ごごナマ「水谷豊」刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品を振り返りながら熱い役者魂を語る…



出典:『ごごナマ「水谷豊」刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品』の番組情報(EPGから引用)


ごごナマ「水谷豊」[字]


ゲストは俳優の水谷豊さん。刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品を振り返りながら熱い役者魂を語る。スタジオでは初めての“男の手料理”にも挑戦。


詳細情報

番組内容

ゲストは俳優の水谷豊さん。刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品を振り返りながら熱い役者魂を語る▽スタジオでは初めての“男の手料理”。平野レミさんのレシピに挑戦▽“相棒”ではMC船越とも共演。私生活を含め35年以上にもわたるというその交友関係とは?▽俳優は“アルバイト感覚”その真意とは?▽70歳までに自らの監督作品を3本撮影するという目標は?

出演者

【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】水谷豊



『ごごナマ「水谷豊」刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ごごナマ「水谷豊」刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの
  1. 水谷
  2. 船越
  3. 阿部
  4. 美保
  5. 川村
  6. 俳優
  7. 英一郎
  8. 今日
  9. 監督
  10. 世界
  11. 最初
  12. 仕事
  13. 自分
  14. 料理
  15. シリアス
  16. ドラマ
  17. 大丈夫
  18. 大変
  19. 本当
  20. お料理


『ごごナマ「水谷豊」刑事ドラマ“相棒”の撮影秘話や、これまでの出演作品』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

阿部≫「ごごナマ」

今日のゲストは俳優・水谷豊さん。

右京≫不退去罪もつけましょうか。
現行犯ならば

管轄外でも逮捕できるんですよ。

阿部≫存在感のある独特な演技で

20代にしてトップスターに。

数々の作品に出演し

話題となりました。

そんな水谷さんを迎えて…

気になる素顔に迫ります。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

船越≫ついに
お見えいただきました!

よろしくお願いいたします。

阿部≫いつも「ごごナマ」を
ご覧になさって

お伝えします。

中国当局に日本人が拘束される
ケースが相次ぐ中、

外務省によりますとことし7月、
中国内陸部の湖南省で

50代の日本人男性が拘束されて
いたことが分かりました。

健康状態に問題はなく
外務省は中国政府に対し早期解放

を求めています。
外務省によりますとことし7月、

中国内陸部の湖南省長沙市で

渡航中の50代の日本人男性が
中国の国内法に違反した疑いで

当局に拘束されたということです。

現地の日本大使館の職員が
面会するなどして情報収集を

進めていて
男性の健康状態に問題はないと

いうことです。
拘束は現在も続いているという

ことで

外務省は中国政府に対し
早期の解放や容疑を明らかにする

ことなどを求めています。

中国当局は

外国の組織や個人が国家の秘密

情報を盗んだり探ったりすること
に監視を強めていて

日本人の拘束も相次いでいます。

SNSで誘い出した
さいたま市の中学生の少女を

埼玉県本庄市内の住宅に
住まわせたとして

逮捕・起訴された37歳の男が

別の兵庫県の中学生の少女も
SNSで誘い出し

2か月にわたって住まわせていた
として

未成年者誘拐の疑いで
再逮捕されました。

再逮捕されたのは埼玉県本庄市の
不動産業、阪上裕明容疑者です。

警察によりますと阪上容疑者は

ツイッターで知り合った兵庫県の
中学生の少女を

勉強するなら養ってあげるなどと
誘い出し

ことし8月下旬から2か月に
わたって

本庄市内のみずからが管理する
住宅に住まわせたとして

未成年者誘拐の疑いが
持たれています。

阪上容疑者は別のさいたま市の

中学生の少女を1か月余りの間、
同じ住宅に住まわせたとして

逮捕・起訴されています。

警察によりますと2人はいずれも
ツイッターに

家出願望があるなどと書き込みを
していたということです。

調べに対し阪上容疑者は容疑を
認めているということで

警察が詳しいいきさつを
調べています。

アメリカのトランプ大統領は中国

との貿易交渉について非常に
重要な取り引きの最後の苦しみを

味わっていると述べ
第1段階の合意は近いという認識

を示しつつも
依然として意見の隔たりがある

ことをうかがわせました。

アメリカと中国の貿易交渉では、
第1段階の協定署名に向けて

詰めの協議
が続く中、

トランプ大統領は記者団に対し
次のように述べ

第1段階の合意は近いという認識
を改めて示しつつも

依然として意見の隔たりがある
ことをうかがわせました。

その念頭には
中国が求める関税の一部撤廃や

アメリカが求める知的財産権の
保護の取り組みなどがあると

見られます。

一方で香港の区議会議員選挙で
民主派が圧勝したことについては

われわれは彼らを支持する。
香港のこともうまくいってほしい

し、うまくいくと考えている。
習近平国家主席はそれをやれると

思うと述べ中国をけん制しました。

高齢の患者が自宅などで心肺停止
になった際、

救急隊が駆けつけても家族が自宅
でみとりたいと蘇生を望まない

ケースが相次いでいることから
東京消防庁は蘇生や搬送を

中止できる仕組みを来月16日
から導入することになりました。

これを前にきょう、救急隊員への
研修会が行われました。

船越≫「ごごナマ」
本日のゲストは

改めてご紹介させていただきます。

満を持してお見えいただいた
水谷豊さんです。

いよいよですね。いつこの日が
くるか、くるかと思って。

水谷≫僕、さっきも言ったように
初回から

これを見てるでしょ。

いつ、英一郎は
声をかけてくれるんだろうって。

船越≫ずっと声は
おかけさせていただいてたんです。

水谷≫やっとこの日がきました。
ありがとうございました。

阿部≫楽しみな1時間ですが
テレビをご覧の皆さん

水谷豊さんへのご質問メッセージ
どしどしお寄せください。

水谷さんを迎えてお送りする
トークテーマはこちら。

その前にご紹介するのがこちら。

水谷さんといえば
刑事ドラマ「相棒」。

大変な人気です。

杉下右京役は長いですね。
何年になりますか?

水谷≫最初は2時間ドラマで
始まったんですけれども

それが1999年の今ごろ

ちょうど11月
今ごろ、撮影が始まって

2000年に放送が始まって。

3本、2時間ドラマで
その後やって

そして、2002年から
シリーズが始まりました。

船越≫今、18作目ということで。
美保≫私も初期のころに。

水谷≫シーズン1です。

美保≫学校の先生でしたね。

阿部≫純さん、久しぶりですか?

美保≫久しぶりです。
10年くらいね。

だから、そのころよりは
痩せたでしょ?っていう。

水谷≫あまり変わってない…。
美保≫ショック!

阿部≫杉下さんという同じ役を
長い間演じられるというのは

ご自身では
どういう感覚でしょうか?

水谷≫自分が
若いころを振り返ると

考えられなかったですね。
若いときは

新陳代謝が激しいといいますか
同じことを続けてられない。

次から次に
新しいことをやりたい思いが

強かったんですけど
ふと、なぜ

長くできるんだろうと
思ったときに

この中にもっと何か世界がある。
奥へと入っていく。

若いときは横へ振りたくなるけど
奥へ入っていくし

自分を探しているような

旅をしているような感覚に陥る。

船越≫杉下右京の中に
自分を探すという感覚ですか。

美保≫右京さんは
動きが速くて好きです。

クルッていうところがね。

キレがあって好きなんです。

阿部≫この「相棒」
実は今年10月の放送で

水谷さんがどうしても
かなえたかったという1つが

実現したんです。

「杉下右京対
2時間ドラマの帝王」。

さっぱり誰だか分かりませんね。

船越≫誰だろうね?
阿部≫そちらの映像です。

右京≫我々の見立て違い
だったのでしょうかね?

岩田≫そうかもな…。どけ!

阿部≫我らが船越さんとの
共演です。

右京≫連続殺人を
お認めになるのであれば

なおさらいよいよ
どくわけにはまいりませんよ。

あなたを捕まえないと。
岩田≫警視庁が

何をいきがってる?
管轄外で警察権を行使する気か?

違反だろ。

水谷≫いつかは、いつかはって
始まったときから

ずっと、僕の念願だったし

思っていたんですけど。
逆に、ものすごく親しすぎて

なかなか頼めないという。

簡単に頼めないなという感じは

ずっとあったんですけど
本当に実現して。

船越≫とにかく
水谷さんの「相棒」を

汚しちゃいけないという
思いが強くて。

美保≫汚れませんよ。

船越≫でも、北海道にロケに
行かせていただいて

朝から晩まで
ずっと、ご一緒しましたね。

起きてから寝るまで
という感じでしたね。

スケジュールが
大変なんじゃなくて

2人の話が長い。
阿部≫どういう話

されてるんですか?

船越≫森羅万象ですね。

水谷≫でも、「相棒」を
やっているときは

英一郎には言わなかったけど
一緒に芝居をしてると

ふっと、お父さんが
出てきたりするんですよ。

そのときはドキッとしました。

阿部≫お二人はプライベートでも
大変、仲がいいということで

船越さんは水谷さんのことを
このように思っているそうです。

「永遠のアニキ」。

船越≫もちろんこれは
僕はずっと勝手に

そう思わせて
いただいているんですが

たまに水谷さんも
確認されますよね。

お前は弟分だからなって。
水谷≫ときどき

確認しておかないとね。
心変わりしてないかどうか。

阿部≫そもそも
どういうきっかけが

最初だったんですか?出会いは。
水谷≫最初は

お父さんの船越英二さんと

共演したことでしょうかね
「熱中時代」で。

そこから英一郎に
初めて会ったのは…。

船越≫水谷さんの
「気分は名探偵」というドラマに

僕が子分の役で
出させていただいたのが最初です。

もう35年以上前ですね。

僕は、この世界に
入ったばっかりでした。

ずっと憧れだったんです。

だからもう最初
しゃべることもできなくて。

美保≫今はベラベラ
しゃべってますよね。

船越≫そのときに
しゃべれなかった分を

今、取り戻そうとしてる。
阿部≫最初のころのエピソード

ご紹介しますね。
車でお二人は出かけることも

あったそうですが

水谷さんが運転中に
ある行動で船越さんを

大いに戸惑わせたことが
あったそうです。

「そっと手を握った」。

どういう行動なんでしょう?

水谷≫英一郎、ものすごい
緊張してたんですよ。

車で湯河原、英一郎の

実家に一度行って
泊まることになってたんです。

英一郎と一緒に東京から
湯河原へ向かったんですね。

僕は運転していたんですけど

緊張して黙ってるものですから
楽しませてあげたいと

思ったんですね。
左ハンドルだったんですよ。

美保≫車の再現!

水谷≫湯河原まで
どのくらいかかるかな?

船越≫1時間半ぐらいじゃ
ないですか。

水谷≫ずっと緊張しているから…。

しばらく手を握って黙ってたけど
何も言わない。

英一郎、口堅い?

船越≫もちろんです…。

(笑い声)

水谷≫これをやったんですよ!

でもね、ずっと黙ってる。

美保≫迷ってたんじゃない?

船越≫実は、水谷さんは
ここからしか

覚えていないようですが
前日談があるんですよ。

その前に
新宿でごはんを食べたときに

その帰り道に
水谷さんが運転されてて

僕、お酒飲んじゃうので
運転していただいてて。

そうしたら、突然
水谷さんが信号で止まったときに

僕の耳を
カプッとかんだんですよ。

阿部≫えー!
美保≫それはもう…!

船越≫そのちょうど、かむ直前に

よし、じゃあ10日後に
湯河原に行くぞって話をして

お決めになられて。

それで、カプってかんだまま
何もおっしゃらないで

その日、別れたんですよ。

水谷≫そんなことした?

船越≫しましたよ!
それでこの湯河原行きだったの。

僕が緊張してたのは
そっちの理由。

何かこの中で起こるんじゃないか。

美保≫芸能界の人って
意外な人がそうだったし。

あと、そこのみそぎをしないと
役者になれないとか。

水谷≫そんなことはないですよ!

でも、なんで
そんなことしたんでしょうね?

船越≫ずっと湯河原に行くための
布石を打ったんですよね

そのとき。
長いいたずらですよね。

阿部≫おちゃめですね。

純さんも水谷さんの
おちゃめな一面が

ドラマの撮影中あったんですね。

美保≫2時間ドラマのときに
一軒家の撮影だったの。

そこで、下で撮影してて
水谷さんと私は

2階で待機してたの。

そしたら、みんな
下で真面目にやってたら

私と豊さんだけが

上に残ってたんですよ。

後ろから豊さんが
ティッシュを持って現れて

拭いてきて

下でシリアスな場面。

ティッシュを下に…。

お静かに!って言ってるときに

下に向けてぶつけるんですよ。
シリアスな場面してるのに。

水谷≫誰かと勘違いしてない?

美保≫豊さん、私が
あー!って言ったら

すごいドヤ顔で

ニッタリしてたの。

それが中学1年生みたいな顔なの。

笑わせようとして。

船越≫リラックスさせようとか
いろんなことを

考えてるんですよね。
水谷≫純ちゃん

退屈してないかなとか
思ったんだと思いますよ。

美保≫笑かせてもらった。

阿部≫先ほども
お話がありましたが

水谷さんが船越さんと
お会いになるきっかけは

お父さんの英二さんですね。
船越英二さんと水谷さんが

共演した、あの有名な作品を
久々にご覧いただきます。

北野(水谷)≫
先生の名前は北野広大。

広大とは
広くて大きいという意味だ。

阿部≫1978年に放送が
始まったドラマ「熱中時代」です。

天城≫どうですか。今日は
あいさつだけということでしたが

午後から何かやってみますか?
何がいいでしょうかね。

君の得意なものは?
北野≫体育だったらいささか。

天城≫自信がありますか。
よろしい!午後から

体育の授業やってみなさい。
北野≫えー!

阿部≫北海道出身の熱血教師

北野広大。
本当に話題になったドラマでした。

船越≫国民的なドラマでしたね。

阿部≫反響をどのように
当時受け止められましたか?

水谷≫これは先生ですよね。

実はその前
不良ばかりやってたんですよ。

青春ものでは不良

番長とかそういうのをやっていて

そのころは
PTAに嫌われる俳優ベスト3に

入ってたんです。不良ばかりで。

でも、これをやったら
PTAに好かれる俳優の

1番になったの。

僕はそんなに
変わってるつもりはないんだけど

役は変わってるけど
僕は同じなのに。

とても不思議な感じがしました。
美保≫スカジャンのイメージが

ありましたもんね。
阿部≫この「熱中時代」

校長先生の
船越英二さんとの共演で

大いなる影響を水谷さんは
受けられたそうです。

「シリアスとコメディー」。

水谷≫シリアスな
ドラマをやるときは

どこかでユーモアとか
コメディーが。

それをどこに入れようかって
考えるんです。

シリアスなドラマはそうで
コメディーをやるときは

どこにシリアスなものを置くか
バランスを考えるんですが

1つの中で船越英二さんは
両方おやりになるんですよ。

普通はどっちかが
わざとらしくなったりすることが

多いんですが

見事にそれをシリアスなものも
入れたり

どこかにユーモア。

ユーモアのタッチで
進んでいるときにも

どこかシリアスなものが。

見事にできてるんですね。

僕も、常日頃そういうふうに
なりたいなと思ってましたね。

阿部≫「相棒」に通ずるところが
ありますね。

水谷≫今でもそうだと思いますね。

阿部≫この「熱中時代」や
「傷だらけの天使」など

水谷さんの出演作は
次々ヒットするわけですが

実はこんな一面があったそうです。
「休みグセがある」。

休みたいんですか?
水谷≫休みたいんです。

仕事をすると仕事をした分
同じだけ休みたくなって。

そもそも、ずっと俳優でいようと
思ってなかったのも

あるんですけど。
それで、何か休んで

何かと出会うんじゃないかとかで
ついつい、休みが

長くなるということがありました。

ちょっと今思い出したんですが

さっきの湯河原のあとに泊まって。

船越≫お風呂で
歌とか歌われたりね。

水谷≫私が聞かれてたっていうね。

歌っていたら、お母さんが

聴こえてましたわよって言われて

すみませんでしたって
楽しい1日を過ごして

翌日帰ろうとしたら船越さんが
豊さん、ちょっといいですかって

言うんですね。
それで、僕が座ったら

英一郎ですが
劇団をやってるようなんですがね

将来、何をやろうとしてるのか
あなたからちょっと

聞いてもらえませんかって。

船越≫水谷さんに
あまりに僕が勝手な

劇団のことを
やってたことを心配されて

そのあと、ちょっと僕が
お説教されたりして。

そうしたら
ところで豊君、あなたもちょっと

休みすぎじゃないですか?って
英一郎が。

水谷≫とばっちりです。
僕まで注意されてね。

当時は家族ぐるみで、英一郎を
よろしくお願いしますねと

言われたりしていたので。
美保≫直接言えないことをね。

口説かないでねって
お父さんに言われたりなんかね。

阿部≫充電期間だとは思いますが

このことによって
心配された方々が

いらっしゃいます。

特にお母さんが心配されたと。

水谷≫2010年、2011年
母と父が続けて他界してしまって

僕が休んでるときに、30過ぎて
2年ぐらい休んだんです。

もう、そろそろ
俳優をいいかげんに

しないと思って
2年ぐらい休んで母に呼ばれて

ちょっといらっしゃいと言われて
話があると言われて行ったら

この2年間
お前は何をしているの?

何もしていない。

お前の同級生はね
毎朝会社に行ってますよって

言われたんですよ。
確かに…って。

何やってるんだろうなと
思いながら。

船越≫でも、水谷さんの中では
充電期間ですよね。

美保≫電車の中で、ロケの帰り
ずっとしゃべってたころ

休み明けだったんですね。

久々に仕事やってるんだよって
言ってて

そうかなって。

仕事やり始めたんだよって
言うから

え?と思って。

船越≫僕らは
そんな印象ないんです。

ずっと水谷さんはお出になってる
印象があるんですけど

実は、2年間
充電していたこともある。

水谷≫20代で1年休んで
1つだけ仕事をして

1年半休んだりとか
そういうことをしてたんです。

船越≫次にいくためには
必要な時間だったんでしょうね。

水谷さんの中には。

水谷≫なんか、この世界じゃ
ないなって思ってたり。

船越≫ずっと、俺には
何かあるんだって。

阿部≫でも続けてこられましたね。
それは俳優に対する

思いがあるんですか?
水谷≫なんでしょうね。

そもそも、そうですねえ…。

まだ分かりませんけど
あるときに、どこまでやれるか

分からないけれども

できる限りやってみようと
思ったことがあるんですね。

それと今、娘ができたから。

英一郎には
言ったかもしれないけど

それまでは、違う世界が
僕にはあるはずだと

ずっと思い続けてた。
船越≫ずっと俳優は

アルバイトだって言うんですから。
水谷≫本当にアルバイトなんです。

19歳のときから
ずっとアルバイトです。

♪~(コーナー音)

川村≫どうも!
失礼いたします、川村です。

船越≫今日は、アニキですから
お手やわらかなうわさにしてね。

川村≫はい。水谷さんに関する
うわさを持ってまいりました。

ウワサの真相!

こちらは本当でしょうか?

水谷≫料理という意味では
そうだと思います。

お湯かけたりするのは
やったことありますけど。

ラーメンとかそういうものは
やったことあります。

それも
1年に1~2回かもしれません。

川村≫奥様はそれを
どう思ってらっしゃるんですか?

水谷≫そういう人だと
思っていると思います…。

川村≫水谷さんに対して
作ってほしいわとかって?

水谷≫最近は
せめてトーストを焼くとか

目玉焼きが作れるとか
せめて、そのぐらいには

なってほしいって。

船越≫目玉焼きもだめですか?

美保≫卵、割れます?

水谷≫割れますよ!

川村≫トースターは入れて
目盛りを合わせれば

大丈夫なんですけど…。
船越≫目盛り合わせるの

得意じゃないんですよね。

美保≫でも、料理は
すごくうまそうなイメージ。

船越≫だって、数々のドラマで
板前役をやったり

「居酒屋もへじ」とか。
僕、目の前で

お魚おろしたりするの
見るんですけど

でも、おうちに帰ると
一切、包丁が握れない。

何かが憑依しているんでしょうね。

川村≫撮影があると大丈夫?
船越≫撮影があると

ピアノだって弾けちゃうんだから。

神技みたいな。
川村≫憑依したら

料理もできるのかしら?
船越≫でも、日常で

憑依しませんからね。
川村≫蘭さんのために

作ってあげたいと
思ったことはないですか。

水谷≫思いましたよ。
結婚して30年ほどたちますが

そのときに、自分に誓いました。
料理を作って食べてもらいたいと

そのときに思った。

川村≫そのときに
思ったってことは、30年…。

水谷≫ずっと思ってる。

船越≫長い!

水谷≫ずっと思ってるんですよ。
いつでもそういうふうに

なりたいと今でも思ってる。

美保≫旦那さんが作るカレーとか

楽しみにしている奥さん
すごく多いと思うんです。

川村≫帰ったときにできてたら
うれしいですもんね。

船越≫じゃあ、思い切って
そうなっていただくと。

川村≫じゃあ、ということで
このうわさは本当でした。

阿部≫料理ほとんどされない
ということですが

「ごごナマ」を
ご覧いただいているということは

平野レミさんのお料理コーナー
ご覧いただいてますか。

水谷≫ええ。見てると
簡単に思えるんですけどね。

平野≫水谷さん!
平野レミです!こんにちは!

これからの時代ね、男の人もね
お料理が作れないとね

絶対だめなんですって。
だから私がね、簡単でおいしい

とっておきの料理を
これから教えてあげますね。

蘭さんにも
ぜひ食べさせてあげてください。

30年越しの思いを
かなえましょう。

頑張ってください!
絶対かなえましょうね!

じゃあね!頑張ってー!

水谷≫ありがとうございます。

阿部≫どうですか?
30年越しの思い。

水谷≫かなえたいですね。

阿部≫キッチンのほうで
何やら準備ができているようです。

船越≫覚えて
帰っていただくという。

阿部≫ではチャレンジを
お願いいたしましょう。

純さん、お手伝いということで
キッチンに入っていただきます。

♪(「熱中時代」のテーマ曲)

阿部≫気合いも入ってきました。

料理に熱中時代ということで
この曲がかかっています。

エプロンもつけて。

美保≫ちょうちょ結びですね。

川村≫お似合いです!

阿部≫ここで今日作っていただく
お料理をご紹介します。

以前、番組でもご紹介しました
「きのこ全員集合パスタ」。

船越≫懐かしいメニューですね。
おいしかったよ。

阿部≫ふんだんに
きのこが入っています。

ホームページの
「らいふ」にも作り方は

載っていますので
改めてご覧になってください。

今日は平野レミさんから
直接、手順を書いたメモを

いただいていますので
その指示に従いながら水谷さんに

作っていただこうと思います。

なんで、美保さん
あとについていってるんですか。

寄り添い?
美保≫今、炎のフォローを

しようと思って。

阿部≫今日のメニューの材料です。

美保≫ゆずは最後ですね。

阿部≫水谷さん
きのこはお好きですか?

水谷≫大好きです。

船越≫蘭さんは
きのこはいかがですか?

水谷≫好きだと思います。

船越≫ぜひ作って
いただきたいですね。

阿部≫最初の手順です。
水谷さん

しいたけを手にしていただいて…。
美保≫分かりますか?

水谷≫今、この2つで
どっちかなって…。

阿部≫そこからですか!?

軸を取っていただきます。

そして薄切り、細切りにして
いただきます。

軸はほかに置いておいたほうが
いいかもしれません。

美保≫細切り、こうですか。

阿部≫水谷さんの手元です。

恐る恐るという感じもあります。

船越≫僕、目の前で
流麗に魚をおろしてる水谷さんと

お芝居したことあるんですが
あれはなんだったんだ?

阿部≫今、下まで切れてますか?

美保≫つながってないですよ。
阿部≫美保さん、エリンギと

マッシュルームも
細切りをお願いします。

船越≫水谷さん
いきなり無口になってます。

阿部≫次いきましょう。

しめじとえのきを
食べやすいようにほぐして

小房に分けてください。

美保≫しめじはどっちですか?

水谷≫しめじとえのき。確認して。

川村≫すごく丁寧ですね。

美保≫これは生では
食べられないタイプですよ。

阿部≫きちょうめんな感じが
出てますね。

船越≫純ちゃんが話しかけても
無反応だ…。

美保≫初めてほぐしてます?

水谷≫初めてです。
船越≫きのこよりも

水谷さんの気持ちを
ほぐすほうが

重要なんじゃないかな?

水谷≫汗かいてきた。
初ほぐしです。

阿部≫純さん、マッシュルームも
細切りですよ。

水谷≫これは?

美保≫それもほぐしちゃって。

根のところ切るんですけど
もう切れてるからバラバラに。

結構、ボロボロいきますよ。
阿部≫2~3個つながってても

大丈夫だそうです。
船越≫きちょうめんじゃなくても

大丈夫です。
美保≫エリンギ大きいですかね。

阿部≫大丈夫だそうですね。

切ったものは
前のバットに集めてください。

船越≫バットとかいう専門用語
だめだから…。

阿部≫その、四角いところに…。

美保≫下ごしらえ、できてる!

阿部≫第1段階、なんとかクリア。
船越≫お見事だよ!

水谷≫切った下のほうは?

阿部≫使いませんね。

水谷≫どっちがしめじ?

美保≫左がしめじで

これはえのき。

阿部≫名前の確認ですか。
次の手順にまいります。

水谷さん、フライパンに
オリーブオイルを

入れていただきまして

そして、にんにくですね。
火をつけてください。

水谷≫あっ…。

美保≫ついたー!

(拍手)

水谷≫ひねるだけじゃない!

すごいことやったような…。

船越≫スタッフが全員前に来て
どれだけ心配してるか。

阿部≫そして炒めていただきます。

香りが出るまで
炒めていただきます。

水谷≫にんにくの香り
してきました。

阿部≫香りが出たら
ベーコンを加えます。

さらに炒めていただきます。

火は強火でお願いいたします。

いい感じですね、炒めてる感じ。

船越≫だんだん何かが
降りかかってきましたね。

シェフが降りてきました。

阿部≫ベーコン火は通りました?

水谷≫通りました。
阿部≫バター入れましょう。

そこに先ほどのきのこ投入です。

全部入れます。

ああ!油が!火を弱めますか。

強火から中火に。

水谷≫気をつけて。
今、とびました。

阿部≫そして炒めます。
きのこが、しんなりしてくるまで。

船越≫スタッフから
水谷さんのエプロンの

着方が違うという
指摘がございました。

美保≫腕を通すところが
こっちだった。

水谷≫なんかきついなと思ってた。

船越≫おっしゃってくださいよ!

水谷≫用意してくれたものが
サイズが合ってないと思って。

最初から

やらせてもらっていいですか…。
船越≫生放送なもので…。

美保≫エプロンを
したことがないからかな。

水谷≫なかなかね。

阿部≫水谷さん、きのこは

しんなりしてきましたか?
いい感じですね。

そうなりましたら
塩と水を入れます。

塩は、小さじ2分の1です。

お水を500ccです。

船越≫ちゃんと
回すように入れてますよ。

何も言っていないのに。
美保≫お風呂は熱めですか?

水谷≫お風呂は、熱めに入ります。
美保≫あんまり湯船につかってる

イメージないんです。
水谷≫シャワーが多いです。

阿部≫強火にしていただいて
ふたをして3分煮込みます。

船越≫めちゃうまくなってる!

水谷≫ふた閉めただけなのに
それ、褒めてないですよ!

船越≫水谷さん、蘭さんは年中

手料理を作って
いただけるんですよね?

水谷≫蘭さんは料理上手ですね。

船越≫中でもお好きなお料理は
どんなお料理なんですか?

蘭さんの作ってくれるもので。

水谷≫なんでもOKなんですよね。

パスタでいうとミートソースも

うちでしか食べられないものを。
肉料理も魚もなんでも。

船越≫食事中はどんな会話を
されるんですか?

水谷≫なんでしょうね?

その日にあったこととか
おもしろい話とかが多いですね。

この間、蘭さんに
誰に聞いたか忘れたんだけど

こんな話があって
おもしろいでしょって言ったら

蘭さんが、それ昨日
私が言った話よって。

そういうこともあるんですよ。

(笑い声)

阿部≫そろそろ3分になりますか。
ちょっと開けてみましょう。

きのこのうまみが染み込んだ
スープです。

最後の工程になります。

パスタを半分に折って入れます。

水谷さんに
やっていただきましょう。

美保≫おお!

阿部≫どうだ!という感じでした。

船越≫折ることによって
食べやすくなるんですよ。

阿部≫途中で
パスタがくっつかないように

時々ほぐしながら
6分煮ていきます。

スタートお願いします。

ときどき、ほぐしながら
6分待ちましょう。

美保≫そういえば、昔
蘭さんとみんなで

ごはん食べたときに、蘭さんの

いらっしゃいませの言い方が
おもしろかった。

いらっしゃいませ~ってなんか…。
それを練習したじゃないですか。

水谷≫よく覚えてますね。
ハウスマヌカンがはやって

いらっしゃいませよん…って。
それを蘭さんがやって

メンバーみんなで練習したの。

よく覚えてる!

船越≫楽しいんですね、蘭さんも。
お気づきですか、水谷さんは

奥様のことを蘭さんと今でも
お呼びになっているんですよね。

♪~(コーナー音)

船越≫何度も鳴りました。
じゃあ、煮てる間にこのコーナー。

船越のクエスチョン5。

船越≫家出したことがあるのは
イエスですが。

水谷≫ちょうど高校3年生のとき

この世界を辞めようと思いまして

全部、辞めたんです。

自分の世界はまだほかに
あるはずだと思って

それに向かいたくて

1回全部この世界を辞めて

ほかの世界を探そうと。

英一郎も知ってるんですけど
アメリカ行こうとしたんです。

ところが、3年生のときに
うちの経済が

破綻することがあって

アメリカなんか行く
お金がないってことになって

大学を受けるんですけど
それが落ちるんですね。

来年があると思いながら

4月、5月と
自分がどうしていいか

分からない状態に
陥ったことがあって。

気が付いたら
ナップザックに洋服を入れて

お金も持たないで家を出たんです。

19歳になる前ですけど。

それで僕、立川市というところに

育ってるんですけど

そこからずっと歩いて歩いて

気が付いたら高尾の山で
夜に寝ようと思ったけど

寒いんですよ。

持ってきたものを
何枚も重ね着するんですけど

Tシャツしかない。

寝てると2回ぐらい
凍え死ぬ夢を見て

寝ちゃいけないんだと思って
ずっと歩いていたら

相模湖の近くまで歩いてました。

この話
朝になるんだけど、長くて。

船越≫あと2分ぐらいで
終わっていただけませんかね…。

水谷≫で、相模湖の近くで
車が後ろから

クラクションを鳴らして
おじさんなんです。

お兄ちゃん、何してるの?
散歩です。

俺、釣りに行くけど
釣り行かない?って

それで、ついていったら
そのおじさんが

釣り場、一緒に行って。
そうしたら

立ち食いそば屋があって
お兄ちゃん、食べないの?って。

大丈夫ですって。

お金がないからって
そんなこと言えない。

卵入れて食べているんですよ。
おいしそうだなと思ってて

その日、釣りにつきあって
夕方、お兄ちゃん

今日、うちに泊まる?って。
おじさんが泊めてくれたら

奥さんと子どもがいて。
奥さんが、すみませんね

つき合わせてしまってって。
夜、食事をごちそうになって

朝も、ごちそうになって

じゃあ、失礼しますって言ったら
お兄ちゃん金ないんだろ?って。

何も話してないんですけど
2000円くれたんです。

それで…
純ちゃん、料理任せていいですか。

美保≫いいですよ!湯気で
眼鏡が曇らないかと思った。

水谷≫それで、2000円持って
たまたま同級生が

ボウリング場に勤めてたんです。
それでおなかもいっぱいで

ボウリングやっちゃったんです。
400円残った。

やることなくて
やったことないけど

パチンコ屋さんに入ったの。
そうしたら、それがなんと

400円が3日間で
出て、出て、出て

1万6000円になった。
それで、洗面道具を買ったりして

銭湯に行って、立川の公園で
そこで新聞紙たくさん買って

野宿して。

それで、改めて
電車で家出したことがある。

(タイマー音)

阿部≫タイマーが鳴りました!

船越≫まだ1問しか聞いてない。

阿部≫では、仕上げに
入っていきます。

水谷さん
パスタのかたさを見てください。

水谷≫あ、いい感じ。

美保≫う~ん!

阿部≫OKならば

しょうゆをかけて味を調えます。

ここで火は弱めにしましょう。

船越≫混ぜ終わったら

ほぼ完成でございます。

阿部≫ではお皿に盛って
いただいてよろしいですか。

そのままいきますか!
いきましょう。

船越≫完璧!

阿部≫その上に、ねぎです。

あ、豪快に!

そのあと、ゆず皮を削って
かけていただきます。

美保≫上で大丈夫です。

船越≫いい感じですね。

美保≫下に、残ったものは
ペンペンって。

船越≫完璧なペンペンで
ございますよ。

これにて完成です!
「きのこ全員集合パスタ」。

水谷さんのお料理。
船越≫水谷さん、いかがですか

初お料理は?

水谷≫本当に自分で
やったんですかね。

船越≫ほぼやりましたよ。
お疲れさまでした。

美保≫エプロンが
一番おかしかったね。

阿部≫どの辺が
一番難しかったですか?

水谷≫全体的に。
次、1人でできるかな?って。

船越≫頭の中では
1人でやらなきゃということで

かなり一生懸命
覚えられてましたもんね。

阿部≫これはレミさんの

お料理の中でも

簡単なほうかもしれませんが。

船越≫簡単なほうです。
もう、じかに水谷さんが

お作りになったお料理を
僕らも試食させていただきます。

阿部≫いい香りがしますね。

美保≫出来たて!

船越≫いい香り!おいしそうです。
美保≫初パスタね。

船越≫水谷さん、いただきます。

美保≫ゆずをつけて。

阿部≫お好みでゆずこしょうを。

船越≫完璧です!

おいしい!

美保≫かたさもいい。

コシがあって、おいしい。

川村≫ゆずの香りが
すごいきいてて

おいしいです。
船越≫パスタもゆでてませんから。

そのまま折って
入れていただくだけ。

阿部≫水谷さんご自身が作った
パスタ、いかがですか?

水谷≫フフッ…なんでこんなに
おいしいんだろう?って。

美保≫めちゃめちゃ
大成功じゃない?

初めてだったらびっくりする。
川村≫目玉焼きも焼けないのに

パスタ作っちゃうって
すごいですよね。

船越≫これを機に
お料理のほうにも

ハマっていただいて。
阿部≫蘭さんに、ぜひ。

船越≫ひとつき後には僕も
ごちそうになりにいきます。

水谷≫ぜひぜひ。

水谷≫いいことおっしゃいますね。

美保≫塩加減が最高。
おいしい!

阿部≫ありがとうございました。
初チャレンジ。

船越≫僕も37年のおつきあいで

初めて水谷さんの手料理を
食べたってことですから。

今日は記念日ですね。

水谷≫今度、うちで作るとき
純ちゃんも来てくれるかな。

美保≫きのこ、超刻むよ!

阿部≫続いて、水谷さんが
かなえてみたいことということで

今日はお送りしています。3つ目。

「映画監督として
60代で3本撮る!」。

船越≫これまで2本
お撮りになってますよね。

水谷≫本当に僕も自分の中での

そうなったら
いいなと思う話なんですけどね。

かつてもそういうチャンスは
あったんですけどね。

監督というのは、俳優としての
名前があってやるのは

ほかの監督に失礼だ。

ずっと監督をやるという気持ち
覚悟ができないと

やれないっていうのがあって。

初めて撮ったときに
覚悟したんです。

ですから、思えばもう60半ばで

そういうチャンスがめぐってきて

60代で
3本撮れたらいいなって。

今、2本終わったんで
あと1本、撮れたらいいなと。

船越≫構想はなんとなく
水谷さんの中にあるんですか?

水谷≫なんとなくです。

船越≫最初のタップの企画は
20代のころからでしたよね。

水谷≫あれもね、2回、3回
実現しそうになっては

だめになって、もう諦めてた。

それが、あの年になってね。
船越≫2作目では

脚本家デビューも。
阿部≫サスペンス色もありました。

船越≫水谷さんの描く
サスペンスは

そこに物語より
人間がくっきり描かれている

すばらしい作品でした。
3作目はどうなるんでしょう。

美保≫ロードムービーですよね。

旅しながら
やばい目にあっていくやつ。

水谷≫純ちゃんの好きな世界ね。

船越≫なんとなく構想は
ぼんやりとはあるんでしょうか?

水谷≫いくつかある中から
どれがいいかなって。

船越≫今回も
脚本をお書きになるわけですか。

水谷≫書いてやりたいなと。

阿部≫監督と俳優とのやりがいの
違いみたいなものは

どう感じてらっしゃいますか?

水谷≫俳優というのは
ストーリーがあって

キャラクターがあって
キャラクターの人生があって

それをどう生きるか
というものだと思うんですけど

監督というのは
たどり着きたい世界があるんです。

そこへ、たどり着くために

1シーン、1シーンあって

最後そこへたどり着けるかどうか
ということで。

やっぱり大きな違いは

俳優のときは
ある程度、話をしながら

作りますけれど
それ以上はっていう

線はあるんです。

これ以上はいっちゃいけない
という線があると思うんですが

俳優ですからね
ほかの仕事に対して。

だけど、監督は
スタッフ、キャスト

すべての人と会ってなので
越権行為がないですね。

何をどうしてもいいわけですね。

それが大きな違いかなと。

阿部≫監督を経験すると
また、その俳優としての

仕事のしかたは変わってきますか。

水谷≫監督として
俳優さんたちを見てると

俳優は大変だなと思いますよね。
俳優から見てると

監督は大変だなと思うんですけど。

監督から見てると俳優ってのは
大変だなと思うのは

朝から終わるまで、合間に
ずっと冗談を言ったりしながら

でも、実は頭の中は
今日、やることのイメージが

ずっと離れない状態で
ずっといるのが分かるんです。

それを1日ずっと
その思いでいるのは

なかなかの仕事ですね。

船越≫改めて自分の仕事とも
向き合うきっかけになりますね。

美保≫でも監督さんだと
ロケハンも先に

やるから、それが大変だなって。

水谷≫ロケハンも楽しいんですよ。

阿部≫3作目、楽しみに
待つことにしましょう。

今夜のおすすめ番組です。

≫来年の東京オリンピックで
活躍が期待される

バレーボールと
バスケットボールを大特集!

阿部≫今夜9時は、さまざまな

文学作品の魅力に迫る番組

「深読み読書会」の新シリーズ
「深読み音楽会」です。

今回は、井上陽水さんの歌詞を
深読みします。

300曲を超える作品の中から
初期のヒット曲「傘がない」

「心もよう」など
シュールで不思議な魅力を持つ

ラブソングに注目します。

船越≫水谷さんのデビュー曲も

陽水さんが
お作りになってますよね。

阿部≫読み解くのは、今回

40年来の陽水ファン
銅版画家の山本容子さんや

逆に、陽水を知らない世代の
芥川賞作家・朝吹真理子さんなど

気鋭の論客たち。
曲の時代背景や

登場人物の心理まで
徹底的に深読みします。

そして名曲「少年時代」からは
陽水さん自身の少年時代にも

迫ります。

今度は「カリフォルニア・
コネクション」も

深読みしてみたいですね。

水谷豊さんへのメッセージ

たくさん届きました。
まずはイラストです。

おなじみ
名古屋のじーこまろさん。

船越≫私、汗びっしょりですね。

耳をかんだ瞬間ですね。

美保≫甘がみなのね。

船越≫痛くはなかったです。

阿部≫そして
横浜市のお子さんですかね。

水谷さん大好きという。
美保純さんと並んでますね。

かわいいイラストです。
ありがとうございます。

船越≫今日はイラストが
たくさん届いてますね。

美保≫紅茶ね!

船越≫右京さんといえば
紅茶でございますね。

阿部≫質問も書いてますね。
プライベートで挑戦したいことは

ありますか?と。

水谷≫今日1つ
料理がかないましたし

あと、なんでしょうね。
考えておきます。

阿部≫愛媛県の方です。

水谷さん、エプロンを
腕、通していないところが

とてもかわいいので
ほほ笑ましく

見させていただいています。
美保≫やっぱね、中1なんですよ。

阿部≫お料理頑張ってください。
私も食べたいと

メッセージいただきました。
船越≫今日はふだんはなかなか

見ることのできない
水谷さんのお顔をたくさん

見せていただきました。
お母様、お父様の写真も

初公開だったんですよね。
水谷≫母に言われたことで

今でも思っていることがあって
相手が間違ってると思ったときに

相手を責めるだろうと。
責めるときは、必ず相手に

逃げ場を作ってあげなさいと。
それだけは強く印象に残ってる。

袋小路に追い詰めちゃ
いけないよといわれました。

船越≫追い詰められましたけどね
耳のときは。

阿部≫船越さんの秘密が
気になるんですけどね。

水谷≫秘密ですからね。
秘密を言ってしまったら

秘密じゃなくなるので。
たくさん知っています。

船越≫水谷さんが
ひと言おしゃべりになったら

僕はこの世界に
いられなくなることになります。

阿部≫また次、お願いします。


関連記事