てれまさむね 大郷町で仮設住宅に引っ越す家族・石巻中心部にスーパー出店へ・山元町の震災遺構に響く懐かしの歌…


出典:『てれまさむね 石巻中心部にスーパー出店へ▽山元町の震災遺構に響く懐かしの歌』の番組情報(EPGから引用)


てれまさむね[字]▽石巻中心部にスーパー出店へ▽山元町の震災遺構に響く懐かしの歌


台風で大きな被害受けた大郷町で仮設住宅に引っ越す家族に密着▽石巻中心部にスーパー出店へ▽山元町・震災遺構の旧中浜小学校に響く校歌▽男子マラソン五輪代表・服部選手


『てれまさむね 石巻中心部にスーパー出店へ▽山元町の震災遺構に響く懐かしの歌』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

てれまさむね 大郷町で仮設住宅に引っ越す家族・石巻中心部にスーパー出店
  1. 石巻市
  2. 校歌
  3. 仮設住宅
  4. 台風
  5. 被害
  6. 車両
  7. 阿武隈急行
  8. 校舎
  9. 住民
  10. 震災
  11. 震災遺構
  12. 大郷町
  13. 残留
  14. 生活
  15. 仙台市
  16. 津波
  17. 入居
  18. 服部選手
  19. 来年
  20. オリンピック


『てれまさむね 石巻中心部にスーパー出店へ▽山元町の震災遺構に響く懐かしの歌』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

こんばんは。12月2日月曜日の
てれまさむねです。

もう12月。早いですね。
きょうお伝えする内容からご紹介

します。台風19号で大きな被害

を受けた大郷町、被災した住民は
避難所から仮設住宅へ引っ越す

など新たな道を歩み始めています。
その家族に密着する特集

28分ごろお伝えします。
東京オリンピック男子マラソンに

出場する仙台育英高校出身、
服部勇馬選手、オリンピックに

かける意気込みを聞きました。
45分ごろお伝えします。

では最初のニュースです。
石巻市中心部でおよそ2年半に

わたって核となるテナントが入居
しない状態が続いている市役所

1階の商業スペースに
早ければ来年春にもスーパーが

出店することになりました。

石巻市と出店の合意書を

取り交わした

のは大手スーパーの
イオンリテールです。

出店するのは石巻駅前にある
市役所1階の商業スペースです。

おととし5月までは別のスーパー
が営業していましたが

震災後、周辺の人口減少などで
売り上げが伸び悩んだことから

撤退し

およそ

2年半にわたって核となる
テナントが入居しない状態が

続いていました。
今回の出店について地元の人に

聞きました。

このスーパー、早ければ来年春に
も開業するということで

イートインコーナーや薬局なども
併設される計画です。

その石巻市の大川小学校を巡る
裁判で市と県に賠償を命じた判決

が確定したことを受けて石巻市の

亀山市長はみずからと副市長

それに教育長の給与を減額する
条例案を提出する方針を示し

ました。

きょうの会見で亀山市長は
このように述べ

裁判の判決確定を受けてみずから
を6か月間50%の減給に

副市長と教育長を6か月間30%

の減給にする条例案を今月の定例
議会に提出する方針を示しました。

亀山市長や教育委員会の幹部らは
きのう遺族などおよそ30人と

面会し正式に謝罪しました。

このあと遺族と共に大川小学校を
訪れて子どもたちに

手を合わせました。

きょうの会見で亀山市長はきのう
のことを振り返り、次のように

述べました。

来年は震災の発生から10年目。

宮城で初めての
全国豊かな海づくり大会が石巻市

で開かれます。その開催日が
決まりました。

全国豊かな海づくり大会は

天皇皇后両陛下が出席されて毎年
全国の都道府県で開かれ

水産資源の保護などを
呼びかけます。

震災から

10年目の来年は石巻市
で開かれます。

その開催日は。

開催日は来年9月27日。

大会は石巻魚市場で式典を

石巻漁港で歓迎行事を行うこと

などが決まっています。

こちら、東日本大震災で
津波の被害を受け、6年前に閉校

となった山元町の中浜小学校です。
来年度には震災の被害を伝える

震災遺構として生まれ変わります。

きのう、この小学校

の卒業生や
元教職員が集まり、遺構に来た人

に校歌を聞いてもらおうと
CDの収録に臨みました。

校歌の収録に参加したのは
中浜小学校の卒業生や元教職員

です。町がホームページなどで
歌う

人を募集したところ
55年前に卒業した1期生から

震災当時の在校生まで
およそ80人が集まり

懐かしの校歌を歌いました。

♪『中浜小学校ー』

1964

年に創立した
旧中浜小学校。

およそ1200人が太平洋を望む
学びやを卒業しました。

しかし東日本大震災で津波に
襲われ、

児童や教職員などは
屋上に避難して助かりましたが

校舎は2階まで浸水しました。
その2年後、

児童数の減少で閉校となり
校歌は歌われなくなりました。

再び歌声が響くきっかけ
になったのは校舎が

震災遺構に選ばれたことでした。
CDに収録して

遺構に来た人たちに配ろうと
関係者が立ち上がったのです。

震災当時校長だった
井上剛さんです。

校歌への思いを語りました。

中浜小学校の校歌は呼びかけで
始まる歌詞に特徴があります。

これまで長く卒業生たちの
心のよりどころとなってきました。

震災当時の校長だった
井上さんは校歌を通して

震災で失われた学校生活に思いを
はせてもらいたいと考えています。

校歌の歌詞を見て改めて学校に思
いをはせるのもいいかもしれませ

んね。
収録した校歌のCDは震災遺構の

オープン後に来場者に無料で
配られるほか動画配信サイトにも

配信されるということです。

全国の自治体で最大規模の仙台市
のガス事業について

有識者で作る市の委員会は

市内に本社を置く民間会社に事業

を譲渡するのが望ましいなどと
する答申を市に提出しました。

答申書を提出したのは仙台市の
ガス事業の民営化について検討を

重ねてきた有識者による委員会
です。

仙台市では市内と周辺6つの
市町村のおよそ34万世帯にガス

を供給していて、
公営のガス事業としては全国で

最大規模となっています。
しかし、

おととしから都市ガスの小売り
自由化が始まったことなどから

委員会がことし7月から民営化に
ついて検討を重ねてきました。

答申書では
令和4年度の上半期をめどに

市内に本社を置く民間会社に事業
を譲渡し

一定期間は現状のガス料金の水準
を上限とすることが望ましいと

しています。

仙台市では今年度中に民営化に
向けた基本計画を策定することに

していて
今後応募資格や事業の譲渡価格

などをどのように設定するのか
注目されます。

女川原子力発電所2号機が新しい
規制基準に適合しているとして

原子力規制委員会、先週事実上の

合格を出しました。東北電力が
住民との対話活動を始めました。

女川原子力発電所2号機について

原子力規制委員会は先週安全対策
などが新しい規制基準に適合して

いるとして事実上の合格を
出しました。

原発から5キロ圏内の石巻市

前網浜。
東北電力の担当者が住民を個別に

訪ねました。

女川原発2号機が新しい規制基準
に事実上合格したことなどを説明

しました。

この対話活動、
女川原発が立地する女川町の全域

と石巻市の一部地域のおよそ

3900世帯を対象に毎年行って
いますが事実上の合格後は初めて

です。
住民

からは安全の最優先を求める
意見が相次ぎました。

台風19号で大きな被害を受けた
丸森町は中長期を見据えた復興を

進めていくため、新たに復興推進

本部を設置しきょう初めての会合
が開かれました。

丸森町はことし10月の
台風19号による豪雨で

1200軒余りの家屋が被害を

受け、今もおよそ170人が
避難所での生活を続けているほか

農作物や商工業などの被害額は
およそ400億円に上ると

見込まれています。
町は中長期を見据えた復興を

進めていくため復興推進本部を
新たに設け

きょう町役場で行われた初会合に
は保科郷雄町長や幹部職員およそ

20人が出席しました。

復興推進本部は各部門の業務の
進捗や課題を共有し被災者の生活

再建やなりわいの再生、川や道路

などの復旧を進めるほか
中長期的な復興計画の策定に

取り組むということです。

台風

19号で大きな被害を受けた
阿武隈急行は

宮城県内の一部の区間で運転を

再開するのを前に福島県の基地に

ある車両をJR東北本線の線路を
使ってう回し宮城県側に

運びました。

JR福島駅のホームに来ています。
本来はこちらの阿武隈急行の駅に

止まるはずの列車がこちら。
JRの線路に止まっています。

阿武隈急行は福島駅で
JR東北本線と隣接しています。

きょうは伊達市にある車両基地

から輸送された車両が阿武隈急行

の福島駅に到着しJRのホームに
入りました。

阿武隈急行は台風19号の影響で
運転できなくなっている区間の

うち
宮城県の槻木駅と丸森駅の間で

今月6日に運転を再開します。
しかし

車両の多くが福島県側に残され

車両が足りない状況と
なっています。

また
県境の一部区間では土砂崩れ

などの影響が大きく
車両が通れません。

このため車両の輸送はJRの線路
を使ってう回する方法で

行われました。

ふだん2両か4両の編成で
運行される阿武隈急行の車両は

きょうは極めて珍しい8両編成と
なり

JR東北本線を仙台方面に向けて
出発していきました。

宮城県内に大きな爪痕を残した
台風19号から50日余りが

過ぎました。吉田川の堤防が
決壊した大郷町ではきょう

災害対策本部が廃止され
復旧

は1つの節目を迎えました。
先週には仮設住宅への入居も

始まっていますが住民の中には

仮設住宅での生活を終えたあとを
どうするか、なかなか

描ききれない人がいます。
その理由は一体何なのか

住民を取材しました。
きょう

夕方、大郷町役場で

開かれた最後の災害対策本部会議。

台風19号に関連して27回

開催されました。会議の廃止で

大郷町の復旧の動きは
1つの節目を迎えました。

宮城県内に
大きな爪痕を残した台風19号。

吉田川の堤防が決壊して

大郷町では住宅およそ140棟が
床上まで水につかりました。

その後、最大で100人余りが
町が指定した避難所での

生活を余儀なくされました。

大郷町は仮設住宅を45戸建設。

先月29日、入居者への
鍵の引き渡しが行われました。

仮設住宅に入居した
宮崎勝雄さんです。

家族で部屋の中をチェック。

キッチンにはコンロが設置され
エアコンやカーテンもありました。

仮設住宅から3キロほどのところ

にある宮崎さんの自宅です。濁流
は自宅の1階に押し寄せました。

『このライン分かります?』
『あ!』

『見えないか。』
『見えます見えます。』

家のことが心配で夜、自宅に戻り

2階で夜を明かしたことも
ありました。

1か月半余りの避難生活を経て
仮設住宅で次の一歩を踏み出した

宮崎さん。入居の翌日には

家財道具の運び入れも行いました。

自宅は昭和61年の豪雨被害でも
浸水していて同じ場所には

住み続けられないと
判断していますが仮設住宅での

生活を終えたあとをどうするか
なかなか描ききれないでいます。

その理由が町が示した

集団移転計画案です。

きのうは集団移転計画案に
ついての

2回目の説明会が開かれ
宮崎さんも参加しました。

大郷町は特に被害の大きかった
住宅地を高台に移す案を示し

今月中に住宅再建に関する支援の
方針

を示すことにしています。

説明会の中で町はこの案に対して

アンケート調査を行った結果
条件

しだいで移転するという
回答が最も多くなったことを説明。

しかし具体的な移転場所や

支援策について問われると。

宮崎さんは
このままでは

何も決められないまま時間だけが
経過してしまうのではないかと

心配しています。

集団移転というものがどういう形
になるのかそれによって選択肢が

出てくるのかなと思いましたね。

ではここで気象情報をお伝えし
ます。まずは外の様子

ご覧ください。
現在の仙台市内の様子です。

この時間、傘を差している人は
いませんね。雨は降っていません。

そしてこの時間の気温ですが
11.5度もあります。

きょう日ざしは弱かったんですが
南から暖かな空気が流れ込んだ

ために寒さはそれほどありません
でした。

ただあすにはこの暖かい空気から
冷たい空気

に入れ代わってきます。
このためにあすはこの時期らしい

寒さが戻ってきそうです。

そして

その冷たい空気の影響で
降るものが最初は雨なんですが

徐々に西部の山沿いから雪に
変わってきそうです。

車で峠越えをする方は車の運転に
十分な注意が必要です。

ではこの時間の注意報です。

さらにニュースです。
南極海でクジラの生態を調べる

調査船が塩釜港を出港しました。

日本がIWC・国際捕鯨委員会

から脱退したためクジラは捕獲
せず、目視などで調査します。

塩釜港に停泊していた調査船が
南極海に向かいます。

南極海ではこれまでクジラを捕獲
する調査捕鯨が行われてきました


日本はことし6月に

IWC・国際捕鯨委員会から脱退。

IWCが認めることで可能だった
調査捕鯨は取りやめました。

今回の調査では日本鯨類研究所が

双眼鏡を使ってクジラの数や種類
を確認するほか

皮膚を採取したり、発信器を
取り付けて行動を確認したりする

ということです。

調査は来年1月中旬から2月上旬
まで行われます。

東日本大震災の震災遺構として
一部を取り壊したうえで

保存されることになっている
石巻市の旧門脇小学校で

きょうから解体工事が本格的に
始まりました。

石巻市の旧門脇小学校です。

校舎の一部を解体する工事が
きょうから始まりました。

現場ではけさから作業員が重機を

使って校舎の壁や窓などを
取り壊して

いました。
旧門脇小学校は震災の津波で3階

建ての校舎の1階まで浸水しその
あとに発生した火災で

全焼しました。
石巻市は震災遺構として保存する

ことを決めていますが

維持費や耐震性などを考慮し、

全長およそ100メートルの校舎
の両端をおよそ20メートルずつ

取り壊すとしています。
石巻市は再来年度、震災遺構と

してのオープンを目指しています

壁が黒く焦げ、天井が抜け落ちて
骨組みがむき出しになるなど

津波と火事の被害がそのまま
残された校舎内を立ち入り禁止に

そばに新設する観察棟などから

見てもらうことにしています。
本格的な解体工事は今月下旬ごろ

まで行われる予定です。

NHK歳末たすけあい・

海外たすけあいの受け付けが今月

から全国で始まり、
NHK仙台放送局でも訪れた

子どもなどが寄付をしました。

NHK仙台放送局の1階には受付
の窓口が設けられ

きょうは市内の保育所に通う
子どもなどおよそ20人が

訪れました。
子どもたちは募金箱の前に並び

1人ずつお金を入れていました。

また、JA全農みやぎが
チャリティーイベントで集めた

寄付金を持参し受付の担当者に
手渡していました。

NHK歳末たすけあいは

共同募金会を通じて全国各地の

障害のある人や介護が必要な
お年寄り、それに災害からの復興

支援などに使われます。
また、海外たすけあいは

日本赤十字社を通じて世界各地の
紛争や災害などで苦しむ人のため

に役立てられます。

NHK歳末たすけあいと

海外たすけあいはNHKの放送局
をはじめ共同募金会や

日本赤十字社、郵便局それに
取り扱い

標示のある金融機関など
で今月25日まで

受け付けています。

スポまさむね、島影さんです。

サッカー

のベガルタ仙台
J1残留を決めました。

おとといの
ホーム最終戦で勝利し

自力で残留が決まりました。
その試合、ご覧ください。

『今シーズンのホームでの試合は
きょうが最後。

きょうJ1残留を決めたい
という思いでサポーター

の皆さんも
集まっています。』

引き分け以上

自力での残留が決まるベガルタ。

前半26分。
最初のコーナーキック。

キッカーはアシストランキング
リーグトップの永戸。

練習どおり、相手のマークが
薄いスペースをねらいました。

これを道渕が決めます。

永戸はこれが10アシスト目。

ベガルタが得意の
セットプレーから先制します。

1点リードで迎えた後半16分。
相手の

パスをカット。
パス

をつないで
蜂須賀からのクロス。

長沢が

競り合いながら決めます。

チーム最多得点の長沢のゴールで
突き放したベガルタ。

ホーム最終戦で快勝し
自力でJ1残留を決めました。

その後、ホーム最終戦セレモニー
が行われました。

サポーターの皆さんの力もあった
でしょうしいい形を見せてくれま

したね。
それでは順位表です。

ベガルタは

11位のままですが
残り1試合で

J2降格はなくなりました。
また12位のグランパスとは

勝ち点が4、離れましたので
11位以上が確定しています。

アウェーで迎える広島との
最終戦にも勝ってシーズンを

締めくくってほしいですね。

続いて

は来年の東京オリンピック
の男子マラソンに出場が決まった

服部勇馬選手です。
仙台育英高校の

エースだったんですよね。
そうなんです。全国高校駅伝にも

3年連続で出場し、当時から
陸上界のホープと期待されて

いました。初めてのオリンピック
への意気込みを聞きました。

初のオリンピック出場を決めた
服部勇馬選手。

仙台育英高校出身の26歳です。

9月に行われた選考レース、
MGC。

オリンピック出場の条件は
2位以内でした。

安定したフォームが持ち味の
服部選手。自分の理想だと話す

ジョギングと同じ動き、
同じリズムでピッチを刻みます。

勝負は残り300メートル。
日本

記録を持つ
大迫選手を振り切りました。

見事2位に入りオリンピックへの
切符を勝ち取りました。

服部選手は全国有数の豪雪地域、
新潟県の十日町市で

生まれ育ちました。

中学時代は陸上と並行して
冬場はクロスカントリースキーに

打ち込み、全身の筋力や忍耐力を
養いました。

頭角を現したのが
仙台育英高校時代でした。

エースとして全国高校駅伝や

全国高校総体などで活躍しました。

東日本大震災が起きたのは

3年生になる直前。

当時の仙台育英の強さの原点とも
いえる仙台市のクロスカントリー

コースも津波に流されました。

この年、全国高校駅伝に向けた
予選は内陸の陸上自衛隊の

駐屯地で行われました。

震災を経験して実感したのは

走れることへの喜びでした。

なじんだ練習場所がなくなっても
服部選手たちは今、できることに

精いっぱい取り組みました。

特に力を入れたのが
基本のジョギングでした。

服部選手の安定したフォームの
土台は高校時代に培われ

今も走りを支え続けています。

オリンピックのマラソン会場が

東京から札幌に変更されましたが
服部選手は動じていません。

どんな状況でも
走れることへの感謝を忘れず

夢の舞台に向かう覚悟です。

インタビューを聞いていると
本当に実直な方という印象ですね。

高校時代から真面目を絵に描いた
ような選手だったそうで自分の

環境を言い訳にせず今できること、
目の前の練習にコツコツと

取り組んでいたそうです。

東京オリンピックでの
走りに期待したいですね。

スポまさむねでした。

青森です。待ち遠しいクリスマス
までもう1か月足らず。

弘前市の観光施設ではクリスマス
をテーマにした金魚ねぷたが

作られています。

白いひげと赤い帽子の
サンタクロース。

トナカイをテーマにした
金魚ねぷたもあります。

制作を担当しているのは

津軽藩ねぷた村の職人
檜山和大さんです。

クリスマス金魚ねぷたは
直径12センチと6センチの

2種類。トナカイ金魚ねぷたは
100個限定だということです。

クリスマス金魚ねぷたは
きのうから販売されています。


関連記事