アメトーーク! 立ちトーーク 11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」・恒例の後藤ギター・霜降りコンビで初参戦…



出典:『アメトーーク! 立ちトーーク 11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! 立ちトーーク[字]


▽台本&トークテーマなしで話をつなげる芸人の祭典▽11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」▽恒例の後藤ギター▽ザキヤマ&バカリ&大久保&品川▽霜降りコンビで初参戦


詳細情報

◇出演者

【MC】蛍原徹

【ゲスト】中川家礼二&フットボールアワー&山崎弘也&大久保佳代子&品川祐&バカリズム&とにかく明るい安村&霜降り明星

◇おしらせ

☆詳しくはコチラ!

→https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/



『アメトーーク! 立ちトーーク 11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! 立ちトーーク 11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」
  1. 一同
  2. 山崎
  3. 後藤
  4. 礼二
  5. バカリズム
  6. 安村
  7. 粗品
  8. 大久保
  9. 楽屋
  10. 品川
  11. ギター
  12. 本当
  13. ダメ
  14. ホンマ
  15. ウンコ
  16. トーーク
  17. 自分
  18. ザキヤマ
  19. メンバー
  20. 岩尾


『アメトーーク! 立ちトーーク 11人ワンチームで礼二「ノックオ~ン」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

〈今夜は 立ちトーーク〉

〈台本 テーマなし〉

〈その場のトーク力だけで
数珠つなぎ〉

〈芸人腕試しの1時間〉

〈寒くなってきましたね〉

いやいやいや ないでしょ
だって…。

立ちトーークや
言うてんねんから。

〈今夜は 立ちトーーク〉

〈ご覧のメンバーが
何も決めずにトークをつなぐ

まさに芸人の腕試し〉

(蛍原)こういった
メンバーでございます。

(後藤)はい お願いします。
大久保さんは

この立ちトーークは
初めてみたいです。

初めてですよ。
初めてですね。 ええ。

この「たち」っていう状況は
大好きなんですけどね。

やめてください。

(山崎)どういう事?
(後藤)そういう意味じゃない…。

難しい方のやつね。
さあ そして ヤスは?

僕は…。
(山崎)とにかく!

上の名前で言う人
あんまいないですよ。

おい 大丈夫か?

安心してください。
はいてますよ!

(山崎)あっ よかった。 よかった!

(後藤)はく前に

全部 着てるし。
(安村)なんで 僕が

この中にいるのかが
ちょっと疑問なんですけど。

いや だから
活躍してるからやろ?

活躍してないでしょ。
活躍してない…。

見ました? 俺 テレビで。
活躍してないですよね。

めちゃくちゃ出てるやん。

安定してきたんじゃないの?
だから スケジュールもね。

ああ なるほど…。

(山崎)えっ? とにかく?

とにかく休みが多い安村。

(一同 笑い)

霜降りも この立ちトーークは
初めてっていう事ですね。

怖いっすよね これ。 なんにも
台本も もちろん ない…。

だって
チャンジャで盛り上がったら

チャンジャの話 なかったら
ダメって事でしょ?

(後藤)いやいや…
食べ物っていう事でもいいし。

ウーピー・ゴールドバーグで
盛り上がったら

ウーピー・ゴールドバーグしか
なかったらダメですよね?

ハリウッドでええやん。
(せいや)ハリウッドでいいんですか?

白身とかで盛り上がったら…。

不安なんですよ。
(バカリズム)いいのが出るまでね。

いいのが出るまで。 すみません。

礼二は ワールドカップで…

ラグビー言うたら
やっぱり 中川家。

もうね…
いや でも 本当に。

(安村)おめでとう!
(後藤)時代が追い付いた。

『アメトーーク』で 10年ぐらい
ノックオン言わせてもろうてます。

もう10年ぐらい経ちますよ
ホンマに。

礼二さんのノックオンの意味が
わかりましたもんね。

ハハハハ…! あっ 本当のね。

だから もう
このワールドカップ期間中に

やっぱり 知らない
にわかファンとかいう人も

ラグビー 好きで。
持ってるものあるでしょ?

かばんとか持ってる。
俺 見かけたら

前に ポンと落としよるんですよ。
嘘やん!

マジですよ。
ホンマ イベントとか行ったら。

そのたびに
違う話 してるんですけど

ピッ! ノックオン スクラム
帝京ボール。

(一同 笑い)
(山崎)優しい!

(一同)ああー!
前 落とした 前 落とした。

ピッ! ノックオン スクラム
帝京ボール。

(一同 笑い)

(せいや)ずっと帝京やん。
もう 絶対 帝京。

クラウチ バインド セット!
ホッ ホッ!

(一同 笑い)

わかる。 それもわかる。

8人 8人 16人分の
「ホッ ホッ!」を。

ワールドカップバージョン
みたいなのはあるんですか?

ワールドカップバージョン?
…バージョンみたいなのはないの?

(山崎)あっ VTR判定?

トライ? ノートライ?

トライ? ノートライ。

ピッ! ノートライ!

(一同 笑い)
(せいや)「ノートライ」!

確認した。
上に確認してた。

外国人のレフェリーですから。

(品川)今日も だから
これ 立ちトーークだから

打ち合わせなんて
ないじゃないですか。

でも 一応 集まって 礼二のボールと
後藤のギターはありますって…。

(一同 笑い)

ないよ!

〈テーマなし
その場で会話をつなぐ

立ちトーーク スタート〉

まあ どうでしょうか?
もう 最初は

最近 こんな事あった
みたいなのから いきますか?

まあ 一発目は どうでしょうか?
(山崎)うわっ!

いきそうだな おい!
どこがやねん! どこが…。

(山崎)いきそうですよ!
粗品?

いきましょう いきましょう。
いやいや…。

粗品… 粗品いこう。

言うても
忙しくさせてもらってて。

忙しいなあ。
(山崎)本当 忙しい。

最近 ちょっとだけ
半日休みみたいな。

そんなレベルなんや。

(一同 笑い)
(バカリズム)とにやす!

半日休みなんか 休みじゃないよ。
一瞬で終わるんだから。

半日だけ空いて…。
空いてると。

言葉 気を付けよう。

初めて トリックアート展
っていう所に行ったんですよ。

一発目 入って すぐ 大きい…

おじいちゃんが ニッコリ笑ってる
絵があったんです。

これ おじいちゃん
笑ってるんですけど

こっちに移動して
こっちから見たら

笑ってた おじいちゃんの顔が
すごい 悪魔みたいになってる…。

(山崎)ええー!
(安村)トリックアートだ。

次に このぐらいの台に
このぐらいの箱があって

のぞき穴が付いてるんですよ。
そこから のぞいたら

めちゃくちゃリアルな
おばはんが

目の前に こう現れるんですよね。

めちゃくちゃリアルやなって
思って。

ほんで
一瞬 パッて目線 外したら

向こうの穴から おばはんが
のぞいてるだけやったんですよ。

(一同 笑い)
何? それ。

いろんなトリックアートあって
それ 結構 目玉なんですけど

壁に 白黒の渦巻きが
ずっと回転してるんですよね。

「ここの中心を
15秒間 見続けてください」。

「15秒間 見続けたあとに
視線を横にずらしてください」と。

その ずらした先に 富士山と
青空の写真があるんですけど

これ 目が回って 雲とかが
動いて見えますよっていう…。

はあー! すごい。
(山崎)ええー!

(粗品)僕が こう 並んでたら
僕の2個前が

その… さっきのおばはん。
ああ!

で これを
数えながら見てるんですよね。

11 12 13… ぐらいで
連れのおばはんでしょうね

「ちょっと ナントカさん!
行くで」って

しゃべりかけられたんですよ。
ほんなら その見てたおばはんが

「えっ 何?」って言って
振り返ったら

後ろに並んでる僕と
バチンって目が合って

ほんなら
おばはんが 目 回しながら

「うわ! 小栗旬君や!」って
言ったんですよ。

目 回して?
(粗品)そんな なってるん?

スプーンと一緒やな。

こっちから見て… こっちから
悪魔みたいな顔なんて 別に…。

えっ! そう?

難しいっすよ。
こうでしょ?

(後藤)ああ 笑ってる。
笑ってる 笑ってる。

こっちから 逆に…。

(粗品)おお すごい!

えっ? えっ? いや…。

(バカリズム)顔 変えてるだけじゃん!

そうやん! 変えてるだけやん。
(大久保)何やってるの?

できる…。
(バカリズム)よく やろうと思ったな。

裏で僕らに 「もう 全部
俺がさばくから任せといて」って。

めちゃくちゃやん!
立ちトーーク めちゃくちゃです。

1人だけ…。

トーク 大好きなんだから。
(岩尾)「立ちふざけ」や。

いや ちょっといいですか?
じゃあ 逆に。

あっ トーク?

昨日
『ロンハー』の収録だったんですよ。

『ロンハー』の収録っていうのは

後輩の子が迎えに来てくれて…
車で。

後輩っつっても カンニングの
竹山さんなんですけど。

後輩ちゃいますやん。
(礼二)先輩や。

先輩 迎えに来てくれて
で 『ロンハー』のロケ終わって。

帰り 「飲み行きましょうよ」
みたいな事を言ったら

「いや ダメだよ!
明日 もう いっぱいなんだよ」。

「じゃあ なんですか?
明日のスケジュール」とか言ったら

「もう 昼から これで
夜も これで

もう てっぺんまで
ダメなんだよ!」。

「本当ですか?」
「だから ダメなんだよ 本当に!」。

「ああー ウンコしたくなってきた」
とか なんか よくわかんない…。

えっ?
ウンコ?

(山崎)八潮のパーキングかなんか
寄ってね。

それで 言ってたのに
さっき GPSで見たら…。

(後藤)
いや なんでGPSで見んねん!

最悪だよ!

めっちゃ束縛してますやん。
居場所 わかるの? 常に。

そうです。
ええー!

(山崎)だから
朝も 竹山さんの写真が

地図上で僕んちにプーッて
移動してきてるんです。

迎えに来てるから?
(品川)Uber Eatsじゃん。

「おっ タケ 来てる!
タケ 来てる!」と思って。

(バカリズム)ウーバー竹山。
(品川)言ってましたよ 昨日も。

「GPS
持たされてるんですよね?」。

「そんなん もう 家に置いてくりゃ
いいじゃないですか」っつったら

「何百回も電話かかってくるし…
持つしかねえんだよ!」っつって。

(一同 笑い)

もう 諦めてんねや…。

で なんか わかんないけど
「ウンコしたい」っつってました。

すぐ
ウンコしたくなる。

すぐ ウンコする…。

「ウンコ」いいですか?
ウンコ。

まさか「ウンコ」で?
(観客の笑い)

礼二さんなんですけどね。
(礼二)えっ 何が?

(後藤)昔の話なんですけど

陣内さんとフットボールアワーと
中川家さんで

番組やってたんですよ。
(礼二)やってましたね。

(後藤)
いろんな企画やるんですけど

定期的にゲストの方が来たりとか
自分らでトークする

ソファに座って。
ほんで 収録してたら

もう 礼二さん
顔 真っ青になったんですよ。

ほんで トークも
入ってきはらないんですよ。

なんか ちょっと 体調でも
悪いんかな? と思いながら

我々はトーク進めて。

ほんで
なんか ワッとしゃべってたら…。

(バカリズム)ハハハハ…!

スイーツみたいなのが
1人ずつ 出てたから

それが腐ってんねやと思って。
(一同)ああー!

それで 収録 終わったんですよ。

ほんなら 礼二さんが

「お疲れした!」って
壁伝いに帰っていくんですよ…。

(一同 笑い)

(後藤)それで 「何? 何?
何? 何?」って聞いたら

「アカン あの…

収録中に もう出してもうた」。
(観客の笑い)

(山崎)何? そのテンション。
(せいや)出ましたね。

漏れたんじゃなくて
VTRで確認したら

ある瞬間 「うぅ うぅ…」。

(一同 笑い)
(バカリズム)自分から出したんですね。

それで 一番 頭おかしいのが

そこの番組の
スタッフさんなんですけど

念のためなんですけど

その ウンコの付いたソファの
インサートを撮ってたんです。

使えるかもしれない!
使われへんやん!

(後藤)使うか!
(山崎)最悪!

だから すぐ トイレ行っても…
もう 出し切ってるんで

やる事ないんですよ
トイレ行っても。

こうやって入って…
ずっと この状態。

出えへんもんな。
もう 出えへんけど…。

ただ 一応は行かな みたいな?
(礼二)一応 行かな 思って。

相当 きつかったんでしょうね。
そのあと

トイレの
掃除のおばちゃんが入ってきて

入った瞬間に 「ううー!」って。
(一同 笑い)

やめてえな!
(礼二)いや 本当に もう…。

いや もう 本当に申し訳ない。
本当 申し訳ない。

それ オンエア
のってたんですよね?

後藤さんとか みんな イジって…。
(後藤)イジって…。

僕 当時 小学生で…。
(後藤)小学生やったん!?

小学生で… 見てて テレビを。

ほんで
そのウンコのくだりになったら

オカンが 「こんなん見たらアカン」
っつって 消してました。

(山崎)ええー! すげえ!
(せいや)消されました。

(山崎)ここで つながってんだ。
(後藤)小学生やったん?

(せいや)あのウンコ事件
見てました 小学校の時に。

小学校で見てたって… 今 話で。

あっ 見てたね。

私 小学校で 葛城ユキさん…
『ボヘミアン』。

『ボヘミアン』? はいはいはい。

すごい見てたの 『ベストテン』で。

で 今 ご近所に住まわれてて。
(山崎)ええー!

朝方 私が 犬 散歩してると

50メートル先ぐらいから…
まあ 黒ずくめなんですよ

やっぱり ロックだから。
(山崎)あっ いまだに。

(大久保)…が なんか
ちっちゃい犬 連れてきて

「おはようございます」って
言うんですよ。

「えっ?」っつって
「おはようございます」って。

「えっ?」って言ったら
「葛城です」って言うんですよ。

で なんとなく 近所の犬友から

葛城ユキさんが この辺に住んでる
っていうのを聞いてたんで

ボヘミアンだ! と思って
「おはようございます」って…。

まあ そんな 会話ないですよね。
でも

「この辺 住まわれてるんですか?」
って言ったら 「そうなのよ」って。

「わあ! 見てました
ちっちゃい頃」って言いながら

もう いいかなって思った時に
やっぱ 犬って…。

ああー… パコ美がね パコ美。

(後藤)確認でね。
(大久保)確認で。

こう引っ張っても
パコ美が ずっと

ボヘミアンの犬のケツのにおいを
ずっと嗅ぎ回ってて。

(山崎)
「ボヘミアンの」じゃないけどね。

ボヘミアンも引っ張るんですけど
犬が ずっと

ケツのにおいを嗅ぎ回ってて
すごい困る

ボヘミアンタイムがあるって話。
(一同 笑い)

(せいや)「ボヘミアンタイム」?
(粗品)なんですのん?

(山崎)「ボヘミアンタイム」。

でも その… 声かけられる
っていう話ですけど

僕も やっぱ
マスクとかもしないんで

すぐ わかられるんですよ
せいやって。

で 粗品とかは
結構 ファンの人とか

「粗品さんですよね?
好きです!」とか。

で 僕は大概 「うわ せいやや!
殴らせろや」みたいな。

大概 そうなんですよ。
…とか おばちゃんが

「もう あんた 私の話 しすぎ!
やめて!」とかって…。

した事ないんですよ 僕は。
怖い人に よう絡まれるから

やばいから 早歩きで逃げよう
っていうのは ずっと思ってて。

でも この前
新手のヤツらが出てきて。

多分 中学生ぐらいなんですけど
「せいややー!」ってなって。

「せっ やっ せいや!
せいや せいや!」…。

ちょっと 「せっ せっ せいや」も
リズム 違うんですよ。

「せいや! せいや せいや!」…。
(後藤)ちょっと違うな。

ほんで いこうと思ったら
そいつらが

回りだして 僕の周りを。

「せいや せいや!
せいや せいや!」。

これ やばい!
せいや祭り 始まって。

これは もう
終わらせようと思って

「せっ せっ せいや!」って
ちょっと やったんですよ。

ほんなら
そのリーダーみたいなヤツが

「プッ あんま安売りすんなよ」…。

(一同 笑い)

まあ そうか…。

(礼二)僕も よく言われるんです。
「何々やって」とか。

一応 やっぱ さんまさんとかも
言われてますんで

一応 ちゃんとは
やるようにしてるんですけど。

この間
川崎競馬のイベントがあって。

お客さんと
終わったあと 握手して。

その握手してる時も こう なんか

「車掌さんやって」とか言われたら
「毎度 ご乗車…」とかやったり。

「中国人やって」とか言われたら
中国人のマネしたり…。

1人 帽子かぶって
歯抜けたおっさんが

「新世界やってよ!」って
言うたんです。

もう思わず
「お前や!」って言うたんです。

「お前や!」…。
(礼二)「お前や!」。

やってあげてよ。
やらんでも やってるんですよ。

(岩尾)もうやってる…。
(礼二)そう。 もう やってんねん。

遭遇で言うと 僕 家の近くの
コンビニに行ったんですね。

いろんなお客さんがいる中に

マスクを 結構 深々とつけた
女性がいたんですよ。

なんか芸能人かなと思ったんです。
でも あんま

この時期に マスクしてる人って
そんないないから。

大体 そういうのって 芸能人
だったりする場合があるから。

でも あんまり
特に確認する事もなく

僕も僕で なんか…
すごい なんか

4軍ぐらいの
スウェット上下だったんですよ。

あんまり なんか…
人と会うつもりなかったから。

だから あんま 近寄らない感じで
誰だろうな? ぐらいで。

で 適当に買い物して
外に出たんですよ。

そしたら その女性が
ちょっと離れた所で

スマホ いじりながら
立ってたんですね。

あっ さっきの人だと思って。
で 僕は もう 4軍だし。

ちょうど イヤホンしながら
音楽聴いてたから

これも取りたくなかったから
ちょっと離れて

こうやって歩いてたんですけど
向こうが気付いたっぽくて

バッて近付いてきたんですね。
誰だろうなと思ったら

マスクしてるけど
わかったんです。

指原さん… それは。
(一同)ああ…!

俺 4軍だわと思いながら。

なんか マスクが
こうやって動いてはいるけど

何を言ってるかは
わかんないんですよ。

ああ… と思って。
でも しょうがないなと思って

これ 外そうと思ったら
向こうも それに合わせて

マスクをバッて取ったんですけど

全然 知らない人だったんですね。

ここまで 超 指原さんだったのに

ここが 畳み掛けるように
違う人なんですよ。

畳み掛けてた…?

指原さんにいく感じで
すごいにこやかな感じで…。

もう しょうがないから
ただの神対応みたいな感じで

「あっ どうも
ありがとうございます」…。

(一同 笑い)

(後藤)下がられへんから。
(バカリズム)紳士な感じで。

「指原」 いいですか?

指原 僕 たまに
LINEとかやるんですけど

どうでもええ時に
「これ 可愛いでしょ」って

猫の写真
5枚ぐらい送ってきよるんです。

へえ! 仲いいもんね。

なんやねん! このタイミングでと
思って

こっちの方が可愛いわ! って
岩尾の写真を6枚返すっていう。

(一同 笑い)
(バカリズム)1枚多く…。

でも なんで入ってんの…?
岩尾の写真。

なんで のんちゃんが
入ってんねや。

「リラックスする岩尾」みたいな。
(礼二)いろんなね。

写真…。 いいですか? 写真…。

写真を勝手に使われる事って
あるじゃないですか。

なんか Twitterとかで
勝手に… みたいな。

僕は M-1とってから

「せいやが
M-1直前まで使っていた

誰でも女とやれるアプリ」
っていうので

僕の写真 使われてるんですよ。

(山崎)ええー!
(せいや)使われてて。

僕 また 扱い悪いなと思ってたら

粗品が R-1とった時
粗品 R-1でも

また そのサイト
出てきたんですよ。 あっ やっぱ

霜降り明星は狙われてんねやわと
思って 調べたら

「R-1王者 粗品。 その相方の
せいやが使ってるアプリ」…。

どんだけ 俺に…! 回り込んで。

「どぶろっくの後輩の…」とか
今度ね。

誰でも やられるんです。
「そんな事より せいや」。

それこそ
勝手に使うなじゃないですけど

風俗嬢の接客の注意。
これしたらダメですよみたいな。

「お客さんが
楽しそうにしゃべってんのに

人の話を品川のように盗らない」
って書かれてて…。

(礼二)マジで?
そんなとこで名前出されてんねや。

悪いなあ。
でも わかりやすい…!

「わかりやすい」ってなんだよ!

説明はね 説明はよ。
(礼二)ピンとくるやつ。

でも なんか 勝手に
こうやって使われても

うれしいのも ないですか?
どういう…?

AVで…。
(山崎)AVで?

なんか もじられるとか。

ああ! 例えツッコミとかを?
(後藤)…みたいな。

その方は すごい胸が大きい方で。

「バストのトップとアンダーの
高低差ありすぎて

耳 キーンなるわ!」。
うれしい! みたいな。

(一同 笑い)

うれしいの? それは。
うれしいの? それは。

知ってくれて書いてるわけでしょ。
そうやろな。

胸の話なんですけど
僕 ずっと もう

20代ぐらいから ずっと悩んでる
自分の中の永遠のテーマというか。

皆さんにも ちょっと どう思うか
聞いていただきたいんですけど。

皆さん 女性の胸
好きじゃないですか。

オッパイ 好きじゃないですか。
僕も大好き。

何が好きかっていうと
フォルムだったりとか肌触りとか。

僕 好きだから
近付くじゃないですか オッパイに。

近付いた時に
好きで近付いたのに

真っ暗になるじゃないですか。

(山崎)近付きすぎるとね。
(せいや)そりゃそうですよ。

(大久保)そりゃそう…
そりゃそうでしょ。

俺 今 何に近付いてたんだっけ?

あっ…! って 1回 確認して
オッパイだってなるんですよ。

そしたら そのオッパイがいいから
また近付くんですよ。

そしたら 真っ暗になるんですよ。
(山崎)切ない…。

ずっと これの
繰り返しなんですよ 僕。

(一同 笑い)
(せいや)なんの話なんですか?

なんか 最後まで
ずっと永遠に満たされないという。

あんなに好きなのに
ずっと オッパイに対して

どうする事もできないまま
ずっと なんか

満たせないまま
終わってるんですけど

「どう?」やないよ。
(せいや)意見ない 意見ない。

わかりません?
なんか あるでしょ?

AVの話で 私に似てる
AV女優の方っているんですよ。

(礼二)へえー!
(大久保)だから

オッパイというか
乳輪が 私と似てるんですよ。

そういうもんなの?
だから…。

(一同 笑い)

(礼二)第2の心臓みたいに
言わんといてください。

(一同 笑い)

僕とバービーちゃんの乳輪は
似てるって事ですか?

ああ…。
(大久保)見ました?

バービーちゃん
あんな感じなの?

(せいや)
そんなわけないでしょ。

「乳輪」って…。
(せいや)「乳輪」 ないな。

(大久保)「乳輪」なんかある…。
(せいや)「乳輪」ないぞ。

僕 あの リアルな…。
(後藤)あんの!? あんの!?

リアルな乳輪を 全く見てなくて。

もう今 ほとんど このVR…。

もう やめ! のんちゃん。
AVので見てるんですよ。

VRの乳輪しか見てないの?

でも もう 今 すごいから
画像も鮮明で。

実際の女性との そのね

あれを超えてるんじゃないか
っていうぐらい…。

「超えてる」?
(岩尾)すごいんですよ。

もう 入り込んじゃって。
ただ マックスを迎えた時に

ティッシュで こう… あれしないと
いけないじゃないですか。

それは もう しゃあないね
のんちゃんね。

これに のめり込みすぎたら
えらい事になるから

だから いつも ホンマに
ティッシュを そばに置いといて

その瞬間の時に パッてして
こうやるんですけど

いつも あの…
キャッチャーフライみたいになってます。

(一同 笑い)

一瞬で パッて取るから。

(一同 笑い)

ちゃんと アウトできてる?
のんちゃん。

ほぼ落とさないです。
エラーなしです。

すごい 名キャッチャーや。
(山崎)名キャッチャー。

(山崎)古田さんか岩尾さんだな
もうな。

僕は もう…
会話するタイプなんで。

会話タイプ? どういう事?

向こうが
言ってくるじゃないですか

見てたら。
それに答えるっていう…。

例えば?
(安村)なんか

「こんな なっちゃってるの?」
みたいな あるじゃないですか。

そしたら なんて答えるの?

「いや そんな事ないです」
みたいな事を…。

否定するんですね。
(品川)それで?

それで えー…。

ピッ! ごめんなさい
10分間 退場。

(一同 笑い)

(拍手)

こんなん持ってたんですか?

もう 何もなさそうだったので
10分間…。

バラエティーにおいて ちょっと
危険なプレーが出たからね 今。

危険行為ですか。
怖いな 今日。

じゃあ AV以外でいきましょう。
ねえ。

あっ ヤス。
(礼二)まだまだ。 ごめんなさい。

(一同 笑い)
(バカリズム)ルールだから。 ルールだから。

10分長いんですよ。
あっという間だから 10分…。

「最近の出来事」にしません?
じゃあ。

最初から そうですよ。
最初から そうですよ。

ザキヤマね 最初から それよ。
「最近の出来事」みたいな。

「最近の出来事」いきましょうか。
あっ 大久保さん。

最近 私
坐骨神経痛になったんですよ。

うわっ! イヤだ…。
(大久保)歩いても立ってても

座っても キーン! っていう
すごいイヤな痛みがあって。

ツイッターで 「坐骨神経痛に
なってしまいました」みたいな

つぶやいたら… 結構 世の中って
いるんですよね 坐骨神経痛の人。

で みんな ザコシ…
みんな つらいんです…。

ザコシ? ザコシショウ?
(山崎)ザコシショウ?

坐骨神経痛の人って
「ザコシ」って言ってるんですよ。

(一同)ええー!
(大久保)みんな 本当に。

だから 私も
「じゃあ みんな ザコシなんだね」。

「私も頑張るよ」
みたいなの言ったら

それこそ 本当に
ザコシショウから返信が来て…。

「絡んできやがって」!

いや でも 本当に 「お大事に
してくださいね」っつって。

ハハハハ…!
(後藤)意味はわかって…。

ザコシさんも ザコシの意味を
知ってるんですね。

知ってるんです。
わかってるのね。

(大久保)優しい人だなと思って。
そのあと 今度

安田大サーカスのクロちゃんが

「大丈夫? お大事にだしん」って
来たんですよ。

すげえムカついたし
なんで そんな

ハゲのキワモノしか
来ないんだと思って。

ハゲのキワモノ…
ハゲのキワモノばっか来るから。

(山崎)薄毛のキワモノしか…。

(一同 笑い)

ああ そうなんや。
ザコシって言うんやね。

(山崎)いやあ… どう?
ないなら いきますよ。

(後藤)あら!
(粗品)えっ?

(観客の笑い)

(せいや)粗品が?
(山崎)エージェントに。

エージェント契約だから
エージェント契約。

エージェント契約してるの?
(山崎)エージェント契約…。

ザキヤマさんとエージェント契約
結んでるって事…。

代理人で 入れ込むから。
してないですやん。

今 いける… 大丈夫ですか?
1回 聞きたい?

誰かある? ない?
ないです ないです…。

じゃあ いきましょう。
レッツ ゴー!

いけるか!

最近 でも…。
あるんですね。

いらんな。 いらんな。

野蛮やな もう。

最近 ちょっと 相方 忙しすぎて

ちょっと おかしなったんちゃうか
って思う事があって。

楽屋に 普通にいてたんですよ
2人で。

2人で 同じ方向 見るタイプの
楽屋やったんですよね。

で なんの気なしに パッと
せいやの方を見たんですよ。

ほんなら こいつ…。

えっ?

携帯 触るとか

ちょっと
寝ようとするとかせんと

なんにもしてなかったんですよ。
(礼二)そんな状態ってあんの?

なんか せえよって
思うじゃないですか。

これ 言うんですけど
車 乗ってて

スマホとか いらえよとか
言うんですけど 車に乗ってる。

俺は乗ってる。
向かってるっていう…。

(粗品)車に。
ちゃんと乗りすぎ…。

全うしすぎなんですよ。
ライド… ライドです。

(粗品)そうです。
一緒の事しかしないです。

ただ単に存在する事が全て。

「楽屋」で… いいですか?
「楽屋」っていうワード出たんで。

師匠の楽屋って やっぱ
緊張するじゃないですか。

あいさつとか。 僕は やっぱ
一番難しいあいさつが

大阪の新喜劇の
チャーリー浜さんやと思ってて。

その方は 自分が歩く動線に
絶対 なんも…。

物があったら…。
(せいや)そこに かばんとか

もし 靴置いてたら
「あー!」って投げるんですよ。

「誰ー?」って。
怖えな。

それを聞いてたんで
チャーリー浜師匠の前には

絶対立ったらアカンって事を
聞いてて。

僕ら 楽屋 若手 何人かおって

チャーリー浜師匠が舞台 終わって
下りてきはったんですよ。

思ったより チャーリー浜師匠が
あいあい あいあい! って

ジョグで来られたんで
やばい やばい…! ってなって。

ほんで チャーリー浜師匠が
バッて来られた時に

僕も 聞いてたんで
スッて どいたんですよ。

ほんで チャーリー師匠が

「おおー!
ありがとう ありがとう」。

「でも 今度から
もっと早くどいてな」。

「どいてな また どいてな」。

「どけー!!」って言われたんですよ。

(一同 笑い)

どうやったらクリアできたんかと。
(一同 笑い)

いや チャーリーさん 難しいよ。
営業先の楽屋で

結構… 20メートルぐらい
離れてるとこから

「そこ どけー!」って…。

早っ! 告知 早っ!
そんな足 速いの?

いやいや
めっちゃゆっくり歩いてきはる。

師匠… いいですか?
この間 坂田師匠と…。

なんで 坂田師匠なんだろうとも
思ったんですけど

那須川天心さんの試合の
コメンテーターで

僕と
アホの坂田師匠だったんですよ。

「どうですか? この試合」。
「那須川天心さん すごいですね」

って 答えるじゃないですか
僕とかだったら。

「坂田師匠 どうですか?」って
解説者の人が聞いたら

「帰りたいです」って言ってて。

(一同 笑い)

「素晴らしい 素晴らしい」って…
ちょっと 試合が

何試合も見てたから
そうだったんですけど

まあ 集中力 切れたんでしょうね。

今の試合を
リプレーで流したんですよ。

僕ら モニターで
それを見てたんですけど

リング上 何もないじゃないですか
さっきの試合だから。

それを見て 坂田師匠が

「この試合は どこで
やってるんですか?」って聞いて。

さっきやってた試合です…。
(後藤)アカンて もう。

でも 道端で 「アホ!」言うたら
「誰がアホや!」って言うてね。

否定するんですよね。
否定するんです。

大変。 扱い 大変。

僕も 師匠の話 いいですか?
(礼二)ちょうど10分 大丈夫。

(一同)おおー!
(バカリズム)取り返して 取り返して。

僕 コンビでやってたんですけど

アームストロングって
コンビ組んでて。

劇場の出番の時に

オール阪神・巨人師匠が
出られてて。

僕がネタをやって 下りてきたら
巨人師匠が待ってて。

「君がアームストロングの
安村君か?」って言われて。

「あっ はい」って言って。

「ちょっと 話 あるから
楽屋 来てくれるか?」。

(山崎)えっ!
(安村)めちゃくちゃ怖くて。

楽屋に入って。 そしたら
阪神師匠もいらっしゃって。

巨人師匠が 僕に
「君 俺のブログに

俺の悪口 書いてるやろ?」。
(バカリズム)えっ?

(安村)「いや してないです」って。

「君 アームストロングの
安村君やろ?」。

「はい」って。
「見てみ」って言ったら

コメントのところに
アームストロング安村っていう名前で

「巨人師匠 おもんない」って
めっちゃ書いてあったんですよ。

(品川)何? それ。
(安村)俺の名前を使って…。

なりすまし?
(安村)なりすましで。

俺 書くとしても
俺の名前 書かないですよ。

アームストロング安村って。
(せいや)正直すぎる。

でも
「阪神君 なあ? そやろ?」って。

「そうや。 書いてるわ こいつ」
って言って。

阪神君も?
(安村)阪神君も信じちゃって。

(粗品)師匠 師匠。 阪神師匠ね。

「阪神君 そうやろ?」って
言ったんで。

広島君は?
広島君は なんか言ってた?

広島君は 「僕 わからん」って
言ってましたけど。

広島君が楽屋で…。
(後藤)いやいや… 誰やねん!

中日君は 「こいつや こいつや」
って言うてました。 中日君は。

(安村)ベイスターズ君は
「アイ ドント ノー。 アイ ドント ノー」って

言うてました。
ベイスターズ君は 楽屋で。

ごめんなさい もう1回…。
(一同 笑い)

今 ザキヤマさんが…
今 ザキヤマさんですよ。

だって 俺じゃないもん。
(山崎)VTR VTR!

(安村)VTR見てください。
(山崎)VTR判定だから。

オーケー。 シンビン。

(一同 笑い)
(粗品)シンビン 出た。

(安村)ザキヤマさんでしょ 今。
(礼二)あのね 後半 ダメ。

中日とか広島 嘘 言ったからダメ。

誘導してきたんですよ
ザキヤマさんが。

結局 だから なんの話やったの?
結局は。

結局 だから
巨人師匠に呼ばれて…。

「書いてません」って言って
「そうか」って言われて。

広島君が 「なんで? なんで?」。

(品川)ああ 出た! 出た!
アウト アウト!

(バカリズム)今のは しょうがないよ。
もう これはね これは…。

次の『アメトーーク』もなし。
(一同 笑い)

次回 なしね。
ふざけただけじゃん ちょっと。

ノー。 ノー。

海外の人だった。
(粗品)日本人ちゃうかった。

京都の
祇園花月っていう劇場の楽屋…。

で まあ 何組か出てたんですけど
その日。

アインシュタインも
出てて。

みんな なんか リハやったり
トイレ行ったりとか

出て行ったりとかして
ホンマ たまたま ある瞬間

僕とアインシュタインの稲田…。
(山崎)おお!

(岩尾)楽屋で2人っきりになる
時間があったんですよ。

どうなるの? それ。

急にブスしかおらへんっていう
状態になって。

パッと なんか 楽屋にあった

その週に上演されてる新喜劇の
台本が置いてあったんですけど

その台本のタイトル見たら

「早く人間になりたい!」
やった…。

(一同 笑い)

この瞬間を見て思い付いたん
ちゃうかっていうぐらい…。

巡り合わせやな。

(岩尾)たまたま見たら
それやったんですよ。

さあ… どうですか?

先輩後輩って
別に そんな怒る…

「まあ そんな怒る事でもないけど」
みたいな事ってないですか?

ほう?
(後藤)例えば なんか…。

入り方がね…。
(後藤)いい感じの事をしなかった。

達者…。
(後藤)それで なんか… えっ?

いや 別に ねえ?
(山崎)いやいや…。

(せいや)確かに 格好良かったな!

もう1回 見せてもらっていい?
有吉みたいに… 有吉みたいに…。

もう 有吉さんやん それ!

ちょっと 静かにしますから
ちょっと そこら辺ぐらいから…。

(大久保)入り方?
(山崎)うーん…。

まあ なんか アカンせん…
先輩とか後輩…。

(一同 笑い)

ちゃんとやってよ!
(後藤)ちょっと待ってよ!

ちょっと待ってくれよ!
ちゃうやん!

緊張した!

ピー! ごめんなさい!
オフサイド!

ちょっと待ってよ!
オフサイド 出た。

珍しい!
珍しい!

(一同 笑い)

(バカリズム)達者気取り。
(安村)いいもの見れた。

それこそね 楽屋にあいさつ来る
後輩っているじゃないですか。

品川なんですけど。
(品川)俺?

品川に会うのって
『アメトーーク』ぐらいなんですよ。

まあ そうですね。

ほんで 品川 ちゃんと
楽屋にあいさつ来るんですけど

楽屋の作りって
奥に鏡あるでしょ? 奥の壁に。

ほんで そこの前に
こんなテーブルがあって

ここに俺 座って 後ろ 鏡。

ほんで 品川が
僕の目をしっかり見て

「おはようございます!」って
言うんですけど

その次の瞬間 鏡見るんですよ。

ほんで 鏡見て 横向いて
「お願いします」…。

(一同 笑い)

マジで?

お前な いっつもやねん。
(礼二)なんで見んの?

あいさつより 自分の…。
(山崎)顔を?

あいさつしてる時の自分の顔ね。

やっぱ ちょっとナルシストなところ
あるんです。 こう…。

だって しょうがない…!

自分ぐらい自分の事
好きでいないとっていうね。

あいさつで帰ってくれたら
ええのに 品川で帰っていくから。

(品川)鏡見ちゃう…
鏡見ちゃうんです。

自分を見つめて帰る。

だから スピードワゴンの小沢さんも
鏡 好きなんですよ。

(大久保)ああ…。
(品川)2人で楽屋を見ると

鏡を何回も反射して
全然 別のところで目合って…。

(一同 笑い)

乱反射を繰り返して
この辺で目合って…。

(後藤)ホンマね なんや それ!
って言うわけでもないけど…。

それを言うタイミングでもないねや。
(後藤)なんか いつも思う。

僕も あの…。
(山崎)あれ? 経ちました?

レッドやから退場だけどね。
(品川)退場…。

(バカリズム)次回も なし…。
(山崎)今回はね。

僕 北海道出身なんですけど

「北海道会」っていうのを
やってるんですよ。

北海道の出身のタレントさんが
集まって

GLAYのメンバーとか…。
(後藤)へえー! すごい。

大泉洋さんとか。
スープカレーね スープカレー。

スープカレーのメンバーとか
あと…。

スープカレーのメンバー?
(せいや)『桃鉄』みたいな…。

スープカレー 来てないです。
言ったやん 今。

いや 来てないです。
スープカレーのメンバーは。

ジンギスカンのメンバーとか。
(バカリズム)ジンギスカンのメンバー?

白い恋人ね。
(安村)白い恋人たち。 あとは…。

大倉山ジャンプ台。
(安村)大倉山ジャンプ台も…。

『北の国から』。
(安村)『北の国から』の人たちも

いっぱい集まって。
それは 合うてるわ。

それは ありそうだし。
それは ありそうな…。

いっぱい来るんです! とにかく
すごいんですよ もう 本当に!

で 3回目があったんですけど

伊吹吾郎さんが来られたんですよ
『水戸黄門』の。

格さんや 格さん。
格さん?

生バンドのカラオケ
みんなで行ったんですね。

で ノブコブの吉村さんが 「じゃあ
これ歌ってください」っつって

『水戸黄門』の あの曲
入れたんですよ。 アドリブで。

で 曲 始まったんですけど
歌わなかったんですよ。

伊吹吾郎さんが こういう感じで。
(山崎)その曲は流れて…?

曲は もう 歌詞の部分も
始まってんのに…。

これは もう やばい。
怒られると思って。

伊吹さん見たら
「ちょっと すみません!」。

「キーを2つ上げてください!!」。

えっ 満々やん。

(安村)高めの…!

あんな低い しぶい声でね。
(安村)高めの音で

やってたんです 普段。
歌う気満々。

(安村)
「キーを2つ上げてください!!」。

そういう事があったんですよね。
(品川)よかったじゃん…。

何してんの? 何してんの?
(安村)危ねえ!

途中 耐えたな!
(安村)途中 危なかったよ 本当に。

「スープカレーのメンバー」とか
言っちゃってさ。

バカ野郎なんて…。 ふぅー!
危ねえ 今のは危なかったですね。

地元の話でいうと 僕
最近 ちょっと ふと思い出して

むかついてる事があって。

小学校の時に
先生が画用紙を配って

今から 皆さん その画用紙に
好きなもの描いてください。

テーマは なんでもいいですと。
とりあえず 僕

たまたま その隣にいたザイツ君
っていう子の顔を描いたんですよ。

別に なんか
仲良かったっていうよりも

たまたま
その隣にいたからなんです。

他の人たちは アニメの
キャラクターだとか それぞれ

窓の景色とか 描いてたんですよ。
で これ どうするかというと

これから タイムカプセルに
入れますと。 で 埋めますと。

それは 学校とかクラスで
埋めるんじゃなくて…。

(バカリズム)その辺の小中学校全員
絵を集めて

で 将来的に それを出して
配ります。

それはいいんですけど じゃあ
いつ掘り起こすんだって聞いたら

60年後なんですよ。
(大久保)60年?

多分 市の人たち

思い付いた人は
死んでるもんね。

生徒側も多分
ちらほら死んでると思うんですよ。

まあ まあな…。

結局 なんとか生きていたとしても
僕 ザイツ君の絵なんですよ。

(山崎)どうでもいい…。
(バカリズム)どうでもいい。

それは まあ 仕方ないとしても
この出来事に対して

一番むかついてる事が

60年という年月が
こういう場で話すには

(一同)ああ…。

ネタとしてもね。
(バカリズム)そうそう…。

60年って
ギリギリ許容範囲じゃないですか。

これが 例えば
70年 80年だったら

「死んでるよ バカ野郎」とか
言えるんですよ。

100がいいよね 100がね。
(バカリズム)そうそう そうそう。

思わず ちょっと
足しそうになるんですよ 僕。

(山崎)ダメ ダメ… もう。

僕も 小学生のいとこが
いるんですけど

今 学校で

ちょっと 時間潰しに 遊びで

なぞなぞを
出題してもらってたんです。

遊び相手になってあげてて。
じゃあ いくよと。

「晴れているのに 雨が降ってきた。
これ なんだ?」って

言われたんですよね。

なんや? 晴れてんのに雨…。
ちょっと難しくて。

「全然 わからんわ。 何?」って
言ったら 答えは

「2階のベランダから 誰かが
あめちゃんを投げてるから」。

まあまあまあ…。
(粗品)で 2問目。

「ここは どこでしょう?」って
言われたんですよ。

「ここは どこでしょう?」…。

アークヒルズ…。 今じゃないです。
今 アークヒルズやけど。

CoCo壱 カレー屋とか。
CoCoっていう なんか…。

ココ・シャネルね ココ・シャネル。
(粗品)なんか その犬の名前…。

いや ココ・シャネルって
なんですか?

ザキヤマさん…。
(せいや)無視せえ!

「無視せえ!」「無視せえ!」…。
その席は しゃあない。

しゃあないよ もう その席は。
「無視せえ!」はひどい…。

「ここは どこでしょう?」って
言われたから…。

ココアね ココア。
ココア。

ほんで これ ココアやねん 答え。
(せいや)言うた!

ザキヤマさん… ココアやねん。
(バカリズム)これはダメよ!

(一同 笑い)

コメディアンシップのかけらも
ないやん…!

ザキヤマさん 反省大賞ね。
(粗品)これは良くないですよ!

これは 反省さす。 反省大賞。

知らないふり できるから みんな。
(せいや)これは ひどい。

で 「わからん」って言ったら
正解は

ココアの缶の中って
言われたんですよね。

いや それ なんやねん それって
思ったんですよ。

僕も やり返したろうと思って
ネットで なんか調べたんですよ。

ちょうど なんか
しょうもないやつあって。

「スカイツリーのてっぺんは
何県にあるでしょう?」

っていうのがあったんですね。
で これ 答えが

「危険」やったんですよ。
で これ 出したんですよね。

「スカイツリーのてっぺんは
何県でしょう?」って言ったら

その女の子が「うーん」って言って

「首都圏」って言って
超えてきたんですよ。

「正解!」って言いました。
まあまあ… まあまあ ある種な。

そっちの方がすごかったんです。
(山崎)へえ…。

よく耐えた。
(バカリズム)耐えた 耐えた…。

耐えました。
(拍手)

(山崎)それが聞きたかった…。
ハハハハ…!

小学校の時の話。

僕 小学校4年生の時に
親が離婚したんですけど

おばあちゃんが近所に住んでて

ごはんを こう作りに
来てくれてたんですよ。

すごい優しくて おばあちゃんが。

ごはんも作ってくれたんですけど
小学校4年生だったので

ハンバーグとか スパゲティとか
そういうのを食べたいんですけど

おばあちゃんなので
ちょっと まあ 煮物とか

そういう 漬物とか… ちょっと
合わなかったんですけど。

僕が なんか ある時…
たまたま なんか 機嫌悪くて

ごはんを残して おかずを
台所にダーン! みたいに

ちょっと 置き方も悪い…
良くない置き方したら

その時に おばあちゃんが怒って

バチーン! って ビンタしてきて。

そのあと 僕に
「あんた こんなごはん残したら

地獄 行った時
ごはんもらえないよ!」っつって

地獄 落ちる前提で…。

(一同 笑い)
確かにね。

「あれ? 俺 地獄?」。
地獄は決定なんやね。

「地獄に落ちるの?」。
まあ それがすごい衝撃的だった

思い出ですね。 おばあちゃんが…
優しかったから。

親戚の話で

僕 M-1優勝した賞金を
大きく使ってなかったので

親戚6人ぐらいと

ばあちゃん じいちゃん
うちの家族で

有馬温泉 プレゼントして
みんなで旅行 行ったんですよ。

ほんで なんか ごはんも
会席料理みたいなの出て。

ほんで じいちゃんが
「もう こんな事してもらって」。

「これはもう 一人ひとり せいやに
お礼言おう」みたいなので

仕切りだしたんですよ。

親戚が「ありがとうございます」
みたいなの言って

うちの家族の番になった時に

「いや ちょっと おじいちゃん

私らは ちょっと 準備してんねん
せいやにお礼」って言って。

へえー!
(粗品)ええ家族やな。

ブルーシートみたいなの敷いて

浴衣みたいなのを
なんか こうやって羽織りだして

「お礼に 二人羽織します」って
言って。

ハハハハ…!
(バカリズム)えっ?

オカンとオトンが

お礼に
二人羽織 練習してきたっつって。

マジで?
ええー!

…って
見た事ないじゃないですか。

ほんで なんか こう オカンが
手 こんなんやった時に

オトンが なんか…。

…やってるんですけど。
仲ええな。

笑ってやらなダメなんですよ。
それはそうやな。

親戚は スマホ撮ってる
もう 笑わない。

で じいちゃん ばあちゃんは

二人羽織で
ゴチャゴチャってなる時の

会席が転がらんか
めっちゃ心配してるんですよ。

(後藤)ああ…。
(せいや)笑えるん 僕なんですよ。

だから もう
スベらすわけにいかんから

親の二人羽織。
「うわー すごいな!」とかって…。

「うわ!
それ… うわ うわ うわ!」。

(せいや)二人羽織の。
(バカリズム)ずっと…。

(山崎)優しいね でもね。

仲良しやん でも。
仲いいっすけど 地獄でした。

ちょっと 短めで
どうしても言いたいやつ

いいですか?
大久保さん はい。

吉村君の話で…
出たじゃないですか?

ノブコブの吉村さん。
(大久保)北海道ですよね?

吉村君のお父さん
北海道にいるらしいんですけど

今 やっぱり
湯たんぽが一番いいんですって。

電気ストーブとか いろいろね
暖房あるけど。

で 湯たんぽを 毎冬ね こうやって
入れるんですって ちゃんと。

で 朝 起きると 湯たんぽの
ちょっとぬるくなったお湯で

インスタントコーヒー入れて
飲むんですって。

(一同 笑い)

なんか イヤやな。

別にいいよ。
いい話… いい話ですけど。

エコだもんね?
(大久保)ちょっと ぬるいし

ジジイの股の間で
一晩中 寝た お湯で

インスタントコーヒー 入れて
こうやって飲むって話が

大好きなんです。
(一同 笑い)

(後藤)水は汚れてないけど…。
自分で飲むんやし。

さあ もうそろそろ
終わりみたい…。

十分 いただきましたので。
そうなんですね。

(山崎)あっ そうか!
ホンマや!

ちゃう ちゃう… ちゃうやん!

「自然発注」って 何?

自然と このギターの流れになる
その なんか…。

そういう事やね。
1回 静かにしないと…。

1回 静かにすると
助けてくれるから。

(品川)でも 誰にしよう? ラスト。

(後藤)うーん… まあね。

ああ… えらい静かですね。

いや ちょっと なんかね
最後 どうしようか…。

スタジオは 音が鳴ってないとね
ちょっと寂しいんですよね。

(観客の笑い)

(山崎)あっ そうだ! この間…。

(後藤)しゃべんのかい!
(一同 笑い)

しゃべんのかい! それ ホンマ…。
ええかげんにせえよ!

ギター持ってから
こういう事をせんとアカンのに

なんで こちらから言ってねん!
(一同 笑い)

ギターなし。
なしバージョンがある…。

持つよ? ねえ。
(礼二)持ったもんな。

(後藤)毎回 毎回
「立ちトーーク」の最後 ねえ?

俺が ギター弾いて ねえ?

キャンプファイヤーちゃうねん!
♬~(ギター)

(観客の笑い)
急に きた。

一番最後の締めを
「ギター弾く」って

キャンプファイヤーちゃうねん これ。
♬~(ギター)

(後藤)ええかげんにせえよ ホンマに。
(安村)初めて見たな…。

拍手するから また…。

♬~「毎年毎年やらなアカンねん」

…っつってんねん。
(一同 笑い)

なんや あれ!
なんや ホンマに!

〈今年も 12月30日は
5時間スペシャル!〉

〈豪華4企画〉

〈年末の風物詩

〈ガチ中のガチによる
オール新作 撮り下ろし〉

ポンポン!
(兼近・りんたろー。)ポンポン!

〈更に

〈がっぷり四つのトーク〉

〈12月30日だよ!〉

「立ちトーーク」やから
トークで終わらなアカンねんで。

あっ そうだ。
よゐこの濱口さんに

結婚式に呼んでもらって…。

ちゃんと 話 しだして
どうすんねん。

ちゃんと 話 しだして
どないすんねん おい!

俺 ずっと ギター持って
なんや こうやって…。

♬~(ギター)

雰囲気 出すんか!
(一同 笑い)

(後藤)ええ?

濱口さんで
思い出したんですけど…。

♬~「しゃべりだしたなあ
しゃべりだしたなあ」

(後藤)なんやねん! ホンマに。
(礼二)「なあ」 言うてるやん。

ええねん! 俺…
俺 ギター持たされてねんから

俺がギター弾くんちゃうんかいな
しゃべりだして それ…。 ええ?

しゃべりださんかい!
(一同 笑い)

誰かが しゃべりだせ
っつってんねん!

誰かが しゃべりだせ
っつってんねん!

何を お茶 飲んどんねん。
(一同 笑い)

(後藤)なんやねん! お前。
(大久保)弾きながら こけた。

お茶 飲みたいのは こっちや!
(山崎)お疲れっした!

なんで 帰んねん…。
なんで 帰んねん!

♬~(ギター)
(安村)格好いい!

なんで 帰るの?
♬~(ギター)

なんで 帰るの?
なんで? なんで?

これ トーク 引っ越しあり?
♬~(ギター)

(観客の笑い)
(後藤)なあ? 引っ越しあり?

あんた こっち!
あんた こっちや!

わし ここや!
(山崎)ああ… すみません。

始まりました 2回目の引っ越し。
♬~(ギター)

(後藤)なんや それ。 なんやねん!

元のマンションに戻るな。

元のマンションに戻るな。
あそこ よかったなやあれへん。

何 渡されたん? 何 渡されたん?

一応 かけとくで!
♬~(ギター)

ホンマに ちゃんと…。

(バカリズム)弾いてる 弾いてる。
(大久保)何か弾いてる。

鳴らへんよ!
♬~(ギター)

鳴らへんよ! これは。
♬~(ギター)

ちょっと待って これ…。
(礼二)ピー! トライ!

なんで!?
トライやったん?

トライした トライした。
(後藤)何 トライしたん?

調べなくて ごめん!

〈芸人が大好きな
あの芸人をフィーチャー〉

〈次週
東京03飯塚大好き芸人〉

書いてあるとおりにやるだけで
大爆笑が起きる…。

〈なぜ 多くの芸人に
リスペクトされるのか?〉

必ず 同じ電車の…。

ハゲ! カス! 死ねー!

〈更に そのツッコミ技術を
徹底解剖〉

ちゃんと調べなくて ごめん!

〈お笑い愛あふれ出る1時間〉


関連記事