遠くへ行きたい 鈴木ちなみ「長野・秋のごちそう…信州サーモン&マツタケたっぷりソバ」ワカサギ釣り…



出典:『遠くへ行きたい「長野・秋のごちそう…信州サーモン&マツタケたっぷりソバ」』の番組情報(EPGから引用)


遠くへ行きたい「長野・秋のごちそう…信州サーモン&マツタケたっぷりソバ」[解][字]


鈴木ちなみ松本~安曇野へ▽国宝・松本城&サイクリング散策▽美味!名水が育てる陸のサーモン▽マツタケたっぷり!おもてなしソバ▽大漁!ワカサギ釣り▽リンゴ新メニュー


詳細情報

出演者

【旅人】

鈴木ちなみ(女優)

番組内容

信州秋のごちそう探し▽1)大漁!木崎湖ワカサギ釣り▽2)国宝・松本城へ!サイクリングで市内散策!▽3)アツアツ!手焼きせんべい▽4)びっくりアート…石の中にドングリがいっぱい?▽5)喫茶店の名店でアンティーク家具のレトロな味わい▽6)光る職人技!釘を使わない民芸家具▽7)名水が育てる!名物・信州サーモン▽8)種類が豊富な信州リンゴ…新感覚リンゴナポリタン▽9)マツタケがたっぷり!絶品おもてなしソバ

音楽

【テーマ曲】

「遠くへ行きたい」

作詞:永六輔

作曲:中村八大

制作

ytv

テレビマンユニオン

番組ホームページ

http://www.to-ku.com

ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!

取材地

長野県大町市~松本市~安曇野市



『遠くへ行きたい「長野・秋のごちそう…信州サーモン&マツタケたっぷりソバ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

遠くへ行きたい 鈴木ちなみ「長野・秋のごちそう…信州サーモン&
  1. 福島
  2. ハハハ
  3. キレイ
  4. ステキ
  5. ビックリ
  6. 松本
  7. 信州
  8. ホント
  9. リンゴ
  10. 池田
  11. 鈴木
  12. サーモン
  13. 安曇野
  14. 渡辺
  15. 北アルプス
  16. 北林
  17. 林檎ナポリタン
  18. エゴマ
  19. お邪魔
  20. お邪魔します


『遠くへ行きたい「長野・秋のごちそう…信州サーモン&マツタケたっぷりソバ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<鈴木ちなみです>

<釣れたのは…>

すっごいキレイ。

<ワカサギです>

<やって来たのは
北アルプスの麓

長野県の木崎湖>

<ここでは秋から
ワカサギ釣りが

楽しめるんです>

<さぁ 今度は?>

おぉ… お~!

え~! 全部付いてる!

すごい!

首飾り ハハハ…。

うわっ!

(笑い)

<旬のワカサギを求めて

観光客で にぎわいます>

<釣りたてを早速 天ぷらに>

<ヒレがピンと立つのは
生きがいい証拠>

わっ いい香り。

<熱々をいただきます>

う~わ すごい!

<鈴木ちなみ 秋の信州へ!>

<食べて 遊んで 楽しむぞ!>

ん~!

おいしい。

うお~!
<おいしいサーモン 発見!>

大漁だ!

生ハムみたい!

<城下町 松本は木工芸の里>

<熟練の技が光ります>

<囲炉裏から飛び出す
謎の食べ物とは?>

ハハハ…!

<さぁ 食のワンダーランド

信州で秋を満喫する旅へ!>

<皆さんも ご一緒にどうぞ!>

<城下町 松本からスタートです>

見えて来ました 松本城。

黒々として
すごくキレイな お城な感じ。

<およそ400年前に
築かれた…>

<黒漆の木造天守

歴史の重みを感じますね>

徳島から?
どういうメンバーなんですか?

あっ! あ~!

あら ステキだわ~。

ありがとうございます。
ええ記念になった。

≪頑張ってください≫

こんにちは。

皆さんは どなたなんですか?

我ら国宝松本城おもてなし隊と
申しまして

私が…。

…と申します。

いいんですか?
≪よいぞ よいぞ≫

<おもてなし隊は無料で一緒に
写真を撮ってくれるんです>

<江戸時代 城を中心に

商業が栄えた松本の町は

今でも蔵造りの家並みが
残されています>

<町の散策は無料自転車で>

<観光案内所で貸してくれます>

いってきます。

<何と出会えるかな?>

源智の井戸って書いてある。

<誰でも自由にくめる
湧き水です>

めちゃめちゃキレイ。

透き通ってる。

<松本は豊富な地下水が湧き出す
名水の里>

うん 冷たくて おいしくて

口に入れると やわらかい感じ。

お母さん…。

やわらかくて。

ハハハ… すごい。

≪自転車?≫
今日は自転車です ハハハ…。

お邪魔してま~す。

<こちらは
観光客に人気の縄手通り>

何か 人だかりが出来てる。

<おいしそうな手焼き煎餅>

香ばしい香り
全部 手焼きなんですか?

(竹内さん) そうですね
ここで焼いて作ってます。

<甘味噌のタレを
たっぷり塗って いただきます>

味噌の香りが鼻を抜けますね。

(竹内さん)
ありがとうございます。

おいしいよ。

何か お店みたい… うわっ!

何? これ…。

これ 何か… 変というか不思議。

<ドングリを入れた袋
これは石?>

<この財布も>

<こちらは
ハムを切ってるみたい>

(伊藤さん) そうですね。

あぁ そう。

(伊藤さん) …かなってことで。

<ほら 暖かそうな…>

うぅ… すっごい重い。

<ホント 質感にビックリです>

すごいステキな建物。

めっちゃステキ。

<創業63年の喫茶店ですって>

こんにちは わぁ ステキ。

≪いらっしゃいませ≫
お邪魔します。

すいません…。

ちょっと取材で来てるんですけど
お邪魔していいですか?

はい どうぞ。

お待たせいたしました。

<こういう所でくつろげるって
いいですね>

(三浦さん)
ありがとうございます。

味が出てね。

毎日 磨きに来てらっしゃると?

まぁ そんなもんですね。

<実は
こちらの椅子やテーブルは

松本伝統の民芸家具だそうです>

すごく古い感じ。

<その工房を訪ねます>

お邪魔します。

<松本は古くから木材の集散地>

<木工芸も盛んでした>

(削る音)
<カンナのいい音>

<座る所の板ですね>

(渡辺さん) そうです そうです。

(渡辺さん) そうですね。

あと…。

ここ全部ですか?
(渡辺さん) そうです。

え~!

<これも カンナ?>

こんなの初めて見る。

<微妙なカーブで
使い分けているんですね>

ホントですか?

(池田さん) だから…。

すごい!

<組み立ては釘を使わずに>

<長年の経験が頼りの
職人技です>

(池田さん) ここが塗装場です。

(池田さん) そうそう。

(池田さん) そしたら…。

<この家具の風合いは

職人の知恵と工夫のたまもの>

<使うほどに味わいが深まるって
いいですね>

<次は驚き! 陸のサーモン!?>


<鈴木ちなみ
秋の信州 ごちそう探し>

<水と緑の里
安曇野にやって来ました>

お~ カモがいる。

<安曇野は
北アルプスの伏流水が

至る所に湧き出しています>

あっ 湧き水 冷たい。

<見てください! この透明感>

<この清らかな水のおかげで

名物のわさびも育ちます>

<さらに
すごいごちそうを見つけました>

こんにちは。
(栄一郎さん) こんにちは。

大っきい!

サーモン!?

うわ~!

<海がない長野県でも
おいしい刺身が

食べられるようにという願いから
生まれたそうです>

うわっ! 大っきい!

<うま味の強いニジマスと

生命力の強いブラウントラウトを
掛け合わせて

15年ほど前に誕生しました>

めっちゃ重いです。

<私も水揚げのお手伝い>

これ1匹
何kgぐらいあるんですか?

でも何か…。

<2kg以上が出荷の目安>

<生きがいい!>

<褐色の魚も 中の身は…>

お~! 鮮やか。

<キメが細かい肉質で

高タンパクで低カロリー>

<おいしそうですね>

<早速 刺身をいただきます>

脂のってますね。

上品な脂で。

口の中に うま味が残りますね。

(高原さん) うめぇや ハハハ…。

<薫製にしたり

手まり寿司にしたり
味わい方は さまざま>

<湧き水で育つ

こんなにおいしい魚が
食べられるなんて感激です!>

<続いて
今が旬の果物といえば?>

<そう 信州リンゴですよね>

<農作業がしやすいように

低い木に たくさん実らせるのが

最新の栽培法だそうです>

ずっしり
水分が詰まってる感じがする。

あぁ そうだね。

<おいしくするために ひと手間>

<根気よく育てられた
リンゴの実り>

<個性豊かです>

せっかくだから。

(恵美子さん) 私は…。

へぇ~。

<こんなに便利な
アップルカッターがありました>

お~! 早っ!

(恵美子さん) これね…。

じゃあ まだまだ はしりだ。

ん~! 蜜がなくても十分甘い。

<こちらは中の色に
特徴があるそうです>

お~!

ホントだ。

ん~!

(ギター)♪~

♪~

<中村さん
リンゴの楽園を歌にしました>

♪~

♪~

<地元では
食でリンゴを盛り上げたいと

あっと驚く料理が
作られています>

お待たせしました
「林檎ナポリタン」ですね。

林檎ナポリタン?
(北林さん) はい。

結構な量のリンゴだな。

<よく混ぜて いただきます>

あらららら すごいわ。

<さて 味は?>

ん~ 合います。

(北林さん) ビックリしました?
うん。

これは食べるとビックリですね。
(北林さん) ビックリですよね。

<この林檎ナポリタン>

<安曇野のレストランで
それぞれに工夫した味を

食べ比べできるそうです>

あっ…。

<次は 囲炉裏のごちそう>

そのまま灰の中に入れちゃうんだ。

<鈴木ちなみ
信州 秋のごちそう探し>

<北アルプスの乗鞍高原へ
やって来ました>

<標高1500mの高原は

今 紅葉 真っ盛り>

お~ すごいキレイ。

何だろう こう わ~っと

自然の中に
自分が溶け込むような感じ。

<色鮮やかで 本当にキレイ!>

じゃあ ご夫婦?

そうですね…。

お~!

何か ステキだわ。

お幸せに。
(2人) ありがとうございます。

<溶岩大地が広がる乗鞍高原の
秋のごちそうといえば そば>

<標高が高く 痩せた土地ですが

特においしい
そばが とれるそうです>

こんにちは。

(福島さん) はい どうぞ。

この先っぽに付いてる…。
そば それ そう。

ホントにこれだ この茶色。

そばの実。

<割ってみると…>

へぇ~ 真っ白。

そばの茎って ひょろっと…。

でも刈るのには
刈りやすいんじゃないですか?

いや… 刈ってみる?

刈りやすいと言うんだったら。

<そばの実を落とさないように>

あ~!
全然刈れない 何でですか?

1個コツがあって。
それを先に教えてほしかった。

あんまりかわいい子だから
ちょっと意地悪したかった…。

え~ ひどい。

これは難しいな。

こうやって…。

ちょっとは成長した。
ちょっとは良くなったね。

<絡んだまま引けば 実が落ちる>

そういう時は鎌で

とっとっとっとっ…。

こういうふうに。

繊細ですね。
繊細 うん。

<そばの実
ひと粒 ひと粒を大切にして

手で刈り取ります>

<収穫は重労働>

<親戚も加勢します>

<刈ったら すぐ天日干しに>

<これが おいしいそばにする

秘訣だそうです>

<福島さんのペンションで

昔ながらのそばの食べ方を
教えていただきます>

<まず そば粉を熱湯で練ります>

(福島さん) 熱いんだ これが。

だって湯気出てますもん。
(上松さん) 熱い 熱湯…。

う~わ! 熱っ!

<私も お手伝い>

わぁ 気持ちいい。

初めて生まれたての赤ちゃんを
触った時の…。

(上松さん)
そうだよね 気持ちいいね。

どうしたらいいの?みたいな。

<よ~く こねたら

平たく丸めます>

<そこでビックリ!>

あっ… え~!

<なんと 直接 炭火の上に>

(福島さん)
あっ いいね いい感じだよ。

<実はこれ そば焼き餅なんです>

<さらに驚きなのが>

えっ!

そのまま灰の中に入れちゃうんだ。
(福島さん) そう。

<灰の熱で蒸すそうです>

<その間に 付けダレの準備>

<今 健康食として人気の

エゴマを使います>

<砂糖 塩で味を付けて

酒で のばします>

<5分ほど蒸し焼きにすれば

ふっくらして出来上がり>

(灰を払う音)
お~ お~ お~…。

何か いい音だ。

あ~。

じゃあ
衛生的にもいいわけですね。

<熱々を割ってみると…>

お~ いい香り!

そば茶の香り ハハハ…!

(福島さん) 周りが
ちょっと焦げてるからね。

<エゴマのタレを付けて
いただきます>

<さて その味は?>

モチモチです。

灰から出て来る食べ物は
初めて食べました。

<実は このそば焼き餅

昔は主食だったとか>

<別名「ヤイヤ」と
呼ばれるそうです>

「食べたくない
イヤイヤイヤイヤ」でヤイヤ?

<次は真打ち

マツタケを使った そばが登場>

<マツタケをそばつゆに
たっぷり入れて>

だいぶ
おダシ出るんじゃないですか?

<ここからが本番>

あっ! おそば そこに入れるんだ。

(福島さん) はい どうぞ。

<そばをしゃぶしゃぶにして
いただく…>

<おいしそう!>

ん~!

え~!

<思い掛けない
ごちそうに大満足>

<ありがとうございました!>

<皆さんも紅葉を愛でながら

信州のごちそうを
探してみませんか?>


関連記事