いします!

(原田) いい?
はい。

それは…。

じゃあ 行くよ。

(笑い)


じゃあ 行くよ。

(原田) 何時に出る?
何かさ…。

(原田) 待って!

…って言ってたじゃないですか。

だけど…。

(原田) 俺 本当に
そういうの苦手なんだけど…。

私の友達の友達だったよ それ。
ちょっと待って!

してない?

ううん ごめん。
(原田) おっかねえ!

待って! やめよう。

ほら!

(笑い)

じゃあ 逆に 言うよ。

(笑い)

ハハハハハ!

分かった?

どういうことや?
(有田)言いたいこと言ってるだけ。

どういうこと?

全然 どうぞ。

(堀内) この前のだよ!
ヒヒハハハ!

(笑い)

お久しぶりです。

(原田) 先輩の前で そういう態度
取るなっつってんの!

すいませんね。
いや…。

あれ?

だって 先輩 言ってくださいよ
俺 あの時…。

(堀内) ウィ~ン!
(笑い)

この間 すごい…。

(堀内) すごい よかったですぅ。
ヤッベ! 浮気相手 来た!

(堀内) 最高じゃないですか!
(原田) ちょっと 黙って!

(堀内) 何よ!

(笑い)

(堀内) また 丹念に 丹念に!

(笑い)

(原田) ごめんなさい。

(有田) 他の人もいるから。

すいません。

痛い!
(笑い)

(福田)
空振りして 2回! 空振りした。

いやいや… 違いますって。

こうよ! こうよ!

ほら! やんなよ やんなよ!
ちょっと!

ごめんなさい。
終了!

(有田) あなたたちは…。

(笑い)

ないわ!
あそこまでのことはないわ!

修羅場だったから。

じゃあ ここから 順番に行くよ。

オープン!

続いて こちら!

(一同) お~!

はい オープン!

そして はい こちら!

(原田) すげぇ!
すごい!

ありがとうございます。
よかったね。

じゃあ お知らせしとこう。
はい。

ぜひ お買い求めください
お願いします。

さぁ 本日のゲスト!

(観客) え~?

それでは お招きいたしましょう。

どうも よろしくお願いします。
(拍手と歓声)

本日のゲスト
講談師の神田松之丞さんです!

よろしくお願いします。

お世話になります。
お願いします。

やっぱね…。

自分で構築してね。

嫌いではないんですけど。

番組やってるんですよ
爆笑問題の太田さんと。

パスしないんですよ。

僕は…。

苦手っていうかね。

やめろ!
(福田) こら!

改めまして 本日のゲスト
講談師の神田松之丞さんです。

よろしくお願いいたしま~す。

お世話になります。

今回 初登場なんで プロフィルを
ご紹介させていただきましょう。


ありがとうございます。

お願いします お世話になります。

まぁ ちょっとね 我々が不勉強で
申し訳ないんですけど…。

何人かね。

あんまり…。

違いみたいなの聞いたんですけど
もう1回 教えてください。

情景 伝える時に…。

こんなのが…。

ず~っとですか?

何々一代記で 素晴らしい!って。

でも やっぱり…。

生で聴いたことないとか。

(有田) 見たことありますか?

そうっすか! 聴いていただいて。

でも 『しゃべくり007』の…。

(堀内) え~!

(福田) 見れるんすか?

お願いしてもよろしいですか?
やらせていただきます。

(堀内) 楽しみ!

それでは 講談を一席

申し上げようかなというふうに
思ってるんですけれどもね。

『扇の的』という お話というのは

さかのぼること 1000年以上前の
お話でございましょう。

源氏方と平家方が
争っておりましてね

屋島の戦いの
頃合いとなりますと

平家方は もう やられにやられて
海へと逃れる。

片や
源氏方は 陸へと陣を張ります。

平家方は海
源氏方は陸へと陣を張る。

この時 平家方

起死回生の計略を練りました
というのが 『扇の的』で

1艘の小舟を用意いたしまして
すっと その舳に 扇の的。

これを差し込んだのでございます。

これ つまり どういうことか?

源氏方よ この扇の的に当ててみよ
ということでございましょう。

ところが これ 大きな問題が
2つございましてね。

1つは この扇の的
真ん中に 日の丸が描かれてる。

日の丸ってのは
今も昔も 天皇の象徴で

源氏方よ 弓を射て来い!と

日の丸を射抜いた瞬間

天皇に歯向かう
逆賊ということになる。

これ 射損じても
腕がないと笑われる。

源氏の総大将 源 義経が
尋ねますと

いかがでございましょう?

扇の要に当てるというのは。

ところが これ 大きな問題がある。

日の丸に当てるのだって
至難の業ですが

さらに面積が小さい要に
当てるというのは

これは 非常に難しい。

後になりまして 那須与一が
弓を放ちました場所は

70mも先
離れているといわれております。

それでも 御年16の 那須与一

馬にまたがりまして
ピシ~リ 1鞭 加えるや

はいよ~!
パッパッパッパッパッパッ!

今しも 海へと突っ込んで行く。

乗り越え 乗り越え
乗り越え 乗り越え…。

目指す
白波の立っている駒立岩まで。

馬が ブルルルルルっ!

さお立ちとなる。

与一は 「さしむかうとりにも
うちは みずなるや

こころのつきが すまばうつるに」
という古歌を思い出しながら

臍下丹田に力を入れ

「伊勢の国 山田に 安置し奉る
天照大神をはじめとし

日本 六十四州の神々へ
敬って申す。

殊更
下野の国 那須の湯泉大明神は

弓矢に明のある御神と承る。

何とぞ
あれなる扇を射落とさせたまえ。

もし 射ることあたわざれば
矢を放たぬ。

そのうちに 海底深く沈めたまい
水神の餌食となさしめたまえ!」。

念じつつ
ひょいっと 眼 開き見れば

風はなぎ 波は爽やか。

舟の座は定まり
扇は ピタリと止まっている!

ここぞと思う 宗高
臨 兵 闘 者 皆 陣 列 在 前!

九字の真言を切りながら

キリキリ キリキリっと引き絞れば
えいやっ!

弓は さながら満月のごとく。

のっぴき
ヒョウっ!と射て 放った矢は

リィン… リィン…
うなりを生じて飛んでまいります。

源氏方 平家方
どうなる どうなる?と見ている。

リィン… リィン…。

見事 見事! 見事 見事‼

扇の要に ツッツ~!と
当たりましたから

扇が ひらっ ひらっ
ひらひら ひらひら…。

波間へと突っ込んで行く。

その姿の 実に美しいこと。

源氏方 平家方 お互いが
「あぁ 見事なものだ!

与一 あっぱれ!
あっぱれ! 与一」。

褒めたたえたと申します。

おなじみ 『源平盛衰記 扇の的』。

本来なら 35分あるところを

4分で申し上げるというお話で
失礼をいたします。

(一同) お~!
ありがとうございました。

いや~ もう すごい!

引き込まれて行ったとこやった
ずっと。

でも…。

何か こう お互い。

本当や 本当。

今日は せっかく
お越しいただいてるんで

松之丞さんの…。

はい。

(原田) ストレスになんない?

これは…。

(福田) でしょうね。

見ないようにしてるんですけど。

最近 達観してて…。

これ 本当 腹立ったな!とか。

あのね…。

大層な お寿司屋さんじゃなくて。

そしたら 横にいる…
横にいるのか分かんないけど…。

で 見たら…。

それっぽいと思って。
どっちだ?

横にいる…。

これ iPad 僕のですけど。

はぁ!?

(福田) おいおい おいおい!
(原田) カッコ悪い!

(有田)
もっとショックなのが来ましたね。

一番奥にいる人。

で すぐ 寿司 食い終わって。

スッと行って
また iPad持って。

(原田) おっかねえよ!

それこれ こうじゃないよ 大将!

こんなんだったら…。

寿司屋の大将が 「ひょっとしたら
お2人とも違うって言ったら…」。

だから ちゃんと…。

(笑い)

企画 まいりますかね。

今のうちに知っておこうという
企画が用意されているようです。

題して…。

<実は厄介者!?
松之丞の うっとうしい私生活!>

来年で真打に昇進し
100年に1人の天才講談師。

将来 人間国宝になる!?など…。

今回 松之丞さんをよく知る…。

フフフフ!
そんなこと言わないでくださいよ。

どういうふうに面倒くさいのか?
まずは ①。

(観客) え~!

何です?

(笑い)

実際 そうなんですか?

かみさんが…。

でも…。

そんなわけないでしょ!

でも ちょっとね…。

確認。

(福田) 誰か。
誰か作ったら?

太田さんみたいに…。

でも そうやってね…。

(原田) 失礼だよ!

分かりますよね。
(原田) 1回 行こうよ!

(笑い)

何か このポジション ヤダな。

(堀内) やってみなよ!
いいっすか 挑戦して。

俺ね かみさんに…。

してる。

だから 年中 こうしてんだけど…。

(笑い)

ビックリした!

(堀内) 楽しそうに見えなかった。
いや~ 楽しかったな!

(原田) ありがとう!
ありがとうございました。

だから…。

しゃべってもいいですか?
(有田) 難しいと思いますよ。

健ちゃん 前へ来て。

友達になれたら…。

すっごい面白かった!

もう そこで言っちゃったよね。

ええ。

膜を。

膜 取って 飲もうと思ったら…。

なるほど。

ヒィ~フフフフ!

(福田) どこで!?

分かるでしょ?
半分ぐらいになっちゃって。

楽しいか!?

あっ そう。

じゃあ 2つ目 行きます
「面倒臭い男 ②」!

(観客) え~!

「面倒臭い男 ②」!

(観客) え~!

(福田) えっ!?

そうですね。

言っちゃってる? それ。

とにかく いいラジオを
提供したいみたいな感じ。

それは分かりますよ。

そうです。

古典って…。

だから…。

いろいろと。

ふら~っと行って こう来たから
こう行こうかみたいな…。

(有田) あるよね こう…。

ボケて
上田が バシンとツッコんで…。

「よかったですね!」。

俺らは…。

(福田)
テンション 下がりますよね。

それ ちょっと…。

(有田) 違う!

違うわ!

そうは いかないのよ!

俺は…。

ただね…。

だから…。

一気に 歌舞伎ファンとかが
ツイッターとかで…。

って言った瞬間…。

(笑い)

何で切ったんや!
切る必要はない!

最後ね 「面倒臭い男 ③」。

えっ? 張り合ったかな?

(笑い)

(福田) ウソでしょ?

(笑い)

でも…。

で シュワルツェネッガー…。

ジェラシーなんですかね?

例えば…。

これは でも
実は 俺だけじゃなくて…。

ですけど…。

(笑い)

だから… あの…。
(笑い)

相葉君のこと好きだって聞くと…。

プラスに考える。

だから ショートメールでも…。

(原田) マジかよ!

あっ!
(堀内) おっ 福ちゃん!

そんな仕組み! そうよ!
えっ!?

え~?
福田 いいこと言ったわ!

遅いな!

言ってもらいたいんだもんね?

そしたら ドラマとかで 俺が…。

ほっぺた こうやって来る。

それだけで ウィ~! やったぜ!
(笑い)

分かる!
分かる?

いい出来した時に
かみさんが…。

心の中で よっしゃ~!

(原田) やったぜ!
やった~!

お~い!


関連記事